結婚相手に求める年収を男性・女性別に調査!最低ラインはいくら?

結婚を考えるにあたり、男性は女性に、女性は男性に、求める年収はいくらなのでしょうか。近年流行している婚活アプリや婚活サイトでは、年収で相手を検索できるほどです。

特に女性は妊娠・出産の可能性もあり、一時的に年収が下がる可能性があります。生活していくうえで、結婚相手の年収はある程度必要になるでしょう。

こちらの記事では、結婚相手に求める年収の最低ラインや、男性・女性で意識に差異があるのかどうかなどを調査しました。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントおすすめランキング【600人の評判を比較】

結婚相手に必要な年収の最低ラインは?【女性の意見】

内閣府の「少子化社会対策に関する意識調査」(平成31年3月)によると、女性が結婚相手の男性に求める年収は400万円以上と回答した人はの割合は53.8%です。

女性が男性に求める年収は400万円以上が多いようですが、結婚相手に求める最低ラインの年収は果たしていくらなのでしょうか。

結婚に高年収が絶対に必要!と思っている女性の割合

「少子化社会対策に関する意識調査」では、結婚相手に重視する項目として「経済力」と答えた割合は96.6%です。「経済力はあまり関係ない」と回答した人は全体のわずか3.4%でした。

大半の女性が結婚相手に経済力、すなわち高年収が必要であると考えているようです。

年代別では、結婚相手に経済力を求める人は最も低い20代が53.1%、最も高い40代が63.0%です。

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、2019年度男性の平均年収は540万円です。

男性の平均年収以上である600万円を「高年収」と仮定しましょう。「少子化社会対策に関する意識調査」で年収600万円以上を男性に求める女性の割合は34.3%です。

女性の約3割は、男性と結婚にあたり高年収が必要であると考えていることがわかります。

女性が男性に求める年収の最低ライン

株式会社サクメディアが運営する掲示板「anke(アンケ)」の調査によると、女性が結婚相手に求める年収の最低ラインは400万円以上と回答した人が最も多く29.9%でした。

次いで「年収500万円以上」と答えた人は23.4%で、「少子化社会対策に関する意識調査」による調査結果と同様の結果です。

女性が男性に求める年収の理由は「この金額があれば自分の収入がなくても十分生活できる、または自分の収入とあわせて十分生活できると思うから」が一番多く選択されています。

総務省統計局の調査などによると、子供がいない夫婦2人暮らしの生活費は全国平均で256,632円です。夫婦2人の年間生活費だけで年収400万円が必要であることがわかります。

女性の収入がなくなったとしても、男性の年収が400万円以上あれば十分に生活できます。

年収の最低ラインが「400万円以上」との回答は、こういった統計にも裏付けられています。

現実は厳しい!20代男性の年収分布は?

「民間給与実態統計調査」によると、20代男性の平均年収は下記の通りです。

  • 20歳~24歳:平均年収274万円
  • 25歳~29歳:平均年収403万円

「少子化社会対策に関する意識調査」では、女性は結婚相手の男性に年収400万円以上を希望していますが、20代前半のうちは女性が希望する年収に届いていないことがわかります。

20代後半で年収400万円が見えてくる男性もいますが、上記はあくまで平均年収なのでもちろん年収400万円未満の人も多くいます。

男性が20代で年収400万円を手にできる男性は、それほど多くありません。

専業主婦が旦那に求める年収は?

「anke(アンケ)」の掲示板では、「専業主婦になるなら、夫の年収はいくら必要か」が議論されています。

女性が専業主婦になる場合、結婚相手の男性に求める年収は「600万円以上」と回答した人が最も多く、19.0%です。

「700万円以上」は14.2%、「800万円以上」は13.8%など、計76%もの女性が600万円以上を旦那に求める年収と答えています。

600万円以下でも16.2%は「500万円以上」と答えており、平均年収に満たない男性には厳しい回答であることが分かります。

もちろん、子供の数や居住地によって女性が必要と感じる年収に差はでます。

夫婦2人世帯の1か月あたり生活費は全国平均256,632円であるのに対し、東京の夫婦2人世帯の生活費は平均324,620円と、67,000円ほど高いです。

女性が旦那に求める年収は、居住地などの状況にも左右されると推測できます。

年収200万の男性との結婚はあり?

結婚相手として年収200万円の男性は、選択肢にあがるのでしょうか。女性は実際どう思っているのか、Twitterからリアルな声を調査しました。

年収200万円では結婚後どう生活していけばいいのかわからないとの意見です。結婚相手の男性の年収が200万円では、女性は働きに出る必要があります。

マッチングアプリでも年収200万円の男性は多いようです。結婚相手を探すにあたり、年収200万円では女性の選択肢に入らないこともありそうです。

年収200万円では、子供が欲しくても妊娠・出産に踏み切れないとの意見です。子供がいれば、もちろん生活費はあがります。

年収200万年では夫婦2人の生活費も賄えません。結婚後、女性は働きに出るしか選択肢はないでしょう。

年収300万の男性との結婚はあり?

