三井住友銀行へ転職は可能?成功方法・中途採用・難易度・年収は?

三井住友銀行に転職するのが夢なんですが、中途採用の枠はあるんでしょうか?
多くはありませんが、中途採用でも三井住友銀行へ転職することは可能ですよ。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。
では、三井住友銀行に関する情報を色々お伝えしていきますね。

キャリアコンサルタント

国内でも指折りのメガバンクのひとつである三井住友銀行は、銀行系への転職を考えている人にとっては憧れの企業のひとつですよね。

今回は、銀行系への転職を希望し、なおかつできればメガバンクを狙いたいという人のために三井住友銀行の転職事情や難易度、転職した場合の年収や待遇などについて説明していきます。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

三井住友銀行への転職は可能?データから難易度を検証

三井住友銀行へ転職したいと思っても難易度が高かったり、採用基準のハードルが高ければ転職は難しいでしょう。そこで、三井住友銀行への転職は可能なのかどうかについて検証してみました。

三井住友銀行の採用基準とは?

三井住友銀行の採用基準は、事務系・技術系がありどちらも専門職としての採用となっています。三井住友銀行への転職を希望する場合、これまでの職歴をもとに、知識や技術、経験を活かすことのできる部署があれば、業種を問わず誰でも採用への道が開かれています。

自分のこれまでの経歴や経験、持っているスキルと照らし合わせ、どのフィールドで活躍することができるのかを見極めて応募することが大切です。

三井住友銀行の求人は?

三井住友銀行から出ている中途採用の求人は、事務系の職種を多く募集しています。主に転職して三井住友銀行に入社したいという人を対象としたキャリア採用部門では、多くの部署の求人が随時出されています。

リテール部門

三井住友銀行のリテール部門は、個人はもちろん、中堅・中小企業へ向けたサービスを展開する部門です。この部門では、銀行員からの転職者だけではなく、同じ金融業界でも保険会社や証券会社からの転職者が多くいる部門でもあります。

リテール部門へ転職し、支店長となっている社員がいたり、女性社員もライフスタイルの変化に応じた働き方をしながら活躍することのできる環境が整っている部門です。

この部門では、金融業界経験者だけではなく、あらゆる経験を持っている人材を常に求めており、転職者にとっては入社しやすい部門として人気があります。

特に、金融業界において営業の経験のある人材は、即戦力候補として期待されることの多い部門です。

ホールセール部門

規模を問わず企業の抱える経営に関する課題を解決に導くための部門をホールセール部門と言います。この部門では、資金調達はもちろん、国内だけではなく海外進出の支援、M&Aなどのサポートも行っている部門ということもあり、多種多様な経験を持っている転職者を求めています。

何となく銀行業界へ転職したいというのではなく、常に好奇心とチャレンジ精神を持って仕事に取り組んでいきたいという人を強く求めている部門でもあります。

国際部門

三井住友銀行には、国際部門という部署を設けていて、海外を中心に行うビジネスを担っています。現在では、海外の収益比率は三井住友銀行全体の4割を超えており、米州やアジア大洋州など全世界38カ国に75拠点が展開されています。

三井住友銀行で働く外国人職員も多く、その中には役員や管理職として働いている人も少なくありません。また、日本より約1,000名という人数が海外へと派遣され、キャリアを日々積んでいます。

日本国内だけではなく海外をフィールドとして活躍したいという人にピッタリな部門です。三井住友銀行の国際部門は、少数精鋭で活動しているため、意欲はもちろん能力のある人材には、すぐに大きな仕事が託されています。

市場営業部門

三井住友銀行にある市場営業部門は、様々なマーケットの取引を通じて、ニーズに応えることのできることを目的として日々の業務が行われています。

マーケットの種類には、為替や債権、資金調達にデリバティブというものがあり、相場の変動によるリスクをコントロールしながら収益を得たり、維持することを目的として行われていきます。

