教員の転職は難しい?転職方法とおすすめ転職エージェントをご紹介

教員をしているのですが、転職したいと思っています。どうすれば良いでしょうか?
教員の方は、一般企業に勤めている方に比べて転職が難しいといわれているため、悩んでいる方も多いでしょう。

キャリアコンサルタント

この記事では、そんな教員の転職方法について解説しています。

キャリアコンサルタント

他にも、教員の転職が難しいと言われている理由や、利用すべきおすすめの転職エージェントについて詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

キャリアコンサルタント

教員という仕事に憧れて就職をされている方は多いと思いますが、実際に働いてみると「想像以上につらい…」と感じている方は多いのではないでしょうか?

仕事量が多いのはもちろんのこと、学校の教員であれば生徒の保護者への対応に精神的ダメージを感じ、転職を考えている方は少なくありません。

ですが、教員の転職は一般的企業からの転職に比べて難しいといわれているため、転職をすることに対して悩んでいる方は多いでしょう。

今回は、そんな教員の転職が難しいといわれている理由や、転職を成功させるための方法についてご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

1位: パソナキャリア、2位: リクルートエージェント、3位: マイナビエージェント

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・転職サイトおすすめランキング【全33職種/328社】

教員の転職が難しいのはなぜ?

一般企業からの転職に比べて教員の転職は難しいといわれていますが、その理由には何があるのでしょうか?

簡単に転職ができる職業ではないため、転職を考えているのであれば「なぜ転職が難しいのか?」ということを知っておく必要があるでしょう。

何も知らずに転職をすると失敗の原因になってしまうので、まずは教員の転職が難しいといわれている5つの理由についてご紹介していきます。

いつでも転職ができる仕事じゃない

一般企業で働く会社員であれば、ある程度は自分の好きなタイミングで転職をすることができますが、教員の方は業務上の問題でいつでも転職ができるという仕事ではありません。

例えば高校の教員をされている方の場合、担任として1つのクラスを受け持つことになると、よほどの理由がない限りは退職することができないでしょう。

そのため、教員の方が転職をされるのであれば、年度が変わる3~4月頃が転職のタイミングとなります。

しかし、職種を問わず転職者が増える時期というのが3~5月といわれているため、転職難易度が高くなる傾向があります。

転職者が多い時期は希望条件に合った求人を見つけづらいので、結果的に転職ができなかったという教員の方もいるそうです。

教員以外の仕事経験がない

教員をされている方は他の職種に対する実務経験がない、または少ないという方が多いため、転職先の企業からの評価はあまり高いとはいえないそうです。

一般企業では商品の売上や会社の利益を上げるために、明確な目標を持って割り出した数値を追い求めています。

しかし、教員の仕事はそういったビジネス的な目標がないため、教員以外の仕事経験がない方は、なかなか採用してもらえないというケースが多いようです。

求人を募集する企業の多くは即戦力になる人材を求めているため、民間企業での実務経験がない教員の方は、転職が難しいといえるでしょう。

転職をすることで年収が下がってしまう

教員の方と民間企業に勤める方を同年代で比べると、取得する年収は教員の方が高いといわれています。

しかし、教員の転職は未経験の職種を勤めることになるため、教員がもらう年収よりは少ない収入となり、転職を諦める方が多いそうです。

さらに、契約条件も一般企業に比べて教員の方が良い条件で勤務できるともいわれているため、安定性を考える方はなかなか転職に踏み切ることができないのではないでしょうか?

特に、家庭を持っている教員の方は生活や子供のことを考えると、安定した収入を得られる仕事を手放すわけにはいかないと考えるもの。

このように、転職をすることで年収が下がってしまうというのも、教員の転職が難しいといわれている理由の1つとなっているようです。

ビジネスに必要なコミュニケーション能力が低い

教員の多くは子供とコニュニケーションを取ることが多いため、企業側はビジネスに必要なコニュニケーション能力が低いと判断してしまうようです。

また、教員をされている方は何かを説明する際に、完結ではなく長々と話すクセがついている方が多い傾向があります。

さらに、子供相手に会話をすることが多い教員は、会話の最中に「はい」ではなく「うん」と返事をする方も少なくありません。

このようなコミュニケーションはビジネス上タブーとなるため、転職先となる企業側は教員経験しかない転職者を敬遠する傾向があるようです。

大事な顧客とのコニュニケーションは売上や業績に直結してくるため、転職を考えている教員の方は仕事で染み付いたクセに注意が必要でしょう。

転職をするスタンスが受け身になっている

転職を考えている教員の方は、転職先の会社で必要なことを学ぶ、スキルを身に着けさせてもらうなど、転職をするスタンスが受け身になっている方が多いそうです。

しかし、企業が求める人材というのは、「会社に貢献してくれる人」なので、行動力のある人が採用されます。

確かに仕事内容や作業工程などは実際に勤務して学ぶことではありますが、自分が学びたいことやスキルを身につけるというのは、相手から受けるものではありません。

そのため、なんでも受け身の体制で転職をしてしまうと、「これなら教員の方が良かった…」と後悔することになってしまいます。

受け身の体制は教員の転職失敗の原因となるため、「教員の転職=難しい」と感じている方が多いのでしょう。

「教員を辞めたい」と考えて転職をするのであれば、積極的な行動を行い自分から学ぶ姿勢を取ることが大切だといえるでしょう。

教員が転職をするメリット・デメリット

上の章では教員の転職が難しいといわれている理由についてご紹介しましたが、全ての方が転職できないというわけではありません!

