シャープへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

「シャープ」は、大阪府に拠点を置く国内トップクラスの電機メーカーです

シャープは、日本を代表するものづくり企業なので、一度は転職を考えたことがある人も多いのではないでしょうか。

この記事では、シャープの基本情報から、転職を成功させる方法まで、詳しく解説しています。

記事の最後では、シャープへの転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

シャープへの転職は難しい?データから難易度を検証

まずはシャープへの転職について難易度はどうなのかなど調査してみました。

公開求人はある?

公開求人とは、企業が自社の公式ホームページで募集している求人のことです。公開求人があると誰にでも自力で応募することができますので応募しやすいところが特徴といえます。

公開求人が有るか無いかだけでもその企業への転職難易度が分かります。そこでシャープに公開求人があるのかを調べてみました。

シャープの公式ホームページを確認してみると、会社情報の中に採用情報が掲載されていることが分かりました。私たちの生活を支えている電機メーカーのシャープへの応募は個人でも行うことが可能のようです。

しかし、公開求人の選考は書類審査が最大の難関といえます。応募がしやすいため応募総数が多くなりやすく、書類選考を厳しく行う必要があるため書類選考で落ちてしまうことは少なくありません。

個人での応募の場合は企業へのアプローチが容易に行える反面、このような部分が難しいところといえます。

採用大学の実績はどう?

シャープの拠点は大阪ですので、神戸大学や京都大学といった関西の高学歴大学者が特に多く採用されているようです。神戸、京都の次に多く採用されている大学は東京大学、そして早稲田大学や立命館大学の卒業生が多数採用されています。

外資系企業の傘下にあるシャープは学歴も高めだということがわかりました。

しかし、シャープの採用情報を詳しく見てみると、応募資格には「国内外の高等専門学校(本科・専攻科)・大学または大学院卒業」という記載がありましたので、特に高学歴者を採用しているわけではなさそうです。

学歴を優先するよりも個人のスキルを重視しているようです。海外にも工場など展開しているので英語や中国語などの語学力を磨くことで、採用される確率は高まるでしょう。

採用に関しては広く門戸が開かれているようですので、最終学歴が4大卒じゃない方でも応募条件を満たすことが可能です。

中途採用者数はどのくらい?

残念ながら、中途採用者の数は記載されていません。入社時期が定められているものもありますが中途採用は常時行っているようです。

シャープのキャリア採用では技術系33職種、営業系・スタッフ系17職種のエントリーを受け付けていますので、少なくても50人の中途採用を行っているでしょう。

シャープが求める人物像とは

シャープの創業者である早川徳次は「他社が真似をする商品を作れ」という高いものづくりの精神を持っていたことで知られています。

そのため、現在でも創業当初の理念を忘れずに独自の技術や開発力を活かし新しい分野への挑戦を行う姿勢をもっています。

シャープでは、

  • 「高い専門性を持ち独創性を持っていること」
  • 「起業家精神と相互に関係を築ける人間力を備えた人」
  • 「圧倒的な当事者意識を持ち有言実行できる人」

を求める人材として掲げています。

新たな価値を提供しつづける存在として同社の高いものづくりへの意欲は今もなお受け継がれているようです。

シャープに転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

次に、シャープの事業内容や職場の環境はどのようになっているのか見ていきましょう。また、気になる平均年収や年齢、仕事内容、給与体制から採用情報などもご紹介します。

シャープの基本情報

シャープは大阪府堺市に拠点を置く電機メーカーです。その歴史は1912年、創業者の早川徳次が徳尾錠というベルトのバックルを開発したことから始まっています。

1915年に早川式繰出鉛筆(のちのシャープペンシル)を発明、販売するとアメリカで好評をおさめました。

1923年の関東大震災で被災したことを機に大阪へ拠点を移し、1964年、1966年にそれぞれ世界初の電子式卓上計算機、ターンテーブル式電子レンジを開発しました。

その後長らく、経営不振に陥った影響で2016年に台湾の傘下となっています。

企業概要

会社名シャープ株式会社
創立1912年(大正元年)9月15日
設立1935年(昭和10年)5月1日
資本金50億円
本社大阪府堺市堺区匠町1番地
代表取締役社長戴正呉(たいせいご)
事業内容電気通信機器・電気機器および電子応用機器全般並びに電子部品の製造・販売など
従業員数シャープ連結:51,734名
国内連結:18,576名
海外関係会社連結:33,158名

