看護師の最悪な人間関係パターン6つ&疲れた人の対処法

職場の人間関係が原因で退職する人は少なくありません。看護師も例外ではなく、看護師の退職理由で人間関係のトラブルは多く報告されています。

同僚・先輩看護師だけではなく、医師・看護助手・患者など様々な立場の人と関わる看護師は、人間関係で悩みやすい職種の1つです。

この記事では、実際に看護師が体験した最悪な人間関係を例に挙げながら、今の職場の人間関係に疲れた場合の対処法を詳しく解説していきます。

おすすめの転職サイトも紹介します。ぜひ参考にしてください。

  1. 看護ルー(看護roo!) ロゴ
  2. 看護のお仕事 ロゴ
  3. マイナビ看護師 ロゴ
看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【看護師転職サイト】おすすめランキング人気ベスト10

看護師の人間関係が悪い!6つのケース別・本当にあった最悪な話

人間関係に悩む看護師は多いですが、実際にはどんな人間関係のトラブルを抱えているのでしょうか。いじめや孤立、ドロドロした関係など、職場によって悩みは様々です。

こちらでは実際に働く看護師のエピソードを参考に、看護師の人間関係の実態について解説します。

看護師の人間関係が悪いパターン①先輩の理不尽な対応

看護師の人間関係が悪化する原因として多いのが、先輩や上司の理不尽な態度です。人間関係が悪い職場では、八つ当たりのような対応をされるケースが目立ちます。

  • 威圧的な副看護師長は職場のすべてを仕切っている。機嫌により都合のいいように言ってくる。何度怒られたことか!!いい加減にしてほしい!!
  • 自分と同世代の看護師や上司には何も言えないくせに若いスタッフのことをいちいちつついてくる主任看護師にほんとにストレスが溜まります!
  • ご機嫌によって態度や対応が違うことは棚に上げられると、いくらじぶんが悪かった事でも何だかなぁ…という気持ちになる
  • 常に気を配って先輩の顔色をうかがいながら仕事するのが大変。

看護ルーより引用

理不尽な先輩や上司がいる職場では、その人達の機嫌に職場の雰囲気が左右されます。日常業務が多忙な上に理不尽な先輩らに気を遣わなければならず、看護師を取り巻くストレス要因が重なります。

腫れ物を扱うような状況では、互いを信頼して仕事をすることは難しく、職場の雰囲気はさらに悪くなります。

理不尽な先輩から指導されても素直に反省する気になれず、看護師としてのスキルアップにも悪影響を及ぼしかねません。

看護師の人間関係が悪いパターン②ドロドロのいじめ

病院によって職場環境は様々ですが、看護師同士のいじめに悩まされる人も少なくありません。

いじめは一部の看護師が加害者の場合もあれば、職場全体でいじめが蔓延している最悪のケースも見受けられます。

「指導」と称した高圧的な言動を繰り返すパワハラや、複数のグループが互いにいじめをやり返すドロドロした関係もあります。

看護師に限らず、いじめがある職場で働き続けるのは心身の健康を害します。上司や内部通報窓口に相談して改善が見込めない場合は、早く転職して新しい職場に移るのが得策です。

