住友商事へ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

住友商事はさまざまな事業において、グローバルな事業を展開している大手総合商社であり、誰もが一度は耳にしたことがある一流企業です。

企業HPにて、中途採用を行っていますが、公開求人がかなり少ないため、転職エージェントを活用した転職活動を行うべきです

この記事では、住友商事の事業内容や職場環境から、転職方法まで詳しく解説しています。

記事の最後では、住友商事への転職におすすめな転職エージェントも紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職サイト・エージェント比較一覧【全33職種/328社】

住友商事への転職は可能?データから難易度を検証

住友商事公式ホームページの「採用情報(キャリア採用)」にて、現在もさまざまな職種の募集が行われていることから、住友商事は中途採用を取り入れていることがわかります。

住友商事への転職難易度は?

住友商事では通年でキャリア採用を取り入れているため、住友商事自体への転職は可能ですが、転職難易度となると話は別です。

住友商事への転職難易度はそれほど高くないと言われていますが、応募者が住友商事の提示する募集条件をクリアしていることが前提になるので、一概に住友商事への転職難易度は低いとは言い切れません。

住友商事はグループを通じて「学歴や職歴でそれなりの実績がある人材」を好んで採用する傾向があり、例えば住友商事の会計での求人だと、「大卒以上、会計または税務に関する実務経験(5年程度以上)」など、条件が設けられており、これが管理職候補などになるとさらに条件が厳しくなります。

このことからも、住友商事への転職難易度は、応募者の条件によって変動することが考えられ、「大卒以上」「応募職種の実務経験」などをあらかじめ持って応募すれば、難易度は高くなく、TOEIC730レベルの英語力があればさらに歓迎されます。

しかし住友商事が提示する条件を満たしていない場合は、難易度が極端に高くなると言えるでしょう。

公開求人はあるの?

住友商事公式ホームページの採用情報にて、現在も新卒採用とキャリア採用(中途採用)を対象に募集が行われています。

住友商事で現在公開されている求人の職種一覧

  • 経理
  • 事業金融部
  • IT企画推進部
  • 石油化学部品
  • デジタルソリューション事業部
  • 自動車モビリティ事業本部
  • ヘルスケア事業部

現在これらの職種でキャリア採用を対象に募集が行われています。

住友商事への転職に興味がある方や、本気で住友商事への転職を検討されている方は、是非一度チェックしてみて下さい。

住友商事の採用実績

住友商事では毎年150名前後の新卒採用を行っていて、出身大学の傾向は、東京大学、京都大学を中心に、慶應義塾大学、神戸大学など、偏差値の高い大学出身者を採用している傾向があります。

中途採用にあたるキャリア採用に関しては、その都度募集内容や採用人数が状況に応じて変動するため、データが一定の数字で表れることはありません。

しかし、キャリア採用では独自の採用方針があり、「高い専門性」「多種多様な経験」「変革力」を持ち、基本的にTOEIC730点レベルの英語力を持っていることが条件と、公開されています。

住友商事に転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

ここからは住友商事の概要・事業内容や平均年収・平均年齢などの基本情報と、大手口コミサイト「キャリコネ」の情報を参考した職場環境などの分析を行っていきます。

住友商事 企業概要

会社名住友商事株式会社
設立1919年12月24日
資本金2,194億円
事業所数国内22カ所/海外109カ所(65カ国・地域)
本社所在地東京都千代田区
従業員数5091人

まさに誰もが憧れる働き先で、キャリアの最終目標とも言えそうな企業で、国内22ヶ所、海外109ヶ所ある事業所からも、その規模の大きさは一目瞭然です。

もともとは、1919年に資本金3500万円で設立された「大阪北港株式会社」が住友商事の始まりで、その後戦前から戦後にかけて右往曲折を経て、1952年に社名を住友商事株式会社と改称し現在に至ります。

事業内容

一般的に総合商社として認知されている住友商事ですが、住友商事公式ホームページによると、「グローバルに広がる強固なビジネス基盤と多様で高度な機能を連携させ、既存の枠組みを超えて社会課題を解決し、新たな価値を創造していきます」と公表されています。

これは国内を含んだ世界各国にある131の事業所を中心とした、インフラ事業、金属事業、輸送・建設事業、生活・不動産事業などのグローバル展開を意味していて、日本国内だけでなく、世界を相手にビジネスをしているというメッセージです。

