26歳の転職は需要が高いって本当?企業が欲しがる理由を解説!

92803c7e974d9b8fa5f4d44fa41e3d58_s
私は26歳で、転職を考えています。ですが、どうも「入社して5年もしないうちに転職なんか…」と思ってしまい、決断することができません。どうすれば良いですか?
キャリアコンサルタント
26歳というのは「まだ入社して5年も経っていない」と”転職は早すぎる”と考える人もいれば、「今更需要などあるのか」と”転職が遅すぎる”と考える人もいる年齢です。
キャリアコンサルタント
ですが、26歳はその両方とも違い、かなり「転職のタイミングに恵まれている年齢」なのです。
キャリアコンサルタント
この記事では、そんな26歳の方が転職活動を行う上で押さえたいポイントや注意点などについて詳しくご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んでいる26歳の皆さんは、転職をしたいと考えていても、心のどこかで二の足を踏んではいないでしょうか。

上司や先輩から「入社して5年もしないうちに辞めるのはいかがなものか」などの声を聞き、26歳での転職が早すぎるのではと思っている人もいるかもしれません。

一方で、「第二新卒の時期を過ぎてしまったし、今更自分に需要があるのだろうか」などと、26歳での転職が遅すぎるのではと思っている人もいることでしょう。

実は、26歳は転職市場でも需要が高く、転職するのに早すぎる・遅すぎるといったことはありません

しかしながら、社会人としての経験が浅い分、思わぬ落とし穴を回避しきれず、転職で失敗してしまうことも少なくありません。

26歳の転職は、タイミングには恵まれているものの、転職を成功させるための注意点に留意する必要があると言えるでしょう。

ここでは、悩める26歳の皆さんに、転職で失敗して後悔しないためのコツをご紹介します。皆さんが転職への第一歩を踏み出すきっかけとなれば幸いです。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

26歳は転職しにくい?しやすい?

26歳と言うと、おおむね23歳から25歳までを指す「第二新卒」の時期を過ぎていることもあり、若さを全面に押し出した転職活動にはあまり向いていないと考えられます。

しかしながら、社会人としての経験はまだ3~4年ほどであり、30代と比べるとキャリアや職歴では劣る部分が見られます。

では、26歳という年齢は、転職するのには向いていないのでしょうか。

結論から言うと、第二新卒の時期を過ぎていても、26歳は転職に向いていると言えます。なぜなら、企業側から見て、26歳は市場価値が高いと評価されるからです。

では、26歳は企業からどのように評価されるのでしょうか。26歳で転職するメリット・デメリットと合わせて、詳しく見ていきましょう。

企業から見た26歳の評価

企業から見た26歳の魅力の中で、特筆すべき点は2つあります。

第二新卒と比較した評価

一つは、新卒・第二新卒と比較して、社会人としての基本的なマナーや知識が身についていると考えられる点です。

新卒や第二新卒のような、社会人経験がほとんどない人材の場合、企業は採用後に研修を行い、一人前の社会人に育てあげなければなりません。

研修には時間がかかるのはもちろん、コストや手間もかかります。しかし、26歳の場合は基本的な知識が身についているため、企業から見ると研修のコストが省けるメリットがあるのです。

30代と比較した評価

もう一つは、30代の転職者と比較して、将来性に期待できると考えられる点です。

30代と比べると、26歳はまだ若さがあります。転職先の企業で成長し、有能な人材に成長する可能性が、30代の転職者よりも高いと考える企業が多いのです。

つまり、企業から見た26歳は、社会人としての基礎ができていて、将来性にも期待が持てる貴重な人材なのです。

26歳で転職するメリット

企業が26歳を貴重な人材と評価していることがわかったところで、転職する26歳の側にはどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

若さと経験の両方をアピールできる

前述の企業からの評価でも説明したとおり、26歳の武器は若さと経験を兼ね備えていることです。若さと経験の両方をアピールできるのは、26歳で転職する大きなメリットだと言えるでしょう。

