東京海上日動へ転職は可能?中途採用の難易度や年収・会社の評判は?

東京日動火災保険への転職を希望しているのですが、転職者の求人枠はあるのでしょうか?
もちろんありますよ。ですが、人気企業なので、転職難易度は高いと言えます。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。でも、ずっと働いてみたいと思っていた業種なので、挑戦したいです。
では、東京海上日動火災保険への転職方法について詳しく紹介していきますね。

キャリアコンサルタント

保険会社関連の企業で働いてみたいという人にとって、東京海上日動火災保険は、数ある火災保険会社の中でも人気の高い企業として転職希望者も多いです。

今回は、東京海上日動火災保険へ転職希望する人のために、求人情報はもちろん実際に働いている人のリアルな声もお伝えしていきたいと思います。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】
  1. パソナ ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ

東京海上日動火災保険への転職は可能?データから難易度を検証

東京海上日動火災保険へ転職したいと思っていても、求人情報が出ていて自分の手にしなければ、スタートラインに立つことはできません。

そこでまず、東京海上日動火災保険の求人は出るのか。難易度はどのくらいなのかなど、求人情報に関する疑問について説明していきたいと思います。

東京海上日動火災保険は中途採用を行っている?

東京海上日動火災保険では、定期的に中途採用も行っています。

東京海上日動火災保険本社採用の枠は、難易度がとても高いですが、関連企業や同じ東京海上日動火災保険でも地方採用の場合は、それほど難易度は高くない傾向があります。

東京海上日動火災保険の求人例

東京海上日動火災保険では、定期的に転職希望者に対する求人を出しています。転職エージェントとして有名なdodaから出ていた求人情報は以下のようになっています。

契約社員としての採用で、勤務地は熊本。火災保険会社の経験がなくても良いという募集内容なので、難易度はそれほど高いものではないようです。

<仕事内容>

【未経験可】【契約社員】損害サービス主任 勤務地:熊本

■職務内容:
損害サービスに関する事故相談並びに損害サービスの査定業務及びこれに関連ある業務を担当します。
事故対応は物損、または人身の担当になります。
・事故受付
・初期対応
・損害額認定
・示談交渉
・保険金支払までの業務全般、等
中高年の方を中心に多数ご活躍いただいています!

■損害サービス部門:
お客様に万が一の事故が起こった際に、ご満足いただける損害サービスを提供することは、保険会社の最も重要な責務の1つです。弊社は、日本全国に広がるネットワークとまごころを込めたサービスで、お客様に「安心」をお届けします。

対象となる方
<学歴>大学院、大学、短期大学、専修・各種学校、高等専門学校、高等学校卒以上

<必要業務経験>
■必須条件:
・普通自動車免許
・PCの操作スキル(タイピング、Word、Excel)

■歓迎条件:
対面や電話等で対外的に多くの方とコミュニケーション、折衝を行った経験がある方。
・コミュニケーション力、対人折衝力
・事務処理能力(正確性・迅速性)
・スピード感ある業務遂行力

<必要資格>
必要条件:普通自動車免許第一種

勤務地
<勤務地詳細>
【熊本】九州損害サービス第二部
熊本県熊本市中央区新屋敷1-14-35 熊本東京海上日動ビル4F

<勤務地補足>
補足事項なし

<転勤有無>
当面なし
転居を伴う転勤はありません。

<想定勤務地>
熊本県

勤務時間
9:00~17:00 (所定労働時間7時間)
時間外労働有無:有
<その他就業時間補足>
休憩:60分

雇用形態
契約社員

<契約期間>
1年

<雇用形態補足>
特定社員(1年更新。更新時に入社後2年以上勤続し、雇用期間中の勤務実績等に問題なければ定年制に移行)

給与
<予定年収>
400万円~500万円(残業手当:有)

<月給>
325,920円~
基本給:325,920円~
その他定額手当:0円~

予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
月給は固定手当を含めた表記です。

<賃金形態>
月給制
補足事項なし

<昇給有無>

<残業手当>

<給与補足>
上記予定年収は4月1日付入社で、入社1年目で年2回賞与を貰った場合。なお、賞与は入社半年までは就労期間による減額あり。
■昇給あり
■賞与:年2回(会社業績、評価による)

