ANA(全日本空輸)へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

旅行が大好きなので、その関係でANA(全日本空輸)に転職したいと考えているんです。
そうなんですね。では、ANA(全日空輸)のことは、もうずいぶん把握されたのですか?

キャリアコンサルタント

それが、何から手をつければいいのかわからなくて、何もできていないんです。
まずは企業研究と、転職エージェントの登録から始めることが重要ですよ。おすすめの転職エージェントを後ほどご紹介しますので、さっそく登録してみてくださいね。

キャリアコンサルタント

ANA(全日本空輸)に転職したいけれど何から手をつければいいのかわからないという人は多いでしょう。

ANAの求人はどこで手に入れればいいのか、面接対策は何をすればいいのか、ANAが求める人材など、読むことで知りたい情報を手に入れることができるでしょう。

ANAといえば大手の航空会社で競争率も非常に高いです。そんなANAに転職するために必要な情報を今回の記事では紹介いたします。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・サイトランキング【全33職種/328社】

ANAへの転職は可能?データから難易度を検証

ANAに転職するための選考ステップは業種によって多少の違いがあります。しかし、ほとんどは書類選考と3回の面接を必要とします。

会場は東京のみの職種もありますが最終選考以外は大阪などでも可能という場合があります。

  • ウェブ適性試験
  • ウェブSPI試験
  • エントリーシート提出
  • 英語試験
  • 書類選考
  • 1次選考
  • 2次選考
  • 最終選考

ウェブ適性試験&ウェブSPI試験

ANAに転職するためにはまずはウェブ上で適性試験などを受けなくてはいけません。簡単な試験ですのでANAのホームページなどから受けることができます。

エントリーシート提出

ウェブ審査を通過したらエントリーシートの提出を行います。

英語試験

乗務員などの一部の職種では書類選考の前に英語試験も含まれます。英語試験を通過するためにはTOEIC650点以上は欲しいところでしょう。

書類選考

ANAで書類選考を行います。経歴や学歴などに問題がなければ1次選考に進むでしょう。

1次選考

1次選考では東京での個人面接を行います。業種によっては大阪や他地域でも受験することができるでしょう。また乗務員などの場合は適性検査があります。

2次選考

1次選考を通過したら次は2次選考です。基本的には東京で個人面接を行いますが業種によっては大阪でも受けることができます。また乗務員などの場合は簡単な身体検査があります。

最終選考

2つの選考を通過したら東京での最終選考が待っています。乗務員などの場合には本格的な身体検査があります。この最終選考を通過することでANAに転職することができるでしょう。

ANAでの仕事内容

ANAには以下のような4種類の仕事内容があります。

  1. グローバルスタッフ職(事務)
  2. グローバルスタッフ職(技術)
  3. 客室乗務員職
  4. エキスパートスタッフ職(障害者採用枠)

それぞれを詳しく紹介していきましょう。

グローバルスタッフ職(事務)

グローバルな視点でANAを支える事務職です。グローバルスタッフ職の事務に転職した場合、最初のうちは空港などにある「顧客接点部門」に配属されます。

これはANAが重視しているお客様視点を獲得するためでその後は様々な部署に異動して多くのスキルを習得します。

グローバルスタッフ職の事務はANAの本社のみではなくグループ各社への配属もあり、他の民間企業や行政機関へ派遣されることもあります。このためANAだけで働きたいという人は注意が必要でしょう。

基本的に新卒で入社した場合にはキャリアを形成するまで10年がかかります。転職者の場合は経験やスキルによるでしょうけれど最初の数年はANAに慣れるための時間が必要かもしれません。

ANAのグローバルスタッフ職の事務は体系化された教育研修プログラムが存在します。

グローバルスタッフ職(技術)

