看護師が3年目での転職を成功させる4つの秘訣。最適なタイミングも解説

看護師の方は、転職を考えたことがある人も多いのではないでしょうか。特に3年目は新人として入職した職場から転職を考える人が多くなる時期と言われています

3年目ともなると、一人で出来る業務が増え、責任ある仕事を任される機会も増えてきます。一方、仕事に対する悩みが増える時期でもあります。

3年目で転職する場合、転職の秘訣や最適なタイミングがあります。ここでは、3年目の看護師が転職を考える理由や転職のコツ、転職に最適なタイミングを紹介します。

ゲキサポ転職
ゲキサポ転職
  1. 看護ルー(看護roo!) ロゴ
  2. 看護のお仕事 ロゴ
  3. マイナビ看護師 ロゴ
看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【看護師転職サイト】おすすめランキング人気ベスト10

看護師が3年目で転職するケースは多い。5つの理由とは?

3年目の看護師は一通りの業務に慣れ、職場に対して不満や物足りなさを感じ始めるようになります。

転職をする理由は人それぞれです。ここでは、転職を考える主な5つの理由を紹介します。

看護師が3年目で転職する理由①仕事ができない・怒られる

3年目ともなると、新人時代とは違って周囲から高い仕事の質を求められます。一挙手一投足に厳しい視線が注がれ、些細なミスで怒られてしまった人は多いのではいでしょうか。

このツイートをした看護師は、3年目になっても怒られ続けることに悩みを抱えています。プリセプター(新人指導係)という役目も、この看護師の負担となってしまっていることがわかります。

3年目になっても、自分の理想とする看護師像に追いつけていないことに悩みを抱えている人は多いです。

仕事を続けたい意欲はあっても、怒られ続けることにストレスを抱えながら働き続けていくのは心身ともに好ましい環境とはいえません。

3年目は職場のことが分かってきたからこそ、自分の成長ペースや働き方に合った環境を求めて転職を決意する人は多いです。

看護師が3年目で転職する理由②年収に不満

同じ職種や雇用条件でも、勤務する職場の違いによって年収に大きな差があることに不満を抱える看護師は多いです。

厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査」によると、看護師の平均年収は約480万円で、准看護師は約402万円です。

一般的に、大学病院で働く看護師の年収が最も高く、地域別では東京都など都市部で働く看護師の平均年収が高い傾向にあります。

全職種の平均年収と比較しても、看護師の年収は高い方です。とはいえ、人の命を預かる重責と夜勤などの重労働に加え、3年目は職責も大きく増していきます。

3年目の看護師にとって、年収が割に合っていないと感じる人は多いのです。特に他の職場で働く同期と年収に差があれば、3年目の看護師が年収に不満を抱くのは当然でしょう。

看護師が3年目で転職する理由③結婚・出産など

1~2年目の看護師が結婚や出産で職場を離れるのは、早いと思われることが多いようです。職場でパワハラやマタハラの被害を受けたことがある人も多いのではないでしょうか。

3年目ともなれば、周囲から転職を受け入れてもらいやすくなり、結婚・出産を理由に転職する人が多くなります。また、3年間の勤務経験は、復職の際に有利に働きます。

仕事をもつ女性にとって結婚・出産は、悩ましい側面があります。ましてや夜勤や重労働が多い看護師にとって、結婚・出産は転職を考える大きな理由となります。

結婚・出産を理由に働きやすい環境を求めて転職をすることは、キャリアを閉ざすことなく看護師を続けるために必要な選択肢のひとつです。

看護師が3年目で転職する理由④人手不足による激務

厚生労働省の「看護職員需給分科会資料」(2019年)によると、現場で働く看護職員数は2025年に最大約27万人不足する恐れがあると推計されています。

特に働き盛りの20代・30代の看護師の比率は、ここ10年で大幅に減少しており、慢性的な人手不足による業務量の増大が激務に繋がっています。

「病院看護実態調査」によると看護師全体の離職率は10.9%で、10人1人が毎年離職しています。辞めたベテラン看護師の穴を埋めるために、3年目の看護師が経験以上の知識やスキルを求められるケースが増えているのです。