第二新卒を過ぎてはいるものの、26歳はまだ将来性があります。それと同時に、第二新卒よりも豊富な社会人経験を有しています。この両方をアピールできるのは、26歳ならではです。

若さと経験は、転職において大きな武器となります。転職を目指すなら、この武器を使わない手はありません。

未経験の業界・業種にチャレンジできるラストチャンス

第二新卒を過ぎても、26歳はまだ若いため、転職先もさまざまな選択肢があります。特に、未経験の業界や業種にチャレンジできるのは、26歳がラストチャンスと言えます。

30代に入ってしまうと、経験を積んで成長していくための期間が限られてしまうため、未経験の業界に転職することが難しくなります。しかし、26歳にはまだ成長のチャンスが残っています。

もし今の業種や職種が向いていないと考えているのであれば、26歳の今を逃すと転職の難易度が上がってしまうことが予想されます。

未経験の業界・業種でも転職がしやすいのは、26歳で転職する大きなメリットです。

キャリアアップが望める

転職を考えている人の中には、「業界トップの企業に行きたい」、「新卒のときに内定をもらえなかった企業が諦めきれない」など、よりランクの高い企業への転職を目指す人もいるでしょう。

そのような場合も、26歳で転職することにより、キャリアアップできる可能性があります。なぜなら、数年間の社会人経験が新たな武器となるからです。

新卒で内定をもらえなかった企業も、社会人経験を積んだことにより、即戦力として評価してもらえる可能性が高まります。同業種への転職の場合、その可能性はより高くなります。

前述の通り、26歳には若さと経験という大きな武器があります。この武器を上手にアピールできれば、今よりも高待遇の企業に転職できることも可能なのです。

公務員にも挑戦できる

26歳での転職の場合、民間企業はもちろんのこと、公務員への転職も可能です。

地方公務員の場合、ほとんどの自治体で年齢制限があり、上限を30歳前後としている自治体が多いです。したがって、30代になると、公務員に転職することはとても難しくなります。

公務員に転職する場合、新卒の大学生などと同じ試験を受けます。近年の公務員試験は面接での人柄を重視する傾向にあるので、社会人経験は大きな武器になります。

景気に左右されない安定した身分と、充実の福利厚生が魅力の公務員。公務員に挑戦できるのは、26歳での転職のメリットの一つと言えるでしょう。

26歳で転職するデメリット

26歳での転職には、さまざまなメリットがあります。しかし、その一方で、デメリットが存在するのも事実です。26歳での転職のデメリットを紹介します。

経験不足と評価されることがある

第二新卒よりは経験を積んでいる26歳ですが、30代には社会人経験が及びません。そのため、即戦力を欲しがる企業の場合、経験不足と判断されてしまうことがあります。

相応の転職理由が求められる

26歳での転職の場合、入社して3年から4年で転職するので、転職先の企業にも「もしかしたら、うちの会社も5年以内に退職してしまうのではないか」と思われてしまうことがあります。

そのため、このような企業側の不安を払拭し、内定を得るためには、26歳での転職に至った相応の理由が求められます

転職理由がぼんやりしていては、企業側も採用に不安を覚えます。面接官を納得させる理由を言えなければ、内定を得ることは難しいと言えるでしょう。

高卒の26歳の転職は有利?不利?

