転職エージェントのおすすめ10選!2ch評判5000件を徹底調査

転職エージェントは「どの転職エージェントなら自分の転職を成功させられるか」という観点で選ぶことが重要です。

数多くの転職エージェントがある中、良し悪しを判断するには時間も手間もかかります。

そこで今回は、生の声が掲載されている2chに焦点を当て、どの転職エージェントがおすすめなのかまとめました。

公式サイトやマスコミでは紹介していない情報も数多く書き込まれているので、必見です。

ゲキサポ転職
ゲキサポ転職
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職エージェントの評判を2ch書き込みから検証!使えないエージェント名も発表

2chは言わずと知れた総合的な口コミサイトです。匿名で誰でも気軽に書き込めることが最大の特徴のため、個人的な恨みや間違った情報、意図的なウソも多く、やや信頼性が欠けるのが難点です。

ただ、転職エージェント関連の書き込みは、話題自体が比較的固い内容であるため、中立的で参考になる意見も数多くあります。

同じ転職エージェントの話題でも、担当したキャリアアドバイザーの当たり外れなどの違いにより、評価が正反対の場合もよくあります。

本記事では、こうした玉石混交の2chの投稿を分析し、参考になる書き込みを厳選してまとめました。

転職エージェント・2ch民のおすすめまとめ【総合エージェント編】

はじめに、総合的に転職活動を支援してくれる転職エージェントで、2chの書き込みでおすすめされているエージェントを見ていきましょう。

ここではオススメの総合的な転職エージェントを2つご紹介します。

総合的な転職エージェントおすすめ① パソナキャリア

パソナキャリア

最初に紹介する転職エージェントは、パソナキャリアです。パソナキャリアのおすすめポイントは、大きく2つあります。1つ目はキャリアアドバイザーの対応が丁寧なことです。

39だけどパソナキャリアのエージェントで転職した。年収800。色んな会社のエージェントに当たったけど、パソナが一番良かった。紹介してくる求人は適切だし、複数のメンバーで対応してくれて知識もアドバイスも的確だった。年収高めのゾーンの案件だから必死にがんばってくれたのかもしれないけど。リクルートも良かったけど、最終的にはパソナの案件でクロージング。色んな会社で色んな話聞けて有意義な転職活動だった

2つ目は、紹介される求人の質が高品質であることです。

パソナ毎週のように案件を送ってくる。給与は安いところが多いが、ホワイトばっかりで安心できる。予想以上に良かった

パソナキャリアはキャリアアドバイザーが複数で対応し、応募者の希望に可能な限り沿う形で転職活動をサポートしてくれます。

紹介される求人もホワイト企業が多いなど一定水準の質を保ち、応募者のためを考えていることが分かります。

総合的な転職エージェントおすすめ② リクルートエージェント

次に紹介する転職エージェントは、リクルートエージェントです。リクルートエージェントのおすすめポイントは、大きく2つあります。

1つ目は、スケジュール調整がスムーズで、応募者にとってかなり楽であることです。

スケジュール調整してくれて、内定後の段取りも良い。それだけで楽だったわ。求人数糞多いし。内定自体は自分で求人見て、興味ある&自分の経験にそった所で現職と別業界の会社をお気に入りにいれて、企業スカウト飛んできたところに応募した。2/2で内定だから、この作戦は有効。内定は自分で手にいれなくちゃダメよ

2つ目は、模擬面接をはじめとする面接指導や履歴書の添削指導が充実している点です。

リクエーならエージェントには本当のことを言うべき。上手い面接での返し方とか模擬面接で教えてくれる。その他のエージェントはアフターフォローゴミだから話してはいけないし、そもそも利用してはいけない。エージェントは併用が基本だからリクエーと自分の目指す専門業界に強いエージェントを受けること。リクエー以外のエージェントはリクエーの進捗を逐一聞いてくるけど適当でOK

リクルートエージェントは最大手のため保有求人数が圧倒的に多く、求職者に合っていると思えば希望職種以外の求人を送ってくるケースもあります。

スケジュール管理や模擬面接、履歴書の指導といった応募者が最も必要するサービスを積極的に提供する点も、大手の強みです。

転職エージェント・2ch民のおすすめまとめ【第二新卒・20代・未経験編】

続いて、第二新卒や20代、未経験の業種・職種にチャレンジしたいと思う人におすすめの転職エージェントを紹介します。

総合的な転職エージェントとは異なり、特化した分野を扱う転職エージェントが多く、思いがけない求人を紹介されることもあります。

第二新卒・20代・未経験おすすめ① DYM就職

最初に紹介する転職エージェントは、DYM就職です。DYM就職のおすすめポイントは、大きく2つあります。1つ目は就職までのスピードが早いことです。

就職までのスピードは業界の中でも一番早いっぽい。早い人で3日で内定が決まるなんて話もあるくらいだし。2~3週間で仕事決まるから、もう早く就職してラクになりたいって人には最適だな。紹介してもらえる求人数自体はあんまり多くはないけど、質の高い求人があればすぐに決まるって話らしい