看護師の人間関係が悪いパターン③孤立

新しい職場で働き始めた看護師は、人間関係になじめず孤立するパターンがあります。

新人の受け入れ体制が整っていない職場では、周りに頼れずに人間関係が構築できず、新人看護師は孤立してしまいます。

特に小規模の医療機関(クリニックや個人経営の病院)や、長く働いている人が多い職場は独特の雰囲気があり、なじめず悩む看護師もいます。

せっかく新しい職場で頑張りたいと思っても、孤立すれば業務効率は上がらず、医師などとの連携もできません。

新人看護師もなれる努力は必要ですが、受け入れる側にも配慮が求められます。配慮のない職場は、人間関係が悪い働きづらい職場になってしまっています。

看護師の人間関係が悪いパターン④クリニック

クリニック勤務は病棟勤務よりも余裕を持って働けますが、コミュニティが狭い分、人間関係で悩む看護師も多いようです。

業務の多さは病院よりも楽な一方、すでに人間関係が固定されており、なじめない看護師も少なくありません。

人間同士なので合う合わないがあるのは仕方ありませんが、クリニックは特に職場環境が閉鎖的なので改善の見込みはほとんどありません。

クリニックへの転職を考えている人は、事前に転職サイトの担当者に職場の雰囲気を確認しておくと安心です。

看護師の人間関係が悪いパターン⑤保育園

看護師は医療機関で働く印象が強いですが、子供たちの健康管理を担う責任者として保育園に勤める看護師もいます。

保育園看護師が抱える人間関係の悩みは、看護師としての立場や保育士との関わり方についてです。

  • 実際、私自身が保育園で働いていた時には、やはり看護師という職種の役割が保育園の中で明確化されていない現状はありました。(中略)あくまで仕事の中心は保育業務であり、看護業務ではないのです。保育園看護師に多く持たれているイメージと一致すると私自身も感じました。最初の頃は、看護師なのにこれでいいのかという思いもあり、また保育園看護師が自分一人と言うことから保育士の権限の方が強く医療的な内容も保育士から指示されることさえもあるなど、悩むことは多くありました。

※看護ルーより引用

保育園では「看護」より「保育」が主要業務なので、一緒に働く保育士の立場が上になる傾向にあります。看護師の意思が尊重されないと感じることも少なくありません。

保育士との協力体制が整っていなければ、看護師の意見は反映されず、働きにくい職場となります。このため、保育士と良好な人間関係をつくっておくことが不可欠です。

保育士との人間関係で悩まないためにも、転職前に職場の内情をリサーチしておく必要があるでしょう。

看護師の人間関係が悪いパターン⑥病院外来

病棟勤務の看護師はもちろん、外来担当の看護師も人間関係に悩みやすいと言われています。

https://twitter.com/momofumi_pg/status/1126836491697528832

病院外来は人手不足に悩まされることも多く、その分人間関係が閉鎖的です。同僚との相性が良ければ働きやすいものの、人間関係が悪いと最悪の職場環境です。

看護師同士だけではなく、看護助手との人間関係が悪いケースも見受けられます。

看護助手は看護師より業務上の立場が弱い分、業務と関係ないところで看護師をいじめる人たちもいます。

看護師の人間関係は辞めたい理由1位!改善は可能?対処法は?

これまで解説してきた看護師の人間関係のトラブルを見ると、人間関係が原因で退職を選ぶ看護師が多いのも頷けます。

職場の人間関係のトラブルから抜け出す方法はあるのでしょうか。こちらでは、人間関係のトラブルに巻き込まれた時の対処法を解説します。

そもそも看護師の性格が悪い・性格がきついと言われるのはなぜ?

昔から、看護師は女性が多く、仕事は「きつい・汚い・危険」の3Kと表現されます。そんな厳しい労働環境に、看護師の性格が悪い・きついと言われる原因があります。

  • いつも忙しく、ストレスでイライラする
  • 女性が多いため、気が強くないとやっていけない
  • 時には人が嫌がる仕事も進んでやらなければならない
  • 人の命を預かる現場なので、指導も厳しくなる

これらの状況から、多少きつい性格になるのも仕方ありません。人の命に関わる仕事である分、優しいだけではやっていけない職業なのです。

人の性格を改善するのは簡単なことではなく、性格が合わない人たちと無理に一緒に働き続ける必要はありません。

職場の人間関係が悪いと感じたら、いさぎよく転職を検討するのが良いでしょう。

人間関係が苦手・人間関係に疲れた看護師が選ぶべき職場

職場の人間関係に疲れ、改善が見込めないなら、転職が最も良い対処法です。転職を成功させるには、看護師として生き生きと働ける風通しの良い職場を見つける必要があります。

看護師の満足度が高い職場には、以下の特徴があります。

  • 明るい職場で、掃除や整理整頓が行き届いている
  • 上長に指導力があり、頼りになる
  • 看護師の教育制度が整っている
  • チームワークが良く、悩みを相談できる人がいる
  • スタッフ同士がお互いを気遣って仕事している

これらの条件を満たす職場を自分で見分けるのは至難の業で、第三者から有益な情報を集めなければなりません。

とはいえ、人間関係に悩んで転職を考えるのですから、同僚や上司には相談できません。誰に相談すれば良いのでしょうか。

看護師が人間関係に悩んだら相談すべき相手

看護師が人間関係に悩んだら、転職のプロである転職サイトのアドバイザーに相談するのが最善です。人間関係の問題から抜け出すには、職場を変えるしか方法はありません。

自分1人で転職を進める人もいますが、転職先の雰囲気や人間関係について、自分だけで情報を集めるのには限界があります。

転職サイトに登録すれば、転職先の内情についても詳しく聞けるので、安心して自分にぴったりの転職先を探せます。

看護師として転職を考えるなら、これから紹介する転職支援サービスを必ず1つは利用するといいでしょう。

おすすめの転職エージェント①看護ルー(看護roo!)

