NTTデータへ転職は可能?中途採用の難易度や年収・会社の評判は?

NTT
NTTデータに転職したいです。こんな人気な企業に、中途で入社するなんてこと、できるんでしょうか?
キャリアコンサルタント
NTTデータは人気な企業なので、転職難易度は高いと言えます。ですが、転職エージェントを活用し、しっかりと対策をすれば、転職できますよ
そうなんですね!具体的に、どの転職エージェントを利用すれば良いですか?
キャリアコンサルタント
はい。この記事でご紹介しています。他にも、NTTデータの事業内容職場環境などご紹介しているので、合わせて確認してみてください。

NTTデータはIT業界の中でも大手に位置する総合的なサービスを提供する企業です。IT業界の中でもレベルの高い事業に着手していることから転職したいと考える人も増えています。

この記事ではITコンサルで採用も経験した私が、NTTデータの転職に必要だと思われるスキルや転職方法について今までの経験から切り込んでいきます。

皆さんが考えるようにNTTデータへの転職は実現できるのでしょうか。転職において知っておきたいことを私の知見も含めてご説明していきます。

【2019年4月:最新情報】

4月は転職する最高のタイミングです。多くの企業では、事業年度が始まる前の2-3月に新規採用を行い、新卒の配置が決まった4月から補強のために中途採用を行います。当然、ライバルとなる転職志望者も急増します。他のライバルに先を越されぬよう、早急に準備をしましょう。

  1. このページを参考に、複数の転職エージェント(『doda』『マイナビエージェント』『リクルートエージェント』など)に無料登録する
  2. 各エージェントから連絡が来たら、自分の転職意欲をアピールし、各エージェント側のサポート優先度を上げる。
  3. 担当者の質・自分との相性が最も良かった転職エージェントを本命とし、本格的な転職サポートを受ける。

【ご注意】4月は転職志望者が多く、転職エージェントの繁忙期にあたります。そのため、転職活動へ積極的な人ほど優先的にサポートを受けられます。転職エージェントには、「すぐにでも転職したい」としっかり伝え、優先的にサポートを受けられるようにしておきましょう。

NTTデータへの転職は可能?データから難易度を検証

人気企業のNTTデータへの転職は可能なのでしょうか。そもそも転職を受け入れてなければ私たちはどうすることもできません。

NTTデータは求人を公開していますので転職することは可能です。また、公開されている情報などを基にしてどれぐらいの難易度であるのかも検証してみます。

公開求人もあるものの転職難易度は高いと予想される

NTTデータの公式サイトを確認してみると、様々な職種で公開求人が掲載されています。ただ、筆者の経験からするとここから応募するのは難易度が高いと予想されます。

その理由は募集職種が多すぎて、自分の適正を活かせる職種を見つけ出すのが難しいからです。例えばNTTデータでは以下の職種が募集されています。

  • 営業職
  • ITコンサルタント
  • プロジェクトマネージャー
  • ITスペシャリスト
  • R&Dスペシャリスト

それぞれの職種において細かく10職種以上が募集されています。専門性の異なった仕事が色々と募集されています。確かに選択肢が多いことは間違いありません。

ただ、選択肢が多いことは落とし穴でもあります。例えば以下のようなことが考えられます。

  • 自分の強みがどの職種で活かせるのかを判断するのが難しい
  • そもそも具体的な仕事内容が見えず強みを活かせるかどうかの判断材料に乏しい
  • 勤務地や勤務時間などの情報が細かくは公開されていない

これらの落とし穴は求人を公開するにあたりやむを得ないことでもあります。NTTデータ側も何でも求人情報で公開できるわけではありません。

ただ、これらの情報は確認しておかなければ転職の成功率を左右するものです。公開されていない以上、転職の難易度は上がってしまいます。

NTTデータへの転職では、自分の今までのITスキルがどう活かせるかが強く問われると予想されます。経験を活かすための転職活動が必要なはずです。

その点を踏まえると公式サイトからの応募は難易度が高いでしょう。転職エージェントを利用して応募する求人の詳細を詰めることが必要だと考えられます。

NTTデータへの応募条件

NTTデータに転職したいと考えている場合の応募条件は以下の通り公開されています。

応募資格学歴・年齢不問
勤務地主に首都圏
勤務時間9:30~18:00
給与(想定年収)450万円~1,750万円
待遇昇給年1回、賞与年2回、交通費全額支給、各種社会保険完備、諸手当(住宅、扶養、他)、財形貯蓄制度、社員持株会制度、共済/各種貸付制度、その他福利厚生施設
休日休暇完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始・夏季休暇、年次有給休暇20日(採用月により異なる)、特別休暇(慶弔ほか)、育児休暇・介護休暇制度など

