介護福祉士の年収は?地域別平均値・給料を上げる方法・今後の展望も解説!

介護福祉士として働く人の中には、「働きに見合った給料を貰えていない」「働いている施設の給料が低い」などの不満を抱いている人も多いのではないでしょうか。

年収が適正かどうか判断する基準の1つは平均年収で、介護福祉士の年収は働く地域や職場などによって異なります。

この記事では、介護福祉士の年収を地域別や職場別に紹介するほか、介護福祉士が年収を上げる方法や、今後の年収の展望など、気になる給料の情報を紹介します

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する
STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る

担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する

転職エージェントマニュアル 転職エージェントとは?最高の転職を実現するための完全マニュアル

介護福祉士の年収は?平均・中央値・地域別・職場別に徹底調査!

現役の介護福祉士や介護福祉士になりたい人にとって、「介護福祉士の年収はどのくらいなのか」は気になる問題です。

ここでは、介護福祉士の年収を平均値や中央値に加え、地域別や職場別など、さまざまな観点から紹介します。

介護福祉士の平均年収・中央値

厚生労働省の令和2年度介護従事者処遇状況等調査によると、介護福祉士の平均給与額は338,340円です。年収に換算すると400万円ほどと推測されます。

年収400万円という数字を聞いて、「自分の年収よりずっと高い」と驚いた人も多いのではないでしょうか。

年収400万円はあくまでも平均です。極端に年収の高い人のデータを含んでいるため、実際にこの額の給料を貰っている人が多いわけではないのです。

そこで、働く人を年収順に並べた時にちょうど真ん中に来る「中央値」を確認してみましょう。

厚生労働省の令和元年賃金構造基本統計調査によると、福祉施設介護員の月給の中央値は男性が23万8,000円、女性が21万7,000円で、平均と10万円ほどの差があります。

このデータには介護福祉士の資格を持っていない人も含まれているため、介護福祉士のみの中央値よりは低いと思われますが、こちらの方がより実態に近い年収と推測されます。

介護福祉士の給料は高い?安い?

国税庁の民間給与実態統計調査によると、日本の給与所得者の年収は平均441万円で、介護福祉士の平均年収よりも高いです。

介護福祉士の給料が他職種の平均と比べて低い理由として、介護報酬の財源が限られていることから、施設や事業所が自由に給料を上げられないことが挙げられます。

介護報酬の財源は介護保険料や公費です。限られた財源の中で施設の維持・整備に費用を使うため、人件費に割ける金額が少なくなってしまうのです。

また、介護報酬が入金されるまで3カ月ほどかかるため、施設の運営のために資金を保管してかざるを得ないことが、介護従事者の賃金が上がらない理由の1つとの指摘もあります。

一方、運営コストを減らして人件費を手厚くしている事業所もあるため、他の施設へ転職することで年収が上がる可能性もあります。

介護福祉士の年収・地域別

介護福祉士の年収は地域によっても異なります。東京などの首都圏や都市部で高く、地方では低くなる傾向があります

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、47都道府県の福祉施設介護員のうち、最も平均が高いのは東京都で、男性が月給約28万円、女性が月給約26万円です。

男性の平均月給が最も低かったのは山形県の約20万円、女性は長崎県で約19万円と、同じ介護福祉士でも月約8万円、年収換算で100万円以上の差が生じています。

これは、介護報酬の基準額が地域の物価や不動産の価格、最低賃金の金額などを考慮したうえで決定されているためです。

都市部ほど物価や不動産価格が高いため、介護福祉士の年収が高い都市部に移住したからといって生活が楽になるとは限りません。

介護福祉士の年収・職場別

介護福祉士の年収は、働く職場によっても異なります。厚生労働省の令和2年度介護従事者処遇状況等調査によると、各職場の介護福祉士の月給の平均は以下のとおりです。

職場平均月給
特別養護老人ホーム36万1,890円
介護老人保健施設33万8,920円
介護療養型医療施設30万6,420円
介護医療院31万2,600円
訪問介護事業所30万6,760円
デイサービス28万600円
グループホーム28万7,770円

給料が最も高い特別養護老人ホームと最低のデイサービスでは、月給で約8万円、年収換算で100万円以上の差があります。

介護福祉士の職場には、介護施設のほかに病院などの医療施設もあります。医療施設によって給与に差はあるものの、賞与の額が高い施設が多いのが特徴です。

介護福祉士の年収は他の資格と比較して高い?低い?

