退職代行EXITはトラブルばかりって本当?体験談を徹底調査!

退職代行EXIT

転職活動をすることが当たり前の時代になってきました。転職活動に成功した際に、避けて通れない手続きは「退職」です。

特にお世話になった会社なら、退職の申し出はしにくいものです。ブラック企業を辞める場合は逆に、こちらが申し出ても退職させてくれないトラブルも報告されています。

そこで、最近活用されているのが退職代行サービスです。テレビ番組などで紹介されたこともあり、話題を呼んでいます。

退職意思の伝達だけでなく、引継ぎまで不要になる場合がある退職代行サービスは、便利で気楽に退職手続きが進められる一方で、トラブルを懸念する人も多くいます。

実際のところ、退職代行サービスとはどのようなものなのでしょうか。

今回は、数ある退職代行サービスの中でも有名な「退職代行EXIT」について、口コミや体験談、トラブル事例などを紹介します。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

退職代行EXITのサービス内容・運営会社は?

退職代行EXITの運営会社は信頼が置けるのでしょうか。信頼性の低い会社だと安心して手続きを任せられません。

そのサービス内容、費用も気になるところです。ここでは、会社概要とサービス内容、料金についてご紹介します。

退職代行EXITのサービス内容|そもそも退職代行とは?

退職代行サービスとは、文字通り「退職を代わりにやってくれるサービス」です。

とはいえ、具体的にどのような流れで退職代行が進むのか、分からないことも多いでしょう。

ここでは、退職代行EXITの具体的なサービス内容を紹介します。

即日対応ですぐに辞められる

退職代行EXITは、相談した当日からサービスを受けられます。つまり、辞めたいと思った時にすぐ実行に移せるのです。

公式サイトでは「休日、深夜でもできる限り対応する」と謳っているので、今すぐに辞めたいけれど、自分では言い出せないという人にとっては安心のサービスです。

具体的には、スマホで利用申込をし、退職に向けた条件・要望を伝えます。次に所定の料金を振り込めば、退職代行の手続きが始まります。

会社への連絡も代わりに行う

退職代行の手続きは、「退職する意思を伝達する」「離職票などの必要書類を退職者に届けるよう要請する」などです。退職代行EXITは、退職者本人に直接連絡しないよう、会社に通知してくれます。

このため、本人が会社と連絡を取ることなく退職が可能です。退職届などの書類は本人宛に郵送され、会社からの貸与品は自分で会社に郵送するので、会社に行く必要もありません。

その後の転職までサポートしてくれる

退職代行EXITは総合転職エージェントと提携しており、退職後の転職活動までサポートするサービスを行っています。

指定のエージェント経由で転職先が決定した場合、退職代行にかかった費用が条件付きですべてキャッシュバックされることもあります。

転職活動で必要になる書類の作成や、採用面接についての相談なども無料で行っています。

次回以降の利用はディスカウントされる

もし次の職場でも退職代行EXITを利用して退職すると、次回以降は代行費用を1万円割引するサービスもあります。

転職先は長く勤めたいものですが、慌てて退職する場合などは転職先を吟味している時間がありません。また辞めなければならない時に割引があるのは嬉しいポイントです。

退職代行EXITの料金

退職代行EXITの利用料金は、本人の現在の雇用形態によって変わります。手続きが比較的煩雑である正社員・契約社員の退職は5万円、アルバイト・パートは3万円です。

一律3万円前後の料金で退職代行サービスを請け負う会社が多い中で、5万円の価格設定はやや高めです。

費用は実際のサービス開始前に支払い、退職完了まで追加料金は発生しません。支払い方法は銀行振込か、クレジットカードです。

契約前に電話やLINEで相談が可能で、契約前の相談料は無料です。とりあえず話を聞いてみたいという人は気軽に相談できるシステムです。

参考:退職代行サービスの料金ランキング

1位:退職代行SARABA

月間受託件数ナンバーワンを誇る退職代行SARABAは、代行費用が27,000円と良心的な価格設定です。

2位:退職代行ニコイチ

1日のうちの対応時間が限られていますが、こちらも27,000円と低価格です。

3位:退職代行Jobs

セラピストでもある弁護士が監修するこちらのサービスは、利用料金29,800円です。弁護士監修なので、トラブルにも対応してくれます。

退職代行Jobsの具体的なサービス内容については、後述するので参考にしてください。

4位:汐留パートナーズ法律事務所

こちらは弁護士が直接、退職代行を進めてくれるので安心ですが、55,000円に加えオプション費用がかかります。

退職代行EXITの運営会社・社長

退職代行EXITは、東京都渋谷区にオフィスをかまえる株式会社EXITが運営しています。社員数10名ほどで、事業内容は退職代行EXITのほか、メディア運営も手掛けています。

「人生はやり直せる、何度でも」との理念で、「やめたくてもやめられない」人たちを後押しする事業を展開しています。

社長は岡崎雄一郎氏、新野俊幸氏の2名で、共同経営です。ともに平成元年生まれの一方、生まれも育ちもバラバラですが、人生経験の中で退職代行のコンセプトを思い付き、会社経営に至っています。

まだ会社規模は小さく、経営者は若いものの、情熱と使命感にあふれる会社のようです。

退職代行EXITに顧問弁護士はいる?

