ベネッセへの転職は可能?中途採用・難易度・年収を徹底解説!

benesse
ベネッセコーポレーションへの転職を考えているのですが、やはり難しいでしょうか?
キャリアコンサルタント
ベネッセは誰もが知る人気企業なので、簡単ではないことは確かです。
そうですよね・・・。
キャリアコンサルタント
ですが、ポイントを押さえれば決して不可能なことではありませんよ。この記事では、ベネッセへの転職方法について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

後々、「前の職場の方が良かった」「思っていたような職場ではなかった」と後悔しないためには、まずは転職先の企業についてしっかりと情報収集をすることが欠かせません。

ベネッセコーポレーションに興味を持っている人も、大手だからと安心するのではなく、事前に確認しておくことが大切です。

この記事を読んでわかること

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

ベネッセコーポレーションへの転職は可能?データから難易度を検証

難易度がどこかに掲載されていたわけではありませんが、誰もが知っている大手企業ということもあり、ベネッセの就職の難易度が高いのは間違いないといえます。

あくまでも推測ですが、選考も多いと思われますし、転職成功は相当難しいという姿勢で挑むべきでしょう。

採用大学は?

実は、早慶、旧帝大、東工大、一橋が全体の5割を占めているのです。そして残りの45%に当たる部分が上智、関関同立、理科大、GMARCH、その他国公立大学となっています。

ベネッセコーポレーション側が学歴によって採用を決めたのか、学歴のある人が多く応募したのかは定かではありません。

ただ、学歴も含め、いくつもの難関が待ち受けている転職活動になると覚悟しておいた方がいいでしょう。

どんな人材を求められているのか?

ベネッセコーポレーションでは、志を持った人材を求めています。

バイタリティーにあふれ、ビジネス志向があり、成長意欲がある人材を求めているため、やりがいを感じる人もいます。

ただ、人によってはこれらがプレッシャーとなり、息苦しさを感じる人もいるかもしれません。

個人ではなく、チームで活躍できる人材を求めているため、一人で仕事を進めていきたいと考えている人や自分の意見が言えず、自分が出せない人にとっても、実力を発揮できない環境かもしれません。

しかし、仕事意欲が強く、チームで仕事を成功させたい、様々な困難も乗り越えていきたいという強い気持ちがある人にとっては、理想的な職場と言えます。

ベネッセコーポレーションの事業内容や職場環境は?

ベネッセコーポレーションに興味を持っている人の中には、どんな企業なのか詳しく知らない人も多いはずです。自分が希望している分野のことしか、知らない人も多いでしょう。

それでは、後々「こんなはずでは…」と後悔してしまう可能性があります。

より良い転職を叶えるためには、まずはその企業を知ることが大切です。

では、ベネッセコーポレーションとはどんな会社なのかご紹介します。

どんな事業を行っているのか?

ベネッセコーポレーションでは、教育や介護、語学といった事業を展開。

学生時代、進研ゼミを利用したことがある人もいると思いますが、現在では国内で245万人、海外では135万人もの進研ゼミ会員がいます。

また、中国や韓国、台湾などで通信教育サービスも展開。

更に、英語教育を行っているベルリッツは、世界70か国以上で英語教育を行っており、500以上もの教室を展開しています。

イメージにあまりない事業としては、介護施設や保育所も展開。高齢者向けの施設は、国内最大となる292拠点展開しており、多くの高齢者の生活をサポートしています。

ベネッセコーポレーションというと、教育のイメージが強いですが、意外にも介護や保育事業なども展開しており、これらの事業により大きく成長している企業といえるでしょう。

海外への事業展開

転職をする上で、やりがいある仕事を希望している人も多いはずです。その中には、海外での活躍を希望している人もいるのではないでしょうか。

ベネッセコーポレーションでは現在、中国、台湾では、国の文化や習慣に合せた「こどもチャレンジ」を展開しており、幼児教育に力を入れています。

現在では、135万人ほどの会員がおり、会員数を増やしたいと考えています。

海外での仕事に興味を持っている人にとっては、興味ある事業内容となるのではないでしょうか。

ベネッセコーポレーションの本社はどこにある?