男性の年収200万円では結婚は難しいとの意見が多くありました。年収300万円の男性との結婚はありなのでしょうか。

https://twitter.com/rozen_9600/status/1333742793378840578

年収300万円未満の男性と結婚したい女性なんていないとの意見です。価値観は人それぞれですが、年収が低いことで結婚を躊躇する女性もいるのが現実です。

旦那の年収が300万円でも子供2人と生活している家庭もあります。ただ、低年収であるが故、共働きが必須です。

定職に就けず、年収300万円にも満たない未婚男性が多くいる現実を変えられるのは政府であると訴える人もいます。

男性の年収が少ないことで結婚への意欲が薄れ、少子化に繋がっているのが日本の現状かもしれません。

年収400万の男性との結婚はあり?

男性の年収が200万円、300万円に比べ、400万円になると「結婚もあり」と発言する女性が多くなっています。

年収400万円になれば、結婚はできると考える女性が増えてきます。ただ、子供を産むには年収400万円は低いと考える人が多いようです。

年収400万円だと専業主婦は選択肢に入らないようです。女性も働きに出れば生活に余裕は出ますが、どちらかが働けなくなった時、家計は火の車です。

40代で年収400万円の男性との結婚はなしと発言している人が多く、年収400万円で結婚できるかは年代にもよるようです。

年収が全てではなく、貯金などの資産の有無も結婚や妊娠出産には関係してくるでしょう。

「年収1000万ないと結婚しない」女性の意見

「民間給与実態統計調査」の給与所得者割合によると、年収1000万円以上の男性は全体のわずか7.6%です。年収1000万円の男性と結婚できるのは、ほんの一握りです。

一方、「年収1000万円なければ結婚しない」と発言する女性もいます。

年収500万円程度でも結婚して生活はできますが、問題は余裕のある生活を送れるかどうかでしょう。不自由なく生活を送りたい人は、年収1000万円が必要と考えるようです。

結婚だけでなく、その後の妊娠・出産を考えると年収1000万円以上必要だと考えるようです。妊娠・出産・育児と、女性の収入がなく働きにも出られない期間は長いです。

それを賄えるだけの年収が1000万円と試算しているのでしょう。

都内で生活するには、年収1000万円ないと結婚のメリットはないと発言する人もいます。東京都の家賃や生活費は全国で最も高く、年収1000万円でも余裕のある生活とは限りません。

結婚相手に必要な年収の最低ラインは?【男性の意見】

「少子化社会対策に関する意識調査」によると、男性が結婚相手の女性に求める年収は200~299万円と回答した人が一番多く、17.9%でした。

「収入は関係ない」と回答した人は24.9%にのぼり、女性の4.6%と大きな差があります。女性が結婚相手の男性に求める年収に比べ、男性はあまり女性に高年収を期待しない傾向があります。

女性にもある程度の年収が大事と考える男性の割合

結婚相手の女性に収入を求めない男性が多くいるなか、女性にもある程度の年収が大事と考えている男性はどのくらいいるのでしょうか。

「少子化社会対策に関する意識調査」の調査結果では、「収入は関係ない」「わからない」と回答した人の割合は43.8%に上ります。

逆に、男性の2人に1人以上が女性にもある程度の年収を求めていることがわかります。

もっとも、男性と女性では結婚相手に求める年収の額に差があるようです。

女性は結婚相手の男性に年収400万円以上を求める人が70%もいたのに対し、女性に400万円以上の年収を求める男性はわずか13.3%です。

女性よりも男性は、結婚相手に年収は大事と考えていないことがわかります。

男性が女性に求める年収の最低ライン

女性が男性に求める年収の最低ラインは400万円でしたが、男性が女性に求める年収の最低ラインはいくらでしょうか。

「少子化社会対策に関する意識調査」では、女性に求める年収を100万円未満から年収399万円と回答した男性は全体の27.2%です。

男性が女性に求める年収の最低ラインは300万円前後と推測できます。

同調査では、下記の結果も出ています。

  • 年収300万円未満の男性は、結婚相手の女性に300万円未満の年収を求める割合が、他の区分と比べ有意に高く25.7%。
  • 年収300万円~500万円未満の男性では、結婚相手の女性に200万円~400万円未満を求める割合が、他の区分と比べて有意に高く全体の47.8%。

