三菱電機へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

三菱電機は、かなりハイレベルな会社というイメージがあり、転職は難しいと思うのですが…。転職することはできるのでしょうか?
はい。確かに、簡単に転職できるというわけではないでしょう。しかし、これからご紹介する方法をしっかり守れば、決して不可能というわけでもありません

キャリアコンサルタント

その方法を一緒に見ていきましょう。

キャリアコンサルタント

三菱電機は日立製作所や東芝などと並ぶ、日本の大手総合電機メーカーです。

三菱電機は転職市場でも人気で、「大企業だからこそ実現できるモノづくりに携わりたい」という気持ちで転職を希望する方も多くいるでしょう。

しかし、三菱電機への転職をめざすにあたって事業の内容や職場環境、年収など気になるポイントはたくさんあります。

この記事では三菱電機の基本的な情報から社風まで、口コミを交えながら解説。三菱電機への転職を成功させるためのコツについても解説していますので、転職希望の方はぜひご一読ください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

三菱電機への転職は可能?データから難易度を検証

三菱電機は誰もが知る企業。だからこそ人気が高く、優秀な人材が集まっています。

そのため、あなたが三菱電機で役立つ業務経験やスキルを持っていない限り転職の難易度は非常に高いと言えるでしょう。

また、あなた以外にも優秀な人材が多数応募してくる企業ですので、面接・履歴書を通して自分の能力を効果的にアピールしなければ転職活動がさらに難航する可能性もあります。

しかし現在、三菱電機では転職エージェントのサイトに出されている公開求人を含め多数の求人を出しています。

公式サイトでも事業所・職種別に求人をチェックできますので、「求人がなくて転職できない」という状況ではありません。

三菱電機の公式サイトによると事務系・技術系の職種含め2018年度には550人の採用を予定していますので、特に採用人数の多い技術系の職種であれば業務経験やアピール次第で十分入社が可能です。

しかし三菱電機のキャリア採用は事業所・職種別となっていますので、事業所のあるエリアによっては転職難易度が大幅に上がることが予想されます。

自分の生きたいエリアで選ぶのか、三菱電機で働けるなら場所はどこでもいい、といった気持ちで選ぶのか、求職者の希望によっても難易度は変化してくるでしょう。

三菱電機に転職するなら確認したい!事業内容や職場環境とは?

転職するうえで知っておきたいのが事業内容や職場環境。転職後のミスマッチを防ぐため、会社の雰囲気や仕事に就いてはなるべく事前に情報収集しておくことが大切です。

ここからは三菱電機の会社概要や手掛ける事業の内容、また転職サイト「キャリコネ」に寄せられた口コミから分かる職場環境について解説していきます。

まずは三菱電機の基本的な状況や環境について知り、これからの転職活動に活かしていきましょう。

三菱電機の会社概要&事業まとめ

まずは、三菱電機の企業内容&事業について見ていきます。三菱電機と聞くと家電を思い浮かべる方が多いかと思いますが、三菱電機は総合電機メーカーとして家電以外にも多数の事業に取り組んでいます。

まずは事業内容などについてチェックし、自分がどの分野で働きたいのか検討しておくとよいでしょう。

三菱電機の企業概要

三菱電機の基本情報は以下のようになっています。

会社名三菱電機株式会社
本社所在地東京都千代田区丸の内2-7-3
代表者杉山武史
設立1921年
資本金175,820百万円
連結売上高4,431,198百万円
連結従業員数 142,340人

三菱電機は資本金、売上高、従業員数のどれも非常に大きい企業で、日本・海外含め拠点も多数あります。

また、現在三菱電機の売上高は上昇傾向にあり、三菱グループの中で第4位の売上高となっています。

業界内での売上高ランキングは4位ですが、三菱電機は特に利益率が高くROE(自己資本利益率)は業界内でトップとなっています(2018年度)。

三菱電機が手掛ける事業

三菱電機は家電以外にも様々な事業に進出しています。現在公式サイトで紹介されている事業は

  • 重電システム(エレベーター・発電機など)
  • 産業メカトロニクス(配電用変圧器・自動車電装用品など)
  • 情報通信システム(人工衛星・ネットワークシステムなど)
  • 電子デバイス(液晶装置・パワーモジュールなど)
  • 家庭電器(テレビ・エアコンなど)

の5種類となっていますが、小さい事業やグループ会社の事業を合わせるとさらに進出している事業の範囲は増えるでしょう。

三菱電機ではこの5種類の事業を、

  • ビル
  • 産業・FA
  • 公共
  • エネルギー
  • 交通
  • 自動車機器
  • 宇宙
  • 通信
  • 半導体・電子デバイス
  • 空調・冷熱
  • ホームエレクトロニクス
  • ITソリューション

と12種類に分けています。

技術職であればある程度手掛けたい事業分野が決まっているかと考えられますが、経理・人事など事務系の職種であれば事業分野別にどういった仕事をしていくか分からないという方もいるでしょう。

もし「この事業分野で経験を積みたい」「仕事にどんな特徴があるか、事業分野別に話を聞きたい」などの希望があれば面接時に相談してみるとよいでしょう。

三菱電機の平均年収は高い?競合他社とも比較!