退職代行EXITには顧問弁護士が付いており、退職代行サービスの中で会社側とトラブルになった場合も対応できる態勢を整えています。

退職代行手続きそのものは、弁護士でなくとも請け負っていいので、弁護士法違反にはあたりません。

というのも、退職代行EXITのサービスはあくまで「退職の意思を会社側に伝える」ことのみです。「退職に関わる交渉を行う」ことは本人か、依頼を受けた弁護士でないと担ってはいけません。

もし退職に関わる交渉まで弁護士以外の者が行えば、非弁行為とり違法です。

退職代行EXITに依頼すべき?2chの口コミ・評判をまとめ

退職代行サービスを利用する際、退職代行EXITに依頼すべきなのでしょうか。実は、退職代行EXITは良い評判がある反面、トラブルが発生した事例など悪い評判も上がっています。

ここでは、退職代行EXITの良い評判・悪い評判を紹介します。

退職代行EXITの良い評判・体験談

退職代行EXITの利用者からは「きちんと給料が振り込まれた上で退職できた」「昨日連絡したら、今日から出社しなくてもいいと言われ、会社から連絡が来ることもなく辞められた」など、退職に成功した声が上がっています。

はじめは疑心暗鬼でサービスを利用した人も、その対応の速さに驚きを隠せないコメントが多く見られます。

退職できたことで救われたとの声もあります。

「辞めてから立ち眩み、目まい、耳鳴りがなくなった」「辛いのを我慢して働いて死なずによかった」など、身体的・精神的に解放されたという感想です。

仕事が原因で命を絶つケースも多くある現代で、退職代行はそれを防ぐための手段ともなっているのです。

実際に退職に成功した利用者からは、「死なずに済んだのだから、5万円なんて安いものだ」と、コストパフォーマンスについても満足である声が上がっています。LINEで気軽に24時間相談できること、対応スピードと確実さを評価する口コミが多く見られました。

退職代行EXITの悪い評判・失敗・トラブル事例

良い口コミが多くある一方、退職代行EXITを利用して「失敗した」と後悔する人も多くいます。その体験談の一部をご紹介します。

「退職代行EXITを利用したことで会社から保証人である親元へ連絡がいき、誠意を見せろと言われ、結局会社へ行き話し合うことになった」という話があります。

この方は、顔を合わせないで退職しようと代行サービスを利用したのに、意味がなかったと後悔しています。

ネガティブな意見の中には、利用した本人以外にも「会社に残された人」からの声もあります。

「炎上案件を抱えていた営業社員が退職代行EXITを利用して突如退職してしまい、残された同僚が大変な尻ぬぐいをする羽目になった」との声があります。

精神的に追い詰められた人にとって退職代行は救いの光となりますが、残された人にとっては寝耳に水の事態です。

退職代行EXITは「即日対応」が売りですが、それは時に強引な方法となり、円満退職とは程遠い事態を引き起こす恐れがあります。

特に次の転職先も同業界の場合、前職の円満退職は必須です。「いきなり辞める無責任な人」という退職者への悪い評判が業界内で広まれば、転職先でも肩身の狭い思いをする羽目になります。

退職代行EXITに相談するよりおすすめの方法

退職代行サービスを利用したいと考えたとき、退職代行EXITに依頼する他に、おすすめのサービスや方法があります。

ここでは、おすすめの退職代行サービスや、別の手段を紹介するので、自分に合ったものを探してみましょう。

退職代行なら「退職代行Jobs」がおすすめ

退職代行Jobs

退職代行サービスを利用するなら、トラブルなく、スムーズに退職できるサービスを選びたいものです。

ここでは、万全の態勢を整え、退職者のことを第一に考えた対応を心掛ける「退職代行Jobs」を紹介します。

実名公表の顧問弁護士が監修している

退職代行Jobsは、退職代行EXITと同じく、退職者の代わりに退職の意思を会社に伝えるサービスを展開しています。

大きな違いは、顧問弁護士の西前啓子氏が実名と顔を出して監修している点です。

顧問弁護士の名前が公開されていれば、弁護士登録されているのかや弁護士としての実績を調べることも可能で、信頼性がグッと上がります。

セラピストでもある顧問弁護士のカウンセリング付き

顧問弁護士の西前氏は、セラピスト資格も保有しており、サービス利用者にカウンセリングを無料で提供しています。代行サービスを利用して退職したいと考える人は、精神的に追い詰められている場合が多いです。

