スターバックスコーヒージャパンへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

スターバックスに転職したいです。こんな人気企業に、中途で入社することなんて、できるんでしょうか?
もちろん簡単ではありませんが、転職自体はできますよ。スターバックスは、公開求人も用意していますから、しっかり対策すれば転職できます

キャリアコンサルタント

そうなんですね!でも、書類審査とか厳しそうで、自信がありません…。
そんなときに頼れるのが「転職エージェント」です。転職エージェントは、転職に必要な書類をすべて添削してくれます

キャリアコンサルタント

おすすめの転職エージェントは、この記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

スターバックスコーヒージャパン(以下スターバックス)への転職をお考えの方は多いのではないでしょうか。世界的に有名な企業で日本でも愛用している方の多いコーヒーチェーン店の「スターバックス」を運営する企業の日本法人です。

今回はスターバックスへの転職を考えている方に気をつけるべきポイントをご紹介いたします。また、スターバックスの待遇や転職の難易度についてもご紹介いたします。さらに、スターバックスへの転職をスムーズに進めるために利用したい転職エージェントのご案内もしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

スターバックスへの転職は難しい?データから難易度を検証

まずスターバックスへの転職したいと考えた時に、「人気が高そうだし本当に転職できるの?」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで、スターバックスの公式ホームページやその他さまざまなデータから難易度はどうなのかを検証しましたのでご紹介します。

公開求人はある?

公開求人とは、企業が公式ホームページなどで公募している求人のことです。公開求人は誰にでも応募することができ、一番身近な応募方法といえるでしょう。この公開求人の有無を知るだけでも、その企業への応募のしやすさ、難易度が分かります。そこでスターバックスには公開求人があるのかを調べてみました。

早速、スターバックスのホームベージを見てみると「採用情報」という項目がありました。内容を見てみると中途採用や新卒採用の公式なページが存在するのが分かります。そのためスターバックスへの応募を行うことは自力でも可能のようです。

ただし、公式求人の選考を進めるためには書類審査という一つ目の難関を乗り越えなくてはいけません。自力での応募の場合、この書類審査で振り落とされることが少なくありません。それでは、一体どのような対策を行えば良いのでしょうか。実はここで利用したいのが転職エージェントサービスです。

多くの転職エージェントは書類審査を通過するための手厚いサポートを用意しています。企業の求める人物像なども把握しているためまずは転職エージェントを利用し転職への対策を十分に行うのが良いでしょう。

採用大学の実績はどう?

どの大学が特に採用されているのかの情報は、残念ながら見つかりませんでしたが、スターバックスの公式ホームページでは「4年制大学、大学院、短期大学、専門学校の全学部・全学科 」と記載がありますので、スターバックスの求めている人材であれば学歴は問題ないようです。

つまり、誰にでも採用される可能性があるということですのでその分倍率も上がるかもしれません。逆にやる気次第では誰でも入社できるということです。

スターバックスへの転職を成功させる方法を下の方に記載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

募集中途採用者数はどのくらい?

残念ながら、募集中途採用者の数は記載されていませんでしたが、中途採用を行っている職種が15ありますので、1職種1名と考えて、最低でも15名は募集しているのではないかと考えられます。新卒の採用人数の募集は51名〜100名ですので、募集人数にかなり幅があることがわかります。

スターバックスが求める人物像とは

スターバックスでは「Our Mission and Valuesを体現し、自分とスターバックスの成長に未来志向でチャレンジできる方」を求めています。具体的には、「自らの想いをベースに、仲間を巻き込み、社会に対し前向きな変化をもたらしたいという情熱と行動力に溢れる方」と説明しています。

スターバックスでは、高い使命感を持って働いている社員が多いそうです。そのため、夢や目標をしっかりと持ち、世の中に対してどのように前向きな変化を与えられるのか、これまでの経験を活かしてアピールすることが重要だと言えるでしょう。

スターバックスに転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

スターバックスへの転職を考えているのであれば、スターバックスがどのような事業を行っているのか具体的に把握しておくとこも大切です。実際に働き始めてから、「やりたいことと違った」「前の職場の方がよかった」など後悔しないように事業内容や職場の環境はどのようになっているのか確認しましょう。