男性は、自分の年収と同程度かそれ以下の年収を女性に求める傾向にあるようです。自分の稼ぎによって、相手の女性に求める最低年収ラインが変わることが推測されます。

結婚するには今の年収では不安…と考える人がすべきこと

結婚相手を選ぶにあたり、経済力を現す年収は重要なポイントです。居住地や将来のビジョンにより、必要な生活費や必要年収は変動します。

結婚を考える男性・女性が現れた時、今の年収では不安と考える人は、転職を検討してみてはいかがですか。

転職して年収UPを狙う

結婚を考えるにあたり年収を上げる方法としては、現職で昇進したり、フリーランスを目指す道があります。本業とは別に副業をして年収UPを図っても良いでしょう。

様々な解決策が浮かびますが、これらにはデメリットも存在します。

そこでおすすめしたいのが「転職」です。

転職して年収UPを図るメリットは下記の通りです。

  • 在職しながら転職活動すれば、収入0のリスクがなくなる
  • 交渉次第で現職より年収UPが可能
  • 現在までの経験やスキルが活かせる

現職のままでの年収を上げるには長い時間が必要です。その点、転職すればすぐに年収を上げられます。

転職活動では、より多くの求人情報に触れ、入念に対策することが大切です。

転職エージェントに相談するのが最も近道

転職して年収UPさせたい場合は、自分だけで転職活動するのではなく、転職エージェントへ相談しましょう。

年収交渉は、自ら行うのは難しいです。年収UPしたいなら、転職のプロに任せましょう。

下記に転職エージェントを利用する利点をまとめました。

  • 年収交渉を代行してくれる
  • 世間に出回っていない非公開求人を多数保有している
  • 書類添削や面接対策の実施により選考に通りやすくなる
  • 求人の応募や面接日時の調整も代行してくれる

結婚を控え年収UPしたい人にとって、収入が0になる期間はできるだけ短くしたいでしょう。

働きながらの転職は時間も労力も足りません。必要な作業を代行してくれる転職エージェントを利用すれば、無理なく年収UPの転職が可能です。

パソナキャリア

パソナキャリア

はじめに紹介するのは、パソナグループが運営する転職エージェント「パソナキャリア」です。2020年12月現在、公開求人のみで28,281件を保有しています。

転職後の年収UPした利用者は67.1%もおり、利用する大きな魅力のひとつです。

パソナキャリアは、2020年のオリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で1位を受賞しています。利用者からの口コミを弊社独自に調査しました。一部紹介します。

30歳男性・機械メーカー営業

企業と直接交渉しなくて良い点がメリットだと思います。希望年収なども、企業へ直接でないので素直に伝えることが出来ます。

25歳女性・ITエンジニア

最初に企業から提示された給与金額を交渉して上げてもらえて良かったです。
パソナキャリアの公式サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、人材サービス業界大手の株式会社リクルートキャリアが運営する国内最多の求人数を誇る転職エージェントです。

2019年度の転職支援実績は5万2000人で、「親しい人に最もおすすめしたいエージェントサービス」第1位に選ばれています。

2020年12月現在の求人数は、非公開求人と合わせて227,720件あります。常時20万件以上の求人を所有しているため、年収UPに繫がる転職先を見つけやすいでしょう。

最大の強みは、キャリアアドバイザーのサポート力です。履歴書や職務経歴書の添削や面接練習などのサポートには定評があります。

34歳男性・システムエンジニア

企業との交渉能力が魅力です。大幅に年収をアップしてくれました。何社か紹介をしてくれましたが、全社年収500万円でした。

28歳女性・広告代理店

求人数の多さと履歴書・職務経歴書の添削をしてくれるところが魅力です。面接前の面接対策では、過去の質問例や面接官情報などを教えてくれました。
リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、オランダに本社を置く世界規模の外資系転職エージェントです。日本各地に93の拠点を構えています。

ランスタッドは外資系や国内グローバル企業の求人に強く、高年収の求人が豊富です。保有する求人のうち約80%が非公開求人で、他社にない独自の非公開求人も数多く抱えています。

20代の若手向け求人の他に、30代~40代向けのハイクラス求人、年収1000万円以上の求人も多数所有しています。

結婚を控え年収をUPさせたい男性・女性には惹かれる求人が多いでしょう。

ランスタッドでは業界専任のコンサルタントが転職サポートをしてくれます。転職希望の業界に精通したコンサルタントが転職活動を支えてくれるのは安心材料になるでしょう。

ランスタッド利用者の口コミも見てみましょう。

41歳男性・食品製造販売業

自分では巡り合えない求人応募の案件を紹介してくれることが魅力です。ハローワークなどに掲載されていない案件が多く驚きました。

34歳女性・食品メーカー事務

面接の対策では、自分の適性や自分ではわからない部分について、具体的にアドバイスをしてくれました。
ランスタッドの公式サイト

結婚相手に求める年収まとめ

結婚相手に求める年収について、男性・女性で特徴に違いがありました。

女性は特に、結婚相手の男性にある程度の経済力を必要としており、最低年収ラインは500万円と考えています。

一方、男性は自分と同程度の年収を結婚相手の女性に求めており、その額は300万円程度でした。

世代別にみると20代男性の年収は270万~400万円であり、結婚適齢期の年代で年収500万円を手にするのは厳しいことがわかります。

生活水準を下げて節約するのが嫌であれば、年収の低い男性と結婚する時は専業主婦は諦め、共働きを覚悟したほうが良いでしょう。

男性・女性に限らず年収をUPさせたいのであれば、転職エージェントへ登録し好条件の求人を探しましょう。

転職エージェントは、各社独自の求人を抱えています。より多くの選択肢から転職先を選びたいのであれば、複数の転職エージェントへ登録することをおすすめします。

結婚を考えている男性・女性は自分の年収が十分か調査し、足りないなら転職を考えてみてはいかがでしょうか。