30歳の年収目安は?平均・中央値・都道府県別に徹底調査!年収を上げる方法も公開

30歳は会社内でも中堅に位置し、年収が大きく上がる年代です。この記事では、30歳の年収について、平均年収や中央値、高年収の業種・職種ランキングなど様々な視点から解説します

30歳で年収上げるための方法についても、「昇進を目指す・フリーランスに転身する・転職する」などの観点から説明しています。

30歳の年収相場と自身の年収を比べ、30歳以降のキャリア形成に役立ててください。学生や第二新卒の方にも有益な情報です。ぜひ参考にしてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する
STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る

担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する

転職エージェントマニュアル 転職エージェントとは?最高の転職を実現するための完全マニュアル

30歳の年収を徹底解剖!平均・中央値・都道府県別データまとめ

30歳の年収を平均・中央値・都道県別にまとめていきます。まずは30歳の年収相場を様々な観点から知ることが大切です。

東京は地方都市や田舎に比べて、30歳の年収が高いのかも見ていきます。

30歳の平均年収・中央値

30歳の平均年収・中央値について解説します。30歳は会社で役職がつき年収が上がってくる時期であると考えられます。30歳の平均年収・中央値と自身の年収を比較してみましょう。

まず、日本人の平均年収は436万円です(令和元年の民間給与実態調査)。これに対し、同調査で25〜29歳の平均年収は367万円、30〜34歳の平均年収は396万円でした

30歳に限定したデータはありませんでしたが、30歳の平均年収を推定すると370万円前後です。また、30歳の中央値は約382万円と推定されます

30歳の年収分布

30歳の年収分布を紹介します。ここでは、平成30年の賃金構造基本統計調査の30〜34歳の賃金の分布を参考に、表で解説します。

賃金構造基本統計調査は残業代などを除いた金額を集計しているため、民間給与実態統計調査の給与とは金額が異なります。

30〜34歳の年収パーセント
100万〜199万円9.7%
200万〜299万円54.1%
300万〜399万円27.4%
400万〜499万円5.8%
500万〜599万円1.1%
600万〜699万円0.4%
700万〜799万円0.3%
800万〜899万円0.1%
900万〜999万円0.1%
1000万円〜0.1%

上記のデータを見る限り、30歳の年収は200〜400万円の階層に多く分布しています。500万円台は1%、600万円や700万円台は1%未満しかいません。

30歳の平均年収・学歴別

30歳の学歴別の平均年収を解説します。ここでは、令和元年の賃金構造基本統計調査の30〜34歳の学歴別賃金を元に説明します。

学歴30〜34歳の平均年収
院卒・大卒416万円
高専・短大351万円
高卒338万円

ここでは、賃金構造基本統計調査の月額賃金に13(12ヶ月+賞与1ヶ月と仮定)をかけたものを平均年収として試算しています。

高卒と院卒・大卒では、65万円の差があります。この差は30歳から年齢が上がるに連れてより拡大していくでしょう。

高卒と高専・短大の年収差は13万円で、そこまで差はありません。30歳の平均年収で、大卒・院卒は年収が大幅に高いことが理解できます

30歳の平均年収・都道府県別

30歳の平均年収を都道府県別に説明します。令和元年の賃金構造基本統計調査の都道府県別の30〜34歳の年収データを紹介にします。

ここでは、北海道・東京都・愛知県・大阪府・福岡県・沖縄県のデータを下記の表にまとめました。

都道府県30〜34歳の平均年収
北海道403万円
東京都541万円
愛知県493万円
大阪府485万円
福岡県376万円
沖縄県304万円

東京都がダントツで30歳の平均年収が高いです。大阪府と愛知県は同じくらいで、北海道や沖縄県は低いです。

企業が多く立地する都道府県は、30歳でも平均年収が高い傾向が見られました

30歳の平均手取り月収・男女別

30歳の平均手取り月収を男女別に解説します。ここでは、令和元年賃金構造基本統計調査の30〜34歳のデータを元に試算しました。30歳の手取り月収の一つの目安としてみてください。

性別30歳の平均手取り月収
男性25万円
女性22万円

賃金構造基本統計調査の月額賃金に13(12ヶ月+賞与1ヶ月と仮定)をかけて、12で割った金額から税金などを除いた額(額面の80%)を平均手取り月収として試算しています。