ベネッセコーポレーションのような大きな企業で働くとなれば、転勤も視野に入れなければいけません。そのため、本社などがどこにあるかもチェックしておくことが大切です。

ベネッセコーポレーションの本社は、岡山市北区。

その他、東京本部、新宿オフィス、初台オフィス、神保町オフィス、北海道支社、東北支社、関東支社、名古屋支社、北陸支社、大阪支社、九州支社、台北支社があり、それぞれの地域で多くのスタッフが活躍しています。

ベネッセコーポレーションのグループ会社

ベネッセホールディングスは、東証一部上場企業。グループ全体の経営方針や経営管理などを行っています。

どういったグループ会社があるかというと、教育部門として進研ゼミなどを展開している、株式会社ベネッセコーポレーション。

個別指導教育を行っている、株式会社東京個別指導学院。幼児から成人を対象とした進学指導を行っている、株式会社アップなど、17のグループ会社があります。

また、シニア、介護、保育部門となる、高齢者介護サービス事業を行っている株式会社ベネッセスタイルケアや医療介護業界に特化した人材紹介企業、株式会社ベネッセMCMなど4つのグループ会社。

語学、グローバル人材教育部門となる、語学事業を行っているベルリッツコーポレーションなど6つのグループ会社。

関連事業部門となる、情報システム保守業務などを行っている株式会社ベネッセインフオシェルなど5つのグループ会社があります。

ベネッセコーポレーションの実績と今後の課題とは?

安定した企業と考え、ベネッセコーポレーションへの転職を望んでいる人も多いはずです。大きな企業となれば、生活が安定する、不安なく仕事ができると思っている人も多いでしょう。

現在、ベネッセコーポレーションの実績はどのようになっているかというと、実は国内教育事業は売り上げが落ち、国内市場は縮小傾向にあります。

少子化の今、子供向け教育部門というのは、なかなか難しいのが現状なのかもしれません。

しかし、ベネッセコーポレーションではシニア、介護の事業も行っているため、今後は高齢者向けの事業を拡大していくことが期待できます。

これから、高齢化社会となっていく日本にとっては、なくてはならない分野ですから、シニア、介護の事業で企業として更なる成長の可能性があるでしょう。

社風や文化について

どんなに好きな仕事、自分にあった職種であっても、職場の社風や文化が合わなければ、長く勤めることはできません。

仕事は好きなのに、環境に慣れずに辞めざる得なくなってしまうこともあるでしょう。

気になるベネッセコーポレーションにはどんな社風や文化があるかというと、学校のような独特の文化があるそうです。

業種が業種だけに、教育開発などに取り組んでいるため、こういった企業独特の文化が生まれたのかもしれません。

人材配置や学校組織のような企業文化があることで、社員のモチベーションも維持することができ、スキルアップが可能です。

正社員だけでなく、非正社員なども同じ環境となってるため、有給休暇といった待遇面でも充実しているようです。

また、お子さんがいる女性にとっては育児休暇などが充実しているため、労働時間なども配慮され、働きやすい環境。働く女性にとっては、理想的な職場となるのではないでしょうか。

20代後半女性
バリバリと仕事をこなす女性が多いです。教育の熱い人が多く、それが商品に反映されていると感じ、ます。全体的にいい人が多いので、働きやすい職場なのではないかと思います。

こちらの口コミはキャリコネの79件の口コミを分析しました。

ベネッセコーポレーションの従業員数

職場の雰囲気というのは、スタッフの人数によっても大きく変わってきます。

ベネッセコーポレーションで活躍している人数は、グループ会社の社員を含め、20,300人ほどです。かなり多くの社員が活躍しているのが分かります。

それぞれの分野では、国内教育カンパニー部門では3,400人ほどです。海外事業カンパニー部門は2,100人ほど、介護・保育カンパニー部門は8,200人ほど、語学カンパニー部門は5,700人ほどとなっており、部門によっても活躍している人材数に差があるようです。

