ツアーナースってどう?仕事内容・給料・メリットデメリットを徹底解説

看護師の働き方の1つにツアーナースがあります。ツアーに同行して参加者のケガや体調不良を看る仕事です。

ただ、具体的な仕事内容や給料が分からず、気になっている看護師の方も多いのではないでしょうか。

ここでは、ツアーナースの仕事内容や給料、やりがいを感じる点などについて説明します。

ツアーナースの仕事には、メリットだけではなくデメリットもあります。その点も記事で触れるので、よく理解してツアーナースの仕事をするか決めましょう。

  1. 看護ルー(看護roo!) ロゴ
  2. 看護のお仕事 ロゴ
  3. マイナビ看護師 ロゴ
看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【看護師転職サイト】おすすめランキング人気ベスト10

ツアーナースの仕事内容や給料は?メリット・デメリットも解説

ツアーナースの仕事は、病院勤務とは大きく異なります。当然、給与形態も違います。

ここでは、具体的な業務内容や給料、メリットやデメリットなどについて説明します。ぜひ参考にしてください。

ツアーナースとは?

旅行に付き添い、参加者のケガや体調不良に対応するのがツアーナースです。

慣れない旅行先の環境で体調が悪くなると、旅行の参加者たちは不安になるものです。そのようなとき、頼れる存在がツアーナースです。

学校の校外学習や修学旅行などへの付き添いをイメージする人が多いでしょう。具体的には、以下のツアーで仕事があります。

  • 小学生、中学生、高校生の林間学校や臨海学校、修学旅行
  • 企業の研修旅行や慰安旅行
  • 旅行会社企画の団体旅行
  • スポーツクラブなどの合宿
  • 自然体験教室

小中学生だけでなく、中高年や高齢者のツアーに同行することもあります。看護の知識や技術、経験に加え、コミュニケーション力や臨機応変な対応力が求められる仕事です。

ツアーナースの仕事内容は?

旅行中は医療資源が限られるので、本格的な看護はほとんどありません。主に次の業務を担当します。

  • 旅行前の打ち合わせ
  • 参加者の病気やケガの対応
  • 参加者の服薬管理(アレルギー、喘息、心臓疾患そのほか)
  • 小学校の付き添いであれば児童と遊ぶことも

擦り傷などのケガ、移動バスによる乗り物酔いなどの対応に回ることも多いです。持病のある参加者の服薬管理なども担います。

夜間・早朝問わず、体調不良者には速やかな対応が必要です。ツアー参加者が元気に旅行を楽しめるよう気を配り、サポートしなければなりません

ナース1人で仕事にあたるケースが基本になるものの、現地ナースと組んでペア添乗するなど複数人体制の場合もあります。

ツアーナースの給料は?正社員求人もある?

ツアーナースは転職エージェントなどの仲介会社や派遣会社に登録し、仕事があるときに紹介してもらって働くのが一般的です。給料は日給で支払われます。

金額は参加するツアーで異なり、日給1万3000~1万5000円が一般的です。2泊3日のツアーで日給1万5000円なら計4万5000円を受け取れます。交通費は別途支給されます。

修学旅行など学校行事に付き添う場合、事前の打ち合わせが行われることも多いです。打ち合わせに参加すると時給2000円ほど支給されます。

正社員の求人はほとんどありません。旅行会社が自社企画のツアーに添乗する看護師を正社員として採用するケースはありますが、かなりレアです。

安定した収入を得たいのであれば、向いている仕事ではありません。

ツアーナースの求人例①関東

関東での求人例を紹介します。

ツアー形態小中学校の移動教室
勤務先群馬や栃木、山梨など
業務内容先生方と事前打ち合わせ

ツアー中の体験活動に同行、参加

生徒の健康管理

体調不良の生徒の対応や経過観察 など

日給1万3500円~

食事代の負担なし

勤務日数・時間2泊3日~6泊7日まで 8:00~20:00ごろ ※ツアーによって異なる
資格正看護師・准看護師 ※ブランクOK
活かせる経験小児科、内科、外科、救急などの勤務経験があると良い