市場営業部門では、

  • ALM担当者として銀行全体のバランスをコントロールする役割
  • クオンツと呼ばれるデリバティブ取引に関する開発
  • リーガルスペシャリストとして国を問わず契約取引の様々な交渉を行う業務
  • カスタマーディーラーとして市場取引のニーズを担う役割

など、多くの種類の業務を専門性を持って担う部門のことを言い、それぞれの分野に精通できる知識や経験を持つ人を即戦力として求めています。

フィナンシャル・ソリューション部門

三井住友銀行にあるフィナンシャル・ソリューション部門は、さまざまなソリューションに関する業務を行っています。

具体的には、

  • シンジケーション組成
  • プロジェクトファイナンス
  • 不動産ファイナンス
  • 不動産エクイティ投資
  • M&Aアドバイザリー
  • ファンド投資

などがありますが、どの業務も専門性が高く、世界でも認められている部門として認知されています。

三井住友銀行のファイナンシャル・ソリューション部門が世界で認知された理由は、Project Finance International誌という銀行業界では権威のある“Global Bank of the Year”に3度受賞していることです。

このような賞を受賞しているファイナンシャル・ソリューション部門は、専門性の高い人材を常に求めており、即戦力として活躍することができる場をいつでも提供できる環境となっています。

コーポレートサービス部門

三井住友銀行でのコーポレートサービス部門とは、いわゆる銀行内で事務を行う部門のことを言います。

この部門は、三井住友銀行の土台となる大切な部門で、ここでキャリアを積み管理職として活躍している社員もいれば、他部門へと異動し活躍している社員もいます。

また、コーポレートサービス部門から海外赴任となった社員もいるなど、ここからスキルアップして巣立つ社員も多くいます。

コーポレートサービス部門では、銀行窓口においての受付業務をメインに行い、入出金処理などを担当する部門で、新卒の社員が多くいますが、転職によってこの部門に配属される人もいます。

銀行とはどういうものなのかをゼロから学ぶことのできる部門として銀行や金融業界に初めて挑戦したいという人にとっておすすめの部門でもあります。

リスク管理部門

三井住友銀行にあるリスク管理部門は、金融という特殊なビジネスを行ううえで負う様々なリスクに対して銀行全体のリスクを管理、コントロールする部門です。

銀行が負うリスクと言えば、

  • 信用リスク 取引のある与信先が財務状況の悪化によって損失を被るリスク
  • 市場リスク 為替や株式、金利などの相場変動によって損失を被るリスク
  • オペレーショナルリスク 銀行内の人やシステムなどが何らかの原因によって機能しなくなってしまうことによって被るリスク

などがあります。どのリスクに対してもリスク管理部門では、的確にその原因を見つけ評価をし、リスク回避することができるようなコントロールを行っていきます。

三井住友銀行のリスク管理部門は、一般的な大手金融機関と比べるとかなりの少数精鋭で業務が行われているために、社員ひとりにかかる役割が大きく責任も重大となりますが、その分やりがいも大きく、リスク管理に関するキャリアを磨いていきたいという人にとって恵まれた環境と言えます。

リスク管理部門で行われている業務は、銀行全体の経営にも影響を与える役割を担うという部分でも銀行内にあるあらゆる部門の中でもやりがいのある面白い部門と言えます。

この部門への転職を希望する場合、数理に精通している人材や、企画力や折衝力に精通している人材、法律に精通している人材などあらゆる分野に対して精通している人材を三井住友銀行では求めています。

海外での業務のリスク管理にも携わるので、外国語に精通している人も活躍することのできる場があります。

このほかにも、専門職として、UI/UXディレクター・デザイナー職もあり、これらの職種の場合、企画力などを求められるため他業種からの転職希望者の採用も歓迎している傾向にあります。

UI/UXディレクター・デザイナー職は、インターネットバンキングなどを担当する業務

技術系職種として人気のあるUI/UXディレクター・デザイナー職は、三井住友銀行のホームページやインターネットバンキングなどのデザインや設計、制作を行う業務で、エンジニア系の技術職としての採用となっています。

そのため銀行員としての知識や経験ではなく、専門の技術職としての知識と技術が求められます。

三井住友銀行の求人情報公開!

