Apple Japanへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

Apple Japan合同会社は、スティーブ・ジョブズが立ち上げたApple社の日本法人です。

Appleは、世界中で知られている大企業なので、転職希望者も非常に多いです。

転職難易度もかなり高いですが、それ以上に、Apple Japanは一般的な日本企業とは異なるので、外資系企業への転職が初めての人は、不安に感じる部分も多いでしょう

この記事では、Apple Japanの事業内容や仕事内容、企業の評判などについて詳しく解説しています。

記事の最後には、Apple Japanの転職に強い転職エージェントも紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ゲキサポ転職
ゲキサポ転職
  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

Apple Japanに転職したい!企業概要と事業内容

Apple Japanは、スマートフォンで有名な米Apple社の日本法人。「Apple社の製品に魅力を感じる」「世界的に有名な企業で働きたい」という動機で転職を考えている方も多いでしょう。

転職市場でも、「キャリアを積むことができる」「福利厚生がしっかりしている」という意見が多く、高い人気を誇っています。

Apple Japanの主な業務はApple社製品の開発・販売。IT企業やメーカーでの勤務経験がない方でも、仕事のイメージはつきやすいでしょう。

しかし、実際に転職するとなればApple Japanの基本的な姿勢や考え方について知ることが必要。まずはApple Japanについて知り、自分のスキルをどのようにアピールするか考えていきましょう。

Apple Japanは日本の会社?

Apple Japanは米Apple社の日本法人ですので、簡単に言えば「外資系企業」というくくりに入る、日本の会社だと言えます。

しかし、Apple Japanは外資系企業の中でも特に米Apple社の影響を強く受けている会社。一般的な日本企業における「常識」がなかなか通用しないシーンもあるようです。

ここからはApple Japanはそもそもどんな会社で、どんな考え方を持っているのかを解説。「外資系企業への転職が初めて」という方はぜひ最初にチェックしておいてくださいね。

Apple Japanは会社概要を載せない?

Apple Japanの公式ホームページをのぞいてみても、日本の企業で言う「会社概要」に当たるページはありません。

「どんな仕事をしているか」という説明については採用情報のページにありますが、「代表者が誰で、拠点がどんなところにあるのか」などの説明を見つけるのは非常に困難です。

一般的な日本企業、日本に拠点を置く外資系企業であれば、「会社概要」「拠点一覧」などのページを用意している場合がほとんど。しかしApple Japanの場合、そういった基本的な情報を知るのすら難しい状況です。

やはり外資系企業の中でもApple Japanは独自の道を行く企業。会社概要からも、その革新的な考えが伝わってきます。もし、転職に向けて会社の詳しい情報を知りたい場合には、直接Apple Japanと連絡を取る必要がありそうです。

Apple Japanの特徴

Apple Japanは米Apple社の日本法人。意思決定に関しても米本社の影響を強く受けるため、「自分の判断で業務を進める」「日本で大きな意思決定をする」という仕事を行うのは非常に難しいかもしれません。

また、働く人からの口コミの中で「システムがアメリカ基準」「お客さんへの対応もアメリカ式を求められる」と言った声もあり、日本に本社がありながらもアメリカで働くような感覚になることも多いようです。

「海外で成功した企業に学びたい」という方であればApple式の働き方になじめる可能性が高いですが、「日本企業でしか働いたことがない」という方にとってはなかなか合わない部分もあるでしょう。

しかし、「年齢、性別問わず働きやすい」という環境はアメリカ式ならでは。「日本企業に不満がある」という方はApple Japanへの転職を検討してもよいでしょう。

Apple Japanの事業内容

ここからは、Apple Japanの事業内容について見ていきます。Apple Japanの仕事は主に製品の開発と販売。

消費者や法人に向けて開発した製品を売る、というスタイルの企業ですので、メーカーに勤めたことがないという方にも分かりやすい事業内容となっています。

製品の開発

Apple Japanでは、職種に関係なく社会にとって有用なサービスを提供することが求められています。いいアイディアを出すことができれば、あなたの考えたサービスが世界中で利用されることになるかもしれません。

世界中から集まった多様な仲間とアイディアを出し合うことができるのはApple Japanの大きな魅力の一つ。

「自分の意見を伝えるのが得意」「アイディアを出すのが好き」という方はApple Japanでの仕事を楽しめるはずです。

製品の販売

Apple Japanでは主にApple社製品の販売を行っています。日本では特にiPhoneの使用率が高くなっていますので、Apple社のブランド力は非常に大きいと言えるでしょう。

