集英社へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

集英社は、少年向け漫画「週刊少年ジャンプ」「ジャンプ・コミックス」や少女向け漫画の「リボン」「マーガレット」などの漫画誌、ファッション誌の「non-no」など、多くの雑誌を出版しています。

他にも文芸書、新書、児童書などを刊行する、総合出版社で、転職したいという人も多いでしょう。

集英社は、人気がかなりあるため、転職難易度も非常に高いですが、ポイントを押さえれば不可能ではありません。

この記事では、集英社の企業情報や、転職方法について詳しく解説しています。

記事の最後には、集英社への転職に強い転職エージェントを紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

転職するなら知っておきたい集英社の会社情報

まずは集英社の基本情報と創設者、現在の代表者について触れていきましょう。

基本情報

会社名株式会社集英社
創業1926年8月設立→1947年合資会社→1949年株式会社となる
資本金1億80万円
事業内容雑誌(定期刊行39誌)、書籍(文芸書、文庫、新書、実用書、文学・歴史・美術全集)、辞典、児童書、コミック等の出版
代表者代表取締役社長 堀内丸恵
社員数748名(男性419名・女性329名)
売上高1175億2100万円(平成29年5月の決算情報)
本社〒101-8050 東京都千代田区一ツ橋2-5-10
電話番号03-3230-6111(代表)

集英社の創設者

相賀武夫(おうがたけお) 1897年4月2日生まれ 岡山県出身

相賀氏は小学校卒業後、書記見習いとして県立の高松農学校に就職します。1911年、岡山市の吉田書店の住み込み店員として入社し、その後1914年に出版社研文館の東京出張所の主任に任じられ上京しました。

1916年、株式会社共同出版社の東京支店長に就任し、1920年に23歳で結婚します。1922年に共同出版社の社長、吉田岩次郎と岡山市の吉田書店店主、吉田徳太郎の援助により、小学館を設立しました。

小学館が創刊した学年別週刊誌の「小学五年生」「小学六年生」は当初赤字が続きましたが、1923年4月号から黒字に転じ一躍人気週刊誌となりました。

1923年9月1日には関東大震災があり相当な打撃があったにもかかわらず、休まずに雑誌を刊行し人々に夢を与え続けました。

1924年には、共同書籍株式会社の取締役支配人に就任しますが、1925年に退社。その翌年、小学館から娯楽誌出版部門を分離独立させ、集英社を設立します。

しかし過労がたたって、1929年夏頃から病床生活を余儀なくされ、1938年8月12日に42歳という若さでこの世を去りました。

集英社の現在の代表者

堀内丸恵(ほりうちまるえ) 1951年生まれ 大石(現・富士河口湖町)出身

成蹊(せいけい)大学法学部法律学科を卒業した後、1975年に集英社へ入社し週刊少年ジャンプ編集部に配属されます。翌年1974年、小林よしのり「東大一直線」と秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」を初代担当編集者として連載を開始させヒットさせます。

特に「こちら葛飾区亀有公園前派出所」は「こち亀」の愛称で親しまれ、週刊少年ジャンプにおいて40年間連載し、少年誌の最長連載記録を打ち立てるほどの看板作品の一つとなりました。

週刊少年ジャンプ編集部では副編集長まで勤め、その後青年誌に異動します。「スーパージャンプ」編集長、人事課課長、社長室部次長、第4編集部部長、編集総務部部長など歴任しました。

後に、役員待遇、取締役、常務取締役、専務取締役を経て2011年8月25日に代表取締役社長に就任しました。

転職する上で外せない集英社の年収・福利厚生・労働諸条件

次に、集英社の年齢別の平均年収や待遇、勤務時間などどのような労働諸条件についてご紹介します。

年齢別の平均年収

年齢年収月給ボーナス
20〜24歳約330万円約22万円約76万円
25〜29歳約440万円約28万円約100万円
30〜34歳約500万円約32万円約115万円
35〜39歳約570万円約37万円約131万円
40〜44歳約620万円約40万円約143万円
45〜49歳約678万円約44万円約156万円
50〜54歳約718万円約46万円約165万円
55〜59歳約735万円約47万円約169万円
60〜64歳約513万円約33万円約118万円

