歯科医師の平均年収はいくら?種類別・業種別の歯科医師の年収も紹介

患者数が高止まりし、年収も高いまま推移している医師に比べ、歯科医師は平均年収が低いと言われています。

口腔衛生の意識が高まって虫歯が少なくなった現代では、患者数の増加が見込めず、歯科医師間の競争が激しくなっているためです。

これから歯科医師になろうとしている人、現職の歯科医師として今の年収に疑問を抱いている人は「歯科医師の平均年収はいくら?」「今後の展望は?」などと気になることでしょう。

こちらの記事では、歯科医師の年収について詳しく解説していきます。性別や年代、勤務場所、科目別に歯科医師の年収を分析し、よくある質問にも答えていきます。

最後におすすめの転職エージェントも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

【男女・年代別】歯科医師の平均年収

はじめに、男女別・年代別に歯科医師の平均年収を解説します。厚生労働省「賃金構造基本統計調査」を基に、歯科医師の平均年収を独自に分析しました。

男性歯科医師の年代別平均年収

男性歯科医師の年代別平均年収は以下の通りです。

年代平均年収
20代242万1350円
30代626万6350円
40代1032万6850円
50代1082万3550円
60代850万6800円

20代の年収は決して高くありませんが、30代に一気に水準が上がります。40代・50代では年収1000万円を超える歯科医師も少なくありません。

ちなみに、男性歯科医師全体の平均年収は766万8980円で、医療・福祉業界では高めの水準です。ただし、男性医師全体の平均年収1089万5400円と比べると年収は低めです。

女性歯科医師の年代別平均年収

女性歯科医師の年代別平均年収は以下の通りです。

年代平均年収
20代215万8550円
30代680万2800円
40代830万3500円
50代913万450円
60代582万2400円

男性歯科医師と同様に、30代から年収が一気に上がる傾向にあります。基本的に、女性歯科医師の年収は男性歯科医師よりも低めで、30代のみ女性歯科医師の年収が上回っています。

女性歯科医師全体の平均年収は644万3540万円で、女性医師の平均年収922万9900円に比べると低めです。これは、男性歯科医と男性医師の年収を比較した時と同じ結果です。

【勤務場所別】歯科医師の平均年収

次に、勤務場所別の歯科医師の平均年収について解説します。科目に拘わらず、歯科医師の年収は勤務場所によって大きく異なる傾向があります。

こちらで比較するのは、以下の4形態の歯科医師の年収です。

  • 勤務医
  • 開業医
  • 国立病院
  • 公立病院

データは令和元年「第22回医療経済実態調査」(厚生労働省)をもとにしています。

勤務医の歯科医師

勤務医として働く歯科医師の場合、勤めている場所によって平均年収は大きく異なります。歯科医師の勤務先は、大きく分けて「一般病院」と「歯科診療所」の2つです。

それぞれの歯科医師の年収を比較した結果は以下の通りです。

勤務先平均年収
一般病院1210万281円
歯科診療所590万864円

一般病院と歯科診療所では2倍以上、600万円以上の年収差があります。同じ勤務医の歯科医師でも、年収は同水準ではないようです。

開業医の歯科医師

開業医の場合、院長である歯科医師の平均年収は1421万円1878円です。一般病院に勤める歯科医師よりも高く、歯科診療所に勤める歯科医師の年収とは800万円以上の差があります。

歯科医院は競争率が高く、成功するには十分な準備と努力が必要ですが、経営が軌道にのれば年収1000万円を超えることは難しくないでしょう。

人気の歯科医院を経営する歯科医師の中には、年収2000万円以上の歯科医師も存在します。

国立病院の歯科医師

ここまで、勤務医と開業医である歯科医師の年収の違いを解説してきましたが、ここからは国立病院と公立病院の場合を見ていきましょう。

国立病院に勤務する歯科医師の場合、平均年収は1390万1326円です。国立病院は一般病院に含まれますが、一般病院に勤める歯科医師全体の平均よりも年収は高くなっています。

公立病院の歯科医師

公立病院に勤務する歯科医師の場合、平均年収は1328万4659円です。国立病院勤務の歯科医師と比べて、そこまで大きな年収差はありません。

同じ一般病院に含まれる医療法人勤務の歯科医師の年収は800万円前後なので、国立病院・公立病院の歯科医師の年収は比較すると高水準です。

【科目別】歯科医師の平均年収

ここからは、科目別に歯科医師の平均年収を比較・解説します。科目は大きく分けて以下の4つです。

  • 一般歯科
  • 歯科口腔外科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科

一般歯科

一般歯科とは、歯科口腔外科・矯正歯科・小児歯科のような特殊な治療ではない、通常の治療(虫歯や歯周病など)を指します。

実は、一般歯科の歯科医師の平均年収は前項で説明した「年代別平均年収」や「勤務場所別平均年収」と傾向は同じです。その理由は、一般歯科の歯科医師の数にあります。

厚生労働省の「平成30年(2018年)医師・歯科医師・薬剤師統計の概況」によると、歯科医師の総数10万1777人のうち、一般歯科の歯科医師は全体の87%(8万8595人)を占めています。

