日本たばこ産業(JT)へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

日本たばこ産業(以下:JT)は、現在日本国内の6割以上のたばこシェアを誇っており、様々な企業と連携して医薬品の研究や製造も行っています

たばこのシェア率No.1のJTに転職したいという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、JTの企業情報から、転職する方法などについて詳しく解説しています。

記事の最後では、JTへの転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

JTへの転職は可能?データから難易度を検証

そもそもJTへの転職は可能なのでしょうか。まずはJTへの転職難易度から確認してみたいと思います。

JTの求人は多く掲載されている

様々な転職サイトでJTに関する求人をチェックしましたが、比較的多くの求人が掲載されていました。

JTの求人はこういった転職サイトなどでも定期的にチェックすることができ、転職者が応募しやすい企業となっています。

JTは転職者からの人気が高い

JTは待遇の良さなどから転職者の人気が高く、多くの転職者がJTの求人に応募していると言われています。

つまり自分以外の転職者が応募することによって転職の倍率が上がり、転職するのが難しい企業と言うことになります。

JTの転職難易度は高い

総合するとJTへの転職は、求人の数が多く目にする機会は多いものの、多くの転職者が応募するため、求人倍率が高くなりがちです。JTの転職は難易度高めといえるでしょう。

ですのでJTへ転職するためにはJTがどういった企業であり、自分が持つキャリアやスキルの中から何を武器にして転職活動を進めていくのかをしっかり見極めながら転職活動を進めていく必要があります。

JTに転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

転職難易度の高いJTへ転職するためには、JTがどういった企業でどのような事業を行っているのかなどの情報を集めることで採用率を高めることが可能となります。

そこでこの項ではJTがどのような企業なのかということについて解説していきたいと思います。

JTの事業内容

JTはどういった事業を行っているのでしょうか。

たばこ事業

JTのメインとなっている事業がたばこ事業です。

JTは現在日本国内の6割以上のたばこシェアを誇っており、JTに転職することで日本トップクラスのたばこ事業に関わることが可能となります。

「メビウス」など有名なブランドのたばこを多数販売しており、日本のみならず世界130か国以上の国でJTのたばこが販売されているなど非常にグローバルな企業となっています。

語学堪能な方など海外でも通用するグローバルなスキルを持っている方はJTでも即戦力として活躍することができ、採用される可能性が高いと言えるでしょう。

たばこの研究開発だけではなく、たばこの品質を維持してお客様に提供する方法やたばこを吸わない方にも配慮したたばこマナーの啓発、未成年喫煙防止の取り組みなどを積極的に行っています。

以前からボランティアなどの取り組みを行ってきた方や人のことを考えられる方、たばこを吸う方と吸わない方両方が快適に過ごせる方法を提供することができる方などもJTへの転職に有利かもしれません。

医療事業

JTといえばたばこ事業のイメージが強いかもしれませんが、それ以外にも様々な事業を展開しています。その1つが医療事業です。

医療事業へは1987年から進出しており、様々な企業と連携して医薬品の研究や製造を行っており、まだ歴史が浅いもののスムーズな製造体制や医薬品の提供体制が整っており、様々な新薬を日々研究開発しています。

こちらも国内の企業とだけではなく海外との企業との連携も行っており、こちらでもグローバルなスキルを活かすことができるでしょう。

そして古くから薬品会社として運営されている鳥居薬品をグループ会社にし、JTが開発した薬を鳥居薬品で製造・販売を行ってお客様の手元にJTの薬を届けます。

たばこに関するキャリアや知識だけではなく、薬剤師など薬品に関するスキルも転職において大きな助けとなることでしょう。そういったスキルを持っている転職者の方はJTの医療部門へ転職を目指してみるのも良いのではないのでしょうか。

加工食品事業

JTは加工食品事業も行っています。主に冷凍食品を取り扱っているテーブルマーク、調味料を取り扱う富士食品工業、ベーカリーショップサンジェルマンによるパンの製造・販売など幅広い加工食品事業を展開しています。

加工食品の製造工程もフードセーフティやフードディフェンスなどによって加工食品の品質管理を徹底しており、さらにフードクオリティで開発や調理、製造を徹底的に行っています。

そしてフードコミュニケーションとして多くのお客様に食品を提供するほか、工場見学や情報提供を積極的に行っています。

このように加工食品事業も強く推し進めているため、食品に関するキャリアや知識が豊富な方もJTに転職活動を進めてみると、JTへの転職活動を成功させやすくなる可能性が高くなります。

JTの売上高

近年ではたばこ税の増加やiQOSなどの電子たばこが爆発的に普及し、たばこの売上高が減ってきていると言われています。そんな中JTは2008年が1882億円だった売上高が2016年には2602億円と700億円以上も売上高を伸ばしています。

肩身が狭くなってきているたばこ業界の中でもJTは安定した部類に入るため、たばこに携わりたいという方はJTに転職するのが最も安定した選択肢なのではないのでしょうか。

