伊藤忠商事へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

伊藤忠商事は、我々の暮らしを支える商品やサービスを提供するため、原料調達から卸売、そして小売・サービスまで、幅広く事業を展開しています

商社の中でもトップレベルで高年収なため、転職者からの人気も高く、転職難易度も非常に高いです

この記事では、そんな伊藤忠商事の基本情報から、転職を成功させる方法まで詳しく解説しています。

記事の最後では、伊藤忠商事への転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

伊藤忠商事転職の第一歩!仕事内容の把握

まずは伊藤忠商事の仕事内容についてご紹介します。伊藤忠商事という会社はいわゆる「総合商社」で、あらゆる方面の事業を手がけています。

繊維

まずは伊藤忠商事の事業の中でも、かなりの強みとされている「繊維事業」です。伊藤忠商事の繊維事業では、「衣類繊維の素材の調達」から、それを使って「実際に洋服を作り上げる」ところまで一通り行っています。

伊藤忠商事が「洋服を作っていた」というのはなかなか意外かもしれませんが、繊維の素材調達から行っていました。

機械

続いては「機械事業」です。伊藤忠商事の機械部門では大きく、「プラント・船舶・航空機部門」と「自動車部門」、そして「建機・産機部門」に分かれています。

船や飛行機、自動車、ブルドーザーなどの重機を扱っている、ということですね。その他にも、電力や鉄道などのインフラ整備や、新たな収益基盤の創出も行っています。

とにかく我々の生活に関わるすべてのことを行っている、ということです。

金属

続いては「金属事業」です。こちらでは、世界各地と「鉄鉱石」や「石炭」のトレードを行ったり、太陽光発電などの「再生可能エネルギー」の開発にも取り組んでいます。

金属事業では、日本を動かす上で欠かせないものを取り扱っているということです。

エネルギー・化学品

続いては「エネルギー・化学品事業」です。こちらでは主に「原油」や「石油」、「天然ガス」などをトレードしています。

日本はエネルギー資源のない国なので、非常に重要な仕事を担っていると言えます。

食料

続いて「食料事業」です。こちらでは、我々の食料となる「原料調達」から「製品加工」、そして「流通」まですべてを行っています。

商社が「食品」を扱っている、というのはイメージにないでしょうが、伊藤忠商事では行っています。

住生活

続いては「住生活事業」です。こちらでは、木材やガラスなどの、我々の住宅を支える材料の調達の他に、不動産事業や建設事業まで行っています。

材料のトレードから、それを使って建設を行うところまで担当しているということです。

情報・金融

最後に「情報・金融事業」です。こちらではITソリューションズや、インターネット関連サービスなどを行っています。

金融の方では、ファイナンスや保険事業なども行っており、幅広く担当しています。

ここまで見ると、日本を動かしているほとんどの仕事に携わっていると言えますが、それほどまでに重要で、価値のある会社であるということです。

入った後で仕事をしたい事業について考えてみてください。

『伊藤忠商事』は転職先としてはどう?

では転職先として「伊藤忠商事」はどうなのでしょうか。伊藤忠商事の口コミや年収、働きやすさなどについてご紹介します。

伊藤忠商事は激務なのか?

伊藤忠商事というのは、仕事内容を見る限りでも、非常にたくさんの仕事を抱えているように見えます。

皆さんも一度は「入りたいけど、仕事に忙殺されてプライベートも何もないのでは?」と考えたことがあるのではないでしょうか?

そんな伊藤忠商事ですが、会社全体として「20時以降の残業は基本的にはなし」ということを決めているそうで、もし残業したとしても「22時には完全に消灯」としているようです。

それとは逆に、朝の早い時間からの出勤は認めているようで、早い人で「4時」や「5時」に出勤するという方も中にはいるそうです。

繁忙期も確かにあるのですが、全体的に見たら、ホワイトな企業と言えるでしょう。仕事量や求められる質も非常に高いですが、残業の取締りなども行っていて、出社時間中の生産性をできる限り上げるように努めているようです。

