三菱重工業へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

三菱重工へ転職したいのですが、どうすれば良いですか?
三菱重工は、日本を支えている一流企業の一つで、転職志望者からの人気も高く、転職難易度もかなり高いと言えます。

キャリアコンサルタント

転職エージェントを活用しましょう。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。具体的に、どの転職エージェントを利用すれば良いですか?
はい。この記事では、三菱重工への転職に強いエージェントを厳選してご紹介しています。

キャリアコンサルタント

その他にも企業情報職場環境などもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

大手企業である三菱グループの傘下である三菱重工業は、転職者からも高い人気を誇っていると言われている企業です。

しかし実際に三菱重工業はどういった企業なのか、転職難易度や転職するためには何を行っていけば良いのかなど気になるポイントが多々あります。

そこで今回は人気企業である三菱重工業の概要や転職難易度、そして採用率を高めるための転職活動の進め方などをご紹介したいと思います。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・サイトランキング【全33職種/328社】

三菱重工業への転職は可能?データから難易度を検証

まずは三菱重工業への転職難易度を確認してみましょう。

求人の幅は広い

三菱重工業の求人は転職サイトにも掲載されており、様々な業種の求人が掲載されています。

求人の幅が広く、多くのサイトで三菱重工業の求人を確認することができるため、求人に応募するだけであれば三菱重工業は応募しやすい企業であると言えるでしょう。

求人倍率は非常に高い

三菱重工業は毎年200人から300人ほどの採用人数を採っていますがそれでも技術系の求人倍率は20倍、事務系の求人倍率が30倍と非常に高い倍率であると言われています。

その中には転職者だけではなく採用されやすい新卒の就活生も含まれています。総じて三菱重工業の求人倍率は高く、ライバルの多い企業であることが分かりました。

三菱重工業への転職難易度は高い

三菱重工業は求人こそ募集できる機会も多く部門の選択肢の幅も多いのですが、多くの転職者や就活生からの人気も高くその求人倍率の高さとライバルの多さから転職難易度の高い企業であることが分かりました。

三菱重工業に転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

三菱重工業は転職難易度が高い企業だからといって必ずしも転職できないという訳ではありません。

「三菱重工業がどういった企業か」や事業内容などを詳しく知ることで三菱重工業で自分の活かせるキャリアやスキルを見つけることができ、それを武器にして転職活動を進めることで採用率を高めることが可能となります。

そこでこの項では三菱重工業がどういった企業なのか事業内容などを紹介するほか、三菱重工業の平均年齢や平均年収など職場環境などについてもご紹介致します。

三菱重工業の事業内容

まずは三菱重工業の事業内容からチェックしてみましょう。

機械・製造業

三菱重工業の主な事業内容は船舶や原動機などの大型機械を製造する機械・製造業がメインとなっています。全国各地9つの事業本部と13か所の生産拠点が運営されており、日本の主要産業を支える大型機械を製造するのがメインの事業となっています。

主な製造製品は以下のものです。

船舶・海洋事業タンカー、貨物船の製造など
原動機事業自然エネルギープラント、ガスタービンなど
原子力事業原子力プラントの設計開発、試験研究など
機械・鉄構事業各種発電装置や交通システムなどの生産
航空宇宙事業宇宙機器、航空機、自衛隊機などの生産
汎用機・特車事業ガスエンジンなどの発電設備や産業機械のエンジンの製造
冷熱事業エアコンや冷凍機の製造
工作機械事業工作機械や自動車部品などの製造

では各種事業について1つずつ見てみましょう。

船舶・海洋事業

日本の企業の中で最も大きく、世界でも有数の技術を持っている三菱重工業のメイン事業です。

横浜、神戸、下関、長崎の造船所や製作所がメインとなっており、タンカーや貨物船といった船舶だけではなく、太平洋フェリーや東日本フェリーというような客船なども製造しています。

船舶・海洋事業に転職することで日本の産業を支える多くの船舶の製造に関わる大きな仕事に携わることができるようになります。

原動機事業

水力発電プラントを始めとする自然エネルギープラントや事業用のガスタービン、産業用のディーゼルエンジンなどを生産している部門です。主に横浜、高砂、長崎の製作所や造船所で生産が行われています。

