日本電産の年収は?年代・職種・役職・学歴別に徹底調査!今後給料上がるって本当?

日本電産

日本電産への転職を考えている人は「年収はいくらもらえる?」「これから給料は上がるの?」など、収入や待遇面が気になることでしょう。

日本電産は、さまざまなモーターを年間30億個以上提供しているメーカーです。

グループの2020年3月期の売上高は約1兆5,348億円、営業利益は約1,090億円です。2030年度には売上高10兆円達成の目標を掲げています。

世界中にグループ企業約300社を展開する世界No.1の総合モーターメーカーで、カリスマ経営者として有名な永守会長がいることもあり、転職市場の競争率は高いです。

本記事では、日本電産の年収や転職に役立つ情報を解説します。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

日本電産の年収は?年代・職種・役職・学歴別まとめ

日本電産の平均年収は6,157,905円で、職種や役職によっては、さらに多くの年収を得ることが可能です。

ここでは、日本電産の平均年収や年代・職種・役職・学歴別の年収について紹介します。ご自身の年収と比べてみてください。

日本電産の平均年収・平均年齢推移

日本電産の2020年3月期有価証券報告書によれば、平均年収は6,157,905円、平均年齢38.6歳、平均勤続年数9.7年です。

以下は、2015年3月期〜2020年3月期の平均年収と平均年齢推移です。

  • 2020年3月期:平均年収6,157,905円、平均年齢38.6歳
  • 2019年3月期:平均年収6,609,335円、平均年齢39.0歳
  • 2018年3月期:平均年収6,630,076円、平均年齢39.5歳
  • 2017年3月期:平均年収6,432,512円、平均年齢39.6歳
  • 2016年3月期:平均年収6,550,002円、平均年齢39.0歳
  • 2015年3月期:平均年収6,369,443円、平均年齢38.6歳

2015年3月期〜2019年3月期は、平均年収630万円〜660万円前後で推移していますが、2020年3月期に約615万円まで下がっています。

平均年齢は38.6歳〜39.6歳で推移しています。

2019年3月期〜2020年3月期で平均年収が下がっている要因として考えられるのが、従業員数の増加と利益減少による賞与の減額です。

以下は、日本電産の2018年3月期〜2020年3月期の従業員推移は、以下の通りです。

  • 2020年3月期:117,206人(27,963人)
  • 2019年3月期:108,906人(28,885人)
  • 2018年3月期:107,554人(27,657人)
    ※連結の人数です。
    ※()内は平均臨時雇用者数

上記の通り、2019年3月期〜2020年3月期で従業員数が8,300人増えています。

以下のように当期純利益は大幅に減少しています。

  • 2020年3月期:約600億8,400万円
  • 2019年3月期:約1,099億6,000万円
  • 2018年3月期:約1,308億3,400万円

2019年3月期から2020年3月期で約500億円の減少です。

このように、平均年収が下がった要因として、従業員数の増加や利益の大幅減が考えられます。

日本電産の年収・年代別

「日本電産は30代でどのくらい稼げる?」「40代の年収は?」など、日本電産の年代別年収が気になる方もいるでしょう。

日本電産は年代別年収を公表していません。ここでは、年収投稿サイトの口コミをもとに、年代別年収のモデルケースをまとめました。

  • 20代、男性、管理:年収410万円
  • 20代、男性、技術職:年収500万円
  • 30代、男性、開発:年収520万円
  • 30代、男性、技術職:年収600万円
  • 40代、男性、技術職:年収800万円
  • 40代、男性、開発:年収700万円

役職やボーナスにもよりますが、20代で年収400万円〜500万円、30代で年収500万円〜600万円、40代で年収700万円〜800万円前後の人が多く見られます。