グローバルスタッフ職の技術職には非常に多くの分類があります。

  • 技術管理:空機整備プログラムの策定や運行に関する不具合などの分析対策の検討
  • 品質管理:燃料などの品質の管理
  • 生産管理:新しい機器の解説や新機種の整備体制の構築、ダイヤ調整など
  • 契約管理:国内や海外の整備委託や受託に関する契約など
  • 売却リース管理:航空機の売却や導入に係る業務
  • 施設設備企画:航空機整備用施設の設置や改修、配置計画など
  • 部品調達計画:航空機の部品の調達に関する交渉やコストマネジメントなど
  • 部品物流計画:航空機部品の国内や海外拠点への輸送輸出入管理など
  • 新技術を活用したシステム開発:整備システムの構想や開発、先端デジタル技術を活用した業務
  • データサイエンス:不具合予知や航空機のセンサーデータに関する業務
  • 運航技術管理:航空機のシステムや女医による操作手順のマニュアル設定、飛行データの解析など

このように技術職は非常に幅広い職種がありますので自分がどの分野に適しているかをしっかりと考えましょう。

客室乗務職

航空機の中で客室乗務員として働く仕事です。利用者と顔を合わせる人たちですね。

客室乗務職への転職には「一般採用」と「再雇用」の2種類があります。

再雇用の場合はANAの客室乗務職歴が必要となります。多くの人は一般採用で転職することになるでしょう。

客室乗務職にはいくつか条件があります。専門学校や高等専門学校以上の学歴が必要であり、視力が1.0以上を求められます。

さらには呼吸器や循環器などの致命的な問題がなく、羽田空港や成田空港に120分以内で通勤できることが前提条件となっています。

また海外の人と話すことも多いためTOEICは600点以上必要で、もちろんパスポートがなければ入社はできません。乗務員経験は特に問われないようです。

憧れの職業だけあって非常に条件は厳しいですが乗務員経験が不要なため応募者は多く競争率は高いでしょう。

国際線の勤務になった場合は非常に不安定な勤務体系となり早朝出社や深夜出社も増えるでしょう。客室乗務職は女性ばかりですので独特の人間関係や厳しい上下関係があります。

エキスパートスタッフ職(障害者採用枠)

ANAにはエキスパートスタッフ職というものがあります。これは障害者のために作られた採用枠で、ANAの社内でも多くのエキスパートスタッフが働いています。

実績を残す人も多いため障害がある人でも他企業に比べて自由な働き方を実現することが可能となるでしょう。

ANAの事業内容や職場環境は?

ANAに転職したいのであれば企業情報を把握しておくことは最低条件です。ANAは大手航空会社ですので調べればいくらでも情報は見つかります。

ここでは最低限知っておいて欲しい情報だけをまとめています。この情報だけで満足することなく可能な限り自分でも詳しく調べましょう。

ANAの創業年やグループ会社

ANAは1952年に前身となる日本ヘリコプター輸送株式会社と極東航空株式会社が設立されました。

1986年からは国際線の定期便も運行を開始しています。

格安航空会社(LCC)のピーチ航空やバニラ・エアはANAのグループ会社です。

ANAの規模や業界シェア

ANAは現在、国内線と国際線ともに日本で最大規模を誇っています。

売上高は単独で1兆円以上で、営業利益も800億円を超えています。

ANAの従業員数は1万3000人以上で、グループ全体では4万人を超えています。

国内全土はもちろんのこと海外にも事業所を置いていてその規模は航空会社ではトップクラスです。

ANAが提供している主要なサービス

ANAは誰もが知る日本の航空会社です。

国内線、国際線の両方の定期便があり、イギリスのスカイトラックスによる航空会社の格付けでは実質的な最高評価を日本の歴史上で初めて獲得しています。

国際線ではアジア、ヨーロッパ、北米などを中心に展開しています。

ANAの勤務時間

客室乗務員かどうかでも変わってきますが、非常に不規則な勤務時間です。

前の便と次の便のあいだの時間は勤務時間として計算されないにもかかわらず仕事があるため苦労している人も多いようです。

また就業時間の2〜3時間前に来ることを暗黙の了解としている風潮があるという意見もありました。

ANAの給料

ANAの給与平均額は761万円です。この数字は年々増加傾向にあります。

最も年収が高い年代層は50代の平均年収950万円程度で、そこから年齢が下がるごとにどんどんと年収は下がっていきます。

また20代前半の年収は300万円程度と非常に低く、20代後半から年収600万円程度になります。

60歳以上でも働く人の場合は20代後半とほぼ同じ金額となります。ただし基本給が高くない上に空港付近に住むことが求められますので生活は思ったほど裕福ではないようです。

