山口へ転職したい!成功させる方法とおすすめ転職エージェントを紹介

山口県で転職したいです。どうすれば転職できますか?
山口県などの地方転職を成功させるためには、その県特有の転職事情を理解し、転職エージェントを活用することが大切です。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。具体的にどの転職エージェントを利用すれば良いですか?
この記事でご紹介しています。他にも、山口県の転職市場地域性転職の際の注意点などご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

『最近仕事ばかりしている、プライベートも大切にしたい』『もっとゆったりと仕事をしたい』と、思ったことがある人は多いのではないでしょうか。

最近では都会であくせく働くよりも、地方でゆったり働きたい、とUターンやIターンを希望する人も増えてきています。今回は山口県に限定して、山口の転職事情や地域性、求人の傾向などをおすすめエージェントと共に紹介します。

実家が山口で帰りたいと思っている人を始め、山口にUターンを考えている人は、ぜひこの記事を参考に転職を果たしてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

山口の転職市場・地域性は?

敵を知ったうえで戦力を立てるのが戦いの基本であるように、転職でもまず目標とする企業や地域のことを知ることが大切になります。

以下に山口県の平均年収や求人倍率、主要産業といった転職事情について紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

山口県の平均年収

まずは山口県の平均年収から見ていきましょう。厚生労働省が平成30年に発表した『平成29年賃金構造基本統計調査の概況』の都道府県別平均賃金表を見ていくと、次のような結果となっていました。

全国平均304.3千円
山口県273.5千円

これを分かりやすく計算すると、山口県の平均月収は273,500円となり、年収に単純計算すると3,282,000円になります。これは全国平均額よりも30,000円ほど安く、年間で360,000円の差が出るという計算にもなります。

これだけ見ると山口県の年収は低いようにも感じられますが、これを隣接する県ごとに見ていくと

広島297.6千円
山口273.5千円
鳥根253.4千円

となり、これに鳥取・岡山を加えた中国地方全体でみると、5県中2位と中々に高い数値であることが分かります。地方都市は東京や大阪といった大都市に比べると、やはりどうしても賃金が少なくなる傾向はあるようです。

しかしこの結果をみると山口は低賃金であるとは言えず、むしろ中国地方では高収入なほうであるともいえます。

山口県の求人倍率

続いては山口の求人倍率をみていきます。求人倍率とは求職者1人に対して仕事がいくつあるのかを表した数値のことです。平均値を1として、1以上であれば1人に対して1つ以上の仕事があることを意味します。

独立行政法人労働政策研究・研修機構によれば、2018年10月時点での山口の有効求人倍率は1.63であり、全国で21位という結果となっていました。

これは全国平均の1.62と比べるとわずかではありますが高く、山口は全国的にみても求人は多いほうであることが分かります。

また隣接する2県と比べると

広島2.11
鳥根1.77
山口1.63

という結果となります。鳥取と岡山がそれぞれ1.63、1.96であることから考えると、山口は中国地方全体では下位になりますが、そもそも中国地方全体が平均値以上の求人倍率を持つ仕事が豊富な地域であることが分かります。

仕事が多い中国地方は、転職で狙い目な地域だといえます。

山口県の有名な企業・メーカー

山口県は地方都市とはいえ、上場企業や有名なメーカーなども多く存在します。以下に上場別にいくつかの企業を紹介していきます。

東証一部上場

  • 林兼産業株式会社
  • 株式会社エストラスト
  • 東ソー株式会社
  • 株式会社トクヤマ
  • セントラル硝子株式会社
  • チタン工業株式会社
  • 宇部興味産株式会社
  • 株式会社長府製作所
  • 株式会社山口フィナンシャルグループ
  • 株式会社ファーストリテイリング

東証二部上場

  • 株式会社原弘産
  • 株式会社リテールパートナーズ

マザーズ上場

  • 株式会社エムビーエス

JASDAQ上場

  • 株式会社秋川牧園
  • 株式会社東武住販
  • 株式会社アルファクス・フード・システム

その他にも株式会社TRUCK−ONEなど、山口には上場企業が多くみられ、その中でも特に東証一部上場企業が多いのが特徴です。

山口での転職を機に、こういった上場企業を狙ってみるのも良いかもしれません。

山口の企業ランキング

大手転職エージェントのマイナビの『2019年度卒就職企業人気ランキング』本所所在地別ランキングによると、中国・四国地方の人気企業ランキングには以下のような企業がランクインしていました。

