LINEへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

LINEに転職したいのですが、こんな人気企業に途中から転職するなんてこと、できるのでしょうか?
もちろん簡単ではありませんが、方法はありますよ

キャリアコンサルタント

この記事では、そんなLINEの基本的な企業情報職場環境転職難易度についてご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

スマートフォンをお使いの方であれば多くの方がLINEを利用されているのではないでしょうか。LINEはアプリの名前ではありますが、LINE株式会社が提供していますので会社の名前でもあります。

皆さんの中には、この急成長しているLINE株式会社に転職してみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。今回はLINE株式会社の基礎知識から転職するための方法についてをご説明します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

転職してどんなことをする?実は幅広いLINEの業務内容

まずはLINEがどのような業務をしているのか内容についてご説明していきます。実はLINEの業務内容は皆さんが考えているよりも多くのものが存在しています。例は以下の通りです。

  • LINEのアプリ開発・運営・各種サポート
  • livedoor blogの運営
  • NEVERまとめの運営
  • 仮想通貨の取引業
  • 法務・経理・総務など会社全体のサポート
  • アプリやサイトに掲載してもらう広告の管理
  • 新規アプリやイベントなどの企画立案

ここで挙げたものはLINEの業務の一例です。これ以外にも細かく分けると色々な仕事をしている人がいます。

業務内容の中心に該当するのは、通話アプリのLINEを開発して提供することです。しかし、上記でもご紹介した通りLINEには転職時に色々な選択肢あります。

各種アプリを開発するだけではなく、LINEの中では企画業務をしている人もいます。また、様々なアプリを開発するにあたり法律的なバックアップをしている人や資金の調達をしている人もいます。

私たちはアプリの部分ばかりが見えています。しかし、LINEは一つの会社ですので数多くの業務が裏側に隠れています。

転職を考えるときには、LINEでどのような業務をしたいのかについて事前に考えておくことが大切です。

LINEの採用状況と転職後の職場環境とは

成長を続けているLINEではどのような採用活動が行われているのでしょうか。また、LINEに転職してからの職場環境やその他働きやすさはどうなっているのでしょうか。

幅広い職種での採用が続く

採用活動に関しては成長している企業ということもあり、幅広い職種での採用が続いています。詳細は後ほどご説明しますが、大きく分けて5つの職種で募集が公開されています。

LINEの場合には公開されている全ての職種に関して、公式サイトのエントリーフォームから応募することが可能です。そのため自分で転職活動を進めることも不可能ではありません。

ただ、LINEの場合には募集している職種が他の会社と比べると何倍にも多いです。数種類の職種を募集している企業はありますが、LINEでは数十種類の募集があります。

そのため、どの職種が自分に適しているのかを判断する必要があります。自分で転職活動を進める場合には、複数の職種を見比べて最も良いものを見つけ出す必要があります。

幅広い採用が続けられている反面、自分に合う職種を見つけるのは難しくもなっています。そのためLINEに転職を考えている場合には、転職エージェントを利用することをおすすめしています。

転職エージェントであれば、LINEのように数多くの求人を出している企業でも、自分にあった求人をすばやく提供してくれます。そのため短時間で効率よく転職が進められます。

知っておきたいLINEでの評価制度

LINEでは個人に対する評価と会社の業績で給与や賞与が決まる仕組みが採用されています。この仕組みはLINEに限らず多くの企業で採用されている仕組みと言えるものです。

LINEでは以下の2つの観点から評価がされています。

  • P-Review:半年間の実績を上司から評価してもらうもの
  • C-Review:上司に限らず、同僚、部下なども含めて360度視点で評価してもらうもの

一般的に企業で働いている場合には、P-Reviewに該当するものだけが実施されていることでしょう。上司から部下への評価だけで、賞与や給与が決まることは少なくありません。

しかし、LINEの場合にはC-Reviewと呼ばれる360度評価も実施されています。これは他の会社ではあまり多く見られません。LINEは転職者も含めて、お互いに多角的に評価しあうことを求めています。