スターバックスへの転職を成功させるために、気になる職場環境や平均年収、年齢、仕事内容、給与体制から採用情報などもご紹介します。

スターバックスの基本情報

1996年8月に東京・銀座に日本1号店がオープンし、2013年には国内で1,000店を超える店舗数に達しました。そんな大人気のスターバックスをより知るために、基本的な情報を見ていきましょう。

企業概要

会社名スターバックスコーヒージャパン株式会社
設立1995年(明治40年)10月26日
資本金254億6181万円
本社東京都品川区上大崎2丁目25番2号
新目黒東急ビル
TEL03-6837-7000(代表)
代表取締役社長水口 貴文
店舗数1,392店舗(うちライセンス店舗106店舗)
主な事業コーヒーストアの経営、コーヒーおよび関連商品の販売
従業員数3,990人

 

世界的に知られるコーヒーチェーン店「スターバックス」の運営の他にも、コーヒーや関連商品の販売も手がけています。スターバックスのタンブラーを愛用している方もいらっしゃると思いますが、スターバックスというブランドが浸透しているため人気商品となっています。こういったブランド力も同社の魅力といえるでしょう。

スターバックスの正社員は2種類ある

スターバックスの正社員には2種類の職種があります。どのような違いがあるのか見てみましょう。

店舗正社員

店舗正社員には「グリーンエプロンアンバサダー」という全国転勤を通じてさまざまな地域での経験を積み、ストアマネジャーからさらに上位職を目指すキャリアと「グリーンエプロンエキスパート」という転勤のないストアマネジャー職のどちらかを選択できます。

入社して4年目以降は、結婚や出産などのライフステージの変化に合わせ、1年に1回「グリーンエプロンアンバサダー」と「グリーンエプロンエキスパート」の選択を変更できる機会があります。

サポートセンター正社員

スターバックスでは本社(本部機能)をサポートセンターと呼んでいます。店舗サポートを通じて専門性を高め、各部門において、専門性を発揮しキャリアを積み重ねていきます。ジョブローテーションはもちろん、全国各オフィスへの転勤の可能性もあります。

スターバックスの事業内容

スターバックスは、1971年にシアトルで誕生したアメリカスターバックスの日本支社で、日本最大のコーヒーチェーンを運営しています。

また、エスプレッソの火付け役であり、コーヒーの他にも、フード、ドリンク、デザート、さらにコーヒーグッズやスターバックス関連グッズなども販売しています。また、季節限定の商品にも力を入れています。

スターバックスの主な部門は以下の通りです。

  • 営業
  • 店舗開発
  • 事業開発
  • マーケティング
  • 商品開発
  • サポライチェーン
  • 経理・財務
  • インフォメーション・テクノロジー
  • 管理
  • 人事
  • 経営企画
  • 後方
  • デジタル戦略

店舗での仕事の他にも上記のような職種があります。

専門的なスキルや海外での経験がある方は即戦力としても積極的に採用される可能性があります。店舗のみではなくご自身の経験やスキルが活かせるようであれば、スターバックスへの転職に希望を持てるのではないでしょうか。

平均年収

キャリコネで調べた結果、スターバックスの平均年収は約311万円だということがわかりました。転職時の平均年収はおよそ300万円〜400万円です。同業界のタリーズコーヒーでは平均年収が308万円でしたので、他のカフェチェーンと比べると少々高めであることがわかりました。

また、スターバックスは勤続年数が長かったり、頑張り次第でも年収アップが見込めるようです。

残業時間

飲食やカフェの場合接客業ですので、店の状況で残業が多くなることがあります。スターバックスの店舗の場合、スタッフの人数が確保できていれば残業も少ないようです。休日出勤もほぼないとの口コミも見つかりました。

しかし、スターバックスも接客業ですので、店舗で何かトラブルがあった場合には店長クラスの社員は休日でも店舗へ行かなくてはならないこともあるようですが、基本的には休みはきっちり取れるようですので、よほどのことがなければ休日出勤はないでしょう。

キャリコネで調べた結果、スターバックスの月の平均残業時間は約21時間でした。他のカフェチェーンの平均残業時間は30時間を超えているところが多いので、同業界の企業と比べるとスターバックスの残業時間は少ないことがわかりました。

シフト制ですので休日はバラバラですが、プライベートの時間も確保できますので、働きやすい職場であると言えるでしょう。

採用情報

スターバックスの公式ホームページでは「新卒」「第二新卒」「中途」「アルバイト」の4つの採用情報がありました。ここでは参考までに「中途採用」の採用情報を詳しくご紹介します。