ここまでは大卒の26歳について紹介してきましたが、高卒の26歳の場合、大卒と比べて異なる点や、有利・不利な点はあるのでしょうか。

結論から言うと、市場価値やメリット、転職で注意する点はあまり大差ありません。ただし、大学を卒業しているというステータスに敵わない場合もあります。

たとえば、採用条件が大卒以上だったり、大学で勉強して得られる資格を持っていないために選考で不利になったりなどの不利益が考えられます。

しかし、高卒も大卒と同様、26歳で転職すると若さと経験の両方をアピールできます。場合によっては、大卒よりも豊富な経験を武器に転職を進めることも可能です。

高卒の皆さんも、大卒の皆さんも、この記事で紹介するコツをしっかり覚えて、転職を成功させてください。

26歳での転職を成功させるコツ

いくつかのデメリットはあるものの、26歳での転職は市場価値も高く、メリットも豊富にあることをご理解いただけたのではないでしょうか。

しかしながら、いくら26歳が転職に向いている年齢だと言っても、それに甘えて深く考えないまま転職をしてしまえば、転職に失敗して後悔することは明らかです

ここでは、26歳だからこそ注意したい、転職を成功させるコツを紹介します。ぜひ参考にしてください。

なぜ転職したいのかを明らかにする

転職を考えたとき、とにかく今の職場を離れたいからと言って、勢いで無計画な行動をとってはいけません。まずは冷静に、なぜ転職したいのかを明らかにしましょう。

「今の職場が不満だから」、「とにかく辞めたいから」などの理由では、安易に転職先を選んでしまう可能性が高く、結果として転職したことを後悔してしまいます。

中途半端な理由での転職は、おすすめできません。どうして転職したいのか、どのような企業で働きたいのかを明確にしてから転職活動を始めるようにしましょう。

キャリアプランを立てる

転職で最も避けるべきことは、「なんとなく」で転職先を決めてしまうことです。それを防ぐために、キャリアプランを立て、それに合った転職先を選ぶようにしましょう

26歳は、結婚や出産などのライフイベントを考慮に入れてキャリアプランを立てる年齢です。プライベートを大事にして働くのか、新たな分野にチャレンジするのかなどを検討する必要があります。

何から手を付けていいのか分からない人は、転職して叶えたいことを書き出してみましょう。年収を上げること、残業が少ないこと、スキルアップすること、転勤がないこと、何だって構いません。

それができたら、その中で何が一番大切かを考え、優先順位をつけます。すると、自分がどんな働き方をしたいのかが、少しずつ見えてくるはずです。

転職先を決めることは、今後の働き方や生き方を決めることです。自分の目指すキャリアプランを明らかにしたうえで、それにあった企業への転職を目指しましょう。

自己分析や企業研究をしっかり行う

自己分析や企業研究は、新卒の就職活動でも行った人が多いでしょう。これらの分析は、転職活動でも欠かすことのできない重要な項目です。

履歴書や面接では、限られたスペースや時間の中で、企業の担当者に自分を理解してもらう必要があります。そのためには、自分のことを自分で理解するための自己分析が欠かせません。

企業研究をしっかり行えば、企業の求める人物像を掴むことができ、アピールポイントが明らかになります。それだけでなく、転職後のミスマッチも防ぐことができます。

自己分析や企業研究は、転職を成功させるために必要不可欠です。必ず行うようにしましょう。

相談相手を作る

26歳の皆さんは、転職を今までに経験したことがない人も多いかと思います。未経験のことでは不安も多いですし、思わぬ落とし穴に気づけないおそれもあります。

それを防ぐためにも、気軽に相談できる相談相手を作ることがおすすめです。

相談相手は、困ったときにすぐ相談できる身近な相手を選ぶようにしましょう。特に、転職したい業種や企業に詳しい人が望ましいと言えます。

しかし、身近にそのような人がいない場合もあるでしょう。そんな人におすすめできるサービスがありますので紹介します。

転職エージェントを利用する

身近に転職のことを相談できる相手がいない人はもちろん、転職を考えている全ての26歳におすすめしたいのが、転職エージェントを利用することです

転職エージェントとは、求人の紹介から内定まで、転職したい人をサポートしてくれるサービスです。おすすめのポイントと活用法を紹介します。

転職エージェントのここがおすすめ!