2つ目は、他の転職エージェントと比較して就職率が高いことです。

就職率が高いって公式には書いてあったけっど、それは嘘じゃなかったみたいだ。エージェントのおねーさんにきいたら、大体90%ぐらいはあるんだってさ。他の転職エージェントだと50%いかないとこザラにあるから、そういう意味ではDYMは優秀みたいだな

DYM就職はすぐに仕事が欲しいと考えている若い人や、未経験の人たちから高い評価を得ていることが分かります。

未経験の場合、エージェントを利用しようと思っても、キャリアアドバイザーと面談することすら困難な場合も少なくないので、転職成功率が高い点は安心できるようです。

第二新卒・20代・未経験おすすめ② ハタラクティブ

次に紹介する転職エージェントは、ハタラクティブです。ハタラクティブのおすすめポイントは、大きく2つあります。1つ目はサポート体制が丁寧で充実していることです。

ハタラクティブは僕みたいな無職でも丁寧に、対応してくれます!おかげで面接まではたどり着けます

とりあえずハタラクティブ行ってきた。対応してくれた人優しかった。もうちょい人生頑張ろうと思ったわ

2つ目は、20代なら幅広く対応してくれることです。

ハタラクティブは3週間くらい使ってみての感想だけど、1回でだいたい三~四件の求人を紹介される。その中で四件だったら、うち三件は恐らく会話するのに支障があるくらいじゃなければ受かりそうな案件で、残りの一つはちょっと頑張らないと受からないような案件。という印象。求人の質は、正直そんな良くはないと思う。なんで2回に分けて、全部で八件ほど紹介されたけど、一件しか選考には進んでない。おれはもう年齢が29なんで、もっと若い人なら紹介できる求人も多い…みたいなことをやんわり言われたんで、若いうちに行ったほうがいいんでない

ハタラクティブは若い人向けの転職エージェントの中でも、充実した対応を売りにしていることがわかります。

紹介する求人も多様で、応募者が求める求人の質にも柔軟に対応してくれるようです。

第二新卒・20代・未経験おすすめ③ リクらく

最後に紹介する転職エージェントは、リクらくです。リクらくのおすすめポイントは、大きく2つあります。1つ目は面接1回で内定が勝ち取れるスピードの速さです。

リクらくってあんまし名前知られてないけど、結構すごい。何がすごいって面接たった1回で内定が決まるコト!あれはマジビビった!他の転職エージェントってさ、そもそも担当の人に会えなかったり、応募してもサイレントされたりするわけじゃん?それと比べたら、面接までたどり着ければ1回で内定ゲットできるってマジすごくね?って思う訳よ

2つ目は、20代なら幅広く対応してくれることです。

リクらくは、どうっちかっていうと若い人向けのエージェントだな。俺30過ぎてからここ使おうと思って行ったけど、見事にお祈りされて、連絡すら来なかったわー。後輩のダチは普通に連絡きましたよ?とかほざかれたから、多分若い人、具体的には20代だったら普通に通るんじゃね?

リクらくは若い人向けの転職エージェントの中でも、丁寧な対応と転職スピードの早さを売りにしていることがわかります。

面接1回で内定を得るチャンスがあるのは、他の転職エージェントにはない大きな利点です。

転職エージェント・2ch民のおすすめまとめ【IT・Web業界編】

続いて、ITやWEB業界で働きたい人におすすめの転職エージェントを紹介します。

業界の特徴上、専門性が高い分野の求人を扱う転職エージェントが多いので、質の高い求人や総合系では把握していない求人を紹介してもらえます。

IT・Web業界おすすめ① マイナビエージェント × IT

マイナビエージェント × IT

マイナビエージェント×ITのおすすめポイントは、大きく2つあります。1つ目は、優良な中小企業を多数扱っていることです。

マイナビエージェントのIT版あるやん?あれ結構いけるで。大手いきたいんならリクエー使えって話になってまうけど、中小企業やったら絶対マイナビのほうがイケてるわ。転職して年収も100万ぐらい上がったしな

2つ目は、IT系の求人を扱う転職エージェントの中でも、親身に対応するキャリアアドバイザーが多いことです。

ITでロクに経験積んでないと、最初からまともな対応してくれないエージェントがほとんどなのです。だけど、マイナビエージェントの担当者だけはどんなに俺がクソみたいな履歴しか備えてなくてもマジメに対応してくれました。お陰で、助かったのです。神!ありがとう!

