JR九州へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

JR九州は、鉄道や九州新幹線の運営などの鉄道事業をメインに、九州を元気にする”まちづくり”にも力を入れています

電車好きな方などは、JR九州で働きたいという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、JR九州の基本情報から、転職方法まで詳しく解説しています。

記事の最後では、JR九州への転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

目次

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

九州旅客鉄道(JR九州)転職成功の難易度、倍率情報

九州旅客鉄道(JR九州)の転職の難易度に関しては、具体的な数値での公表はされていません。

ですが、九州旅客鉄道(JR九州)の転職難易度や倍率は非常に高いものでしょう

多くの人が九州旅客鉄道(JR九州)に入社をしたいと考えているとみられていますし、九州旅客鉄道(JR九州)へのエントリー数も多いようです。

では、そんな九州旅客鉄道(JR九州)への転職を成功させるためにできることには、どのようなことがあるのでしょうか。

九州旅客鉄道(JR九州)の書類選考対策

先ほどもお話した通り、九州旅客鉄道(JR九州)の選考は難易度が高く、書類選考で落とされてしまうことも多いです。

そのため、応募書類として用意しなくてはいけない「履歴書」「職務経歴書」は、よく考え抜いた内容を記載すべきです。

特に、九州旅客鉄道(JR九州)において、自分がいかに社風に合っている人物であるか、数字で表せるような立派な業績を積んできた経験があるか、などが書けると、採用担当者の注目を集めることができるでしょう。

また、履歴書や職務経歴書では書ききれないようなことは、敢えて「面接で聞いてみたい」と思わせるような文章を書くという方法もあります。

こういった技術はなかなかひとりでは実践できることではありませんが、転職のサポートのプロといえる転職エージェントを味方につければ、あなたにあった履歴書や職務経歴書の書き方を指導してもらえますよ。

おすすめの転職エージェントについては、後ほど詳しくご紹介します。

九州旅客鉄道(JR九州)の面接対策

九州旅客鉄道(JR九州)では、一次面接、二次面接、そして最終面接が行われます。

職種などによって回数の増減はあるようですが、複数に渡って自己アピールを繰り返す必要があるのです。

また、突然投げかけられた質問に、できるだけいいかたちで即座に答える対応力も求められます。

このような難易度や倍率の高い九州旅客鉄道(JR九州)の面接をうまく通過するにも、転職エージェントは大いに役立ちます。

九州旅客鉄道(JR九州)のような大手の企業に転職したいという人をたくさんサポートしてきたという実績があるため、九州旅客鉄道(JR九州)の面接におけるデータを多くもっています。

また、転職エージェントのなかには九州旅客鉄道(JR九州)の採用担当者と強いパイプをもっている場合もあるのです。

もちろん、その採用担当者がどういった点を重視して採用をするのかということを把握していたり、その転職エージェントがもつ独自経路によって、内定を後押ししてもらえる可能性もあります。

もうここまでくれば、転職エージェントを利用しない理由がみつかりません。

九州旅客鉄道(JR九州)の特徴について

九州旅客鉄道(JR)と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、毎日時間通りに電車を運転してくださっている運転士ではないでしょうか。

けれど、九州旅客鉄道(JR九州)の職員は運転士だけではありませんし、業務も多岐にわたっています。

そのため九州旅客鉄道(JR九州)へ転職をするには、もっと多くの情報を知り、本当に自分のしたい仕事ができる企業であるかどうかをしっかりと見極めなければなりません

九州旅客鉄道(JR九州)とは、どのような企業なのか?

