三菱地所へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

三菱地所に転職したいです。こんな人気企業に中途で入社するなんてこと、できるんでしょうか?
三菱地所はかなり人気な企業なので、転職難易度は高いと言えます。

キャリアコンサルタント

そうなんですね…。転職は難しいのでしょうか?
転職エージェントを活用し、しっかりと対策をすれば、転職できますよ。

キャリアコンサルタント

この記事では、そんな三菱地所への転職方法について解説しています。他にも、事業内容職場環境などご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

キャリアコンサルタント

三菱グループの1つであり日本の基盤を支えている三菱地所へ転職したいという方も多いのではないのでしょうか。

三菱地所に転職するためには単純に求人に応募するだけではなく様々な対策を立てて転職活動を進めていくのが良いとされています。

では三菱地所へ転職するためにはどのような方法で転職活動を進めていき、どのような対策を立てながら挑んでいくのが良いのでしょうか。

そこでこの記事では三菱地所への採用率を高め、転職を成功させるための方法を解説していきたいと思います。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

三菱地所への転職は可能?データから難易度を検証

三菱地所は転職するのが難しい企業なのでしょうか。まずは三菱地所へ転職することは可能なのか、三菱地所の転職難易度を確認してみたいと思います。

三菱地所の求人はインターネットでもチェックできる

多くの転職サイトで三菱地所に関する求人をチェックしてみましたが、三菱地所に関する求人は多く確認することができました。

企業によっては転職サイトやハローワークに求人を掲載しておらず、企業説明会や自社のホームページからでしか採用情報を掲載していない企業というものもあります。そういった企業は転職を応募するのも難しく、転職難易度が高い企業と言えるでしょう。

三菱地所はそういったこともなく、転職サイトにも求人が掲載されていて応募がしやすい企業ですので、そういった面では転職しやすい企業となっています。

三菱地所の求人は転職者からの人気は高い

三菱地所は日本の大手企業であり、知名度の高い有名企業であることから多くの転職者から高い人気を得ている企業です。

多くの転職者が採用を狙っているということは、求人にも多くの転職者が応募することとなり求人倍率が高くなってしまいます。求人倍率が高くなれば当然転職難易度も高くなるため、三菱地所の転職難易度は高いと言えるでしょう。

三菱地所への転職難易度は高いので対策が必要

三菱地所は求人こそ転職サイトで多く確認することができますが、その求人を狙って多くの転職者が転職活動を進めています。そのため三菱地所の求人倍率は高く、転職難易度が高い企業となっています。

つまり三菱地所に転職するためにはただ応募するだけではなく、ちゃんと三菱地所がどんな企業で自分のキャリアやスキルの中から何を武器にして転職活動を進めていくのかを考えて対策を立てながら転職活動を進めていく必要があります。

三菱地所に転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

転職難易度の高い三菱地所への転職を成功させるためには、三菱地所という企業がどういう企業なのかをしっかり把握しておく必要があります。

そこでこの項では三菱地所がどういった企業なのか、事業内容や平均年収などから確認してみましょう。

三菱地所の事業内容

まずは三菱地所の事業内容をご紹介します。

ビル事業

三菱地所のメイン事業であり、三菱地所の前身である三菱社の時代から今日まで進められているのがビル事業です。

100年以上続いている三菱地所の大きな事業の1つでオフィスビルの建設や丸の内エリアの街づくり事業などを中心として各地のビル開発や建設した建物の賃貸・運営管理などを行っています。

最初は丸の内エリアのみだった街づくりも現在では日本各地に広がっており、札幌から福岡まで全国的に三菱地所は事業展開が行われています。

三菱地所が建設した主なビルとしては丸の内ビルディング、日比谷国際ビル、横浜ランドマークタワーなどがあります。

こういった大きな建築物の設計や運営管理に携わることができ、日本の地盤を支えている事業に携われるのが三菱地所の大きな魅力と言えるでしょう。

住宅事業

三菱の住宅事業は昭和40年代からマンション開発などにも力を入れて取り組んでいます。

主に住宅分譲や注文された住宅の用地取得から設計、建築を一手に行う注文住宅、マンションの管理、リフォーム、賃貸の管理や仲介、さらに住宅の売買の仲介などを行っています。