Apple JapanではApple社の製品を求めるお客様に向けて製品の紹介や販売を行っています。

また、製品を利用している人に対するサポート事業も行っていますので、Apple社の製品に携わりたいという方は毎日楽しく働くことができるでしょう。

Apple Japanに転職したいなら確認したい仕事内容

ここからは、Apple Japanの仕事内容について見ていきます。

製品を開発し、販売するというApple Japanの事業内容自体は単純とも言えますが、転職者が応募できる職種はたくさんありますので、「どんな職種で働くか迷っている」という方も多いはず。

まずはApple Japanの仕事内容や働き方についてチェックし、「自分がどんな働き方をしたいのか」事前に考えておきましょう。

Apple Japanで取り組める仕事

まずは、転職後にApple Japanでできる仕事について見ていきます。Apple Japanの仕事は主に以下の3つ。それぞれで年収や働き方などが大きく異なりますので、給与や労働条件などを採用情報で確認しておきましょう。

エンジニア職

まずは、開発やサービスの運用を行うエンジニア職。エンジニア職になればApple社の最新製品に直接かかわることができます。

日本に新しく開発拠点が出来たことにより、エンジニア職の募集は今後増えていくと考えられます。世界的な企業で自分のスキルを活かしたいという方は、エンジニア職への応募を検討してみましょう。

店舗での販売・店舗管理(販売員)

Apple社製品の販売は、主にApple Storeなど直営店での販売となります。お店によって営業時間や環境は異なりますが、お客さんの要望を聞き、おすすめのApple社製品を紹介するという点では共通。

製品の直接サポートもお店で対応することになりますので、製品に対する深い知識が必要とされる職種です。

会社の管理(コーポレート部門)

エンジニア職、Apple Store関連職種以外の仕事はコーポレート職となります。人事や経理、総務などの管理部門での業務経験はApple Japanでも生かすことができます。

日本の制度と異なる部分もありますが、おおむねコーポレート部分の仕事は日本企業と同じです。

現在、Apple Japanではコーポレート部門での求人が多くなっていますが、どの求人でも十分な業務経験が必須。自分のキャリアに合わせて応募する職種を選ぶようにしてくださいね。

Apple Japanなら在宅勤務も可能

Apple Japanで特徴的なのは、「在宅勤務アドバイザー」という職種。在宅勤務アドバイザーの仕事はApple製品を利用するお客様へのサポート。

オンラインプログラムでApple社の製品や技術を学び、実際にサポートに出るまでの間もお給料をもらうことができます。

在宅勤務アドバイザーなら、通勤などもなく自宅で働くことが可能です。「Appleで働きたいけど外出が難しい」という方や「自宅で働く方が性に合っている」という方は、在宅での仕事も検討してみましょう。

転職したい人必見!Apple Japanの職場環境&年収

Apple Japanへの転職を考えている人にとって、気になるのは会社の評判や職場環境。ここからは、公式サイトからチェックできない実際の雰囲気について複数の口コミサイトをもとに解説。

Apple Japanが自分にとって良い職場なのか、まずは実際に働く人からの評判を見ていきましょう。

仕事の内容とやりがい

仕事の内容についてはおおむね高い評価です。「入社前と入社後のギャップがほとんどない」という声も多く、入社後に仕事面でミスマッチを感じることは少ないようです。

しかし、研修などに関して特に在宅勤務の方は「孤独感を感じる」「一度研修についていけなくなると後が分からない」という意見がありました。

Apple Japanは外資系の企業。仕事については基本的に「放任主義」となっているようです。

自分から積極的にコミュニケーションを取れる人であれば問題ありませんが、「なかなか自分からコミュニケーションが取れない」という方にとっては仕事を進めにくい環境かもしれません。

ワークライフバランス

Apple Japanは基本的に米Apple社の考え方を尊重しています。そのため、ワークライフバランスに関して「日本の企業より整っている」「残業がほとんどない」という声が多数。

ワークライフバランスについて「申し分ない」「十分休めるので、仕事が楽しい」という意見もあり、一般的な日本企業と比較して、働く環境はかなり整っていると言えるでしょう。

福利厚生制度も整っており、在宅で働く人でも利用できる制度がたくさんあります。有休も非常に取得しやすい環境なので、ワークライフバランスを重視する方も満足のいく働き方ができるでしょう。

