日本マクドナルドへ転職は可能?中途採用・難易度・年収を徹底解説

子供の頃からマックが大好きで。大人になったらマクドナルドで働きたいと思っていたのですが今から転職はできるでしょうか。
日本マクドナルドへの転職は、対策をしっかり行うことが大切です。

キャリアコンサルタント

その対策方法を教えてください!
わかりました!日本マクドナルドへ転職する場合の難易度や転職する方法についてお伝えしていきますね。

キャリアコンサルタント

ファーストフードといえばマック(マクドナルド)というくらい知名度バツグンの日本マクドナルド。

日本マクドナルドで社員として店舗運営をしてみたいという人もいれば、商品開発などに携わることができたらいいなと思っている人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ほかの企業で働いてみたけれどやっぱり日本マクドナルドへ転職したいという人のために、日本マクドナルドへの転職は可能なのか。その難易度や転職を成功に導く方法について説明していきたいと思います。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

日本マクドナルドへの転職は可能?データから難易度を検証

日本マクドナルドに転職したいと思っていても実際に中途採用されている人はいるのか気になりますよね。また、日本マクドナルドへの転職が可能な場合、採用基準や難易度もすごく気になります。

そこで、日本マクドナルドへの転職は可能なのか、難易度なども検証してみました。

日本マクドナルドの正社員には中途採用はある?

日本マクドナルドで正社員としての募集は、新卒採用のほかにも中途採用も行われています。特に近年、日本マクドナルドでは中途採用に力を入れているという話もチラホラ聞こえてきます。

どういうことなのかについて少し詳しく説明していきたいと思います。

本社スタッフの採用はあえて中途採用で行う傾向も

日本マクドナルドでは、本社勤務となるスタッフをあえて異業種で活躍してきた人材を中途採用で採用するケースが増えています。

特に、経営やマーケティング、人事といったマクドナルドのスタッフ育成や経営を担う部門で活躍できる、即戦力となる人材を求めている傾向が強いです。論理的な戦略思考を持ち、なおかつ英語力が求められます。

採用傾向の強い業種は、金融機関やメーカー、コンサルティングファームなどとなっています。今このような業種に勤めている人が日本マクドナルドへの転職を希望する場合、採用される確率は高いかもしれません。

自分のアピールできる点を再認識した上で、日本マクドナルドへ応募してみると良いと思います。

人材を積極的に採用

2004年以降、日本マクドナルドでは人材に投資するという経営方針から、多くの人材を積極的に採用しています。

2006年には過去最高の採用として、新卒採用約150名、中途採用約200名を採用し、中途採用者の中にはアルバイトからの正社員登用も多くいます。

日本マクドナルドへ中途採用している年齢で多いのは?

日本マクドナルドへ中途採用している年齢で多いのは、26歳~30代前半となっています。店舗で活躍している社員の平均年齢は25歳となっているので、その平均年齢よりは少し高めの年齢層の人たちが中途採用されています。

異業種からの採用を積極的に行っている日本マクドナルドでは、塾講師など人に教える仕事に携わっていたという人や、ホテル業などのホスピタリー精神のある人など多岐にわたります。

また、女性の中途採用も多く行っており、店舗系では約3割が女性となっています。

日本マクドナルドへ転職を希望し、実際に中途採用されている年齢は、あくまでもこれまでの実績なので、20代後半から30代前半という年齢の中にいないからと諦めずにチャレンジしてみてはどうでしょう。

日本マクドナルドの採用基準はどんなもの?難易度は?