看護ルー

看護ルー(看護roo!)は看護師のためのメディアサイトです。看護学生も利用でき、看護師の転職支援サポートも行っています。

サイト内の「お悩み掲示板」では、自分が抱える悩みを自由に相談できます。誰かに人間関係の悩みを聞いてほしい時に、他の看護師の意見を聞けます。

看護ルー(看護roo!)では、登録しなくても無料で求人情報が閲覧可能です。転職サポートに登録すると以下のメリットがあります。

  • サイトには載っていない「職場の雰囲気」や「入職者の口コミ」が聞ける
  • 履歴書の添削や面接対策が受けられる(面接同行も可能)
  • 仕事の悩みや転職の不安を聞いてもらえる

新しい職場の人間関係に悩まされないためにも、内情に詳しいコンサルタントのサポートは必須です。

特に、看護ルー(看護roo!)は面接サポートが手厚いです。初めての転職や面接に自信がない方は必ず登録しましょう。

登録する(無料)

おすすめの転職エージェント②看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事は看護師専用の就職支援サイトです。転職サポートに申し込むと、専任のキャリアアドバイザーからサポートが受けられます。

看護のお仕事の最大の強みは、他の転職サイトを圧倒する求人数の多さです。全国12万件超の事業所情報を網羅しており、転職先の選択肢が広がります。

看護のお仕事の転職サポートには、以下のメリットがあります。

  • LINEでやり取りができるので相談しやすい
  • 求人の質が高く、好条件の非公開求人を紹介してもらえる
  • 職場環境の詳細な情報が分かる(看護師長の人柄や離職率など)

看護のお仕事は、取引先の医療機関や看護師と密にコミュニケーションを取っており、日々職場環境についての情報を更新しています。

気になることはアドバイザーを通して転職先に確認できるので、人間関係についても詳しく聞けます。

登録する(無料)

おすすめの転職エージェント③マイナビ看護師

マイナビ看護師

圧倒的な知名度を誇るマイナビグループが運営するのが、マイナビ看護師です。看護師専用の転職サイトとして最も有名で、認知度は4年連続No.1を誇ります。

マイナビ看護師は毎年1万人以上の看護師が利用するため、転職支援の実績が豊富です。特に以下の点が高く評価されています。

  • 中途で入職した看護師の評判が良い医療機関をたくさん知っている
  • 医療業界専門のキャリアアドバイザーが100名以上在籍
  • 転職までのスピードが早く、最短1週間で転職が叶う

履歴書の添削・面接対策から、内定後の給与交渉までキャリアアドバイザーが担当してくれます。

できるだけ早く転職したい方に向いており、「人間関係の悩みから一刻も早く解放されたい」と思っている人に、マイナビ看護師は特におすすめです。

登録する(無料)

看護師が人間関係に悩んだら我慢する必要なし!転職で働きやすい職場を見つけて

看護師は人に尽くす仕事でありながら、職場内はドロドロした人間関係で悩みやすい仕事です。「仕方ない」と諦めては、仕事のやりがいも失ってしまいます。

我慢して今の職場に居続ける必要はありません。転職すれば、より快適に働ける職場が見つかります。転職活動は自分1人で進めるのではなく、転職エージェントを使うことをおすすめします。

せっかく転職したにも関わらず、次の職場でも人間関係で悩むようでは意味がありません。転職エージェントのアドバイザーは、転職先の内情をよく知っています。

転職エージェントに登録して、事前に職場の人間関係・雰囲気を確認してから応募しましょう。

本日は以下3つの転職サイトを紹介しました。

  • 看護ルー(看護roo!)
  • 看護のお仕事
  • マイナビ看護師

あなたに合う転職支援サポートを活用して、人間関係に悩まない職場への転職を叶えましょう。