ほとんどの歯科医師が一般歯科で働いているため、歯科医師全体の統計を取ると一般歯科の平均年収でほぼ説明できるのです。

歯科口腔外科

歯科口腔外科で働く歯科医師は、腫瘍やのう胞など、一般歯科以外の外科的治療を行います。歯科口腔外科の歯科医師の平均年収は、1000万円前後です。

歯科口腔外科医の数は一般歯科に比べて圧倒的に少なく、全体のわずか4%(4163人)しかいません。歯科口腔外科専門の歯科医師は常に不足している状況です。

歯科口腔外科の歯科医は貴重な存在のため、歯科口腔外科の歯科医師の年収は比較対象の4診療科の中で最も高額です。

矯正歯科

歯並びを整える矯正歯科の歯科医師の平均年収は、約700万円と言われています。

歯科医の中では平均的な年収ではあるものの、非常に地域差がある科目です。それは、矯正歯科治療が保険適用外であることと関係があります。

地方ほど自費で矯正にお金をかける患者は少なく、都市部の方が患者数が多いため、矯正歯科医の年収も高い傾向にあります。

全体の平均年収は約700万円ですが、内実をみると、都市部の矯正歯科医の年収は高く、地方は低い傾向があります。

小児歯科

小児歯科の歯科医師の年収は650万円前後であることが多いです。一般歯科の歯科医師と比べ、そこまで大きな差はありません。

小児歯科専門の歯科医師数は最も少なく、歯科医師全体のわずか2%(2027人)です。

ただし、子供は一般歯科でも治療が可能で、あえて小児歯科に通う患者は限られます。小児歯科のみで特別高い年収を得ている歯科医師は少ないのです。

歯科医師の年収についてよくある質問

ここまで、歯科医師の年収について詳しく解説してきました。歯科医師の年収の実態をご理解いただけたところで、歯科医師の年収についてよくある質問に回答します。

ここで取り上げる質問は以下の4つです。

  • 歯科医師の年収は今後下がるのか
  • アメリカや韓国、その他海外での歯科医師の平均年収
  • 歯科医師の研修医の給料について
  • 歯科医師の開業は失敗しやすいのか

気になっていた人は、ぜひ参考にしてください。

歯科医師の年収が今後下がるって本当?

歯科医師の年収が下がる可能性は大いにあります。

冒頭で述べた通り、歯磨き習慣が根付いた現代では、虫歯や歯周病になる患者は減少傾向にあります。

様々な「予防医療」を普及させて収益を上げる病院と比べて、歯科の世界で予防は「歯磨き」がほとんどのため、収益に繫がりません。

少子化が進む中では、児童生徒の歯科検診をする「学校歯科医」の需要も減少するのが確実で、歯科医師には新たな収益源が必要です。

そこで、高齢者の口腔環境を改善して身体全体の健康を維持する「オーラルフレイル対策」に注目が集まっています。

歯がなくなったり、嚙む力が弱くなったりして口腔環境が悪化すると、歯茎から血液中に毒性のある物質が流れ込んで心臓病などを発症するリスクが高まります。

オーラルフレイル対策は、嚙む力のトレーニングや歯磨き指導を通じて「口の中から予防医療」に取り組む考え方で、歯科医師の役割が期待されています。

つまり、オーラルフレイル対策が普及するかどうかで、歯科医師の年収が下がるか、上がるかが左右されるのです。

もう一つ、重要な観点が「歯科医師の政治力」です。

診療報酬の決定に大きな力を発揮している日本医師会に比べ、日本歯科医師会などの歯科医師団体はこれまで、国の政策決定に大きな力を発揮できていませんでした。

歯科医師に有利な医療制度を構築するために、政治力を高められるかも、今後の課題です。

アメリカの歯科医師の平均年収っていくら?韓国ではどう?

アメリカのUSニューズ&ワールド・レポートが発表した「2020 BEST JOBS」で、歯科医は医療分野における最高の職業に選ばれています。

平均年収は公表されていませんが、アメリカの歯科医の年収中央値は15万1850ドル(1500万円)と発表されています。

韓国も歯科医師の立場は高く、平均年収は1000万円以上と言われています。日本に比べると、海外の歯科医師の年収は高い傾向にあるのです。

歯科医師の研修医の給料っていくら?

