40代看護師が転職を成功させるための全知識|おすすめの職場と選び方も解説

看護師です。転職を考えているのですが、40代ということもあり、転職できるか不安です…。40代でも転職できるのでしょうか?
40代の方は、20代・30代の方と比べて「経験が豊富」であるため、雇われやすい傾向があります。

そうなんですね!少し安心しました。
この記事では、40代の看護師転職についてさらに詳しくご紹介しています。転職の際の注意点にも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。

40代看護師の転職は、経験を買ってもらえる転職ができる一方でコツをつかんで転職先の需要とマッチする求人に応募することが必勝の鍵です。

転職エージェントに相談するのも良いですが、まずは自分で市場の動向を知って適切な応募ができるように、準備を整えることも重要です。

目次

  1. マイナビ看護師 ロゴ
  2. ナース人材バンク ロゴ
  3. ナースではたらこ ロゴ
看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【看護師転職サイト】おすすめランキング人気ベスト10

40代看護師が転職で有利な点・不利な点

20代や30代の看護師と違って柔軟性に欠けるという部分はありますが、40代の看護師は、経験が豊富なので即戦力として雇ってもらえる確率が高まる傾向にあります。

40代の看護師が転職するときに、転職先から有利に見てもらえるポイントを解説します。

有利な点①経験を買ってもらえる

40代で看護学校を出たという人は別ですが、そうでない限り一般的に考えて、40代の看護師は今までの経験があります。

そのため、40代で看護師求人に応募すると、経験を買ってもらえて内定するということが多い傾向にあります。

20代や30代はまだまだ経験が足りないのでどちらかというと、潜在的な可能性を買ってもらえ、そのまま内定するというパターンなのですが、40代となると逆なのです。

40代では、柔軟性があり職場に順応しやすいという部分ではなく、仕事がすぐにできそうかどうかという即戦力になり得るか、という部分を評価されます。

有利な点②働き方を調整できる

40代の看護師は、経験が豊富なので求職の仕方によっては、働き方を調整することができます。例えば、ブランクがあって最初からたくさん働くのが難しいと思う人は、パートで働くという手もあります。

収入のほうは少なくなってしまいますが、それでも家計の助けにはなりますし、自分のペースで働けるので、おすすめの方法です。ほかにも、経験豊富な看護師はさまざまな科を担当しているので、自分がどこの科に向いているのかが分かりやすい傾向があります。

そのため、自分が働きやすい科を選んで求人に応募できるという利点もあり、働き方をいろいろな角度から調整できるのです。

不利な点①年齢制限で不採用の可能性も

少子高齢化の影響もあり、看護師求人は求人誌やネット上などにあふれかえっています。看護師の需要と供給は需要が間に合っていない状態が続いている慢性人手不足なのです。

看護師は、もともとストレスの多い職でもあり、慢性人手不足の状態であるにもかかわらず、人の入れ替わりが激しいので求人がたくさんある状態なのです。

しかし、その求人のうちの多くは本来は年齢制限があるのにも関わらず、記載がないものもたくさん存在します。そのため、応募しても面接時にさりげなく年齢のことに触れられて、内定が得られなかったという事例もあるのです。

転職エージェントに相談すれば、そのようなしがらみのない求人を紹介してくれる確率が高まります。しかし、転職活動をする上で、上記のような年齢が問題となる求人が存在するということも頭に入れておいたほうが得策です。

不利な点②ブランクがあると不採用になることも

看護師は、女性の方が多い職業です。そして、女性は結婚や出産で一度退職するというパターンも多いのが、世の常だといえるでしょう。看護師求人は、人を相手にする職業でAIに奪われづらいという利点があったり、病院通いをしない人はこの文明社会ではほぼいません。

そのため、寿退社をして40代まで再就職をしなかったという人も中にはいるかと思います。しかし、ブランクがあるとそれだけで不採用というところもあるので注意しましょう。

