ゴールドマンサックスの年収を年代・職種・役職別に徹底調査!転職を成功に導く方法も

ゴールドマンサックス

ゴールドマン・サックス証券株式会社は世界有数の証券会社で、アメリカに本社を構えています。日本の拠点は東京の六本木にあります。

年収が高いと評判で、転職を考える人は多いでしょう。この記事では、ゴールドマン・サックス証券株式会社の年収を社員・元社員の口コミを基に徹底検証します。

年代・職種・役職・学歴別の相場に加えて、職場環境の評判や転職を成功に導く方法も紹介します。転職をお考えの方はぜひ参考にしてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントおすすめランキング【600人の評判を比較】

ゴールドマンサックスの年収は?年代・職種・役職・学歴別まとめ

金融業界への転職を考えるなら、世界的に知名度の高いゴールドマン・サックス証券株式会社の年収は気になるところです。

ここでは、ゴールドマン・サックス証券株式会社の年収を年代・職種・役職・学歴別に詳しく検証します。年収ランキングの順位も紹介します。

ゴールドマンサックスの平均年収

ゴールドマン・サックス証券株式会社は日本で上場していないため、有価証券報告書がなく正確な年収が公表されていません。

このため、社員の口コミを基に推定平均年収を算出しました。口コミの総数が多くはないため、あくまで参考値としてお考え下さい。

年棒とボーナスを含めた年収を口コミサイトで公開している66名の情報から平均を出しました。

この計算方法によると、ゴールドマン・サックス証券株式会社の推定平均年収は1773万円です。解答者の年収範囲は、550万円~1億円です。

国税庁の「平成30年度民間給与実態統計調査」では、民間企業従業員の平均年収は441万円です。

ゴールドマン・サックス証券株式会社の推定平均年収1773万円は、民間企業の平均年収の4倍です。

推定平均年収が非常に高いことが分かり、口コミサイト解答者の最低額550万円も民間企業の平均を上回っています。

ゴールドマンサックスの年収・年代別

ゴールドマン・サックス証券株式会社の年代別年収を検証します。下の表は新卒入社の社員を対象に、口コミサイトを基に年収事例をまとめたものです。

年代年収事例
20代
  • 800万円:男性、テクノロジー
  • 1100万円:男性、セールス
  • 700万円:男性、アナリスト
  • 750万円:女性、アナリスト
  • 1300万円:男性、マーケター
  • 700万円:女性、バックオフィス
30代
  • 1800万円:テクノロジー、VP、男性
  • 4800万円:アナリスト、男性
  • 1億円:トレーディング、VP、男性

20代で職種によってすでに年収に差が出ています。口コミによると、実力主義で年齢や職種は関係なく、個人の成績によって差がついているとの声が多いです。

30代以降は中途入社が多く、さらに年収事例の投稿が少ないものの、20代よりも年収の差が広がっていることが分かります。

VPは役職名ヴァイスプレジデントの略称です。役職別年収の項目で詳しく触れます。

新卒入社で1年目の場合は、年棒は500万~900万円でボーナスは個人の成績に左右されます。入社して2~3年はボーナスは少ない一方で、成績が良い社員は入社1年目で1000万円に届く人もいます。

ゴールドマンサックスの年収・職種別

次に、ゴールドマン・サックス証券株式会社の職種別年収を検証します。下の表は口コミサイトをもとにした年収事例です。

職種年収事例
営業
  • 1100万円:男性、在籍3年未満
  • 4800万円:男性、在籍3年未満
  • 2000万円:男性、在籍3~5年
  • 2100万円:女性、在籍3~5年
  • 4500万円:男性、在籍3~5年
投資銀行
  • 900万円:男性、在籍3年未満
  • 3000万円:男性、在籍5~10年
  • 2000万円:男性、在籍10~15年
証券
  • 1300万円:女性、在籍3~5年
  • 2000万円:男性、在籍5~10年
  • 4000万円:女性、在籍5~10年
エンジニア

(あらゆる業務の情報システムを担当)

  • 950万円:男性、在籍3~5年
  • 1500万円:男性、在籍3~5年
管理
  • 700万円:男性、在籍3年未満
  • 900万円:男性、在籍3~5年
  • 1500万円:男性、在籍5~10年
オペレーション

(業務統括)

  • 750万円:女性、在籍3年未満
  • 770万円:男性、在籍3~5年
  • 900万円:男性、在籍5~10年
バックオフィス

(経理・人事などの企業運営を管理)