日本マクドナルドでの採用基準は、本社スタッフとしての採用と店舗スタッフ(マネージャー職)としての採用があり、難易度にも違いがあります。

日本マクドナルドが求める人材として掲げている、

他者への関心が高くリーダーシップのある方。
行動的で困難にめげず前例のないことでも自ら果敢に挑むことができる方。

以上の2点をアピールすることができれば、採用の難易度を意識せずに、果敢に挑むことをおすすめします。

日本マクドナルドの求人情報を紹介

日本マクドナルドでは、随時求人情報を出しています。どんなふうに求人情報が出ているのかを紹介します。

募集要項
求める人物像・選考基準

●マクドナルドでは次のような資質を大切にしています。

他者への関心が高くリーダーシップのある方。
行動的で困難にめげず前例のないことでも自ら果敢に挑むことができる方。

●給与・福利厚生(待遇)

給与 四大・大学院卒 初任給 月給250,000円(昨年実績)
短大・高専・専門卒 初任給 月給220,000円(昨年実績)
諸手当 通勤手当、過勤手当
昇給 年1回
賞与 業績連動型賞与
休日休暇 月休10日制(2月のみ9日)

《その他各種休暇制度》
年次有給休暇(初年度10日)
夏季休暇、年末年始休暇、育児休業(最長1年6か月)、
育児短時間勤務制度(小学校卒業まで)
看護勤務、看護休暇、介護休暇、慶弔休暇
保険 各種社会保険完備
福利厚生 社員の働き方をサポートする制度の充実に取り組んでおり、トラベルをはじめ幅広いジャンルのサービスを利用できる「WELBOX」や男性の利用も増えている育児・介護休暇制度など、日々のワークライフバランスを支援します。

レジャー
宿泊やレジャー、さらには生活や健康支援のプログラムまで含まれた
総合福利厚生メニュー「WELBOX」には一人ひとりのニーズにあわせて
手軽に利用可能なプログラムがそろっています。

ファイナンシャルサポート
□社員持株会
□退職金制度
□各種団体保険

ファミリーサポート
□慶弔見舞金・特別有給休暇
□出産、育児、介護休暇制度
□出産、育児、介護短時間勤務制度

メディカルサポート
□定期健康診断
□リハビリ勤務

特別有給休暇
□誕生日特別有給休暇
□5年連続勤続リフレッシュ休暇(5日間の特別有給休暇)
□永年勤続特別有給休暇
(10年で10日、20年で20日、30年で30日の特別有給休暇及び褒賞金)

コミュニケーション・チームビルティング
社員同士のコミュニケーションを目的として、社員が10名以上集まるクラブ活動に
補助金を支給しており、全国各地でさまざまなクラブ活動をしています。

自己啓発
□資格取得奨励金制度
試用期間 あり
入社後6か月間
労働条件は本採用時と変更なし

以上のような求人は、リクナビNEXTで出ていたもので新卒採用の募集要項ですが、中途採用の場合もほぼ同じものが出ています。

本社スタッフの採用基準は?

本社スタッフとして日本マクドナルドでは、新卒採用以外にも中途採用を随時行っています。

本社スタッフとしての仕事としては、マーケティングや経営、人事など日本マクドナルドの運営の中枢となる仕事を担っていくものとなるため、戦略的思考力が求められます。

また、米国マクドナルドとの関わりも深くなる部署ということもあり英語力は必要不可欠です。

本社スタッフとして日本マクドナルドへの転職は、高いスキルや経験、英語力などが求められるため難易度は高いものと思っておくと間違いありません。

店舗スタッフ(マネージャー職)の採用基準は?

店舗スタッフ(マネージャー職)として日本マクドナルドへ転職する人も多くいます。本社勤務での採用とは違い、店舗運営のすべてを任されていくこととなるため、コミュニケーション能力などが必要不可欠となります。

正社員として採用され、店舗に配属された場合、マネージャーとして店舗運営の経験を積んでいくこととなりますが、店舗運営として年商1億~3億、40名~60名のスタッフを束ねる役割が求められます。

日本マクドナルドの事業内容や職場環境は?

マクドナルドといえば、ハンバーガーやナゲット、ポテトなどお客さんとして利用することはあっても、実際に社員として働く場合の職場環境や事業内容など気になることは多いですよね。

企業としての日本マクドナルドの事業内容や職場環境などについて説明していきたいと思います。

日本マクドナルドの人材育成とは?