上記の平均年収は集英社全体の平均値です。

編集の仕事ですと、33歳で年収「1000万円」という人もいるようです。集英社は年功序列の仕組みが強く残っており、自動的に年収が上がるようになっています。

記者やライターですと25歳で「800万円」、営業職の平均は「700万円台」となっています。集英社は部署によって残業時間にばらつきがありますので、もしも残業の多い部署に配属された場合はその分年収も上がるでしょう。

待遇・労働諸条件

集英社の諸手当には、家族手当、通勤手当(全額)、住宅手当、時間外勤務手当、社会保険料会社補助などさまざまな手当があります。

年次有給休暇(15日〜30日)、夏季休暇(5日間)、リフレッシュ休暇(勤続10年・20年・30年)、慶弔休暇、妊娠休暇、産前産後休暇、妻出産休暇、看護休暇、介護休暇などもあり、福利厚生は充実しているといえるでしょう。

昇給は年に1回4月にあり、賞与は年に2回、6月と12月にあります。

勤務時間は基本9:30〜5:30で、完全週休2日制(土曜・日曜日)、祝日と5月1日、年末年始(12月29日〜1月4日)と休みも多くあるため、プライベートの時間も確保できます。

ダイバーシティ

集英社には両立支援制度というものもあり、育児中や介護中の社員をサポートしてくれます。

出産・育児関連女性妊娠休暇(月2日まで。半休可)
妊娠時短(午前60分・午後60分)
産前産後休暇(16週)
男性妻出産休暇(3日間)
男女育児休暇(最長満2歳まで)
育児時短(最長2歳8週まで。午前60分・午後60分)
保育時短(未就学児。遅出または早退を1日合計2時間まで)
看護休暇(小6までの子1人につき年5日間。半休可)
特例出勤・退勤(未就学児の定期予防接種・定期検診)
ベビーシッター補助(小3まで)
病児保育補助(小3まで)
介護関連男女介護休暇(要介護家族1人につき年5日間。半休可)
介護時短(最長3年間。遅出または早退を1日合計2時間まで)
介護休暇(要介護家族1人につき最長2年間)

育児休業後の復帰率も100%で世間一般に比べると女性の活躍が非常に進んでいると言えます。近年では男性社員の看護休暇取得率や育児休暇取得率も上がってきており、同社の働きやすい仕組みづくりが従業員に浸透していることがよく分かると思います。

集英社での女性の育児休業取得率は2016年、2017年ともに100%で、結婚・出産を機に退社する女性社員はほとんどいません。男性も数名育児休暇を取得しています。

集英社に転職するためにオススメの転職エージェント3選

集英社の転職を考えている方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

&Careerが独自に調査した情報をもとに、各転職エージェントのメリットとデメリットの口コミと合わせて3社ご紹介します。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアでは、集英社などの新聞・出版・印刷業界の求人を213件、公開求人として扱っています

集英社は、知名度・人気度が高いため、サポート力に定評のあるパソナキャリアで、応募書類の添削・面接対策をしてもらうのが良いでしょう。

パソナキャリアを利用した人は、

30歳 男性 機械メーカー営業

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることが出来ます。

40歳 女性 アウトソーシング会社スタッフ

転職活動のアドバイスなどサポートがしっかりしていて、遅い時間でも電話対応をしてくれました

など、転職活動のしやすさや、サポートの質の高さについて評価していました。

まずはパソナキャリアに登録して、キャリア面談を受けてみましょう。

パソナキャリアの公式サイト パソナキャリアの評判と口コミについて知りたい方は、次の記事をご覧ください。 パソナキャリアの評判は?500人の口コミ調査の結果

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは、集英社などのマスコミ・出版業界の求人を、公開求人で2,485件、非公開求人で2,998件扱っています

パソナキャリアはサポート力でしたが、リクルートエージェントは情報量に強みを持っています。

実績に基づいた転職ノウハウも充実しているので、集英社に転職するための情報集めに最適でしょう。

リクルートエージェントを実際に利用した人は、

24歳 女性 編集者

やはり企業の多さだと思います。いろんなエージェントを使いましたが、他にない求人はたくさんありました。また、業界トップなだけあって添削はしっかりしていたと思います。

28歳 女性 広告代理店

取り扱う求人の量と履歴書・職務経歴書の添削をしてくれるところ、そして面接前の面接対策(過去の質問例、面接官情報など)を行ってくれるところだと思います。

など、扱っている求人の量、転職に関する情報量をメリットとして挙げていました。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドでは、集英社を始めとした情報・出版・メディア業界の求人を、公開求人で139件扱っています。