対象が小中学生のため、ケガに特に注意する必要があります。

ツアーナースの求人例②関西

関西での求人例を挙げます。

ツアー形態高等学校の修学旅行
勤務先京都、大阪
業務内容先生方と事前打ち合わせ

ツアー中の体験活動に同行、参加

生徒の健康管理

体調不良の生徒の対応や経過観察 など

日給1万2000円~

交通費別途支給

勤務日数・時間3泊4日
資格正看護師のみ 添乗勤務経験ある方のみ
備考看護師2名体制 ※1名は現地合流

現地の看護師とペアで業務に当たる仕事です。1人ではない安心感はありますが、相手との相性が悪いと辛いときもあります

ツアーナースの求人例③沖縄

九州・沖縄での求人例を紹介します。

ツアー形態学校の団体旅行
勤務先沖縄(那覇空港に集合・解散)
業務内容先生方と事前打ち合わせ

ツアー中の体験活動に同行、参加

生徒の健康管理

体調不良の生徒の対応や経過観察 など

日給1万2000円~1万3000円

交通費全額支給

食事代がないツアーの場合1000~3000円支給あり

勤務日数・時間3泊4日中心 ※ツアーによって異なる
資格正看護師・准看護師 ※未経験者歓迎

現地に直接出向いて生徒たちと合流し、ツアーに帯同して現地で解散します。このような現地集合・現地解散の仕事もあります。

ツアーナースに必要な資格はある?准看護師でもなれる?

ツアーナースとして働くのに必要なのは看護師資格です。准看護師資格でも問題ありませんが、まれに「正看護師のみ応募可能」とする求人もあります。

看護師として一定の経験は必須です。医療器具・設備ともに少ない中で緊急の対応が求められ、資格はあっても看護師未経験であれば難しい仕事です

仲介会社によって必要年数はさまざまです。1~3年程度の経験を求めることが一般的です。

小児科経験が必須と捉えられがちです。実際には、高齢者のツアーや会社の慰安旅行などに添乗するケースもあり、必ずしも小児科経験はなくてもかまいません。

内科や外科、救急外来などの診療科の経験も活かせるでしょう。

ツアーナースのメリット

ツアーナースのメリットは以下が挙げられます。

  • 国内から海外まで多くの場所に行ける
  • 病院勤務では得られない経験ができる、知識が得られる

もっとも大きなメリットは、さまざまな土地に行ける点です。北海道から沖縄まで日本各地はもちろん、海外のツアーもあります。

日給に加えて基本的に交通費や宿泊費、現地での食事代も支給されるので、「お金をもらって旅行ができる」状態です。

ツアーナースは案件ごとに違う環境・違う人とともに働きます。常に新鮮な気持ちで仕事に向き合えることもツアーナースならではのメリットです。

ツアーナースのデメリット

ツアーナースのデメリットを見てみましょう。

  • 勤務時間が長い(時給換算するとかなり低くなる)
  • 医師の判断を仰げないため重圧がかかる
  • 常に仕事があるとは限らず収入が不安定
  • 体力的につらい、疲れる

ツアーナースは旅程の始まりから解散までずっと、参加者の体調に気を配る必要があります。

夜でも必ず休めるわけではありません。体調を崩した子どもを夜通し看病することもあります。一日中気を張っているので、勤務時間は非常に長いです。

医師は同行しておらず、ケガや体調不良などに看護師自身が状況判断をしなければならず、重圧もかかります

看護師は医師とは異なり、診察や治療ができません。その点をよく分かっていない参加者もおり、「看護師なんだからちゃんと診てよ!」とクレームを入れられる事例もあります。

収入が不安定な点も大きなデメリットです。途切れなく次々入る仕事ではなく、実際、今回のコロナ騒動でもツアーナースの仕事は次々キャンセルになっています。

ツアーナースの実態が知りたい!体験談や参考になる漫画を紹介

ツアーナースの仕事概要やメリット、デメリットがわかったところで、実態が知りたくなった看護師の方も多いのではないでしょうか。

具体的に知るには実際にツアーナースを経験している人の体験談が参考になるでしょう。ここでは、ツアーナースの仕事を描いた漫画やSNSを紹介します

ツアーナースに興味があるなら必見の漫画

ツアーナースになるのを真剣に考えているなら目を通しておきたいのが、以下の漫画です。

  • 「漫画家しながらツアーナースしています。」 作:明

漫画家の傍ら、現役でツアーナースをしている作者が、さまざまな体験談をかわいらしい絵柄で描いたコミックスです。

単純に楽しいだけでは済まない、ツアーナースの難しさ、葛藤、悩みなどが丁寧に描かれています

思春期の子どもや親の愛情不足で甘えたがる子どもとどう接すれば良いか、熱中症で倒れた子どもがいる中で無理に指導を続けようとする無理解な指導者にどう対応すれば良いか―。

