サントリーへ転職は可能?中途採用・難易度・年収は?

サントリーへ転職したいです。こんな人気企業に、中途で入社するなんてこと、できるんでしょうか?
もちろん簡単ではありませんが、転職自体は可能ですよ。ただ、サントリーは日本を代表するメーカーなので、転職難易度はかなり高いと言えます。

キャリアコンサルタント

転職エージェントを活用したほうが良いでしょう。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。具体的に、どの転職エージェントを利用したら良いんですか?
この記事でご紹介しています。他にも、サントリーの企業情報転職を成功させるポイントなどご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

サントリーホールディングス(以下サントリー)への転職をお考えの方は多いのではないでしょうか。プレミアムモルツなどのビールやウイスキー、清涼飲料水の製造・販売で有名な日本を代表するメーカーです。

今回はサントリーへの転職を考えている方に同社への転職活動を行なううえで知っておくべきポイントのご紹介をいたします。

さらには気になるサントリーの待遇や転職の難易度についてもご紹介いたします。サントリーへの転職を進めるうえで利用したい転職エージェントのご案内もしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

サントリーへの転職は難しい?データから難易度を検証

まずはサントリーへの転職について難易度はどうなのかなどを見ていきましょう。

公開求人はある?

公開求人とは、企業が自社の公式ホームページで募集している求人のことです。公開求人があると誰にでも自力で応募できるのが特徴です。

公開求人の有無によっても、その企業への転職難易度が分かります。そこで早速サントリーに公開求人があるのかを調べてみました。

サントリーで検索してみると公式ホームページ上に採用情報が掲載されていることが分かりました。世界的にも有名なサントリーへの応募はご自身でも行うことが可能のようです。

しかし、公開求人の選考は書類審査が最大の難関といえます。なぜなら応募のしやすさのあまりに応募する人が多くなりやすいため、面接を行う人の選考をしっかりと選ぶ必要があるためです。

そのためこの書類審査で振り落とされることは少なくありません。自力での応募の場合は自由に企業にアプローチできる反面このような部分が難しいところといえます。

そのため個人的な応募を行う場合にはまず書類選考を突破する履歴書や職務経歴書の作成に注力すると良いでしょう。

採用大学の実績はどう?

サントリーは就活生に大変人気の高い企業の一つです。採用されている大学は東大、京大など旧帝大の他に慶応義塾や早稲田、神戸、同志社、専修、他にも理科大や東工大などの理系大学の採用実績もあります。

偏差値に関係なく幅広い大学から採用を行っています。新卒採用では例年、100名強の人材を採用しており、基本的には男女や文理学部、学科関係なくバランスの良い採用が行われているようです。

サントリーが求める人物像とは

創業者である鳥井信治郎氏が社員たちに「やってみなはれ」とよく言っていたという話は有名な話です。

現在でもサントリーでは「やってみなはれ」の精神を引き継いでおり、社員一人ひとりの力を最大限に発揮させるという考え方は時代が変わってもサントリーの礎となっています。

サントリーはなんといっても全世界で3万9千人もの従業員が勤務している大企業です。しかもその6割が日本以外で働くグローバル企業です。

やってみなはれの文化が根付く同社、そのためチャレンジ精神を忘れずに新しい価値の創造に向かっていくバイタリティを持った人材を求めているようです。

サントリーに転職するなら確認したい!事業内容や職場環境は?

次に、サントリーの事業内容や職場の環境はどのようになっているのか見ていきましょう。また、気になる平均年収や年齢、仕事内容、給与体制から採用情報などもご紹介します。

サントリーの基本情報

1899年に鳥井信治郎氏が葡萄酒の製造販売を目的として鳥井商店を大阪に創業しました。1929年に発売した同社初のウイスキーを「サントリー」と名付けましたが、その名前が現在の社名へと引き継がれています。

