プルデンシャル生命へ転職は可能?中途採用の難易度や年収・会社の評判は?

プルデンシャル生命への転職を考えているのですが、可能なんでしょうか?
外資系企業への転職ですね。しっかり対策をすれば可能です。

キャリアコンサルタント

どのような対策で転職を進めればよいでしょうか?
基礎知識を持って外資向けの転職対策をしていきましょう。具体的にご説明します。

キャリアコンサルタント

プルデンシャル生命は外資系の生命保険会社です。

世界でも大手の保険会社ということもあり、転職先の中でも人気が高い企業です。

転職を考えている人も多いのですが、外資系ということもありどのように転職活動を進めればよいか把握できていない人もいます。

外資系を志望するのであれば適切な対策が必要です。

ここではプルデンシャル生命への転職方法を解説します。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

プルデンシャル生命への転職は可能?データから難易度を検証

プルデンシャル生命への転職は可能なのでしょうか。公開されているデータから難易度を検証します。

公開求人はあるものの非公開求人も多数と予想される

プルデンシャル生命の公式サイトを確認してみると公開求人もあることが分かります。

公開求人・非公開求人を含めて募集されている職種は大きく分けて以下の2つです。

  • ライフプランナー
  • スタッフ

ライフプランナーとは皆さんが思い描く「保険外交員」のことを指しています。つまり保険を実際に販売する人のことです。

それに対してスタッフは保険外交員以外の仕事を指しています。本社などに勤務する人を全般的に指していると考えましょう。

スタッフに関しては公開求人があります。しかし、外資系らしく募集範囲が明確に絞られていてポジション採用です。

つまり、そのポジションに見合う高い能力を持っている人が求められていて難易度は高いと考えられます。

また、ライフプランナーは求人は出されていません。公式サイトから求人に直接応募できるわけではないのです。

プルデンシャル生命への応募条件

求人への応募条件は公式サイトによると以下の通りです。ライフプランナーとスタッフで異なっています。

ライフプランナーの場合には以下の通りです。

  • CIP(キャリア・インフォメーション・プログラム)を受けられること

直接求人に応募はできませんが、CIPを受けてからであれば応募できる仕組みです。つまり事前研修のようなものを踏まえて応募の可否を判断されるわけです。

転職ではありますが、就職活動においてインターンを経て本面接に望むようなイメージを持つと良いでしょう。

ただし注意点もあります。それはCIPを受けられるのは、生命保険販売などをしたことが無い人に限られることです。

同業からCIPを経由してプルデンシャル生命には転職できないようになっています。

スタッフの場合には一律の条件が設けられていません。営業系であれば営業の経験があること、システム系であればシステムの経験があることなどとされています。

公式サイトに求人が公開されていますので、転職を考えている人は応募条件を事前に確認しておきましょう。

企業の採用サイトに掲載されている求人に応募する流れ

スタッフに限られますが、公式サイトに掲載されている求人から応募する場合の流れは以下の通りです。

  1. プルデンシャル生命の公式サイトから求人を検索する
  2. 応募したい職種の登録ボタンを押下する
  3. 必要項目の入力をして応募を完了させる

職務経歴書の添付などは必要なく、全てを応募フォームから入力する仕組みです。

入力項目が多いですので、別途メモ帳などで文章を作ってから貼り付けると作業しやすいでしょう。

プルデンシャル生命の事業内容や職場環境は?

転職までにプルデンシャル生命の事業内容を確認しておきましょう。面接などで問われる可能性もある部分です。

プルデンシャル生命の企業概要

プルデンシャル生命の企業概要をまとめると以下の通りです。

社名プルデンシャル生命保険株式会社
本社所在地東京都千代田区永田町2-13-10プルデンシャルタワー
代表者倉重光雄
設立1987年10月15日
資本金29,000百万円
売上8,590億円
従業員5,887名(2017年度末時点)
事業内容生命保険業及びそれに付随する業務

