勤務医の平均年収はいくら?年代・科・職場別の年収を徹底調査!

医者は高収入というイメージが強いですよね。事実、医者の平均年収は全職種の中でもトップクラスです。

医者には民間病院勤務医、大学病院勤務医、開業医など様々な職場があります。さらにその中で内科や外科などの各診療科に分かれており、それぞれ年収は異なってきます。

この記事では、大学を卒業したばかりの勤務医と経験を積んだベテランの勤務医など、年代による違いや、科・職場別の平均年収を徹底調査しました。

  1. エムスリーキャリアエージェント ロゴ
  2. リクルートドクターズキャリア ロゴ
  3. マイナビDOCTOR ロゴ
医師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

医師転職エージェントのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
医師転職サイトを徹底比較!本当に使える7サイトをランキングで紹介

医者の給料は安い?意外な「勤務医の平均年収」

勤務医の平均年収はおよそ1500万円です。男女別では男性が約1600万円、女性が約1300万円になります。この年収はかなり高い水準で、全職種の中でも1、2位を争う高収入です。

しかしこれはあくまで平均で、勤務先によっては経験を積んだ40代でも年収1000万円以下、というケースも珍しくありません。

「40代で1,000万円以下」は、普通の会社員と比べると高い年収ですが、大企業などでは平均的ともいえます。勤務医という仕事が専門性も高く非常に激務であることを考えると、数字だけで一概に給料が高いとも言い切れません。

【年代別】勤務医の平均年収

勤務医の年収は経験と実績が大きく影響します。したがって経験の浅い20代は収入も低めです。

一般的には普通の会社員と同様に、年齢と共に経験と実績を積み上げていけば、年収も上がっていきます。

20代

20代(25~29歳)勤務医の平均年収は、

  • 男性約680万円
  • 女性約650万円

勤務医は大学に6年間通った後、研修医を終えてからでないとなれません。現役で進学したとして24歳で大学を卒業し、その後2年間は研修医として実際の業務を学びます。

研修医の年収は300万〜400万と言われ、一般企業に就職した会社員と大きくは違いませんが、研修が終わると早々に会社員の平均年収を超えます。

30代

30~34歳勤務医の平均年収は、

  • 男性約950万円
  • 女性約860万円

35〜39歳になると

  • 男性約1260万円
  • 女性約1090万円

30代後半になると一人前の医者として活躍し始めます。

また、調整事など様々な事案にも関わるようになって業務量が増加し、年収も1000万円を超えてきます。

この時期から、出産などを機に一時的に休業したり、時短勤務にシフトしたりする女性勤務医が増えるため、年収の男女差が大きくなります。

40代

40〜44歳勤務医の平均年収は、

  • 男性約1410万円
  • 女性約1320万円

45〜49歳になると、

  • 男性約1500万円
  • 女性約1260万円

40代になると、役職に就いて現場の責任者になったり、意思決定をしたりする立場になってきます。

男性勤務医は40代後半で収入も1500万円を超え、60歳頃まで年収は増加し続けます。この年代になると、開業に踏み切る医者も多くなります。

【職場・職種・科別】勤務医の平均年収

年代だけでなく、職場・職種や診療科によっても勤務医の年収は変わってきます。

特に民間病院、大学病院、公立病院といった職場の違いは、勤務医の年収に非常に大きく影響します。

民間病院

民間病院の平均年収は大学病院などに比べ高額です。若手の医師で約1200万円、中堅で役職がつくと約1500万円、一番役職が高い病院長クラスになると約2000万円になります。

民間病院は比較的小規模な割に、多くの診療科を抱え、開業時間も長めにしているケースが多く、医師一人当たりの業務は広範囲で分量も多くなる傾向にあります。

多くの患者を呼び込み、病院経営を安定させるためですが、その分、勤務医の給与も高額になります。

収入だけでなく、多くの患者を診て実践的なスキルを身につけたいと考える場合も、大学病院より民間病院を選ぶことが多いようです。

また、公立病院も民間病院に近い勤務形態です。ただ、民間と異なり救急や産婦人科など不採算・激務とされる診療科を抱えているケースが多く、年収は民間病院より1~2割程度低くなります。

大学病院

大学病院の平均年収は、若手の助教で約530万円、准教授で約720万円、教授になると約900万円です。民間病院と比べると低くなっています。

このため、多くの大学病院の勤務医は、本業以外にアルバイトでも収入を得ています。アルバイトの収入は、平均年収の計算に入っていません。アルバイト先は大学病院からも紹介してもらえます。