現在ではプレミアムモルツなどビール事業も手がけていたり、サプリメントや健康食品など幅広い商品を扱う企業となっています。

資本金が700億という大企業でありながら非上場企業として有名で、その株式は創業家の資産管理会社が所有しています。

企業概要

会社名サントリーホールディングス株式会社
創設1899年
設立2009年2月16日
資本金700億
本社大阪府大阪市北区堂島浜2-1-40
TEL06-6346-1131(代表)
代表取締役会長佐治 信忠
代表取締役社長新浪 剛史
主な事業グループ全体の経営戦略の策定・推進およびコーポレート機能
従業員数37,745人
グループ会社312社

今ではテレビCMでもよく見かける、チューハイの「STRONG ZERO」や「ほろ酔い」、缶コーヒーや伊右衛門、ウイスキー、ワインまでさまざまな商品を製造・販売しています。

1899年に大阪の鳥井商店がぶどう酒の製造・販売を始めたところから、サントリーが始まりました。

また、同社の製品はお酒や清涼飲料水以外にも数多く、健康食品やスキンケア商品、アイス、野菜苗・花苗など、幅広く事業を展開しています。

意外に思うかもしれませんが、こういった事業の幅広さ自体も同社の社風をよく表しており「チャレンジングな姿勢」をよく表しているものだといえるでしょう。

社内ではスポーツ活動が活発に行われていてラグビー部、バレーボール部などが積極的にイベントに参加しているようです。また、お酒を扱う企業らしく試飲会や飲み会などが頻繁にあるようで良い意味で全員が参加型の企業といっても良いでしょう。

サントリーの事業内容

サントリーは実に幅広い事業を行っており、世界中を舞台に主に8つの事業を展開しています。

食品事業日本だけでなく、欧州・アジア・オセアニア・米州で、お茶やコーラなどさまざまなソフトドリンクを製造・販売しています。
スピリッツ事業バーボンの「ジムビーム」や「山崎」「白州」「響」を始め、テキーラやウォッカ、ジン、リキュールなどを扱っています。
ビール事業サントリーの中でも特に有名な「ザ・プレミアム・モルツ」などのビール全般を扱っており、ビールの注ぎ方や製法を研究しています。また、韓国や台湾などの東南アジアを中心に輸出も行っています。
ワイン事業創業当初から作り続けられており、現在でも新商品の開発や研究を行っています。国内での高品質なワイン造りを続けるかたわら、世界各国の有名なワイナリーとグローバルなワインビジネスを展開しています。
健康食品事業セサミンなどのサプリメントや酵母の力を利用したスキンケア化粧品などを研究開発しています。健康志向が高まる中で多くの人に注目される分野です。
外食・加食・花・サービス関連事業サントリーでは外食産業にも進出しており、同社の飲料を提供することでさまざまなシナジー効果を生んでいます。他にも日本でファンの多いハーゲンダッツも実はサントリーが提供しています。
機能会社サントリーのグループ全体の経営基盤の強化を図るために作られました。内容としてはシステムの開発や原材料の調達、人材の育成などで役割に応じ現在は4社設立されています。それぞれがサントリーグループ全体を横断して支える業務を行っている重要な部門です。
研究開発サントリーグループの原点といえる研究開発部門がサントリーの根幹をなす部門といえるでしょう。時代に合わせてこれまでの人気商品の改良を行ったり、まだ世にない新たな商品を日夜開発しています。

サントリーの公開求人

サントリーの公式ホームページ内には採用情報が記載されています。その中には「新卒採用」「経験者採用」「障がい者採用」「グループ会社採用」の4つの採用情報がありました。

参考として「経験者採用」の採用情報を詳しくご紹介します。

経験者採用では「ビジネス部門」の採用を行っており、その中でも「ウエルネス事業デジタルマーケティング」「デジタルマーケティング」「海外コンサルタント」の3つの分野に分かれて募集しています。

それぞれヘルスケア事業におけるシステムの開発や運営マーケティングの企画推進、メニューの提案や新製品の飲み方の開発などを行っている部門です。

経験者採用となっていますが、「ウエルネス事業デジタルマーケティング」では大学卒業以上であれば応募可能です。

「デジタルマーケティング」では大学卒業以上に加えて、中国語や英語がビジネスレベルの会話力がある方が応募の条件となっています。

また「海外コンサルタント」は飲食店の現場経験が5年以上あれば学歴不問です。

部署によって求める学歴や経験もさまざまですので、自分にあった求人を見つけることは難しくないといえます。
しかし、募集情報が少ないため小まめに募集が増えていないか確認すると良いでしょう。