プルデンシャル生命の事業内容

プルデンシャル生命はアメリカのプルデンシャル・ファイナンスに含まれる生命保険会社です。その名の通り生命保険の販売が主な事業です。

また、生命保険会社の中でも世界で1位、2位を争うような企業でもあります。世界に通用する保管会社がプルデンシャル生命です。

日本でも保険の販売数を増やしている企業であり、世界の生命保険業界の中心を形成する企業と言えます。

プルデンシャル生命の職場環境

外資系企業ということもあり、福利厚生は少なめです。職場環境という点では国内の大手保険会社が勝るでしょう。

ただ、ライフプランナーの場合にはミーティング以外の出社義務がありません。それ以外は営業をしても休暇としても良いのです。

そのため、実質的には職場環境をそこまで気にしなくても良いような働き方が求められています。

スタッフの場合には本社など事務所での勤務です。そのため、福利厚生などの面は劣って感じるようです。

ただ、どちらの職種でも職場の雰囲気は良いとの口コミが多数見受けられます。働きやすくしっかりと評価される職場であることは間違い無さそうです。

従業員平均年齢や平均年収

従業員平均年齢や平均年収は以下の通りです。

平均年齢約35歳
平均年収約733万円

外資系ということもあり内資系と比較しても年収が高いことが特徴です。また、平均年齢も低くなっています。

ただ、上場企業ではありませんので有価証券報告書などで正確に報告されているわけではありません。あくまでも口コミを踏まえた数値です。

国内の保険会社では高額な年収である、との認識に留めてもらうことがベターです。

プルデンシャル生命への転職を成功させる方法

プルデンシャル生命への転職を成功させるためにはどうすれば良いのでしょうか。転職を成功させるためには、以下2つの項目に注目しておくことが大切です。

外資系企業であることを意識して対策をする

プルデンシャル生命は外資系企業ですの。そのため、内資系企業への転職とは異なることを意識することが最初の対策です。

外資系企業は面接の過程で英語が問われたりすることもあります。プルデンシャル生命の場合には日本で独立していますので可能性は低いですが意識する必要はあります。

また、外資系は実力主義が基本です。プルデンシャル生命が求めるスキルを持っているかどうかが主に問われます。

応募する職種と自分の持つスキルがどのようにマッチしているのかを適切にアピールできるようになる対策が必要です。

転職エージェントや転職サイトに登録する

転職エージェントや転職サイトに登録することも1つの対策です。公式サイト以外からも応募できる体制を取りましょう。

転職エージェントも転職サイトも無料で利用できるものが大半です。特にリスク無く利用できるのです。

転職エージェントに登録することで様々なメリットがあります。これが対策に大きく繋がります。具体的なメリットは以下にご紹介します。

転職エージェントを利用するメリット

なぜプルデンシャル生命への転職では転職エージェントを利用するべきなのでしょうか。転職エージェントを利用するメリットをご紹介します。

プルデンシャル生命への転職でエージェントを利用するべき理由は具体的に下記の3つです。

  • 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
  • 応募書類の書き方などにアドバイスをしてもらえる
  • 同業他社の求人なども比較しながら説明をしてもらえる

転職は時間との勝負です。短時間で自分の気になる求人と出会うことが求められています。転職活動は短期間であることが理想的です。

また前述もしている通り求人のミスマッチが減ることもメリットです。希望する条件と異なる求人へ応募するかどうか考える時間も無駄な時間だからです。

その他、応募書類や面接のアドバイス、年収交渉など自分では進めにくいこともサポートを受けられます。無料でこれだけのメリットを受けられますので必ず登録しておきましょう。

プルデンシャル生命への転職で必ず登録すべきエージェント・サイト3選

転職エージェントは色々な企業が提供しています。その中でもプルデンシャル生命への転職で登録すべきものを以下にご紹介します。

また、実際に転職エージェントを利用した人の口コミも独自に入手していますので合わせてご紹介します。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

転職エージェントを利用してプルデンシャル生命への転職を成功させる

プルデンシャル生命は外資系ということもあり人気の高い企業です。内資系の保険会社より高収入などの理由があります。

人気の企業ということもあり、自力で転職を進めるのは限界もあります。ただ、CIPの道もありますので自力しか無い部分もあります。

自力では難しいですので、基本的には転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントであれば様々なアドバイスをもらえます。

また、転職エージェントも1つではなく複数登録することをおすすめします。転職エージェントによって特徴が異なっています。

転職エージェントを利用すればプルデンシャル生命に転職できる可能性が高まります。まずは利用の申込みをしておきましょう。