大学病院では年収は低くなりますが、診療(臨床)に加え、教育や最新医療の研究の役割も担っているので、最先端の医療に関われ、名誉や地位を得られるメリットもあります。

内科医

内科勤務医の平均年収は約1540万円です。男女別では男性が約1590万円、女性が約1380万円となり、男性の方が200万円近く高いです。

ただし、女性内科医の平均年収は、他の科に勤務する女性医師比べると比較的高額です。

内科医は医者の中で最も多く、全体の約3分の1が内科医だと言われています。基本的には外来患者や入院患者の診察がメインですが、カテーテルなど外科的な治療をすることもあります。

外科医

外科勤務医の平均年収は約1670万円です。男女別では男性が約1700万円、女性が約1230万円です。

特に外科の男性勤務医は、勤務医全体の平均年収より200万円も高く、全科の中でトップクラスです。一方、女性は男性と比べると年収が低く、男女の収入差が大きくなっています。

日本では、患者の体にメスを入れる責任の重さや過酷さなどから、外科医を目指す学生が減少しており、担い手不足が心配されている科目です。

小児科医

小児科勤務医の平均年収は約1360万円です。男女別では男性が約1510万円、女性が約1160万円となります。他の科と比べると若干低めの年収です。

乳幼児~15歳の子どもの病気を診察、治療します。全身の病気に関する幅広い知識が必要で、夜間や救急の対応を求められることも多く非常に多忙です。

また小児科は女性医師の割合が約30%と、全体平均より10%以上高くなっています。

精神科医

精神科勤務医の平均年収は約1470万円です。男女別では男性が約1530万円、女性が約1320万円となります。

内科同様、女性の平均年収が他の科と比較すると高額ですが、全体では平均より若干低めの年収です。

抑うつ、幻聴、不眠、妄想などの症状を診察し、治療は投薬がメインになります。精神的に悩みを抱えた患者の話を聞くのも大切な診療です。

開業医になるとどの程度年収が変わる?

独立して自ら診療所を経営する開業医の平均年収は、経営状況で大きく変わりますが、約2800万円です。

皮膚科・眼科・精神科・産婦人科など自由診療が多い病院やクリニックは、収入も高い傾向にあり、美容整形外科などでは年収が億単位になることもあります。

開業するには土地や建物、高価な医療機器などをそろえる必要があり、開業資金が数千万円から数億円かかります。手元に残る収入は、返済額を差し引いた金額となります。

歯科医

歯科勤務医の平均年収は約850万円です。男女別では男性が約900万円、女性が約750万円になります。

歯科勤務医の年収は一般の会社員と比べれば高額ですが、他の科と比べると大きく下がります。これは歯科医の人数が多いことが原因と考えられ、歯科の病院・診療所はコンビニエンスストアより多いと言われています。

また歯科医は他の医者とは異なります。一般的な医者になるには「医師免許」を取得しますが、歯医者に必要な国家資格は「歯科医師免許」です。

勤務医の年収についてよくある質問

年代、職場、診療科以外にも、勤務医の年収についてよくある質問をまとめました。普通の会社員とは違い、高収入で専門性の高い職業ならではの事情、特徴があります。

勤務医の手取りっていくら?

年収約1500万円の場合、手取り額は約1080万円になります。

これは本人と妻、子ども2人の4人家族の場合で、年収の約30%が差し引かれている計算です。引かれている420万円の内訳は、社会保険料が約145万円、 所得税と住民税が約275万円です。

平均的な年収の勤務医は、年間で会社員の平均年収並みの税金と社会保険料を支払っているのです。

都会と地方では、年収は全然違う?

勤務医は地方の方が都会よりも年収が高くなります。

東京の勤務医の平均年収は男性1,040万円、女性983万円です。大阪では男性1,487万円、女性1,020万円です。

一方、地方では、例えば宮城の場合、平均年収は男性1,868万円、女性1,627万円。青森は男性1,774万円、女性1,505万円です。

地方の勤務医の方が年収が高いのは、なり手の数が原因です。都市部の方が若い勤務医が多く、平均年収が低めになります。また、地方では勤務医を確保するため、高めの給与を提示する病院が多い事情もあります。

離島や僻地だと、年収はどれくらい?

離島や僻地では、勤務医の年収は上がる傾向にあります。およそ1500万円〜2000万円で、勤務医の平均年収以上です。

離島や僻地では医者は一人だけという状況が多く、貴重な存在なので収入も高くなります。

離島にある大病院の出張所に勤務する場合でも、僻地手当が出るケースが多いです。

しかし、内科、外科、小児科、産婦人科など幅広く対応する必要があり、物資の手配など診察以外にも仕事が多岐にわたるため、多忙を極めることが多いです。

勤務医が年収2000万、3000万円を超えることはある?