さまざまトラブルや悩みと真摯に向き合う作者の姿は、ツアーナースを目指す方にとって非常に参考になるでしょう。

ツアーナースのやりがい

twitterにあった実際の声を一部紹介します。

https://twitter.com/unichan314/status/1260060900792254464

「大変だけど楽しい」との意見は多く見られました。ケガ人を1人も出さずに終われば達成感を味わえ、お礼を言われれば「来てよかった」と思えるでしょう。

大変なこともありますが、自分が付き添った意義が見いだせたときにやりがいを感じた人が多い印象です。

ツアーナースの辛いこと

1人か2人で多くの児童やツアー参加者の対応をするため、仕事はハードです。ろくに寝られなかったとの意見が多く見受けられました

アレルギー対応などは一歩間違えれば命の危険さえあります。非常に緊張を強いられる仕事です。

地震や災害のほか、旅行会社の都合で仕事がキャンセルになることも珍しくありません。特に今は新型コロナウイルスの蔓延でほとんどのツアーがなくなり、仕事がないと嘆く人もいました。

【まとめ】ツアーナースはおすすめ?

「お金がもらえて旅行でき、楽しそう」と考え、ツアーナースになろうと考えている人もいるのではないでしょうか。

実際には重責を伴う大変な仕事です。どのようなトラブルにも落ち着いて的確に対応するだけの経験と知識も求められます。

そのハードさのわりに、日給は少なめです。時給換算で500円程度であることも珍しくありません。

そのうえ、急にツアーがキャンセルになって仕事がなくなることもしばしばあり、収入も身分もきわめて不安定です。

安定して収入を得たいなら、正社員で転職するほうがおすすめです現状の年収や待遇、職場環境が悪く悩んでいるのであれば、転職エージェントに相談しましょう

ツアーナースがしたい人も、一般に求人が出ることはほとんどないので、転職エージェントへの相談が不可欠です。

転職エージェントはどこでもいいわけではありません。以下に、当サイトがおすすめする優良な転職エージェントを紹介します。

おすすめの転職エージェント①看護ルー(看護roo!)

看護ルー

看護師を目指す人、看護師で転職を検討している人の両方を対象とした総合的なコミュニティサイトです。

交流掲示板や仕事に関するコラムなど、役立つコンテンツがたくさんあるうえ、転職エージェントとしても非常に優れています。

  • 公開求人だけで51,474件(2020.5.24時点)
  • アドバイザーの質が高く、希望に合う求人を丁寧に探してくれる
  • 仕事の悩み相談に乗り、転職に関するアドバイスが得られる

大きな強みは求人数の豊富さです。病院勤務に限らず、さまざまな案件を保有しています

ツアーナースとして働くか、正職員として転職するか、悩んで決められない人もいるでしょう。アドバイザーはそのような仕事の悩みに親身にアドバイスします。

登録する(無料)

おすすめの転職エージェント②看護のお仕事

看護のお仕事

業界トップクラスの求人を保有する転職エージェントです。保有する数が多いほど選択肢が広がり、希望に近い求人に巡り合う可能性が高まります

  • 公開求人だけで161,454件保有(2020.5.24)
  • アドバイザーの提案力が高く、さまざまな働き方や施設を紹介してもらえる
  • 転職先と交渉をしてもらえ、納得の条件で勤務できる

「人間関係に疲れたので気楽に働きたい」「毎日の激務から解放されたい」などの理由からツアーナースを検討している人もいるでしょう。

アドバイザーは業界に精通しており、ツアーナース以外にも悩みを解決できるさまざまな選択肢を提案してくれます。

職場と条件交渉もしてくれるため、理想の転職をかなえられます。

登録する(無料)

おすすめの転職エージェント③マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職業界大手のマイナビグループが運営する看護師特化の転職エージェントです。認知度が高く、転職を考える多くの看護師が活用しています。