日本電産の年収・職種別

日本電産には、開発や研究、生産技術、広報、営業、経理など、多くの職種があります。

職種別の年収は公表されていないため、年収投稿サイトをもとに、職種別年収モデルケースをまとめました。

  • 品質保証、30代、男性:年収500万円
  • エンジニア、20代、男性:年収400万円
  • 事務、20代、男性:年収480万円
  • 事務、30代、男性:年収550万円
  • 開発、30代、男性:年収600万円
  • 開発、30代、男性:年収580万円
  • 営業、20代、男性:年収400万円
  • 営業、30代、女性:年収550万円
  • 管理、30代、男性:年収600万円
  • 総合職、30代、男性:年収550万円

年収400万円〜600万円前後が目立ちます。

役職やボーナスの影響もあるので一概には言えませんが、職種による年収差はそれほど大きくなさそうです。

日本電産の年収:役職別

「主任の年収はいくら?」「課長でどのくらい稼げる?」など、役職別の年収が気になる方も多いでしょう。

公式サイトによれば、日本電産には以下の役職があります。

  • 役員
  • 部長
  • 次長
  • 課長
  • 課長代理
  • 主任・係長
  • 一般社員
    ※職種によって異なります。

役職別の年収は公表されていないので、年収投稿サイトをもとにモデルケースをまとめました。

  • 部長、年収1,200万円
  • 次長、年収1,100万円
  • 課長、年収1,000万円
  • 課長、年収850万円
  • 課長代理、年収800万円
  • 主任、年収650万円
  • 一般社員、年収500万円

これまで6段階だった絶対評価から5段階の相対評価、6ヶ月に1回から3ヶ月に1回の評価期間に変わり、成果主義の色合いが濃くなったようです。

評価でボーナスが大きく変わるため、上記年収より多く稼ぐこともできるでしょう。

ただし「頑張れば収入アップが望める」と前向きな意見がある一方で、「5段階のうち1をとってしまうと退職勧奨がある」との意見もあります。

職種によって異なる場合もありますが、課長以上の役職に就けば年収1,000万円の大台に乗るようです。

日本電産の年収:学歴別初任給

「大卒と院卒で初任給はどのくらい違う?」「高卒の初任給は?」など、学歴別初任給が気になる方も少なくないでしょう。

日本電産の新卒採用募集要項によれば、学歴別初任給は次の通りです。

  • 博士了:月給253,500円(年間4,056,000円)
  • 修士了:月給236,500円(年間3,784,000円)
  • 学部卒:月給212,500円(年間3,400,000円)
  • 高専・短大・専門卒:月給187,500円(年間3,000,000円)
    ※2019年新卒採用時点
    ※年間金額は月給×12ヶ月+賞与年2回
    ※賞与は年収投稿サイトの情報をもとに年4ヶ月分と仮定

博士了と高専・短大・専門卒では月66,000円(年間792,000円)も差があります。上記の給料に加えて、以下の諸手当も支給されます。

  • 時間外手当
  • 通勤手当
  • 勤務地手当
  • 資格手当
  • 単身赴任手当
  • 許可外保育料補助手当

新卒採用ページの採用実績校には、全国の国公私立大学・高専・短大・専門学校と記載されています。

採用実績校に高校はなく、高卒初任給は載っていません。

日本電産の福利厚生・退職金は?

日本電産は働き方改革や女性の活躍を強力に推進しているため、生活をサポートする各種福利厚生が充実しています。

主な福利厚生は、次の通りです。

  • 社員持株制度
  • 借り上げ社宅制度
  • 財形貯蓄制度
  • 勤務地手当
  • 単身赴任手当
  • 確定拠出年金
  • 確定給付企業年金
  • 産前産後休暇
  • 育児休業
  • 妊婦健診の有給
  • 配偶者の出産休暇

働きやすい環境を実現するために、以下3つの制度を導入しています。

  • 在宅勤務制度
  • 時差勤務制度
  • 時間単位年次有給制度

このように、福利厚生や制度が充実し、働きやすい環境が整っています。

退職金の情報は公式サイトに掲載されていません。年収投稿サイトなどを見ると、退職金について以下のような意見が見られます。

  • 「退職金はあるけど、金額が少ないので将来が不安」
  • 「同業他社と比べると退職金は少ない」
  • 「もらえる分にはいいが、十分な金額とは言えない」

このように、日本電産の退職金に不満を抱いている人は多いようです。

日本電産の年収は高い?低い?ランキングを調査!