勤務医でも年収2000万、3000万円を超えることは十分にあります。実際に勤務医の約26%が年収2000万円以上で、さらに約3%は3000万円以上の年収を得ています。

例えば民間病院の院長クラスでは平均年収2000万円、中には3000万円を超えている人も少なくありません。自由診療が多い診療科勤務の場合も収入が高くなり、美容外科勤務では平均2000万円を超えます。

勤務医でも出世して役職がつけば、診療科によっては年収2000万円を超えるケースがあります。

勤務医が年収を上げる方法

このように、勤務医も境遇により年収は大きく変わってきますが、一般の会社員よりは多くの給料を得ています。しかし、それでも現在の収入に不満を持つ勤務医は大勢います。

それでは、勤務医がさらに年収を上げるにはどうすればいいのでしょうか。

開業する

勤務医が収入を上げようと思ったとき、まず選択肢として思い浮かぶのは開業です。開業医の平均年収は約2800万円と、勤務医の平均より1000万円以上高くなります。

しかし、開業医は経営者です。診察・治療といった医者本来の業務に加え、勤務医のときは携わることのなかった様々な業務もこなさなければなりません。

経営手腕がなければ収入は減少し、最悪の場合、閉院せざるを得ない事態もありえます。一方、経営が上手くいけば、勤務医よりはるかに高い年収を得ることができます。

転職する

勤務医の職場は、何も病院だけとは限りません。病院以外にも勤務医が活躍する場は数多くあり、そのような仕事に転職することも年収を上げる1つの方法です。

具体的には公衆衛生医、産業医、保険会社の査定医、製薬会社のメディカルドクターなどがあります。いずれも医師の資格と経験を活かせる仕事です。

中でもメディカルドクターは1500万円〜2000万円程度の年収があり、勤務医の平均以上の収入が期待できます。

勤務医が転職するなら、必ず利用したい転職エージェント

勤務医は非常に多忙で、転職活動の時間を捻出するのも困難です。年収を上げたいなら、医師専門の転職エージェントの利用が必須です。

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーキャリアエージェントは、医療業界に関する情報収集力が非常に高く、求人先の病院の給与相場、大学医局との関係性、施設内の組織情報に至るまで、他では得ることの出来ない詳細な情報を知ることが出来ます。

交渉力にも強みがあり、年収交渉はもちろん、医療設備・機器の導入に関する交渉まで対応してくれる場合もあります。

関東エリアの求人情報に強く、関東にある病院の約40%の求人情報を扱っています。また専任のコンサルタントが応募書類作成のアドバイスや、面談の同行をしてくれるなどサポート面も充実しています。

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアは、転職最大手リクルートグループの医師転職に特化した転職エージェントで、組織力を活かした豊富な情報量が特徴です。

求人情報は全国をカバーしています。

成功事例やQ&Aなどの情報も豊富で、全国の病院勤務医からの支持率83%という、非常に高いユーザー満足度を得ています。

遠方や忙しくて時間を作れない方でも、エージェントが出張面談で指定の場所まで会いに来てくれるので、好きな時間に相談ができます。

非常勤の求人情報も多く、非常勤のアルバイトで時間や収入に余裕を持ちたい人におすすめの転職サイトです。

無料登録するだけで非公開求人の情報を見ることができるので、求人情報を収集したい時は、まずこのサイトに登録してみるのもいいでしょう。

マイナビDOCTOR

マイナビDOCTORは、非公開求人を含め全国の求人を約20000件扱っており、このうち約70%が首都圏に集まっています。

また他の医師向け転職エージェンと比べ、産業医などの企業求人が充実しています。

サポート面も充実しており、十分な教育を受けたキャリアパートナーが専任となるので、転職が初めての人も安心して転職活動を行えます。さらに転職後のアフターフォローとしてフリーダイアルも用意されています。

首都圏で転職をお考えの方、転職が初めての人は、マイナビDOCTORをおすすめします。

まとめ

このように、勤務医と一口に言っても、年代・診療科・職場によって年収は異なります。しかし、勤務医は総じて平均的な会社員と比較すると高年収です。

さらに開業・転職・アルバイトなど、収入を上げる手段・選択肢も多くあります。年収を上げたい勤務医の方は、一度転職エージェントに相談してみることをおすすめします。