待遇・福利厚生
通勤手当、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、退職金制度

<待遇・福利厚生補足>
通勤手当:会社規定に則った実費支給
社会保険:補足事項なし
退職金制度:再雇用制度あり(63歳定年後65歳まで)(定年:63歳)

<教育制度・資格補助補足>
OJT中心
階層別研修、所属部門別の専門性向上研修、e-learning研修等

<その他補足>
■厚生施設、保養所
■財形貯蓄制度
■社員持株会制度
■企業年金基金 ほか

休日・休暇
休日日数125日

■完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始(5日)※ほか同社カレンダーによる
■有給休暇:初年度10日(入社日により変動)、次年度以降~20日(他に年2回の5日間特別連続有給休暇あり)

契約社員とは言え、社員と変わらないような待遇で働くことができ、なおかつ2年以上経過することで社員になることも可能なようです。

東京海上日動火災保険の採用人数はどのくらい?

東京海上日動火災保険では、毎年多くの新卒採用者を募集・入社しています。

しかし、新卒採用者の数は、昨年度の実績を見てみると、約300名以上の新卒者が東京海上日動火災保険への入社を果たしていて、例年同様の人数の採用が見込まれています。

東京海上日動火災保険の職種別コースとは?

東京海上日動火災保険では、総合職などという風に呼ぶのではなく、自社で働くスタッフをいくつかのコースに分けています。

新卒採用もそうですが、転職採用者もそのコースごとに分けて行われます。

どのようなコースがあって、そのコースが一般的にどのような職種になっているのかを事前に把握しておくようにしましょう。

東京海上日動火災保険のグローバルコースとは?

一般企業の総合職という部門にあたるのが、東京海上日動火災保険のグローバルコースです。

職種には、営業職、資産運用、商品開発、サポート業務などがあります。

東京海上日動火災保険の様々な業務を行うことのできる社員が育成されていくコースでもあります。

グローバルコースの中には、一般的なものと、Specエントリーと言われるものがあり、さらに特化した知識や技術のある人がエントリーすることのできるコースでもあります。

Specエントリーとは?

グローバルコースの中で行われる業務をさらに専門性の高い分野に特化した部門をSpecエントリーと呼んでいます。

このエントリーには、

  • 資産管理・運用と商品開発・管理を専門知識を駆使して行う部門

金融工学の知識や、保険数理の知識、データサイエンスの知識などを必要としていること。
もしくは、法律や経済に詳しく、クウォンツ分析などの知識がある人。

  • システムの開発、分析などをIT知識を活用して行う部門

IT知識としてプログラミング技術などがある人

という、さらに2つの部門に分けられています。Specエントリーは、専門知識や経験があればぜひ挑戦してみるべき部門と言えます。

東京海上日動火災保険のエリアコースとは?

一般企業でいう、一般職と呼ばれる職種に該当するものです。

このエリアコースへの応募から採用となった場合、自分が就職したいと思う地域を優先してくれるので、首都圏だけではなく東京海上日動火災保険の拠点のあるエリアを選ぶことができるのでIターンやUターン転職を希望する人におすすめです。

エリアコースでは、即戦力として様々な業務を行うことのできる人を求めています。

勤務地の希望をリクエストすることのできるエリアコースでは、

  • 地元採用を希望することのできるGrow-upエントリー
  • 地元とは関係がなく働きたいエリアを希望することのできるGrow-upエントリー(勤務地リクエスト)

の2つがあり、勤務地リクエストのGrow-upエントリーでの応募を行うと、日本だけではなく海外での勤務も希望することができます。

東京海上日動火災保険の事業内容や職場環境は?

東京海上日動火災保険では、一般企業とは違った職種で分けていたりと少し変わった部分もあります。改めて東京日動火災保険とはどういう企業なのか解説します。

実際に社員として働く場合の、給料や勤務時間や休日、福利厚生はどうなっているのかなどを紹介していきます。

東京海上日動火災保険とはどういう会社?

東京海上日動火災保険とは、1879年8月に創業の保険会社として老舗中の老舗とも言える長い歴史のある有名企業です。

保険業界のシェアはもちろん、保険料収入の部門は同業他社と比べても国内トップクラスと言われています。

多くのグループ会社を展開しているので日本国内だけではなく海外にも拠点を持つ巨大保険会社としても有名です。

正式名称東京海上日動火災保険株式会社
所在地東京都千代田区丸の内一丁目2番1号
従業員数17,368人

東京海上日動火災保険で働く社員の平均年齢は?