マイナビエージェント×ITは、大手よりも中小企業の求人を多数扱い、担当者が親身に対応してくれる点が特徴のようです。

IT業界はベンチャー企業や中小企業が一線で活躍する世界なので、中小企業の求人に強いマイナビエージェント×ITを利用する価値は、大いにあると考えられます。

登録する(無料)

IT・Web業界おすすめ② GeekOut

GeekOut

Geekoutのおすすめポイントは、大きく2つあります。1つ目は基本サービスが求人紹介と情報収集の2種類で、柔軟に使える点です。

転職エージェントってたっくさん世の中にあるけど、Geekoutはそん中でも使いやすいほうだな。なんでかって、普通エージェントっていうと担当までたどり着いて面接できなきゃ求人紹介もらえないわけじゃん?ここは、そーいうのもあるんだけど、普通に情報収集的な使い方もできるようになってるわけ。情報が公開されてるもんで、誰でも使えるから求人案件ちょっと見てみたい、みたいな感じの使い方ができるわけ

2つ目は、「CODE QUEST」というサイト内のゲームが、プログラミング能力を測って求人に繫げるなど、実際の転職活動に直結するシステムです。

ギークアウトってエージェント、結構オモロイ。何がって、サイト内にプログラミングとかの実力をゲーム感覚で図れるヤツがあるんだが、それである程度クリアすると特別な招待枠に登録できたり、面接まで確実にいけたりするチケット、的なもんがもらえんのよ。ゲームクリアして面接やって内定ゲッツ!みたいなことが、実際あるわけ

Geekoutは利用者のニーズに合わせてより柔軟なサービスを提供する体制をとり、ゲーム感覚でIT技術者の実力を試せる点も大きな魅力です。

ゲームの成績次第では、面接確約や特別招待枠への招待といった実益を備えているのは、ありがたい点です。

IT・Web業界おすすめ③ レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアのおすすめポイントは、大きく2つあります。1つ目はIT系に特化した求人が多いことです。

レバテックキャリアってあんまし話題にあがらんけど結構いいぞ。っていうかIT系の求人の質がヤバい。他のリクエーとかマイナビとかそーいう大手っぽいところと比べても、そん色ないレベルのやつ結構ある。なんでこれほんと知られてないんだろうな、ってレベルで疑問

2つ目は、IT業界出身のキャリアドバイザーが大多数で、かなりコアなIT知識が要求される話でも通じる点です。

レバテックが良かった点って、担当もキッチリ経験積んでるから話が通じるっていう点。ほかんとこの担当だとさ。こっちが話振ってもロクにわかってない担当ばっかだったんだよな。あとは全く人の話聞かないで、自分の持ってる求人案件押し付けてくるクズとか。そ~いうのと比べると、レバテックの担当は全員がいいのかどうかはしらねーけど、俺が当たった担当は俺の専門分野理解してくれてたから、マジ助かった

レバテックキャリアは質の高いIT系求人を多数保有し、キャリアアドバイザーも業界に特化した専門知識を備えています。

応募者の経歴の特徴や希望職種を理解してもらえないなど、苦い経験がある人も納得できる高い専門性は、多くの人から評価されているようです。

登録する(無料)

転職エージェント・2ch民が「使えない」と判断した要注意会社まとめ

次に、2chで「この転職エージェントは使えない」と述べられている転職エージェントを紹介します。

ここで紹介する転職エージェントは全く使えないわけではありませんが、悪評が目立っており、利用は控えたほうが無難です。

人材バンクネット

人材バンクネットに会員登録をした後、ある転職エージェントから掲載されている求人を紹介するためには先に登録をお願いしますという連絡があったんだ。んで、その転職エージェントへと登録に行った。結局、その転職エージェントでは掲載されていた求人は紹介してもらえず、今の所私にすぐに紹介出来る求人はありませんという事で終わった。マジなんなんだよ。時間のムダ

人材紹介会社の集合サイトって、どこも同じなのでは?という印象だわ。このサイト要は人材紹介会社に登録し、声がかかったらコンサルタントに会って企業を紹介してもらうという事なんだろうな

人材バンクネットは通常の人材紹介会社と変わらず、転職エージェントのようなサポートは期待できないという投稿が多くみられます。

あくまで別の転職エージェントの登録数を増やすための下請け程度の意味合いしかなく、それならば転職エージェントに直接登録するほうがいいです。

エンエージェント

エンエージェントって機能してるのかしらん。

西新宿まで面談に行ったんだけど、その後、面談のアンケートが届いたっきり、2ヶ月経ってもなんの連絡もない。他のエージェントはせっせと案件紹介してくれてるんだけどな。エンには、自分はそんなに魅力なく見えてしまったのか・・・