ただ、多角的な評価は個人の好き嫌いに左右される部分もあります。明確な評価基準が用意されているのかは、外部から確認する方法がありません。

評価の仕方や基準に関しては転職エージェントに質問してみると良いでしょう。一般には公開されていないことも、転職エージェント経由で聞ける可能性があります。

働きやすい環境作り

従業員が働きやすい環境を意識してLINEのオフィスは作られています。業務の内容によって、フレキシブルにスペースの使い方を変更できるように考えられています。

日本の企業は自分の机に座って仕事をすることが多いです。しかし、LINEであれば業務ごとに必要なスペースに集まり、効率よく仕事を進めることができます。

仕事のしやすい環境で仕事ができるかどうかは、仕事の効率を左右するものです。LINEは効率よく働けるように会社全体で意識されています。

その結果、LINEでは残業が40時間前後とIT業界の中では短めです。成長中の企業は残業が長くなることもありますが、LINEでは効率の良い働き方で残業を抑止しているようです。

LINEが考えるライフサポート

従業員が増え続けているLINEではライフサポートにも力が入っています。これは、ユーザに価値あるものを提供するためには、提供する側も健康な状態でいることが重要だとLINEは考えているからです。

LINEがライフサポートで軸とする内容には以下の3つがあります。

  • ONとOFFを大切にする
  • 人とのつながりを大切にする
  • 個性を活かして成長する

どれも言われてみれば納得できるものばかりです。これらを尊重し会社でサポートしてもらえるならば、私たちにとって働きやすい職場であることは間違いないでしょう。

もちろん、方向性だけではなく福利厚生で具体的にサポートしてもらえる部分もあります。無料朝食やサークル活動の支援、休暇の取得などより働きやすい環境を作り出しています。

LINEが転職で採用する人材は大きく分けて5職種

LINEへの転職では多くの職種が用意されています。実際の転職時には細かく分類された職種ごとに応募するのですが、ここでは公式サイトでもまとめられている通り5つの職種に分けてご説明します。

技術職

LINEへの転職でイメージしやすいのは技術職かもしれません。LINEのアプリ開発などを中心として、様々な開発業務や技術的なサポートを実施する職種です。

技術職にも様々なものがありますので以下に例を挙げます。

  • ソフトウェアエンジニア
  • インフラエンジニア
  • フロントエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • 品質管理
  • ITサポート

皆さんが考えるのソフトウェアエンジニアでしょう。LINEアプリや各種アプリを実際に開発している技術者集団であると考えてもらうと分かりやすいはずです。

それ以外にも、アプリを支えるインフラエンジニアやセキュリティエンジニアなども求められています。私たちが目に見えていない部分でも、高い技術力がLINEでは求められています。

これだけ多くの職種が用意されていると、技術職でLINEに転職したい人にはチャンスでもあります。技術職は人それぞれ得意としている部分があるはずだからです。

ソフトウェアが得意な人、セキュリティが得意な人など技術職での転職を考えている場合には自分の強みを持っていることでしょう。強みが合致すれば転職のチャンスが高まります。

強みを持って転職する場合、その強みを生かせる職種が募集されていなければなかなか転職することができません。技術職の転職では即戦力が求められています。つまり、求人と異なる強みを持っていても意味が無いのです。

しかし、LINEへの転職であれば自分の強みが活かせる職種が募集されている可能性が高まります。つまり技術職で働きたい多くの人に転職のチャンスがあるのです。

技術的に躍進している会社だからこそさらに多くの技術者が集められる状況になっています。LINEには多くの技術者が求められていますので、多くの人にチャンスがあると考えることができます。

デザイン職

デザイン職といえばイラストを描いたりすることを想像する人も多いかもしれません。確かにそのような仕事もありますが、LINEへの転職ではそれ以外の職種も以下の通り募集されています。