日本のライフラインの一部を支えている部門であり、三菱重工業の中でも重要な位置を占める部門です。

原子力事業

泊、敦賀、美浜などの原子力発電所の設計や生産、試験研究などが行われている部門です。

原子力や機械、建築など様々な専門知識を持ったエンジニアで構成されている部門で、原子力という危険な物質を取り扱って大きな電力を生み出すためのプロジェクトに立ち会うことができる大きなお仕事となっています。

機械・鉄構事業

日本の交通システムであるゆりかもめやリニアモーターカー、国鉄機関車など日本の交通システムを作り出している部門です。

また日本だけではなくシンガポール、マカオ、韓国などの交通システムも開発・製造しており、日本だけではなくグローバルな交通システムに携わることができる部門となっています。

さらに立体自動倉庫のような物流システムや石油化学プラント、製鉄機械などの産業機械なども製造しており、精密な機械の製造にも携われます。機械のスキルやキャリアを持っている方はこちらの部門に転職しやすいかもしれません。

航空宇宙事業

名古屋航空宇宙システム製作所などで生産されているのが航空宇宙事業の製品です。

宇宙に打ち上げるためのロケットや国際宇宙ステーションの一部となる部分などを製造しており、この事業に参加することで宇宙に関わる大きなスケールのお仕事に従事することができます。

また自衛隊の戦闘機輸送ヘリポート、ボーイングやエアパスのような民間機の製造、日本を防衛するミサイルの製造など国防や空の交通システムなどを製造する大きな事業部門です。

しっかりとスキルと知識があり、スケールの大きいお仕事に従事したい方は航空宇宙事業に携わるのが良いでしょう。

汎用機・特車事業

ディーゼルエンジンやガスエンジンの発電設備、船舶用のエンジンや物流を担う運搬車のような特殊な車両を製造する部門です。戦車などの国防に関する特殊車両の製造もこちらの部門が担っています。

冷熱事業

愛知県や三重県の工場で生産されているのが冷熱事業が担当しているエアコンの製造です。

家庭用のルームエアコンを製造しているだけではなく、店舗やオフィスなどで利用される業務用エアコン、乗用車やバスに取り付けられているエアコン、さらにターボ冷凍機などの製造も行われています。

工作機械事業

自動車部品を作る工作機械などを製造している部門です。他社製品用だけでなく、自社製品用の工作機械の製造もおこなっており、多くの機械製品で日本を支えている三菱重工業の大切な部門の1つと言えるでしょう。

三菱重工業の売上高

三菱重工業の売上高は2016年度は3兆9,140億円、2017年度が4兆1,108億円であり、2018年度は4兆2,000億円が売上高の見通しとして立っており、年々売上高は右肩上がりとなっています。

三菱重工業の平均年齢

三菱重工業の平均年齢はこの3年間のデータから39歳前後となっています。比較的平均年齢が高い職場となっていますので、30代以降の転職者でも三菱重工業に転職することで働きやすく仕事に従事できる企業と言えます。

三菱重工業の平均年収

三菱重工業の平均年収は2017年3月の時点で843万円と非常に高い数値であることが分かりました。

日本だけではなく世界の様々な産業を支える三菱重工業のお仕事はその分給与も高くなっているようです。常に売上高も高い水準で右肩上がりとなっている企業ですので、安定した給与を受け取り続けたい方は三菱重工業への転職を目指すのが良いかもしれません。

三菱重工業の労働時間

労働時間に関しては事業部門によって大きく変わってくるため、一概にこの時間に働くということは限定することができません。部門によってはフレックスタイム制を取り入れている部門もあるので、好きな時間に働きたいという方はフレックスタイムを導入している部門に転職するようにしましょう。

休暇に関しても同じで完全週休二日制の部門もあれば、週休二日の部門もあるなど場所によってバラバラです。応募する求人の内容を確認しながら労働時間や休暇の内容をしっかり確認したうえで三菱重工業の求人に応募するようにしてください。