  • 公開求人数のみで40,337件(2020.5.24)、非公開求人も多数
  • 質の高いアドバイザーが悩みを整理して希望に合う求人を紹介、面談対策も充実
  • 自分のペースに合わせて転職支援が受けられる

非公開求人も多数あり、ツアーナースなどの希少な求人も紹介してもらえる可能性が高いです。

すぐに転職したい人もいればじっくり考えたい人もいるでしょう。マイナビ看護師では希望するペースに合わせて求人紹介や面談の予定を入れられます。

自分のペースに合わせて転職活動を進めたい方におすすめです。

登録する(無料)

ツアーナースについてよくある疑問

ツアーナースは、病院勤務とは仕事の環境・内容ともに異なります。実際に働くことになったら、どのような服装が良いか、何を持っていけばいいかなど悩むものです。

ここでは、そのようなツアーナースによくある疑問と回答をまとめました

ツアーナースはどんな服装で勤務する?

ツアーによっては、服装を指定される場合があります。契約時や打ち合わせ時によく確認しましょう。

特に指定がなければ、「動きやすい服装」が基本です。緊急事態の際、ツアーナースは迅速に対応する必要があるためです。

動きやすさを第一に考えた服選びが重要で、シャツに綿パン、スニーカーなどが適しています。

仕事との意識を持ち、ラフすぎる格好は避けます。たとえば、デニムやサンダルなどカジュアルすぎる格好はやめたほうが無難です。

自然体験学習に参加したり、長時間歩いたりすることも珍しくないため、かばんは荷物がたくさん入り両手も空くリュックサックが良いでしょう。

ツアーナースの持ち物は?

持ち物はツアーの状況によって異なります。たとえば、小学校の体験学習などで公共施設(青少年自然の家など)に宿泊するケースでは、施設に保健室が備わっています。

医療器具がある程度整っているので、それほど持ち物の心配はいりません。

修学旅行や旅行会社のツアーなどで民間のホテルや旅館に宿泊する場合、客室を保健室として使うため、自身で持参するもので対応しなければなりません。

先方が用意する緊急バッグはありますが、中身が不十分なケースも多いです。何が入っているか、打ち合わせなどで事前に確認しておく必要があります。

そのほか、以下のものを用意していると便利です。

  • 秒針つきの時計:脈拍や呼吸を測るのに必要
  • ビニール(ゴム)手袋:処置の際に必須
  • ビニール袋やウェットティッシュ:嘔吐物の処理に必要
  • 体温計や聴診器、絆創膏、包帯、アルコール綿など
  • 筆記用具:体調不良に陥った子供の氏名や様子を記入する

山や海に行くときは虫よけスプレーや日焼け止めなども持っていくと役立ちます。

ツアーナースの仕事は海外でもある?

ツアーナースの仕事は国内のほうが多いものの、海外ツアーに同行する仕事もあります。たとえば、民間旅行会社が企画する海外ツアーや私立高校の修学旅行、研修旅行などです。

海外のツアーに帯同する仕事では、日常会話レベルの英語力があることが望ましいです。ツアーによって条件は異なり、英語が話せなくても応募できる案件もあります。

たとえば、日本人に人気の旅行先であるハワイは現地に日本語を話せる人が多く、あまり英語が必要とされません。

業務内容は国内旅行とあまり変わりません。ツアー参加者の健康管理をしつつ、ケガや体調不良に対応します。

海外旅行では普段と環境が大きく変わるため、体調不良者が出やすい傾向があり、注意が必要です。

ツアーナースになりたいならまずは転職のプロに相談を

ツアーナースは「大変な半面、楽しいこともある」「病院勤務にはない新鮮な体験ができる」と人気の仕事です。

希望者が多いうえ、1度採用した看護師が次のツアーでも指名されるケースも多く、ハローワークや求人誌などで公募されることはあまりありません。

条件の良い求人を見つけたければ、転職エージェントに登録することが不可欠です。

とはいえ、ツアーナースは収入・身分ともに不安定な仕事です。実際、今はコロナ騒動でツアーがほとんど企画されず、ツアーナースの仕事はありません。

ほかの選択肢を検討するためにも、転職エージェントへの登録は有益です。プロのアドバイザーが相談に乗り、さまざまな道を示してくれるでしょう。

まずはここで紹介した転職エージェントに登録し、相談してみてはいかがでしょうか。