分野に囚われず、さまざまな事業をグローバルに展開していくことが、住友商事の事業内容です。

平均年収・平均年齢

ここからは、住友商事の平均年収・平均年齢などのデータから、今後の期待値や将来の安定度などを分析していきたいと思います。

2017年度の各データ

平均年収1304万円
平均年齢42.7歳
平均勤続年数18.0年
従業員数5019人

2017年度の公開データによると平均年収は1304万円と非常に高く、また平均年齢も42.7歳とこちらも他企業に比べ高い水準になっています。

平均勤続年数は18.0年とこちらも他企業に比べ8年ほど多く、この数字からも住友商事で働かれる従業員は安定した仕事量と年収を得ていることが分析できます。

平均年収に関しては、同業企業である三菱商事が1386万円、三井物産が1214万円、伊藤忠商事が1384万円と高い事からも、業界自体の平均年収が高い傾向にあり、平均年収を比較する際は、一般的な平均年収よりも、同業企業との比較の方が目安になると言えます。

住友商事過去5年の各平均データ

年度平均年収平均年齢従業員数
2017年13,041,252円42.7歳5091人
2016年12,551,416円42.8歳5162人
2015年12,556,251円42.2歳5204人
2014年13,005,566円42.9歳5208人
2013年13,048,291円42.7歳5228人

2015~2016年の2年間は凡そ50万円程平均年収は下がりましたが、2017年には1300万円台ともとの水準に戻っています。

平均年齢は5年間ほぼ横ばいですが、従業員数に関しては減少傾向にあり、このことは1300万円台に平均年収が戻った要因として考えることができます。

住友商事の年代別平均年収によると、45~49歳までの平均年収が15,359,986円、50~54歳までの平均年収が16,252,008円、定年期を迎える55~59歳までが15,944,234円と、年齢が高い方が、平均年収が高い傾向にあり、これが平均勤続年数18年以上の要因と言えます。

住友商事の生涯賃金とその要因

一般的な生涯賃金2億1803万円に対し、住友商事の生涯賃金は6億2598万円とされていて、これは一般的な生涯賃金の約3倍の数字であり、全ての住友商事の社員がこの生涯賃金を得る事ができると一概には言えませんが、これは転職を希望される方にとっても魅力的な数字です。

この生涯賃金に至るまでのプロセスはさまざまですが、住友商事でのキャリアアップや仕事の積み重ねが大きな要因と言えます。

住友商事での役職別推定年収は、部長クラスが2410万円、課長クラスが1924万円、係長クラスが1434万円とされていて、役職が上がる度に大きく年収がアップする仕組みになっていて、これが高額な生涯賃金を得る大きな要因と言えます。

口コミから分析する住友商事の職場環境

住友商事の職場環境や気になる人間関係などを事前に調べる際は、実際に住友商事で働かれていた方や、現在も働いている方の口コミや感想を参考にするのが、最も的確で調べていても納得できます。

ここからは、企業口コミサイトの大手「キャリコネ」に掲載されている、住友商事に関する口コミから、職場環境や社風、仕事に対してのやりがいや、評価制度などを分析していきます。

報酬に関しての口コミ

  • 他の企業に比べればかなり高給
  • 一年目でも多くもらえる
  • 報酬には非常に満足している

報酬に関してはこれらの意見が多数あり、全体的に満足度が高い傾向にありました。

住友商事の平均年収を考えると当然の結果とも言えますが、中には「給料は多いが商社なので出費が重なる」や「部門の業績に左右される」などの意見も少数ありましたが、報酬に関する口コミ全体を通じても、報酬面に関してはほとんどの方が満足しているようです。

しかしただ勤務しているだけで、高い報酬を得ることはできず、仕事のコツやノウハウなどを、時間をかけて覚えたり、その後仕事に対しての実績や評価を積み重ねたりなど、それなりの苦労も必要です。

働く環境についての口コミ

  • 職場の雰囲気はアットホームな印象
  • 職場にメリハリがある
  • 毎年5万円相当のカフェテリアポイント

部門や職種によるとは思いますが、口コミ全体を通して、職場環境は良好の印象を受けました。

職場の雰囲気はアットホームで人も良く働きやすいや、職場にメリハリがあるのでオンとオフをしっかり切り替えることができるなど、人間関係や職場雰囲気に関するネガティブな意見はあまり見られませんでした。

特に目を引いたのは「カフェテリアポイント」と呼ばれるもので、従業員には毎年このカフェテリアポイントが5万円分支給されるようで、これを使って旅行や買い物などを行えるそうです。

従業員のリフレッシュを目的としたカフェテリアポイントや、家賃1万円で入れる独身寮など、住友商事は従業員が働きやすさを意識して、職場環境を作っていると言えます。

女性の働きやすさについての口コミ

  • 女性が管理職を目指すことができる
  • 産休・育休制度は整っている

女性が働く環境についてはこれらの意見が多く、女性が管理職を目指せる環境は整ってはいるようですが、そもそも女性が活躍できるフィールドが少ないといった意見も多くあり、女性が働く環境が整備されていくのは、これからといった印象です。

