アサヒビールへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

アサヒビールに転職したいです。こんな人気企業に、中途で転職することなんて可能なんでしょうか?
もちろん、簡単ではありません。でも、方法はあります

キャリアコンサルタント

今回は、アサヒビールへの転職がどの程度難しいのかどうしたら転職に成功できるのかについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

アサヒビールといえば、CMでもおなじみの「アサヒスーパードライ」を販売している有名なビール会社ですよね!

そんなアサヒビールは転職先としても人気の高き企業なので、転職を考えている方の中には、アサヒビールを転職先に選んでいる方もいるのではないでしょうか?

今回は、アサヒビールへの転職を考えている方のために、事前に知っておきたい転職成功の方法についてご紹介していきます。

転職難易度や事業内容、職場環境や福利厚生なども一緒にご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

アサヒビールへの転職は可能?データから難易度を検証

転職先として人気の高いアサヒビールですが、「本当に転職できるのだろうか?」と気になっている方は多いのではないでしょうか?

転職難易度はどれくらいなのか、どんな人が転職できるのかなど、転職先の企業に対する疑問がある場合は、事前に調べておくことが大切です。

ここでは、そんなアサヒビールへの転職は可能なのかを、データから難易度を検証した結果をご紹介していきます。

アサヒビールへの転職は簡単ではない

アサヒビールは誰もがしている有名な大手企業なので、就職や転職をされる方からの応募が多いため、転職難易度は高いのではないかといわれています。

応募者が多ければ多いほど採用人数が限られてしまいますし、大企業だからこそ採用する人材は厳選されますので、難易度が高くなることが考えられます。

そのため、アサヒビールの転職難易度は高いことが予測され、誰でも簡単に転職できる企業ではないといわれているようです。

しかし、どんな企業にも事務・営業・企画といた職種ごとに分かれて事業を行なっているため、アサヒビールではさまざまな分野で活躍してくれる人材を募集しています。

自分の経歴やスキルを活かせる分野での募集があれば、転職できる可能性は十分にあるといえるでしょう。

お酒が苦手な方はアサヒビールへの転職は難しい

アサヒビールが求める人材の人物像には、お酒が飲める・お酒が好きという方が含まれているそうです。

そのため、お酒が苦手・お酒が飲めないという方は、もしかするとアサヒビールへの転職は難しいかもしれません。

しかし、人によっては体質によってお酒が飲めない方もいますし、だからといってお酒に全く興味がないのかといえば、一概に興味がないとはいえないでしょう。

アサヒビールの事業に携わりたいという方であれば、採用してもらえる可能性は十分あるのではないでしょうか?

また、あなたが持っているスキルが必要とされる可能性もあるので、お酒が飲めないから諦めるのではなく、まずは応募して自分の持っている強みをアピールしてみると良いかもしれませんよ!

学力や経歴だけでなく人物を重視している

企業側が人材を募集する場合、企業によって異なりますが、学力や経歴を重視して採用の可否を決めているところがあります。

しかし、アサヒビールでは学力や経歴だけでなく、転職をされる方そのもの、つまり人物を重視しているといわれています。

ちなみに、アサヒビールが求めている人材は以下のようになっているようです。

  • 仕事に熱意を持っている
  • 真面目に仕事に取り組んでくれる
  • 自分らしい個性をしっかりと持っている
  • 人とのコミュニケーションが取れる
  • 挑戦する意欲がある
  • 対応能力が高い
  • 英語力がある
  • 体力を使った仕事ができる
  • お酒を飲むことが好き

アサヒビールではこのような人材を求めている傾向があるようです。

どれも学力や経歴に関係なく、その人自身のことばかりが重視されているため、面接ではこれらの項目に関わる質問を面接官から受けることがあるそうですよ!

また、アサヒビールは海外でも事業を展開している企業なので、コニュニケーション能力や英語力がある転職者の方が有利かもしれません。

さらに、アサヒビールではオフィスでの業務だけでなく体力を使うような業務もあるため、体力に自身のある方も求められる人材の候補となっているようです。

アサヒビールに転職するなら知っておきたい!事業内容や職場環境は?