みなさんには「JR九州」という名前の方が親しみやすいかと思いますが、正式な企業名としては、九州旅客鉄道といいます。

本社は福岡県福岡市博多区にあり、設立は1987年(昭和62年)4月1日です。代表者としては、代表取締役社長として唐池恒二氏が、代表取締役会長として青柳俊彦氏が就任しており、2016年4月時点では従業員は9,060人です。

事業内容は、主に旅客鉄道事業をおこなっていますが、近年では幅広くさまざまな事業を展開しています。

九州旅客鉄道(JR九州)の知っておくべき経営状況

九州旅客鉄道(JR九州)は、大きな会社であり、鉄道関係の他にも不動産やホテルなどの経営にも携わっています。

では、まずは九州旅客鉄道(JR九州)の特徴を見ていきましょう。いくつかありますので、箇条書きにしてご紹介します。

  • 九州旅客鉄道(JR九州)という社名の通り、九州地方を拠点として鉄道路線を所有し、鉄道事業を展開し続けている
  • 鉄道事業のほかにも、不動産をはじめ、建設業や小売業、ホテルといった「非運輸サービス」も展開しており、営業利益は順調な勢いで成長している
  • JRグループ企業の中においては、唯一、この九州旅客鉄道(JR九州)だけが、米国系資本が筆頭株主
  • JRグループの中では、JR東日本、JR西日本、そしてJR東海に次いで、4番目として東証一部上場を果たしました。
  • 保守的な風土ではあるものの、同業の他社に比べれば、風通しは良いようで、職場の士気も高いという口コミが多い傾向がある
  • まだまだ男社会の社風であるとはいえるものの、産休育休が取りやすい環境が整ってきており、復職をして働き続ける女性も多くなってきている
  • 平均残業時間については10~20時間であり、同業他社に比べても少なめであり、ワークライフバランスを重視する人が働きやすい環境となっている

歴史があり、展開している分野も幅広いだけあり、多くの特徴があります。

企業情報は転職活動に役立ちますし、会社の雰囲気などは転職活動へのモチベーションを保つことに役立ちます。

九州旅客鉄道(JR九州)の業績推移の変化

これまでにも九州旅客鉄道の業績については、順調であることをお伝えしてきました。

けれど、転職先候補として考える場合は、もう少し詳細な情報も頭に入れておいた方がいいでしょう。業績状況の把握には「売上高」「経常利益」「当期純利益」の3項目に焦点を当ててみましょう。

「JR九州 有価証券報告書」によりますと、2016年度から2017年度、さらに2018年度にかけて、毎年、前年度を上回る業績記録を更新していることが明らかです。

2016年度2017年度2018年度
売上高2,111億円2,122億円2,197億円
経常利益182億円475億円523億円
当期純利益▲4,444億円376億円417億円

特に、2016年度に当期純利益が「マイナス4.444億円」であったものが、2018年度に「+417億円」と回復をしていることは、今後の期待も感じる数字であることは間違いないでしょう。

これらの増益は、主に鉄道運輸旅客事業と不動産賃貸収入での増益が関係しているとみられています。

九州旅客鉄道(JR九州)の成長し続ける非鉄道事業

九州旅客鉄道に関する事業は、採算のとれないローカル線が多いために開業以来から赤字経営です。

そのため、駅ビルなどにおける不動産事業や建設事業、そしてホテル事業といった非鉄道事業によって収益をカバーしているようなかたちです。

先ほども、非鉄道事業の成長が著しい点はお話しましたが、より具体的にお伝えすると、非鉄道事業が、九州旅客鉄道(JR九州)の営業収益の50%以上を占めており、さらに1年で120%を超えるほどのハイペースでこの収益を伸ばし続けています。

今後は、九州エリア外においても、流通や外食産業を展開し、ホテル産業やマンション産業、建設業も拡大させるとともに、日本全国にとどまらずアジアを見据えてマーケットを拡大していくとの計画が発表されています。