シャープの事業内容

シャープは古くからベルトのバックルから始まり多種多様な製品の発明、開発を手がけてきました。

中でもシャープペンシルやターンテーブル式の電子レンジ、シャープのテレビや携帯電話、空気清浄機などの製品は私たちの生活でもよく使用されており、身近にさまざまなシャープ製品があるため日本人にとって親しみのあるメーカーの一つといって良いでしょう。

特に高品質な液晶に強みを持っており、現在では世界初の8K対応テレビを開発、発売しています。

平均年収

シャープの平均年収をキャリコネで調べた結果、約530万円だということがわかりました。

同業界の平均年収を比較して表にまとめたのでご覧ください。

企業名平均年収
シャープ約530万円
東芝約660万円
富士通約590万円
ソニー約708万円
パナソニック約630万円
日立製作所約610万円

電気機器の企業6社を比較してみると、シャープの平均年収は一番低いことがわかります。その理由には、月の残業時間が関係していることがわかりました。

企業名平均残業時間
シャープ約19時間
東芝約35時間
富士通約36時間
ソニー約33時間
パナソニック約31時間
日立製作所約41時間

シャープの月の平均残業時間は約19時間であるのに比べて、他の5社は全て30時間を超えていました。

シャープは部署によってはほとんど残業がないところもあるようです。工場勤務の場合は、土曜日に会議が開かれることもあるので、休日出勤もあるようですが、会社の規定で35時間以上の残業は禁止されているようです。

残業が少ないということは、それだけ残業手当がでないのですから、同業界の企業とは年収に違いが出てくることは当然の結果であると言えるでしょう。

30代40代での最高年収は1000万円を超えており、同業界も同じような年収となっていましたので、シャープの年収が特別に低いということではないようです。

シャープの公開求人

シャープの公式ホームページ内には採用情報が用意されています。公開求人とはいえ、ご自身のスキルをより効果的に伝えるためには転職エージェントに力を貸してもらうのもオススメです。

また、転職エージェントでしか抱えていない非公開求人があるかもしれませんので相談してみると良いでしょう。

採用情報

シャープの公式ホームページでは「新卒採用・第二新卒」「キャリア採用」「障がい者採用」「インターンシップ」の4つの採用情報がありました。

参考までに「キャリア採用」の採用情報を詳しくご紹介します。

現在募集中の職種

シャープで現在募集している職種についてご紹介します。

技術系デバイス技術(9職種)
回路設計技術(2職種)
機械設計技術(1職種)
ソフトウエア技術(9職種)
ネットワーク/AIシステム技術(4職種)
商品生産技術(2職種)
品質技術(1職種)
デザイン(4職種)
カムバック採用(1職種)
営業系・スタッフ系人事・労務・総務(2職種)
海外営業(4職種)
国内営業(4職種)
マーケティング(1職種)
事業開発(1職種)
経理・財務(3職種)
法務(1職種)
ブランド戦略(1職種)

上記の職種のエントリーを受け付けています。

シャープでは「8KとAIoTで世界を変える」人材を募集しているとの記載がありました。

リアリティな映像を体験できる8Kと、冷蔵庫やエアコンなどのモノが音声を認識したりAI対話ができる「モノのインターネット」をAI+IoT=AIoTと読んでいます。

技術系では8KとAIoTのさらなる強化を行ったり、それ以外にも5Gに関する研究や家電などのデザインを行う仕事内容がありました。

採用の流れ

公開している職種の中から応募する
(郵送での応募はしていません。必ずWEBから応募しましょう。)

書類選考・適性検査
(応募から2〜3週間以内に合否がわかります。書類選考に通過した人のみ適性検査を受検します。)

一次面接
(適性検査を通過しか人のみ。主に専門能力やスキルの評価。)


最終面接
(一次面接を通過した人のみ。主に人柄を評価。)

このような流れで最終面接に合格した人は内定をもらうことができます。入社日は相談して決められます。

応募から内定までは約1カ月から2カ月ほどかかるようですので、在籍中の方は特に計画的に退職を考える必要があります。

シャープの職場環境は?