三菱重工業の評判

三菱重工業の評判を検索してみたところ、給与や休暇などの待遇面が非常に良い企業であることが評判でした。

また仕事内容もグローバルでスケールの大きい仕事が多く、やりがいを感じられる仕事ができると評判ですが、その一方で激務で仕事がきついとの声もありました。

日本や海外の生活を支えている仕事である以上、特に繁忙期はどうしても仕事が忙しくなってしまう企業であるのは間違いないようです。

三菱重工業への転職を成功させる方法

三菱重工業に関する情報をご紹介してまいりましたが、この情報を基に転職活動を行うほかにも三菱重工業への転職を成功させる方法は存在しています。

ここでは三菱重工業へ転職するための方法を高める方法をご紹介します。

求人に応募するだけでは転職を成功させづらい

三菱重工業は先ほども紹介したように求人の数はあるものの多くの転職者が転職を狙っている人気企業であるため、倍率が高くただ求人に応募したからと言って転職を成功させるのは難しい企業となっています。

だからこそ先ほど紹介した情報などを基に対策を立てていき、転職活動を上手に行っていくことで三菱重工業への転職を成功させる可能性を高めていくことが可能となるのです。

転職エージェントを利用して転職活動を進める

転職エージェントとは登録することで専門のコンサルタントが転職者に1人付き、そのコンサルタントからサポートを受けながら転職の成功を目指す転職サービスの1種です。

昨今多くの転職者が転職活動を行う中で人気の転職サービスとなっており、転職エージェントによって転職活動を成功させたり、希望の企業に転職することができたという声が多く寄せられています。

ではそんな転職エージェントのサポート内容やメリットとは何なのでしょうか。

カウンセリングによる情報伝達

転職エージェント所属のコンサルタントがまず一番始めに転職者に行うのがカウンセリングです。カウンセリングでは転職者から得られた情報を基にコンサルタントが今後の転職活動の進め方を決めたり、転職者に合った求人を紹介したりします。

三菱重工業への転職を希望しているという風に具体的な転職先の希望がある転職者の場合は、希望している企業へ転職するためにどのように転職活動を進めていくのかを転職者と考えたり、場合によっては希望している企業よりも転職者に合った求人を紹介する場合もあります。

カウンセリングで注意しておきたいのがコンサルタントには自分の情報を具体的に詳細に伝えるという点です。

コンサルタントに自分の情報の伝達が不十分だと、求人を紹介する際に転職者の希望から遠い求人を紹介されてしまったり、転職者とコンサルタントの間ですれ違いが起きてしまい転職活動が円滑に進まない恐れがあります。

ですのでコンサルタントには自分のキャリアやスキルを正直に事細かに伝えて、スムーズに転職活動を進められるように心がけてください。

求人の紹介

カウンセリング終了後、コンサルタントは早ければ即日、遅くても1週間以内に転職者に求人を紹介します。

紹介してくれる求人の数は多くても10件ほどで、その中に転職者が希望する求人が無かった場合コンサルタントは新たに転職者から情報を聞き出し、転職者から得た情報を精査してより転職者に合った求人を再度転職者に紹介します。

コンサルタントも人間であるため、何度もコンサルタントが紹介した求人を断り続けていると今後の転職活動にも悪影響が出てきてしまいます。

先ほども紹介したようにコンサルタントへの情報伝達は正確で具体的なものとし、転職活動が終わるまでコンサルタントと円満な関係を続けられるように注意しましょう。

キャリアやスキルから転職先を決める

転職したい企業が転職者の中である程度固まっている場合は、転職者が持つキャリアやスキルから具体的な転職先を決めて転職活動を進めていくこととなります。

希望の企業が転職者の中で決まっていたとしても、より転職者に合っている求人があればコンサルタントが転職者にその求人を紹介することもあります。

コンサルタントは希望している企業よりもちゃんとした理由があるうえでそういった求人をチョイスしています。

コンサルタントが希望していない企業の求人を持ってきたからといって一蹴するのではなく、なぜコンサルタントがその求人を持ってきたのかその理由も聞いたうえで、転職したい企業を決めていくのが良いでしょう。

履歴書の作成とチェック

履歴書には正しい書き方が存在しているほか手書きの履歴書を提出しなくてはならない企業が多いため、自分でも知らないうちに書き損じを行ってしまい、その履歴書を企業に提出することで採用率をいつの間にか落としてしまっているということも珍しくありません。

ですがコンサルタントは履歴書の書き方に精通しているため、履歴書の中で書き方が分からないポイントがあればしっかりとレクチャーしながら履歴書の作成を進めることができ、さらにより採用率を高めるための書き方を教えてくれることもあります。