マクドナルドでは、設立当初の1971年から「ハンバーガー大学」を開校するなど、人材教育に常に力を入れています。

日本マクドナルドの社員には階級がある?役職は?

日本マクドナルドで社員として働く場合の役職は、一般企業と同じような役職があります。日本マクドナルド独自の役職やスキルアップ方法として大きく3つの種類を設けています。

  • マクドナルドの店舗の店長、エリアマネージャーとしてキャリアアップしていく道
  • 社内公募を利用し、本社スタッフとしてマーケティング、トレーニング、人事などに携わる道
  • マクドナルド店舗を自らフランチャイジーとして独立する道

スキルアップ(階級)を目指す前に、日本マクドナルドへの転職が成功すると、キャリア形成を作るためにマクドナルド店舗の店長を目指すこととなります。

店長となる頃には、日本マクドナルドの教育をすべて習得したこととなり、そこから先のキャリアアップをどうしていくのかは自分自身で決めていくこととなります。

日本マクドナルドの社員の給料は?

日本マクドナルドの社員となった場合の給料について説明していきます。

まず、日本マクドナルドに大卒の新卒として入社した場合の初任給の金額は、25万円となっています。

同業他社の中では、トップクラスの給料とも言われていて、新卒で入社後、20代のうちに店長までキャリアアップすることも十分可能で、そうなった場合の給料はかなり高くなることも夢ではありません。

一方、若いうちにキャリアアップすることができず、40代、50代となってしまうと収入は、大卒の初任給の頃と変わらずかなり低い給料となってしまいます。

日本マクドナルドではあくまでも実力重視としているため、給料アップは年功序列ではなく自分の実力次第ということになります。

インセンティブは3ヶ月ごとに設定

日本マクドナルドでは、3ヶ月ごとに予算達成となった場合のインセンティブを設定しています。

この予算達成も社員の中でもトップクラスの中に入ることで、かなりの金額がインセンティブ料として支払われるため、頑張りを給料に反映させることも十分可能です。

年齢別の給料は?

日本マクドナルドでの平均年収は、約496万円(平均年齢は約31.8歳)となっています。

年齢別に見てみると、

30代の平均年収約579.8万円以上
40代の平均年収約674.2万円以上
50代の平均年収約809.1万円以上

となっていますが、この平均年収は順調にキャリアアップすることができた場合の数値となっているため、日本マクドナルドが目標として提示している店舗のマネジャー(店長)として店舗の運営、インセンティブをクリアしていくことでこの年収を手に入れることが可能となります。

日本マクドナルドの勤務時間・残業時間は?

日本マクドナルドでの平均的な勤務時間は、約9時間~10時間となっています。

店舗での業務となった場合、人員が慢性的に不足している状態となっているため、シフトの関係や働いているスタッフが急病や急用で休みとなった場合の穴埋めを必然的に行わなくてはいけない状況に陥ることも少なくありません。

有給休暇は年間20日、労働時間は8時間を基本!

日本マクドナルドで設定されている有給休暇は年間20日となっていて、そのほかにも毎月10日、年末年始1日、誕生日、永年勤続者への特別休暇を設定しています。

残業に関しては厳しく管理されているものの、業務の量によっては残業せざる得ない状況に陥ることも少なくありません。

店長になると勤務時間や休日などのシフトを自分で作成することとなるため、ある程度自由は効くようにはなりますが、残業をどうつけるのかに違いがあり、実際の残業時間を申告せずにサービス残業を強いられている人もいるようです。

1日の労働時間は8時間となっており、希望によっては変形労働時間制を利用することも可能なので、自分や家庭の状況に合わせた働き方をすることもできます。

日本マクドナルドの福利厚生は?

