看護師が北海道転職を成功させるには?おすすめ転職エージェントも紹介

看護師として北海道に転職したいです。どうすれば良いでしょうか?
北海道を始めとした地方転職では、その県の転職状況を正確に把握し転職エージェントを活用することが大切です。

キャリアコンサルタント

そうなんですね。
この記事では、北海道の看護師転職状況転職を成功させる方法おすすめの転職エージェントなどについて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

全国的に看護師不足と言われていますが、北海道でも人気のある都市の良い求人は倍率が高くなかなか受かりません。北海道では札幌に求人が集中していますが、転職希望希望者も多いため人気の病院やクリニックに採用されるのは難しいですね。

「日勤のみ」「高収入」「パート勤務」など、こだわり条件はいろいろありますが、ハローワークの求人から自分の希望に合うものを探すのはとても大変です。看護師さんで北海道に転職を考えているなら、転職エージェントを活用する事をおススメします。

その他北海道の看護師の離職率や給与など気になるデータについてもご紹介しています。参考にして北海道の看護師の転職を成功させましょう。

看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

1位: マイナビ看護師、2位: ナース人材バンク、3位: ナースではたらこ

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】看護師転職サイトランキング!人気70社の口コミ・評判を比較

北海道の看護師は転職しやすい?給与・離職率など気になるデータを大公開!!

日本医師会 地域医療情報システムのデータによると、北海道は病院が561施設、一般診療所が2732施設あります。人口10万あたりの病床数110.45と、全国平均の77.38を大きく上回っています。

一般診療所の場合人口10万あたりの施設数は全国平均を下回っていますが、病院数は人口10万あたり10.42と全国平均の6.56を大きく上回る結果となります。人口1万人に対して病院が一つある計算です。

病床数が全国平均を大きく上回る背景には高齢化の問題が挙げられています。全国の地域と比べて高齢化が進んでいるため、より治療を必要とする人が多い傾向が見られます。北海道の場合は札幌・旭川・小樽・帯広など主要都市に総合病院が集中しており、地元での診断・治療が難しい場合は主要都市の病院にかかるケースがあります。

厚生労働省・北海道労働局の資料によると北海道の看護師・保健師等の有効求人倍率は1.51倍です。求職者1人対して1.51倍の求人があり、比較的転職しやすい状況といえるでしょう。

北海道の看護師は働きやすいのか?

「平成29年度 看護関係統計資料数(日本看護協会出版社編集)」によると、人口10万人あたりの看護師の人数は1284.7人と全国平均の1030.2よりも多い傾向にあります。医師の数は人口10万人あたり約215名と全国平均の約233名を若干下回っています。(日本医師会 地域医療情報システムデータ参照)

離職率は11.2パーセントと全国平均の10.9パーセントよりも若干高めですがほぼ同水準といえるでしょう。新卒の離職率に関して言えば4.8%と全国平均の7.6%を大きく下回っています。離職理由についてはさまざまですが、離職率から見ると働く環境も全国的に見ても良好な結果となっています。「2017年病院看護実態調査」結果報告 (公益社団法人日本看護協会)

北海道の看護師の給料は高いのか

厚生労働省が発表した調査によると、北海道の看護師の平均年収は約479万円です。全国平均の478万円とほぼ同水準です。夜勤手当や勤続年数、昇給などでも差があるためあくまでも目安として参考にしましょう。

北海道でおすすめの病院

北海道全域でおすすめの病院として以下の病院があります。

  • 厚生病院
  • 赤十字病院

厚生病院はJAが運営母体となっており、全道に15の施設を展開しています。地域医療の窓口として欠かせない役割を果たしています。赤十字病院は全道7つの施設があり、厚生病院と共に北海道の地域医療に貢献しています。

運営母体がしっかりしているため、待遇も良くその地域において、最先端の医療現場で活躍することができます。地元での地域貢献を考えたい人におすすめです。

北海道で看護師の求人を探すならハローワークを活用しよう

転職する上で気になるのは「自分の希望に合った求人があるか」「働きやすい職場であるか」ということではないでしょうか。まず転職を考える前に情報を知りたい人はハローワーク×北海道ナースセンターに求職の登録をすることをおすすめします。