東京海上日動火災保険で働いている社員の平均年齢は、41.5歳です。

大学卒で入社した人が、定年退職くらいの年齢で退職した場合の平均年齢を算出するとおおよそ40歳前後になることを想定すると安定して長く働くことのできる企業ということがわかります。

東京海上日動火災保険の仕事内容は?

東京海上日動火災保険での仕事は、火災保険をはじめとする損害保険の取扱業務をメインとしています。

入社した社員は、約1年近くをかけて丁寧な研修と実践を重ねていきながら、仕事をこなしていくこととなります。

サポート体制が充実しているので、独り立ちしても大丈夫と判断された後に本格的に責任を持って仕事に取り組んでいきます。

東京海上日動火災保険で働く契約社員は?

東京海上日動火災保険では、社員としての採用以外にも契約社員からスタートするという採用方法も多くあります。

このようなスタートの場合、1年契約の更新となっていきますが、2年を経過すると社員となることもできるので、難易度が低めの契約社員からスタートし、その後キャリアアップして社員になるという方法もあります。

東京海上日動火災保険で働く女子社員は?

東京海上日動火災保険では、男性社員だけではなく、女子社員も多く活躍しています。

結婚や妊娠・出産といったライフステージの変化にも対応することができるような雰囲気が社内にあり、育児休暇なども安心して取ることができます。

産休明け、育児休暇明けでも復帰しやすいようなしくみも確立されているので安心です。

東京海上日動火災保険の一般職の年収は?

東京海上日動火災保険で働く人の年収は、平均年齢が約35歳で約592万円となっています。

給与水準は、社員全体でも高水準となっており、入社1年目からボーナスは年に2回支給されます。

このほかにも、残業手当はもちろん、家族手当などの諸手当も充実しています。

東京海上日動火災保険の勤務時間は?休日は?

東京海上日動火災保険で働く社員の平均勤務時間は、9時間~10時間となっており、勤務時間は同じ業種の会社と比べても平均的な時間となっています。

休日は土日の完全週休2日制となっており、そのほかにも祝日や年末年始があります。

有給休暇は、入社初年度で13日あり、次年度からは20日となっているのでしっかりプライベートも充実させることができます。

このほかにも、5日間特別連続有給休暇制度や、育児休業・介護休業制度、リフレッシュ休暇などもあるので休日は充実しています。

最近では、「ノー残業デー」を設けたり、帰宅を促すためにとある時間になるとオフィスの照明が消灯となるなど、会社全体で勤務時間の削減に力を入れている雰囲気もあります。

しかし、勤務時間や残業時間は、配置部署によって違いがあり、サービス残業をするのが当たり前という部署も中にはあるようです。

東京海上日動火災保険の福利厚生は?

東京海上日動火災保険では、福利厚生も充実しています。

健康保険や雇用保険、労災保険に厚生年金保険と一般企業なら当たり前の保険はもちろん、全国各地に社宅や寮も完

このほかにも、会社が持つ保養所やテニスコートなどの運動施設などもあり自由に使用することも可能です。

従業員のための持株会制度や財形貯蓄制度もあります。

東京海上日動火災保険の研修制度は?

東京海上日動火災保険では、研修制度が充実しています。

新入社員として入社するとまず集合研修というものを受講し、その後配属先においても研修が行われます。

社員となってからは、定期的に月に2回の研修をこなしながらの業務となり、少しずつ自然に仕事を覚えスキルアップしていくことができます。

社内研修はもちろんですが、業界内研修や社外研修などもあるので、自分自身のスキルアップを目指すこともできます。

東京海上日動火災保険の評判は?