スターバックスでは、ビジネス戦略を実現させていくために、 店舗と店舗をサポートするサポートセンター(本社)ともに、中途採用を行っています。

総合職 店舗正社員(転勤あり)

ストアマネジャー候補・ディストリクトマネジャー候補

経営戦略

日本国内のスターバックスGlobal Retail事業(カフェ、ライセンスおよびフードサービスビジネス)において、予算立案、フォーキャストを通じたコーポレート業績の管理、ファイナンスコントロール(FP&A)を行う。

商品企画

フードの全体戦略に沿った担当カテゴリーの品ぞろえ戦略・ゴールを策定し、担当カテゴリー・フード全体のビジネスゴールの達成およびスターバックスブランドのイメージ向上。

スターバックステクノロジー本部

モバイル・Webアプリケーションの業務設計、開発から運用など。

デジタルマーケティング

データベースマーケティング担当Webディレクターデジタルギフト アライアンス推進担当。

サプライチェーン

全国の店舗並びにB to Bビジネス先へ商品・資材を納期どおりに正確に届けることにより、供給サイドから店舗の運営をサポート。

人事・管理統括

安全衛生担当者・日米監査対応業務・店舗人事担当など。

キャリア

店舗中途入社者は、入社後、店舗にてマネジメント業務を学びながら社員と店舗を成長させるビジネスの真髄を体得します。ストアマネジャー経験後は、営業部門のマネジャーまたはサポートセンター(本社)専門職の仕事にチャレンジしていきます。

サポートセンター(本社)入社者は、各部門においてビジネス理解を深め、店舗運営をリードする営業部門の社員をサポートします。

福利厚生

  • パートナードリンク
  • パートナー割引
  • パートナービーンズ
  • CUPファンド
  • 健康保険
  • 厚生年金保険
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 確定拠出年金
  • 通信教育(e-Learning)

出勤・退勤時と休憩時に、好きなドリンクを飲むことやカスタマイズもできます。また、ドリンクや商品の割引購入(30%)ができることや、週に一度好きなコーヒー豆100gをもらえますので、働く社員からの福利厚生の評価が高いようです。

スターバックスの職場環境は?

スターバックスの公式サイトやキャリコネの社員のリアルな口コミを元に社風や給与体制、やりがいなどを調べてみました。キャリコネで約40件の口コミを分析しましたので、参考にしていただければ幸いです。

社風・評価

  • 上司とも比較的フラットな関係で風通しが良い
  • 明るくて活気がある
  • 一体感があり働きやすい
  • 福利厚生がしっかりしている

などの口コミが多く見られました。

給与に関してはそこまで高くはありませんが、人気の企業でスターバックスやコーヒーが好きな人が集まっているようです。そのため、明るく分け隔てなくフラットな関係を築けるのではないでしょうか。

また福利厚生がしっかりとしていて、産休・育休の休暇も取れますし、時短勤務も可能ですので、女性にとっては特に働きやすい職場であると言えます。

給与体制

給与の口コミをみると、年収の目安は店舗社員で約350万円、ストアマネジャーで約400万円〜500万円、エリアマネジャークラスでは約700万円でした。参考に新卒採用のモデルケースをご覧ください。

給与208,000円
諸手当通勤手当
時間外勤務手当
深夜勤務手当
年末年始就業手当
単身赴任手当
育児施設補助手当
昇給年1回
賞与固定賞与 年2回(7月・12月)
インセンティブ業績変動賞与(業績により1月に支給の場合あり)
休日休暇公休 10日/月(2月のみ9日) 年間休日119日
有給休暇(入社時10日付与)
特別休暇(私傷病休暇・慶弔休暇など)・産前産後休暇・育児休暇・介護休暇 等
保険健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

と、このようになっています。

キャリコネの口コミを見てみると、入社したばかりは、仕事量に比べて給料が少なく感じるが、頑張れば頑張るほど給料が上がりボーナスもしっかりもらえるところが良いという声がありました。

また仕事量に給料が見合っていないとの声もあったり、当日の売上によってサービス残業もあるようです。さらに昇給には上限があり、一定の金額に達すると年齢に関わらず上がらない仕組みになっているとの口コミもありました。