ハローワークと北海道ナースセンターが連携し、看護師向けの職業紹介や就業相談を行っています。就業相談会は道内主要都市で行っているため、地方在住者の人も相談に行くことができます。1人で悩まずに働く前の不安を相談できるので安心ですね。

最近の病院の求職情報や求められる人材についてもアドバイスをしてもらえるので「ブランクがある」「求められるキャリアやスキルが自分にマッチしているか」などの不安を相談ができます。

札幌で希望の求人を見つけるためのポイントとは

住みたい都市としても人気な北海道ですが、特に人気都市の札幌は交通機関も整備されており、住みやすい環境が整っています。都会だけれどぎすぎすせずにゆったりと過ごせる点が人気の理由でしょうか。

北海道は人口が札幌に集中していますが、医療機関においても札幌集中型の傾向があります。より高度な医療を求める人が、全道各地より札幌に集まるため、最先端の医療を経験したい意欲のある人や、高収入、好条件など自分のスキルを正当に評価される病院で働きたいと考えている人は札幌の看護師に転職をおすすめします。

医療機関が多い分求人も多い傾向がありますが、人気の条件の医療機関には応募が集中するため、なかなか採用されません。また、保育園も不足している状態のため、院内託児所や提携の保育園がなければ、仕事と子育ての両立が難しいというデメリットもあります。

看護師の求人を探す上で、どのような条件が人気なのでしょうか?人気の条件はその分倍率が高いためあらかじめ確認しておきましょう。

札幌の看護師求人で高収入な病院は?

高収入を目指すなら、札幌の病院勤務がオススメです。北海道には病院が561施設ありますが、そのうちの235施設は札幌圏に集中しています。札幌でも特に人気の高い病院として主に以下の病院があります。

  • 北海道大学病院
  • 札幌医科大学病院
  • 札幌厚生病院
  • NTT東日本札幌病院
  • JR札幌病院
  • 手稲渓人会病院

上記2つの病院は国公立病院のため、転職をする場合は直接応募をします。公式HPで採用募集の詳細を見ることができますので、確認しましょう。北海道大学病院では平成31年4月1日採用の看護師を新卒・既卒合わせて130名募集しています。既卒でも大学病院で働けるチャンスがあるため、検討されてはいかがでしょうか。

その他の病院についても、北海道の地域医療の中心を担う総合病院です。待遇だけではなく仕事面でも最先端の医療を体験することができますので、やりがいとそれに見合う給与を求める方におすすめです。

札幌の看護師で日勤のみの求人は?

札幌で日勤のみの求人は多いのでしょうか?札幌には入院設備を置かない無床診療所が1156施設あります。(札幌市 医療に関するデータブックより)無床施設の場合は入院患者がいないため、夜勤なども発生せずに日勤での勤務が可能です。

札幌の看護師求人で精神科は多い?

札幌の看護師求人で精神科を希望する人は多いですが、求人はどのくらいあるのでしょうか?転職エージェントの「ナースではたらこ」では37件の公開求人がヒットします。(正看護師 2018.12.23現在)

あくまでも公開求人ですが決して多い数字とはいえません。希望の求人に転職を成功させるには求める人物像のリサーチや面接対策なども欠かせません。

札幌の看護師求人で単発ってあるの?

単発で札幌で看護師として働きたいけれどどんな求人があるのか気になりますね。転職エージェントのMCナースネットなら、派遣のみではなく単発スポット求人を探すことができます。6ヶ月先までの単発のお仕事を検索できるので、予定が立てやすいメリットがあります。

ツアーに同行する「ツアーナース」のお仕事もあるので、イベントシーズンだけ単発で働きたい人にもオススメです。

その他の北海道の看護師の転職でオススメの転職エージェント4選

北海道で看護師の転職を成功させるには転職エージェントの複数登録をおすすめします。なぜ転職エージェントを複数登録したほうが良いのでしょうか。その理由として以下のものがあります。