アサヒビールへの転職を成功させるのであれば、まずは自分の転職先に会った企業なのかを確認するためにも、事業内容や職場環境などを下調べする必要があります。

実際に働きだしてから「想像していた会社と違っていた…」「前の会社の方が良かった…」となってしまっては、内定が決まっても転職に成功したとはいえません。

ここでは、アサヒビールの事業内容や福利厚生などについてご紹介していきます。

他にも、アサヒビールの社員が得ている平均年収や評判などもまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

アサヒビールの事業内容

アサヒビールでは、「ビール類事業」「ビール類以外の酒類事業」「営業活動」「生産活動・物流活動」といった4つの事業を行なっています。

それでは、それぞれで行なっている具体的な事業内容について、一つひとつ見ていきましょう。

ビール類事業

ビール類事業はアサヒビール最大の強みである事業であり、「アサヒスーパードライ」をはじめさまざまなビール類の開発を行なっています。

アサヒビール独自のシステムを採用することで高品質な商品を作り上げ、世界中の顧客に提供しています。

また、安価で気軽に購入できる発泡酒の開発も行なっていて、2017~2018年の売上はなんと1,000万箱を超える結果を出しています。

ビール類以外の酒類事業

ビール類い以外の酒類事業では、ウイスキー・ワイン・焼酎・ノンアルコールビールなどの販売を行なっています。

ビール類の販売がメインではありますが、その他の酒類も手掛けていて、多くの顧客に商品を提供しています。

営業活動

営業活動では、売上データや酒類市場の動向はもちろん、顧客からの商品に対する意見などを情報収集しています。

そして、集めた情報を元に今後の商品開発や営業スタイルの研究、さまざまな意見による課題の解決を行なっています。

生産活動・物流活動

生産活動・物流活動では、品質の高い商品を製造するために独自のシステムや制度を導入し、できたての美味しさを顧客へと届けるスピーディな出荷や配送を行なっています。

品質を落とさない工夫を施し、販売元や顧客へと自社の製品をお届けしています。

アサヒビールの採用情報

アサヒビールでは公式サイトにて採用情報を公開しています。「新卒採用」「契約社員採用」「キャリア採用」など、それぞれでは仕事内容の記載や応募フォームが設置されています。

他にも、グループ会社の採用も行なっていて、それぞれに募集情報や応募フォームが用意されています。

契約社員採用では、企業からのメッセージや動画を使った業務内容が紹介されているので、アサヒビールへの転職を検討している方は、一度見てみてはいかがでしょうか?

しかし、過去の採用人数については新卒採用で入社した人数の紹介がされていただけで、その他の採用人数については公開されていませんでした。

そのため、過去にどれくらいの転職者が応募して、何人の方が採用されているのかは不明となっています。

アサヒビールの平均年収は996万円

平成28年度のアサヒビールの平均年収は、996万円となっています。日本の平均年収は約400万円なので、それに比べるとかなり高収入となっていることがわかります。

アサヒビールは安定した業績を上げているため、社員は高水準で収入を得ることができるようです。

ちなみに、前年の平均年収はなんと1,000万円を超えていて、過去の平均年収でも大きく前後するようなことはありませんでした。

前職の年収や給料に不満を感じて転職をされるのであれば、アサヒビールは安心して働くことができる企業といえるでしょう。

また、アサヒビールでは収入となるボーナスの金額も高くなっているため、平均年収も高くなっているようです。

職場環境は所属する部署によって異なる

アサヒビールの職場環境は、あなたが転職後に所属する部署によって異なります。残業の少ない部署もあれば、残業を行なっている部署もあります。

しかし、アサヒビールではできるだけ残業をなくす取り組みを行なっているため、毎月必ず残業があるとは限りません。

ちなみに、社員の労働時間はきちんと管理されているため、残業によって規定の労働時間を超えそうになっている場合は、必ず上司へと報告されるシステムとなっています。

そのため、ワークライフのバランスが崩れる心配がなく、仕事がきついことはあっても、退職する社員は少ないそうです。

定着率の高い企業は転職者にとっても転職先に選びたい企業となるため、アサヒビールは人気の高い企業となっているのかもしれませんね!