三井住友銀行から定期的に出される求人情報は、以下のような形で転職エージェントなどから出されます。

◎株式会社三井住友銀行

総合職(国際部門、市場営業部門、リテール部門、コーポレートスタッフ/サービス部門)
正社員
事業内容:都市銀行
預金業務、貸出業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、
内国為替業務、外国為替業務、社債受託および登録業務、
金融先物取引等の受託業務、証券投資信託の窓口販売業務等。
所在地〒120-0005 東京都千代田区丸の内1-1-2
設立1996年6月
代表者頭取兼最高執行役員 國部 毅
従業員数22,915名(2014年3月現在)
上場市場名非上場
資本金1,770,996百万円(2014年3月現在)
売上高2,342,582百万円(2014年3月期経常収益)
経常利益952,216百万円(2014年3月)
平均年齢36歳(2014年3月現在)

募集要項 ※この求人情報は、既に掲載が終了しています。掲載されていた時点での求人情報の概要を確認することができます。

募集背景 この春、策定した中期経営計画では、 10年後のビジョンを展望し、 その実現に向けて取り組む当初3年間の計画として、 下記の柱を打ち出しました。

・アジアを中心に海外事業を展開すること
・国内でトップの収益基盤をつくること
・本部組織のグローバル化やビジネスモデルの進化を図ること

10年後に、日本、アジアをリードし、 成長する金融グローバル企業となるために、 まずは成長著しいアジアにおいて、 屈指の金融グループになることを目指しています。

仕事内容三井住友銀行の各部門で、あなたの専門性を活かせるお仕事をお任せします。

具体的な仕事内容
国内外を問わず、真のグローバル化を推進する当行の、 下記部門でスペシャリストとして活躍してください。

【対象となる部門】
▼ リテール部門
・マーケティング企画担当者
・データベースマーケティング担当者
・ATM企画担当者

▼ 国際部門
・トレードファイナンスの営業推進・企画
・金融機関取引担当者
・海外システム企画・導入推進
・海外拠点事務企画
・海外法務コンプライアンス
・国際部門での予算管理(管理会計データ分析)
・外資系企業日本法人取引営業担当

▼ コーポレートスタッフ/サービス部門
・リスク計量化モデルに係る企画担当(クオンツ業務)
・リスク管理に係る情報・データに関する企画立案・運営
・リスク管理業務全般に係る企画立案・運営
・システム企画担当者
対象となる方
求めるフィールドにおいて、力を発揮できる高い専門性とグローバルに活躍する意欲をお持ちの方

【具体的に】
■求めるフィールドにおいて業務をお任せできる高い専門性(実務経験・知識・スキル等)をお持ちの方

※いずれも必須です。

★海外勤務経験をお持ちの方、歓迎します

<こんなタイプの方を求めています>
◎好奇心旺盛な方
◎主体的にかかわりをもち、行動できる方
◎新しいことへのチャレンジが好きな方
◎海外勤務への意欲をお持ちの方

勤務地 全国
※ポジションにより初任地は変わりますが、首都圏・主要都市が中心となる予定です。 勤務時間 8:40~17:10(所定労働時間 7時間30分) 雇用形態 正社員 給与 月給20万5,000円以上
※経験・能力等を考慮の上、決定します。

■賞与
年2回 (2013年実績)

■昇給
年1回 (2013年実績)
待遇・福利厚生 ●保険:雇用保険、健康保険、労災保険、厚生年金保険
●施設:独身寮、社宅あり
●両立支援制度:育児休業制度、退職者再雇用制度等
ダイバーシティへの取り組みを強化

当社は、2008年に「ダイバーシティ推進室」を発足しました。
特に女性の活躍推進を現在の最優先課題として取り組み、
育児休業制度、看護休暇制度、短時間勤務制度などにおいて
法定基準を上回る制度を導入しているほか、
託児補給金制度や、退職者再雇用制度を採り入れるなど、
仕事・家庭の両立支援制度を拡充しています。