選考のスケジュールはどの部署でも統一されています。

書類選考

→1次面接

→2次面接

→適性検査 ※Webにて受験

→最終選考

給与は経験や能力を重視しているようですので、長年上記のような仕事に携わっていた方は待遇も良くなると考えられます。

給与に関しては、下記に「サントリーの職場環境」の見出しがあります。その中に「給与体制」があり、新卒の初任給や待遇も掲載しておりますので参考までにご覧いただければと思います。

募集中途採用者数はどのくらい?

残念ながら、中途採用者数は明記されていませんでした。現在公開で中途採用を行っている職種は3つですので、1職種1名と考えると最低で3名のみの募集となります。かなりの狭き門といえるでしょう。

もちろん最低の人数であれば3名というだけでニーズに合う人材がいれば枠を増やす可能性もありますが、どちらにしても募集している職種も少ないようですし、公開求人はあるもののサントリーへの転職は簡単ではないことが分かります。

平均年収

キャリコネで調べた結果、サントリーの平均年収は約621万円だということがわかりました。同業界のアサヒビール株式会社やキリンビール株式会社と比べて、ちょうど間くらいの水準であることがわかりました。

サントリーで働く20代、30代の世代別の最高年収も非常に高いです。また業界全体的に平均年収が高めですので、高収入を手に入れることができる企業、業界ということに間違いはないでしょう。

20代最高年収30代最高年収平均年収
サントリー700万円1480万円621万円
アサヒ804万円1116万円564万円
キリン726万円1182万円697万円

福利厚生

  • 法人会員施設、会員制福利厚生会社サービスの適用
  • 独身寮、社宅、家賃補助など

キャリコネの口コミでは、住宅手当についての口コミが多くありました。入社後6年目までは8割も手当てが出て、それ以降も3割〜4割ほどの手当てを受けられるので、住宅手当に関しての評判が良いようです。

さらに、就職時の引っ越し費用はサントリーが負担してくれるので、手当が充実しているとの口コミもありました。また、出産・育児休暇もしっかり取れるので、女性に配慮した待遇も充実しており、出産後、復帰する女性も多いそうです。

法人会員施設にはスポーツできる場所もあるようですので、体を動かしてリフレッシュしたい方には最適です。

サントリーの職場環境は?

サントリーの公式サイトやキャリコネの社員のリアルな口コミをもとに社風や給与体制、やりがいなどを調べてみました。キャリコネで約70件の口コミを分析しましたので、参考にしていただければ幸いです。

社風・評価

  • 非上場会社なので顧客本位の経営を行なっている
  • 体育会系でおとなしい人は馴染みにくい雰囲気がある
  • 飲み会が多く社内イベントなどが多い
  • 福利厚生が充実している
  • 出産や育児を終えた後に復帰している女性社員がたくさんいる

などの口コミが多く見られました。

子育て経験のある上司も多く、出産・育児に関しても理解があるため、時短や休暇も取りやすく、女性にとって働きやすい環境との声もありました。

労働環境はかなり良いようでほとんど不満というものが見当たりませんでした。特に福利厚生や給与に対して満足している従業員が多くいました。

社風に関しては、体育会系の社員が多くイベントなども多数開催されているようで活気がある企業のようです。

大企業ですと落ち着いたイメージのある企業も数多くありますが、サントリーの場合はどちらかというとチャレンジ精神を持った自発的な人材がたくさん集まって一つのより良い形にしていくというハツラツとした職場環境のようです。

給与体制

給与の口コミをみると、年収は業界内でも高水準で、福利厚生の住居手当なども充実しているので実質的な給料は非常に満足の高いとのことでした。

給与比較でももともとの給与が他の業界よりも高めなため高収入が得られる環境ということに間違いはないようです。

参考に新卒採用の給与一例をご覧ください。

給与244,900円
諸手当家族手当、通勤手当
昇給年1回(4月)
賞与年2回(7月・12月)
休日休暇年間121日(基本的には土日・祝日・年末年始が休日となるが、部門により曜日は異なる)、年次有給休暇(初年度13日)、慶弔休暇、リフレッシュ休暇、育児休職、介護休職など
保険健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、従業員預金