九州旅客鉄道(JR九州)が発信するトップメッセージ

これだけの事業を展開している九州旅客鉄道なので、トップに立つ人のものの考え方が気になります。

転職の際、面接などで聞かれることになるかもしれません。

現在、九州旅客鉄道(JR九州)は、「総合的なまちづくり」ができるグループ企業を中期経営計画の目標として掲げていることを公言しています

鉄道事業における早期での黒字化は困難なため、それ以外の事業で成果を出したい、ということでしょう。

たとえば鉄道関係であれば、新型車両を導入する、訪日観光客の取り込みを強化させる、九州の魅力をもっと積極的におこなっていく

不動産関係であれば、分譲住宅マンション事業をすすめる、駅ビルといった商業施設やオフィスとの賃貸契約数を増やす

ホテルであれば、今現在、東京や九州を中心に展開されている「JR九州ホテルズ」を発展させる、その他、九州エリアでの農業や介護、学童保育に対して力を入れていく

といったような、このような目標が掲げられています。

すでにお話している通り、九州旅客鉄道は、鉄道以外の分野に力を入れています。そして実際に収益も上げています。

また、国内を飛び出してアジアへの進出も視野に入れています。

すでにバンコクでは高級サービスアパートメントの運営を開始しているそうです。

九州旅客鉄道(JR九州)は新卒採用がメイン

九州旅客鉄道(JR九州)では新卒採用がメインであり、九州旅客鉄道(JR九州)のホームページ上での中途採用向けのコメントは見当たりませんでした。

このような企業への転職は、転職エージェントを利用し、非公開求人として紹介してもらう方法で転職することをおすすめします。

そして新卒採用向けのページにおいては「生意気でもいい、はっきりと自己主張を!」と強いメッセージが人事部長より贈られており、九州旅客鉄道(JR九州)が求める人物像は「自ら考え、九州に貢献できる人」なのだそうです。

人事部長のメッセージからも、企業として求める人物像からも、自主性が求められていることは間違いなさそうです。

ちなみに採用に関して、九州出身であるかどうかということは、問題ではないようです。

ただし、あくまでも九州旅客鉄道(JR九州)は九州という地域を基盤とした企業なので、「九州の魅力とはどういうものだと考えているか?」

「九州でどういったことを実現すると目標に掲げているか?」といったようなことは聞かれることを想定して考えておくといいでしょう。

転職エージェントを利用すれば、あなたの考えを導き出し、採用者に伝わるように文章を一緒に考えてくれますよ。

九州旅客鉄道(JR九州)の職種

九州旅客鉄道(JR九州)に転職したい場合は、どのような職種が募集されているのかを確認しておく必要があります。

九州旅客鉄道(JR九州)には、専門職と総合職があります。専門職と総合職の採用試験を同時期に受けることは可能です。

専門職とは、技術職または駅・乗務員

九州旅客鉄道(JR九州)の専門職といえば、車両の技術や施設などに携わる「技術職」と、駅係員から車掌へ、そして運転士へという道を歩む「駅・乗務員」の募集があります。

専門職の選考に就業経験の有無は関係がありません。

初任給は月16~18万円ほどになりますが、学歴によっても異なります。

また、これに加えて、通勤手当や扶養手当などの各種手当、年に2回の賞与が含まれます。

選考の段階ですでに専門スキルを取得していれば、選考で優遇されることもあるでしょう。

ですが、入社後にも階層別で目的別な研修が用意されているため、特別なスキルを取得していない場合でも、順番にスキルを取得していくことができます。

総合職とは、技術職または事務職(第二新卒のみ)