転職するうえで気になるのが平均年収。誰もが知る大手企業である三菱電機は高給とも言われますが、実際にどれくらいの給与がもらえるのでしょうか。

ここからは気になる三菱電機の平均年収について、競合他社との比較を交えながら解説していきます。

三菱電機の平均年収とは

有価証券報告書によると、三菱電機の平均年収(平成28年度)は796万円となっています。

三菱電機に勤める社員の平均年齢は40,2歳と少し高めですので平均年収も高めになっていますが、やはり他の一般的な企業と比べて非常に高い水準であると言えるでしょう。

また、公式サイトで発表されている中途採用の求人を見てみると

  • 営業職350~750万円
  • 経理職350~750万円
  • システム設計350~750万円

など、どの職種・事業所でもおおむね350~750万円ほどの年収となっていました。そのため自分の経験・ポジションで実際にどれくらいの年収がもらえるかは求人票を見た段階では分かりません。

平均年収の額を考えれば、交渉次第で基準より高い給与での入社も可能になる場合があります。「さらに好待遇で転職を成功させたい」という方はまず転職に詳しいエージェントなどに相談してみましょう。

競合他社とも年収比較!

三菱電機と近いポジションで事業を行っている会社として、パナソニックや日立製作所、東芝などが挙げられます。

有価証券報告書によると2018年度の各企業の平均年収は

  • 日立製作所:871.5万円
  • パナソニック:768万円
  • 東芝:711万円

となっており、福利厚生を含めると純粋な比較は難しくなりますが、三菱電機の平均年収は同業種内でも高めだと言えそうです。

また、特に三菱電機は福利厚生に力を入れているため、家賃の補助や手当などを考えると額面の796万円より実際の年収はさらに上がると考えられます。

三菱電機の中途採用情報

三菱電機では通年でキャリア採用を行っています。キャリア採用では

  • 公式サイトから希望の職種に応募する
  • キャリアやスキルを登録し三菱電機からの連絡を待つ

という2つの方法で応募できます。応募時期は求人ごとに異なりますので、気になる方は公式サイトから現在出されている求人をチェックしてみてくださいね。

2016年、2017年度共に中途採用された人数は550人となっていますが、主に工場などの「製作所」で働く職種での求人が多い傾向にあります。

三菱電機の中途採用は「キャリア採用」という形になっており、どの職種でも基本的に3年以上の経験が必要となります。

経験が3年未満の場合は「新卒採用」としての応募も可能ですので、行きたい事業や自分のスキルを考慮に入れつつ、どちらで応募するか検討してみてくださいね。

【口コミから判明!】三菱電機の職場環境とは

三菱電機の職場環境について、口コミもチェックできる&Careerおすすめの転職サイト「キャリコネ」に掲載された1108件の口コミを分析しました。

三菱電機は人気企業として転職市場でも人気ですが、実際に働いている人からの評判はどのようなものになっているのでしょうか。

転職を決める前に一度口コミを確認してみてくださいね。

仕事のやりがいと評価

三菱電機では家電以外にも様々な分野の製品を製造しています。そのためモノづくりという点で関わることができる業務は多く、メーカーで生かせるスキルを磨くには良い職場だと言えるでしょう。

キャリコネの口コミでも、

  • 「様々なモノづくりの流れを知ることができた」
  • 「中小企業では味わえない仕事のダイナミズムを感じられる」

など、仕事の規模感に関して高評価の声が多数ありました。また、教育制度が充実しており、

  • 「自己啓発に対してのサポートは十分整っている」
  • 「社員教育制度もしっかりしており、若いうちから責任ある仕事を任される」
  • 「能力に応じた裁量が与えられる」

など、若いうちからどんどん研修を受け、成長できる環境があることが分かります。

一方、仕事のやりがいという点を疑問視する声もありました。

  • 「有名な会社なので、会社の名前だけで仕事ができてしまう」
  • 「細分化されて仕事を進めるため、面白みは少ない」

など、仕事の規模が大きく、知名度もある大企業ならではの問題もあるようです。

特に三菱電機は様々な事業を行っているからこそ部署数も数多くあり、仕事のやりがいや状況については部署次第となることも多いようです。

また、部署が多いことで業務が細分化され「別の事業担当の人が何をやっているか全くわからない」といった環境になることも十分考えられます。

しかし、

  • 「自分自身が携わった部品が使われている自動車が走っているのを見ると嬉しい」
  • 「製品を通して社会に貢献しているという実感が得られる」

など、「モノづくり」「社会貢献」自体に楽しさを見出している方は多数いるので、「自分の力で新しいモノを作りたい」という方であれば三菱電機での仕事も充実したものとなるでしょう。