歯科医師は最低1年間、臨床研修医として働きます。歯科医師の研修医の給料は月給15万円~20万円が一般的で、歯科研修医の給料は高くありません。

職場によって給料は異なりますが、医師の研修医(月給30万円程度)と比べると少ない傾向にあります。

研修医時代は生活が苦しかったと言う歯科医師も多いです。

歯科医院の開業は失敗しやすい?

歯科医師が開業に失敗しやすい特別な事情はありません。ただし、今やコンビニよりも多いと言われる歯科医院の開業には、入念な準備が必要です。

資金不足の状態で多額の設備投資をしたり、経営の知識が足りず長続きしない歯科医師は非常に多いです。

激しい競争を勝ち抜くには、開業場所や患者の集め方、他の歯科医院との差別化など課題が尽きません。年収をアップさせる目的で開業する歯科医師もいますが、慎重な判断が必要です。

年収を上げたい人が必ずやるべきこと

歯科医にかかわらず、現在の年収に満足していない方は多いのではないでしょうか。現状を変えるべきだと分かっていても、何から始めるべきか悩む方がほとんどです。

ここでは、年収を上げたいと思っている歯科医師がやるべきことを紹介します。

転職エージェントに相談して転職する

年収を上げたい歯科医師が必ずやるべきことは、転職エージェントのサポートを受けて転職活動を進めることです。

「転職活動なら自分だけでもできる」と考える人も多いですが、自分1人で転職活動を進めるのはおすすめできません。

個人で集められる情報には限りがあり、年収や職場の雰囲気など詳細を調べるのは難しいからです。

転職のプロである転職エージェントを利用すれば、手に入る情報量は圧倒的に多くなります。書類添削や面接対策などの転職支援サポートも無料で受けられて便利です。

これからおすすめの転職エージェント3社を紹介します。転職を検討している人は必ず1つは登録しておきましょう。

できるだけ早く希望の求人を見つけたい人は、3社すべての利用がおすすめです。

おすすめの転職エージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

利用者満足度の高さを評価されているのが、株式会社パソナが経営するパソナキャリアです。

利用者に対する親身なサポートが特徴で、オリコン顧客満足度調査で2019年・2020年の2年連続総合第1位を獲得しています。

求人紹介はもちろん、パソナキャリアが独自に入手した企業情報の提供、応募書類の添削、面接対策まで行ってくれるので、初めての転職の人でも安心です。

公開求人数(2020年7月26日時点)は27,321件と、他社と比べて特に多いわけではありません。ただし、利用者の年収アップ率は67.1%と高水準で、求人の質が高いと言えます。

公開求人の6割以上が正社員求人なので、正社員で働きたい人にも向いている転職エージェントです。

登録する(無料)

おすすめの転職エージェント②リクルートエージェント

リクルートエージェント

圧倒的な求人数が魅力のリクルートエージェントは、知名度が高く、利用者数も多い転職エージェントです。

公開求人数95,832件、非公開求人数は108,770件(2020年7月26日時点)と、業界トップクラスの求人数を誇ります。

転職が成功するかは、有益な情報をどれだけ得られるかにかかっています。リクルートエージェントなら、幅広い分野から希望の求人を探すことが可能です。

全業界・全職種の求人がそろっているだけではなく、利用者の年収アップ率も62.7%と高い割合です。年収アップしたい人は利用して損はありません。

転職支援実績No.1の転職エージェントです。長年のノウハウを活かした転職支援サポートをぜひ体験してみてください。

登録する(無料)

おすすめの転職エージェント③ランスタッド

ランスタッド

外資系の求人に興味がある方には、オランダ生まれの総合人材サービス企業ランスタッドがおすすめです。

ランスタッドはハイクラス求人に強く、年収800万円以上の人から支持される傾向にあります。年収アップに成功した利用者も多く、給与交渉にも長けた転職エージェントです。

公開求人数は6,258件と決して多くはありませんが、外資系企業とのコネクションに強みがあり、独占求人の数は他社にも負けていません。

大手外資系企業の求人も多く、これまでの経験を活かしてキャリアアップをしたい方におすすめです。

さらに、帰国子女など外国語が堪能なコンサルタントが多く在籍しているので、英文レジュメを添削してもらえるのは大きなメリットです

登録する(無料)

年収を上げたいなら早めに転職のプロに相談を

この記事では歯科医師の年収について解説してきました。歯科医師に限らず、年収アップのために転職を検討している人は多いでしょう。

転職を成功させるためには、転職エージェントのサポートが不可欠です。自分の力だけでは、集められる情報に限界があります。

年収を上げたいのであればなおさら、1人で転職活動を進めるべきではありません。紹介した転職エージェントを必ず活用し、年収アップを叶えられる転職先を見つけましょう。