しかし、現状女性でも総合職で入社すれば、管理職に昇格できるチャンスはあるので、活躍の場は十分にあると言えます。

産休・育休の制度も整っているので、完璧とは言えませんが、ある程度女性が働く環境は整っていて、今後さらに環境が整備されると予想できます。

残業・休日出勤についての口コミ

  • 有給休暇消化率が上昇している
  • 休日出勤の有無は部門による
  • ライフワークバランスがとりやすい

社会全体でオーバーワークが問題化されている中、住友商事でも対策がされているようで、残業少ない、休日出勤なし、といった意見が非常に多かったです。

部門によっては「残業時間月20時間、休日出勤なし」といったところもあるようで、プライベートと仕事のバランスがとりやすい職場であることがわかります。

中には「残業時間がなさすぎで物足りない」といった意見まであり、残業・休日出勤は住友商事全体でデリケートに取り扱っている印象を受けました。

また、有給休暇消化率も年々上昇しているようで、プライベートと仕事の切り替えを大事にしている方にとっても魅力的です。

仕事のやりがいについての口コミ

  • 金額が大きい分やりがいがある
  • 早い段階で責任感のある仕事を任される
  • 海外の仕事に携わる事も多くやりがいがある

「取扱い金額が大きいのでやりがいがある」といった意見が特に多く、見事仕事を遂行した際の達成感は計り知れないものがあるようです。

また海外のプロジェクトに関われる機会が多いことも、仕事のやりがいにつながっているようで、これはグローバルに各事業を展開する住友商事ならではの醍醐味と言えます。

入社して早い段階からアシスタントとして先輩社員に就き、その過程で責任感のある仕事を次々と任されるので、これもやりがいを感じる要因と言えるでしょう。

長所・短所についての口コミ

キャリコネの口コミから住友商事の評判は各項目で好印象でしたが、長所と短所についてはどのような口コミがあるのでしょうか?

ここでは、長所・短所それぞれの口コミから、住友商事の評判を分析していきます。

  • 職場がアグレッシブでいい雰囲気
  • 待遇や職場環境などは良い
  • 組織の業務効率が落ちている
  • 関連子会社に関わる社員販売が多数
  • 慢性的な残業が当たり前

これら意見があり、内容は人によってそれぞれな印象です。

職場環境や雰囲気、残業時間にバラつきがあるのは、配属先によるものと考えられ、住友商事に転職する際は、その部署の特徴やメリット・デメリットなどの情報を事前に入手する必要があります。

キャリコネなどの口コミサイトから情報を収集することも可能ですが、住友商事に転職する際は、転職エージェントを利用することがおすすめなので、転職エージェントを利用して住友商事の情報を入手しましょう。

転職エージェントにはキャリアアドバイザーと呼ばれる、転職のプロが在籍していて、キャリアアドバイザーは求人掲載企業のレアな情報を多数持っていて、職場環境などの情報ももちろん持っています。

住友商事への転職を希望される方は、転職エージェントから事前に住友商事に関する、ありとあらゆる情報を入手しましょう。

住友商事への転職を成功させる方法

ここからは、住友商事への転職を成功させる方法や手順などを、順を追って解説していきます。

住友商事の選考フロー

まずは住友商事の、エントリーから採用までの流れを見ていきましょう。

  1. 希望職種や部門にエントリー
  2. 筆記試験
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. 三時面接
  6. 最終面接
  7. 内定・採用

これが一連の流れです。

大手一流企業という事もあってか、面接が全4回に分けて実施されるのは珍しくハードルが高いイメージですが、考え方によっては、それだけ「人間性を重視している」ということでもあるので、単に学歴や経歴だけで判断されないと考えることができ、事前対策も行いやすそうです。

応募方法は2パターン

住友商事の求人に応募する方法は、大きく分けて「直接エントリー」「転職エージェントを通じてエントリー」この2パターンがあります。

直接エントリー

住友商事公式ホームページの「採用情報(キャリア採用)」からのエントリーか、住友商事の求人を掲載している転職サイトや求人サイトから直接エントリーをします。

メリットとしては、「自分の好きなタイミングでエントリーできる」「転職活動のスケジュールが組みやすい」などのメリットもいくつか生じますが、採用に至るまでのハードルは非常に高いとされています。