住宅の売買などはやり方も分かりづらく調べて行うのも難しい作業です。三菱地所はそういった手続きの煩わしい住宅の売買を仲介して行ってくれるだけではなく、住宅の建築を土地の確保から完成まで行ってくれるといったことも事業として行っています。

日本の大企業だけではなく身の回りにある住宅の開発にも関わるなど、一般の方にも身近な企業と言えるでしょう。

生活産業不動産事業

こちらも一般の方にはなじみの深い事業となっていて、日本の各地にある商業施設を開発、運営管理を行っている事業となっています。

主な建築物としてアクアシティお台場、マークイズみなとみらい、プレミアムアウトレットなど名だたる大型商業施設が三菱地所の生活産業不動産事業で開発されています。

一度は訪れたことがある様々な商業施設を開発している事業なので、多くの方に利用してもらえる商業的な施設の開発に携わりたい方は、生活産業不動産事業を目指して転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

海外事業

三菱地所は1970年代からアメリカやイギリスなどを始めとして海外事業にも取り組んでいます。海外でも主に不動産の賃貸や開発などを行っており、日本だけではなく世界中の方が三菱地所の建物で仕事を行っています。

このように世界中の不動産事業も行っているため、語学スキルなど海外でも通用するグローバルなスキルを持っている方は、三菱地所の海外事業に挑戦してみるのも良いかもしれません。

三菱地所の売上高

三菱地所の売上高は1兆2900億円となっており、前年よりも8%売上高がアップしています。

前年の売上高も業界第3位と高い成績を誇っており、転職することで安定した生活を送ることができる企業となっています。

転職後安定して働き続けたいという方は三菱地所に転職するのが、今後の業績などを加味しても安定して働き続ける可能性が高いのでおすすめです。

三菱地所の平均年齢

三菱地所の平均年齢は40.9歳となっています。比較的平均年齢が高い企業となっているので、キャリアを積んだ年齢の高い転職者の方でも働きやすい環境となっています。

若くてキャリア的に不安があるという方は先に別の企業でキャリアを積み、そのキャリアやスキルを武器にして三菱地所に転職するというのも良いかもしれません。平均年齢が高い企業はこういった方法で目的の企業に転職する方法が狙えるのもメリットと言えるでしょう。

三菱地所の平均年収

三菱地所の平均年収は1229万円と日本にある企業の中でもトップクラスに高い平均年収となっています。売上高も高く平均年収も高いため、安定して高い給与を手にしたい方におすすめの企業です。

こういった面から転職者の人気も高く、求人倍率の高い企業となって転職難易度も高くなっているようです。

三菱地所の労働時間

三菱地所の労働時間は9時15分から17時15分の中から自分の好きな時間に出勤、退勤の時間を決められるフレックスタイム制を導入しています。

コアタイムは10時から16時となっているため、この時間を含むように勤務時間を設定すれば後は好きな時間に働くことが可能です。

勤務時間を自分の自由に設定できるのは労働者にとってもメリットの大きいものです。好きな時間で働きたい方にも三菱地所はぴったりの企業となっています。

三菱地所の評判

三菱地所は多くの方の生活を支えていたり、企業の運営を助けるなど日本を支えている大きな事業を行っている企業です。

そういった事業に関わることで仕事のやりがいを多く感じている方がおり、給与の高さも相まって三菱地所に転職して良かったという声が多く寄せられていました。

またフレックスタイム制によって子育てをしやすくなったという声もあり、企業としてだけではなく従業員の働きやすさなども加味した運営が行われている点も評価されていました。