職場の雰囲気

職場の雰囲気について悪い評判はあまりなく、「上下関係があまりない」「ハラスメントなどは見たことがない」という意見が大半を占めました。

しかし、最低限の成果を出せなかった人については厳しい対応がなされることもあるので、「入社すれば大丈夫」という考えは危険です。

また、「会社の方針がしょっちゅう変わる」「柔軟性がないとついていけない」という声もありますので、一つのやり方を極めていくというタイプの会社ではないと考えられます。

日本の企業文化に慣れている、という方にとってApple Japanはなじみにくい会社かもしれません。

年収

転職希望者がどうしても気になるのが「年収」。Apple Japanでは職種ごとに年収が大きく違うとも言われていますが、まずは平均年収について確認していきましょう。

Apple Japanの平均年収は600万円前後。外資系企業のため、口コミやアンケートなどを参考にした数値となっていますので、実際の平均年収は多少前後する可能性があります。

600万円が平均ではありますが、これはすべての職種で平均した年収。高度な専門性が求められるエンジニア職やコーポレート職であれば平均以上の給与が貰える可能性は十分あります。

しかし口コミを見ると「十分すぎる給与をもらえている」という声と「仕事のわりに給与が少ない」という声、大きく2つに分かれています。

転職後のミスマッチを減らすため、自分の希望する職種で給与がいくらもらえるのか、面接時に聞いておいた方がよいでしょう。

Apple Japanへの転職がおすすめなのはこんな人

Apple Japanでの仕事や働く環境は、日本の一般的な企業と大きく異なります。そのため、日本の企業での勤務歴が長い人の中には、Appleの文化とどうしても合わないというケースも出てくるでしょう。

Apple Japanへの転職を満足いくものにするためには、「Appleの文化と自分の考え方が合っているのか」、事前に検討することが大切。

ここからはApple Japanへの転職がおすすめな人について解説していきますので、転職を迷っているという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Apple製品が好きな人

Apple Japanなら、思う存分Apple製品に関わる仕事に取り組むことができます。

そのため、Apple製品が好きという人や、Appleの考え方自体に惹かれているという方は、Apple Japanへの転職がおすすめです。

Apple Japanでは日々新しいサービスや製品が生まれていますので、仕事内容に応じて自分から製品に関する勉強をすることが求められます。

製品への興味を持っている方ならきっと製品についての勉強も苦にはならないでしょう。Appleが好きという気持ちがあるなら転職について、前向きに考えることをおすすめします。

海外の働き方を体験したい人

Apple Japanなら、日本にいながらにしてグローバルスタンダードな働き方を体験することができます。

一般的に日本企業の働く環境は世界標準とは言えません。日本発の会社の中で、有給を100%取得でき、年齢や性別問わず働ける環境がそろっている企業は非常に少ないでしょう。

しかし、一般的な日本企業と比較して、Apple Japanには働きやすい環境が整っていると言えます。

「日本企業の雰囲気になじめなかった」「プライベートを充実させたい」という考えを持っている方であればApple Japanがおすすめです。

丁寧な対応ができる人

Apple Japanでの販売職、アドバイザー職は、お客様に直接対応することが必要。Appleを使っているお客様の満足度を上げるため、Appleで働く人には真摯で丁寧な対応が求められます。

接客やサービスの仕事に就いた経験のある方は外で磨いたスキルやコミュニケーション能力をアピールするとよいでしょう。

また、お客様と直接会わないエンジニア職、コーポレート部門の仕事の方でも、Apple Japanになじむためには他の社員にも「丁寧な対応」をすることが必要です。

Apple Japanでは会社全体の雰囲気として「ハラスメントがない」「役職に関係なく社員を尊重する」といった社風があります。

部下を無理に従わせようとしたり、自分の意見を無理に通そうとする人は、Apple Japanで評価されづらいでしょう。

Apple Japanへの転職にはエージェントがおすすめ!理由3つ

Apple Japanへ転職するには、公式サイトにキャリア登録する「直接応募」という方法があります。

自信のある方は公式サイトから個人で応募するのもアリですが、「転職が初めて」という方や「外資系企業で働いた経験がない」という方にとって直接応募は少しハードルが高いですよね。

そんな方は、直接応募ではなく転職エージェントの利用がおすすめ。

ここからは転職エージェントを利用するメリットについて解説していきますので、「まだ転職エージェントに登録していない」という方はぜひチェックしてくださいね。

①転職のアドバイスがもらえる

転職エージェントに登録するとあなたに担当のアドバイザーが付き、直接または電話で転職の相談をすることができます。アドバイザーの役割は求人の紹介だけでなく、あなたを希望の転職先に内定させること。