日本マクドナルドでは、福利厚生が充実しています。

一般企業にある健康保険制度や健康診断などはもちろん用意しており、社員として働きやすい環境整備が行われています。

勤務年数に応じた永年勤続特別有給休暇という制度があり、

勤続年数が10年10日の特別有給休暇と褒賞金
勤続年数が20年20日の特別有給休暇と褒賞金
勤続年数が30年30日の特別有給休暇と褒賞金

となっています。

退職時には、退職金として勤続年数によって支給され、財形積立制度や持ち株制度などを利用することも可能。

また、総合福利厚生メニューとして「WELBOX」というものを用意し、余暇を楽しむことのできる施設やチケットなどの割引制度があるなど充実しています。

社員同士のコミュニケーションを深めるためにと「コミュニケーション・チームビルディング」としてクラブ活動の補助金を10名以上集まるクラブに支給しており、日本全国各地に多くの種類のクラブがあります。

自己啓発のために資格取得を目指したいという社員には、「資格取得奨励金制度」というものも用意しているので、この制度を利用しながら自分自身のスキルアップを目指す人も少なくありません。

日本マクドナルドの社風は?

日本マクドナルドの社風は、店舗内では社員とアルバイトなどスタッフ同士の役職に隔たりはなくアットホームな雰囲気となっています。

社員同士の関係は、年功序列ではなく実力主義ということもあり、程よい緊張感の中で働くことができるので、向上心を持って働いていきたいという人にとっては働きやすい環境が整っています。

日本マクドナルドの社風的には、誰とでも明るく接することができる人が、スキルアップできる傾向が強いようです。

研修が充実している

日本マクドナルドでは、年齢や役職を問わず多くの教育プログラムを実施しています。

この教育プログラムは、人材育成としてだけではなく、楽しくそして向上心を持って働くことができるような日本マクドナルドにとって完成形とも思える内容のものとなっていると自負があり、教育プログラムを受けることを必須としています。

上司とのミーティングが多い

社員の意識を高め成長を促すための取り組みのひとつとして、日本マクドナルドでは上司とのミーティングを多く行っています。

上司とのミーティングは、

  • 週に1回
  • 半月に1回
  • 月に1回
  • 四半期に1回

という風に、かなりの数のミーティングを行い、仕事に関する進捗や悩み、不安などを話し合う機会を設けています。

コンテスト開催による報酬

日本マクドナルドでは、社員・スタッフに向けて様々なコンテストを定期的に開催しています。

コンテストに入賞した社員・スタッフは、しっかり評価され報酬なども用意されているので、ただ漠然と業務をこなすというのではなく、メリハリのある毎日を過ごすことができます。

業務ごとにテストがありクリアしていくシステム

マクドナルドの店内で行う業務ひとつひとつにテストがあります。レジでの接客作業はもちろん、ドライブスルー業務、フロア業務、ポテトなどの作成業務など、ひとつひとつの業務に対して、先輩トレーナーが指導、テストに合格することでスキルアップしていくというシステムとなっています。

このシステムの導入により、ひとつひとつの業務を意欲的にそして自信を持って取り組むことができるようになります。

日本マクドナルドで働いている人の口コミは?

日本マクドナルドで働いている人、働いていたという人の口コミをキャリコネの20件の口コミから分析してみました。

  • 賃金が安いなと感じました。
  • 社内でのイベントなどが多くあり、自然とスタッフ同士が仲良くなれる環境があり楽しかった。
  • 休みなどが入れづらい時期があるなど働く環境的にはキツイと感じることも多かった。
  • シフト制で自分の希望に合わせてシフトを入れることができるので良い。
  • 教育体制がしっかりしていますが、マニュアルが多くありすぎて覚えるのが大変でした。
  • 女性にとって働きやすく、スキルアップしやすい環境だなと感じます。
  • 福利厚生が充実していて、実力を認めてもらえる環境が良かった。

というように、働きやすい環境があったという一方で、賃金が安い、休みづらい、マニュアルがありすぎてキツイというような声もあり、店舗で働くスタッフの大変さも垣間見ることができます。

日本マクドナルドの社員として働く場合、福利厚生の充実や、イベントを通じてのコミュニケーションを活性化させる取り組みなど意欲的に働く環境を用意することを意識していることは評価できそうです。