また残業手当は出ますが残業自体の規制が厳しくなかなか稼ぐことはできないようです。国際線の客室乗務員に限れば激務の割に給料が安いと感じることもあります。

ANAの休日のとりやすさ

休日は非常に取りやすく有給申請もほぼ通るようです。

ただしスケジュールの調整が難しく来月の休みの日が5日前にならないとわからないといったこともあるようです。

部署によって大きな違いがあるようで休みやすい職種と難しい職種に分かれているようです。

また国際線の場合には国外に数日滞在することもありますのでその場で有給を取るというのは難しくなってくるでしょう。

本社の事務職などであれば有給などは取りやすいかもしれませんが客室乗務員の場合は非常に苦労するでしょう。

ただし客室乗務員は海外旅行が簡単にできますので子供などがいないのであれば有給を取得して楽しむこともできます。

ANAの社内環境

基本的に上下関係が非常に厳しく先輩や上司は強いという印象が強いようです。

他の企業に比べて社内の風通しが非常に悪く上下関係が嫌な人には転職は難しいかもしれません。

今まではずっと年功序列制度でしたが近年は実力主義に変更しているため今後は社内環境が変わる可能性があります。

また異動したい場所への希望や留学制度などもあるため若い転職者にとってはやりがいがある会社と言えるでしょう。

客室乗務員の場合はほとんどが女性のため独自の人間関係が形成されており嫌なことでも流せるような精神的な強さも求められます。

さらには国外へ移動することも頻繁にありますので語学力や海外の人とコミュニケーションをとることも多いでしょう。

また成長を見守ってくれるような上司がおらず失敗だけを指摘してくるような環境のため、ミスが多い人にとっては苦しい職場です。

ANAでの仕事の進めかた

新しいシステムがどんどん採用されるため適応できるかどうかが重要視されます。

また語学力があることがどの職種でも前提となってきているため日本語しか話せない場合には風当たりが強くなる可能性があります。

若い人がどんどん入ってくるため転職者が生き残るためには高いコミュニケーション能力と実務能力が必要となるでしょう。

また客室乗務員として働く場合には非常にハードスケジュールを要求されます。

特に国際線においては旅行ができる代わりに早朝や深夜の出社があり得るため体調を維持するのが難しいでしょう。

職場が女性ばかりですので、先輩の評価などを気にしてお客様に最高のサービスを提供するのが大変という人もいました。

また、様々な空港移動するため初めて使う機器なども多く慣れたもので作業できないというデメリットもあります。

世界各地の土地に適応する力が求められるため体力的にも精神的にも疲れる仕事ではあるでしょう。

客室乗務員などの場合には他の職業と違って多くの対応を求められますので、他人に依存するような仕事ぶりでは何もできません。

基本的に自分で考え自発的に行動することが求められます。

仕事はルーティンワークがほとんどですので同じ環境を繰り返し行うことが嫌いな人は続けることが難しいです。

ANAの評判が悪いって本当?

ANAは国内トップシェアを誇る大手航空会社です。他の民間企業に比べて業績が大幅に落ちる心配は少なく一度転職すれば安泰かと思うかもしれません。

しかし事故ひとつで大幅なイメージダウンが起こるリスクがありますし、かつては栄華を誇っていた日本航空(JAL)ですら2010年に倒産しました。

近年では格安航空会社(LCC)による価格競争も起きていますので大手航空会社といえど安泰とは言えないでしょう。

また、ANAを辞める人も非常に多いです。あなたが同じような理由で転職しないように前に退職者のやめた理由を知っておきましょう。ANAの退職理由としては以下のようなものがあります。

「チャレンジが好きではなくてもチャレンジしなくてはならない」

ANAの社風として客室乗務員はフライトごとに目標を記入しなければいけません。この作業が非常に苦痛だという若い人も多いらしく、チャレンジが苦手な人には働きにくい職場のようです。

一方でチャレンジ精神旺盛な人にとっては働きやすいという情報もありました。また女性ばかりですので人間関係も良いとは限りませんので、精神的な強さがなければ耐えられないでしょう。