退職者の心に寄り添うサービスは業界初であり、退職代行Jobsの強みです。

リーズナブルかつ全額返金保証で安心

退職代行Jobsの料金は、雇用体系にかかわらず29,800円(税込)とお手頃な価格です。仮に退職に失敗した場合は全額返金が保証されているので、安心して依頼できます。

LINE登録で色々な特典がもらえる

サービス利用だけでなく、LINEで友達登録すると様々な特典がついてきます。顧問弁護士監修の退職届・業務引継書のテンプレートや、転職求人サイト一覧など、退職・転職を考える人にとって役立つツールが盛りだくさんです。

退職代行してもらうより転職のプロに相談してもらう手も

退職代行サービスに以来する方法の他に、転職のプロに退職の流れを相談する方法もあります。

転職するには前職の退職が必要なので当然、転職のプロである転職エージェントは、退職手続きや円満退職のコツを熟知しています。

ここからは、退職に関する相談を親身に受けてくれる転職エージェントを紹介します。

退職に悩む人におすすめのエージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営する人材紹介サービスです。各業界に精通する専任アドバイザーが、キャリアカウンセリングや転職情報の提供をしてくれます。

転職活動の中で生じる疑問や不安に対し、成功・失敗例もとに的確なアドバイスをくれます。現職を退職するための手続きの流れや必要な期間、やるべきことも助言してくれるので、円満退職が可能です。

提携企業が多く、非公開の求人情報も豊富に扱っているので、希望に合った仕事が見つかりやすいでしょう。

相談に加え、面接日程の調整や年収交渉も全て無料です。簡単な個人情報と履歴の入力だけでホームページから登録できます。少しでも転職を考えているのであれば、まず登録してみることをおすすめします。

退職に悩む人におすすめのエージェント②リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営する転職サポートサービスです。ウェブサイトで個人情報と履歴を登録すれば、無料で転職サポートを受けられます。

リクルートエージェントの強みは、保有する求人数が業界ナンバーワンという点です。多種多様な求人から厳選して応募できるので、自分に合った仕事を探せます。

リクルートエージェントを利用して転職した人のうち、半年以内に退職した人は4%という少なさが、転職活動を成功に導く確かなサービスであることを物語っています。

またリクルートエージェントが主催する面接力アップセミナーは利用者から高い評価を得ています。他にも、職務経歴書の書き方指導などサポートは手厚いです。

リクルートエージェントは「スムーズな退職」に向けたアドバイスもしており、退職するにあたってのマナーや必要な交渉などがウェブでも解説されています。

退職に悩む人におすすめのエージェント③ランスタッド

ランスタッドは世界38カ国に拠点を持つ総合人材サービス会社で、オランダ・アムステルダムに本拠を置いています。国内外に持つ広いネットワークを活かしたサービスが特徴です。

海外法人や外資系企業への転職に強みがあり、高年収の仕事を探したい人におすすめのサービスです。日系の転職サイトと比較して求人数は多くありませんが、全体の80%を占める非公開求人の中から、ニーズに合ったものを提案してくれます。

日本ではまだ知名度が高くないサービスである分、一人一人にきめ細やかなサービスを提供しています。いくつも求人の提案があり、スムーズに転職できたという利用者の声も多数あります。

退職の意思を示す際に、上司に伝えるべきこと、逆に駄目なことや、退職届に関するマナーと書き方などウェブで閲覧できるので、一度見てみましょう。

退職代行EXITを利用するかは評判を吟味して検討を!

退職代行サービスの認知度は徐々に上がっており、利用しやすい環境が整ってきています。すぐに退職しなければいられないほど精神的に限界がきている場合、退職代行サービスは最後の切り札となるでしょう。

しかし、退職代行EXITのように「即日退職可能」を打ち出すサービスは、時に強引さも付きまとい、本人や前職の会社に思わぬトラブルを引き起こす懸念もあります。

退職代行EXITを利用するなら、実際に利用した人の体験談をよく見て、本当に自分に適しているのか見極めましょう。

退職を巡るトラブルに着実に対応してほしいなら、ここで紹介した退職代行Jobsの利用がおすすめです。

円満に退職し、転職後も前職の会社との関係を崩したくないなら、転職エージェントを活用して助言を受ける方法もあります。

転職先も前職と同業種の場合、「いきなり退職した」などと業界内で悪評が立てば、転職先でも肩身の狭い思いをしかねません。

円満退職し、よりよい職場に転じるなら、ここで紹介した転職エージェントの利用を検討しましょう。