休日・休暇 ●完全週休2日制(土日)
●連続休暇(年1回)
●スポット休暇
●勤続休暇
●慶弔休暇 活かせるスキル情報
金融関連職 経験業務(投資銀行業務系) 経験業務 コーポレートファイナンス業務
事務・企画・経営関連職 経験業務(財務会計経理系)
金融関連職 経験業務(商品企画開発/分析/リサーチ系) 経験業務 商品企画開発/分析/リサーチ系業務
金融関連職 経験業務(事務管理系) 経験業務 ミドルオフィス

三井住友銀行の事業内容や職場環境は?

憧れの三井住友銀行へ転職したいという人のために、実際の三井住友銀行の事業内容や職場環境などについて詳しく説明していきます。

思っていた通りだったという人もいるかもしれませんが、良い意味でも悪い意味でも思っていたのと違ったと思うかもしれませんので、転職前にしっかり確認しておきましょう。

三井住友銀行とは?

三井住友銀行は、1996年にわかしお銀行として設立され、2001年に住友銀行(住友グループ)と、さくら銀行(三井グループ)の合併によって三井住友銀行として発足。

それ以降、国内にある三大メガバンクのひとつと言われている大手の都市銀行です。国内に440支店、海外には18支店を展開し、今後ますますアジアを中心に海外進出が加速すると言われています。

本店所在地東京都千代田区丸の内一丁目1番2号
設立1996年6月6日(わかしお銀行)
資本金17,709億円
売上非公開
従業員29,658人

三井住友銀行の銀行としての将来性は?

三井住友銀行の銀行としての将来性を見てみると、アジアをはじめさらなる海外への進出を目標としています。そのためには、三井住友銀行が掲げている方針として

Five Values(Customer First、Proactive and Innovative、Speed、Quality、Team SMFG)」(最高の信頼を通じて、日本・アジアをリードし、お客さまと共に成長するグローバル金融グループ」

という三井住友銀行ではビジョンを掲げています。

三井住友銀行の銀行としての将来性は、今後ますます海外へと進出を行い、日本国内だけではなく今以上に海外でも有名な金融期間となることは間違いありません。

これから三井住友銀行への転職を考えているという場合は、海外も視野に入れた英語力を身に着けておくと良いでしょう。

三井住友銀行に中途採用した場合の年収は?

三井住友銀行に勤務する20代~60代の人たちの年収を平均値にすると約500万円前後と言われています。基本的には年功序列となっていますが、出世競争などが激しい銀行特有の風潮があります。

金融業界全体と比較すると三井住友銀行の年収や待遇は良く、特に給与水準は高い水準となっていることと、昇給もある程度は年功序列となっていることから安定して働くことができます。

三井住友銀行での初任給は?

三井住友銀行で総合職として採用された場合の初任給は、月20万円程度(月給制)となっています。これにプラスして住宅補助や資格取得の場合の奨励金制度などがある。

三井住友銀行の初任給は、ほかの銀行と比べても標準的な金額となっています。三井住友銀行へ転職した場合の報酬は、年齢やこれまでの実績などによって決定されることとなります。

三井住友銀行で支給されるボーナスはどのくらい?

大学卒の新卒入社で三井住友銀行に入社、勤務開始から2年~3年程度経過した人のボーナスの金額は、総額約80万円(年2回)となっています。

年齢や役職、勤続年数によって支給されるボーナスには違いがあるものの、年功序列が基本となっているため、年齢に応じて少しずつ増えていくという形となっています。

三井住友銀行での実際の勤務はきつい?

