講談社へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

講談社へ転職したいです。こんな人気企業に、中途で入社するなんてこと、できるんでしょうか?
もちろん簡単ではありません。一般に公開している求人はかなり少ないですから、転職難易度は高いと言えます。ですが、転職する方法がないわけではありません

キャリアコンサルタント

そうなんですか!?
はい。講談社へ転職する方法は、この記事で詳しくご紹介しています。他にも、講談社の職場環境などもご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

講談社と言えば出版業界の中でも有名な企業に数えられる企業の1つです。そんな大手企業である講談社に転職するためにはどのようなことを行っていくのが良いのでしょうか。

今回は講談社へ転職するための方法や、そのために必要な講談社の情報などをまとめてご紹介致します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

講談社への転職は可能?データから難易度を検証

有名企業である講談社へは転職することができるのでしょうか。まずは様々なデータから講談社への転職難易度を確認してみましょう。

公式ホームページで定期的に採用情報を発信している

講談社では1年ごとに採用情報をホームページ上で発信しています。そのページでは業種別のスタッフ紹介を行っており、どんな人材が講談社には必要なのかを紹介しています。

現在でも2020年度に入社したいと考えている方に向けた情報が掲載されています。気になる方は必ず講談社のホームページから講談社の採用情報を確認するようにしましょう。

講談社への転職難易度は高い

講談社がインターネット上で掲載している求人の数は少なく、有名なことから転職者からも高い人気を誇る企業となっています。

つまり狭き門を多くの転職者と争う必要があるため必然的に採用倍率が高くなるため、転職難易度は高いと考えることができるでしょう。

講談社に転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

講談社への転職難易度は高いことが分かりましたが、だからといって講談社に転職することができないという訳ではありません。

講談社という企業がどういう企業なのかという情報を得ることによって、自分がどういうものを武器にして転職活動を進めたらよいのかが分かり、採用率を少しでも高めることができます。

ここでは講談社の事業内容や職場環境をご紹介致します。

企画立案から本を製作する

講談社は様々な本の企画を立ち上げて、作者や様々な企業と連携しながら新たな本を製作し出版するというお仕事が最もイメージの強い講談社の事業内容なのではないのでしょうか。

出版する本は小説や漫画だけではなく、料理のレシピ本、医療や健康を解説した図解本、アイドルの写真集など多岐にわたっています。

講談社で働くのであれば売れる本を企画して作るのが第一となりますが、作るのが得意なジャンルは人によって変わります。

物を企画して作りたいという意欲に溢れている方や、自分が思い描く理想の本を作りたい方は、講談社で本を企画から作るお仕事を目指してみるのが良いのではないのでしょうか。

本を企業に売り込む営業職

いくら面白い本を作ることができても、それを売り場に置くことができなければ誰の目にも触れられなくなり、本が売れなくなってしまいます。

本を売るためには講談社に所属している営業の方が企業に本を売り込みに行き、売り場に置かせてもらう許可を得ることによってはじめて本を売ることができるようになるのです。

そういった営業職も転職によってなることは可能です。しかも営業職は多くの企業でそのスキルを磨くことができ、講談社の営業として必要な知識さえ入れてしまえば活躍できる可能性が非常に高いです。

今まで働いていた企業のスキルが活きやすく、かつ本と触れ合いながら本に関する知識も入れられるお仕事となっています。

転職後も働きやすく、キャリアやスキルも積むことができるお仕事なので、講談社の営業職へ転職を目指すのも良いかもしれません。

売り上げを上げるためのマーケティング部

書店で売れる本があれば、どうしても書店で売れ残ってしまう本も存在しています。書店などで売れ残った本は出版社に返品され、処分されてしまうこととなります。

これでは企業だけではなく書店でも損失となってしまうため、1度出版した本が売れ残らないように、様々な場所で宣伝するためのマーケティングを行います。これも講談社での立派なお仕事です。

CMやテレビ番組での告知、販売イベントなどの企画立案のほか、最近ではSNSで売り出したい本の情報を発信するというマーケティング法も一般的となってきました。

このように一度出版された本でも多くの人の目に触れ、より読者に手に取ってもらえるように創意工夫を行うのがマーケティングのお仕事となります。

講談社の収益を左右することはもちろん、より多くの読者にその本を読んでもらうことができれば、強いやりがいを感じることができるお仕事と言えるでしょう。

今まで他の企業で宣伝などを行っていた方は、そのスキルを活かすことができる事業内容です。本と触れ合いながら宣伝活動やイベントに企画から関わりたいという方におすすめです。