優良な転職エージェントに相談すれば、ブランクがある人でも応募できて働きやすい案件を紹介してもらえるでしょう。

40代で転職したい看護師の不利な点をカバーしてくれる、と評判の良い転職エージェントは後の章で紹介します。

40代看護師が転職したいと思う7つの理由

転職したいと思う気持ちは大切ですが、なぜ転職したいのかという理由を明確にすることは、看護師転職に限らず、転職活動全般で大切なことです。

40代看護師が転職したいと思う理由を7つまとめましたので、あなたが転職したいと思う気持ちはなぜなのか、ということをはっきりさせる参考にしてみてください。

①お給料面に不満があるから

転職したいと思う人で、全ての職に共通してあるのがこのお給料面に不満があるからという理由です。看護師は、夜勤などがあってハードだったり、夜勤以外にも相性の悪い患者さんがいたり、人の命を扱うというプレッシャーがあったりと、何かとハードな職です。

そのため、たくさん働いているのにそのわりにお給料が少ないと感じる看護師が多いのが実情なのです。中には夜勤の手当てをもらえるはずが、未払いになっているという病院も存在します。転職したいと思う場合は、まず、自分の置かれた場で改善できる点がないかチェックすることもおすすめです。

②子供の手が離れたから

20歳代に子供を産んだ看護師の場合、40歳代くらいになると子供も高校生から大学生になるという計算になります。

そうなった場合、子供の手が離れたため、またちゃんと働きたいと思うことがたくさん出てくるのが、40代の年代となるのです。

そのため、40代になってから看護師として復職したいと考える人は、世の中にたくさん存在し、看護師が転職したいと感じるときの大きな理由の1つになっています。

③人間関係に問題があるため

看護師は、需要と供給のバランスが悪く需要に対して供給が間に合っていないという状態が現状です。

そのため、看護師が働く現場はいつも人手不足で慌ただしく、ひとりひとりに課せられる仕事がかなり過重業務である場合が多く、現場がぴりぴりしている場合があります。

そうすると、人間関係もぴりぴりしてきて、ストレスで働いている病院を辞めたいと考える人も珍しくはありません。

ストレスが多く人間関係もぴりぴりしている現場に耐えられず、その状態下で患者さんに対する適切なケアをしてあげられないという罪悪感から転職を希望することも多いのです。

④夜勤を外してもらいたいから

看護師は、お仕事の性質上夜勤が多い仕事です。入院している患者さんは、退院しない限り、夜も病院に入院しています。

そのため、ナースコールが鳴れば患者さんのお世話に行かなければなりませんし、夜勤のときも患者さんの状況を見守り続けなければなりません。

看護師の現場は人手不足なので、体力的につらくても夜勤が回ってきてしまう頻度が高くなってしまう傾向があります。

はじめに話し合っていたときよりも、思いのほか夜勤での出勤が多くなりそのため、夜勤を減らしたいという思いから、転職を希望する人も多いのです。

⑤キャリアプランの変更のため

40代となると、いろいろな治療科で看護師経験をしてきたという人がほとんどです。たくさんの経験があるからこそ、自分がやりたいことが明確になっている年齢でもあります。