ハードルが高い要因としては以下のことが考えられます。

  • 書類選考が通過できない
  • 充実した面接対策ができない
  • 転職に関する全ての工程を自分で行う必要がある

これらが要因として考えられ、書類選考で落ちてしまうのがほとんどです。

提出書類となる履歴書や職務経歴書は、面接に進むまでの前工程ですが、この履歴書や特に職務経歴書の作成が意外と難しく、採用までのハードルを高くしています。

転職希望者の多くの方は、提出書類となる履歴書や職務経歴書を書くことに慣れていないため、特に住友商事などの有名企業への転職を考えた際は、この最初の段階で躓いてしまいます。

転職エージェントを通じてエントリー

転職エージェントとは、リクルートやDODAといった人材サービス企業が運営する、転職支援サービスで、「転職コンサルタント」とイメージすればわかりやすいです。

転職エージェントでは、転職活動に関するさまざまなことを無料でサポートしてくれ、個人で転職活動を行うよりも、転職成功率が大幅に上がるとして、近年注目されています。

特に住友商事などの大企業への転職活動の際は、転職エージェントが利用されることが多く、サービスの内容も非常に充実しています。

転職エージェントの主なサービス
  • 非公開求人の紹介
  • 書類作成のアドバイスや添削
  • 面接対策
  • 企業情報の提供

これらが各転職エージェントの共通したサービスであり、これにプラスアルファー各転職エージェントそれぞれの独自サービスなども利用できます。

これらサービスを上手く活用すれば、上記の「直接エントリー」にあった、いくつものデメリットを解消することができ、スムーズに転職活動を行うことができます。

非公開求人の紹介

一般公開されていない非公開の求人情報を登録利用者に提供してくれるサービスで、「求人倍率が低い」「高給料・高待遇案件」「求人の質が高い」など、多くのメリットがあります。

書類作成のアドバイスや添削

履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイスや、出来上がった書類の添削作業を行ってくれるサービスです。

特に職務経歴書には、これといったフォーマットやテンプレートがなく、全てを一から作る必要があるため、応募企業に合わせた的確な作成アドバイスは転職希望者にとって大きな助けです。

特に住友商事のような大企業になると、書類選考の段階で大きなふるいにかけられるため、書類作成のアドバイスや添削などのサポートサービスは、大変心強いと言えます。

面接対策

応募企業に合わせた面接対策を行ってくれるサービスで、対策内容は転職エージェントによってさまざまです。

実際に面接で聞かれる事や、その質問に対しての答え方といった本格的な対策から、身だしなみ、服装など面接の心得など、さまざまな面でアドバイスをくれます。

転職の成功は面接の出来がそのほとんどを占めるため、本格的な面接対策を受けられることは、転職エージェントを利用する最大のメリットです。

企業情報の提供

転職エージェントには、転職希望者である登録利用者を担当するキャリアアドバイザーが在籍しています。

キャリアアドバイザーは企業側と固い信頼関係があるため、転職希望者にとって有益になる情報をたくさん持っています。

キャリアアドバイザーはこれら有益な情報をもとに登録利用者をコンサルティングし、転職成功に導くのですが、応募企業の職場環境や希望する配属先の情報などを、必要であれば登録利用者に提供してくれることもあります。

応募前に職場環境など、従業員でしか知りえないレアな情報を入手できるのも、転職エージェントを利用する大きなメリットです。

直接エントリーと比較するとメリットが多い

上記のサービス内容からもわかるように、直接エントリーと比較した際、転職エージェントを利用する場合はたくさんのメリットが生じます。

住友商事への転職活動の場合、エントリー時の書類選考から全4回の面接など、採用までの工程が非常に多く、4回の面接のどれもが内容も異なるため、それぞれの対策が必要です。

個人で直接エントリーすることは可能ですが、これら工程の多さから転職成功率は非常に低くなってしまうため、万全の準備を整え、少しでも成功率を上げるためにも、やはり転職エージェントを利用した転職活動がおすすめと言えます。

住友商事への転職で必ず登録すべき転職エージェント4選

ここからは、住友商事への転職で、必ず登録すべきおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

住友商事への転職は、転職エージェントを複数登録して利用するのがポイント

転職エージェントには共通するサポートサービスの他にも、転職エージェント各社それぞれが持つ独自のサービスや、特徴、メリット・デメリットなどが異なります。

1つの転職エージェントに絞って転職活動を行うよりも、転職エージェントそれぞれの特徴や強みを活かして、幅広く転職活動を行うことが、転職成功率を上昇させる大事なポイントです。

転職エージェントは複数登録し、それぞれの特徴や強みを把握し、併用して上手に使うことが、納得のいく転職を成功させるポイントです。