慢性的な人手不足に加えて適正な人材配置がされず、3年目の看護師に過大な業務を担わせていることが、3年目の看護師の多くが辞めたいと思う理由の1つです。

看護師が3年目で転職する理由⑤職場の人間関係が悪い

看護師の職場は閉鎖的で、人間関係は少人数で固定されています。

一通りの業務に慣れた3年目になると、周囲の人間関係の構図が見え、時に「どっちの派閥に入るか」などと派閥抗争に巻き込まれることもあります

このツイートをした看護師は、人間関係が悪い職場に苦痛を感じ、看護師として働き続けていくことに自信を失っています。

人間関係が悪い職場はミスや事故を誘発し、職場全体の生産性を低下させます。命を扱う医療の現場では、些細なミスが大惨事に直結するリスクをはらんでいます。

看護師が働く現場では、医師や理学療法士、薬剤師など、様々な専門職から成るチームで患者の社会復帰を目指します。各専門領域を生かした連携が重要になるのです。

人間関係の良い職場は、連携がうまくいきますが、殺伐とした人間関係では連携どころかコミュニケーションすら取れません。これでは患者の命が危険にさらされます。

このように、人間関係に苦痛を覚えて転職を検討する3年目の看護師は多いです。

看護師は転職を何年目でするべき?2年目・3年目・4年目・5年目のメリットデメリットを解説

「石の上にも3年」という言葉がある通り、3年目は何かと節目となる時期で、転職を考える人は多いです。

看護師が3年目で転職する場合、以下の相反するメリットとデメリットがあります。

  • 即戦力とみなされる
  • 「新卒」扱いされてしまう

では、看護師は転職を何年目でするべきなのでしょうか。ここからは、経験年数別に転職するメリット・デメリットについて詳しく説明します。

看護師が2年目で転職するメリット・デメリット

2年目で転職を考えるのは早いのでは?と思う人もいるでしょう。しかし、2年目で転職を考えることは決して珍しくはありません。

2年目で転職するメリットは、新たな環境で多くの知識と技能を吸収し、より成長できる可能性があることです。

転職先にとっては新人のように1から教える手間を省けるため、双方にメリットがあります。

とはいえ、2年目は経験が浅いとみなされ、新人扱いされることがあるのも、2年目で転職するデメリットです。

転職の理由によっては、我慢ができない人というレッテルを貼られるおそれもあります。

今の環境から抜け出したいという焦る気持ちだけで転職をすると、同じ悩みで転職を繰り返す可能性があるため、慎重に転職先を見極める必要があります。

看護師が3年目で転職するメリット・デメリット

3年目は基本的な業務を一通り経験し、職場の環境にも十分に慣れる時期です。余裕が出てきたことで、転職を考える人が多くなるのが3年目の特徴です。

3年目で転職するメリットは、看護師の基礎スキルがあり、即戦力として扱われることです。体力面でも若さを十分にアピールでき、転職先に重宝される存在となります。

ただし、基礎スキルはあっても経験値は低いとみなされ、一方では「新卒」扱いされる恐れがあります。

様々な仕事を任されるのに「新卒」扱いのせいで、上司に意見は言えず、給料も低く抑えられる可能性があります。

年収アップに過度に期待せず、転職直後は悪くなることを覚悟する必要があります。

看護師が4年目で転職するメリット・デメリット

4年目ともなると、どこの職場においても一人前の看護師とみなされます。新人の教育係やリーダーを経験していたりと、スキルに加えて経験も十分と言って良いでしょう。

4年目で転職をするメリットは、「スキルと経験の両方が備わった人材」と転職先に認識されることです。転職先の候補も増え、前向きな転職が出来るようになります。

条件の良い転職先を選べる立場になった4年目の看護師は、将来を見据えた長期的な視点をもって転職先を考えること重要です。

何となく今の職場が嫌だから転職する、という1~3年目のような甘えは通用しません。

4年目の看護師は、結婚・出産といったライフイベントが控えて転職せざるを得ないケースもあります。この場合、キャリアと私生活を両立できる職場を選ぶために、選択肢が狭まるデメリットもあります。