平均年齢と平均勤続年数

ベネッセコーポレーションというと、まだまだ若いスタッフが活躍しているイメージが強いでしょう。転職するとなれば、どのくらいの年齢が活躍している職場なのか気になる人も多いはずです。

ベネッセコーポレーションでの活躍しているスタッフの平均年齢は、44.7歳。

そして、平均勤続年数は14.5年と長く勤務している人が多い印象です。

長く続けられるということは、それだけ待遇や環境、仕事にやりがいを感じているということでしょうから、転職先としては不安がなくなる材料になるのではないでしょうか。

気になる年収

転職後に気になるのは、やはり収入面。今よりも収入アップしたいという理由から、転職を考えている人もいれば、安定した収入を得たいと新たな環境を探している人もいるでしょう。

働く上で、やはり収入というのは欠かせないポイントです。

ベネッセコーポレーションの気になる収入は、20歳から40歳までの平均年収314万円から344万円ほどです。

25歳から29歳までは681万円から731万円ほど、30歳から34歳までは738万円から838万円ほどと高めの印象です。

一番高い年収は50歳から54歳で、1060万円から1170万円ほどですから、かなり年収は高いといえるでしょう。

当然ですが、収入は職業によっても異なります。

営業系の平均年収は689万円ほど、クリエイティブ系は683万円ほど、企画や事務・管理系は714万円ほど、IT系エンジニアは883万円ほど、運輸・物流系は450万円ほどで、業種によって差があります。

賞与や給与の制度について

ベネッセコーポレーションは年収が高い印象がありますが、それは年に2回の賞与制度も大きく影響しています。

今では、賞与の金額が減ったり、年に1回になったりする企業もある中、こういった安定した賞与が受けられるというのは、モチベーションに繋がるでしょう。

また、半年から1年に一度は昇給の見直しがされ、査定により給与が上がるといいます。

仕事が大変でも、その頑張りが給与に反映されるとなれば、日頃の仕事への意欲も大きく変わってくるでしょう。

もちろん、残業代なども支給されるため、給与面に関して文句がないという社員がほとんどです。

福利厚生について

ベネッセコーポレーションは、大手だけあって福利厚生も充実しています。

健康保険や厚生年金保険、雇用保険に労災保険はもちろんのこと、定期健康診断の実際や社有社宅の利用、確定給付年金など充実しています。

また、特別休暇として、結婚休暇や服喪休暇、不妊休暇、生理休暇、出産休暇、通院休暇、介護休暇などもあります。

更に、ボランティア休暇や裁判員休暇、看護休暇といった休暇制度もあり、仕事とプライベートの両立がしやすい環境となっています。

そのうえ、ベネッセ休暇という企業特有の休暇制度があり、勤続5年目、10年目、15年目、20年目、25年目、30年目を迎える社員には、特別休暇が付与されます。

休暇取得後には、休暇支援金まで支給され、収入もしっかりとサポートしてくれます。

30代前半男性・商品企画
福利厚生はとても良いです。育児から家賃補助、スキルアップまで年間最大40万ほど利用できました。毎年この規模で利用できるのは、大変助かりました。オフィスも大変綺麗で、社食も美味しく安いです。その上、給与も業界標準以上で、待遇面の不満は一切見当たりません。大変いい環境です。

こちらの口コミはキャリコネの79件の口コミを分析しました。

残業は多い?

