助産師の年収は?看護師・保健師との比較と700万円以上を目指す方法

助産師の年収がどれくらいか知りたいです。
はい。この記事では、助産師の年収やボーナス、休み事情などについて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

命の誕生という素晴らしい瞬間を間近で感じることのできる職業と言えば、助産師です。年々、助産師の数は増加しており、同じく助産師を養成する学校も増加しています。

人気のある助産師ですが、働く上できつい、大変といった声も多く聞きます。その働きに見合うだけの年収・ボーナスはあるのか、平均年収・平均ボーナスを解説していきます。

また助産師になるにはどのような学校に行けば良いか、更には助産師の年収が高い好条件の求人の探し方まで解説します。

看護師の転職成功率を上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

看護師転職サイトのランキング上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
【おすすめ】看護師転職サイトランキング!全70社の口コミ・評判比較【2019年9月最新】
  1. マイナビ看護師 ロゴ
  2. ナース人材バンク ロゴ
  3. ナースではたらこ ロゴ

助産師の年収は?きつい割に少ない?ボーナスや休み事情も解説

助産師の年収やボーナスは一体どれくらいなのか、休みは月にどれくらいか様々な情報から傾向を見ていきます。

助産師の年収は?看護師・保健師と比較

他のサイトでよく見かける助産師の平均年収ですが、国や各機関が出している正確な統計はありません。東証一部上場企業が運営している看護ルーという転職サイトの求人情報で、東京の平均的な年収を調べた結果、約468万円となりました。

もちろん、これは東京の助産師の平均年収なので、地方の勤務地や、年齢、勤続年数、役職や働いているところなどで大きく差が出てきます。

よく比較される看護師や保健師の平均年収ですが、看護師が約343万円となっており、保健師は約441万円となっています。(日本看護師協会・総務省調べ)

助産師のボーナスは?

こちらも正確な統計はないので、看護ルーの求人情報の平均ボーナス(東京都)を調べた結果、約3.45か月分となりました。

人気のあるクリニックや、福利厚生が充実している大手の病院は、ボーナスが高い傾向にあるので、年収を上げたい方は、ボーナスの実績をしっかり確認するようにしましょう。

助産師の休みは?

働く病院や産院で異なりますが、大体月に8~10日のところが多い傾向にあります。ただし、お産は重なったりすることも多く、月によって大きく変動することもあります。

助産院は、特に小規模のところだと、働く時間はまちまちであり不規則であることが多いので、それにより休みもまちまちです。

助産師が年収700万円は可能?

割合的には非常に少ないですが可能です。助産師で700万円を超える年収を目指すなら、まずは助産師としての経験値を上げること、看護師としての知識も人一倍身につけること、状況に応じた対処ができること、医師との連携、妊婦さんや家族を気遣うコミュニケーション能力、責任感があるかが求められます。

年収700万以上を貰うには毎月貰える給料が高いことが基本ですが、年に複数回あるボーナスの額も高いことも重要なので、待遇が良い会社を見つけることが大切です。

もしくは、開業して自分で助産院を経営していく方法で年収700万以上を達成する方法もあります。

アメリカの助産師、驚きの平均年収とは?

アメリカの助産師は、医師とほぼ変わりない役割を担い、責任ある立場であるとされています。仕事内容は多岐にわたり、妊婦検診や分娩の介助、局所麻酔、会陰切開などのお産にかかわる仕事から、経口避妊薬の処方、更年期ホルモン療法などの仕事をも請け負います。

また帝王切開時には、第一助手として手術した際の縫合行為もします。アメリカの助産師の仕事内容は幅広く、医師と同じような非常に責任ある仕事を任されます。

一方、日本の助産師が単独で行えることは、正常な出産の助産行為のみです。

こういったアメリカと日本の助産師では仕事内容と責任ある立場の違いから、年収にも大きく差があります。日本小児看護学会誌が発表した資料によると、アメリカの助産師の平均年収は900万となっています。

助産師になるには?助産師資格が役立つ職種2選も解説

助産師になるにはどのような学校に行くべきか?助産師になるには、助産師資格と看護師資格という2つの国家資格をとらなければいけません。

また一口に助産師といっても、その資格を活かした働き方はさまざまです。助産師以外で活躍する仕事も紹介します。

助産師になれる条件

  1. 看護師資格を取得していること
  2. 助産師資格を取得していること

助産師資格を取得するには、2つの方法がある

①看護師資格取得後、助産師養成学校に入り、助産師免許を取得する

看護師として働く中で、助産師になりたいと資格を取得する方も珍しくありません。または、二つの資格を同じ時期に勉強するのは負担が大きいという方で、まずは短大や看護専門学校などで看護師資格を取得したのち、助産師学校に入り、助産師免許を取得する方もいます

②所定の4年生大学へ進学し、看護師と助産師の2つの資格を同時取得する

看護師・助産師ともに資格を取得できれば、大学卒業後、すぐに助産師として働くことが可能となります。

看護師や助産師の資格の他にも、同時に保健師や養護教諭などの資格も取得できるなど、大学によって取得できる資格が異なるケースがあります。

しかし、その分覚えることも多く学生生活は勉強で忙しくなるでしょう。

助産師を目指せる学校

助産師養成学校や4年生大学など全て合わせると、全国で156校あります。(全国助産師教育協議会調べ)

助産師になるには、2年間で学ぶ大学院や1年間で学ぶ専攻科、専門学校など、必要な学科を修めるための選択肢がいくつか存在します。

しかし、住んでいる地域によっては、専門学校しかなかったり、大学しかなかったりと選べないこともあります。

助産師の資格が役に立つ!「保健師」「ベビーシッター」

「保健師」 安定した公務員という働き方!