三菱地所への転職を成功させる方法

三菱地所がどういった企業なのかについてご紹介してまいりましたが、この情報を基にどのように転職活動を行っていけば良いのでしょうか。

次は三菱地所への転職を成功させるための方法をご紹介します。

企業情報を基に対策を立てる

転職難易度の高い企業に転職するためには転職したい企業がどういった企業なのかを基に対策を立てることが重要となります。

三菱地所の場合、建築関係や都市開発などの知識やキャリアを持っていることで転職を有利に進めることができます。

例えば面接の際に三菱地所に転職して自分がどのように貢献できるかをアピールすることができれば採用率が高まります。このとき建築や都市開発の知識やスキルがあれば具体的に自分が三菱地所で何ができるかをアピールすることが可能となります。

書類選考の際も建築関係の学歴があったり、都市開発に関わる企業の職歴があれば人事の方の目に留まり、書類選考が通りやすくなったり面接もやりやすくなる可能性が高まります。

このように転職難易度が高い企業に対しては対策を立てていくことで採用率を高めることができるのです。

転職エージェントを利用する

転職エージェントとは登録することで転職者にコンサルタントがつき、転職者の転職活動をサポートしてくれる転職サービスの1つです。

基本的に登録料は無料でお金が掛からないため、前職をやめて転職活動を行っているという方でもお金をあまりかけずに次の転職先を見つけられる便利なサービスとなっています。

転職エージェントは様々なサポートで転職者を手助けしながら円滑に転職活動を進めてくれます。では転職エージェントとコンサルタントは具体的にどのようなサポートを行っているのでしょうか。

カウンセリングで転職者の情報を引き出す

コンサルタントが転職者について最初に行うのがカウンセリングです。カウンセリングではコンサルタントが様々な情報を引き出し、転職者の情報を基に今後の転職活動を進めていくこととなります。

転職者はコンサルタントに自分が今までどんなキャリアを積んできたのかやどういったスキルを持っているのか、どのような条件や環境の企業に転職したいのかなどの情報をコンサルタントに伝えます。

この時転職者はコンサルタントに自分の情報をより詳細に具体的に伝えることが大切となります。カウンセリングでの情報伝達が不十分だと今後の転職活動にも支障をきたし、転職者とコンサルタントの関係も悪化して転職活動が滞る恐れがあります。

ですのでコンサルタントに自分の情報を伝える際は、隠し事をせずに赤裸々にコンサルタントに自分のキャリアやスキルなど転職活動に必要な情報を具体的に伝えるようにしてください。

転職者に求人を紹介する

コンサルタントは転職者からもらった情報を基に、転職者に合った求人を紹介します。求人紹介のスピードは早くてもカウンセリングが終了してから即日、遅くても1週間以内に少なくとも10件ほど紹介するのが一般的です。

コンサルタントが紹介した求人の中に転職者が希望する求人が無かった場合は新たな情報を転職者からもらい、その情報を基に新たな求人を紹介してそれを繰り返しながら転職者が希望する求人を見つけていきます。

また三菱地所に転職するのを決めている方のように既に希望している企業が固まっている場合でも、転職者からの情報を基により転職者に合っている求人を紹介することもあります。

心に決めた企業があったとしてもコンサルタントの紹介した求人に応募した結果、転職に成功したと感じたという方も多くいますので、決まっている企業があってもコンサルタントが紹介した求人はチェックしてみて損は無いかと思います。

履歴書の作成と確認

転職活動において欠かせないのが履歴書の作成です。履歴書には書き方やマナーが存在しており、書き損じがあるまま企業に履歴書を送ってしまうと書類選考で落ちてしまったり、面接での印象が悪い状態から始まってしまう可能性があります。

しかし履歴書は手書きで書かなくてはならない場合が多く、手書きだと作成後に自分で確認してもミスに気づかないまま書き損じのある履歴書を企業に送ってしまう恐れがあります。

コンサルタントは履歴書の書き方や採用率が高くなる方法を知っているため、その方法を転職者にレクチャーしながら履歴書の作成をサポートしてくれます。

さらに転職者が作成した履歴書をチェックすることで、書き損じの無い完璧な履歴書を企業に提出できる可能性が高まります。

こういったサポートによって転職難易度の高い企業でも採用率を高めることができますので、履歴書の作成に自信があるという方もコンサルタントのサポートを受けながら履歴書を作成するのが無難でおすすめです。