伊藤忠商事の口コミ

では実際に働いている人はどのように感じているのでしょうか。

良い点

まず良い点として「時差出勤ができるようになった」というのがあります。

時差出勤というのは、それぞれのライフスタイルに応じて出社・退勤時間を決める仕組みで、主婦の方や小さなお子さんがいる方なども働きやすくなったようです。

また「給料が良い」というのは多くの人が言っています。給料は日本の企業の中でもトップに匹敵する額をもらっていて、給料に関しては何も言うことがないようです。

そして「全体的に労働環境が良い」というのもありました。

やはり働いている方の意識やレベルが高いからか、労働環境は非常に整備されていて、先程ご紹介した「朝方出勤・残業取締」で生産性の向上を図るなど、いろいろと工夫が見られます。

悪い点

悪い点としては「会社全体として”総合力”が求められていて、かなり豊富な知識力がないと業務に耐えられない」というものがありました。

伊藤忠商事は、上記でもご紹介したように、本当に多くの事業を行っています。それぞれがメインであるかのように行われているわけですが、その各部門でかなりの知識力を必要とするようです。

他の部門に異動することもあるでしょうから、伊藤忠商事自身が扱っている事業に関しては、しっかりと勉強しておく必要があると言えるでしょう。

また、「人事は上司の恣意的な部分が大きい」というのもありました。これは個人の感覚というのもあるのでしょうが、伊藤忠商事でもこういったことはあるようです。

伊藤忠商事の年収

では次に「年収はどのくらいなのか」について見ていきましょう。伊藤忠商事での口コミで「給料の高さ」が言われるほどに高年収な伊藤忠商事ですが、一体どのくらいもらうことができるのでしょうか。

伊藤忠商事の有価証券報告書によると、平均41.5歳の平均年収は「1383万円」でした。リクナビNEXTが行った調査によると、40代の方の平均年収は「495.2万円」なので、伊藤忠商事の年収はかなり高いことが分かります。

また、年代別に年収を見てみると、

~24歳298万~328万円
25歳~29歳996万~1047万円
30代 平均1119万円

であることがわかりました。

年代別に見ても、その年収の高さは伺えます。「高年収」という軸でも、転職を考えてみてください。

伊藤忠商事働きやすさ

では「働きやすさ」という点ではどうなのでしょうか。働きやすさの基準はたくさんありますが、VOKERSの調査によれば「待遇面」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」などの観点において、実際に働いている方の口コミ評価が、非常に高いものであることが分かりました。

会社全体としても非常に評価の高い企業で、働きやすさは非常に良いと言えるでしょう。

先程も言いましたが、出社時間に関しても、各自のライフスタイルに合わせて出勤することができるようになったそうですし、退社時間に関しては「残業取締」などで早めに退社する必要があります。

“健全に、圧倒的な仕事をこなす”という感じが非常に強いと言えます。

伊藤忠商事ではどんな人が働いているのか

ではどのような人が働いているのでしょうか。

伊藤忠商事では、東大や京大、早慶上智などの一流大学のほか、MARCHなどの大学出身の方が多く、地方の国公立からの方も若干名いるようです。

学閥はないとは言い切れませんが、非常に優秀な方が就職をしているということが分かります。

伊藤忠商事は中途採用も行っていて、自分が持っているスキルによっては、優先的に採用されることもあるようです。

『伊藤忠商事』への転職は可能なのか?

では次に「転職は果たして可能なのか?」ということについてご紹介します。やはりどんなに人気で、入りたい企業でも、なかなか入りにくい企業では挑戦のしようもないですよね。

伊藤忠商事の転職難易度

伊藤忠商事では不定期で「キャリア採用」という中途採用を行っています。しかし、定期的に行われているわけではないですし、応募者も非常に多いため、難易度はかなり高いと言って良いでしょう。

また、伊藤忠商事のホームページに行くと「採用に関するメール」を受け取ることができるように設定することができます。

そして、転職をする際には「転職エージェント」というものを利用するべきだと言えるでしょう。

採用に関するメールを受け取れるようにしておき、連絡が来たら、転職エージェントを利用すると、難しい伊藤忠商事への転職も可能になります。

『伊藤忠商事』への転職におすすめの転職エージェントのご紹介

ではそんな転職が難しい伊藤忠商事ですが、転職する方法は皆無なのでしょうか?転職をする際に、非常に有効となる「転職エージェント」というものがあります。

それらを利用することによって、かなり転職の成功率を上げることができるといえるでしょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