三井住友銀行に勤務しちえる人の平均残業時間は、他社のメガバンクとそれほど違いはなく約30時間~40時間となっています。

残業に対しては、10分単位で残業代が支給される仕組みとなっているため、その点ではしっかりと働いた分の報酬を受取ることができるような仕組みが構築されています。

ただし、どの銀行も同じですが三井住友銀行でも入社してからは、常に試験が行われその試験にクリアすることを基本として仕事内容や給与などの待遇、役職に反映されていく仕組みとなっているため、常に勉強が必要不可欠となっています。

三井住友銀行での勤務に対する口コミ

三井住友銀行で実際に社員として勤務している人や、勤務していた人の口コミ情報をキャリコネから10件~20件ほど分析してみると、

  • 年功序列の体質と実力成果主義の体質が混在している感じがあります。
  • 体育会系気質の高い部門とそうではない部門があり働く部門によって居心地の良さに違いがあります。
  • 銀行は厳しいという口コミから続けることができるかと不安でしたが、三井住友銀行での業務は良い人に恵まれています。
  • 普段の業務はとても忙しく勉強もキツイですが、まとまった休みを取ることができるのが良い。
  • 頑張れが頑張った分評価してもらえる上司に出会うことができてラッキーだった。
  • 上司との折り合いが悪く辛い時期もありましたが、異動により今は今まで以上に頑張って働くことができています。

実際に三井住友銀行で働く人の口コミは、決して楽なものではないということがわかります。

しかし、「自分自身を高めて挑戦していきたい。」という気持ちを持っていれば、それを評価される環境があることは確かなようです。

体育会系気質があったり、実力成果主義の体質やそれとは反対に年功序列の体質など同じ銀行内でも配属部門によって違いがあるという部分では、その人の持っている運というのも影響するのかもしれません。

銀行員は、転勤が定期的にあるため、万が一合わない部門への配属となってしまったり、ソリの合わない上司に出会ってしまったとしても転勤によって解消されることも多いことがわかります。

長期の有給休暇によってリフレッシュすることもでき、社会人として働くべきときには自分をとことん追い込んで働き、休むときには思いっきりリフレッシュするというメリハリを持って働きたいという人にとっては三井住友銀行で社員として働くということは最適かもしれませんね。

三井住友銀行の福利厚生とは?

三井住友銀行の社員となると福利厚生が充実しています。福利厚生の面だけを見ても働きやすい会社と言えます。特に住宅補助制度は充実しており同業他社はもちろん他業種と比較しても恵まれています。

有給休暇がすごい!

有給休暇にも恵まれており、

  • 1年に1度、連続休暇として5日間の有給休暇を取ることができる
  • 1年に1度、ミニ連続休暇として2日の有給休暇を取ることができる
  • 2ヶ月に1度、1日の有給休暇を取ることができる

というふうに、誰でも大型連休を取ることができるシステムとなっています。

健康診断もしっかり受ける!

三井住友銀行では、社員の健康管理にも重点を置いており、年に1度の健康診断を義務にしています。社員はもちろんですが、契約社員として三井住友銀行に勤務している人たちも、一般的な健康診断(レントゲン撮影など)を受けることができます。

研修も充実している

研修制度も充実しており、入社したタイミングと、部署や仕事内容が変わったり、増えるときにはそれに準じた研修を受けることとなるので、安心して業務に取り組むことができるようになります。

三井住友銀行の総合職とは?

三井住友銀行の総合職としての仕事には、日本国内のみならず海外でも活躍する機会が増えています。

そのため、三井住友銀行で総合職という職種に就いた場合、勤務場所を問わず海外の情報を収集するなどのグローバル・ビジネスに携わる機会が増えることとなります。

日本だけではなく世界を視野に入れた仕事をしていきたいという人にとってはやりがいのある仕事と言えます。

三井住友銀行に転職したら転勤の頻度は?

総合職に就いた場合は、5年に1度のペースで転勤となります。この転勤の頻度は、体育会系で銀行色の強い三井住友銀行で働くスタッフにとっては、良い機会として受け入れられています。

また、転勤先は必ず希望通りとはいかないまでも、希望を出すことができるシステムとなっていますので、スキルアップを目指して海外赴任をしたいという希望は、積極的に出してみると希望が叶う可能性も高くなります。

三井住友銀行の社風は?