公開されている条件は他の大手企業とは大きく差がありません。学歴不問としているのは、実力があれば関係ないと考えている可能性もあります。

想定年収は皆さんが考えているよりも幅広いかもしれません。NTTデータ=高収入であると考えている人も皆さんの中にはいることでしょう。

しかし、提示されている条件だけを見ると他の大手企業と変わらない年収の人もいるようです。イメージと現実には多少差があると考えても良いでしょう。

企業のWebサイトから応募した場合の流れ

Webサイトから直接転職の申し込みをした場合には、以下の流れで転職活動が進みます。

  1. Webサイトからの応募
  2. 書類選考
  3. 2回の面接及び適正検査
  4. 採用条件の提示

NTTデータでの転職活動でも他の企業と同様に一般的なものです。応募後に書類審査を受けて、通過すると面接へと進んでいきます。

これはWebサイトから応募したときの例ですが、転職サイトから応募した場合にも大きく差はありません。転職エージェントを利用していると項目1が少し簡略化されます。

必ず事前準備を!NTTデータの面接でよくある質問3つ

NTTデータの転職で問われると考えられることは以下の3つです。

  1. 数ある募集職種の中でも応募した職種を選択した理由
  2. 今までの経験が転職後にどのように活かせるか
  3. これからのキャリアプランはどのように考えているか

少なくとも、この3つについてはスラスラ答えられるようにしておきましょう。

数ある募集職種の中でも応募した職種を選択した理由

NTTデータは募集職種も多いですし、それぞれの職種で細分化された求人が公開されています。つまり、自分が担当する業務が明確な状態で転職活動をします。

言い換えるとNTTデータへの転職では、入社後に自分がやることを明確にして求人に応募することが求められています。

NTTデータでは職種が細分化されていることから、他の企業よりも即戦力が求められていると考えられます。入社後すぐに活躍できる人材が必要なのです、

即戦力をアピールするためには応募した職種が自分に最適であることを説明できなければなりません。他の職種でも良さそうな回答をすると印象を悪くしてしまいます。

逆に明確な受け答えができればそれだけ即戦力であることをアピールできます。今までの経験を踏まえるなどして、なぜその選択に至ったのかを伝えましょう。

今までの経験が転職後にどのように活かせるか

他の企業よりもNTTデータはハイレベルな人材を求めていると考えられます。これは職種を細分化していることからも判断できます。

そのため、転職では今までの経験をどのように活かせるかが求められています。経験を持っていることで、ハイレベルな対応ができることをアピールしなければなりません。

面接などに備えて転職時には応募職種と今までの経験をどのように絡めるかということを考えておきましょう。例えば

  • 今まで○万円規模のプロジェクトを何回も担当しマネジメントには自信がある
  • 高難易度なシステム導入の提案経験がある
  • 大規模なシステム開発の経験がある

などが例に挙げられます。これらの経験を踏まえ、転職後にどのように活かせるかに繋げていくと説得力が増すでしょう。

これからのキャリアプランはどのように考えているか

NTTデータはハイレベルな仕事を扱っている企業です。そのため、企業の成長に合わせて自分も成長するキャリアプランが重要です。

転職してすぐの場合には、まずは応募した職種の仕事をやりきることが大切です。しかし、仕事には終わりもありますので次のステップも考えなければなりません。

この次のステップをどのように考えているかは転職時から問われます。先のことを考えて転職したいのかどうかが重要であると考えられます。

そのため、転職前には次のキャリアプランを考えることが大切です。例えば以下のようなものがあります。

  • ハイレベルなエンジニアになり下につく人材を育て上げる
  • 高額な案件を獲得するための営業職を極める
  • 部下を取りまとめる管理職・マネージャーを目指す

応募する職種によってキャリアプランは異なります。ただ、どの職種でも自分なりのキャリアプランを持って転職することが大切です。

【参考】NTTデータの新卒採用とは

参考までにNTTデータの新卒採用についても見ておきましょう。

なお、NTTデータで新卒の採用部長を務めている髭直樹氏の採用戦略は業界でも注目されています。また、髭氏はパネラーなどにも招待される実力の持ち主です。

新卒でも募集されている職種は転職で求められている内容に近いものが中心です。

  • SE(システムエンジニア)
  • 営業
  • R&D(研究開発)
  • ファシリティマネジメント(建築系、電力系)
  • 本社スタッフ(財務、法務、人事等)