  • 800万円:男性、在籍3年未満
  • 700万円:女性、在籍3年未満
  • 1400万円:女性、在籍5~10年
  • 3000万円:男性、在籍5~10年

職種によって多少基本給の差はありますが、差が大きくつくのはボーナスです。ボーナスは、主に個人の成績と会社の業績で決まります。

営業や投資銀行・証券は個人の成績が良いと、年棒を上回るボーナスが出るので年収が高い傾向があります。

一方、バックオフィスなどの個人の成績が数字で現れにくい職種は営業などに比べ、ボーナスは抑えられる傾向にあります。

ゴールドマンサックスの年収:役職別

ゴールドマン・サックス証券株式会社の役職別年収を検証します。下の表は口コミサイトをもとに推定年収をまとめたものです。

役職推定年収
マネージングディレクター5000万円~数億円
ヴァイスプレジデント3000万円~1億円
アソシエイト2000万円~3000万円
アナリスト700万円~2800万円

個人の成績によって年収が決まるので、同じ役職でも年収の幅が大きいです。ヴァイスプレジデント、マネージングディレクターになると年収1億円に届く社員が出てきます。

2012年に週刊現代が特集した「日本の大金持ち1000人」によると、ゴールドマン・サックス日本法人の社長である持田社長の年収は8億円で、ランキングでは48位でした。

ゴールドマンサックスの年収はランキングで何位?

ゴールドマン・サックス証券株式会社の推定平均年収1773万円は、他の企業と比べて高いのでしょうか、低いのでしょうか。

ダイヤモンド社が2020年8月に発表した「年収が高い会社ランキング2020」にゴールドマン・サックス証券株式会社の推定年収をあてはめると、1000社中3位に相当します。

順位企業名平均年収
1イー・ギャランティ2413万円
2キーエンス1839万円
ゴールドマン・サックス証券株式会社1773万円
3ヒューリック1761万円
4三菱商事1632万円
5東京放送HD1622万円
15野村HD1314万円

ゴールドマン・サックス証券株式会社の年収水準は、国内トップクラスであることがランキングから分かります。

上場している同業他社と比較してもトップに位置しています。

ゴールドマンサックスに高年収で転職する方法

ゴールドマン・サックス証券株式会社の推定年収は国内トップクラスで、年功序列ではなく完全実力主義なので、特に若い人には転職先としてとても魅力的です。

ここからは少しでも有利な条件で転職するために、中途採用情報、転職難易度、必要とされる学歴、転職を成功に導く方法を説明します。

ゴールドマンサックスの中途採用情報は?

キャリア採用の場合は、ゴールドマン・サックスのグローバルサイトにアクセスしてArea欄で日本を選択すると募集職種を確認できます。

2020年10月時点では下記の職種を募集しています。証券、人事、エンジニア、管理、オペレーションなどの職種です。

  • Merchant Banking Division,Middle Office,Analyst/Associate
  • Human Capital Management,Diversity and Inclusion Team
  • Network Engineering Software Developer-Site Reliability Engineering
  • Research Analyst,Vice President
  • Global Investment Research,Equity Research,Banks & Brokers,Associate
  • Operations,Regulatory & Control Ops Subdiv – Tac Processing Ops,Analyst
  • Global Market,Equities,Securities Lending,Associate
  • Security Engineer-Technology Risk
  • Operations,Treasury Services Change Management,Associate/VP

求められるスキルは、高いコミュニケーション能力、分析力、組織力、中国語、ビジネスレベルの英語、グローバルな環境やチームで働いた経験などです。

ゴールドマンサックスの転職難易度は?

大手転職サイトdodaの「転職人気企業ランキング2020」では、ゴールドマン・サックスは300社中81位です。業界別ランキングでは3位に入っています。

ランキングのゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングスは、下記の3社から構成されています。

  • ゴールドマン・サックス証券株式会社
  • ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社
  • ゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパン有限会社

<転職人気企業ランキング2020>

順位企業名
1トヨタ自動車
2グーグル
3ソニー
4楽天
5Apple Japan
6アマゾンジャパン
7全日本空輸(ANA)
8パナソニック
9サントリーホールディングス
10ソフトバンク
80村田製作所
81ゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングス

<金融 業界別ランキング>

順位企業名
1マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン
2三菱UFJ銀行
3ゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングス
4オリックス
5日本銀行

ランキングやネームブランド、国内トップクラスの年収を得られることから転職先として常に人気があり、転職難易度は高いことが予想されます。

ゴールドマンサックス社員の学歴は?