相談さえすれば職務履歴書の書き方や面接の方法まで、転職成功に向けてアドバイザーが細かく教えてくれます。まだまだ転職が一般的でない日本では、「そもそもどんな風に転職するか」分からないという人も多数。

しかし転職に詳しいアドバイザーからのサポートがあれば、初めての転職でも安心です。

転職全般に関して不安のある方や、そもそも転職すべきかどうか分からない、という方はその点もアドバイザーに相談することができます。

自分一人でする転職が不安なら、ぜひ転職エージェントに登録してみましょう。

②非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは、一般に公開されていない「非公開求人」を持っています。非公開求人をどれくらい持っているかはエージェントにもよりますが、多いところだと「求人の8割が非公開求人」というエージェントもいます。

なぜ非公開求人に注目すべきなのか。それは「非公開求人には好条件のものが多いから」です。

そもそも、企業が求人を非公開にする目的は

  • 応募が殺到するのを防ぐ
  • 他者に採用情報を知られないようにする
  • 適切な人材を早く確保する

というもの。

企業は「良い人材を」「早く」確保したいと考えています。転職エージェントに非公開求人を出せば、ポジションに合った優秀な人だけを面接することも可能。

求めるレベルに合わない人からの応募を避けることで採用の効率化にもつながりますし、能力のミスマッチを防ぐこともできます。

また、新規プロジェクトの求人などの場合、他社に採用情報を知られると今後の事業展開で不利になってしまう可能性もあります。求める人材を他社に知られず採用する方法としても、非公開求人は有効なのです。

非公開求人は求めるポジションやスキルが明確となっているものが多く、すでにキャリアを積んでいる人なら非公開求人で効率的に転職活動を進めることができます。

転職エージェントに相談すれば、あなたに合った非公開求人を紹介してもらうことが可能。Apple Japanに転職したいと考えている人は、まずAppleの非公開求人があるかどうかエージェントに聞いてみましょう。

③転職先と待遇の交渉をしてくれる

転職エージェントの多くは、内定前や内定後、あなたに代わって転職先と待遇の交渉を行ってくれます。交渉次第では年収アップの可能性も高いので、高年収をめざすなら待遇の交渉は必須。

ですが自分一人でそういった交渉をするにはかなりの慣れが必要ですし、転職市場についての深い知識が必要となるでしょう。

しかし転職エージェントに相談すれば、あなた自身が交渉の場に出なくても転職に詳しいアドバイザーさんが希望を転職先に伝えてくれます。

待遇の交渉をすることは悪いことではなく、あなたと転職先が双方合意してより良い働き方を実現するための方法。年収やポジションなど、希望がある場合はアドバイザーさんに相談してみましょう。

Apple Japanへの転職におすすめのエージェント3選

ここからは、Apple Japanへの転職でおすすめな転職エージェントを4つ、紹介します。

Apple Japanへの転職を成功させるには

  • 外資系企業に強い
  • サポートが手厚い
  • 非公開求人が多い

の3点からエージェントを選ぶことが大切。今回ご紹介するのはこの3点を重視したうえで選んだおすすめエージェントですので、「エージェント選びで迷っている」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

また、どれだけ自分に合った転職エージェントを選んでもアドバイザーさんとの相性によっては転職がなかなかうまくいかないというケースもあります。

アドバイザーさんと上手くいかなかった場合のことを考え、転職エージェントには少なくとも2~3社登録しておいた方がよいでしょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

Apple Japanは、世界の時価総額ランキングでもトップレベルを誇る一流企業なので、パソナキャリアに徹底的にサポートしてもらうことをおすすめします。

サポートしてもらった後、推薦状も書いてもらうと、より転職成功率を上げることができるでしょう。

パソナキャリアを実際に利用した人は、

51歳 女性 コールセンター

仕事の量が豊富で、企業との交渉も、スムーズでした。交渉前も、職務経歴書をまとめてくれていて助かりました。福利厚生も充実していると思います。

29歳 女性 事務員

一人で不安な就職活動の中、相談にのってくれたり話しを聞いてくれる人がいるというのはとても心強く、安心できました。電話も繋がりやすく、面談(相談)をお願いした場合にもすぐに日程を設定してくれる点が非常に良かったです。

など、アドバイザーの対応の良さや、サポート力の高さについて評価していました。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、パソナキャリアと比べて、扱っている情報量が多いところがメリットです。