  • より多くの情報を多く得ることができる。
  • 転職エージェント独自の非公開案件がある
  • 転職エージェントのキャリアアドバイザーとの相性

転職エージェントにより、病院との信頼関係の度合いが異なるため同じ案件でも転職活動に有利、不利の差が出てきます。またキャリアアドバイザーとの相性もあるため、自分のことをきちんと理解して高く評価してくれる転職エージェントを活用すると、転職活動において強い見方となってくれます。

札幌でおすすめの転職エージェントとして紹介した「看護のお仕事」は全道的に案件があるため、札幌以外での看護師の転職を考える方も登録を検討されてはいかがでしょうか。それ以外のおすすめ転職エージェント3選について紹介します。

①マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師では、約3万5000件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

さらに、認知度が高く、従業員数が9000人を超える大企業が運営しているので、非常に安心して利用することができます。

拠点数も多く、全国に27拠点もあるので、地方にいる方も気軽に利用することができます。

マイナビ看護師を実際に利用した人は、

27歳女性・正看護師

私の場合は経歴書添削や面接練習をしてもらえたことがメリットであったと思います。面接にも同席してもらえたのも心強かったです。

30歳女性・正看護師

企業情報がとても豊富で、メリットとデメリットを細かく教えてもらえました。看護師の企業面接の専門の方もいて、模擬面接やアドバイスをこと細かく教えてもらえました

など、希望企業への転職成功率を高めるサポートや、企業や医療機関に関する情報力を特に評価していました。

きちんと転職活動をサポートして欲しい人、安心できる会社が運営しているところが良い人は、ぜひ登録してみてください。

②ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、掲載求人数が20万件以上もあり、年間10万人もの看護師が利用する国内最大級の転職エージェントです。

東京や大阪などの首都圏だけでなく、地方の求人も豊富に扱っているので、豊富な選択肢から選びたいという人におすすめです。

ナース人材バンクを実際に利用した人は、

面接時に同行し、給料面など相手に聞きにくい点を交渉してくれました。 経歴についても、直接看護部長に話して頂き、心強かったです。

転職を行う際の対応力の良さにはメリットがあります。こちらの都合での転職でしたが、少し難しいような案件でもすぐに対応していただけました。

など、アドバイザーの質の高さを特に評価していました。

初めて転職を行う人、たくさんの求人の中から選びたい人は、ぜひ登録してみてください。

③ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこは、約9万件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

他の転職エージェントとは違い、転職したい医療機関を逆指名することができるので、より満足の行く転職を実現することができます。

また、従業員数1600人を超える「株式会社ディップ」という一部上場企業が運営しているので、安心して利用することができます。

ナースではたらこを実際に利用した人は、

34歳男性・正看護師

給与面での交渉をしっかりしてもらえました。あまり期待していなかったが、年収が大幅にアップしました。

31歳女性・正看護師

企業との交渉力が強かったです。勤務中に転職を考えていて忙しかったので、とても助かりました。

など、企業との給与交渉を特に評価していました。

今よりも年収を上げたい人、転職したい医療機関がある人は、ぜひ登録してみてください。

④看護のお仕事

看護のお仕事

「働く前に、どんな職場かよくわかる」がキャッチコピーの看護のお仕事です。看護のお仕事は病院との長年のネットワークがあるため、求人票ではわからないような職場の雰囲気や離職率、働きやすさなど、転職する前に知っておきたい情報について知ることが可能です。

医療の現場ではチームワークを重視されるため、特に職場の人間関係は気になる部分ですね。人の命を預かる仕事なので、職場の風通しや婦長がどんな人かなど事前に知っておくと求人を選ぶ時の参考になります。

また、転職エージェントを利用すると好条件の非公開求人を紹介してもらえる可能性があります。人気の求人の場合、応募者が集中するため採用側も面接や対応に時間がかかります。そのため「看護のお仕事」のキャリアアドバイザーが代わりに、病院の求める人材に合った人物を探し出します。

非公開求人は転職サイトの担当者が応募者を厳選して病院に紹介するため、ライバルが少なく有利な転職活動が可能です。北海道の看護師求人で高収入・好条件のお仕事を狙いたい人は登録をおすすめします。