看護師が5年目で転職するメリット・デメリット

5年目の看護師は若手とベテランの中間に位置する中堅看護師として、職場内での存在感が際立つ時期です。

5年目で転職するメリットは、豊富なスキルや経験に加えて、状況に即して的確な判断が下せる能力があると評価されることです。

転職先でも、リーダーなどの重要な役割をすぐ任されることも多いです。

的確な状況判断ができる一方、ベテラン看護師と違って、病院独自の癖やルールにこだわらず、柔軟性に富んでいることも評価されます。

5年目の看護師の転職には突出したデメリットはありませんが、転職の目的や今後のキャリアのビジョンを明確に示す必要があります。

転職目的が曖昧だと、働き方やキャリアに迷いがあるとみなされ、ともすれば「幼稚」と判断される恐れがあります。

看護師が3年目の転職で成功するための4つの方法

転職のメリット・デメリットで説明したとおり、3年目の看護師は基礎スキルを備えた即戦力とみなされ、重宝される存在です。

ここからは看護師が3年目の転職で成功するための秘訣について説明します。

①円満退職できるタイミングを選ぶ

「チーム医療」と言われるように、医療の現場では各医療従事者の協力が欠かせません。このため、職場に迷惑をかけないように円満退職できるタイミングを選ぶことが重要です。

今の職場が嫌だからといって急に退職すると、職場に迷惑をかけるだけでなく、チーム医療体制が崩れ、最悪の場合、患者の命まで危険にさらされます。

看護師にとって円満退職のタイミングは、ずばり人員補充がしやすい時期です。

人員補充が最もしやすいのは、新人が入ってくる直前の年度末です。年度末が、円満退職が出来る一番最適のタイミングです。

また年度末に退職することは、辞める看護師自身にとっても、新年度から新しい職場で働くことが出来るメリットがあります。

②退職金・ボーナスで損しないタイミングを選ぶ

3年目の看護師が転職するデメリットで説明したように、転職先の給料が今までより高くなる保証はありません。

当面の生活を考えたとき、今の職場から退職金やボーナスを損することなくもらわなければなりません。つまり、退職のタイミングを選ぶ必要があります。

一般的に、退職金は勤続3年以上からもらえることが多く、最も損をしない退職のタイミングはボーナス支給日後です。

ボーナスは支給日に職場に在籍していないともらえません。退職日が支給日の1か月前であっても、ボーナスが減額されて支給されることはありません。

また、退職金は勤務する職場の就業規定で定められ、退職金は勤続年数に応じて金額が定められています。

③自分に適した職場を選ぶ-病院・クリニック・高齢者施設…

転職をする目的は人それぞれです。給料をアップしたい、人間関係の良い環境で働きたい、子育てをしながら働きたいなど、様々な理由があります。

転職を成功させるには、職場の雰囲気や特徴、雇用条件などを確認した上で、転職先を見極めることが必要です。

転職先の規模や事業形態は様々です。病院やクリニックで働く看護師が大半ではありますが、老人ホームや高齢者施設などの病院以外で活躍する看護師もたくさんいます。

福利厚生や労働環境の整っている大学病院や、夜勤や残業の少ないクリニックなど、転職先の情報をなるべく多く入手して選ぶことが、自分に適した職場に巡り合う秘訣です。

④看護師専門転職エージェントに相談する

自分に適した職場を選ぶためには、転職先の情報を多く収集する必要がありますが、自分一人で出来ることには限界があります。

そこで頼りになるのが看護師専門転職エージェントです。転職エージェントに相談する最大のメリットは、その道に精通したプロが希望条件に合った転職先を紹介してくれることです。

日々の業務に追われてなかなか転職の準備が出来ない人も、転職エージェントを利用すれば効率よく時間を使えます。

何よりも転職のプロに相談できる安心感が、転職に対するストレスを軽減させてくれます。

ただし、転職エージェントの得意分野は各社異なります。転職エージェントに複数登録して比較し、信頼できるエージェントを選ぶことが転職を成功させる近道です。

看護師が3年目転職で使うべき転職エージェント3選

3年目看護師の転職に強い転職エージェントは、どのように選べばいいのでしょうか?ここからは、看護師の転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

①看護roo!