  • UIデザイン
  • ブランドデザイン
  • イラストレーション
  • ゲームアーティスト

転職後の職種でイメージしやすいのはイラストレーションではないでしょうか。イラストレーションはLINEや各種ゲームの背景やアイテムなどのデザインを作成する仕事です。

その他にもUIデザインなどの仕事も存在しています。こちらはLINEの画面を考えたり、各種アプリの操作画面を考えたりする仕事です。技術職ではなくデザイン職で募集されています。

ブランドデザインやゲームアーティストはピンと来ない人も居るかもしれません。もしそうであれば未経験で転職するのは難しい職種です。

デザイン職でLINEへ転職する場合には、今までの作成実績が重要視されると考えられます。今までにデザインしてきたものと、同じ系統のデザイン職への転職がおすすめです。

サービス企画職

LINEが展開する各種サービスの企画に関連する職種です。サービス企画職が立案した企画を元に、技術職やデザイン職は必要なものを作り上げていきます。つまり、LINEの中心に近い職種です。

サービス企画職は以下の通り募集されています。

  • サービス企画
  • ゲームプランナー
  • 運営企画
  • エディター

どれも基本はLINE社内の各部門と協力しながら仕事を進めていきます。今までにディレクターなどを経験していると活用しやすい職種でもあります。

また、企画はトレンドを読んだりニーズを分析したりする力も求められています。経験を持っていたり、理論を学んでいたりすると活用できる可能性があります。

ビジネス企画職

こちらも企画職ではありますが、サービスではなく会社全体の企画を受け持つ職種です。広報やマーケティング、LINEのアプリに掲載してもらう広告などを取り扱っています。

ビジネス企画職は以下の通り募集されています。

  • 事業開発
  • 企画営業
  • ゲーム事業開発
  • 法人商品企画
  • マーケティングコミュニケーション

LINEも企業ですので経営を最適化して利益を出すことが求められています。転職ではLINEの経営を最適化していくための、事業開発に関する職種も募集されています。

また、LINEが提供する様々なサービスをさらに拡大するための営業活動に関しても募集されています。広告の獲得のみならず、LINEのサービスを活用してもらえる企業の開拓も行っています。

ビジネスサポート職

ビジネスサポート職はLINEに限らずどこの企業にもある職種が大半です。LINEが企業活動を進めていく中で、必須となるサポート業務を受け持っています。

ビジネスサポートを聞いてもぴんと来ないかもしれませんが、以下の通り募集されています。

  • 法務
  • 購買
  • 内部監査
  • 財務経理
  • 知的財産

これらは一例であり、企業活動を続けるためには多くの人が必要とされています。そして、これらの職種は法律など専門的な知識が問われる部分でもあります

基本的にこれらは実務経験があることが転職では必要とされていることが多いです。ただ、実務経験や資格保持と同程度の知識があれば活躍できる職種でもあります。

LINEへの転職難易度

LINEは非常に多くの職種を募集しています。そのため、転職に関しては比較的チャンスの多い企業であると判断することができるでしょう。

ただ、募集の範囲が多いだけであり求められている技術や知識面を踏まえると、転職の難易度は高いです。それぞれの職種で高いスキルが求められています。

また、幅広い職種が募集されているものの一つの職種でどれぐらいの人数が募集されているかは公開されていません。職種によっては1人や2人と少人数の募集しかされていない場合があります。

この場合には応募が集中し転職難易度がさらに高まる可能性があります。高い倍率で勝ち抜くためには、やはりスキルの有無が重要となるでしょう。

LINEへの転職時に利用したい転職エージェント3選

転職する際には転職エージェントを利用することをおすすめしています。LINEは自分でも求人に応募することができますが、転職エージェントに掲載されているものから応募すると良いでしょう。

理由は単純で転職エージェントを利用すると、エージェントによるサポートを受けられるからです。プロによるサポートで転職をスムーズに進めていきましょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