保健師として市区町村や保健所などに勤務し、個別でお家に訪問して赤ちゃんの発育やママの悩みなどを聞いてサポートする仕事があります。

保健師の資格を別に取得する必要がありますが、安定した環境で落ち着いて赤ちゃんをサポートしていきたいという方には向いています。赤ちゃん以外にも、学童や青少年、高齢者など幅広い年代の方と触れ合う仕事になります。

また、先ほど紹介した助産師と保健師の年収の差は小さいので、より働きやすいという観点からは保健師を選ぶのも良いでしょう。

「ベビーシッター」 赤ちゃん・子どもとより深くかかわりたい人にはおすすめ

働く女性が増え、子どもを保育園に入れることができない「待機児童」の問題をご存知の方も多いでしょう。ベビーシッターは、その問題を解決する一つの手段になるかもしれません。

1対1でより密に関われる仕事なので、赤ちゃんや子どもが大好きな方にはお勧めです。

助産師と看護師どっちが大変?きつい?

よく比べられる助産師と看護師ですが、一概にどっちが大変・きついとは言えません。勤務する病院やクリニック、産院などで大きく変わるとともに、急性期病院か否か、お産の件数、日勤や夜勤などの働くスタイルなど、総合的に判断する必要があります。

また、大変・きついと思うポイントも人それぞれ違うので、自分の基準を再確認してみましょう。一般的には、助産師の方が年収は高い傾向にありますが、その分命と向き合う時間も多く、責任感をより求められます。

助産師の年収・ボーナスが良い好条件の求人の探し方とは

医療業界に特化した転職サービスに複数登録することで、効率よく好条件の求人を探すことができます。特に、助産師の求人数は看護師と比べると、少ない傾向があります。

あらゆる転職サービスに2つ以上登録することで、より多くの選択肢からあなたの希望条件に合う転職先を見つけだすことができます。

また、業界に詳しいキャリアコンサルタントがいる転職エージェントに登録すれば、年収やボーナスなどの条件の他、休みや働きやすさなども考慮した求人情報を、厳選して紹介してくれます。

実際に年収がアップした人の口コミを紹介しているので、登録の参考にしてみてください。

①マイナビ看護師

マイナビ看護師

マイナビ看護師では、約3万5000件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

さらに、認知度が高く、従業員数が9000人を超える大企業が運営しているので、非常に安心して利用することができます。

拠点数も多く、全国に27拠点もあるので、地方にいる方も気軽に利用することができます。

マイナビ看護師を実際に利用した人は、

27歳女性・正看護師

私の場合は経歴書添削や面接練習をしてもらえたことがメリットであったと思います。面接にも同席してもらえたのも心強かったです。

30歳女性・正看護師

企業情報がとても豊富で、メリットとデメリットを細かく教えてもらえました。看護師の企業面接の専門の方もいて、模擬面接やアドバイスをこと細かく教えてもらえました

など、希望企業への転職成功率を高めるサポートや、企業や医療機関に関する情報力を特に評価していました。

きちんと転職活動をサポートして欲しい人、安心できる会社が運営しているところが良い人は、ぜひ登録してみてください。

②ナース人材バンク

ナース人材バンク

ナース人材バンクは、掲載求人数が20万件以上もあり、年間10万人もの看護師が利用する国内最大級の転職エージェントです。

東京や大阪などの首都圏だけでなく、地方の求人も豊富に扱っているので、豊富な選択肢から選びたいという人におすすめです。

ナース人材バンクを実際に利用した人は、

面接時に同行し、給料面など相手に聞きにくい点を交渉してくれました。 経歴についても、直接看護部長に話して頂き、心強かったです。

転職を行う際の対応力の良さにはメリットがあります。こちらの都合での転職でしたが、少し難しいような案件でもすぐに対応していただけました。

など、アドバイザーの質の高さを特に評価していました。

初めて転職を行う人、たくさんの求人の中から選びたい人は、ぜひ登録してみてください。

③ナースではたらこ

ナースではたらこ

ナースではたらこは、約9万件もの求人を扱っており、業界でもトップレベルです。

他の転職エージェントとは違い、転職したい医療機関を逆指名することができるので、より満足の行く転職を実現することができます。

また、従業員数1600人を超える「株式会社ディップ」という一部上場企業が運営しているので、安心して利用することができます。

ナースではたらこを実際に利用した人は、

34歳男性・正看護師

給与面での交渉をしっかりしてもらえました。あまり期待していなかったが、年収が大幅にアップしました。

31歳女性・正看護師

企業との交渉力が強かったです。勤務中に転職を考えていて忙しかったので、とても助かりました。

など、企業との給与交渉を特に評価していました。

今よりも年収を上げたい人、転職したい医療機関がある人は、ぜひ登録してみてください。

最後に

助産師は、年収を大幅アップできる可能性があり、さらにやりがいも大変大きい魅力的な職種です。興味がある方は、これらの転職エージェントに相談し、働きやすい職場を見つけてください。

助産師の仕事について詳しく知りたい方は、以下の体験談も参考にしてください。

助産師の仕事はどのくらい大変?経験者の私がリアルな現場を紹介! 助産師12年→未経験の一般病棟看護師へ転職した私が受けた衝撃と学び