シャープの公式ホームページやキャリコネの社員のリアルな口コミを元に社風や給与体制、やりがいなどを調べてみました。キャリコネでの口コミを分析しましたので、参考にしていただければ幸いです。

社風・評価

  • 週初めと金曜日は基本的にノー残業デーなので予定が組みやすい
  • 女性は結婚しても出産しても働けるので働きやすい
  • 体育会系の会社
  • 残業代は100%支払われるので、サービス残業はない

などの口コミが見られました。

シャープの口コミで気になったのが女性の働きやすさについてです。出産や育児に対しての制度はかなり充実しているようです。

そのため女性は産休後に復職する方も多く、男性もフレックスや育児休暇を利用して家族との時間を大切にできる環境を提供しているとのことです。

ノー残業デーがあったり、残業代は満額出たりと従業員の口コミはなかなか評判が良いように感じます。また、穏やかな人が多いようで部署にもよるとは思いますが、あまり人間関係での悩みを抱えている人はいないそうです。

ただ、外資系の傘下になってしまったことにより、今後待遇や社内の雰囲気が変化していくのかも知れません。現状の口コミを見るところによると、そこまで大きく変更されたり、改悪されてはいないようです。

給与体制

給与の口コミをみると、回答者によって感想にかなり差があるように感じました。

同業他社と比べると若干見劣りする部分もありますが、残業代は1分単位で支給されるそうで、残業自体が少なくなってしまったことに大きな要因がありそうです。

ちなみに、2018年度の新卒採用の待遇について実績の記載がされていましたので以下にまとめてみました。

給与修士了:241,500円
大学卒、高専(専門科)卒:217,000円
高専(本科)卒:190,000円
勤務地本社および全国各事業所・拠点
就業時間8:30〜17:15(事業本部)
9:00〜17:45(本社・営業部門)
福利厚生【諸制度】
従業員持株会、財形貯蓄、住宅融資、個人積立年金など
【諸施設】
独身寮、社宅、契約リゾートクラブ、契約スポーツクラブなど
加入保険雇用保険、労災保険、厚生年金、健康保険
休日休暇週休2日制、祝日、年末年始・夏季・GW休暇、年次有給休暇、多目的休暇(メモリアル休暇、ヘルスケア休暇、ボランティア休暇、看護休暇など)、 リフレッシュ休暇 ※2018年度総休日数131日(計画年休5日含む)
賃金改定・賞与賃金改定:年1回(4月)
賞与:年2回(6月、12月)

福利厚生

寮や社宅は地域によって有るところと無いところがあり、社宅の多くが廃止されているようです。現状は首都圏で借り上げ社宅が残るのみとなっており、URしか選べないなど住宅に関する福利厚生には不満を持っている方が多いようです。

また、経費の削減などの観点から出張経費や海外赴任の手当や残業自体が見直されており、こちらも手取りの少なくなった従業員の不満を感じることができました。

経営状態が悪化したことで、以前はあった社宅や保養施設、事務所に隣接する体育館など閉鎖された経緯などもあることから長い期間勤めている従業員からは福利厚生が改悪されていることに不満があるようです。

しかし、従業員によっては好意的な意見も多く見られました。年間の休日日数は充実しており、ライフワークバランスは整っているといえるでしょう。

残業代に関してもキッチリと支払いがされているようですし、ホワイトな企業という印象が強く伝わってきます。

やりがい

  • 業界の最先端の技術や商品に携わることができる
  • 商品企画力の優れた企業であるため他社には無い製品を開発できる
  • 他大手企業ではエンジニアなどは外注がほとんどだがシャープの場合は自社で行っているためエンジニアとして成長できる会社

などのやりがいを感じている口コミが多くありました。

シャープの仕事は既存製品に無いものの開発を行っているためチャレンジ精神を持っている従業員がやりがいを感じていることが伝わってきます。

職場の環境としては、比較的落ち着いた雰囲気のようです。そのため仕事をあまり積極的に行わない人たちもいるそうで、そういった上司に不満を感じ30代で転職していく人材も少なくはないようです。