「看護のお仕事」のクチコミ

35歳 女性 正看護師

転職先の紙面の情報から一歩入った情報を聞いて考え直すことができる。掲載されていない求人情報を紹介してくれる。

28歳 女性 正看護師

医療現場の中の内情を知っている事は、キーポイントだと思います。求人内容等は書類で分かりますが、働いた時の印象や雰囲気等は知らないと決められない。

北海道の看護師求人で公開されていない、いわゆる非公開求人を紹介してくれることがメリットですね。また病院の内情に精通しているため「自分に合った働きやすい職場か」を事前に見極めることができるので安心です。

求人サイト登録の流れについて

次に転職エージェントの登録に流れについて見てみましょう。登録手続きの流れを6つのステップごとに紹介します。

基本情報の入力

まずは公式HPで基本的な個人情報と希望条件について登録をします。その他に看護師資格や希望する勤務形態(常勤3交代、日勤のみなど)を入力します。その際に入力するのはあくまで簡易なものです。詳しい希望条件のヒアリングについては面談で行われます。

面談

その後転職エージェントのキャリアアドバイザーから連絡が来て、面談を行います。対面でのカウンセリングを行い、転職について困ったことや不安に思うことについて相談に乗ってくれます。転職エージェントによっては面談の同行をしてくれたりと転職の一連の流れをバックアップしてくれるため安心ですね。

一部の転職エージェントでは電話面談のところもありますのであらかじめ確認しましょう。後々トラブルにならないように譲れない条件についてはきちんと伝えましょう。

希望条件のヒアリング

どの位の残業なら許容範囲か、希望休についてなどしっかりと自分の考えを伝えておくことも大切です。面談で大切なことは自分の経歴をキャリアアドバイザーにしっかりと伝えることです。「○○病院の何科で働いていた」だけではあなたの仕事ぶりが相手に伝わりません。

キャリアアドバイザーは面談を通じてあなたの良いところや、キャリアやスキルを判断し、病院側に紹介をします。あなたのプラスになるような情報はどんどん伝えた方が、良い非公開求人を紹介してくれたりと転職が有利に進みます。面談の際には得意な業務内容など具体的なエピソードなど交えて伝えると良いでしょう。

希望条件を伝えすぎると「わがままと思われるのでは。」と、不安に感じる人もいますが働いてからやっぱり合わないと思うくらいなら、きちんと希望を伝えましょう。その時にネガティブな言い方をするのではなく「日勤勤務の方が体のリズムを整えられ、集中して仕事ができる」など、ポジティブな伝え方を心がけましょう。

求人紹介

希望条件を伝えるとあなたに合った求人をキャリアアドバイザーが紹介してくれます。その紹介求人の多さに驚く人も中にはいるかもしれませんが、「自分が働きやすい職場なのか」見分けることも大切です。昇給やや残業の有無など聞きずらいことについてもキャリアアドバイザーを通じて確認ができるため、不安な点については相談するのがベターです。

次の章で転職先選びの具体的なポイントを紹介しているため、合わせて参考にして、自分にぴったりの職場を見つけましょう。

面接

転職エージェントでは履歴書の書き方かや面接対策など、さまざまなサポートをしてくれるサービスがあります。新卒時の面接と転職時の面接では求められる受け答えも異なります。新卒は可能性重視ですが、転職の場合はポテンシャル採用です。

面接の手応えしだいで採用されてからの待遇や仕事のポジションに影響する可能性があるためしっかりと対策を行いましょう。

採用条件調整

採用が決まったら、待遇面や入社時期について、転職エージェントが間に入って交渉をします。譲れない条件については最終的にきちんと確認をすると良いでしょう。いい加減な辞め方をせずに円満退職をすることが社会人としてのルールです。

病院同士横の繋がりがあるため、悪い噂はすぐ広まる可能性があります。今後の仕事にも影響する可能性があるため、後任が決まってからの退職ができるように調整しましょう。

北海道の看護師の転職先選びの具体的なポイント6つ

北海道の看護師のおすすめ転職エージェントと登録手続きについて紹介しましたが、次に転職先選びのポイントについて紹介します。人間関係や待遇面については知りたいポイントですが、それ以外にも転職先を選ぶ上ではずせないポイントがあります。