このデータを見る限り、男性は女性より平均手取り月収が3万円高いです。年収の男女差は、女性の育休・産休によるキャリアの中断の影響と考えられます。

上記の手取りから家賃・食費・光熱費・交際費・交通費などの支出を引いた金額が貯金できます。

30歳の年収が高い業種ランキング

30歳の年収が高い業種ランキングを紹介します。ここでは、令和元年賃金構造基本統計調査の30〜34歳の業種別の年収データを参考にします。

男性と女性で年収の高い業種が異なるため、男女別に紹介します。まず男性です。

ランキング1位2位3位4位5位
業種金融・保険学術研究情報通信建設卸売・小売
年収494万円442万円416万円390万円377万円

次に女性の年収が高い業種ランキングを紹介します。

ランキング1位2位3位4位5位
業種学術研究情報通信金融・保険医療・福祉卸売・小売
年収381万円380万円343万円334万円313万円

ここでも、賃金構造基本統計調査の月額賃金に13(12ヶ月+賞与1ヶ月と仮定)をかけたものを平均年収として試算しています。

順位は異なるものの、男性・女性とも3位までは同じ業種がランクインしています

30歳の年収が高い職種ランキング

30歳の年収が高い職種ランキングを紹介します。令和元年賃金構造基本統計調査30〜34歳の年収を職種別にしたデータを参考にして見ていきましょう。

ランキング1位2位3位4位5位
職種航空機操縦士医者自然科学研究者一級建築士公認会計士・税理士
年収1665万円1049万円643万円641万円621万円

高度な知識を必要とする専門職がランキング上位を占めています航空機操縦士(パイロット)や医者は、30歳で平均年収1000万円を超えるようです

高年収の職種はとても夢がありますが、ランキング上位の職種は、どれも長い時間と努力、一定の資金をかけてなれる職種のため、納得できるのではないでしょうか。

30歳の年収が高い企業ランキング

30歳の年収が高い企業ランキングを解説します。ここでは東洋経済オンラインの令和元年「『30歳年収』全国トップ500社最新ランキング」を参考に見ていきましょう。

ランキング1位2位3位4位5位
企業名M&AキャピタルパートナーズキーエンスGCAストライクヒューリック
30歳の推計年収2392万円1840万円1744万円1341万円1281万円

上記のランキングでは、M&A(企業の買収や合併)の関連企業が上位にランクインしています。

上位5位は平均年齢が30代です。他の企業に比べて若い打ちに役職に就き、年収を上げている人が多くいるのではないでしょうか。

30歳の時点で、年収1000万円以上狙えるキャリアを思い描く人は、上記の企業へ就職・転職することが近道です

30歳で年収を上げたい人がすべきこと

30歳で年収を上げたい人がすべきことを詳しく解説します。大きく分けて3つの年収を上げる選択肢があります。

  • 会社で昇進を目指す
  • フリーランスに転身する
  • 転職する

これらの方法を具体的に説明して、どの方法が1番年収が上げやすいのかを説明します。

そもそも現在の年収は適正?

年収を上げる方法を考える前にまず、自分の30歳年収が適性なのかを確認しましょう。

あなたの経歴、能力やスキルに照らして、今の年収で妥当か確認するには転職サービスの「ミイダス」(MIIDAS)がおすすめです。

ミイダスの転職アプリに、これまでの職務経歴などあなたの情報を登録すると自分の「転職市場価値」(=適正年収)が表示されます。

登録情報を元に、興味をもった企業から直接オファーがくるサービスもあり、転職希望者にはとても便利です。

ミイダスを利用して転職しなかったとしても、自分の市場価値を確認して他と比較できることは大きなメリットです

オファーが来る点も、自分の可能性を再認識できておすすめです。現在の年収が適性なのかどうか、ぜひミイダスを活用してみてください。

会社で昇進を目指す?

30歳で年収を上げるために、現在の会社の昇進を目指す方法があります。ただし、結論から言うとあまりおすすめできません。その理由を解説します。

昇進とは、現在の職位よりも上位の職位を任されることですが、必ずしも年収が希望通りに上がるとは限りません。

企業全体の約40%は、昇給なしの昇進があるようです。特に非管理職から管理職に昇進するタイミングでは、残業代が出なくなる分、かえって年収が下がることもあります。

現職の会社の給与規定を超える年収を得ることもできないため、「天井が見えている」と言ってもいいでしょう。

それに対し、30歳は様々な知識・経験値が増え、次のステップへ踏み出してより高みを目指せるチャンスの時期です。

同じ会社で地道に昇進を目指すよりも、他の手段を選んだ方が大きく飛躍できる可能性があります。

フリーランスに転身する?

30歳で年収を上げるためにフリーランスに転身することは、会社員で昇進を目指すよりも大きく稼ぐチャンスはありますが、リスクが高いためおすすめしません

フリーランスは自分で仕事を取ってこないと稼ぐことができず、会社員よりも経済的に不安定です

令和2年5月の内閣官房日本経済再生総合事務局が行ったインターネット調査から、実際に日本のフリーランス(7478名が回答)の実情を見てみましょう。

  • 収入に満足しているフリーランスは40%
  • 「収入が少ない・安定しない」と答えたフリーランスの人は60%
  • フリーランスの世帯年収は、300〜400万が最も多い16%を占める

一部のフリーランスで大きく稼いでいる人もいますが、上記のデータのように年収が安定しない人が多いようです。

安定した年収・立場を保ったまま、年収を今より上げられる方法を探るべきです。フリーランスはリスクが高すぎるため、おすすめできません。

転職する?