三井住友銀行の社風は「体育会系」の風潮があると言われています。また銀行特有の社風があるため決して良いとは言いきれません。

やる気があることをアピールすることは良いこととされている一方で、上司の意見は絶対という社風はまさに体育会系と言われ、上司の指示による勤務外でのつきあいを円滑にすることは、働くうえでの評価にも繋がると言われている部分は、三井住友銀行に勤務する社員にとって不満のひとつとも言われています。

規模が大きな銀行だからこそ、そこで働く社員数も多く、先輩や上司の当たり外れはありますが、総合職の職種に就いた場合は、5年でほかの勤務先や部署に異動するため、人間関係を改めてやり直す機会が何度もあることは良いこととしています。

三井住友銀行への転職を成功させる方法

三井住友銀行への転職を成功させるためには、意識して取り組むべきことがいくつかあります。三井住友銀行への転職を成功させたい!という場合はぜひ実践してみてくださいね。

転職エージェントを複数同時に利用する

三井住友銀行の求人は、非公開となっている場合があるので非公開求人を多く持つ大手の転職エージェントを複数同時に利用するようにしましょう。

三井住友銀行のように転職したい企業がハッキリとしている場合は、少しでも早くその求人に出会うことができるようにするのが先決です。

大手で人気のある求人こそ、転職エージェントで求人を持っていることがほとんどなので、転職エージェントを厳選するのではなく、幅広く利用すると効率よく三井住友銀行の求人に出会うことができるようになります。

三井住友銀行の転職には、転職エージェントをフル活用しよう!

転職エージェントを利用して三井住友銀行の求人を手に入れることができたら、次は採用へとつなげるための対策を行うことが重要となります。

そのためには、転職エージェントをフル活用することが重要となります。どのように活用すると三井住友銀行の転職を成功に導くことができるのかを説明します。

履歴書・職務経歴書の添削と面接対策を行う

履歴書と職務経歴書をしっかり作り込むことは、採用に近づけるために必要不可欠なものとなっていますが、自分ひとりで作成すると、その作成したものが良いのなのかどうかの判断をするのは難しいですよね。

転職エージェントを利用すると、履歴書や職務経歴書の添削を無料で受けることができます。この添削は、応募する企業の採用担当者の目に留まるような添削が行われるので書類通過率がかなり高くなります。

また、面接対策も書類の添削と同様に、三井住友銀行の採用担当者の好みや企業の求めている人材に近づくことのできる対策を行ってくれるので採用に近づくことができます。

年収アップなど自分では交渉しづらい交渉も可能

年収アップなど自分では交渉しづらい待遇面での交渉こそ転職する場合、しっかり行っておきたいもののひとつです。

しかし実際には、自分で交渉しづらいというのが実情ではないでしょうか。

そんな時にとても便利に活用できるのが転職エージェントの存在です。年収アップなどの交渉はもちろん、面接日の調整などは転職エージェントにお任せすることができるので、本当に心強いです。

三井住友銀行への転職で必ず登録すべきエージェント・サイト3選

三井住友銀行への転職を現実のものとするためには、転職エージェントの利用は必須ですが、実際に転職エージェントを調べてみると思った以上に多くあることがわかります。

そこで、口コミ情報をもとにおすすめしたい転職エージェントを厳選してみました。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

最後に

三井住友銀行への転職を現実のものとしたいという場合は、転職エージェントの中でも、採用へと近づけることのできる履歴書・職務経歴書の添削に面接対策を受けることができる転職エージェントを複数利用しながら、転職活動を行うようにしましょう。

三井住友銀行では、業種を問わずやる気があり向上心を持って仕事に取り組むことのできるスタッフを常に求めている傾向が強いので、自分のこれまでの経験を活かしながら少しでも貢献したいという気持ちを持って転職活動を行うようにしましょう。

体育会系基質のある三井住友銀行への転職は、この強い気持ちを持った人が歓迎され活躍する機会を与えられる傾向が強いので、元気の良い自分をアピールすることができると採用に近づくことができると思います。