パソナキャリアやリクルートエージェントには劣りますが、ランスタッドはハイクラスの転職も行っているため、質の高いアドバイスをもらうことができます。

集英社など、人気な企業に転職する際には、かなり有効になるでしょう。

ランスタッドを実際に利用した人は、

29歳 女性 出版業界

企業として大きいので信頼度は高いと思います。またこまめに連絡があるため、就職活動時も安心していられます。

22歳 男性 製造業

仕事を探すときに、いろんな求人をみていました。求人の量は凄く多くて探しやすかったです。

など、企業としての信頼度、求人の量の多さについて評価していました。

転職難易度の高い企業に転職する際は、ぜひ利用してみてください。

ランスタッドの公式サイト

転職エージェントは複数登録を!複数登録して成功した人の体験談を紹介

転職エージェントを一つだけ利用する方も多いと思いますが、複数登録することでさまざまな求人を見つける事ができます。

さらに各転職エージェントにはそれぞれ特徴があり、20代、30代、40代などの年齢によって使い分ける事もオススメの活用法です。

求人数は多いけれどキャリアアシスタントの質がいまいちだったりその逆もあります。また、当然ながら人として合う合わないもあるかもしれません。

複数登録することで、さまざまな視点からアドバイスを受けられることもメリットのひとつでしょう。多くの転職エージェントを比較して、相性の良い転職エージェントを見つける事をオススメします。

以下は複数の転職エージェントを利用した方々の口コミを&Careerが独自に調査したものです。
ぜひこちらも合わせて参考にしていただければ幸いです。

25歳 女性 メーカー工場での一般事務・dodaとJACリクルートメントの2社に登録

最初の転職エージェントは営業向けだったので紹介できる企業が少ないということと、実際にアドバイザーとの面談を行った際に、私の希望職種である事務の需要についての話だけでなく、アドバイザーから見た私に合う職種についての話を聞くことができてよかったです。

36歳 男性 物流コンサルタント・マイナビエージェントとリクルートエージェントの2社に登録

各転職エージェントによって紹介してくれる会社が違って、選択肢の幅が広がったことです。特に非公開求人は、各々強みのある業界があり、選びがいがありました。

集英社の面接で聞かれること・求められている人材とは

一般的な企業とは異なり集英社は、面接でユニークな質問をされることがあるようです。面接時の質問などは企業のカラーが出る部分といえるでしょう。

どのような人材を求めているのか、どのような会社なのか、集英社への転職に向けてぜひ、参考にしていただければと思います。

面接で聞かれること

集英社の面接を受けた人達の話によると、面接中に好きな芸能人やキャラクターがいるかどうか、さらには好きなアイドルグループがいるかどうかなども聞かれるそうです。

エンターテインメントを扱う企業らしく面接者の趣味嗜好や情報への感度の高さ、アンテナの張り巡らし方を見ているのかもしれません。

そうかと思えば、集英社で貢献できることや集英社を選んだ理由、集英社に来るまでの交通機関についても説明してくださいとスタンダードな質問もされるそうです。

面接時間は最長で20分とかなり短いです。あまりに短いので、ただ質問に答えるのではなく、質問の意図をくみ取りスマートに答えるようにすると良いでしょう。

説明も冗長になりすぎないよう心がけるようにしましょう。他の企業での面接以上に自分は何がしたいのか、何が得意なのか端的に伝えられるように、はっきりさせておくことが必要です。

集英社が求める人材

会社の指針で求める人材は特にありませんが、好奇心が旺盛であることは必須です。自分の考えや意見を怖がらずに誰にでも話すことができる人を集英社は求めています。

こだわりが強く、広い情報収集能力があることも重要なポイントです。自分を分析し、マイナス面を前向きに考え何ができるのか得意なものは何かといったことを強くアピールできる人をもっとも強く求めています。