同じ介護従事者でも、介護福祉士の年収は他の資格と比べて高いのか気になる人も多いのではないでしょうか。

厚生労働省の令和2年度介護従事者処遇状況等調査によると、介護福祉士をはじめとする各資格保持者の月給の平均は以下のとおりです。

資格平均月給
介護福祉士32万9,250円
社会福祉士35万3,020円
介護支援専門員(ケアマネ)36万8,030円

社会福祉士やケアマネなどの他の資格と比較して、介護福祉士は月収が低く、年収換算でおよそ50万円の差がついています。

ただし、同じ介護系の国家資格である精神保健福祉士は平均年収350万円前後(月給約23万円)と言われることから、介護福祉士の年収が極めて低いわけではありません。

介護福祉士の年収は今後上がる?これからの展望を解説

高齢化の進展による介護需要の増加に対応すべく、国は介護職員の待遇改善に取り組んでいるため、介護福祉士の年収は今後上がることが予想されます。

国の政策の中でも、2019年10月に決定された「介護職員等特定処遇改善加算」によって、介護福祉士の年収が上がることが予想されます。

勤続10年以上の介護福祉士のうち、職場で1人以上の年収を440万円まで引き上げるか、月収を8万円以上引き上げるもので、ベテランの介護福祉士の年収が上がる可能性が高いです。

賃上げ対象は原則勤続10年以上の介護福祉士ですが、介護福祉士としての勤続年数が10年に満たなくても、事業所の判断で対象となる可能性もあります。

介護福祉士にとっては、働き続ければ年収が今後上がる環境が整備されつつあると言えるでしょう。

介護福祉士が高年収を得る2つの方法|年収400万~500万円以上も可能

介護福祉士は他の業種や職種と比較して年収が低いものの、年収400万円や500万円以上の高年収を実現させることも可能です。

ここでは、介護福祉士が年収400万円以上の高年収を実現させるポイントを2点紹介します。

介護福祉士が年収を上げる方法①介護転職のプロに相談する

介護福祉士が年収を上げたい場合、他の職場に転職すると、仕事内容は変わらなくても年収が上がる可能性があります。

他の職場に介護福祉士として転職して年収を上げるためには、介護職に特化した転職エージェントに登録し、介護転職のプロに相談するのがおすすめです。

転職エージェントを利用すれば、介護職の転職に詳しいプロが相談に乗ってくれるだけでなく、施設ホームページでは紹介されていない高年収の求人を紹介してもらえます。

ほかにも、職場の雰囲気などの求人票では分からない情報を教えてもらえたり、年収交渉をしてもらえるなど、さまざまなサービスが無料で受けられます。

介護職に特化した転職エージェントの中でも、特におすすめのエージェントを紹介します。

かいご畑

かいご畑

かいご畑は、株式会社ニッソーネットが運営する厚生労働大臣認可の介護就職支援センターです。2020年11月現在、9,775件の求人を保有しています。

かいご畑の魅力は、介護資格を持つコーディネーターがマンツーマンでフォローしてくれる点です。

非公開求人から高年収案件を紹介してくれるだけでなく、年収の交渉までしてくれるので、転職して年収を上げたい介護福祉士におすすめです。

実際に、かいご畑では以下のような求人が確認できました。

  • 有料老人ホーム(東京都) 月給25万円~ 27万円、賞与年2回
  • デイサービス(東京都) 月給20万円~28万円、賞与年2回(36万円)

無資格・未経験で働ける求人も多く、働きながら資格取得を目指す人向けのサポートもあるので、介護福祉士になりたい人なら登録して損はない転職エージェントです。

かいご畑の公式サイトかいご畑の評判と口コミについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 かいご畑 かいご畑の評判は?500人の口コミ調査の結果

きらケア

きらケア

きらケアは、レバレジーズメディカルケア株式会社が運営する介護職に特化した転職エージェントです。2020年11月現在、61,461件の求人を保有しています。

きらケアの魅力は、豊富な求人から自分の希望に合った求人を紹介してもらえる点です。

求人のうち「高給与」のカテゴリーは5,000件以上あるなど、求人数だけでなく高年収の求人も豊富です。転職して年収を上げたい介護福祉士なら登録しておきたい転職エージェントです。

実際に、きらケアでは以下のような求人が確認できました。

  • 有料老人ホーム(神奈川県) 月給30万円~33万円
  • 有料老人ホーム(大阪府) 月給29万9,000円~

職場の良い情報だけでなく悪い情報も事前に聞けるほか、面接にも同行してもらえるので、転職に不安がある介護福祉士におすすめです。

きらケアの公式サイトきらケアの評判と口コミについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 きらケア きらケアの評判は悪い?500人の口コミ調査の結果

カイゴジョブエージェント

カイゴジョブエージェント

カイゴジョブエージェントは、株式会社エス・エム・エスキャリアが運営する介護職に特化した転職エージェントです。2020年11月現在、51,883件の公開求人を保有しています。

カイゴジョブエージェントが保有する求人に加え、ハローワークの求人も閲覧できるのが特徴です。豊富な求人の中から、自分の条件に合うものを選べます。

介護職専門のキャリアパートナーが今後のキャリアを見据えてアドバイスしてくれるので、長期的な視点で高年収を目指したい介護福祉士におすすめです。

実際に、カイゴジョブエージェントでは以下のような求人が確認できました。

  • 小規模多機能施設(大阪府) 月給21万円~30万円
  • ショートステイ事業所(東京都) 月給31万1,800円~

資格取得のためのスクール「カイゴジョブアカデミー」と提携しているため、介護福祉士の資格を得て年収アップを目指す人にもおすすめです。

カイゴジョブエージェントの公式サイト

介護福祉士が年収を上げる方法②介護経験を生かして異業種に転職する

介護福祉士が年収を上げるためには、介護経験を生かして異業種に転職するのも手段の1つです。

異業種に転職したい場合は、さまざまな業種を扱う総合型の転職エージェントを利用するのがおすすめです。おすすめの総合型転職エージェントを紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営する国内大手の転職エージェントです。2020年11月現在、公開求人を28,077件保有しています。