講談社の平均年齢

講談社の平均年齢は43歳となっています。

比較的年齢層は高めですが、若い方でもしっかり活躍することができる企業ですので、講談社に転職した方は自分のスキルを活かして活躍できるように頑張りましょう。

講談社の平均年収

講談社の平均年収は、全体で452万円となっています。

年齢別にみると

20代約300万円
30代約425万円
40代約520万円
50代約580万円

となります。講談社の中でキャリアを積み重ねていくことで、確実に年収を高めていくことができるので、できるだけ長く定着して高い年収を手に入れましょう。

講談社の労働時間

講談社の労働時間は基本的に9時30分から17時30分までとなっています。

ただ部門によってはコアタイムを含んでいれば好きな時間に働くことができるフレックスタイム制を導入しているため、好きな時間で働くことも可能です。

出版社という仕事である以上、土日にも働かなくてはいけない場合が多いため、土日は確実に休みたいという方は注意が必要になります。

講談社の評判

講談社は本を企画立案から作り上げる業務を主としています。書店に並ぶ本を1から作ることができるというやりがいを評価している方が多くいた印象でした。

一方で休憩の境目が曖昧であり、休日出勤をすることもあるなど出版社という仕事柄仕方ない点について言及している口コミも多くみられました。

講談社への転職を成功させる方法

講談社は転職の難易度が難しいことが分かりましたが、そんな講談社への転職を成功させるためにはどのようなことを行うのが良いのでしょうか。

ここでは講談社への転職活動を成功させるコツをご紹介したいと思います。

直接応募するだけでは講談社に転職するのは難しい

講談社は一般的にも名が知られており、多くの転職者や就活生が採用を狙っている企業です。

ライバルが多いうえに、就職活動において大きな有利である新卒の就活生もライバルにいるとなると、転職者は即戦力となるスキルやキャリアを持っていなければ真っ向から転職するのは難しいでしょう。

倍率が高い講談社のような企業に真っ向から応募を送るだけではなく、講談社に対して転職できる可能性がより高くなるように転職活動を進めていくのがコツとなります。

講談社に対する情報を集める

では講談社への転職をより有利にするためには何を意識するのが良いのでしょうか。まず考えられるのが講談社の情報を集めるということです。

講談社がどういった企業なのか、どのような事業を行っていてそれに対して自分はどのように役に立つことができるのかなどを見極め、企業に対して強みをアピールすることで採用率を高めることができます。

また講談社の面接官はどういった質問をしてくるのか、それに対してどのような答えを用意しておくと面接官に良い印象を与えることができるのかなどを知っておけば、他の転職者よりも有利に転職活動を進められます。

ですので講談社への採用率を高めたいのであれば、講談社という企業がどういった企業なのかしっかり情報取集を欠かさないようにしましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは転職サイトに登録することで、転職者に担当としてつく転職活動をサポートしてくれる存在です。

転職エージェントを利用すれば講談社へ転職できる可能性が高くなります。では転職エージェントはどのようなサポートを行ってくれるのでしょうか。

転職者へのカウンセリングで求人を紹介

転職エージェントは転職者がどのような企業を志望しているのか、どのような条件下で働きたいのかなどをカウンセリングし、そこから転職者が希望している条件に合致した求人を紹介してくれます。

転職者が講談社に入社することを決めているのであれば、転職者がどのようなキャリアやスキルを持っているのかなどから講談社への転職活動の進め方や対策を一緒に考えてくれます。

もし転職者が希望している求人とは違うものを紹介された場合は、転職エージェントが新たな求人を転職者に紹介し、転職活動を進めていく求人を精査していきます。

このカウンセリングでは転職エージェントに自分の希望している条件や情報を具体的に伝えておくのが重要となります。

転職エージェントに具体的な情報を伝えないままでいると、転職活動を進めていくうえで転職者とエージェントの間で情報の食い違いが起こり、転職活動に支障をきたす恐れがあります。

ですので転職活動を進める際は転職エージェントに具体的な情報や希望条件を伝えるようにしてください。

転職したい企業の情報を集めてくれる

特に大手の転職サイトに所属している転職エージェントであれば、企業と繋がりのある転職エージェントも多く所属しています。

企業とつながりのある転職エージェントであれば、その企業がどのような転職者を求めているのか、面接ではどのような質問や受け答えを行うのが良いのかといった内部情報をリサーチしてくれる転職エージェントも居ます。

こういった内部事情を知っておくことで他の転職者が知らない情報を基に企業への対策を立てることができ、転職活動を有利に進めることが可能となります。

採用倍率が高い企業であればあるほど企業の情報を基にした対策が大切となりますので、転職エージェントを利用して講談社に転職したい場合は、講談社の情報蒐集を依頼するのがおすすめです。

履歴書のチェック

履歴書や職務経歴書のような転職に必要な書類は、書類選考の判断材料となります。履歴書には細かい書き方のマナーがあり、それが満たせているかどうかによって書類選考だけではなく面接による採用率にも影響を与えかねません。

しかし履歴書は手書きで書くことが多いということもあって、知らないうちにミスをしてしまったり正しく書けていなかった部分を見落としたまま履歴書を企業に提出してしまい、そのせいで採用率を落としてしまう可能性があります。

転職エージェントに履歴書などの必要書類の書き方を教えてもらったり、完成した履歴書を転職エージェントの視点から確認してもらうことで、ミスや書き損じのない履歴書を企業に提出することができるようになるのです。