ベネッセコーポレーションでは、業務量が多い傾向にあります。そのため、残業が多いと感じている社員も多い様。

しかし、仕事の進め方が自由なため、職場に残って仕事をする人もいれば、自宅に持ち帰って仕事をしている人もいるといいます。

自宅に持ち帰って仕事ができるとなれば、お子さんがいる方でも、何日も子供の顔を見ていないなんてことはないでしょう。

しかし、毎日が残業となればストレスになるものです。その点、ベネッセコーポレーションでは、ノー残業DAYを作り、メリハリをしっかりとつけています。

こういったメリハリがあるからこそ、リフレッシュすることができ、次の日からの仕事も頑張れるでしょう。有給休暇もしっかりと取得できるため、プライベートも充実させることが可能です。

子育て中の女性社員の場合には、時短勤務をすることもできるため、仕事と子育ての両立も行いやすい環境です。

非正社員の場合には、22時以降の残業に関しては深夜給として計算されるため、しっかりと給料で反映される仕組みになっています。

ベネッセコーポレーションへの転職を成功させる方法

どんなに実力や経験がある人材であっても、その企業と相性が合わなかったり、転職タイミングが合わなければ、希望通りの職場に移ることはできません。

どんなに「この企業で働きたい」という熱い思いを語っても、企業側から興味を持たれなければ、採用されることもないでしょう。

これをクリアにするためには、企業が欲する人材を理解し、事前に準備をすることが大切です。

では、ベネッセコーポレーションへの転職に成功するために知っておきたい、ポイントをご紹介します。

ベネッセコーポレーションでの一般的な選考フロー

以前までは、企業が人材を募集する際にはまずは履歴書を送付してもらうのが一般的でした。

しかし、今ではインターネットが当たり前となり、応募方法もホームページからの応募が一般的となっています。

ベネッセコーポレーションでも、まずはホームページからの応募が必要です。そのため、ホームページからの求人情報を細目にチェックしておくことが重要となります。

応募を締め切ったら、まずはそこで書類選考が行われます。

書類選考に通るためには、今までの経験、経歴などを素直に書くことです。くれぐれも、良く見せようと嘘の内容は記載しないことが鉄則です。

書類選考に通ったら、まずは一次面接、そしてWebテストが行われます。

一次面接は、募集部署の現場責任者により行われ、SPIテストは難易度が高いと言われています。

これらに合格した人が、部長や役員クラスの二次面接へと進むことになります。部署によっては、数回面接が行われることもあるようです。

ベネッセコーポレーションでの面接では、長所や短所、志望動機、退職理由といった一般的な質問をされる傾向にあるため、事前に準備しておくと良いでしょう。

一人の活動に不安を感じたら

どうしてもベネッセコーポレーションで働きたいと思っている人の中には、面接に自信がないという人もいるでしょう。

緊張してしまうと、いつもの自分を出しきれない人もいます。質問されると、どう答えたら良いのか分からない人もいるでしょう。

そんな人は、一人で活動を進めるのではなく、転職エージェントを活用することがおすすめです。

エージェントというと、「敷居が高い」「自分が利用しても良いのだろうか」と思う人も多いですが、エージェントは誰でも利用することができますし、費用も一切かかりません。

エージェントを利用することで、自分の強みを引き出し、効率的な転職活動ができるはずです。

転職エージェント利用のメリットとは?

エージェントを利用したことがない人にとって、エージェント利用の必要性を感じない人もいるでしょう。

「転職活動くらい、一人でできる」と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、エージェント利用には多くのメリットがあります。