ただ、新卒ですので転職時のようにスキルは求められていません。また、希望する職種をそこまで絞って応募する形でもありません。

求められている人材像は「考導力」「変革力」「共創力」を持つ人だとされています。この人物像は転職時にも参考になるかもしれません。

上記3つの力を新卒に求めていることから、転職ではさらに高いレベルが求められていると考えられます。上記に加えてマネジメント、統率力なども必要でしょう。

採用部長が求めていることは企業全体で求められていることとも考えられます。転職の際にも多少は意識しておいても損は無いことでしょう。

NTTデータに転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

NTTデータはどのような事業を展開しているのでしょうか。また職場環境はどのようになっているのでしょうか。

転職前に知っておきたいNTTデータの基本情報をまとめておきます。なお、一部キャリコネの口コミ40件から得た情報も含んでいます。

NTTデータの企業概要

企業名株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
本社所在地〒135-6033 東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル
設立1988年(昭和63年)5月23日
資本金1,425億2千万円(2018年3月31日現在)

NTTデータは比較的IT業界の中でも古い会社に分類されます。この10年ほどで色々なIT企業が生まれましたが、NTTデータは30年の歴史があります。

従業員数は11,000人を超え連結売上高も2兆円を超えている大企業の一つとなっています。

NTTデータの事業内容

NTTデータの事業内容は大きく分けると以下の通り分類されます。

  • システムインテグレーション事業
  • ネットワークシステムサービス事業
  • その他の事業

主に3種類の事業から成り立っています。その他の事業にはいくつかの事業が含まれていますがここでは包括しています。それぞれの詳細は以下の通りです。

システムインテグレーション事業

NTTデータは直接システム開発をしているようなイメージは持っていない人も居ます。しかし、率先してNTTデータもシステム開発をしています。

システム開発の内容はお客様のニーズを汲み取って、それを実際にシステムにしていくというものです。お客様のニーズを汲み取るという点でSIerとは少し異なっています。

また、開発事業だけではなく販売やサービスの提供などの事業もまとめてNTTデータは実施しています。

ネットワークサービス事業

インターネットに関連するサービスを中心にコンピューターをつなぎ情報処理をする技術の提供をしています。

今の時代、ネットワーク無しにコンピュータを活用することはできません。目に見えてネットワークの重要性を感じることは少ないです。

しかし、ネットワークは影で私たちの生活・仕事を支えています。つまり、常に必要とされている事業の一つです。

その他の事業

その他とは言われていますが、コンサル事業など今のNTTデータでは力の入っている事業が含まれています。

経営に関する分析などITに関わらない事業も実施していますし、データ通信などITのプロが支えられる事業についても支援を実施しています。

基本的にはITに関わらないとはいえども、それらの問題をITで解決するなどNTTデータらしい事業に終着するようにはなっています。

NTTデータの職場環境

NTTデータの公式サイトによると、NTTデータでは働きやすい職場づくりが意識されています。例えば

  • 人権の尊重
  • 社員の健康維持
  • 増進安全衛生の強化
  • 労使関係の改善

などが挙げられます。企業全体で従業員が働きやすい環境を作り上げようとしている企業であると判断できるでしょう。

企業での働きやすさは転職してからの会社員生活で重要です。いくら好条件でも職場環境が悪ければ仕事に支障が出てしまうことも十分に考えられます。

特にNTTデータではハイレベルな仕事に取り組むことから社員それぞれの負荷は大きいことが予想されます。キャリコネの口コミからも残業が多くなることもあるようです。

そのような負担を強いてしまう場合にも、企業全体で社員をサポートする体制が整っていると考えられます。

社員を支えるNTTデータの福利厚生

NTTデータの新卒採用のページを確認してみると福利厚生・保険などの内容が掲載されています。福利厚生には以下のようなものがあります。

  • 財形貯蓄
  • 社員持株会
  • 持家取得支援
  • 住宅補助
  • 育児・介護支援
  • リゾート施設・スポーツ施設利用
  • 企業年金

キャリコネの口コミを確認してみると、特に人気が高いのは住宅に関する補助です。持ち家でも賃貸でも補助が受けられます。

特に既婚者で賃貸の場合には最大で7万円/月の補助が出ます。これは大手企業の中でもトップレベルの金額です。これだけの補助が出れば家も購入しやすいです。