30歳で年収を上げるためには、転職が最も合理的でおすすめです。理由を他の手段と比較しつつ、下記に2つ解説します。

  • 会社で昇進を目指すよりも大きく年収を上げられる可能性が高い
  • フリーランスに転身するよりもリスクがない(年収が下がる可能性が低い)

転職することで一時的に年収が下がると思う人もいますが、そもそも自分の市場価値を低く見積もっている人が多いです。

30歳までに培ってきた自分の強みを上手に企業にアピールすれば、転職後に年収がアップするケースはとても多くあります

30歳で年収を上げるには転職がおすすめであるものの、自分一人の力だけで転職活動を成功させるのはかなり難しいです。

転職エージェントから正しいサポートを受けることによって、転職成功の活路が開けます。

年収を上げたい30歳におすすめの転職エージェント

人生の重要なターニングポイントである転職は、実績と信頼がある転職エージェントを選びたいものです。

そこで年収を上げたい30歳の人に、豊富な実績と知名度があり、頼れる転職エージェントを3つ紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは多くの非公開求人を含む、5万件以上の求人数を誇る転職エージェントです。年収を上げたい30歳の人にもおすすめです。おすすめの理由は以下の3つです。

  • 転職支援の実績が累計25万人以上
  • 登録者のうちの67.1%が転職後に年収アップ
  • 顧客満足度総合第1位(2019・2020年の転職エージェントランキング)

パソナキャリアを利用した約70%が、年収アップしています充実した転職サポートに定評があり、利用者満足度もとても高いです。

パソナキャリアに掲載されている2020年12月時点の公開求人数は28186件です。30歳の年収を上げたい人におすすめの公開求人の例を見てみましょう。

会社名推定年収職種仕事内容
株式会社ストライク550万円〜M&AコンサルタントM&Aの仲介業務
株式会社デンソー500〜1150万円マーケターマーケティングリサーチ
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ600〜1500万円ITコンサルタントデジタルマーケティングなどによる顧客企業のデジタル変革

パソナキャリアは求人情報の80%が非公開求人です。登録すれば望みの求人が見つかるでしょう。

パソナキャリアの公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最多の求人数を保有する業界最大の転職エージェントです。年収を上げたい30歳の人にもおすすめできる理由を以下に3つ説明します。

  • 厚生労働省の調査で転職支援実績が業界第1位(2020年6月時点の2019年度実績)
  • 業界トップクラスの12万件もの非公開求人数(2020年12月)
  • 他にはない独自に分析した業界・企業情報の提供などの転職サポートが充実

2020年12月現在、107640件もの公開求人があります。リクルートエージェントは他の転職エージェントと比較して求人数が多いため、希望の求人を見つけられる可能性が高いです。

年収を上げたい30歳の人におすすめの公開求人例を紹介します。

会社名推定年収職種仕事内容
ソフトバンク株式会社656万円~1852万円IRスタッフ決算短信の作成、決算発表会の準備、投資家への対応
極東証券株式会社500〜1000万円総合職(営業)金融商品を個人や法人顧客向けに営業
株式会社エル・ティー・エス800〜1800万円シニアコンサルタント顧客の業務改善において、戦略を練り、実行して定着までの支援

企業への交渉力に長けた頼もしいキャリアアドバイザーから支援を受けて、転職して年収を上げたい人はリクルートエージェントに登録しましょう

リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは世界最大級の総合人材サービスを展開するグローバル企業で、世界39ヵ国・地域で、年間約20万人の転職支援をしています。

年収を上げたい30歳の人に、ランスタッドをおすすめする理由は以下の3つです。

  • 上質な求人を多数保有
  • 全求人の約80%は非公開求人
  • 年収3000万円超えのハイクラス求人も豊富

ランスタッドは多くの非公開求人や、ランスタッドならではの独占求人を保有しています。登録者の能力やスキルによって、ハイクラスや好条件の独占求人を紹介されます。

2020年12月時点で、8116件の公開求人が見つかりました。年収を上げたい30歳の人におすすめの求人例を紹介します。

会社名推定年収職種仕事内容
社名非公開(外資系企業)1000〜1200万円営業マネージャー医薬品製造機械の営業のマネジメント
社名非公開800〜1300万円AIビジネスコンサルタント顧客の課題解決をAIのエンジニアと共に行う
社名非公開(医療サービスプラットフォーム企業)700〜1400万円エンジニア新規アプリの開発

非公開求人や独占求人が豊富で、高年収を狙えるランスタッドに登録しましょう。

ランスタッドの公式サイト

30歳の年収まとめ

この記事では30歳の年収について、様々な角度から解説しました。30歳で年収を上げたい人がすべきことも詳しくお伝えました。

30歳は会社に残るか、転職するかなど、人生のターニンングポイントを迎える年齢です。年収を上げるためには、重要な選択をしなければならない年代なのです。

30歳で年収を上げたい人には、現職で昇進を目指す方法や独立する方法よりも、リスクが少なく大幅に年収を上げられる転職がおすすめです。

ただし、転職を成功させるには優良な転職エージェントを利用しなければなりません。本記事では、以下の3つの転職エージェントを紹介しました。

  • パソナキャリア
  • リクルートエージェント
  • ランスタッド

上記の転職エージェントは、全て登録しておきましょう。3つとも登録しておくことで、より選択肢が増え、より好条件の求人に出会える可能性が高くなるからです。

転職エージェントのサポートを受けて、ぜひ高年収での転職を成功させてください。