  • オハヨー乳業株式会社
  • カバヤ食品株式会社
  • 山田養蜂所グループ
  • 株式会社山口フィナンシャルグループ

山口県からは、上記でも取り上げた『山口フィナンシャルグループ』が12位にランクインしていますが、残念ながら他に山口に本所を置く企業はランクインしていませんでした。

しかし山口には、関西ランキング1位の『積水ハウス』や2位の『日本生命保険相互会社』の支社や支店が存在しています。山口で人気企業へ就職をしたいのであれば、そういったところを狙うのもひとつの手です。

山口県の主要産業

山口県の公式ホームページを見てみると、県内の産業の比率と全国順位は以下のようになっています。

第一次産業4.9%27位
第二次産業26.1%19位
第三次産業69%21位

これを見るに山口県は全国的にみても第二次産業の順位が高く、また同ホームページによれば、山口は第二次世界大戦後に石油化学コンビナートが形成されたこともあり、全国有数の工業県に発展したとありました。

山口県は鉄鋼・石油・化学製品などの基礎素材型産業に加えて、輸送用機械の製造が盛んであり、しかも『マツダ』『三菱重工』『日立』の大手輸送用メーカーが揃っていることからも、機械・工業の産業が主要であることが分かります。

他にも医療品製造の施設も多数存在し、年間の医療品製造量は国内トップクラスです。

山口で転職を考えるのであれば、こういった工業・機械系やエレクトロニクスなどの技術職が狙い目かもしれません。

山口県の求人の傾向

大手転職サイトの『doda』や『リクルート』などの求人情報を参考に、山口県での求人傾向を調べてみました。すると山口県ではやはりというべきか、機械・電気・医療品メーカー・工業・プラントなどの求人が多く存在していました。

やはりこれは山口県が日本有数の工業県であるためでしょう。また工業や技術職系の仕事が多い反面、その他の求人は等しく少ないという、極端な傾向がありました。

その中でも、正社員枠で未経験者歓迎の求人案件は全体の20%ほどで、第二新卒歓迎応募などと併用して募集している場合が多くみられました。

山口は工業県であるため、元々工業系の仕事をしている人は転職しやすく、工業系であれば未経験でも転職はしやすいかもしれません。しかしそれ以外の職種の人には求人が少なく転職はしづらい可能性があります。

しかし求人とは時期によってある程度上下するものなので、小まめに求人情報をチェックすることで、工業系以外の求人でも良いものが見つかる可能性は十分にあります。

工業系以外の職種を狙っている人は、マメに求人をチェックすると良いでしょう。

山口県の正社員求人とパート求人

公益社団法人の全国求人情報協会の2018年10月時点での全国の求人数平均を見てみると、山口県の週の平均求人数5,148件となっています。これは全国の総求人数の0.5%であり、山口県は中国地方では3位という結果となりました。

よく『山口は仕事がない』というワードを耳にしますが、上記の求人倍率などを考えても、山口はどちらかといえば仕事が多いほうだと考えられます。

また同調査によれば、求人の分類比率は『正社員』が22%、『パート・アルバイト』が71%であるとのことでした。これは単純に計算すると、山口での週平均正社員募集は約1132件、パート・アルバイトでは約3655件となります。

これらを見る限り、山口での正社員求人は決して少ないわけではなく、求人の多い工業系であれば比較的仕事はしやすいのではないかと考えられます。

またタウンワークなどの大手求人情報誌によると、山口県で飲食系のアルバイトをするのであれば城下町の萩市あたりがおすすめで、その他工場系のスタッフバイトなどは比較的見つかりやすいといいます。

山口県で仕事を探すのであれば、正社員アルバイト共に、工業系の仕事を探すと見つかりやすいでしょう。

山口県でのUターン事情

国立社会保障・人口問題研究所の『第8回人口移動調査』の『都道府県別Uターン』の項目を見てみると、山口県民の57.2%が県外への移住経験があると答え、そのうちUターン者は県民全体の22.9%となっています。

これは全国平均の20.4%よりも多い数値で、山口県は4人に1人近くがUターン者である、全国的もUターンが多い県だといえます。また近隣の県や中国地方全体でみると、以下のようになっています。

鳥根28.5%
鳥取25.2%
山口22.9%
広島22.8%
岡山20.7%

こうしてみると、山口は中国地方全体では3番目と言う結果ですが、5県すべてが平均値の20.4%を超えていることから、中国地方そのものがUターンが多い地域であるといえます。

山口で転職するメリットは?