20代の最高年収は約470万円、30代で770万円でしたので、頑張ればそれ相応に上がっていくことは確かなようです。

やりがい

  • 店舗も本部も士気が高い
  • 使命感を持って働いている人が多い
  • お客様が喜んでいる姿を見ると実感できる

などのやりがいを感じている口コミが多くありました。

スターバックスは全国でも人気の企業ですので、その企業で働けるだけでもやりがいを感じる方は多いのではないでしょうか。また、スターバックスでは季節ごとに商品が変わり四季を感じることができます。クリスマスなどのイベントではスタッフも盛り上がり楽しく働けるようです。

接客のマニュアルは特になく、お客様が笑顔になるようにはどうしたら良いのか自ら考えながら働くこともまた、やりがいにつながる理由の一つだと言えます。向上心や目標をを持ち、スターバックスが好きだという気持ちがあれば、正社員としての素質があり入社への希望が持てるのではないでしょうか。

スターバックスへの転職を成功させる方法

スターバックスは人気が高く自力で転職するには少々ハードルが高いかもしれません。さらに、へたをすれば書類だけで落とされてしまう可能性もあります。では、スターバックスへの転職を成功させるためにはどうしたら良いか、その方法をご紹介します。

面接で聞かれることとは?

スターバックスの面接では一般企業とあまり変わらず、志望動機と転職理由などの質問があるようです。他の企業と変わらないということは、普通の回答では面接官にインパクトを与えることが難しく、印象が薄くなる可能性があります。

なぜスターバックスへ転職がしたいのか、また他のカフェとスターバックスの違いなどをはっきりと伝えられると、どうしてもスターバックスへ入社したいとの意志が見えてくるので、同業界との比較も考えておくと良いでしょう。

また、スターバックスへ入社したらどのようなことに取り組みたいのか、やりたいことを明確にしておくことで、企業側の印象もだいぶ変わってくるでしょう。このような内容を一人で考えることは、仕事をしながらですとなおさら難しいので、転職エージェントを利用し、サポートを受けることでより良い対策をとることができます。

転職サイトの利用

在職中に転職を行うのであれば、転職サイトを利用することをおすすめします。転職サイトに登録するといろいろな企業の求人情報を一気に見ることができ、自分の希望する条件を入力すれば、自分に合った求人だけを確認でき、簡単に応募できます。

スマートフォンでも閲覧できますので、どこにいても求人を探せることが最大の特徴です。少しの空き時間があれば簡単に転職活動ができますので、ぜひ活用してみてください。

転職エージェントの利用

転職エージェントとは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが転職に関するアドバイスをしてくれて、理想の転職ができるように手助けをしてくれます。無料で登録でき利用することも無料ですので、安心して活用できます。

面接対策や書類の添削

キャリアアドバイザーは面接の対策や書類の添削などのサポートも行ってくれます。仕事をしながらですと、なかなか時間をとることが難しいので、ぜひ転職エージェントの利用をおすすめします。

また、面接時にはキャリアアドバイザーが同席してくれる転職エージェントもありますので、面接時に緊張してしまって思うように言いたいことが言えなくても、キャリアアドバイザーがフォローしてくれますので、安心して面接を行えます。

非公開求人を紹介してもらう

転職エージェントに登録をすると、そのエージェントにしかない非公開の求人情報を確認できます。ハローワークや他の転職サイトにも載っていない求人ですので、特別な求人であると言えます。

複数の転職サイト・エージェントに登録

1社だけでは非公開求人も限られますが、いくつかの転職エージェントに登録することによって、何社もの非公開求人の確認ができます。さらに、転職エージェントにも特徴がありますので、自分にあったエージェントを探すことも重要なポイントです。

スターバックスの転職で必ず登録すべき・サイト・エージェント4選

スターバックスへ転職するために登録しておきたい転職サイト・エージェントのご紹介をしていきます。

当社が独自に収集した各エージェントの口コミ・評判も併せてご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

複数の転職エージェントに登録して、スターバックスの転職成功率を高めよう!

スターバックスについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?誰もが1度は足を運んだことがあるであろうスターバックスへの転職を成功させるポイントは、「転職サイト・エージェント」の活用です。

そして、さまざまな転職エージェントの視点から自分の転職活動を精査していくことが大切です。面接対策や、書類の添削などのサポートをしてもらい上手に転職エージェントを活用し、スターバックスへの転職を成功させましょう。