充実した福利厚生が整っている

アサヒビールでは充実した福利厚生が整っていて、社員が働きやすい環境を提供しています。そんなアサヒビールの福利厚生には、以下のようなものがあります。

  • セミナーやFP相談
  • 保養所完備、ホテル・レジャー施設のサービス
  • 社宅完備、住宅・単身赴任支援制度
  • 社員貸付金・積立金、持ち株会
  • レクリエーション
  • 法定外健康診断、メンタルヘルスケア
  • 退職年金制度、ドリーム年金、介護休養制度
  • 補助額付きカフェテリアプラン
  • 各種保険完備、休暇制度、育児・介護支援諸制度

アサヒビールの福利厚生はこのようになっていて、社員にとって働きやすい環境が整えられています。

仕事の疲れを癒す保養所や、社員同士の交流を深めるレクリエーションなど、さまざまな福利厚生を受けられるのは嬉しいですよね!

特に、アサヒビールでは女性社員でも働きやすい環境を整えていて、育児休暇やその他休暇制度などを設けています。

家庭と仕事の両立ができる企業なので、転職をされる女性からの応募も多いかもしれませんね!

アサヒビールで働くやりがい

アサヒビールで働く社員は、自分が企画して作り上げた商品が売れるようになったときに、「頑張ったかいがあった」とやりがいを感じる方が多いようです。

ビール類事業を行なっている他の企業よりも、自分が企画した商品の方が高い人気を誇ることになれば、やりがいと共に心から喜びを感じることができるでしょう。

アサヒビールでは挑戦心のある社員を求めているため、良いアイデアを出すことができればプロジェクトに採用される可能性は十分にあります。

社員の意見を大切にしてくれる企業なので、転職に成功してアサヒビールの一員となれば、きっとあなたもやりがいを感じながら働くことができるかもしれませんよ!

アサヒビールへの転職を成功させる方法

上の章でもご紹介したとおり、アサヒビールは転職難易度が高いことが予測されているため、転職を成功させるのは難しいと考えられます。

そこで、ここではそんなアサヒビールへの転職を成功させる方法についてご紹介していきます。

アサヒビールへの転職成功率を向上させる5つの方法をまとめてみたので、ぜひ参考にして転職活動に役立ててみてください。

個人での転職活動ではハードルが高い

転職難易度が高いと予測されるアサヒビールは、個人での転職活動ではハードルが高いといわれています。

就職や転職に人気の高い企業なので、求人情報を見つけられないという可能性もあります。

そのため、転職活動をサポートしてくれる転職サイトや転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職サイトや転職エージェントでは、会員でしか閲覧・紹介されない求人情報を取り扱っています。

企業から直接求人の依頼を受けているものなので、アサヒビールの求人情報を見つけられる可能性が一気に高くなるでしょう!

働きながら転職活動をするなら転職サイトがおすすめ

働きながら転職活動をされる方には、転職サイトを使った転職活動がおすすめです。

転職サイトは登録することでさまざまな企業の求人情報を閲覧できて、気に入った求人情報があればそのまま応募することが可能となっています。

スマートフォンがあればいつでもどこでも求人情報を探せるので、空き時間を使って転職活動を行えるのがおすすめのポイントです。

また、希望する転職先の地域、転職先に求める希望条件など、細かい情報を入力して求人情報の検索ができるシステムとなっています。

さらに、転職に希望する条件を登録しておけば、スカウトサービスを利用できます。

スカウトサービスはあなたが登録した情報を元に、企業側からスカウトメールが届くというサービスです。

自ら探さなくても企業から声をかけてもらえるため、忙しくて転職活動に十分な時間を使えない方は、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

本気でアサヒビールに転職するなら転職エージェント

転職難易度の高いアサヒビールに本気で転職を考えるのであれば、転職エージェントを使って転職活動を行なってみてはいかがでしょうか?

転職エージェントでは、登録することで転職サイトのように自分で求人情報を探せるだけでなく、転職者一人ひとりに担当のアドバイザーがついてくれるシステムとなっています。

担当のアドバイザーはあなたのパートナーとして、転職活動をしっかりとサポートしてくれるのがおすすめのポイント!

アドバイザーは転職に関する知識はもちろん、転職先に選んだ企業に詳しいので、転職が初めての方でも安心して転職活動を行えますよ。

そんな転職エージェントでは、転職をされる方の対面での面談を行い、転職の希望条件やこれまでの経歴などをしっかりとヒアリングして、あなたにピッタリの転職先を紹介してくれます。

さらに、履歴書の書き方・面接対策などの実践的なサポート、応募手続きや日程調整などの全てを担当のアドバイザーが行なってくれます。

面倒な手続きを代わりに行なってくれるので、気軽に転職活動ができるのは嬉しいですね!