コラム:転職エージェントを活用する3つのポイント

転職エージェントを利用すると転職がスムーズに進むことは、なんとなく皆さんも理解されているのではないでしょうか。

ここではLINEへの転職を成功させるために、転職エージェントを活用する3つのポイントをご紹介します。

複数の転職エージェントを利用してみる

LINEは複数の転職エージェントに求人が記載されています。そのため、私たちも複数の転職エージェントに登録して求人を紹介してもらうことをおすすめしています。その理由は以下の通りです。

まず、複数の転職エージェントに登録することで、紹介してもらえるのは公開求人だけではなくそれぞれ個別に持っている非公開求人も紹介される可能性があります。

一般的には誰でも見れる公開求人よりも、特定の人だけが確認できる非公開求人の方が条件が優遇される傾向にあります。LINEの場合にも職種によりますが、この傾向が当てはまる可能性があります。

転職エージェントはITに関連する転職を得意としていることもありますし、企画に関する転職を得意としていることもあります。そのため、一つに全てを任せると偏りが出る可能性があります。

複数の転職エージェントに幅広く求人を出していることがあります。つまり、転職を考えている私たちも幅広く多角的に求人を紹介してもらうことが理想的です。

また、そもそも転職エージェントはどれを利用しても完璧なわけではありません。転職エージェントごとに得意なこと、不得意なことがあるものです。

そのため、色々な転職エージェントを利用してLINEの求人を紹介してもらえるようにしておくようにしましょう。

LINEに関する質問を転職前にしておく

転職エージェントを利用する大きなメリットは、求人情報だけでは分からない情報を知ることができるということも挙げられます。例えば

  • 日々の残業状況
  • 社内の雰囲気
  • 有給の取得状況

などはなかなか求人情報だけでは分からないことです。面接で確認するのも一つの手段ですが、できれば面接までに知っておきたいことでもあるでしょう。

そこで活用するべきなのが転職エージェントです。転職エージェントでれば私たちが直接LINEに確認しにくいことも、私たちの代わりに確認してくれます。

求人情報に書かれていないことこそ転職前に知りたいことである場合もあります。転職エージェントに依頼してこの部分の情報を、素早く手に入れるようにしていきましょう。

転職に必要な書類の添削をしてもらう

転職時には色々な書類を用意しなければなりません。LINEの場合には転職を希望する職種によって多少は異なる可能性がありますが、基本的に履歴書と職務経歴書は必須の書類です。

何気なく書くことも多いこれらの書類ですが、これらの書類の書き方で採用担当者の印象は大きく変わります。ここで印象を悪くしてしまうと、書類審査で落ちてしまう可能性があります。

転職において面接ではなく書類審査で落ちてしまうことは勿体無いことです。可能な限り書類審査には通過し、面接で自分をアピールできるようにしなければなりません。

転職の全てを自分で進めていると書類審査で落ちてしまうこともあります。しかし、転職エージェントを利用していれば事前に添削してもらうことができ、書類落ちの可能性を減らすことができます。

LINEへの転職前に用意しておきたい3つのこと

LINEに転職することを考えるのであれば、事前に準備しておきたいことが3つあります。これらの用意をしておくことで、LINEへの転職を勝ち取ることに近づきます。

今までの実績を証明できるものを用意する

LINEは人材を育てるよりも即戦力を求めていると考えられます。求人の内容も具体的な内容が多いですので、その条件に合うスキルを持つ人を求めているのでしょう。

スキルを証明するのに重要なものは過去の実績が1番です。技術職もデザイン職も何かしら過去に作ったものがあれば、それをまとめるようにしておきましょう。

ウェブサイトなどに公開されているものがあれば、それを実績とするのが分かりやすいでしょう。公開されていることで、自分が作ったことの信頼性も増すことができます。

ただ、技術職の場合どうしても詳細は口外できないものがあります。特に会社員で開発をした内容などは、転職時の面接であっても簡単には口にできないものがあります。

その時はやむを得ませんので、可能な範囲で伝えるようにしてみましょう。今まで開発した言語は何か、どれぐらいの規模の開発ができるかを伝えるしかありません。

具体的な内容がないと面接官の方も信頼できる内容かどうかの判断が難しくなってしまいます。面接を受ける方も難しいですが、守秘義務の範囲内で具体的に説明すると良いでしょう。