こうすることで転職難易度が高い企業への転職活動でも転職できる可能性を高めることができますので、履歴書の書き方に不安が無いという方でも履歴書の書き方の再確認や、完成した履歴書を転職エージェントにチェックしてもらうようにするのが良いでしょう。

面接に関する情報を教えてくれる

面接は履歴書以上に大きな意味を持つ転職活動となります。面接で面接官に良い印象を与えられたかどうかで採用率に大きな影響を与えます。

面接にも立ち振る舞い方や質問に対する受け答えのマナーなどがあります。ですが履歴書と違って質問内容や受け答えの印象は変わるため、1つの質問に対する答えを持っているだけではうまく行かないのが難しいポイントと言えるでしょう。

先ほども触れたように転職エージェントが必要としている人材や面接時の印象に関する情報を集めてくれれば、それを基に面接への対策を立てることができます。

こちらも面接に自信ある方でもより採用率を高めるために、事前に転職エージェントと打ち合わせして面接対策を立てるようにするのが無難です。しっかりと面接を行ってより確実に講談社に転職できるようにしましょう。

内定後の交渉によって年収アップ

転職活動が円滑に進み講談社から内定を貰った後でも転職活動と転職エージェントのサポートは終了したわけではありません。まだ転職前の条件交渉を行うことができます。

条件交渉とは、企業から内定を貰って実際に入社する前に給与などの待遇を企業と交渉して、入社時からより良い条件で働けるようにすることができる転職活動の1つです。

ただ企業との交渉は慣れている転職者でも知らない方が多く、知っている方でも企業と上手く交渉することができず、入社前に自分の印象を悪くしてしまう可能性もある非常に難しい転職活動となっています。

この交渉も転職エージェントに依頼することができます。

転職エージェントは所属している企業内で交渉スキルを磨いていることが多く、転職活動中の企業との交渉にも長けているため、企業との条件交渉も上手に行ってくれてより良い待遇で働ける可能性が高くなります。

ですので講談社に入社後より働きやすい環境で働きたい方は転職エージェントに条件交渉を依頼するようにしましょう。

複数の転職エージェントを利用して採用率をさらにアップ

転職サイトや転職企業は数多く存在していますが、基本的に1つのサイトに登録して担当に就く転職エージェントは一人です。

複数の転職エージェントのサポートを受けるためには、複数の転職サイトに登録する必要があります。では複数の転職エージェントを利用するメリットとは何なのでしょうか。

様々な視点から転職活動に必要な情報を取捨選択できる

1つの転職サイトの転職エージェントのみを利用する転職者が多いかとは思いますが、複数の転職エージェントを利用すると様々な転職エージェントから得られる情報を取捨選択することができ、より効率良く転職活動を進めることが可能となります。

どうしても1つの転職エージェントのみからの情報だと視点が1方向からしか見ることができず、転職者と噛み合わないまま転職活動を進めなくてはならない場合があります。

しかし複数の転職エージェントを利用すれば、自分に合っている転職活動の進め方や講談社に対する情報を集めることができるため、自分にとって有益な情報を拾いながら転職活動を進めることができるようになるのです。

複数の転職エージェントを利用してもかかる費用は少ない

基本的に転職サイトに登録しても登録料や会員費などを支払うことは無く、ほぼ全ての転職サイトと転職エージェントのサポートを無料で受けることが可能となっています。

ハローワークなどの転職支援サービスを利用しようとすると大抵市街地の中心にあることが多く、向かう度に交通費などの諸経費が掛かりがちです。

しかし転職支援サイトは自宅で簡単に転職エージェントのサポートを受けられる上に利用料もかからないため、手軽に複数利用することができるサービスとなっています。

多くの非公開求人をチェックできる

複数の転職エージェントを利用すると非公開求人を多く見られるというメリットもあります。

非公開求人とは転職サイトに登録しないと閲覧することができない求人のことで、登録しなくても閲覧できる公開求人と違って給与や休みなどの待遇が良かったり、企業が人材を急いで募集しているため採用されやすいなどの特典があります。

非公開求人は転職サイトと企業の間に繋がりがあることで掲載されていることが多く、サイトによって非公開求人の内容が違うことが多いため、複数の転職サイトを利用することで非公開求人の選択肢を増やすことが可能です。

そうすることで待遇の良い非公開求人や有名企業の非公開求人などの選択肢を増やすことができ、講談社などの企業にも転職できる可能性が高くなります。

講談社の転職には欠かせないおすすめの転職エージェント

講談社に転職するためにおすすめの転職エージェントをご紹介致します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

上手な転職活動で講談社へも十分に転職が可能

講談社は非常に有名であり、仕事もやりがいを感じる業務内容であることから、多くの転職者や就活生に人気のある転職難易度の高い企業です。

しかし講談社という企業がどのような企業でどんな人材を求めているかなど講談社の情報をしっかりと集め、対策を立てることで採用率を高めることは十分に可能です。

その為には企業とつながりのある転職エージェントとの連携が一番簡単でお金も掛からない方法なのでおすすめです。

自分なりの方法で転職活動を進め、憧れの講談社に入社できるよう日々の努力を欠かさないようにしてください。