製作所は激務?三菱電機の残業時間&休日出勤

キャリコネに寄せられた口コミによると製作所、本社支社含む全体で残業時間の平均は45.3時間、また月当りの平均休日出勤日数は1.0日となっていました。

残業時間はおおよそ他の企業も含めた平均と同じ、休日出勤に関しても著しく多いというわけではありません。

残業時間は部署によるところも大きいですが、

  • 残業はそこまで多くはない。月10時間のときもある。」
  • 「残業は基本的に週3日」

など、残業が全くないわけではないけれど、きちんとプライベートと両立できるという声が多くありました。

また残業を管理するシステムについてもおおむね評価が高く

  • 「一定時間残業するとPCが動かなくなる」
  • 「残業時間の制限が厳しく、月60時間は厳守するようになった」

といった声が挙がりました。三菱電機では週二回のノー残業デーがあり、多くの部署で週2回は定時帰宅ができるよう調整されているようです。

また、休日出勤に関しても

  • 休日出勤は基本的にないため働きやすい」
  • 「休日出勤を行うと代休を取るよう促される」

などの意見が多くありました。

一方、特にシステムエンジニア・プログラマなどの技術職、また営業職では残業が常態化している部署もあるようです。

  • 「残業ありきで人員配置されている」
  • 「残業・休日出勤はあたり前で、毎日終電で帰っていた」
  • 「忙しい月になると土日出勤もある」

など残業・休日出勤の多さに不満を持つ社員も少なくないようです。

行きたい部署が決まっているという場合は直接その部署の先輩に休日出勤や残業の実態を確認しておいた方が良いと言えるでしょう。

転職前に気になる福利厚生&有給休暇の実態

三菱電機は多数の社員を抱える大企業と言うこともあり、基本的な福利厚生はしっかり整っているようです。

  • 「保険や保養所などの割引サービス、家賃補助などを受けられる」
  • 「社員寮、独身寮があるのでほとんど住居費がかからない」

など、一通りの福利厚生はそろっており「不満は何もない」という口コミも複数ありました。

三菱電機では結婚後、家賃補助として最大月5万円が支給される制度もあり、結婚後もお金に困ることが無いようしっかり配慮がなされているようです。

また、有給についても取りやすい環境が整っているとの声が多く、転職先と「キャリコネ」が掲載している口コミによると、有休消化率の平均は47となっています。

  • 「有給は業務に支障が無ければいつでも取れる」
  • 「有給休暇はかなり使いやすく、突発な用事にも対応してくれた」

など、部署にもよりますが基本的に有給は取りやすい環境にあるようです。

加えて、女性の働きやすさについても好評の声が多くありました。

  • 「女性の場合育児休暇も取りやすい環境」
  • 「(女性の働き方に関して)理解ある方が多く非常に働きやすい」

など、まだ女性管理職は少ないなかですがきちんと育児休暇などを取りつつ働き続ける女性も多くいるようです。

特に若い世代では性別問わず働く」という意識がしっかりしているという口コミが多く、今後働き方改革などの流れもあることから多くの人にとって働きやすい環境がさらに整っていくと予想されます。

三菱電機全体の社風とは

三菱電機では現在働き方改革が行われており、今までの固定観念にとらわれない新しい働き方を積極的に取り入れています。そのため

  • 「立場の差なくお互いに意見を言い合える風潮がある」
  • 「新しい物・事をどんどん取り入れ、作業がしやすいよう工夫されていた」

など、会社の働き方全般について高く評価する声も多数ありました。

一方で、まだ昔ながらの体制が残っている部署も少なくないようです。キャリコネの口コミでは

  • 「残業している人の方が偉いという風潮がある」
  • 「良くも悪くも日本色の濃い企業で、新しいことにチャレンジする社風ではない」

などの声もありました。

また、「昔ながらの日本企業」らしく、飲み会やイベントの多さに言及する口コミも多くみられました。

  • 「飲み会や社内外のお付き合いが異常に多い」
  • 「忘年会の他にもイベントを開催している部署もある」

飲み会やイベントは社内外の方の仲良くなる大きなチャンスではありますが、あまりこういったイベントごとが得意ではないという方は転職後、三菱電機の職場環境となじめない可能性もあります。