山口県の転職事情について分かったら、続いては山口に転職する、具体的なメリットについて紹介していきます。

ワーク・ライフバランスが良い

総務省の平成28年度の社会生活基本調査によれば、山口県は労働時間が長い県のランキング、ゆう活ランキングの両方で良い結果を出し、他県に比べると労働時間が短くてアフターファイブを楽しみやすいといえます。

この調査によると、山口県は全国の平均労働時間5時間55分より13分早く、5時間42分で全国45位になっています。また全国の平均退社時間18時53分より30分早い、18時23分で全国7位と言う結果になりました。

特にゆう活ランキングでは46位の東京と比べると、1時間近くも短かいので、もしあなたが東京から山口に転職した場合、アフターファイブはかなり時間が取れる可能性があります。

この余った時間を習い事や合コンに励むのも良いですし、家でゆったり過ごすのも良いでしょう。都心であくせく働いていた人にとっては、魅力的な要素と言えます。

生活費がかかりにくい

山口に転職する上でメリットとして、まず挙げられるのが『生活費の安さ』です。2016年の総務省『小物物価統計調査』に、全国の物価指数を表す数値がありますので、そちらを参考に見ていきましょう。

この調査によると、地域別の物価指標では全国平均値が100なのに対し、山口の指標は99前後と、平均値よりも低くなっていることが分かりました。

また項目別にみていくと、山口は住居費が最も安く、次いで教育・教養娯楽・交通の3つの物価が低いという結果でした。しかし逆に保健医療については103.1と平均値より3.1ポイント高く、全国1位という結果になっていました。

これらを見るに山口は保健医療費こそ高めの傾向にありますが、物価そのものは安く、東京や神奈川といった物価の高い場所に比べれば生活費がかかりにくくなります。

また中国地方全体でみると、山口は島根に次いで物価が安く、広島と同着2位という結果になりました。5県の中では中間となりましたが、中国地方全体が平均より物価が低いことを考えれば、それでも十分安いといえます。

家賃が安い

上でも少し触れましたが、山口県は住居の物価指数が低く、家賃が安い傾向にあります。全国の家賃の相場を調べた『全国賃貸管理ビジネス協会』の全国家賃動向によれば、2018年11月時点での山口県の平均家賃は以下のようになっています。

全国平均50,443円
山口県38,275円

全国の平均家賃に比べて、かなり安いことが分かります。これは全国的にみてもかなり安い価格で、全国で最も家賃が安い群馬県に次いで2番目という結果になります。

中国地方全体でみても、他4県がいずれも40,000円を超えているのに対し、山口県のみが30,000円代であることから、その安さのほどが分かります。

家賃は生活の中で最も金額が大きい出費ですので、これが安く抑えられるのであれば、貯金や他のことに費用を回すことができます。

海が近くて海産物が美味しい

山口県は周囲を海に囲まれた県ですので海に近く、また港も多いため新鮮な海の幸を堪能することができます。実際に山口県に移住した人の話を聞くと、その大部分がやはり海に関することについて述べていました。

特に新鮮な海産物の美味しさについては定評があり、男女ともに『やっぱり海産物が美味しい』『安くておいしい魚が手に入る』『フグが安く食べられる』など、価格面の安さと味の美味しさについて述べている人はたくさんいました。

特に山口はのどぐろの水揚げ量が全国トップクラスで、県の特産品です。脂の乗ったのどぐろは別名『白身のトロ』ともいわれるほどの口当たりと味わいを有しています。

また山口は見島や青海島といった絶景のダイビングスポットも存在するため、ダイビングをする人や興味を持っている人にも大変魅力的な地域となります。

まるで南国のように青く美しい山口の海は、観光するにも食べ歩きをするのにも適しています。

山口で転職する際の注意点は?