ただし、そのような転職していった人たちも一様にシャープという企業自体には愛社精神を持っていたりしているところが特徴的でした。

シャープの本質である面白いもの・先駆的なものを開発しようという精神がこのように退職してしまっても良い口コミを書かせる理由となっているのでしょう。

長らく低迷してしまっているシャープのブランドですが、時代の先端をいく独自商品を作り続けようとする同社の企業理念によって業績が回復される日もそう遠くないのではないでしょうか。

最近では中国に最新鋭の半導体工場が新設されるとの記事も紹介されており、今後の動きにも注目していきたいところです。

シャープへの転職を成功させる方法

シャープは世界的に有名な企業です。シャープ製品を気に入って利用している方も多く、同社に勤めたいと考えている人は少なくないでしょう。

大企業だけあって、中途採用の場においても人気が高く自分一人で転職活動を行うにはハードルが高い企業の一つといえるでしょう。書類審査を通ることも難しいかもしれません。

ではシャープへの転職を成功させるためにはどうしたら良いのでしょうか。それほど難しいシャープへの転職も転職エージェントを利用することで大きく変えられるかもしれません。

転職エージェントを活用する理由とポイント

転職エージェントとは、転職についてさまざまな知識やつながりを持つプロ集団のキャリアアドバイザーが転職に関するアドバイスをしてくれるサービスです。

ほとんどのサービスが無料で利用できるようになっており、利用者の理想の転職ができるようにさまざまなサポートを用意しています。

履歴書や職務経歴書の添削を受ける

まず最初にオススメしたいのが履歴書や職務経歴書の添削サービスです。転職エージェントに無料登録するだけで利用できるところが多いのが特徴です。

履歴書や職務経歴書は企業への応募の窓口となる情報で、人気の企業であればあるほど書類審査で落とされてしまいます。そのため、こちらの添削サービスは自力で応募することをメインで考えている人にこそ、ぜひオススメしたいサービスです。

プロの視点から書き直される履歴書や職務経歴書は要点がまとめられているだけでなく、その企業の求める人材にアピールするべき内容を重点的に作ることができます。

非公開求人を紹介してもらう

転職エージェントに登録を行う次のメリットは、各エージェントだけが保有する非公開の求人情報を紹介してもらうことができるところです。

シャープの公式ホームページでいくら調べても出てこないような優良な求人や情報が見つかる可能性もありますのでぜひ活用しましょう。

また、ハローワークや他の転職サイトにも載っていない非公開求人ですと当然求人倍率も低くなります。採用の可否にも大きく関わりますので、このサービスに関しても必ず利用したいところです。

複数の転職エージェントに登録

さらに転職エージェントを上手に活用する方法として、複数の転職エージェントに登録することも重要なポイントとして挙げられます。

非公開求人も転職エージェントにより扱っているものが異なることもありますので、いくつかの転職エージェントに登録することのメリットは多く、こちらもぜひ活用するようにしたいところです。

転職エージェントは何社登録しても全く問題ありませんので安心して利用できます。

それぞれの転職エージェントによって特徴がありますので、自分にあったエージェントを探すという意味でも複数の登録をオススメします。

シャープでの転職で必ず登録すべきエージェント・サイト4選

シャープへ転職するために登録しておきたい転職エージェントのご紹介をしていきます。

当社が独自に収集した各エージェントの口コミ・評判も合わせてご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

複数の転職エージェントに登録して、シャープの転職成功率を高めよう!

今回はシャープへの転職についてご紹介してきました。

シャープへの転職のためには、応募する職種によって必要なスキルが異なるためご自身の希望する職種に合わせたアピールポイントをまとめるようにしましょう。

転職の成功のためにぜひ利用したいのが「転職エージェント」サービスです。転職のプロ達からご自身のキャリアを踏まえたうえでのサポートを受けるのは最も優れた方法だといえます。

また、一つだけではなく複数の転職エージェントを登録することもオススメしておきたいところです。

ご自身に合うエージェントかどうかは利用してみないと分かりませんので、複数登録しておいて気に入ったところを使うようにしましょう。

良いエージェントであればシャープの他にもあなたに合った優良企業を紹介してくれることも考えられます。面接対策や、書類の添削などのサポートも活用しシャープへの転職を成功させるための充実した転職活動をスタートしましょう。