総合職は、まず、技術職と事務職の募集があります。さらに技術職は、運輸、施設、電気の3つの業務に分かれます。

運輸では、輸送、車両、運行管理などに関わる作業をします。施設では、土木、建設などに関わる作業をします。電気では、電力、信号通信、システムに関わる作業をします。

一方、事務では、鉄道営業、事務開発などに関わる作業をします。ちなみに総合職内での併願はできません。

初任給は月18~22万円ほどととなり、これに加えて通勤手当や扶養手当、それから年に2回の賞与がつきます。また、学歴によっても異なります。

すでに同業にて実務の経験があれば優遇はされるはずですが、入社後の階層別・目的別の研修は受けなければならず、その研修によって必要なスキルを習得していきます。

九州旅客鉄道(JR九州)の平均年収や福利厚生

九州旅客鉄道でも大企業だと判断されがちですが、一般的な大手企業よりも平均年収は低いようです。

基本的に給与は年功序列になっており、20代であれば250~350万円ほど、30代主任で400万円ほどのようです。

とはいえ、それでも賞与は安定して6ヶ月分支給されるようなので、転職先として候補に挙がっていてもいいのではないでしょうか。

また、九州旅客鉄道(JR九州)の福利厚生としては、独身寮の完備、住宅補助、そしてJR九州のフリーパスや家族乗車券といったものがあります。

転職の参考にしたい年収や福利厚生の口コミ

30代男性

年収は、基本給、職務内容や各種手当てで違いが出ます。福利厚生は、グループ間で共通の施設利用等があります。

20代男性

九州を代表する会社だけあって、年収は概ね、一部上場企業の平均かそれ以上出ていますまた、賞与についても5.2ヶ月分程度安定して出ています。真面目に働いていれば、実力等左右されず昇給していくので、この点は非常に良い会社であると思います。

九州旅客鉄道(JR九州)での仕事のやりがい

やはり九州という地元地域に密着している企業であるだけに、地域に貢献できていると感じるところが大きなやりがいになるようです。

また、お客さんから直接、感謝の気持ちを伝えられるなどの機会でも、同じく仕事のやりがいを感じるといった声が多いです。

入社後の研修も充実しているため、自身の成長を感じられることもあるでしょう。

一方で、九州旅客鉄道の評価方式としての減点法では、新しいことにチャレンジをすることよりも、上司の指示や規則に反することのないようにミスをしないことにばかり気持ちが向かってしまうという声もありました。

転職の参考にしたい仕事のやりがいの口コミ

30代女性

職種によって研修期間はさまざまですが、10日間以上研修センターで教育を受けます。その後配属先でも3ヶ月見習い期間があり、その後に解除試験が実施され、合格すると1人で仕事を任せてもらえます。

20代女性

列車は生活のうえでかかせない乗り物なので、たくさんのお客様が駅を利用します。駅の仕事は地味だと思いますが、毎日たくさんのお客様を目の前に働いていると、人々の生活になくてはならない存在であることを実感します。

20代女性

鉄道という生活に密着する事業であるため、日々お客さまに支えられて仕事ができているのだと感じています。

九州旅客鉄道(JR九州)での職場の雰囲気

九州旅客鉄道は昔の雰囲気をそのまま受け継いでいるような保守的な社風で、真面目な職員が多いようです

また一方で、現場の仕事に関わる部署になればなるほど、体育会系ともいえる上下関係の厳しい環境も残っているようです。

とはいえ、風通しがよくなっている、職場の意識が高いなど、働きやすい職場環境であるという声もあります。

転職の参考にしたい職場の雰囲気

40代女性

残業はしない様に!という方針です。勿論、繁忙期は残業しないといけない日がありますが、少ないと思います。サービス残業は絶対にありません。

20代女性

マンツーマン(先生、生徒)で教えてもらえる、見習い期間にたくさんの知識を教えてもらえるのは質問しやすく、為になったと思います!+見習い解除の試験に関しても自己申告で半年を縮めることが出来るのは自分のチャレンジ精神を試せるかなとも感じました!