また、実力主義という観点からは、自分の努力によって認められたい、出世していきたいという人にとっては日本マクドナルドは魅力的な環境が用意されていると言えます。

日本マクドナルドへの転職を成功させる方法

日本マクドナルドへの転職を成功させるためには、ただ漠然と求人を探して転職活動をしていても実現は難しいかもしれません。そこで、日本マクドナルドへの転職を成功させるためにやっておきたいことをいくつか紹介していきます。

日本マクドナルドで働きたい!という気持ちが本当かを再確認してみる

マクドナルドと言えば、数あるファーストフードの中でも誰もが利用したことがあり、「大好き!」という店舗でもあります。

マクドナルドが好きだから働いてみたいなど、日本マクドナルドで働きたいという理由を自分自身の中でもう一度確認してみることをおすすめします。

日本マクドナルドに無事に働くことができるようになると、自分自身でどうスキルアップしていくのかを決めて行動していくことが求められますので、高い意識を持つことができるかどうかを再確認してみましょう。

自分のこれまでのスキルにマッチするかの棚卸しをしよう!

日本マクドナルドへの転職を成功させるためには、コミュニケーション能力や戦略的な思考力、英語力などが必要となります。

これまで行ってきた仕事や自分自身の持っているスキルと日本マクドナルドが求めている人材がマッチするかどうかを冷静に判断することは、日本マクドナルドへの転職成功には欠かせません。

英語力のみが足りないという場合なら、「今からでも英語を勉強しよう!」という気持ちが大切です。

転職エージェントを複数同時利用する!

日本マクドナルドへの転職を成功させるために必要不可欠となるものと言えば、転職エージェントを同時に複数社利用するということです。

日本マクドナルドの求人をすばやく手に入れるためには、自力で求人情報を閲覧して探すよりも転職エージェントにお願いしておいて、日本マクドナルドの求人が出たらすぐに応募の対応をお願いすると効率的です。

また、書類選考に通過できるように履歴書や職務経歴書の添削など採用に繋がる支援を受けることのできる転職エージェントを利用することで、日本マクドナルドへの転職も実現しやすくなります。

転職エージェントを利用する中で、履歴書・職務経歴書の添削を受ける

転職エージェントには、ただ求人情報の紹介を受けるというだけではなく、日本マクドナルドに採用できるような履歴書や職務経歴書の添削が行われるところも多くあります。

少しでも採用の可能性を高めるために、利用できるものは徹底的に利用することで日本マクドナルドへの転職成功が一気に近くなりますので、有効活用しましょう。

転職エージェントで行われている面接指導を受ける

転職エージェントで行われている履歴書・職務経歴書の添削を受けながら、採用担当者に気に入ってもらえるような面接を受けることができるような指導も受けるようにしましょう。

特に日本マクドナルドでは、コミュニケーション能力や向上心などがしっかりある人材かどうかを面接の席で判断されることが多いので、正しい自己アピールの方法などを転職エージェントで行われている面接指導の中で得るようにしましょう。

日本マクドナルドへの転職で必ず登録すべきエージェント・サイト3選

日本マクドナルドへの転職をするためには、まず求人を手に入れなければその道に進むことはできません。誰よりも早くそして確実に日本マクドナルドの求人を手に入れるために必須となるのが転職エージェントの利用です。

日本マクドナルドの求人を手に入れるために利用しておくべき転職エージェントを厳選して紹介していきます。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

最後に

日本マクドナルドへの転職を希望するなら、複数の転職エージェントを利用して求人情報をいち早く手に入れることと、自分の良い部分を日本マクドナルドの採用担当者へアピールすることができるような対策を行ったうえで、履歴書・職務経歴書の提出、面接に臨むことが大切です。

日本マクドナルドへの転職の難易度は、職種によってはそう高いものではありませんが、ほかの企業にはない視点で採用試験が行われていることを理解したうえで挑戦するようにしましょう。