まず、エージェントに登録することで、一般的に公開されていない求人情報を得られる可能性があります。

企業によっては、応募が殺到すると考え、あえて伏せた状態で求人を行っているところもあるため、いち早く求人情報を得られ、応募ができるかもしれません。

そして、エージェント利用の一番とも言える強みは、活動を全面的にバックアップしてくれるところです。

応募時に必要となる履歴書や職歴所の書き方、面接時の受け答えなど、様々なアドバイスを受けることができます。

エージェントは、その企業がどんな人材を求めているのか理解していますから、あなたに何が必要なのか的確なアドバイスをくれるでしょう。

また、エージェントを通すことで、面接などのアポイントから待遇面の交渉まで、あなたに代わって行ってくれます。

これらのサポートが、無料で受けられる訳ですから、利用しない理由はなくなるはずです。

ベネッセコーポレーション転職時に利用したい、おすすめ転職エージェント

転職エージェント利用をしたことがない人にとって、転職エージェント選びは難しいものです。

たくさんある転職エージェントの中から、どこの転職エージェントを利用するかによっても、活動内容は変わってくるはずです。

では、ベネッセコーポレーションへの転職におすすめの転職エージェントをご紹介しましょう。

非公開求人が多い!「doda」

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

20代後半男性・マーケティング
良かった点は、圧倒的な情報の量です。常にメールで求人情報を流してくれるので、選択肢を広げてくれるコンテンツだと思います。現職に限らず幅広くみてみたかったため、大変参考になりました。最終的に異業種に同職種で転職し、仕事内容にも満足・収入アップを実現することができました。
20代前半男性・不動産営業
職務経歴書でうまく話題をふり、得意分野に面接の質問を持っていくやり方など、とにかく実践的なテクニックをたくさん教えてくれ、助かりました。担当者がA4でくれたテクニック集を練習して、面接はうまくのりきって内定をもらえました。

など、特に非公開求人の多さやサポート力に対して評価する声が多数ありました。さまざまな求人を見たうえでアドバイスが欲しい方は登録しておくとよいでしょう。

求人数、サポート力共に非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

サポート力に定評あり!「パソナキャリア」

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

20代後半・営業
超がつくほど親身な対応をしてくれました。アドバイスも的を得ていて、細かく丁寧でした。求人も自分の求めていた条件を汲んでしっかりと見つけてくれましたし、面接対策もしっかりとしてくれました。
47歳・IT関連
パソナキャリアはサポートがしっかりしていたので転職活動がスムーズに進みました。 また、職務経歴書の書き方と面接をするときのアドバイスが的確で、緊張せずに面接を受けることができました。 求人が多く、希望していた企業から内定をもらうことができホッとしています。

など、特にサポート力に対して評価する声が多数ありました。転職が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

求人数が多い!「リクルートエージェント」

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

30代前半・コンサル
志望先が外資系で、特殊な面接をする業界だったため不安が大きかったが、過去の面接質問例を頂いたり、実際に電話で練習に付き合ってくれたりと、本当によくして頂きました。担当者は外資系には詳しくなかったものの、社内にいる詳しいコンサルタントの方を連れてきてくれました。熱心さは他社に比べ物にならないです。
20代後半女性・営業
職務経歴書・履歴書について修正指導をしてくれた点や、こちらの希望をじっくり聞いてくれた上でキャリア指導をしてくれたので、サポート体制は万全でした。 また、会社の面接の傾向を事前に教えてくれ、対応方法などもアドバイスしてくれたので、利用していてよかったと心の底から思えました。

など、特に求人数の多さに対して評価する声が多数ありました。

多くの求人情報がほしい方は登録しておくとよいでしょう。

転職エージェント利用の注意点

転職エージェント利用を考えている人の中には、はじめての利用の人もいるでしょう。そのため、分からないことがある人も多いはずです。

転職エージェントを利用して、転職に成功するためには、上手に転職エージェントを活用することが大切です。

転職をするのはあなたですから、あなたの気持ちを一番に考えて、活動を行うようにしましょう。

紹介された求人は、必ずしも受けなければいけない訳ではない

転職エージェントに登録をすると、あなたの今までの経歴、どんな職場を希望しているのか話すことになるでしょう。

どんどん話をしているうちに、親身に対応してくれるアドバイザーを信頼していくものです。

もちろん、アドバイザーを信頼するというのは良いことではありますが、信頼する故に断れなくなってしまう人も少なくありません。

例えば、紹介された求人、面接した企業からオファーされたけれど、「実は、あまり気乗りしない」ということもあるでしょう。

そんな時、アドバイザーを信頼していたり、気を使ってしまうと、行きたくない企業にも関わらず、オファーを受けてしまうことになります。これでは、理想通りの環境へ移ることはできません。

もし、転職エージェントから紹介された仕事やオファーされた企業に納得がいかない場合には、しっかりと断りましょう。

「断ったら、もう紹介してもらえなくなるのでは?」と心配する人もいますが、そんな心配はいりません。遠慮せず、嫌なことは嫌とはっきりと伝えるようにしましょう。

万が一、断ったことで紹介してくれなくなるような転職エージェントであれば、今後利用しない方があなたのためです。

担当者との意思疎通できているか?