パソナキャリアの魅力は、オリコン顧客満足度調査の転職エージェント部門で1位を獲得するほど満足度の高いサポートです。

担当者が親身に対応してくれるうえに、転職後に年収アップした人の割合が67.1%と高いため、高年収を目指す介護福祉士におすすめです。

未経験可の求人も4,500件以上と豊富で、以下の求人が確認できました。

  • IT企業(東京都) 財務スタッフ 年収400万円〜600万円
  • 不動産企業(東京都) 売買仲介営業 年収400万円~800万円

女性の転職支援に力を入れていて、女性ならではのキャリア形成を踏まえてアドバイスしてくれるため、介護福祉士から未経験で他業種に挑戦する女性なら登録して損はありません。

パソナキャリアの公式サイトパソナキャリアの評判と口コミについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 パソナキャリアの評判は?629人の口コミ調査の結果

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートグループが運営する国内最大手の転職エージェントです。

2020年11月現在、公開求人を100,718件、非公開求人を118,297件と、全国トップクラスの豊富な求人数を保有しています。

リクルートエージェントの魅力は、豊富な求人数と、豊富な支援実績によって培われた質の高いサポートです。

年収交渉などの交渉力が高い担当者が多いことから、年収アップに成功した利用者はは62.7%と高い水準にあり、年収アップを目指して他業種に転職する介護福祉士におすすめです。

未経験者でも応募可能な求人も豊富で、実際に以下の求人が確認できました。

  • ビスメンテナンス・施設管理企業(愛知県) 施設管理 年収400万円~
  • 商社(東京都) 営業 年収450万円~695万円

職務履歴書を簡単に作れるツールや、面接対策を伝授するセミナーなど、選考過程の独自のサポートも充実しているのが特徴です。

リクルートエージェントの公式サイトリクルートエージェントの評判と口コミについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 リクルートエージェントは評判が悪い?500人の口コミ調査の結果

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、外資系企業のランスタッド株式会社が運営する転職エージェントです。2020年11月現在、公開求人を8,007件保有しています。

ランスタッドの魅力は、ハイクラス向けや外資系など、高年収の求人を豊富に保有している点です。

外資系企業の求人が特に豊富なので、海外勤務に挑戦したい人や、高年収の外資系企業に転職したい人、英語を使った仕事に就きたい人などにおすすめの転職エージェントです。

未経験可の求人も約500件あり、実際に以下の求人が確認できました。

  • 社名非公開(愛知県) 総務 年収500万円〜700万円
  • 外資系半導体メーカー(神奈川県) 営業 年収450万円~1,000万円

業界専任の担当者が相談に乗ってくれるため、未経験の業種に転職して高年収を目指す介護福祉士も安心です。

ランスタッドの公式サイトランスタッドの評判と口コミについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。 ランスタッド ランスタッドの評判は?500人の口コミ調査の結果

未経験で介護福祉士を目指すなら

未経験から介護福祉士を目指す場合には、国家資格である「介護福祉士」の資格を取得する必要があります。資格は養成施設や高校で取得できるほか、実務経験でも取得できます。

養成施設や高校に通わずに介護福祉士の資格を取得するには、社会福祉施設で3年以上実務経験を積み、筆記試験に合格したうえで研修を受ける必要があります。

介護職に特化した転職エージェントの中には「介護福祉士の資格取得費用が無料になる」などのサポートを整えているところもあります。

たとえば、かいご畑は介護福祉士の受験対策講座を無料で受けられるほか、カイゴジョブエージェントでも提携先のスクールの講座が無料で受けられます。

未経験から介護福祉士に挑戦する際には、高年収の求人に出会うためにも、介護職に特化した転職エージェントの活用をおすすめします。

介護福祉士の年収まとめ

介護福祉士の年収は日本国内の平均年収と比べてやや低く、あまり高いとは言えないのが現状です。

介護報酬の制度などが年収が低い理由に挙げられますが、介護補修の改定などで今後は上がる可能性もあります。

さらに、現状でも待遇が良い施設に転職したり、異業種に転職することによって、介護福祉士でも高年収を実現することが可能です。

いずれの場合も転職先を探すためには情報収集が欠かせません。転職エージェントに登録して、転職のプロのサポートを受けながら転職先を探すことをおすすめします。

より良い転職先を探すためにも、転職エージェントは複数を併用し、自分に一番合っている転職エージェントをメインに使い、転職活動を進めるのがおすすめです。

転職エージェントを上手に活用して、介護福祉士の皆さんも高年収を実現させてください。