それ以外の福利厚生は他の大手企業と横並びに近いものがあります。NTTデータだからこその福利厚生はそこまで多くは無いとの意見もありました。

ただ、大企業で提供されている平均的な福利厚生は十分なものであることが大半です。NTTデータの場合も従業員のために十分な福利厚生があると考えられます。

NTTデータの従業員平均年齢や平均年収

NTTデータの有価証券報告書などを閲覧してみた結果、NTTデータの平均年収は810万円程度でした。皆さんの予想より高いのではないでしょうか。

上場企業の中でも年収800万円を超えているは企業2割程度です。上場している企業だからといって年収が高いわけではないのが常識です。

しかし、NTTデータの場合にはしっかりと高額な平均年収を保っています。ハイレベルな仕事が求められていますが、それだけ従業員に還元されているようです。

また従業員の平均年齢は38歳です。比較的平均年齢の若い企業であると言えるでしょう。また勤続年数は14年を超えてきています。

勤続年数や平均年齢は企業が設立されてから時間が経つにつれて上がっていくのが当たり前のことです。比較的若い会社ですのでまだ他の企業よりも低い値が公開されています。

NTTデータへの転職を成功させる方法

皆さんがNTTデータへの転職を成功させてるためにやるべきことは大きく分けて2つあります。どちらも難しいことではありません。

転職を成功させるためには対策・準備をすることが不可欠です。転職を成功させるためにやるべきことをご説明していきます。

面接で聞かれやすいことへの対策をする

まずやるべきことは面接で聞かれやすいことへの対策です。既にご紹介した面接で聞かれやすい内容への回答を自分なりに持つことが大切です。

面接が重要である理由は、転職活動において最低限のことは書類審査で確認されているからです。採用担当者は書類から縁がありそうだと感じた人にしか面接の案内をしていません。

つまり、面接では書類に記載しきれていないことを伝えることが求められています。具体的かつ論理的に説明できなければ意味がありません。

NTTデータのようなIT業界で採用担当者が知りたいことは今までの経験とこれからのビジョンです。会社にどう貢献し、どう成長していくかが重要です。

ハイレベルな仕事を中心に扱うNTTデータだからこそ、企業と従業員のビジョンが一致することが大切です。そのビジョンに合う人材を面接で見つけるわけですので、それ相応の対策が必要です。

キャリアパスを家族も含めて考えておく

時期にもよりますがNTTデータでの勤務は多忙を極めることもあります。場合によってはプライベートに影響が出るかもしれません。

このようなときに独り身ならば良いですが、家族の支えがなければどうしようもないこともあります。仕事に対する理解を得られるかどうかが重要です。

特に出世して活躍するキャリアパスを思い描いている場合、どうしてもプライベートは犠牲になる可能性があります。ハイレベルな仕事をしていると仕方がありません。

仕方は無いのですが、家族が居る場合には先に理解を得ておかないとトラブルの元になりかねません。

家庭内でトラブルが起こると仕事面では良い転職でも総合的に転職に成功したとはいえないでしょう。純粋に喜べない転職となる可能性もあります。

幅広い視点で転職が成功したと言えるためにも、事前に家族の理解も得ておくことがNTTデータの場合には大切です。

転職サイトや転職エージェントに登録しておく

NTTデータに転職するにあたり転職サイトや転職エージェントに登録するようにしておきましょう。NTTデータの求人に直接応募することはおすすめできません。

理由は上記でも述べた通りで、細かい求人が出されていることから応募する職種の決定が難しいからです。自分で応募すると間違った求人に応募する可能性もあります。

しかし、特に転職エージェントを利用すると自分に適した求人を紹介してもらえます。細かい求人の中から、最適なものを一緒に考えてもらえます。

転職エージェントは転職のプロです。つまり、自分では判断できないこともプロの目線から判断してもらうことが可能となります。

NTTデータへの転職は選択肢が豊富であることから難易度が高いと考えられます。その中から最適な応募先を決定するために、転職エージェントの利用が重要です。

転職エージェントの利用にはメリットが多い

NTTデータのように複雑な求人かつ即戦力を求めている場合には転職エージェントの利用がおすすめです。転職サイトよりもはるかに成功確率が高くなります。

ただNTTデータへの転職に限らず単純に転職エージェントの利用はおすすめです。転職を成功させたい場合には登録しておくに越したことはありません。

転職エージェントを利用すると私たちが自分でやらなければならない転職活動の多くをサポートしてもらえます。例えば以下の通りです。

  • 面接の対策をしてくれる
  • 履歴書や職務経歴書の書き方にアドバイスをしてくれる
  • 面接の日程などを調節してもらうことができる
  • 年収の交渉をしてもらうことができる