そのため、現在の治療科に居続けて働いていても、自分が希望する治療科に転院したいと思ったときに不利になってしまうという状態になる場合もあるのです。

そのような未来が見えてくる年齢なので、あえて、この時期に一気に転職して自分の本当にやりたい治療科のスキルを身に付けようと考える人が多いのが40代となります。

⑥通勤時間を減らしたい

良い条件だと思って応募し、長い間働いていたけれど通勤時間がネックになり転職を希望する人も、看護師の中にはたくさんいます。

看護師は、頭脳労働であるのと同時に体力勝負でもあるので、通勤でくたくたになってしまっては、人の命を預かる厳しい現場で過ごすことはかなり辛いでしょう。

そのため、近場で自分の力を存分に発揮できる病院に転職したいと思う人が多いのも、看護師の転職理由の1つとして挙げられます。

⑦時間の余裕が欲しいから

看護師の現場は人手不足が慢性化しているので、シフトが詰まってしまうということもよくあります。

夜勤が続くということもあり得ますし、休みがなかなか取れなかったり、場合によっては有給も全く消化できなかったということもあるのです。

あまりにも通勤している病院が忙し過ぎると、疲れがたまり、毎日うつうつとした気持ちで仕事をしなければならなくなります。

そうすると、毎日疲れがたまり自分の時間が取れず、何のために働いているのか分からない日々が続いてしまうという事態になる場合もあるのです。

そのような場合、自分の身を守るためにも転職を決意するという人も、看護師の中にはたくさん存在します。

40代看護師の転職はどこがいい?おすすめ職場10選

他業種の場合、40代だと転職できる職種が限られてきますが、看護師の場合はさまざまな職場での需要があるので、看護師が転職できる職場をまとめました。

看護師といえば、病院や老人ホームといった部分が主な働き口になるということは確かですが、ほかにもたくさんの需要があるのです。

看護師は人々が健康に暮らすために不可欠な仕事なので、需要が多く転職しやすい業種なので、転職エージェントなども利用しさまざまな角度から転職活動を行いましょう。

①在宅看護センター

最近は看護を必要としている人も精神疾患から在宅でリハビリをしている人まで多様化しているので、在宅看護センターで働く看護師の需要が高まっています。

そのため、在宅看護センターで働くという選択も、とてもおすすめできます。

さまざまな事情で病院に長く入院できない人をケアするお仕事で、即戦力を買われる40代はとても重宝されるはずです。

②特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、高齢化社会の日本に多い施設ですが必ず看護師を置くことが義務づけられています。

看護師は、利用者の健康管理や体の異変(打撲などで知らないうちに出来てしまった傷)などがないかチェックする仕事を任されることが多いです。

大きな病院と同じように、夜勤が必要な勤務になる場合や、通所型でリハビリに力を入れているところなど、さまざまな形態があるのが特徴です。

③デイケアセンター

デイケアセンターは、何らかの障害を持つ方や高齢者であるといった理由で、生活に少し困難を抱えている人がリハビリに来る施設です。

このデイケアセンターでも、看護師は働くことができるのです。具体的な業務内容は、リハビリの経過を記録したり、シャワーなどの補助をする清潔ケアなどを任されます。

このように、患者さんの補助をする仕事が多いのがデイケアセンターなので、看護師さんとしての知識を最大限に生かして活躍することができるのです。

④クリニック

看護師さんのクリニックでのお仕事は日々行われる診療の補助です。看護師さんは、クリニックで行われる診療の補助のほかにも、カルテの整理を任されたりする場合もあります。

40代看護師の場合は、今まで培ってきた技術があるので、その技術を応用しながら働くことが求められます。

そして、その経験を生かしながらカルテ整理などのさまざまなお仕事をすることになるのが、クリニックでの勤務です。

定休日があったり夜勤がないというメリットがあるなど、クリニックはお給料面では大病院に劣りますが、生活リズムと体力面を重視するなら、かなり軍配が上がるといえます。

⑤保育士資格がある看護師は最強?