東京海上日動火災保険で働く環境については、ある程度理解することができたのではないでしょうか。

ここからは実際に東京海上日動火災保険で働いている社員の口コミを20件ほどキャリコネに掲載されているデータをもとにまとめてみました。

  • 社員、契約社員、派遣社員という違いを感じることなく能力に合った仕事を任せてもらえる。
  • 仕事の効率化など自分の意見を提案することのできる雰囲気がとても良い。
  • 意見を言いやすい環境ではあるものの、それが現実のものにできているようには思えない。
  • 若手だからと言って意見が言いづらい雰囲気がないのがいい。

というように、年齢や性別、社員か契約社員かどうかという区別がなく、自分の意見を発信しやすい風通しの良い雰囲気が社内にあるようです。

その一方で、自分の考えを会社がくみ取り、日々の業務に生かされているかというのは微妙という口コミが多いこともわかりました。

東京海上日動火災保険への転職を成功させる方法

東京海上日動火災保険への転職を成功させるためにできることは、

  • できるだけ早く求人情報を見つけること
  • 書類選考に通過できるような書類を作成すること
  • 面接で自己アピールを最大限に発揮させることができること

以上の3つをいかにスピーディーに行うのかがカギとなります。

そのためにできることは、転職エージェントを利用すること。

これに尽きます。なぜ、転職エージェントを利用するべきなのかについて説明していきます。

転職エージェントを利用することで多くの求人情報を得ることが可能

転職エージェントを利用することで、世の中に一般的に出回っている求人情報はもちろん、その転職エージェントでしか保有していない非公開求人というものも持っているのです。

そして、その非公開求人は、転職エージェントを利用している人しか知ることができないというものなので、利用する価値は高いのです。

転職エージェントで行われている提出書類の添削サービスをフル活用できる

転職エージェントでは、ただ求人情報の紹介を受けることができるというだけではなく、履歴書や職務経歴書など書類選考に必要となる書類の添削サービスを利用することができます。

この添削サービスは、ただ形式に沿った書類作成をするだけではなく、東京日動火災保険の採用担当者の目に留まるような書類の作成方法を伝授してくれるのです。

どんなに早く求人情報に出会い応募をしても、書類選考に通過しないことには次の段階に行くことはできません。

書類選考を通過させるためにも転職エージェントの活用は必須です。

東京海上日動火災保険に合わせた面接対策をしてもらえる

転職エージェントでは、面接に備えた面接対策も行っています。

この面接対策でも履歴書などの添削サービスと同様に、どうすれば採用担当者の目を惹き、採用となるのかのノウハウを知ることができます。

一般的な面接対策にプラスアルファとして、東京海上日動火災保険の面接に特化したことも行われることもあるのでぜひ、活用しておくことをおすすめします。

東京海上日動火災保険への転職で必ず登録すべきエージェント・サイト3選

東京海上日動火災保険へ転職したいと思ったら、必ず利用しておきたいのが転職エージェントです。

転職エージェントはいくつもあるので、どのエージェントを選べば良いのかと迷ってしまうと思いますが、迷うことなくいいなと思った転職エージェントはいくつでも登録・利用することをおすすめします。

複数の転職エージェントを利用することで、求人に出会う可能性も採用となる可能性も広がっていきます。

数ある転職エージェントの中でもとくにおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

サポート力が高評価のパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

30歳 女性

転職に必要になる履歴書の添削をしてもらい記入例も教えてくれるので分かりやすかったです。

転職しようか悩んでいる人は、一度登録して面談をしたほうが、自分の不満やこれなら大丈夫という部分が分かってくるのでおすすめです。

30歳 男性

企業と直接交渉しなくて良い点はメリットだと思います。希望年収なども直接でないので素直に伝えることができます。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳 男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳 女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

外資系やグローバル企業転職に強いランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、ハイクラスの転職を強みとしている転職エージェントです。

日本国内だけでも60近くの拠点を有しており、地方の求人にも強いのが特徴です

従業員数は、世界も含めると3万人を超えており、非常に信頼できる会社が運営していると言えるでしょう。

一般の転職エージェントに比べ、外資系やグローバル企業の求人が充実しており、“世界最大級の人材紹介会社”とも言われています

一方で、国内の求人数は国内最大の転職エージェントより劣るので、パソナキャリアリクルートエージェントと併用するのが良いでしょう。

スキルアップをしたい人、英語を使った仕事を探している人は、ぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

最後に

東京日動火災保険への転職は、転職したいと思う職種や勤務地によって難易度に差はあるものの、手が届かないというものではないようです。

自分のこれまでの経験と、東京日動火災保険で働くことができた場合の希望などをすり合わせて一番マッチする職種や勤務地を選んで応募してみることをおすすめします。

もちろん、より確実に求人を見つけ応募、採用までを目指すなら転職エージェントを複数利用して行っていくと効率よく転職に成功できるのはないでしょうか。