などが例には挙げられます。どれも準備をすれば自分で対策することもできることではあります。ただ、働きながら転職活動をしている場合には対応するの難しいです。

そんなときに転職エージェントに登録しておけば転職に関するサポートを全体的に受けることができます。ちょっとしたことでもサポートしてもらえるのです。

しかも、転職エージェントの大半は無料で利用できます。料金は採用する側が支払いをするしくみとなっています。

そのため心配することなく安心して転職エージェントを利用できます。

NTTデータへの転職で必ず登録すべきエージェント・サイト4選

NTTデータへの転職を考えているのであれば、必ず登録するべき転職エージェントやサイトが存在しています。

転職をスムーズに成功させるためにも、下記でご説明するおすすめのサイトなどに必ず登録するようにしてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談ができます。
また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

34歳男性・システムエンジニア
企業との交渉能力でしょうか。大幅に年収をアップしてくれました。何社か紹介をしてくれましたが、全社最低でも年収500万円ありました。休日の量も多いです。
27歳男性・金融機関営業
取り扱い企業の多さとエージェントのスピード感だと思います。リクルートグループを始め、大手の求人を多く紹介頂けました。またエージェントの反応が早く登録後速やかにご連絡頂ける点も良かったと思います。

など、特に大手企業との繋がりや交渉力に対して評価する声が多数ありました。NTTデータも大手企業であり年収面などを個人で交渉するのは難しいかもしれません。

NTTデータのような大手企業との交渉を転職エージェントに任せたいと考えている方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

doda

doda

大手人材会社、パーソルキャリアが運営する転職エージェントがdoda(デューダ)です。求人数は全国トップクラスで、非公開求人数も8~9割と非常に高い数値となっています。

さらにdodaでは、普段仕事などで忙しいという方向けに企業から直接オファーが届くサービスを実施しています。

キャリアに自信のある方であれば大手企業からのオファーが得られる場合もありますので、「まだ今の仕事を辞めていないため忙しい!」という方でも安心です。

dodaはサポート面での評価も高く、dodaを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

27歳女性・Webディレクター
とにかく量があるので、たくさんの会社を見てみたい人にはオススメします。でも、懇切丁寧なアドバイスや相談というよりも、ある程度自分で方向性を定めた上で力になってくださるエージェントさんが多いイメージです。
32歳男性・営業
一人ではわからない、企業情報など詳しく教えてくれた、専任の担当者さんが親身になって助言してくれます。

など、特求人の多さとサポートに対して評価する声が多数ありました。一人での転職が不安だと感じている方は登録しておくとよいでしょう。

特にNTTデータの場合には多くの求人から自分にあったものを探す必要があります。これは自分だけの判断では難しいことでしょう。

もし転職を経験してなれている場合でも、NTTデータの場合には転職エージェントに登録することをおすすめしています。

求人数、サポート力共に非常にバランスの取れたエージェントですので、迷っている方は登録しておくとよいでしょう。

JAC Recruitment

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳男性・小売販売員
担当者にもよるのでしょうが、キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれる、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれる、面接対策もポイントを教えてくれる、と印象は良かったです。
35歳女性・一般事務
外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

キャリコネ

キャリコネ

キャリコネは主に転職者向けに口コミなど情報を提供しているサイトの一つです。口コミサイトの利用が多いですが、転職サービスも提供しています。

NTTデータへの転職を考えている場合、どのような職場環境であるのかを確認しておくことは大切です。人によって働き方も異なっていることが多いからです。

そのためキャリコネなどを利用して、実際に働いている人の声を聞いておくに越したことはありません。公開されている情報だけではなく、実際に働いてみた結果を知ることができます。

キャリコネを活用することは、NTTデータで自分がどう働きたいかを決定する手助けとなってくれます。

準備さえすればNTTデータへの転職は不可能ではない

NTTデータはIT系企業の中でも転職難易度が高いのは事実です。これは人気企業である以上、仕方が無いことではあります。諦めも必要です。

ただ、NTTデータへの転職は即戦力になれるだけの力があれば十分チャンスがあります。ライバルを蹴落として勝ち上がっていけば良いのです。

自分の力をつけることはもちろんのこと、それを上手く伝えることも転職では求められています。またキャリアプランを再確認することも重要です。

今までの経験を活かしNTTデータでどう活躍するか、他の人に比べて何が強みなのかをアピールしながら転職活動を進めると良いでしょう。