日本電産の平均年収は、一般的な企業の年収と比べると高いと言えます。

令和2年9月に発表された国税庁の民間給与実態統計調査によると、日本人の平均年収は約436万円です。

日本電産の平均年収は6,157,905円(2020年3月期有価証券報告書より)なので、約180万円も高いことになります。

上場企業のうち3,242社を調査対象とした東洋経済の平均年収トップ500社とワースト500社のランキングにも日本電産の名はありません。

ダイヤモンドオンラインによる年収高い・低い1,000社ランキングも同様です。

このことから、日本電産の平均年収は決して上場企業内でトップクラスの水準ではありませんが、一般的な企業の年収と比べると高い水準であると考えられます。

日本電産へ高年収で転職する方法

日本電産へ高年収で転職する方法として、転職エージェントの利用をおすすめします。

書類添削や面接対策など、転職のプロから手厚いサポートを受けられるからです。

ここでは、日本電産の中途採用情報や転職難易度を解説した上で、日本電産へ高年収で転職する方法を解説します。

日本電産の中途採用情報は?

日本電産は自社HPで中途採用情報を公開していますが、詳細な情報は載っていません。

掲載しているのは、以下3つの情報です。

  • 応募方法
  • 選考フロー
  • 主要勤務地

応募方法は、次の3種類が用意されています。

  • エントリー:すぐに中途入社を希望する方向け
  • キャリア登録:まずは情報収集をしたい方向け
  • カムバック制度:元日本電産社員向け

選考は、書類選考後、面接を2回〜3回実施します。主要勤務地は、次の通りです。

  • 京都本社
  • 生産技術研究所
  • 中央モーター基礎技術研究所
  • 滋賀技術開発センター
  • 東京オフィス
  • 長野技術開発センター

日本電産の詳しい中途採用情報を確認したい場合は、転職エージェントのサイトを見るのがおすすめです。

大手転職エージェントのリクルートエージェントは、

  • システム開発エンジニア
  • プロジェクトマネージャー
  • 生産管理
  • 車載モーターの設計開発

など、さまざまな職種の日本電産の公開求人を取り扱っています。年収は400万円〜600万円前後が中心です。

想定年収600万円〜800万円のグローバル連結会計課長代理や、想定年収1,000万円〜1,250万円のIR担当部長の高年収案件もあります。

このように、日本電産の中途採用情報を知りたい場合は、転職エージェントのサイトを見てみてください。

日本電産の転職難易度は?

日本電産の転職難易度は高いと考えられます。転職市場において高い人気を誇り、ライバルが多いからです。

2018年6月に東洋経済オンラインが発表した「最新『社会人が転職したい会社』ランキング」によれば、6,000人を対象に調査したランキングで日本電産は94位でした。

主な企業のランキングは、以下の通りです。

  • 1位:トヨタ自動車
  • 3位:ソニー
  • 13位:リクルートホールディングス
  • 30位:キーエンス
  • 50位:ファーストリテイリング
  • 90位:ゴールドマン・サックス・ジャパン・ホールディングス
  • 94位:日本電産
  • 95位:シャープ
  • 110位:東京都庁
  • 153位:マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン
  • 264位:明治安田生命保険相互会社
  • 285位:ジェーシービー

有名企業が名を連ねる中で、日本電産は100位以内にランクインしています。

代表取締役会長永守氏のカリスマ性や、世界No.1の総合モーターメーカーとして世界40数ヵ国で事業を展開していることなどから、多くの社会人に支持される人気企業です。

そのため、転職難易度は高いです。

日本電産への転職成功率を高める方法

日本電産への転職成功率を高める方法は、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントには日本電産などの求人が集まるので、人気企業や高年収の求人を効率よく探せます。