小児科を経験している場合、健康管理責任者として活躍したいと思う看護師さんも出てきます。

健康管理責任者は、保育士の補助や子供たちの服薬補助をするお仕事で、保育士の資格も必要になります。

転職サイトや転職エージェントなどは、たくさん健康管理責任者についての情報を持っている会社が多いので、相談してみるのも手でしょう。

⑥大学や看護学校の教員

40代になると、たくさんの経験が蓄積されてきている年齢です。そのため、看護学校などの教員となり、後進の指導に当たるという人も出てきます。

今まで、病院で働いていたのに急に教員になるのは少し不安だという人でも、クリニックなどで働きながら、兼業で講師をする看護師さんもいます。

出勤してからがお仕事の看護師の業務とは違い、レジュメ作りなどの授業の段取りに時間を取られやすい部分もある職業です。

⑦外来看護師

外来看護師は、土日が休みのところがほとんどだったり、病棟と違い夜勤がなかったりなど、クリニックと似ている部分があります。

病棟勤務と比べると、お給料面で劣る部分がありますが体力が苦しいと感じる人や自分の時間を増やしたい、急がし過ぎるのは嫌だなと思うママ看護師などにおすすめです。

⑧治験現場

治験とは、まだ国内で流通されていない薬の効果を健康な人間を使って確かめるために行われるものです。

薬の治験は副作用などをチェックするもので、動物実験などをパスしてほぼ安全なものの最終チェックを行います。

そのときに、薬の効果の記録や副作用がないかどうかなどを観察して記録するのは、専門知識を持っている看護師が担当することが多いのです。

治験は、健康な人を相手にするのですが、看護や医療の専門知識を持つ、看護師の力が必要になるのです。

⑨療養型病棟

療養型病棟は、慢性期の患者さんを看護する仕事で、日常的なケアを担当することが主な業務となります。

例えば、シーツを変えたりおむつ交換や食事介助などはもちろん、急性期の患者さんが運ばれてきたら、救急処置の補助も行います。

看護師という職業を聞くと、療養型病棟で働く人を思い浮かべる人も、たくさんいるはずです。

⑩訪問看護ステーション

高齢化社会の日本では、看護の仕事のバリエーション自体も広がっており、訪問看護師という職業の需要も高まっているのです。

訪間看護ステーションは医療や介護が必要な利用者の療養生活をサポートする施設で、非常勤を含めて3人の看護師が必要になります。

訪問看護ステーションは高齢者をはじめ小児やさまざまな病気を抱えた人が利用するものなので、今まで看護師として働いてきた40代の看護師は即戦力として歓迎されるでしょう。

子育ての手が離れて、再び働きたいと思っている看護師を積極採用するために、専用教育プログラムを整えているところもありますので再就職にもおすすめできます。

40代の看護師が自分に合った職場に転職する方法

看護師はもともとハードなお仕事なので、働きながら転職活動をする際は転職エージェントやサイトを利用することをおすすめします。

転職エージェントはさまざまな案件を保有していますので、あなたの意見をしっかりくみ取りあなたにぴったりなお仕事を提案してくれます。

転職サイトと転職エージェントはそれぞれ強みや特色がありますので、それらを上手に利用することで、効率良くお仕事をすることができますので、参考にしてみてください。

①マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師では、約3万5000件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

さらに、認知度が高く、従業員数が9000人を超える大企業が運営しているので、非常に安心して利用することができます。

拠点数も多く、全国に27拠点もあるので、地方にいる方も気軽に利用することができます。

マイナビ看護師を実際に利用した人は、

27歳女性・正看護師

私の場合は経歴書添削や面接練習をしてもらえたことがメリットであったと思います。面接にも同席してもらえたのも心強かったです。

30歳女性・正看護師

企業情報がとても豊富で、メリットとデメリットを細かく教えてもらえました。看護師の企業面接の専門の方もいて、模擬面接やアドバイスをこと細かく教えてもらえました

など、希望企業への転職成功率を高めるサポートや、企業や医療機関に関する情報力を特に評価していました。

きちんと転職活動をサポートして欲しい人、安心できる会社が運営しているところが良い人は、ぜひ登録してみてください。

②ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、掲載求人数が20万件以上もあり、年間10万人もの看護師が利用する国内最大級の転職エージェントです。

東京や大阪などの首都圏だけでなく、地方の求人も豊富に扱っているので、豊富な選択肢から選びたいという人におすすめです。

ナース人材バンクを実際に利用した人は、

面接時に同行し、給料面など相手に聞きにくい点を交渉してくれました。 経歴についても、直接看護部長に話して頂き、心強かったです。

転職を行う際の対応力の良さにはメリットがあります。こちらの都合での転職でしたが、少し難しいような案件でもすぐに対応していただけました。

など、アドバイザーの質の高さを特に評価していました。

初めて転職を行う人、たくさんの求人の中から選びたい人は、ぜひ登録してみてください。

③ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこは、約9万件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