JTの平均年齢

JTの平均年齢は42.4歳となっています。比較的平均年齢が高いので、30代以降の転職者でも働きやすい環境と言えるでしょう。

JTの平均年収

JTの平均年収は891万円となっています。非常に高額でJTに転職することができれば、安定した給与を手に入れることができるということになります。

転職してしっかりとした給与を手に入れるのであればJTはまさに最適な企業であると言えるでしょう。

JTの労働時間

JTの労働時間は9:00から17:40の間であり、勤務形態によっては好きな時間に働くことができるフレックスタイムを取り入れている部門もあります。

週休は基本的に2日、祝日や創立記念日、年末年始休日に5日間の夏休みと多くの休日もあり、福利厚生はかなり良いと言えるでしょう。

仕事とプライベートをしっかり両立したいという方は、JTで働くと休日も堪能できて仕事とプライベートを分けて楽しむことができる企業となっています。

JTの評判

JTの評判をチェックしたところ、勤務時間が通勤ラッシュと被らない点や勤務時間削減に向けたプロジェクトの観点から社員を大切にしているという点が評判となっていました。

休暇もしっかり摂れる企業ですし、福利厚生の点でかなり働きやすい企業であることが評判からも確認できます。

JTへの転職を成功させる方法

転職難易度が高いJTへの転職を成功させるためには様々なポイントを押さえながら転職活動を進めていく必要があります。

次はJTへの転職を成功させる方法をご紹介致します。

直接応募ではJTに転職するのは難しい

JTは先ほども紹介したように転職者からの人気も高く、求人の数は多いとはいえ倍率は高いので転職難易度は高いと言えるでしょう。

そんな転職難易度の高いJTにただ直接応募するだけでは転職するのは難しい企業となっています。

このように転職難易度の高いJTに転職するためにはこれから紹介する方法を上手に活用して転職活動を進めていくのがおすすめです。

JTの情報を集める

JTは転職難易度の高い企業です。そんなJTへの転職を成功させるためには、JTの情報を集めることが重要となります。

転職難易度の高い企業の情報を集めることによって、その企業がどういう人材を求めているのか、どういったスキルを持っていればその企業に転職しやすくなるのかがはっきり見えやすくなり、対策を立てながら転職活動を行うことが可能となるのです。

どんなに転職難易度の高い企業でも、その企業に対してしっかりと情報を集めてどういった方向性で転職活動を進めていくのかを明確にしていくことで採用率を十分に高めることができます。

JTのみならず転職難易度の高い企業に転職しようと考えている方は、その企業の情報をしっかり集めて転職活動の方針や対策をしっかり立てるようにして下さい。

転職エージェントを利用する

転職エージェントは登録することで1人自分にコンサルタントが担当としてつき、そのコンサルタントのサポートを受けながら転職活動を進めることができる転職サービスです。

近年では転職エージェントを利用して転職を成功させている方が多く、多くの転職者が転職エージェントを利用しているとされています。では転職エージェントに登録すると具体的にどのようなサポートを受けることができるのでしょうか。

カウンセリング

コンサルタントはまず担当についた転職者にカウンセリングを行い、転職者がどのような条件や職場環境の企業に転職したいのかを聞き出します。

JTに転職したい方のように、転職したい企業が決まっている方やある程度転職の方向性が決まっているという方の場合は転職者がどのようなキャリアやスキルを持っているのかなどから、転職するためにどのようなことを行っていくか、場合によっては転職者により合った別の求人を紹介する場合もあります。

このカウンセリングで転職者はコンサルタントに必ず具体的な情報を伝えるようにしましょう。このカウンセリングは転職者から情報を集めて今後の転職活動を円滑に進めるために行っていることであるため、情報の伝達が不十分だとスムーズな転職活動が行えなくなる可能性が高くなります。

コンサルタントは転職のプロですので自分の懸念事項もちゃんと伝えるようにして、より早く転職を成功できるように転職者もコンサルタントに協力するようにしてください。

求人の紹介

カウンセリングが終わったらコンサルタントは転職者の希望条件やスキルなどを基に求人を紹介します。大抵カウンセリングが終わってから早くて即日、遅くても1週間以内に最大10件ほどの求人を紹介してくれます。

その求人の中で転職者が希望する求人が無かった場合、また転職者から詳しい情報を貰ったうえでコンサルタントが新たな求人を転職者に紹介します。

転職者が希望している企業を決めている場合も転職者のスキルやキャリア、希望している条件などを基に希望している企業よりも転職者に合った企業の求人を紹介することもあります。

転職者がコンサルタントが紹介した求人の方が良いとなればその求人で転職活動を進めますし、そうでなければ希望している企業でそのまま転職活動を進めていくことになります。