山口に転職するメリットが分かったら、次は山口へ転職する際に気を付けてほしいことについて紹介していきます。

年収が低下する可能性がある

まず初めに注意してほしいのが、山口県に転職すると、年収が下がってしまう可能性があるということです。上で紹介しましたが、山口県の平均月収は全国平均と比べて30,000円ほど安いという結果になっていました。

これは年間で計算すると360,000円ほどで、月収1月分以上の差が出てしまうことを意味します。もちろん一口に山口と言っても転職する企業によって給与に差はありますし、地方はどうしても都心に比べて安くなる傾向もあります。

しかし実際に平均値が低いということは、今もしあなたが都心で仕事をしている場合、転職後に給与が下がってしまう可能性は十分に考えられます。

山口は家賃や物価が安いため、全体でみれば生活水準は変わらないかもしれません。しかしこれから結婚や子育てなどを考えているのであれば、なるべく年収は下げないようにしたほうが良いでしょう。

遊ぶところが少ない

こちらも注意してほしい点ですが、山口は地方都市なので、都心に比べるとあまり発展しておらず遊ぶ場所が少ないことが挙げられます。

山口に転職・移住してきた人の話では、確かに山口県は自然が豊富で海も山も近いが発展はしていない、のんびりするにはいいけど若い人には物足りないだろう、遊ぶところが少ない、という声が多くみられました。

もちろん都心と比べてしまうとどの地方都市も見劣りしてしまうのはしょうがないかもしれません。しかしアフターファイブや土日はクラブや買い物を楽しみたいというタイプの人には物足りないのも事実です。

人との出会いが少ない

こちらも地方都市ならではの注意点ですが、山口に転職すると人との出会いが減る可能性があります。総務省総計局の平成28年度データによりますと、山口県は平成27年から2年連続で人口が減少傾向にありました。

このデータによれば、全国の平均人口増減率は-0.13なのに対して、山口県は-0.74%と大きく、全国で37位とギリギリでワースト10に入る結果となりました。

また山口県は人口のおよそ32%以上が65歳以上という結果が出ており、これは全国でも4番目に多い数値となっています。これらのことから山口では若い人が少なく、また人口の減少も多いことが分かります。

もしもあなたがまだ若い世代であれば、友だちにしろ恋人にしろ、出会いのチャンスが少なくなる可能性が十分に考えられます。独身者で山口に転職したい人は気を付けましょう。

山口での転職を成功させる方法4つ

ここからようやく山口県へ転職するための具体的な方法について説明していきます。転職を成功させるには、以下に挙げる4つの方法を試してみてください。

情報収集を綿密に行う

山口への転職を成功させるには、まず何よりも『情報収集』をしっかり行うようにします。上でも紹介しましたが、山口県の転職市場を知るのと知らないのとでは、対策の立て方や行動の仕方はまったく違ってきます。

大手転職エージェントのマイナビでも、Uターンや地方への転職の際の情報の大切さを述べていました。地方ですと、都心に比べて1社ごとの採用規模は小さくなるので、人気企業はその分激戦になります。

またこういった企業研究は内定獲得のためだけではなく、狙っている企業がブラック企業や業績の悪い企業であるかどうかを見分けるのにも役立ちます。

例えば山口県の転職情報を検索してみると、googleの関連キーワードに『山口 転職 やばい』などというワードが出てきます。

もちろんどの地域にも『やばい』企業はありますが、山口に転職した人の中には、今だ長時間労働が偉いと思っている企業が多い、と発言している人もいました。

決して『山口は人口少ないから大丈夫だろう』などとは油断せず、狙っている企業や山口県そのものなど、幅広い情報を仕入れ、しっかりとした企業研究をすることが転職成功のカギとなります。

徹底したスケジュール管理を行う

山口を始め、地方への転職を成功させるためには徹底した『スケジュール管理』による効率化を行うようにします。とくに都心に住んでいて山口へ転職したい人などは、交通費節約のためにもスケジュール管理は必須です。

転職は新卒のように説明会などはないのが救いですが、それでもある程度大きな企業ともなれば、本社での面接を数回にわたって行う企業も決して少なくはありません。

同じ中国地方周辺であればまだしも、都心から山口への転職活動は交通費・要する時間・体力ともに大きく消費します。現職を続けながら、地方への転職活動を行うのは相当大変になるのは目に見えています。