他の転職エージェントとは違い、転職したい医療機関を逆指名することができるので、より満足の行く転職を実現することができます。

また、従業員数1600人を超える「株式会社ディップ」という一部上場企業が運営しているので、安心して利用することができます。

ナースではたらこを実際に利用した人は、

34歳男性・正看護師

給与面での交渉をしっかりしてもらえました。あまり期待していなかったが、年収が大幅にアップしました。

31歳女性・正看護師

企業との交渉力が強かったです。勤務中に転職を考えていて忙しかったので、とても助かりました。

など、企業との給与交渉を特に評価していました。

今よりも年収を上げたい人、転職したい医療機関がある人は、ぜひ登録してみてください。

40代の看護師が転職先を選ぶ際のポイント

40代で看護師転職する人は、20代などと違って即戦力や経験が求められ、ポイントを押さえた転職活動が求められます。

ポイントを押さえて転職成功しても、その後、続けて働き続けられるような職場に転職することも重要なポイントです。

ここでは、40代看護師だからこそ注意しておくべき職場選びについてまとめましたので、頭の片隅において、転職活動に挑んでください。

衰えが出てくる40代はクリニックもおすすめ!

体力的に続けていけるか不安な人は、さまざまな業務が求められる大病院などに行くことはおすすめできません。

クリニックや通所型のデイケアセンターなど、定休日が決まっていて定時で帰りやすい場所を選ぶと良いでしょう。

勤務形態などで、いろいろと不安がある場合は転職エージェントと相談して、プロの視点でアドバイスしてもらうのもおすすめです。

転職エージェントは、あなたに仕事を斡旋して終わりというわけではなく、継続して仕事を続けてもらえる場所を紹介しなくては信頼度に関わるので、親身に対応してくれます。

勤務経験のある科だと受かりやすい

40代看護師は即戦力を求められますので、内定を重視するのであれば働いたことのある科を受けるということも、おすすめできる方法です。

今までの実績があることと、経験があるということをしっかり相手に理解させることができれば、内定が取りやすくなります。

転職エージェントでお仕事を探せば、早めに希望の職種の面接を受けることができますし、レジュメ添削などもしてもらえますので、利用してみるのも手でしょう。

夜勤がどれくらいあるのかチェックしよう!

40代は体力の衰えがかなり出てくる年頃です。そのため、夜勤がどのくらいあるのかということも、事前に調べておくことをおすすめします。

夜勤がたくさんあって、自分にはつらくて勤務をこなすことができないと思うのであればそこの病院は諦めたほうが、長い目で見たらとても無難かもしれません。

夜勤があるかどうか、お休みがどうなのかということについてなどを面接のときに聞くのが図々しいなと思う人は転職エージェントのサポートを使うのがおすすめです。

面接に同行してくれるエージェントや、面接時にあなたの代わりに条件を交渉してくれるエージェントありますので、積極的に利用して納得のいく転職をできるようにしましょう。

体力が許すなら夜勤で高収入をねらっても

看護師の夜勤はとてもきついのですが、それでも体力が許して夜勤が可能だということであれば、採用してもらえる確率が高まりますし、収入も段違いに上がります。

夜勤が嫌で転職する人も、もちろん存在しますが、夜勤が可能だということを伝えると、人手不足に悩んでいる看護師業界ではかなり内定を勝ち取りやすくなる部分があるのです。

可能な場合は、人間関係について事前にチェックしよう

看護師が転職したいと思う大きな理由は、多忙すぎる職場環境や人間関係の難しさのため転職したいと思う人が多いのが現状です。

転職先の環境は、働いてみないとよく分からないという部分がありますが、事前に調べられる部分が全くないかというと、そうではないのです。

転職活動のプロである転職エージェントは転職先の職場環境について詳しい場合があります。特に看護師エージェントはこのような傾向がありますので、不安解消のため、継続して働くため、積極的に活用しましょう。