と、このようになっています。

やりがい

  • やってみなはれの文化が浸透しておりお客様志向を目指している
  • 風通しがよく自由に面白いもの、新しいものをやるという姿勢
  • 泥臭い営業が必要だがお客様の笑顔が見ることができる

などのやりがいを感じている口コミがありました。

ここでもサントリーの社風を表すような口コミが多く、特に自由とか闊達な雰囲気という言葉が多く見受けられました。大企業にありがちな閉塞感が全くないようで失敗しても何度も挑戦できる環境であるようです。

サントリーが好きで働いている人が多いようで口コミの情報は現職の方のものが多くありました。

サントリーへの転職を成功させる方法

サントリーは世界的にも有名な企業ですし給与も高いため同社に勤めたいと考えている人は多くいます。事実、学生にも新卒入社したい企業として毎年名前が挙がる企業です。

そのため中途採用の場においても人気が高く自分一人で転職活動を行うにはハードルが高い企業の一つといえるでしょう。書類審査を通ることも難しいかもしれません。

ではサントリーへの転職を成功させるためにはどうしたら良いのでしょうか。でもそれほど難しいサントリーへの転職も転職エージェントを利用することで大きく変えられるかもしれません。

自分自身のスキルを見直す

サントリーではさまざまな事業を展開しています。自分の経験がどの分野であれば全力で発揮できるのかをまずは知っておく必要があるでしょう。

お酒の分野にしても自分のスキルがビールや発泡酒に強いのか、ワインに強いのかなどを知ることがスキルを活かすために重要になるでしょう。

自分のスキルや経験を見直すことで、面接時でも自分の強みをはっきりと企業側へ伝えることができますので、自信も付き良い印象を与えることができるでしょう。

事前に面接で聞かれることを想像し対策する

サントリーではチャレンジ精神を持っている社員が多く働いています。それは昔からの「やってみなはれ」の精神をずっと引き継いでいるためです。

面接ではサントリーでやりたいことを明確にし、チャレンジしたいという気持ちを前面に出すことが大事だと言えるでしょう。

実際にあった面接での質問を調べてみると、

  • 志望動機
  • サントリーでやりたいこと
  • サントリーを研究してみた内容
  • 学生時代に頑張ったこと

などがありました。

サントリーへの転職を成功させるためには、サントリーの企業研究をしっかりと行いどのようなことをやりたいのかをはっきりさせておくことをおすすめします。

また、学生時代や社会人になってから頑張ったことについては、「やってみなはれ」精神に基づき、どのようなことに挑戦し、どのようなことを成し遂げたのか見返してみると良いのではないでしょうか。

転職エージェントを活用する理由とポイント

転職エージェントとは、転職についてさまざまな知見を持つプロ集団のキャリアアドバイザーが転職に関するアドバイスをしてくれるサービスです。

無料で利用できるサービスがたくさんあり、利用する顧客が理想の転職を成功できるようにさまざまなサポートを用意しています。

履歴書や職務経歴書の添削を受ける

まず最初に利用したいのが履歴書や職務経歴書の添削サービスです。転職エージェントに無料登録するだけで利用できるところが多く、自力で応募することをメインで考えている人にもぜひオススメしたいサービスです。

プロの視点から書き直される履歴書や職務経歴書は要点がまとめられるだけでなく、その企業の求める人材にアピールすることのできる内容を重点的に作ることができます。

非公開求人を紹介してもらう

転職エージェントに登録を行うことにより、各エージェントのみが保有する非公開の求人情報を紹介してもらうことができます。公式ホームページでいくら調べても出てこないサントリーの非公開求人が見つかる可能性もありますのでぜひ活用しましょう。