『伊藤忠商事』転職を成功させる!転職エージェントを120%活用するポイント

では次に「転職エージェントを120%活用するポイント」についてご紹介します。転職エージェントを利用している方のほとんどは、このポイントを守っているので、皆さんも守って、転職エージェントを活用してみてください。

複数の転職エージェントを利用する

そのポイントというのは「複数の転職エージェントを利用する」というものです。この理由には大きく2つの理由があります。

より客観的な判断をするため

1つ目の理由として「より客観的な判断をするため」というのが挙げられます。やはり一つだけの転職エージェントを利用してしまうと、当然担当者の方も1人になってしまい、どんなに優秀な担当者の方で合っても「偏り」が出てしまいます。

転職エージェントごとに扱っている求人も違うわけですから、より良い転職先を選ぶためにも複数の転職エージェントを利用しましょう。

悪質な転職エージェントを避けるため

2つ目の理由としては「悪質な転職エージェントを避けるため」というのが挙げられます。世の中には本当にたくさんの転職エージェントがあるのですが、中には非常に悪質な転職エージェントもあります。

これはすべて「転職エージェントの利益の出し方」に起因しています。企業の紹介料によって左右してしまうので、「倒産寸前の企業を紹介する」「全然希望者にマッチしていない会社を紹介する」といったことを行ってくるわけです。

他にも「担当者の方がコロコロ変わる」というひどいところもあるようです。

そんな悪質な転職エージェントを判断するのにも有効なのが「複数の転職エージェントを利用する」というものです。

複数の転職エージェントを利用すれば、否が応でも客観的に判断せざるを得なくなり、悪質なところはすぐに分かります。より良い判断をするために皆さんも複数の転職エージェントを利用してみてください。

『伊藤忠商事』への転職フロー

では次に「転職までの具体的な流れ」についてご紹介します。

①応募する

まずは転職先への応募から始まります。ここの段階では転職エージェントを利用して、応募しましょう。担当者の指示に従って、きちんと手順を踏んでいきます。

②書類選考

続いては「書類選考」です。ここでは具体的に、応募の段階で送った「履歴書」での判断になります。転職エージェントでは、担当者の方がしっかりと履歴書を添削してくれますから、そのフィードバックに従って、しっかりとした履歴書を作っていきましょう。

③筆記試験・適性検査

書類選考を無事に突破したら、続いては「筆記試験・適性検査」になります。一般的には「SPI」と呼ばれる一般常識についてのテストになります。

伊藤忠商事ではSPIというよりは「GAB」というテストに似たものが行われるようです。GABというのはSPIよりも難しい内容になっていて、言語・計数ともに、長文や図表の読み取りを短時間で回答する問題が出されます。

しっかりとした対策が必要だと言えるでしょう。

④面接

そして、筆記試験も無事に突破したら、続いては「面接」になります。ここが最も大変な”山場”になりますから、利用している転職エージェントのフィードバックをもらいながら、しっかりと対策をしていきましょう。

また、面接では次のようなことが聞かれるそうです。

「志望動機を聞かせてください」

これはどの会社でも聞かれることですよね。特に伊藤忠商事では多くの方が希望を出しますから、人一倍伊藤忠商事に入りたいという思いがこもったものにするのがポイントです。

「今までの一番の失敗は?」

続いて「今までの一番の失敗」について聞かれることがあるようです。昨今、”挑戦しない若者”が増えていて、失敗をする人自体も少ないようです。ここも転職エージェントでしっかり対策をするでしょうが、普段から何事にも挑戦する姿勢は大切だと言えるでしょう。