ゴールドマン・サックス証券株式会社は、入社するのに高い学歴が求められるのでしょうか。

新卒で採用実績のある大学は、下記の通りです。

大学名
国立大学東京大学、東京工業大学、一橋大学、京都大学、筑波大学、横浜国立大学、お茶の水女子大学、大阪大学、神戸大学、名古屋大学、東北大学、九州大学など
私立大学慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、国際基督教大学、中央大学、青山学院大学、立教大学、学習院大学、日本女子大学、東京女子大学、津田塾大学、同志社大学、立命館大学、関西学院大学、東京理科大学など

国立大学も私立大学も知名度のある、偏差値の高い大学を卒業した社員が多いです。ゴールドマン・サックス日本法人の持田社長は慶應義塾大学出身です。

ゴールドマンサックスへの転職を成功に導く方法

ゴールドマン・サックス証券株式会社の年収は国内トップクラスで、同業他社と比較しても非常に高い水準です。転職先としても非常に魅力的で、人気が高いでしょう。

求められるスキルを見ても、難関大学を卒業して日本のみならず世界規模で様々な経験を積んできた人たちがライバルとなる可能性が高いです。

転職難易度が非常に高いことを覚悟する必要があります。ゴールドマン・サックス証券株式会社への転職を成功に導くためには、転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職エージェントに登録すれば、業界に精通した経験豊富な担当者がアドバイスをくれたり、転職に有利となる情報をもらえたり、条件の交渉をしてもらえます。

ゴールドマン・サックス証券株式会社への転職におすすめなのは、ハイクラス求人を豊富に取り扱っている、あるいはヘッドハンターからスカウトがくる転職エージェントです。

スカウトで紹介される求人は非公開求人で、好条件のものが多いです。ここからは、「キャリアカーバー」「クライスアンドカンパニー」「ビズリーチ」「ランスタッド」の4社を紹介します。

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーはリクルートが運営する転職サービスで、ハイクラス求人に特化しています。

自分のレジュメを匿名で登録し、レジュメを見たヘッドハンターからスカウトが届くシステムです。

スカウトを待つだけでなく、担当コンサルトを選んで相談したり、自分で案件を探して応募することもできます。

2020年10月時点で54000件以上の求人を閲覧できます。全求人が年収600万円以上のハイクラス求人です。

Twitterでもキャリアカーバーを評価するツイートが多く見られます。

2020年10月時点でキャリアカーバーに金融関連の求人は4000件以上掲載されています。ゴールドマン・サックス証券株式会社など、個別の社名は会員登録(無料)をしないと閲覧できません。

非公開案件もヘッドハンターがスカウトで紹介してくれるので、非公開案件でゴールドマン・サックス証券株式会社の求人を保有している可能性もあります。

クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーは、年収800万円以上のハイクラス求人を扱う転職エージェントです。

2020年10月時点で公開しているハイクラス求人は3100件以上、非公開のハイクラス求人は7100件以上です。

所属コンサルタントたちは、キャリアコンサルタントの国家資格を保有しており、30代マネージャークラス以上のサポートに強いです。

クライスアンドカンパニーについての口コミでは、コンサルタントの対応が丁寧との声が多いです。

  • コンサルタントさんが丁寧で安心できました。面談したその日のうちに求人を紹介してもらえたので対応が早いです。
  • コンサルタントの方が話を引き出すのが上手く、とても話しやすかったです。条件が少し厳しいところでも交渉してもらえました。
  • 有名な企業の魅力的な求人を紹介してもらえました。

2020年10月時点でゴールドマン・サックス証券株式会社の公開求人はありませんが、非公開求人を保有している可能性があります。

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチはハイクラス向け転職エージェントで、優良企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。

管理職や幹部などの求人案件があり、年収1000万円以上の求人が全体の約30%以上を占めています。2020年10月時点で公開求人数は95000件以上にのぼります。

ビズリーチに関する口コミを集めました。スカウトメールを評価する声が多いです。

  • 頻繁にスカウトメールが届くので困らなかった。年収1000万円以上の求人もたくさんある。
  • 年収600万円以上の条件の良い求人が多くキャリアアップしたい人には最適。
  • ハイキャリアの転職先がたくさんあったので、多くの選択肢の中から比較検討できたのが良かった。自分に合うスカウトメールが届くのもありがたい。

2020年10月時点で、金融関係の求人は2600件以上掲載されています。ゴールドマン・サックス証券株式会社の求人があるかどうかは、会員登録(無料)をしないと閲覧できません。