転職エージェントをおすすめする理由は、前述の「転職を成功させるコツ」を全て網羅できるからです。

転職エージェントに登録すると受けられるサービスには、以下のようなものがあります。

  • キャリア相談
  • 求人の紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策
  • 面接のセッティング
  • 給与の交渉

転職エージェントに登録すると、プロに相談できるので、初めての転職でも安心です。転職するかどうか悩んでいる場合でも、相談に乗ってもらえます。

自己分析のサポートもしてくれますし、実際に働かないと分からないような企業の情報も教えてくれるので、企業研究も万全です。

それ以外にも、条件のいい求人を紹介してくれたり、面接対策をしてくれたり、さらには給与の交渉までしてくれたりと、まさに至れり尽くせりのサービスと言えます。

これらのサービスを、転職を希望している人は全て無料で利用できるので、転職を考えている26歳は使わない手はありません。

転職エージェントのおすすめ活用法

転職エージェントには、たくさんの種類があります。優れた転職エージェントがある一方で、悪質なエージェントがあるのも事実です。

この記事では、悪質なエージェントを排除し、おすすめできる優れたエージェントだけを紹介しています。自分に合ったものを見つけて利用してください。

また、転職エージェントは一つのみを利用するのではなく、3つ程度の複数を同時に利用することが転職を成功させるコツです。その理由は2つあります。

理由1.求人数が増える

一つは、出会える求人数が増えるからです。

転職エージェントに登録すると、自分の条件に合った求人を紹介してくれます。この求人には、ネット上などで公開している求人の他に、どこにも掲載されていない「非公開求人」があります。

非公開求人は、公開すると応募が殺到すると企業が判断したため非公開になっている求人で、高待遇のものが多くあります。

したがって、希望する条件に合う非公開求人にどれだけ出会えるかが、転職が成功するかどうかの鍵を握っていると言えます。

これらの非公開求人は、エージェントによって所有しているものが違うので、複数のエージェントに登録することにより、より多くの非公開求人に出会えるのです。

理由2.自分に合う担当者に出会える

もう一つの理由は、自分に合う担当者に出会える可能性が上がるからです。

転職エージェントに登録すると、相談や求人の紹介をしてくれる担当者が決まります。この担当者によって、転職の成功率が大きく変わると言っても過言ではありません。

相手は転職のプロですが、経験の浅い人もいるなど、当たり外れがあります。また、人間同士の付き合いなので、相性の良し悪しが存在します。

「エージェントに登録したけれど、担当者と合わなくて転職できなかった」といった失敗を招かないためにも、転職エージェントは複数登録がおすすめです。

26歳で転職したい人におすすめしたい転職エージェント4選

26歳の転職には、転職エージェントがとても有力であるとご理解いただけたのではないでしょうか。

ここでは、国内に数多くある転職エージェントの中でも、特に26歳の転職におすすめしたいエージェントを厳選して紹介します。

①リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントを26歳の転職におすすめしたい理由は、以下の通りです。

  • 求人数が日本最大級
  • 企業への交渉力がある
  • 転職をサポートする独自サービスが充実

リクルートエージェントをおすすめする最大の理由は、日本最大手のエージェントだからこそ実現できる求人数と充実したサポートです。

豊富な求人数

リクルートエージェントは利用者数が国内最大級であるため、求人情報を預ける企業も多くなり、結果として求人の量も増えるのです。

実際の求人数を見てみると、2018年11月の公開求人数は38,961件、同時期の非公開求人数は197,426件です。他のエージェントと比較しても、この数字はまさに「桁違い」と言えます。

もちろん、若手向けの求人も豊富です。公式ホームページの転職実績データによると、転職決定時の年齢30歳以下が半分以上であることからも、それが伺えます。

充実したサポート

利用者数が多いことは、求人数以外にもメリットをもたらします。それが、転職のノウハウが蓄積されることです。

リクルートエージェントは、この豊富なノウハウから、企業への交渉力が高く、特に年収が上がりやすいと評判です。

年収が上がるのは、年収の高い求人が豊富なのはもちろんのこと、内定後、担当者が企業に直接掛け合い、給与の交渉をしてくれるからです。

また、リクルートエージェントには、転職をサポートする独自サービスが充実しています。中でも便利だと評判なのが、「Personal Desktop」というインターネット上のサービスです。