看護ルー

年間2万人以上の看護師が利用している「看護roo!」は、利用者満足度9割以上を誇る転職エージェントです。

たくさん求人を紹介してほしいと考えている人や、多くの情報を収集したい人にとって最適な転職エージェントです。

求人数がトップレベルのため、希望に近い求人を効率よく集められるメリットがあります。一般に出ていない非公開求人も多く取り扱っているのが特徴です。

転職先の基本情報だけではなく、口コミも含めた情報を提供してくれるのも魅力です。経験の少ない3年目の看護師にとって、豊富な求人と口コミは非常に役立ちます。

「看護roo!」は転職先の紹介のみに留まらず、サポート体制も充実しています。面接が苦手な人や不安がある人には面接に同席してくれるなど、非常に手厚いサポート体制を敷いています。

登録する(無料)

②看護のお仕事

看護のお仕事

「看護のお仕事」は、キャリアアドバイザーによる丁寧なサポートと貴重な内部情報を提供してくれる転職エージェントです。

看護師、准看護師、助産師、保健師など、幅広い求人を取り扱っており、正社員だけではなく派遣の求人を紹介していることも特徴です。

キャリアアドバイザーと直接会って相談もでき、各地域に特化した情報や内部情報を踏まえた的確なアドバイスをくれます。

職場の人間関係や雰囲気、残業の有無など、実際に働いてみないとわからない情報を提供してくれることも魅力のひとつです。

3年目の看護師は転職が初めてのケースがほとんどです。不安が付きまとう転職活動に、1対1で丁寧にサポートしてくれるキャリアアドバイザーは非常に心強い存在です。

登録する(無料)

③マイナビ看護師

マイナビ看護師

人材関連ビジネス大手のマイナビが運営する「マイナビ看護師」は、徹底したサポート体制と充実した相談態勢が魅力の転職エージェントです。

長期的に活躍してもらうことを目的とした転職支援を行っており、定着率が低い求人は紹介しないと宣言しています。転職後のサポート体制にも定評があります。

これから本格的にキャリアを積み重ねる3年目の看護師にとって、転職後にも定期的なサポートがある点は最大の魅力です。

キャリアアドバイザーは、現場に足を運んでスタッフに直接ヒアリングをするなど、徹底した情報収集を行っており、情報の質は確かです。

全国各地の17会場で出張転職相談会や休日転職相談会を定期的に開催しており、対面での相談機会も充実しています。

登録する(無料)

看護師が3年目で転職する際のポイントまとめ

今回は、看護師が3年目で転職する理由や最適な転職のタイミング、転職を成功させるための秘訣を解説しました。

3年目の看護師は即戦力として活躍し始める一方、職場の人間関係や給料など、様々な面に悩みが生じる時期でもあり、3年目で転職するのは不思議なことではありません。

3年目の看護師が転職を成功させる最大のポイントは、転職先を見極め自らの経験とキャリアを生かせる職場を見つけることです。

転職は一人で悩み続けるのではなく、信頼できるプロの力を借りながら多くの情報を収集するところから始まります。できるだけ多くの情報を得ることが、転職成功の鍵となります。

すぐにでも環境を変えたいと焦って転職先を決めると、ブラック職場に転職するリスクが高まります。

ここで紹介した転職エージェントを利用して、転職先の情報収集をし、辞める際の最適なタイミングも相談してみましょう。きっと、自分の理想とするキャリアを築けるはずです。