明治へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

明治は誰もが知る大手食品企業ですが、明治への転職は可能ですか?
明治は中途採用を毎年実施いるので、転職することは可能ですよ。

キャリアコンサルタント

どのような転職活動を行えば、明治に転職できますか?
毎年中途採用が実施されているものの、明治は新卒採用で採用した人材をしっかりと育て上げる傾向があるため、転職難易度が低いとは言えません。

キャリアコンサルタント

この記事では、そんな明治に転職する方法についてご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

明治のような大手食品会社に転職して働くことは、キャリアアップや年収アップにつながり、働く人たちにとっての夢でもあります。

ここでは、そんな大手企業でもある明治への転職難易度や転職方法を、各項目のデータや情報などから検証していきたいと思います。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・サイトランキング【全33職種/328社】

明治への転職は可能?データから難易度を検証

明治へ転職するには、中途採用の応募にエントリーを行う必要があるのですが、明治の現在の採用情報はどのようになっているのでしょうか?

ここでは、現在の明治の採用情報や、過去の中途採用の実績、採用大学の傾向から、明治への転職難易度を検証していきます。

現在の明治の採用情報

明治ホールディングスのホームページによると、「株式会社明治」の総合職では、技術系・事務営業系・酪農系で募集が行われており、「Meiji Seika ファルマ株式会社」では、技術系・営業管理系、これらの募集がそれぞれ行われています。

しかし、これら募集の対象は共に「2020年3月に大学卒業見込みの方・2020年3月に大学院修了見込みの方」となっていて、新卒者を対象とした採用情報となっています。

キャリア採用(中途採用)に関しての情報が記載されていないことから、現在明治ホールディングスのホームページでは、中途採用が実施されていないようです。

しかし、必ずと言っていいほど新卒採用者が途中でやめてしまうことや、大手転職サイトや転職エージェントと明治ホールディングスが取引していること、過去にも中途採用の採用実績があることなどから、明治では本年度も中途採用が実施されることが予想されます。

中途採用の実績や傾向

明治の過去の中途採用の実績や傾向はどのようになっているのでしょう?実績や傾向などを見てきましょう。

中途採用の実績

過去に転職サイトや転職エージェントにて求人情報を掲載していたことと、毎年50~100名ほど新卒採用を実施していることからも、明治の中途採用の実績は豊富であると考えることができます。

明治ホールディングスの採用情報によると、2019年4月の新卒採用予定人数が50名以上と記載されていたことからも、本年度もそれと同じくらいの中途採用が実施されると予想できます。

中途採用が実施されるタイミングは明確にはされていませんが、人材の入れ替え時期や新卒採用者が辞めてしまう時期を考えた際、5月~9月の間に数回中途採用が実施されることが予想できます。

明治への転職を希望される場合は、明治ホールディングス採用情報や、インターネットなどで、明治に関する採用情報をこまめにチェックしましょう。

採用大学の傾向

大手転職サイトの「エン転職」で公開されていた過去の明治の求人情報によると、応募資格は「学歴不問」とありましたが、これは製造スタッフの募集内容であったため、全ての職種において学歴不問であるとは言えません。

実際にエンジニア部門では「短大卒・専門卒・高専卒以上」など、学歴による応募資格が設けられており、職種や部門によって学歴の指定はあるようです。

また、明治のような大手食品企業の場合、応募者のほとんどが大卒以上で採用倍率もかなり高い傾向にありますが、明治の場合は学歴が良ければそれで採用されるというわけでもないようです。

そもそも中途採用の目的が「即戦力の確保」「人材の確保」を目的にしているので、採用の基準は「学歴よりも人間性」に比重をおく傾向があります。

明治への転職難易度は?