希望している企業があるにも関わらずコンサルタントから別の求人を紹介されるかもしれませんが、それはコンサルタントが転職者のためを思って行っていることです。

ですのでコンサルタントが紹介した求人も1度は目を通すようにしてください。もしかすると希望している企業よりも自分に合った求人に出会うことができるかもしれません。

履歴書の確認

応募する求人を決定したら次に行うのが履歴書の作成です。しかし履歴書は書き方にマナーがあるうえ、手書きで行うことが多く完成したと思っても自分でも知らないうちにミスをしたまま企業に履歴書を提出してしまう可能性があります。

コンサルタントは履歴書の書き方にも精通しているので、転職者にどのような書き方で履歴書を書けばいいのかレクチャーすることができるほか、履歴書をどのように書けば採用率を高めることができるのかも転職者に教えてくれます。

また作成した履歴書を転職エージェントにチェックしてもらうことで、作成した履歴書がミスしていないかどうかほぼ確実に確認することが可能となります。

それによって書き損じしている履歴書を企業に提出する可能性が低くなるので、履歴書を書くのに自信があるという方も必ず1度はコンサルタントに書いた履歴書を確認してもらうようにしましょう。

面接時のマナーや受け答えのチェック

面接は転職活動の中で難関と感じている方も多い転職活動の1つです。

マナーや立ち振る舞いによって採用率が変わるだけではなく、質問の内容や印象の良い受け答えが企業によって違い、それによって採用率が大きく変わるので1つの答えを持っているだけでは通用しないのが面接の難しいポイントとなっています。

コンサルタントが居れば面接時のマナーや立ち振る舞い方を教えてもらえるほか、面接時に聞かれる質問に対してどのような受け答えをしたら良いのか教えてもらうことも可能です。

特に転職エージェントの中には企業の内部情報を教えてくれるコンサルタントも所属しており、そのコンサルタントに企業の情報を調査してもらうことで面接時にどのような受け答えをすると面接官の印象が良くなるのかなどの情報を教えてもらうことも可能です。

そうすることで面接での採用率を高めることもできるため、面接が不安な方は特にコンサルタントと連携して面接対策を行っていくようにしてください。

内定後の条件交渉

希望している企業から内定を貰った後は企業と転職者の間で給与などの条件交渉を行うことができます。この交渉が成立すると給与が上がり年収が高くなったり、休暇が増える可能性があるなどのメリットが得られます。

しかし企業との交渉は転職になれている方でも難しく、交渉のやり方を失敗すると企業に悪印象を与えてしまい、内定を取り消されてしまったり入社後働きづらい雰囲気の中仕事をしなくてはならなくなるという可能性も考えられます。

交渉もコンサルタントに任せることで、企業に良い印象を与えたまま自分の希望している条件を通すことができる可能性が高くなります。

コンサルタントは常に交渉スキルを磨いているため、企業との交渉も安心して任せることができます。転職後の交渉を行いたい方はコンサルタントに依頼してもらうのが無難でしょう。

転職エージェントは複数利用がおすすめ

転職エージェントは複数利用することによって様々なメリットが得られ、転職活動がよりスムーズに進むようになります。では転職エージェントを複数利用するメリットとは何なのでしょうか。

様々な情報から必要な情報を取捨選択できる

1つの転職エージェントからの情報だけだともしその転職エージェントが情報を間違えていた場合、それを鵜呑みにしたまま転職活動を進めてしまい、転職活動が結果的に成功しなくなってしまう恐れがあります。

しかし複数の転職エージェントの情報の中から自分にとって最適な情報を取捨選択していくことによって、より効率よく転職活動を進めることができ成功させる可能性も高くなるのです。

求人の選択肢が広がる

転職エージェントによって掲載されている求人は違います。複数の転職エージェントを利用することで求人の選択肢を増やすことができ、もしJTに転職しない場合での選択肢を増やすことができるようになります。

特に転職エージェントに登録することで始めてチェックできる非公開求人は、待遇が良かったり転職しやすい優良企業が掲載しているなどのメリットがあります。

利用料は無料なので複数利用しても問題ない

転職エージェントは基本的に利用料が無料となっています。つまり複数利用してもお金が掛からないため、複数利用することに金銭的なデメリットはありません。

現在は無職で転職活動を進めているという方でも安心して複数利用することができるので、転職エージェントを利用する場合は複数の転職エージェントを利用するようにしてください。

JTの転職には不可欠なおすすめの転職エージェント

ここからはおすすめの転職エージェントを4つご紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

複数の転職エージェントを活用して、JTの転職成功率を高めよう!

JTは多くの転職者から人気を集めており、転職難易度が高い企業であることが分かりました。しかし転職エージェントのサポートによって転職難易度の高いJTでも採用率を高めて転職を成功させる可能性を高くすることができます。

非常に待遇が良いと評判のJTですので転職エージェントを利用してJTへの転職を成功させ、順風満帆な生活を送れるようにしましょう。