エンジャパンに登録。エージェントからオファー。条件が合致するので返信。1週間待てども連絡なし。返事を求めるメール入れる。いつのまにか見慣れぬ番号の着信、ワン切りか。番号をググるが出ないがエージェントの番号の連番みたい。電話くれましたか?とメールするが音沙汰なし。エン内エージェント紹介ページを改めてみると担当者は50歳。この歳でビジネスマナーが欠けていたり連絡やりとりが出来ない

エンエージェントは応募者の扱いが雑であるとの投稿が多いです。

「応募者を甘く見ている」と批判する内容が多くみられ、社員教育がしっかりとなされておらず、あまり信用できない印象があります。

転職がめんどくさい場合の対処法を2chからまとめ

このように、転職活動に取り組む際、転職エージェントを選ぶには大きな労力が必要となります。

そのため、中には転職活動がめんどくさいと考えている人も多いでしょう。めんどくさいと考えて何もしなかった人たちが、その後どうなるかを2chの投稿から紹介します。

転職がめんどくさい…なまけた人の末路は?

転職活動を怠けて何もしないと、やがて仕事もめんどくさくなり、ニートになっていきます。その末路として有名な投稿がこちらです。

俺思うんだよ。ネットにはニートが溢れかえってるけどその末路について語ってる人は非常に少ない。実際問題ニートの末路がどのようなものであろうとおそらくネットなんて使えなくなるだろう。ニートの末路を実際に味わった者がお前らに警鐘をならそうにも手段は失われてる。だからネットにはまだ余裕のあるニートが溢れかえって「他にもいるしまだ大丈夫だろう」という意識に囚われるのかもしれない。実際にはネット世界のニートは野良猫のように2.3年で入れ替わって多くが悲惨な末路を送ってるんじゃないか…そんな気がしてならない

このように、ニートの行きつく先は孤独と絶望です。

転職がめんどくさい→一念発起した方法

「転職活動がめんどくさい」と感じても、気持ちを抑えて一念発起した人もいます。その例がこちらです。

例えばだけど警備業。平均年齢からしたら超若手、同僚もジジイばかりで引け目感じない。バイトで現場回って金貯めてそれで何かするのも良いし資格も取らさせてくれると思う。んで最短で3年やれば当該業務にかかる指導教育責任者という資格が取れるので指導員(先生みたいなもの)になれる。この資格があると自分で警備会社が作れる。事業主か社長やね。こんなに上手く行くかは分からないけどやれることはあるよ

このように、業種によっては、経験を積めば資格を習得できます。その資格を元に新しいビジネスを興して、成功を掴むチャンスが得られます。

転職に失敗してしまった人の体験談

転職エージェントを利用して転職活動に取り組み、転職自体はできたものの、思っていた結果にならなかった人もいます。次のような例があります。

大手部品メーカーから機械メーカーに転職して、給料は上がったけど個人の負荷は高いし、わからないことをわからないまま仕事してるから全然仕事が進まないし、プレッシャーかけられすぎて辛い。明日から仕事だけど行きたくない」

一日3時間はサビ残させられて拘束時間が一日13時。給料は20マソ。マジクソブラックに転職したわ。スキルがないしもう歳だから雇ってもらえるだけありがたいといえばありがたいが

このように、業界を超えて未経験に近い業種や分野に転職した場合、給料は上がっても仕事の負荷が大きすぎたり、人間関係が複雑で疲れてしまう場合があります。

中にはブラック企業に転職し、以前より厳しい環境におかれてしまった人もいます。

転職エージェント・転職サイトは2ch書き込みだけを鵜呑みにしないで

ここまで、2chに焦点を当てて、おすすめの転職エージェントをまとめました。

2chは匿名掲示板という特性から、さまざまな転職エージェントの生の投稿があり、公式サイトにはない情報も多く見られます。

しかし、2chの情報は玉石混交です。生の声が多い一方、意図的なウソの投稿も混ざっています。必ずしも正確な情報を得られる手段ではなく、注意する必要があります。

匿名で書き込めることは、書き込んだ人が投稿内容に責任を取るつもりがないことを意味します。無責任な情報が多く混ざっているので、参考程度に見ておくのをおすすめします。

2chの情報をうまく活用するには、公式サイトや報道など確かな情報源と組み合わせて、自分なりに得た情報を総合的に解釈する必要があります。

正確な情報を得るためにも、転職エージェントにまつわる多様な情報を下記に集めましたので、これらを参照して万全の状態で転職活動に臨んでください。