「給料や待遇には文句がないが勤務スケジュールがハードすぎる」

ANAの客室乗務員は非常に多忙な上に勤務時間外も働かなくてはいけないことがあります。

いくら給料や待遇、有給条件などが良くてもこういったハードスケジュールに耐えられない人が多くて辞めていくようです。

ただ社員が多いため引きとめなどの心配はなく簡単に退職できる人が多いです。

「福利厚生に問題があった」

社外秘のため詳細は公開されていませんが客室乗務員の福利厚生に何らかの問題があるため旅行するたびに落ち着かない状況になる人もいたようです。

基本的には福利厚生は整っているので過度の心配するほどではないのかもしれませんが、期待しすぎないよう注意が必要でしょう。

「もっと幅広い知識を吸収したかった」

基本的にANAの社内ではスキルを身につけることができますが、それが社会で通用するかどうかという自信はもてない人がいました。

ANAに限りませんが大手企業では会社のブランドが強すぎて個人の実力というのがほとんどわかりません。

このため自分の実力を試したいとか新しいスキルを身につけたいと考えて退職する人は絶えません。

もしあなたがベンチャー企業のような挑戦的な仕事を求めているのであれば大企業であるANAは適さない可能性があるでしょう。

「子供ができたら長く働くことは難しいと感じた」

ANAの客室乗務員は海外に移動することも多いため何日間も国外にいなくてはいけないことがあります。

女性の場合は子供ができた時に放置しなくてはいけなくなるため非常に厳しい選択を迫られるでしょう。

旦那さんなどがフォローできるのであれば問題ありませんが共働きなどの場合には子供の事を考えて退職するという人もいました。

「女性ばかりの体育会系で耐えられなかった」

客室乗務員は基本的に女性ですので独自の人間関係が築かれることも多いです。またANAは体育会系で上下関係が非常に厳しく耐えられずに辞めていく人がいます。

常に怒られる恐怖に怯える毎日で長く働くには精神的に良くないと考えて退職する人がいるのは仕方ないのかもしれません。

「激務の割に給料などを待遇が見合わない」

特に国際線の客室乗務員に言えることですが勤務パターンが非常に厳しくハードスケジュールなため給料や待遇に見合わないと感じる人がいました。

また不定期な勤務体系になるため早朝や深夜に出社することも多く体力的に耐えられないということもあるようです。激務に耐えられるほどの体力と精神がなければ続けることは難しいでしょう。

ANAへの転職を成功させる方法

ANAに転職するためには考えなしに面接を受けても受かるわけがありません。まずはANAに転職するために必要な情報を集めましょう。

ANAは大手企業ですので採用に関する様々な情報を見つけることができます。

まずはANAに転職するために最低限必要なことを把握しましょう。

ANAへの転職後にやりたいことを明確に

ANAに転職することがゴールではありません。転職してからあなたはANAで何をやりたいのかを深く考えてください。

単に給料が良いからとか航空業界で働きたいからといった理由だけでは不十分でしょう。

ANAに転職してどのようにステップアップしていきたいのか、5年後や10年後にはどんな自分でありたいのかを面接で話せるようにしましょう。

ANAにどうやって貢献するのか

自分の考えを伝えるだけでは面接を通過することはできません。ANAに転職したいのであればあなたがANAにどのように貢献できるかも話せなくてはいけないでしょう。

ANAに転職したいということですからすぐに何らかのスキルや経験を持っていますよね。

その経験やスキルを活かしてANAにどのように貢献できるかをうまく伝えることができれば、面接を通過することができるでしょう。

ANAは大企業ですのでスキルや経験が豊富な人が多数応募しています。そんな応募者たちを振り切ってあなたが採用されるにはANAに貢献できることを示せなければいけません。

あなたのスキルや経験がANAにどのように活かせるかを面接の前にしっかりと考えるようにしてください。

ANAの面接対策

受験者からの情報によるとANAで聞かれるのは基本的なことが多いです。過去には以下のような質問がされています。

  • 自己紹介
  • 自己PR
  • 過去に頑張ったこと
  • ANAのイメージ
  • 志望動機
  • 地元のPRを要求
  • 仕事とはなにか?
  • ANAに入ってやりたい目標(具体的に深く聞かれます)
  • 英語の習得状況
  • 最近の気になるニュース
  • 日本企業が国際化することに対する考え
  • 良いチームワークには何が必要か
  • 転職活動の状況