このようなことは、伊藤忠商事以外でも聞かれることがあるでしょうから、どの企業でも対応できるように準備しておくようにしましょう。

「なぜ伊藤忠商事なのか?」

「なぜ伊藤忠商事なのか?」ということも聞かれるようです。日本には商社と呼ばれるトップ企業は伊藤忠商事意外にも何社かあります。

その他を差し置いて、どうして伊藤忠商事なのか、というのはきちんと答えられるように準備しましょう。ここも転職エージェントとしっかり対策する必要があると言えます。

特徴的なことが聞かれる

上記のような一般的な質問の他に「今日の株価は?」「日本のGDPは?」「あなたを国に例えるなら?」「女性の社会での活躍について」「これだけは負けないこと」など、特徴的な質問が来ることがあるようです。

これは想定できない部分でもありますが、しっかりと答えられたらかなりのアドバンテージになる部分でもあります。普段から会社に関わることや社会問題については興味を持ち、自分なりの意見を述べられるようにする必要があると言えるでしょう。

⑤最終面接・健康診断

一次面接も無事に通ることができたら、続いては「最終面接・健康診断」です。最終面接では、一次面接ほどには質問されないまでも、「きちんと入社の意思はあるか?」「本当にこの人で良いのか?」などを確かめられます。

ここも気を抜かず、きちんと対応しましょう。

⑥内定

最終面接まで通ることができたら、晴れて「内定」となります。入社希望者の多い企業では特に、「判断する基準」を多く設けます。一つ一つ突破する気持ちで取り組み、きちんと対策を行うようにしましょう。

『伊藤忠商事』への転職に有利なスキル

では最後に「持っていると有利になるスキル」についてご紹介します。たとえ伊藤忠商事でも、すでに持っているスキルによっては、入社に有利になることがあります。しっかり確認して、他のスキルに関しても持てるようにしましょう。

経理

まずは「経理」のスキルです。具体的には「日商簿記2級以上(経理部での専門的な業務に必要なレベル)」「日商簿記3級(営業事務や一般事務で活かせる知識)」になります。

経理というのは、どの事業にも、どの部署にもある仕事です。経理を任せることができるというのは、採用する側からしても非常に採りやすい条件になります。

興味のある方は、日商簿記にも挑戦してみてください。

英語

また「英語」が話せるというスキルも、採用に関しては非常に有利になると言えます。伊藤忠商事などの商社は「貿易事務」をメインとしていますから、英語ができるというのは非常に重宝されます。

しかし、ただ単に「英語ができるか?」ということではなくて、しっかりと試験の点数で判断することが多いようです。

貿易事務では、TOEIC650点以上のレベルを目安としていて、英語をスキルとしたいならば、この点数以上を取るようにしましょう。

貿易実績

また「貿易実績」のある方も非常に採用されやすいスキルの一つになります。「輸出入や三国取引の実務経験が2~3年以上ある方」は非常に採用されやすいと言えるでしょう。

ヒューマンスキル

また「ヒューマンスキル」がある方も非常に有利だと言えます。ヒューマンスキルというのは、いわゆる「対人関係における能力」ということです。

コミュニケーションスキルや「相手を思いやる」ということができるというのは、伊藤忠商事でなくても採用されやすいと言えます。

しかしこれは、一日二日でできるようになることではないので、普段から相手を思いやるような気持ちや、相手のことを考えた行動・コミュニケーションができるようにしましょう。

『伊藤忠商事』の転職倍率は高いが、転職エージェントを利用して有利に進めよう!

いかがだったでしょうか?今回は「伊藤忠商事への転職」というテーマで、「伊藤忠商事とはどういう会社なのか?」「転職をするにはどうしたらいいのか?」「どの転職エージェントを利用したら良いのか?」など、いろいろな視点からご紹介してきました。

伊藤忠商事というのは、日本の商社の中でもトップクラスに入る企業で、その企業への入社希望数は毎年非常に多いです。倍率にして実に「約37倍」もありました。

それほどまでにやりがいを感じる仕事をしていて、高年収だったのでした。この「年収が高い」というのは、多くの人が満足している部分であり、実際の数字を見る限りでも、30代後半から年収1000万円を超えていて、非常に高いと言えます。

非常に人気な企業ですが、転職エージェントなどを大いに活用することで転職することもできます。

上記でご紹介したことを参考に、複数の転職エージェントを利用して、転職を有利に進めていってください。