入職してから「こんなはずでは」とならないためにあらかじめ、チェックしておきたいポイントを押さえておきましょう。

託児所や子育てサポートが充実しているか

子供のいる看護師さんにとって託児所や子育てサポートが充実しているかというのは、働く上で重要なポイントです。独身の人はあまり意識しないかもしれませんが、せっかく良い職場に巡り合っても、子育てが原因で転職せざるを得ないのはもったいないです。

今後の結婚や子育てのことを考えてリサーチをしておくと良いでしょう。指定託児所がなく子供を保育園に預ける場合、札幌などの大都市圏は保育園不足の問題があります。預けられたとしても職場や自宅から遠いなどのデメリットも考えられるため、子供を預けられる環境にあるかについてきちんと確認をしましょう。

育児休暇・産前・産後休暇の取得率

託児所と共に気になるのは育児休暇や産前・産後休暇が充実しているかです。小さい子供を育てながら働くママがどのくらいいるのか、どのような部署で働いているのかについても確認することをおすすめします。

子育てに理解のある職場が増えていますが、総合病院の場合はシフト制の病棟勤務など、精神的・肉体的にもハードです。シフトの融通が利くか、無理なく働ける職場であるかはあらかじめ知っておきたいポイントです。

異動や配置転換の有無

せっかく希望の所属に転職できたとしても、異動や配置転換の多い病院だと希望に沿わない部署で働く場合もあります。内科のナースとして経験を積んできたのに、整形外科に異動などまた新しい部署で一から勉強しなおすことは大変です。

病院の方針や、適性による配置転換もありますが一つの部署で長くキャリアを積みたいと感じている人はあらかじめそのことを転職サイトのアドバイザーに伝えて求人探しをすると良いでしょう。

日勤希望の場合は病院以外にも選択肢を広げる

北海道の看護師の転職で「日勤」を希望する人は多く、倍率も高い傾向にあります。転職エージェントに登録をして、非公開求人を狙うことも一つの方法ですが、条件の良い職場に転職することは難しいですね。

どうしても日勤にこだわりたい人は、病院以外で看護師として働くことも視野にいれましょう。保育園や老人ホームでも看護師の資格を活かして働くことができます。

社会福祉法人は福利厚生も充実しているため、待遇についても満足行くものになるでしょう。「病院以外で看護師として働くことは難しいのでは」と感じる人もいると思いますが、まずは転職サイトに登録をして相談をすることをおすすめします。

基本的に看護師は一つの施設に1人や2人と少人数のため、医療的判断についても1人で行う必要あること、保護者や家族との対応が求められるなど病院とはまた違った大変さがあります。緊急対応が必要でない時はある程度余裕を持って仕事ができるなどのメリットがあるため、施設の雰囲気などを確認して転職先を探すと良いでしょう。

希望の優先順位を決める

「高収入」「勤務地」「勤務条件」などこだわりのポイントは人それぞれですが、転職エージェントに登録をしてたくさんの優良求人を紹介してもらうと、希望の軸がぶれることがあります。

「高収入」につられて転職をしたけれど激務だった。「勤務地」にこだわりすぎて希望の紹介がないなどの場合があります。北海道の看護師求人は特に札幌圏に集中しているため、それ以外で希望に沿った求人を探すことは難しい部分があります。

何にこだわるか、希望の優先順位を明確にした上で求人探しをすると、軸がぶれずに転職活動ができます。

最後に

看護師の転職を成功させるためのポイントについて、紹介しましたがいかがでしたでしょうか?看護師は売り手市場のため、求人は豊富にありますが、求人票を見ただけでは理想の職場選びは難しいです。

残業や夜勤回数が多いため高収入など、体力的や精神的にも辛く感じてしまうと仕事を続けていくのは難しいですね。まずは希望の条件を明確にして、病院選びからしっかりと行うことで、「こんなはずでは」と、後悔することがなくなります。

転職サイトはあなたのお仕事選びの強い味方になってくれます。複数の転職サイトを有効活用して、希望の転職を成功させましょう。