Apple Japanなどの転職難易度の高い企業へ転職する場合には、情報量が欠かせません。リクルートエージェントは、情報収集として活用できるでしょう。

リクルートエージェントを実際に利用した人は、

36歳 男性 自販機営業

圧倒的な知名度と、求人情報の豊富さはあるかと思います。全国で働きたいと思う方は、活用されることを進めます。

38歳 男性 販売員

求人情報は自力では発見できなかったものが多く満足でした。また転職活動は基本孤独なものですが、よく連絡を下さったので孤独感はなかったです。

など、求人数の豊富さと、サポート力について評価していました。

リクルートエージェントも合わせて利用してみてください。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、外資系やグローバル企業転職に強い転職エージェントです。

Apple Japanは、本社は外資系企業なので、ランスタッドのアドバイザーからのアドバイスも聞くべきでしょう。

社風や企業風土など、日本企業とは大きく違うでしょうし、転職活動の戦略も大きく変わる場合があります。

ランスタッドを実際に利用した人は、

35歳 女性 工場

自分だけで仕事をさがそうとすると、どうしても迷いや不安が出てきますが、こうやってフォローして頂く事で自信がついたり、やる気がわくのが良かったです

29歳 女性 マスコミ関係派遣社員

質の良い求人を自分に合った条件で紹介してくれました。その企業の特徴や、どういう対策をすればいいのか教えてくれるのが良かったです。

など、サポート力の手厚さや、求人の質の高さについて評価していました。

ランスタッドも利用して、外資系企業への転職攻略方法について相談してみましょう。

登録する(無料)

Apple Japanへの転職でアピールすべきポイント3つ

Apple社、というと世界中の人が知る人気企業。Apple Japanへの転職難易度も非常に高いと言えるでしょう。Apple Japanへ転職するには、会社に適したスキルをアピールすることが大切。

各専門職へ応募する際はもちろん仕事で求められる実務経験やスキルをアピールする形となりますが、どの職種に応募する際も共通してアピールすべきポイントがあります。

ここからは転職時にアピールすべきポイントについて3つ解説。Apple Japanへ転職希望の方はぜひチェックしてくださいね。

①コミュニケーション力

Apple Japanで必要なコミュニケーション能力は、日本のそれと少し違います。

日本では「盛り上げるのが上手い」「場の空気を読める」「自分の意見を通す」という能力のことを指して「コミュニケーション能力」と言われていることがあります。

しかしApple Japanの場合、そういったコミュニケーション能力では社員同士のやり取りが上手くいかない可能性があります。

Apple Japanで求められるコミュニケーション能力は「他者を尊重し、真っ向から否定しない」「自分と他人の意見をうまく合わせられる」「バランスのいい人間関係を築ける」力。

Apple Japanへの転職をめざすなら自己アピールだけでなく、他の人と関わることでどれだけよいアイディアを出せたか、をアピールすることが大切です。

②英語力

Apple Japanは米Apple社からのトップダウンで動く会社。日本法人と言っても、Appleで働く社員には英語力が求められます。

中途採用の場合、どの会社でも「即戦力」となることが必要となりますので、転職の段階で英語力をアピールすることはほぼ必須とも言えるでしょう。

「英語が出来ないと年収は頭打ち」「英語力のある人が出世する」という口コミも多く、Appleでキャリアを積むなら入社後も英語力は必須。苦手意識のある方は今のうちに勉強しておくことをおすすめします。

③学習意欲

Apple Japanでは入社後、次々登場するApple製品に対する深い知識が必要となります。

もちろんApple主導で最低限の研修を受けることは可能なのですが、「どれだけ勉強したかが出世の鍵」「研修だけでは不十分」という声もあり、入社後も自主的に勉強し続ける姿勢が必要と言えるでしょう。

転職の際は「勉強に対する意欲」や「Apple社製品に対する興味」を伝え、入社後も勉強し続ける姿勢を積極的にアピールしましょう。

Apple Japanへの転職に不安な方はエージェントに登録を!

いかがでしたでしょうか。Apple Japanへの転職は不透明な部分も多く、外資系企業への転職が初めてであれば不安を感じることも多くあるでしょう。

しかし転職エージェントに相談することで、転職の不安を軽減し、内定確率を上げることができます。

転職エージェントには複数登録がおすすめですので、この記事でご紹介したエージェントのうち、気になるものにはとりあえず登録してみましょう。

自分のスキルや経験を上手くアピールすれば、難易度の高い転職にも希望が見えてきます。Apple Japanをめざすなら、自己プロデュース力と英語力を鍛え、自分の意欲をしっかりとアピールすることを心がけましょう。