選考の進み具合や企業の内部情報をスマートフォンなどから簡単に確認できるので、忙しくても転職活動を進めることができます。

それ以外にも、面接のノウハウを教えてもらうことができる「面接力向上セミナー」など、独自のサポートが充実しています。

おすすめポイントのまとめ

日本最大手だからこそ提供できる求人とサービスが魅力のリクルートエージェントは、一般の転職希望者はもちろん、26歳にも大いにおすすめしたい転職エージェントです。

いきなり登録するのには抵抗がある人には、無料で登録できる転職情報メールマガジンもありますので、こちらに登録してから考えてみるのもいいかもしれません。

②doda

doda

dodaを26歳の転職におすすめしたい理由は、以下の通りです。

  • 転職するかどうか悩んでいる段階でも相談できる
  • 複数人のスタッフがフォロー
  • 若手向けの求人が充実

dodaは、前述のリクルートエージェントに次ぐ業界大手のエージェントです。dodaをおすすめする大きな理由は、26歳向けのサポートと求人が充実しているからです。

手厚いサポート

dodaはサポートが手厚いと定評で、転職するかどうか悩んでいる段階でも気軽に相談できるため、転職に二の足を踏んでいる26歳にも安心して利用できます。

北は北海道の札幌市、南は九州の福岡市まで拠点があるので、地方に住んでいても面と向かって話ができ、相談に乗ってもらえます。

dodaのサポートが手厚いと評価される理由の一つに、複数人のスタッフがフォローしてくれる点が挙げられます。

通常の転職エージェントの場合、キャリア相談から求人の紹介、面接指導まで、全てのサービスを一人の担当者が行います。

dodaの場合、キャリア相談や面接指導などのサポートを行う担当者に加え、求人紹介の専門スタッフがつき、求人の紹介や企業の内部情報の提供などをしてくれます。

求人紹介スタッフは企業と直接連絡をとっているので、企業のさまざまな情報に精通しています。企業研究に役立つ情報を、惜しみなく提供してくれます

充実の求人

業界大手だけあって、dodaは求人数も多いです。特に、未経験でも応募できる求人や若手向けの求人が豊富で、26歳に合った求人が充実しています

実際にdodaを利用した20代からは、「転職サイトより求人の量も質も良い」、「非公開求人の量が多い」など、求人の量はもちろん、質も評価する声が上がっています。

ちなみに、dodaは自分で求人を探して応募できる求人サイトの機能や、企業からオファーが届くスカウト機能もあるので、興味がある人は使ってみるのもいいでしょう。

おすすめポイントのまとめ

転職するかどうかの相談から始められるdodaは、悩める26歳を全面的にサポートしてくれる転職エージェントだと言えます。

キャリアタイプ診断や人気企業の合格診断など、インターネットで気軽にできる診断もあるので、まずはこれらから始めてみてもいいかもしれません。

③パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアを26歳の転職におすすめしたい理由は、以下の通りです。