しっかりとしたスケジュール管理を行うことは、現職を続けながらも、時間と体力に余裕をもって転職にのぞむために必須ともいえる方法です。

転職フェアや説明会に参加する

転職フェアや説明会に参加するのも、山口への転職を成功させるにはおすすめの方法です。転職フェアや説明会は、各企業が参加して行われるイベントですので、自分が狙っている企業や地方の情報を入手できるチャンスでもあります。

山口では東京でUターン転職説明会を行っている団体もあります。都内在住などでなかなか山口まで足を運べない人でも、こういった説明会であれば参加はしやすいでしょう。

最近では人口の減少のためか、地方都市ではこういった説明会やUターン転職フェアなどが頻繁に開催されている県が多く存在します。山口でも県外在住のUターン希望者のために、各種サービスを行っている団体が存在します。

自分だけで行う情報収集には限界があります。こういった転職フェアや説明会は、山口への人口を増やそうと行っているイベントなので、得られるものも多くあることでしょう。

転職エージェントへの登録

最後に紹介するのが『転職エージェントへの登録』です。エージェントというと、少しハードルが高いように思う人もいるでしょうが、実はここで取り上げた方法の中でもっとも効率的で成功率が挙げる方法なのです。

なぜかというと転職エージェントは元々が『利用者の転職を成功させる』ためのサービスで、なおかつ『何人もの転職を手助けしてきたノウハウ』があるからです。

言ってしまえばエージェントとは『転職のプロ』が集まる機関であり、今まで培ってきた多くのノウハウを無料で受けることができるお得な場所といえます。

素人がたった一人で転職活動に励むのと、プロであるアドバイザーの元、二人三脚で行う転職活動、どちらがより効率的で成功率がたかいのかは言うまでもありません。

転職エージェントの利用は基本的に無料で利用できるうえに、嫌になったらすぐに辞めることも出来ます。ハードルがたかいと思っている人は、一度思い切って登録してみると、利用してよかったときっと思うでしょう。

山口の求人に強い転職サイト・エージェント4選

転職エージェントがおすすめ、と言われても、実際にどのエージェントを選べばいいのか迷ってしまう人も多いでしょう。そういった人のために、山口への転職におすすめのエージェントを紹介していきます。

以下に『誰にでもおすすめできる』総合型と、『特定の業界や人材に強い』業界特化型、『山口の企業に特化した』地域密着型の3パターンに分けて紹介するので、良いと思ったものにはぜひ登録してみてください。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

山口の県内求人社数最大!じょぶる山口

じょぶる山口は、山口県内に限定した求人を紹介している地域密着型エージェントで、転職から派遣・アルバイトや新卒採用まで幅広い種類の求人を扱っています。

じょぶる山口の強みは、なんといっても取り扱い求人の多さと人気にあります。山口県内だけで8000社の求人を持ち、20万人の利用者数を誇り、また面談件数年間800人のアドバイザーがあなたに合った求人を見つけてくれます。

じょぶる山口の評判について調べてみると、以下のような口コミが多く存在していました。

  • 求人数が多いので、希望の求人に出会いやすい
  • ヒアリングが丁寧で、親身になってくれた

やはり『求人の多さ』や経験の多さによる『適切なアドバイス』、『ヒアリングの丁寧さ』に定評がありました。

山口への転職を考えているのであれば、取りあえず登録しておくべきエージェンでしょう。

登録する(無料)

最後に

地方都市である山口は1社あたりの求人応募数が少ない、または求人そのものが見つかりにくい可能性があります。そのためなるべく多くの求人と出会い、ひとつひとつの求人を無駄にしないように活動する必要があります。

そのために効果的なのが、より多くの転職エージェントに登録して、より多くの求人情報とノウハウを詰め込んでおくことです。転職エージェントにはエージェントごとに得意不得意があり、それをカバーするためにもこの方法は有効です。

転職エージェントの利用は基本的に無料で、わざわざひとつに絞る必要もありません。様々なエージェントに登録しておけば、多くの情報を得られるだけでなく、質の良くないエージェントに当たってしまっても判断しやすくなります。

多くの転職エージェントへの登録・利用は、山口で良い企業から内定を勝ち取るために必須ともいえます。多くのエージェントを活用して、ぜひ山口への転職を叶えてください。