転職の場合、即戦力になれることをアピールすることが重要です。LINEでは特にこの点が重要視されると思われますので、どの職種でも実績をアピールする用意をしておきましょう。

TOEICなど英語関連の資格受験をしておく

LINEは日本の企業であると考えている人も多いです。確かにLINEは日本の企業ですが、本社は韓国の企業です。そして拠点はアジア各地に広がりつつあります。

つまり、LINEは皆さんが考えているよりもグローバル企業の道を進んでいます。日本だけではなく海外の担当者などと仕事をする機会も増えている企業です。

海外と仕事をするということは、つまり英語ができるかどうかも転職では問われているということです。全ての職種で必要だとは言えませんが、英語が使えるに越したことはありません。

そこで必要とされているのは、客観的に英語の力を評価した結果です。いくら本人が「英語が使えます」と言っても、証拠がなければ説得力が下がってしまいます。

英語力を示すためには世界的に使われているTOEICを受験するのが1番です。ビジネス英語力を示す基準であり、様々な企業で取り入れられています。

TOEICの点数はLINEの公式サイトから求人に応募する際にも記載欄があります。それだけ英語が使えるかどうかを、早い段階から問われているのです。

英語に関する資格はTOEICに限ったものではありません。英検など他の資格も多数存在しています。他の資格がある場合にはそれでも良いですが、新規に受ける場合にはTOEICがおすすめです。

変化への順応方法を学んでおく

これは言葉で言われてもあまり理解できない部分かもしれません。LINEは本社を海外に置く企業です。そのため、日本の企業よりも本社の意思決定による社内環境の変化が多いです。

日本の企業は比較的変化を好まない傾向にあります。特に大手の企業は昔ながらのやり方を続けていることがあります。このままではLINEのように変化が大きい企業で働くのがキツい可能性があります。

そこで用意しておくべきことは、変化への順応方法を学んでおくということです。変化に慣れることには一定の理論があります。新書などを利用してなんとなくでも理解しておくと良いでしょう。

面接時には変化に対応できるかどうかについても質問される可能性があります。常に新しいことにチャレンジする心意気があるかどうかを尋ねられることも同じ意味だと考えられます。

また、変化への順応方法を学ぶと同時に自分ひとりで作業をやりきる力も必要です。社内が変化すると、その過程において自分しか作業できないことが生まれることもあります。

日本の企業では誰かの手を借りて、集団で物事を進めていく思考が強いです。しかし、変化を求め成長を続ける企業では個人の裁量に左右される部分もあります。

LINEに転職して活躍したいと考えているのであれば、変化に追従できるだけのマインドセットを用意しておくことが大切です。

しっかりとした準備でLINEへの転職を成功させよう

LINEでは数多くの職種が募集されています。そのため多くの人が自分の経験をLINEで活かすことができるチャンスを持っています。

しかし、LINEで働くためには技術職も事務職も十分なスキルが身に付いていることが求められます。急成長する企業ですので、その成長に付いていけるだけのスキルが求められているのです。

逆に際立つスキルを持っているのであれば、LINEに転職できる可能性も高まります。

LINEへの転職を成功させるためには、自分が持つスキルとLINEが求めているスキルを可能な限り一致させることが重要です。つまり、自分のスキルを最大限活かせる職種への応募が必要となります。

どの職種に応募するのが一番なのか判断できない場合には、転職エージェントを利用して最大限スキルを発揮できる職種を紹介してもらいましょう。そうすることで、LINEへの転職が一歩近づきます。