しかし人間関係についてはおおむね好評で、

  • 「いい人が多い」
  • 「慣れてくると基本的に雰囲気はいい」

などの意見がありました。

職場の人とたくさんコミュニケーションを取りつつ、長期的に働きたいと考えている人にとっては良い社風だと言えるでしょう。

三菱電機への転職を成功させる方法

転職市場でも人気の三菱電機で内定をもらうには、適切なスキルとやる気をアピールすることが不可欠です。また他の転職希望者と差をつけるため、履歴書や面接の対策にも力を入れる必要があると言えます。

転職の際は公式サイトの「求める人物像」や転職サイトなどに掲載されている募集要項などをチェックし、三菱電機向けの対策を練っていくことが重要です。

ここからは三菱電機への転職を成功させるための方法について3つ、ご紹介していますので転職希望の方はぜひチェックしてください。

場所を問わず活躍できることをアピールする

三菱電機は現在、海外の事業にも非常に力を入れています。公式サイトに出されている求人の中にも「海外営業」などの職種があり、今後も海外で働く社員が増えていくと予想されます。

特に正社員として入社すれば、キャリアアップの一環として海外勤務になる可能性は十分考えられるでしょう。

そのため転職の面接などでは「海外でも働きたい」「語学などの勉強に力を入れている」など、海外勤務も可能だというポイントをアピールすると良いでしょう。

また、三菱電機は全国各地に拠点をもっているため今後のキャリアや仕事内容によっては転勤や出張を何度も行うケースもあります。

もちろんキャリア採用は支社や製作所ごとなのである程度自分の好きな場所が選べますが、三菱電機でさらに活躍したいという方は「場所を問わず活躍できる」と面接官などに伝えるとよいでしょう。

長く働くことをアピールする

三菱電機のキャリア採用に関する公式ページには「永くお付き合いしましょう!」という言葉があります。

三菱電機では一つの企業と長く交渉を重ねながら、長期間かけてオーダーメイドの製品を作る事業を多数行っています。

そのため今始めた仕事の結果が分かるのが10年後といった製品も多く、「一時的な付き合い」ではなく「永い付き合い」が求められます。

自分のキャリアアップのため、一時的に三菱電機に入ろうと考えている方はもしかすると別の企業を探した方が良いかもしれません。

面接の時も「今後長く働くつもりがある」ということをしっかりアピールしなければマイナスの評価が付いてしまう恐れもあります。

三菱電機でモノづくりに携わりたいという方は、自分のやる気と根気を積極的にアピールしましょう。

転職エージェントを利用する

三菱電機の中途採用は公式サイトから応募することができます。しかし三菱電機は非常に人気のある会社ですので、直接応募はハードルが高い…と感じる方も多いでしょう。

直接応募だと、自分の力だけで全国各地の優秀な人材と中途採用の枠を争うことになりますので、下手をすると書類だけで落とされてしまうというケースもあります。

そこでおすすめなのが、大手企業への転職に強い転職エージェントへの登録です。転職エージェントでは非公開求人の紹介も受けられ、書類や面接のサポートも行ってくれます。

エージェントによっては「三菱電機への転職専門」の対策・アドバイスを行ってくれるところもあります。

登録後は転職エージェントしか持っていない好待遇の求人をチェックすることもできますので、三菱電機への転職をめざすなら転職エージェントまたは転職サイトへの登録を必ずしておきましょう。

三菱電機への転職で必ず登録すべきエージェント・サイト4選

三菱電機への転職を考えているなら転職エージェント・転職サイトの利用がおすすめ。ここからは&Careerが独自に集めた各社の評判を含め、おすすめ転職エージェント・サイトをご紹介していきます。

転職エージェントやサイトに登録することで非公開求人を見ることもできますので、より多くの求人をチェックするという意味でも転職エージェント・サイトには複数登録がおすすめです。

「転職を成功させたい」「キャリアについてじっくり相談したい」という方はここから紹介するエージェントやサイトに登録しておきましょう。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントを複数利用して、三菱電機への転職成功率を上げよう!

いかがでしたでしょうか。誰もが知る大手企業、三菱電機への転職は難しい状況にありますが、自分のスキルややる気をしっかりアピールすれば不可能なチャレンジではありません

「まだ転職しようか迷っている…」「自分のスキルや能力で転職できるか自信がない」という方も一度転職エージェントに登録し、公開されている求人をチェックしてみましょう。

すでに転職エージェントやサイトで公開されている三菱電機の求人もありますので、まずは求められるスキルや待遇について把握し、今後の転職方針を考えていくことをおすすめします。

また、本格的に転職活動を始める際はこの記事でご紹介したエージェントをはじめ複数のエージェントに登録し、より多くの求人をチェックしましょう。