また、ハローワークや他の転職サイトにも載っていない求人ですと当然求人倍率も低くなります。採用の可否にも大きく関わりますので、必ず利用したいところです。

複数の転職エージェントに登録

さらに転職エージェントを上手に利用する方法として、複数の転職エージェントに登録することが挙げられます。

非公開求人もさまざまな転職エージェントにより扱っているものが異なることもあるため、いくつかの転職エージェントに登録することのメリットは多く、こちらもぜひ活用するようにしたいところです。

転職エージェントは何社登録しても全く問題ありませんので安心して利用できます。それぞれの転職エージェントによって特徴がありますので、自分にあったエージェントを探すという意味でも複数の登録をオススメします。

サントリーへの転職で必ず登録すべきエージェント・サイト4選

サントリーへ転職するために登録しておきたい転職エージェントのご紹介をしていきます。

当社が独自に収集した各エージェントの口コミ・評判も合わせてご紹介していますので、参考にしていただければ幸いです。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

ハイキャリア求人が多いJACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントはハイキャリア、専門職向けの転職エージェントです。特に外資系の求人に強く、全体として年収の高い会社の求人情報を紹介してくれます。

「とにかく年収アップをめざしたい」という方はもちろん、「実力はあるが、まだ若いので日系企業では評価されづらい」という方にもおすすめです。

また、専門知識のある求職者を対象としているエージェントとなっているため、各業界ごとに専門知識を持ったコンサルタントが多数在籍しています。

JACリクルートメントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

39歳 男性

キャリアがそこまで長くなくても、親身に職務経歴書を添削してくれたり、業種もできるかぎり希望のものをたくさん提示してくれたり、面接対策もポイントを教えてくれたりと印象は良かったです。

35歳 女性

外資系企業に強いというのがこちらの売りになっているので、英語を使う仕事だったりする求人を求めるのであればメリットがあると思います。

など、求人の質、サポート面の両方で高評価となっていました。キャリアに自信のある方であれば登録しておくとよいでしょう。

転職エージェントの利用方法

転職エージェントの利用には公式サイトでの無料登録が必要です。

氏名や連絡先、在籍中であれば現在の職業、転職で希望する条件など、簡単な情報を入力するだけで転職エージェントを利用できます。

転職エージェントへの登録から入社までの流れをご紹介します。

  1. 登録したエージェントから連絡
  2. キャリアコンサルタントと面談
  3. 求人紹介
  4. 書類の添削
  5. 企業への応募
  6. 面接対策
  7. 内定獲得・入社

このような流れで転職活動を行います。

キャリアアドバイザーとの面談は基本的に転職エージェントの拠点へ行って直接しますが、地方在住や、どうしても行くことができなければ電話でも面談も可能です。

しかし、転職エージェントやキャリアアドバイザーの雰囲気を知るためにも、なるべく直接面談を行うことをおすすめします。

相性もありますので、複数の転職エージェントへ登録すると良いでしょう。自分がどの転職エージェントがあっているのか確認でき、同時に何社か登録することで、時間がかからず転職活動がスムーズに進みます。

わからないことや、不安に思うことがあれば、いつでもキャリアアドバイザーに相談ができますので、一人での転職活動よりも安心できるのではないでしょうか。

複数の転職エージェントを利用して、サントリーの転職成功率を高めよう!

今回はサントリーへの転職についてご紹介してきました。

ちょっと特別な1日を飾ってくれるプレミアムモルツ、ウイスキーなどのお酒や青汁を始めとする健康食品などを世に送り出す日本が誇るグローバル企業「サントリー」への転職のためには何より公開求人以外にも有用な情報を集めることが重要となるでしょう。

そういった転職の場合にぜひ利用したいのが「転職エージェント」サービスです。さまざまな転職エージェント達からご自身のキャリアを踏まえたうえでのサポートや情報を受けるのは最適な方法だといえます。

また、複数の転職エージェントを登録することで自分に合うエージェントやサントリーの他にも今まで知らなかった優良企業に出会える機会もあるかもしれません。

面接対策や、書類の添削などのサポートも活用しサントリーへの転職を成功させるための充実した転職活動をスタートしましょう。