難しい理由を注意点として把握し、自分と照らし合わせることで転職を成功させることができるでしょう。

しかし、教員の方が転職をされるのであれば、どういったメリットやデメリットがあるのかを知っておくことも、転職を成功させるための大切な情報です。

ここでは、教員が転職をするメリット・デメリットについてご紹介していきますので、参考にして「転職をする利点が自分にあるのか」を考えてみてください。

転職をする3つのメリット

調査の結果、教員の転職には3つのメリットがあることがわかりました。一般的な企業で働くことで、教員としての不満を解消できるものが多いです。

「働きやすい企業に転職したい」「仕事もプライベートも充実させたい」という方は、これからご紹介するメリットを参考にしてみてください。

自分が担当する業務だけに集中できる

教員の仕事は自分が担当する業務以外にも、学校全体に関する業務にも関わらなければいけません。

しかし、企業へと転職をすると自分が担当する業務は決まっているので、集中して業務に取り組むことができるでしょう。

特に、規模の大きな企業であればさまざまな業務が細かく分けられているので、一度にあれこれと複数の業務を担当することはほとんどありません。

また、自分に合った業務を担当することができれば、不満を感じることなく長く続けることができるでしょう。

しかし、規模の小さな企業の場合は担当以外の業務を任せられる場合もあるので、転職先を決める際には注意が必要です。

精神的ダメージを軽減させることが可能

教員は担任となる生徒の保護者と関わる機会も多く、場合によっては精神的なダメージを受けることがある職業です。

問題が起きた場合はクレーム対応をしなければなりませんし、生徒がトラブルを起こした際は早急に現場まで駆けつけるなど、常に緊張感のある環境に立たされています。

しかし、教員以外の職に転職をすればそういった緊張感から開放され、仕事に対する精神的ダメージを軽減させることが可能です。

どんな仕事にも責任というのはつきものですが、教員としての責任に耐えられなくなった方は、転職をすることで解決できるでしょう。

プライベートを充実させることができる

優良企業に転職をすることができれば、福利厚生や待遇が充実しているため、プライベートを充実させることができます。

教員の方は休日でも自宅へと仕事を持ち帰り、プライベートな時間を有意義に送ることが難しい方が多いようです。

しかし、転職をすることで休日は家族との時間を大切にできる、自分の好きなことを満喫するなど、充実したプライベートを実現することができるでしょう。

転職先によっては時期的な問題で激務となる場合もありますが、一定期間だけという場合が多いので、教員をされていた頃よりもストレスを感じることが少なくなりますよ!

転職をする2つのデメリット

調査の結果、教員の転職には2つのデメリットがあることがわかりました。転職が難しいといわれている理由の1つがデメリットになっている他、転職をすることで融通が効かなくなることがあるようです。

転職を成功させるのであれば、メリットだけではなく、これからご紹介するデメリットもしっかりと把握しておきましょう。

安定した収入を得ることが難しい

教員の転職が難しいといわれている理由の1つでもありますが、教員を辞めて他の職種へと転職をすることで、安定した収入を得ることが難しくなる場合があります。

そのため、収入を減らしたくないという方であれば、教員を続けたほうが良いといえるでしょう。

しかし、教員を続けることが難しく、あまり収入を減らしたくないのであれば、あなたの転職活動をサポートしてくれる転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

転職に関する相談や希望条件に沿った求人を紹介してもらうことができるので、教員の方の転職でも安定した収入が得られる企業へと転職できる可能性が高くなるでしょう。

有給休暇を取れないことがある

転職をする企業によっては、教員をされていた頃と比べて有給休暇を取れない場合があります。

ブラック企業への転職や激務となる職種の場合は、思い通りの休日が取りづらいので、転職後もプライベートを充実させることが難しいでしょう。

また、有給休暇を取ることができても、申請する理由の報告が必要になる場合があるので、休暇を取ることが面倒だと感じることもあるかもしれません。

こういったことにならないためにも、転職先は慎重に選定して、優良企業が募集している求人情報を探してみてください。

自分で見つけられない場合は、転職エージェントを利用することで、納得できる条件の求人を紹介してもらうことができるでしょう。

教員が転職を成功させるための方法とは?