転職できる集英社の職種紹介

集英社の職種の詳細をご紹介します。自身がどの職種に転職したいのか、またどの業務に合っているのか、参考にしていただければ幸いです。

雑誌編集

編集する雑誌の種類は5つあります。各雑誌の業務内容をを細かくご紹介します。

少年誌・男性コミック誌

少年・青年コミック誌の編集業務です。

・少年ジャンプ・ジャンプSQ.・ヤングジャンプ・Vジャンプ・最強ジャンプ・グランドジャンプ・ウルトラジャンプを扱っています。

少女・女性コミック誌

少女・女性コミック誌の編集業務です。

・りぼん・マーガレット・別冊マーガレット・ザ・マーガレット・Cookie・ココハナ・YOUを扱っています。

上記のコミック誌は作家と作品についての打ち合わせや原稿受け取り、入稿、校了作業などを行います。

さらに、グラビアページの企画や撮影、新人作家の発掘と育成、担当作家のスケジュール管理や取材の手配、コミックや企画本の発行、読者イベント、作品のアニメ化や映像化、キャラクターグッズの監修など、漫画作品の関わるすべての業務を行います。

ファッション誌

女性ファッション誌や男性ファッション誌の編集業務です。

・Seventeen・non-no・MORE・BAILA・MAQUIA・SPUR・LEE・Marisol・eclat・MEN`S NON-NO・UOMOを扱っています。

企画、交渉、取材、撮影、入稿、校了作業などを行います。モデルやカメラマンの手配や、スタイリストとコーディネートのチェック、デザイナーとの誌面レイアウト作成など、さまざまな業務があります。

読者イベントやwebページ制作などにも関わります。

ジャーナリズム誌

政治、経済、芸能、スポーツなどの世の動きを伝えるジャーナリズム誌の本誌やWeb版の編集業務です。グラビアページや活版ページの企画や交渉、取材から撮影、入稿、校了作業などを行います。タレントのスケジュール確保やライター、カメラマンなどの手配、また、スタッフをまとめるのも重要な仕事です。

写真集などの企画本も発行します。

・週刊プレイボーイ・Sportivaを扱っています。

芸能誌

芸能人を中心としたエンターテインメント雑誌の編集業務です。グラビアページや記事ページの企画、交渉、取材、撮影、校了作業などを行います。また、タレントのスケジュールの確保やライターやカメラマンの手配もします。写真集などの企画本も発行します。

・Myojoを扱っています。

書籍編集

編集する雑誌は主に2つあります。

文芸書・児童書

文芸誌、文芸書、文庫、児童書、ライトノベルの編集業務です。企画から執筆依頼、著者との打ち合わせや入稿、校了、デザイナーと装丁の打ち合わせなどを行います。

また、「すばる文学賞」や「小説すばる新人賞」などの各賞の選考や新人作家の発掘もします。

・すばる・小説すばる・文芸単行本・集英社文庫・みらい文庫・オレンジ文庫・コバルト文庫・ダッシュエックス文庫・ジャンプjブックス・全集などを扱っています。

新書ノンフィクション

新書、ビジネス書、学術書、美術書などノンフィクション系雑誌や書籍の編集業務です。

企画、執筆依頼、著者との打ち合わせのほかにも、入稿、校了、デザイナーと装丁の打ち合わせなどを行います。また、「開高健ノンフィクション賞」の選考も行います。

・kotoda・集英社新書・ビジネス書・美術書・実用書・イミダス・辞典・事典などを扱っています。

デジタル・通販

電子書籍・電子コミック・雑誌電子版の企画や制作、編集、配信、プロモーションなどの各デジタルコンテンツビジネスに関する業務全般を行います。

また通販サイトの企画、商品の製作や選定、運営、管理、新規ネットビジネスの開発なども行います。

・e!集英社・S-MANGA.net・少年ジャンプ+・ジャンプBOOKストア!・マーガレットBOOKストア!・ジャンプキャラクターズストア・HAPPY PLUS・FLAG SHOP・週プレNEWS・週プレ グラジャパ!・となりのヤングジャンプなどを扱っています。

版権

書籍やコミックをアニメ化、映画化、テレビドラマ化、ゲーム化、舞台化するときに、作者から委託された権利をもとに、契約や出資の交渉などを行う版権業務です。海外での出版に関するライセンス業務も行います。

・国内版権・海外版権・ドラゴンボール室があります。

営業

自ら足を運び、書店と交渉したりイベントの宣伝のほかマーケティングの調査などを行います。営業は主に4つの事業があります。

販売

自社出版物の販売業務です。マーケティング、販売計画策定、発行部数決定や販売促進などを行います。定期的に書店へ情報提供を行い、新刊案内や季節の即したフェアを企画、著者のサイン会などでは担当編集者とともに全国の書店に出向きます。