  • 職種や部門によって学歴の条件がある
  • 卒業大学による影響はあまりない
  • 中途採用の実績が豊富
  • 転職サイトやエージェントを経由したエントリーが可能
  • 求人倍率は高い

明治への転職を希望した際は、これらのポイントを踏まえる必要があります。明確な難易度はありませんが、転職方法や取り組み方によって難易度は変動し、明治は大手食品メーカーだからと言って、決して転職が不可能というわけではありません。

市場の情報や明治の社風・情報などを踏まえ、それに適した転職方法を行いましょう。

明治の事業内容や職場環境は?概要・事業内容や平均年収などを検証

ここからは、明治の概要・事業内容、平均年収や平均年齢など、明治に関する基本的な情報を紹介します。

会社概要・事業内容

会社名明治ホールディングス株式会社
本社所在地東京都中央区京橋
業種食料品
設立2009年(経営統合)
従業員数16,559人(連結)
資本金300億円
事業内容食品、薬品等の製造、販売等を行う子会社等の経営管理およびそれに付帯または関連する事業

平均年収・平均年齢

2012年~1017年までの明治ホールディングスの平均年収および平均年齢は以下のようになります。

2010年~1016年 平均年収よび平均年齢

年度平均年収平均年齢勤続年数
2017年967.1万円43.0歳19.1年
2016年973.6万円42.0歳18.8年
2015年966.6万円42.1歳19.0年
2014年946.3万円42.6歳19.5年
2013年971.3万円43.6歳20.3年
2012年956.6万円43.3歳20.1年

年収の推移は過去6年間でほぼ横ばいと言え、全国の平均年収(420万円前後)と比べてみても倍以上の数字であり、食料品業界においても、アサヒ・キリン・サントリーに次ぐ第4位で、このことからも明治は日本を代表する大手食品メーカーであると言えます。

大企業になればなるほど平均年齢と勤続年数が高くなる傾向にありますが、明治も例外ではなく平均年齢・勤続年数は共に高いため、長く安定して働ける職場であると言えます。

明治への転職方法には転職エージェントの利用がおすすめ

ここまで、明治への転職に関するさまざまな情報を整理しましたが、明治への転職活動の方法としては、転職エージェントの利用がおすすめと言えます。

転職エージェントがおすすめの理由

上記でも少し紹介しましたが、本年度も明治では中途採用が実施されることが予想され、その際、明治ホールディングスの採用情報からエントリーすることができます。

しかし、上記にもあったように、大手企業である明治への転職希望者は本年度も多いことが予想され、そのため求人倍率が高くなり転職成功率が低くなってしまいます。

ですが、明治や転職サイトを使った直接エントリーではなく、転職エージェントを経由したエントリーを行えば、採用のハードルを下げることができ、それによって転職成功率も大幅に上昇します。

明治のような大手企業へ転職するには、厳しい書類選考や、1次・2次面接など複数の面接を通過する必要があり、直接エントリーの場合はこれらの準備を一人でする必要があります。

しかし、転職エージェントを利用した場合は、選考書類の作成サポートや、企業に合わせた本格的な面接対策を無料で実施してくれるため、しっかりとした準備を整えて転職活動に取り組むことができます。

特に明治のような大手企業の場合は、書類選考や面接が採用の行く末を大きく左右するため、転職エージェントの有効活用は、明治への転職へ大きな強みとなります。

明治のような大企業への転職の際は、明治の求人情報を扱った無料で利用できる転職エージェントに複数登録をし、併用して利用することが大きなポイントと言えます。

明治への転職おすすめ!登録しておきたい転職エージェント

ここからは、明治への転職活動におすすめしたい転職エージェントをいくつか紹介していきます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントは複数登録して併用して利用するのがポイント

転職エージェントには大手に限らず、それぞれ特徴や強みが異なるので、しっかりとした準備で転職活動を行うためには、複数登録して併用して利用することが大きなポイントです。

転職エージェントのほとんどが無料で登録利用できるので、幅広く充実した転職活動を行うためにも、無料で複数登録を行い併用して効果的に活用しましょう。