40代看護師が転職する際の注意点

看護師の転職は需要が高い職業でもあるので、他業種と比べて40歳という年齢がネックになりづらい転職活動をすることができます。

しかし、40代という年齢だからこそ、転職活動や転職が終わったあとの新しい職場で注意しなければならないポイントがたくさんあるので、転職前に心に留めておくべき重要なポイントをまとめました。

即戦力を求められる覚悟を

40代看護師に求められることは、経験に裏打ちされた即戦力となる力です。仕事を始めたころは新しい職場に慣れるためにある意味、20代のような新人扱いされます。

しかし、就職して数カ月後など、ある程度の期間が過ぎると、今までのキャリアがあるからという理由で急に新しい仕事をたくさん任されることもあるのです。

そのため、急な環境の変化などが苦手な人は早めに心づもりしておかないと内定を勝ち取っても、長続きしない可能性もあるので気を付けましょう。

病棟を離れる選択をすると戻ることが難しくなる

総合病院の病棟などで働いていたけれど、夜勤や救急処置の補助などが忙しく、体力的にきついから、ほかのクリニックなどに移りたいと考える看護師も多いのが現状です。

しかし、病棟で働いていたほうがお給料面ではクリニックなどよりもかなり高く、万一転職したいと思っても、その経験は非常に高く買われ、内定にも貢献してくれます。

病棟を離れ、町の病院などに転職するとまた病棟に戻りたいと思っても、戻りにくく不利な条件で転職をすることになりますので、そのような状況も頭に入れておきましょう。

働きながら転職活動をするのはかなりハード

働きながら転職活動をするのは、かなりハードでエネルギーがいることです。本業があり、その本業のことがいつも頭の片隅にありながらの活動はかなりハードです。

自分でいろいろな求人を見て応募することも、もちろん大切なことですが、転職エージェントのほうがあなたに合った求人を非公開求人から見つけてきてくれることもあります。

転職エージェントは、転職希望者の仕事を探すのが仕事なので、プロの目であなたにぴったりな仕事を探してきてくれるかもしれません。

転職エージェント利用は時間の短縮にもなりますし、疲れが出て本業に支障が出るということを防いでくれるという点で、とてもおすすめです。

年下が先輩になる心づもりを

新しい職場に行くと、あなたは40歳という年齢であることから先輩が20代だということになる場合もあります。

新しい職場に慣れるまでは、年下の先輩に頭が上がらないということもあるので、慣れるまで、とにかく頑張れる気持ちを忘れないようにして転職しましょう。

今までに成し遂げたことを明確にする

40代の看護師は、実績を問われることが多く今までの経験で、成し遂げたことなどを伝えられると、内定する確率がかなり高まります。

本当に当たり前のことでも良いので、自分が何を成し遂げたかということを明確にして、そのときの気持ちなども一緒に伝えられるようにしておきましょう。

患者さんとの関わり以外にも、看護師研究がうまくいっていたことや委員会活動が充実していたことなど、いろいろな経験を伝えられるようにしておいてください。

総合病院経験者は経験をアピール

総合病院は、20代の女性がスキルアップを目指して転職してくるほど、さまざまなスキルが要求される病院です。

患者さんの日常的なケアから、看護師同士の連携した働き方など学ぶ部分は多く、いろいろなスキルを身に付けられます。

そのため、総合病院で活躍していた経験のある40代看護師は、経験を買われて内定しやすいという傾向があるのです。

40代の看護師転職はポイントを押さえれば成功する!

看護師で40歳という年齢での転職理由はさまざまで、子供の手が離れたからもう一度、病院で働きたいと思う人や今後のキャリアのため、自分が働きたいと思う科に働きに行きたいなどさまざまな理由があります。

看護師は引く手あまたな職業で、他業種と違い40代でも応募して内定できる求人がたくさんあります。

転職で40歳というと、少し不利になってしまうのではないかと考えることもあるかと思いますが、まずはあなたが転職したい理由や職種を明確にしてみましょう。

そして、転職エージェントを使うなど効率的な転職活動をすればよい仕事に巡り会うことはまだまだできる年代なので、自信を持って転職活動をして内定を勝ち取ってください。