九州旅客鉄道(JR九州)への転職を成功させる大きなポイント

これまでにもお伝えしてきた通り、九州旅客鉄道(JR九州)への転職を成功させるためには、転職エージェントをの活用が必要不可欠です

もともと中途採用の求人は非公開が多いので、転職エージェントを利用していないと求人情報さえも手に入りません。

また、これまで数多くの人を九州旅客鉄道(JR九州)への転職に成功させたノウハウをもっていますので、アドバイスなども的確で、非常に役に立ちます。

さらに、転職エージェントというのはただ求人情報を紹介するだけではなく、年収や休日などの希望交渉も代わりに行なってくれるのです。

面接中には伝えづらいことも、内密に交渉してもらえるのは、とても心強いです。

うまく転職エージェントを使いこなすポイント

実は、転職エージェントは、求人を紹介してもらう「紹介所」のようなかたちで使うだけでは非常にもったいないんです

そして、良かれと思って、1つだけの転職エージェントに絞ってすべてをお任せするということもおすすめしません。

ここでは、数多くある転職エージェントを、どのように使い、うまく転職を成功させるのかというノウハウをご紹介します。

複数の転職エージェントに登録する

ここまで、九州旅客鉄道(JR九州)の転職情報や、おすすめの転職エージェントをご紹介してきました。

九州旅客鉄道(JR九州)の詳細が分かり、ますます転職したいしたいという思いが強くなったあなたがすべき行動は、転職エージェントの登録です。

まずは、いくつかの転職エージェントに登録をし、それぞれの転職エージェントの担当アドバイザーの応対や、求人の質や数を比較してみましょう。

たった1つだけの転職エージェントに頼って転職活動をしてしまうよりも、より効率的に、そして戦略的な転職活動が行えるようになります。

求人情報が来たらすぐに動く!

求人情報は例えるなら「生モノ」です。「不動産」と例える人もいます。

要するに、時間が勝負だというわけです。

おまけに転職エージェントの中には非公開求人という、登録者にしか公表しない求人をもっているところもあります。

もし九州旅客鉄道(JR九州)の求人の情報がはいったら、できる限りすばやく転職エージェントに連絡を取るという行動にうつしましょう。

求人で提示されていた以上の条件で転職する

転職エージェント賢い使い方として、もう1点、ご紹介しておきましょう。

まず、複数の転職エージェントに登録をする、これは変わりありません。

そしてさまざまな求人に目を通し、その中から「ここさえ良かったら希望にぴったりなんだけど・・・」という求人を見つけます。もちろん希望通り以上の求人があれば、それに越したことはありません。

その求人の書類審査や面接を受けましょう。そして転職希望先があなたに対して「内定」と伝えてきてからが勝負です。

あなたは転職エージェントを使い、たとえば年収の交渉を行なう、残業時間の交渉を行なうなど、より良い条件での転職を叶えることができるのです

転職エージェントをうまく使えば、あなたが転職応募先には直接言いにくいことも、すべて伝えることができるというわけなのです。

九州旅客鉄道(JR九州)の転職で利用すべき転職エージェント

では、九州旅客鉄道(JR九州)の転職において、ぜひ利用していただきたいおすすめの転職エージェントをご紹介します。

どの転職エージェントも簡単に登録することができるうえ、無料で使い始めることができます。

まずは気になるいくつかの転職エージェントに登録をしてみましょう。

なぜ複数の転職エージェントに利用をおすすめするのかというと、あなたに合う転職エージェントを比較しながら見つけていってもらいたいからです。

また、転職エージェントからは担当のコンサルタントを紹介してもらうことになりますが、このコンサルタントとの相性もあるでしょう。

もちろん、コンサルタントと相性が良くないと感じた場合は交代してもらえばいいのですが、その時間がもったいないです。

複数の転職エージェントを利用していれば、1つの転職エージェントのコンサルタントが交代で不在状態になってしまっていても、問題なく転職活動を進めることができるのです。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

九州旅客鉄道(JR九州)の転職を成功させよう!

何度もお話している通り、まずは複数の転職エージェントに登録するところからすべてが始まります。

もちろん同時に、九州旅客鉄道(JR九州)の企業情報を調べておくことも進めておきましょう。

特に、九州旅客鉄道がホームページで訴えているような地方への貢献や、新しい人材に求むことといった、わかりやすいところは確実に抑えておきたいです。

そして、それらを書類選考や面接に活かせるようにしていきましょう。さあ、前に進むのみ、頑張りましょう!