また履歴書が完成した際にコンサルタントに履歴書を第三者視点でチェックしてもらうことで、ミスをしたまま履歴書を企業に提出するリスクを減らし、知らぬ間に採用率を落としてしまうことを防ぐことができます。

ですので履歴書の作成には自信があるという方も、完成したら1度はコンサルタントにチェックしてもらった方が無難と言えるでしょう。

面接のマナーと受け答えの練習

転職活動の中で苦手な方も多いのが面接です。質問の内容が企業によって異なるほか、同じ質問でも企業によって印象の良い答え方とそうではない答え方があるため、1つの質問に対して1つの答えを持っているだけではうまく行かないのが難しいポイントとなっています。

ただコンサルタントの力を借りて転職活動を進めていれば、面接時のマナーなど基本的な部分をレクチャーしてもらえるほか、企業が面接時にどのような質問をしてきてそれに対してどういった傾向の受け答えをすれば印象が良いのかなどを教えてもらうことも可能です。

また転職エージェントによっては面接時に転職者の代わりに転職者のアピールポイントを代弁してくれるサービスがある転職エージェントもあります。

こちらは転職エージェントによってサポート内容が変わってきますので、自分が利用している転職エージェントのサポート内容を確認したうえで上手に転職活動を進めていくようにしましょう。

内定後に交渉を任せて年収をアップ

企業から内定を貰った後は企業と転職者の間で交渉を行うことで給与が上がって年収を高めることが可能です。

こちらも常に交渉のスキルを磨いているコンサルタントに一任することでその成功率を高めることができ、年収が上がる可能性も高まります。

慣れている転職者でも内定の交渉は難しいものなので、内定の交渉を行いたい場合はコンサルタントに依頼して交渉してもらうのが良いでしょう。

転職エージェントは1つよりも複数利用がおすすめ

転職エージェントは数が多くどれを利用しようか迷っている方も多いかと思います。

しかし転職エージェントは1つだけを利用するよりも複数利用した方がメリットが多く、より円滑に転職活動を進めることが可能となります。

では転職エージェントを複数利用するメリットとはなんなのでしょうか。

多くの情報を精査しながら転職活動を進められる

1つの転職エージェントを利用しているだけだともしコンサルタントと転職者の間ですれ違いが起きてしまった場合、その状態のまま転職活動を進めてしまうことで、入社してもすぐにやめてしまうなど転職に成功したとは言い難い状況に陥ってしまう可能性があります。

コンサルタントも人間なので転職者と合わなかったりする場合も珍しいことではありません。

複数の転職エージェントを利用していれば、複数のコンサルタントからもたらされる様々な情報を精査しながら転職活動を進めることができ、よりスムーズに転職活動を進めることができ、転職活動の成功率も高めることが可能となります。

求人の選択肢が広がる

掲載されている求人は転職エージェントによって変わります。転職エージェントに複数登録するということはそれだけチェックできる求人の幅も広がり、自分により合っている求人を見つけられる可能性が高まります。

特に非公開求人と呼ばれる転職エージェントに登録しないとチェックできない求人は、待遇が良かったり人材を急募しているため内定が貰いやすいなどのメリットがあります。

希望している企業が決まっている転職者もその企業より自分に合っている求人が見つかる可能性が高くなるので、他の求人も確認したいという方は複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

利用料が基本無料なので余計な費用が掛からない

転職エージェントは基本的に利用料や登録料が無料となっています。現在無職で転職活動を進めている方でも複数利用がしやすく転職の成功率も高めることができるため、余計なお金を使いたくなという方でも手軽に複数利用できるのが転職エージェントの強みと言えるでしょう。

三菱重工業の転職に欠かせないおすすめの転職エージェント

ここからはおすすめの転職エージェントをご紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

複数の転職エージェントを活用して、三菱重工業の転職成功率を高めよう!

転職難易度が高い三菱重工業へ転職するためには、企業への情報収集を欠かさないことと、それを基に自分のスキルやキャリアを武器にしてしっかり対策を立てて転職活動に臨むことが大切であることが分かりました。

その両方の条件を満たしながら転職者をサポートしてくれるのが転職エージェントです。

複数利用することで円滑に転職の成功率を高めることができるので、三菱重工業への転職を検討されている方はぜひ転職エージェントで採用を獲得してみてください。