転職エージェントといっても、様々なタイプのエージェントがありますし、アドバイザーも様々なタイプの人がいます。

そのため、時にはあなたに合わないエージェント、アドバイザーもいるでしょう。そんな時には、無理をせず、他のエージェント、アドバイザーに変えることも大切です。

せっかく転職エージェントを利用して転職活動をしているのに、アドバイザーと意思疎通ができていなければ、あなたが希望する新たな環境を見つけ出すことはできません。

あなたも、嫌な思いをしながら活動を続けるのは辛くなるはずです。

担当のアドバイザーには、あなたの気持ちを正直に話し、何を希望しているのか伝えることが大切です。

それを言えないような雰囲気、それを理解してくれないような担当者であれば、勇気を出して担当者を変えてもらいましょう。転職エージェントは無理をして利用する必要はありません。

複数エージェントの利用

転職エージェントを利用すると、一つのエージェントしか登録してはいけないと思い込んでいる人もいます。

しかし、転職エージェントは複数利用した方がより効率的に活動を進めることができますし、あなたに合ったエージェントはどこなのかも判断することができます。

一つの転職エージェントしか利用していないと、「エージェントは、こんなものか」と思い込んでしまいます。

エージェントは一つだけではありませんから、そこで利用を諦めてしまっては勿体ありません。自分に合った転職エージェントを見つけることも、成功の近道になるはずです。

面接練習は照れず、本番のつもりで

転職エージェント利用のメリットの一つは、面接などのアドバイスが受けられることです。

しかし、実際に模擬面接を行うと、照れてしまって本番のように対応しない人も少なくありません。

これでは、面接本番であなたの魅力を引き出すことはできませんし、的確なアドバイスも受けることができなくなります。

面接が決まり、転職エージェントで模擬面接を行ってくれる場合には、本番と思って本気で挑みましょう。照れる必要はありません。

転職エージェントは、いくつもの面接を見てきていますから、あなたが本気で面接に挑んでいる姿を見ることで、何が足りないのか、何が魅力なのか、的確に見抜くことができます。

特に、面接が苦手と言う人は、模擬面接での準備が採用の鍵となるはずです。事前に、しっかりと面接準備を行いましょう。

ベネッセコーポレーションへの転職を成功させるには?

勇気を出して転職をしたにも関わらず、仕事がスタートしてから後悔するのは誰だって嫌なものです。

しかし、実際に働いて見ないと分からないことも多いため、後々後悔してしまう人も少なくありません。

後悔をしないためには、事前に企業のことを良く知ることです。仕事がスタートしてから知っては遅すぎることもたくさんありますから、事前にリサーチしておくことが欠かせません。

大手となるベネッセコーポレーションも、それぞれ思い描いているイメージとは違うこともたくさんあるでしょう。

企業には、良いこともあれば、辛いと感じることもあるはずです。

そして、その違うと感じる部分が、あなたにとってカバーできる程度なのか、それを乗り越えられる意欲があるのか判断することが必要です。

ベネッセコーポレーションは、収入や福利厚生など、待遇面は申し分ないと感じるはずです。しかし、その分仕事への責任やプレッシャーは大きくなるかもしれません。

それがあなたにとって、やりがいと感じられるのか、重荷と感じるのかによっても、新たな環境状況はかわってくるはずです。それを、事前に判断することが重要です。

まずは、ベネッセコーポレーションがどういった企業なのかを理解し、自分にとって働きやすい環境となるのか改めて考えてみましょう。

それでも希望するのであれば、ベネッセコーポレーション採用後は、あなたにとって理想的な職場となるはずです。