多くのノウハウをもとに、書類添削や面接対策などの手厚いサポートも受けられるのが魅力です。

日本電産など人気企業への転職を成功させるには、企業研究や業界研究、自分を上手くPRするための書類や面接方法などを知っておくことが重要です。

しかしこれらを1人で行うのは簡単なことではありません。

転職エージェントを利用すれば、業界に精通したプロが効果的なサポートを行うため転職成功率を高めることが可能です。

ここでは、日本電産への転職活動を成功させたい人に向けて、おすすめの転職エージェント3社を紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、40年以上の歴史を持つ人材派遣会社パソナが運営する転職エージェントで、2020年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門にて1位を獲得しています。

求人件数50,000件以上、取引実績企業16,000社以上、累計25万人もの転職をサポートし、転職後の年収アップ率は67.1%です。

日本電産の公開求人は扱っていませんが、エンジニアは品質管理など、日本電産と同じような職種・年収の求人が多数見られます。

経験豊富で業界に精通したキャリアアドバイザーが、書類添削や面接対策、退職手続きのフォローなどを行うため、安心して転職活動ができます。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクナビやリクナビNEXTなど就転職サービスを手掛けるリクルートグループの転職エージェントです。

非公開求人が20万件以上と業界最大規模です。

これまでに30万人以上の転職をサポートしており、多くのノウハウを持ったキャリアアドバイザーが丁寧にアドバイスを行います。

日本電産の公開求人が10件以上あり、以下は主な職種です。

  • 設計開発
  • 生産管理
  • 社内SE
  • プロジェクトマネージャー
  • システム開発エンジニア
  • 経理

リクルートエージェントが独自に分析した業界・企業情報の提供や、面接対策などを受けられるので、転職が初めての方でも安心です。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、世界39の国と地域に4,400以上の拠点を展開する世界最大級の人材サービス企業です。

人材アウトソーシングや人事コンサルティング、転職エージェントなどの事業を手掛け、ITや金融、物流、メーカーなどの外資・グローバル企業に強みがあります。

公式サイトでは求人詳細を公開していませんが、日本電産と同じような職種・年収の求人も見られます。

転職活動を成功させるために、優秀なキャリアアドバイザーが的確なアドバイスをくれたり、親身に相談に乗ってくれます。

外資・グローバル企業に強い転職エージェントです。

登録する(無料)

日本電産の年収や評判をもっと詳しく!2chやSNSも調査

日本電産の年収や評判、噂について詳しく知る上で、SNSや口コミの確認は必要不可欠です。

SNSや口コミサイトを見れば、企業の実態を掴めることも少なくないからです。

ここでは、日本電産の年収や評判について見ていきましょう。

日本電産の年収に関する評判は?今後上がるって噂は本当?

日本電産の年収について口コミサイトを見ると、以下のようなネガティブな評判が目立ちます。

  • 「同業他社と比べると平均的な水準」
  • 「昇給が少なく、役職が上がらないと年収はほとんど増えない」
  • 「住宅手当や家族手当がない」
  • 「基本給はあまり上がらず、残業で稼ぐ」

一方で、2020年度から評価制度が相対評価になり、ボーナスに大きく差が出るようになったため、以下のようなポジティブ&期待感のある口コミも見られます。

  • 「良い評価を出せば多くのボーナスがもらえる」
  • 「頑張って成果を出せば評価されるので良いと思う」
  • 「これまではほぼ年功序列だったが、若くても大幅な収入増を狙える」

他の口コミも見る限り、評価制度の変更によって収入の格差が大きくなることが伺えます。残業代は全額支給されるようです。

「今後年収が上がる」内容の口コミ・評判は確認できませんでした。

おそらく、

  • 評価制度の変更で年収が上がる可能性がある
  • 売上高10兆円を目指して会社の規模が大きくなり、社員の収入が増える

このような期待から、一部で「年収が上がる」との噂が出た可能性があります。

年収に関して、今後良い口コミ・評判が増えることも考えられますが、現時点では決して良い評判ばかりではありません。

日本電産の職場環境に関する評判は?激務を脱却してホワイト企業に?