非公開求人も多数あるので、非公開求人でゴールドマン・サックス証券株式会社の求人を有している可能性もあります。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは世界最大級の外資系総合人材サービス会社です。外資系企業の求人に強く、ハイクラス求人を中心に保有しています。

保有求人の約80%が非公開求人で、特に年収800万円以上の案件を多く抱えています。

39ヵ国に4700以上の拠点があり、国際ネットワークを持っているので外資系企業や海外への転職に強いです。

ランスタッドに関する口コミには、求人の質が良いとの声が多いです。

  • 対応が早く、連絡が来るのも早かった。待遇・年収も良い条件の求人が揃っていた。
  • 希望に合った求人を紹介してもらえた。企業には経験を売り込んでくれたり、交渉をいろいろしてもらえた。
  • 外資系企業の求人が豊富だった。サポートも万全で安心できた。

2020年10月時点ではゴールドマン・サックス証券会社の求人は公開されていませんが、非公開求人で保有している可能性があります。

ランスタッドの公式サイト

ゴールドマンサックスの年収や評判をもっと詳しく!2chやSNSも調査

ここまで、ゴールドマン・サックス証券株式会社の年収や高年収で転職する方法を詳しく説明してきました。

転職を決める前にまだ気になる点が残っています。それは、年収や職場環境に関する評判です。社員の口コミで詳しく見ていきます。

ゴールドマンサックスの年収に関する評判

ゴールドマン・サックスの年収に関する口コミを集めました。

  • 他社に比べて給料の上昇率が良い
  • 基本給は他社と同じくらいではないかと思うが、ボーナス部分は個人のパフォーマンスでかなり変動する
  • 業績を達成できれば収益の10%以上をボーナスで還元されるのでモチベーションが上がる。一方で業績に関してはとてもシビアで厳しい面もある
  • 個人の成績が良ければ新卒でも年棒700万円、ボーナス1500万円も普通。役職が上がると倍に増えていく
  • 実力主義で努力すれば給料で返ってくる
  • 給与は良いと思う。業界最高レベルと言われている
  • MBAなどの資格保有者の待遇がとても良い。資格保有者であれば高い給与を貰え、年収2000万円~1億円の人も多数存在する

ゴールドマン・サックスは年功序列ではなく実力で年収、特にボーナスが決まります。厳しい面もありますが、年収の高さを評価する声が多く見られました。

ゴールドマンサックスの職場環境に関する評判

ゴールドマン・サックスは激務との噂があります。職場環境に関する社員の口コミを集めました。

  • 常に周りと戦わされている。競争が激しい
  • 帰宅後や週末でもメールを確認しないといけないので業務時間がとても長い
  • オフィスに事務やコーヒー店が併設されていて、オンオフのメリハリがつけられる
  • 有給は取りやすく、取っていないと上司から取るように言われる。2週間ほど連続でも取れる
  • 役職がアナリスト、アソシエイトの場合はプライベートの時間はとても制約される。その上の役職になっても会食等で約14時間勤務になる
  • 自分の仕事さえ終われば18時前に帰ってもいい。ただ18時に帰れることはめったになく大体が21時退勤になる
  • よく働いてよく遊ぶ社員たちが多い。付き合いが少なく、自分の仕事をきっちりやっていればいい社風。とにかく自分次第

部署によっては長時間労働、帰宅後や休日も家で仕事をしなければいけない、激務のところもあるようです。

一方、長期間の有給休暇を取得しやすく、社員同士の付き合いがプライベートに及ぶこともないため、オンオフのメリハリがつけやすいとの評価も見られます。

ゴールドマンサックスの年収まとめ

ゴールドマン・サックス証券株式会社の推定平均年収は民間企業の4倍で、国内の同業他社の中でもトップクラスの年収です。

年功序列ではなく実力で年収が決まり、良い結果を出して役職が上がれば億単位の年収に到達できるので転職先として人気が高いでしょう。

積極的に中途採用を行っていますが、求められるスキルレベルは高く転職難易度は高いです。

ゴールドマン・サックス証券株式会社への転職を成功に導くには、ハイクラス求人を多く抱える転職エージェントに登録することが1番の近道です。

この記事でご紹介した「キャリアカーバー」「クライスアンドカンパニー」「ビズリーチ」「ランスタッド」は満足度が高い優良な転職エージェントです。

この4社を上手に活用してぜひ転職を成功させてください。