  • 親身に対応してくれる
  • 利用者想いのサービス
  • 女性の転職に強い

パソナキャリアを26歳の転職希望者におすすめする大きな理由は、転職が初めての人にも安心の充実したサポートです。

親身な対応

多くの転職エージェントの中でパソナキャリアが利用者に愛されている理由は、ひとえにその親身な対応にあると言っても過言ではありません。

選考を受ける企業が決まったら、履歴書の添削や面接対策はもちろんのこと、企業へ直接推薦してもらうことができます。

さらに、転職先で働きはじめてからも、悩み事があればメールで相談に乗ってもらえます。転職だけでなく、利用者の人生そのものをサポートしてくれるエージェントです。

対応してくれる担当者も優しく、転職を急かしてくるような人が少ないと評判で、パソナキャリアはまさに利用者想いの転職エージェントだと言えるでしょう。

パソナキャリアがここまで利用者想いのサービスを提供するのには、社風が関係していると考えられます。

パソナキャリアを運営するパソナは、「社会の問題点を解決する」を企業理念に、さまざまな社会貢献活動に取り組んでいます。

この理念にのっとり、パソナキャリアは、転職の悩みを抱える利用者、ひいては社会のためになることを目指してサービスを提供しているのです。

女性の転職に強い

パソナキャリアは、男性にはもちろん、女性に特におすすめしたいエージェントです。なぜなら、パソナキャリアは女性の転職に強いと評判だからです。

というのも、パソナキャリアを運営するパソナは、もともと女性の再就職を支援するための人材派遣事業から始まったこともあり、女性の就職支援の実績とノウハウが豊富なのです。

パソナキャリアの特設サイトとして、女性の転職を支援する「ウーマンキャリア」があることからも、パソナキャリアの女性の転職支援に対する自信が伺えます。

もちろん、第二新卒など若手の転職にも力を入れており、若手の転職に強い女性アドバイザーも在籍しているので、26歳にも安心して利用できます。

おすすめポイントのまとめ

親身な対応が魅力のパソナキャリアは、転職に不安を抱える26歳や、キャリアプランをしっかり立てて転職したい女性におすすめの転職エージェントです。

「すぐ転職したいわけではないけれど、いい条件があったら転職したい」と考えている人には、スカウトサービスの利用もおすすめです。

④20代の転職相談所

20代の転職相談所を26歳の転職におすすめしたい理由は、以下の通りです。

  • 20代が応募しやすい求人が豊富
  • 足を運んで取材した企業の求人を紹介
  • 退職トラブルに対応してもらえる

20代の転職相談所をおすすめしたい一番の理由は、転職が初めての26歳でも安心して利用できるサービスがそろっているからです。

20代向けのサービスと求人

名前のとおり、20代の転職相談所のターゲットは20代で、第二新卒がメインターゲットです。経験の浅い第二新卒の転職支援を主としているので、26歳にも安心のサポートが充実しています。

親身に相談に乗ってもらえることはもちろん、20代の転職に焦点を絞ったガイダンスや、20代限定の会社研究セミナーなど、20代に特化したサービスが豊富です。

20代に特化したエージェントなので、求人はどれも20代向けで、20代でも応募しやすい求人が豊富にあることがメリットとして挙げられます。

充実の内部情報

20代の転職相談所は、企業の内部情報にも精通しています。20代の転職相談所で紹介される求人は、企業を訪問して取材した企業の求人です。

実際に職場に足を運ぶので、職場の雰囲気や仕事の大変さ、社員の人間関係まで調査でき、それを惜しみなく伝えてくれます

前述の会社研究セミナーと組み合わせれば、求人票ではわからない情報をしっかり収集できます。企業研究にはもってこいです。

退職トラブルの相談窓口

20代の転職に特化したサポートをしてもらえる20代の転職相談所ですが、特筆すべきサポートは、退職トラブルの無料相談窓口です

いざ転職先が決まっても、退職届が受理されないなどのトラブルがあっては、無事に転職できません。そんなときに無料で相談できるのは、とてもありがたいことです。

法律に違反するような悪質なケースの場合には、弁護士などの専門家のサポートを無料で受けられるので、転職先が決まってからも安心です。

おすすめポイントのまとめ

転職するかどうかの相談から円満退職まで、転職の全てをサポートしてくれる20代の転職相談所。転職が初めての26歳にはぜひおすすめしたいエージェントです。

なお、自己分析には、20代向けの無料の適性・適職検査システムが利用できます。登録すればスマートフォンやパソコンで受検できるので、ここから転職をスタートしてもいいでしょう。

登録する(無料)

26歳の人はラストチャンスを逃さず転職を成功させよう

26歳は、転職に遅すぎる・早すぎるといったことはなく、企業からも貴重な人材と評価してもらえる年齢です。

特に、異業種や公務員への転職を目指す場合は、転職のラストチャンスとなる年齢でもあります。

この好機を逃さないよう、転職エージェントを活用して、満足のいく転職を成功させてください。