かつては、日本電産はブラック企業とする口コミも多かったようです。

現在は残業ゼロを目標に掲げて各種施策を実行し、働き方改革を強力に推進しています。

日本電産の職場環境に関する口コミサイトを見ると、以下のように「休みが取りやすい」「女性が働きやすい」との意見が多く見られます。

  • 「育休や産休が取れて女性でも働きやすい環境だと思う」
  • 「十分な休みを取れるのでオフが充実している」
  • 「在宅勤務制度があるので働きやすい」

日本電産は女性活躍推進プロジェクトをを設け、女性が働きやすい職場環境作りに注力しています。口コミを見ても、特に女性の良い評判は多いです。

主なサポート内容・制度は、以下の通りです。

  • 育児・介護ガイドブック
  • 産前産後・育児休業中の情報提供
  • スキルアップなど外部機関サービス
  • 妊婦健診の有給化
  • 子どもの看護休暇
  • 産前産後休暇

このようなサポート・制度の効果が以下の数値にも現れています。

  • 社員に占める女性の割合:17%(管理部門約40%)
  • 育休取得率(女性社員):100%
  • 育休復職率:96.3%
  • 平均残業時間(全社平均):14時間/月
    ※2018年3月末時点。日本電産HPより

ただし、職場環境に対してネガティブな意見も少なくありません。

  • 「部署によっては残業が多く、ワークライフバランスは難しい」
  • 「開発部門は忙しくて休みが取りづらい」
  • 「管理職は忙しくてプライベートの確保が難しそう」

日本電産は、働き方改革委員会や女性活躍推進室を設置するなど、働きやすい環境づくりを進めています。

2014年度に売上高が初めて1兆円を超え、2019年度には1兆5,000億円超えました。2030年度には売上高10兆円を目指しています。

驚異的なスピードで成長を続けている事情もあり、働き方改革が浸透していない面もあるようです。

日本電産の将来性は?

日本電産は将来性に期待が持てる企業です。

伸び続けている売上高(2015年度1兆1,178億円→2019年度1兆5,348億円)、働きやすい職場環境づくり、自律成長とM&Aを基軸とした中期戦略目標などが主な要因です。

中期戦略目標「Vision2020」では、自律成長とM&A、中国・アジア・米州・欧州にエリアの統括会社を設置してグローバル5極経営管理体制を確立する計画です。

車載と家電・商業・産業用を重点2事業に捉えて、2020年度の売上高2兆円、営業利益率15%以上、ROE(株主資本純利益率)18%以上を目指しています。

100年後も成長を続けるための人材育成にも力を入れ、新入社員〜役員の階層別研修や自己啓発支援、キャリア開発など、さまざまな成長機会を設けています。

ロボット化や物流革命、家電製品の省電力化などでも需要拡大が見込まれ、将来性に期待が高まります。

日本電産の年収まとめ

この記事では、日本電産の年収や転職に役立つ情報を紹介しました。

最後に、ここで紹介した重要ポイント4点をおさらいしましょう。

  • 日本電産の平均年収は6,157,905円、平均年齢38.6歳
  • 課長職以上で年収1,000万円の可能性もある
  • 世界No.1の総合モーターメーカーで人気経営者永守会長もいるため転職競争率が高い
  • 日本電産への転職活動は転職エージェントの利用がおすすめ

日本電産は、世界各国にグループ会社や拠点を置き、年間約30億個以上のモーターを提供する日本トップクラスのグローバル企業です。

カリスマ経営者とも称される永守会長が率い、2030年度には売上高10兆円を目指しています。

転職市場での競争率は高いため、転職を成功させるのは決して簡単なことではありません。

だからこそ、豊富な転職ノウハウを持ち、丁寧にサポートをしてくれる転職エージェントの存在が重要です。

ここで紹介した転職エージェントは、実績豊富で利用者の評価も高いため人気です。

日本電産などの人気企業への転職成功を引き寄せてくれるでしょう。

転職エージェントは複数登録するのが基本です。

日本電産への転職を考えている方は、複数の転職エージェントを活用して転職成功をつかみ取ってください。