面接の立ち振る舞いと情報の共有

面接も履歴書と同じで転職活動において大きな意味を持つ作業の1つとなっています。

ただ面接は企業によって質問の内容が異なりますし、同じ質問でも企業によって受け答えに対する良い印象が変わってきます。つまり1つの質問に対して決まった答えを持っていても必ずしもそれが採用率を高めることに繋がらないということとなります。

転職したい企業の方と顔を合わせて話すのも大抵面接の場が初めてですし、緊張して自分のことを伝えられなかったということも珍しいことではありません。

しかし転職エージェントのサポートによって面接のサポートを行ってもらえば面接時の立ち振る舞いや面接でよく聞かれる質問に対する適切な回答などをレクチャーしてもらえます。

また企業とのつながりが強いコンサルタントであれば、その企業が質問に対してどのような受け答えをすれば良い印象を受けるのかなども教えてもらえる場合もあります。

ですので面接でどういった受け答えをしたらよいのか分からない方は、コンサルタントと共に面接対策をしっかり立てていくようにして下さい。

内定後の交渉で年収アップ

企業から内定を貰った後でも転職活動は終わってはいません。内定後に転職者と企業との間で交渉を行うことで年収のアップなどより良い待遇で働ける可能性が高まります。

この交渉もコンサルタントに任せることでより確実に、企業の印象を悪くせずに待遇をよくできます。

入社後より高い給与や良い待遇で働きたいという方は内定後にコンサルタントに交渉を依頼してもらうようにしましょう。

複数の転職エージェントを利用してスムーズに転職

転職エージェントはネット上に多く存在していますが、どの転職エージェントを利用しようか迷っている方も多くいるかと思います。

しかし転職エージェントは複数利用することでよりスムーズに転職活動を進めることができます。では転職エージェントを複数利用するメリットとは何なのでしょうか。

求人の幅が増える

転職エージェントによって掲載されている求人の内容は変わってきます。つまり複数の転職エージェントに登録すればそれだけ求人の選択肢も増えて、様々な企業の情報をチェックすることが可能となります。

特に転職エージェントに登録しないとチェックできない非公開求人は、待遇が良かったり人材急募で採用されやすいといったメリットがある求人です。

三菱地所に転職したい方はもちろん、三菱地所以外の選択肢も視野に入れている方は複数の転職エージェントを利用するのが良いでしょう。

間違った転職活動をするリスクが減る

転職エージェント所属のコンサルタントとはいえ、時にはミスをしてしまうこともあり、転職者にあまり合っていない求人を紹介してしまう可能性もあります。その求人でそのまま転職活動を進めてしまい、転職活動が結果的に失敗してしまうことも少なくありません。

ですが複数の転職エージェントを利用していれば複数のコンサルタントからもたらされる情報を自分で取捨選択して転職活動を進めることができるため、転職活動を失敗するリスクを減らすことができます。

担当についたコンサルタントが必ずしも自分と合うとは限らないため、転職活動を成功させるためにも複数の転職エージェントの利用を検討してみてください。

登録料無料なので複数利用してもデメリットが無い

転職エージェントは先ほども紹介したように基本的に登録料などの費用が掛からないため、複数利用してもお金が掛からないのが大きなメリットとなっています。

無料で上記のようなメリットを得られるため、お金を掛けずに転職を成功させたい方に特に転職エージェントはおすすめとなっているのです。

三菱地所への転職を目指す人におすすめの転職エージェント

ここからはおすすめの転職エージェントをご紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

複数の転職エージェントを利用して、三菱地所の転職成功率を高めよう!

三菱地所は求人倍率が高く転職難易度が高い企業であることが分かりました。そんな三菱地所へ転職するためには三菱地所への理解を深め、しっかりと対策を立てて転職活動を進めていくことが必要となります。

そのためには転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていくのがおすすめです。ぜひ今回紹介した転職エージェントを複数利用して三菱地所への転職を成功させ、安定したワークライフを送りましょう。