宣伝イベント事業

自社出版物の宣伝やイベント業務をします。テレビやラジオ、新聞、雑誌、ネットなど各種媒体への出広、ポスターや街頭看板、電車の中つり広告などの製作、読者イベントやキャンペーンの開催、キャラクターグッズ製作などさまざまな業務を行います。

イベントには「ジャンプフェスタ」「Seventeen夏の学園祭」などがあります。

広告

雑誌やWebに広告を掲載してもらうためのセールス業務をします。

編集部と連携しながら、クライアントや広告会社と話し合い、タイアップ広告やコラボイベント、商品開発などにも関わります。また、ブランディング戦略を考えたり、マーケティング調査なども行います。

資材・制作

雑誌、書籍、コミックス、写真集などすべての出版物の用紙の選定と発注をし、原価計算や印刷、加工、製本、付録制作における各過程での進行、管理を行います。

管理

経理:予算算出・出納・売掛買掛管理などの財務全般業務を行います。

総務:庶務・管財・社内行事・社屋管理・防災対策などに関する業務を行います。

法務:法務・知財財産に関する業務です。また著作権をはじめとする出版に関わるルールの相談や窓口および研修の実施、商標の管理、契約の作成なども行います。

人事:採用・研修・異動・給与・出退勤管理などに関する業務を行います。

集英社に転職することは難しい?学歴重視って本当?

会社四季報を刊行している東洋経済の発表によると、「偏差値の高い大学から多く採用している会社」で集英社は第1位でした。(参考:2位三菱地所 3位講談社 4位富士フイルム 5位三菱商事)と、集英社は1番偏差値の高い大学出身者を多く採用しているようです。

こう見ると集英社は入社するのがとても難しく感じますが、実のところ集英社は学歴(偏差値)などはあまり重要視していないようです。

集英社の重視しているのは学歴よりも純粋な学力や地頭のようです。集英社では一般的な教養と時事への関心、文才、発想力を重視しています。

狭き門だという事は間違いないものの、集英社へ転職を考えているならば、1人で悩まずに転職エージェントと相談しながら転職活動を行っていくことが最善だといえるでしょう。

常にプロのキャリアアシスタントと相談できますし、集英社への転職にポイントを合わせた職務経歴書・履歴書の添削や面接の対策などのサポートも受けられます。

複数に登録をして、自分に合った転職エージェントを見つけてください。

集英社に転職するために必要なスキルとは

集英社の主な仕事は編集です。編集者になるために資格は必要ありませんが、本が好きで日頃から本を読んでいる事は大前提でしょう。

本を読むといっても好きな本ばかりではなく、自分が知らないジャンルの本も幅広く読み興味関心を持つ事が大切です。

また、さまざまなジャンルの本から情報を取り入れるだけではなく周囲に伝えるようにする事も貴重なスキルです。

さらに「ドラゴンボール」や「ONE PIECE」のように世界に発信される作品もあるので、英語力も持ち合わせていると尚良いでしょう。

集英社の社員の方によると、自分の考えた企画が本となって書店に並んだ時にはやはり大きなやりがいを感じられるそうです。

そのためにも、日頃から幅広いジャンルの本を読み、国語力、英語力を身につけ相手にわかりやすくアウトプットする技術を意識すると重宝されるでしょう。

集英社に転職するためのポイント

漫画やアニメからビジネス書や学術書まで幅広い雑誌や本を提供している集英社。
漫画が好きで昔から「週刊少年ジャンプ」や「りぼん」を愛読してきた人も多いと思います。

自分の好きなものを手がけることができる集英社に転職できたら、大きなやりがいを感じることは間違いないでしょう。

集英社への転職は簡単ではないかもしれませんが、何より同社の作品が好きという気持ちが一番のアピールポイントです。

その為には集英社の作品はもちろん、他社の人気商品を読むなどし自分なりに集英社を差別化する視点を持つことも必要です。

また、一般的な教養に対してや新しい技術などの情報に対して知的好奇心が旺盛であればある程、集英社という環境は自身の強みを活かす最高の職場となることでしょう。

あらためて、ご自身の「好き」な気持ちを武器に、まずは国語力と英語力を磨き、スキルアップに励みましょう。また世間のあらゆる情報に関心を持つようにすると良いでしょう。

そして実際に集英社への転職活動を行う際には、先ほどご紹介した転職エージェントを複数活用し、プロのエージェントのアドバイスのもと書類審査や面接の対策を万全に行うようにすることをオススメします。