これまでに教員の転職についてさまざまな情報をご紹介してきましたが、必ずしも転職に成功できないというわけではありません。

そんな教員が転職を成功させるには、以下の通りとなっています。

  • 転職をする理由や目的を明確にする
  • 転職時期を明確にして計画的な転職活動を行なう
  • 一定のパソコンスキルを身に着けておく
  • 受け身ではなく自発的な行動を意識する
  • 教員で得たスキルを活かせる職に転職する
  • 転職エージェントを使って転職活動を行なう

これら6つの項目は、教員が転職を成功箚せるための6つの方法です。教員の転職は難しいといわれていますが、これらの方法を使って転職活動を行えば、転職を成功させることができるでしょう。

特に、一般企業への転職にはWordやExcelなどが使用できるパソコンスキル、自発的な行動が重要になるので、転職をされる方はしっかりと意識しておきましょう。

また、転職先がなかなか見つからない、または初めての転職で不安を感じている方は、転職活動をしっかりとサポートしてくれる転職エージェントを使ってみてください。

教員の転職におすすめの転職エージェント

ここでは、教員の転職におすすめの転職エージェントをご紹介していきます。

転職が難しい教員の転職でも成功へと導くサービスを受けられるので、安心して転職活動に取り組むことができます。

転職に不安を感じている教員の方は、ぜひ参考にしてみてください。

サポート体制が手厚いパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは特にサポート面での評価が高い転職エージェントです。

業界最大手のリクルートエージェントやdodaと比べると求人数は少なめですが十分な量がありますので、転職先に迷っているという方にもおすすめだと言えるでしょう。

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによる親身なサポートが人気です。

パソナキャリアを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

45歳男性

履歴書から職務経歴書の添削を大変丁寧に教えて頂きました。事務所以外に自宅パソコンでやり取りができるのも良かったです。面接対策も私に合った的確なアドバイスがあったと思います。

25歳女性

履歴書や経歴書の添削を始めとした面接対策を、面接の前に都度することが出来たのは良かったです。給与についても、最初に企業から提示した金額から少し金額を交渉して上げてもらえたことも良かったです。

など、特に転職エージェントの履歴書や面接に関する添削や対策に対して評価する声が多数ありました。

履歴書や職務経歴書と言った必要書類の作成や、面接が不安な方は登録しておくとよいでしょう。

サポートをしっかりしてもらったうえで転職活動を行いたいという方は登録をしておくとよいでしょう。

様々な転職者におすすめのリクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手とも言われる大手転職エージェントです。

求人数は全国トップクラスで幅広い年代、キャリアに対応しており、全国各地で転職の相談をすることができます。

また、求人の90%が非公開求人となっていますので、好待遇な求人をチェックしたいという方には特におすすめです。

リクルートエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

31歳男性

人との会話の中で相談に乗ってくれます。相談した中で求人を探してくれるので、自分では気付かない求人を探してくれるのはすごく助かりました。

24歳女性

転職時の仕事がなかなか不規則で直前まで予定がわからないような状態の時もあったので企業とうまく交渉をしていただかなければ悪印象になってしまったと思い1番メリットだったと思います。

など、特に転職エージェントのスキルや求人に対して評価する声が多数ありました。

転職活動を行う上で企業との交渉や転職エージェントとしっかり連携して転職活動を行いたい方は登録しておくとよいでしょう。

しかし、より幅広い求人をチェックするという意味でも他の転職エージェントと併用することをおすすめします。

大手転職エージェントのマイナビエージェント

マイナビエージェント

利用者との対話を重視しているマイナビエージェントでは、面談によるサポートが充実しています。

面談には回数制限がありませんし、利用者の都合に合わせて夜間や土曜日の面談も可能です。

もちろん、拠点が遠くて面談に参加できない場合には、これらのサポートを電話で受けることができますので、地方在住者や忙しい主婦にも便利です。

マイナビエージェントを実際に使用した人に対して、当サイトが独自に調査を行ったところ

24歳女性

面談が充実しており、希望の求人条件をしっかり共有した上で転職活動を行えました。面接対策が充実してました。

21歳女性

転職エージェントの方からも私の強みを伝えて下さり、面接もスムーズでした。就職後も職場に対して不安な事など相談にのっていただけました。

など、特に面談によるサポートやアフターフォローを評価する声が多数ありました。

マイナビエージェントでは、再就職までのサポートはもちろんのこと、就職後の不安なことを相談できるといったアフターフォローも充実しています。

主婦の再就職の場合、内定を貰うまではもちろんのこと、就職後も何かと不安が多いものです。

そんな不安を解消できるアフターフォローは、まさに主婦の味方と言えます。

教員転職は、転職エージェントを使えば転職成功率がアップする!

難しい転職をされるのであれば、転職のプロである転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職を成功させるためのサービスやサポートを受けられるので、転職に不安を感じている教員の方でも安心して転職活動に取り組むことができるでしょう。

さらに、転職成功率をより高めるのであれば、複数のエージェントを利用してみましょう。

それぞれから転職成功ノウハウやアドバイスを受けることができるので、転職活動を有利に進めることができます。

満足できる転職をするのであれば、ぜひ転職エージェントを使って、転職成功を目指してみてください。