転職サイトと転職エージェントを使うメリット

転職サイトと転職エージェントを使うメリットは、自分が希望する転職先を見つけられる・紹介してもらえる、スムーズに転職活動を進められることです。

また、転職エージェントであれば担当のアドバイザーからの親切・丁寧なサポートを受けられるのもメリットの1つでしょう。

転職をされる方の立場になってサポート・アドバイスを行なってくれるので、転職活動を効率よく進められて、転職成功率を高めることができるでしょう。

転職エージェントを効果的に使う4つの方法

転職エージェントは利用することで転職に成功しやすくなりますが、ただ利用するだけでは転職に失敗するかもしれません。

そのため、転職エージェントを使って転職を成功させるのであれば、効果的に利用する方法を知っておくことが大切です。

それでは、転職エージェントを効果的に使う4つの方法について、一つひとつご紹介していきます。

転職の希望条件や経歴をきちんと伝える

転職エージェントでは、まず担当のアドバイザーとの面談を行い、転職者が希望する転職の条件やこれまでの経歴をヒアリングします。

そして、ヒアリングした情報を元に転職先を紹介してくれるため、希望条件や経歴はきちんと伝えることが大切です。

「この条件はムリだろうな…」「大した経歴じゃないからいわなくていいか」と自己判断で決めるのではなく、どんな些細なことでもきちんと伝えるようにしましょう!

担当のアドバイザーとこまめに連絡を取る

転職エージェントを効果的に使うなら、担当のアドバイザーとの連絡をこまめに取るように心がけましょう。

転職エージェントでは転職を急いでいる方を優先して転職先を紹介しています。

そのため、こまめに連絡を取ることで担当のアドバイザーに「すぐにでも転職をしたい」というアピールをすることができます。

また、転職に対するやる気も伝わるため、あなたの希望条件にあった求人情報が見つかった場合は、すぐに連絡をくれるようになるでしょう。

転職をする時期を事前に伝える

忙しくて担当のアドバイザーとこまめな連絡が取れない方は、事前に「◯ヶ月後には転職を希望しています」と転職をする時期を伝えておくことをおすすめします。

そうすると、担当のアドバイザーは希望する時期に合わせて転職先を紹介してくれるため、転職成功率を下げない転職活動を行えるでしょう。

自分と相性の良いアドバイザーに担当してもらう

担当するアドバイザーによっては、あなたとの相性が悪い場合があります。

相性の悪いまま転職サポートを受けても、意見をいいづらい・意思の疎通が上手く行かないといったことになり、転職に失敗してしまう可能性が高くなってしまいます。

担当のアドバイザーは申請することで変更してもらえるため、相性が悪いと感じたら変更の申し出を行ないましょう。

アサヒビールへの転職で必ず登録すべきエージェント・サイト4選

ここでは、アサヒビールへの転職で必ず登録すべき転職エージェントと転職サイトについてご紹介していきます。

どれも大手の転職エージェントや転職サイトなので、取扱求人件数は豊富ですし、アサヒビールの求人情報を取り扱っている可能性が非常に高いです。

ぜひご紹介する転職エージェントや転職サイトに登録して、アサヒビールへの転職を成功させましょう。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

働きながらの転職活動にはdoda(デューダ)

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・システムエンジニア

大手ということもあり、求人の量及び質についても十分っであった。この点は大きなメリットであった。また面接対策についても真摯にむきあっており、好感がもてた。

35歳女性・金融

大手の転職エージェントであるため他の会社と比較して多くの求人が存在するところ。また、量だけでなく求人の質も優れているものがあった。

など、特にサポートの良さに対して評価する声が多数ありました。レスポンスも早く、調整をしっかりと行ってくれるところも高評価となっていました。

求人数、サポート力ともに非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

複数の転職エージェントを利用して、アサヒビールの転職成功率を上げよう!

ご紹介した転職エージェントは個別で使用しても転職に効果的なのですが、転職成功率をさらにアップさせるのであれば複数の転職エージェントを利用することをおすすめします。

もしも1社だけの登録をして転職活動を行なっていると、場合によってはアサヒビールの求人を取り扱っていないという可能性もゼロではありません。

そのため、複数の転職エージェントに登録してそれぞれで転職サポートを受けた方が、アサヒビールへの転職成功率をアップさせられるかもしれませんよ!

最低でも3社以上は登録して、アサヒビールへの転職を成功させてみてください。