他の大企業同様に1つ1つの質問を深く聞かれる傾向がありますので、なぜ自分がその回答したのかというのを具体的に答えられるようにしておきましょう。

また客室乗務員などの場合には面接の段階で特定の文章などを英語で回答するように言われることもあります。

規範的に面接官は1人〜3人程度で、雰囲気はやわらかめのことが多いです。1つの面接にかかる時間は15分ですので幅広い質問に対しても答えられるように準備しておきましょう。

ANAの面接では一般常識が求められるのは当然ですが自分らしさも重視されるでしょう。数多くの応募者を面接していますので基礎的な能力を持っているのは前提条件です。

あなたが面接を通過するためには自分独自の要素をアピールしていくことが重要でしょう。

また自信があるように見せるだけで面接では大きく評価が変わります。例え英語や質問の回答に自信が持てなくても弱々しい態度は見せず自信があるように回答しましょう。

人に依存した人では転職するのは難しいでしょう。

乗務員などは海外への移動も多いため語学力の他にコミュニケーション能力も求められます。また技術職に関しても専門性はもちろんのこと様々な人と話せる能力は必須でしょう。

ANAの面接における基準はあるのか?

ANAにはいくつかの前提条件があります。最低でも英語を話せる必要がありますのでTOEIC600点以上は獲得しておきましょう。

また客室乗務員の場合は最低限旅行できるだけの体力も求められますので身体検査があります。

もし客室乗務員として転職を目指すのであれば運動などをして体力作りをしておくと良いでしょう。また客室乗務員の場合は非常に高いおもてなし精神が求められます。

ANAはお客様へのサービスを重視した航空会社ですので接客のプロとしての技術と精神が求められるでしょう。

ANAの求人情報を得る方法とは?

ANAの転職求人情報を見つける方法はいくつかあります。

  • 直接応募
  • 転職支援サイトを利用する
  • 転職エージェントを利用する

それぞれにメリットとデメリットがあります。

直接応募

ANAの公式ホームページには転職求人情報が公開されていますのでそこから応募をする方法です。転職エージェントなどを利用しないため面接対策ができず、自分の力だけで勝負しなくてはいけません。

しかし採用される実力があると自負するのであれば余計な邪魔が入らない分、効率的に応募することができるでしょう。

転職支援サイトを利用する

大手転職支援サイトの「リクナビNEXT」などを利用してANAの求人情報を探す方法です。転職支援サイトの中には非公開求人と呼ばれる一般には公開されない求人があります。

ANAのような好条件の求人は多くが非公開だと考えられますので転職支援サイトに登録しなければ見つけるのが難しい部署があるかもしれません。

転職エージェントを利用する

転職のサポートを行ってくれるのが転職エージェントです。

ANAの求人情報を探す際には面接対策や履歴書の作成方法も教えてくれますので、採用される自信がないという場合には転職エージェントサイトを利用すると良いでしょう。

優秀な転職エージェントならANAに転職した人もいるかもしれません。その場合には会社の内部情報や面接で聞かれやすい内容なども知ることができるでしょう。

直接応募するのでもなければ面接対策が行えるぶん、採用されやすい方法だと考えられます。

ANAへの転職で必ず登録すべき転職エージェント

では、ANAへの転職を本気で考えておられるあなたに、ぜひ登録しておいていただきたい、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

気になる転職エージェントがあれば、いくつでも登録しましょう。

それだけ求人情報を入手できる確率も、相性のいい転職アドバイザと出会える確率も高まります。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

憧れのANAへの転職を成功させよう!

ANAへの転職を決めたら、まずは複数の転職エージェントに登録をすることから始めましょう。

そして、ANAの求人を紹介されたらすぐに応募ができるように、履歴書や職務経歴書の書き方などの添削を受けておきましょう。

悔いのない転職活動ができますように!応援しています!