20代の年収目安は?平均・中央値・都道府県別に徹底調査!年収を上げる方法も公開

20代の年収目安はいくらでしょうか?

20代は社会人として駆け出しから中堅に位置し、キャリアの幅が広い特徴があります。就職したばかりの人から、すでに仕事で結果を出し、責任ある立場に就く人まで様々です。

そのため、年収目安を探るには、多様な角度から分析する必要があります。

この記事では、20代の年収について徹底的に調査します。年収を上げる方法も紹介するので、現在の年収が適正か気になる人、もっと年収を上げたい人はぜひ参考にしてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントおすすめランキング【600人の評判を比較】

20代の年収を徹底解剖!平均・中央値・都道府県別データまとめ

20代の年収を把握するために、平均値・中央値を調べました。さらに都道府県や学歴によって、年収に違いがあるかどうかも検証しました。

若くても年収の高い企業は存在します。20代で年収が高い業種・職種を知り、年収を上げるヒントにしてください。

20代の平均年収・中央値

国税庁「民間給与実態統計調査結果」をもとに、20代の過去5年の平均年収を表にしました。

年齢・性別2019年

(万円)

2018年

(万円)

2017年

(万円)

2016年

(万円)

2015年

(万円)

20歳~24歳男性278284279275271
女性248249243241233
全体264267262258253
25歳~29歳男性403404393383383
女性328326318309306
全体369370361351352

2019年の平均年収は、20代前半で264万円、20代後半で369万円です。5年前と比較すると20代前半、後半ともに、10万円以上上昇しています。

厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」を用いて推定した、2019年の20代年収における中央値は以下の通りです。

年齢・性別中央値(万円)
20歳~24歳男性273~294
女性267~287
25歳~29歳男性340~364
女性317~339

中央値とは、データを数値の低い方(または高い方)から並べた時に、真ん中に位置する数値を指します。年収が極端に多い・少ない層の影響を受けずに年収相場を推定できます。

男性の場合、20代前半では平均年収と中央値の差はありませんが、20代後半では平均年収の方が中央値を上回ります。

業種によっては、20代後半で役職に昇格し年収が大幅に増加するケースがあります。その影響を受け、平均年収額が押し上げられていると考えられます。

20代の年収分布

「令和元年賃金構造基本統計調査」から作成した、20代の年収分布は以下の通りです。

年収(万円)男性(%)女性(%)
20歳~24歳25歳~29歳20歳~24歳25歳~29歳
~2011.70.72.42.1
202~31760.828.364.641.9
318~40332.447.728.140.2
404~5184.418.44.512.8
519~6470.63.30.42.2
648~0.21.300.7

20代前半では、男女とも年収202~317万円の割合が多く、次いで年収318~403万円が続きます。

20代後半は、男性では年収318~403万円の割合がもっとも多く、女性では202~317万円と318~403万円がほぼ同じ割合です。20代の年収は400万円以下が大半だと分かります。

年収400万~500万円は、20代前半では男女ともに4%台ですが、20代後半になると男性で18.4%・女性で12.8%に上ります。

年収500万円を超える人は20代後半でも少ないですが、男性の割合のほうがやや高いです。

20代の平均年収・学歴別

学歴別平均年収について、「令和元年賃金構造基本統計調査」をもとに検証します。

学歴年収(万円)
男性女性
20~24歳25~29歳20~24歳25~29歳
大学卒・大学院卒319397312372
高専卒・短大卒293357292346
高校卒282348259295

20代前半の男性では、大卒・院卒の年収と高卒の年収差は37万円です。20代後半になると差は49万円まで広がります。

女性の場合はさらに差が大きく、大卒・院卒と高卒では20代前半で53万円、20代後半では77万円の違いが生じます。大卒・院卒と比べると高卒のほうが、男女の差が大きいのも特徴です。

大卒・院卒の男性だと、20代後半で年収400万円も見えてきます。

20代の平均年収・都道府県別

「令和元年賃金構造基本統計調査」をもとに、20代の都道府県別平均年収を検証します。(年収の単位:万円)

北海道・東北地方
都道府県名平均年収(20歳~24歳)平均年収(25歳~29歳)
北海道280337
青森251288
岩手259304
宮城282350
秋田260310
山形257292
福島273316
関東地方
都道府県名平均年収(20歳~24歳)平均年収(25歳~29歳)
茨城295352
栃木290352
群馬297344
埼玉292358
千葉304362
東京318408
神奈川309391
中部地方
都道府県名平均年収(20歳~24歳)平均年収(25歳~29歳)
新潟270316
富山285343
石川276348
福井281339
山梨290341
長野285342
岐阜298351
静岡287347
愛知296373
近畿地方
都道府県名平均年収(20歳~24歳)平均年収(25歳~29歳)
三重287368
滋賀290363
京都295365
大阪305379
兵庫298366
奈良300355
和歌山287341
中国地方
都道府県名平均年収(20歳~24歳)平均年収(25歳~29歳)
鳥取262309
島根270318
岡山288340
広島290350
山口283340
四国地方
都道府県名平均年収(20歳~24歳)平均年収(25歳~29歳)
徳島272324
香川280341
愛媛261312
高知261308
九州地方
都道府県名平均年収(20歳~24歳)平均年収(25歳~29歳)
福岡284346
佐賀264317
長崎262315
熊本268316
大分283325
宮崎264297
鹿児島265309
沖縄246291

20代前半の平均収入上位3都道府県は以下の通りです。

  • 1位 東京都(318万円)
  • 2位 神奈川県(309万円)
  • 3位 大阪府(305万円)

首都の東京に続き、大都市の神奈川・大阪が上位3位で、いずれも年収300万円を超えます。最下位の沖縄(246万円)、46位の青森(251万円)と東京では約70万円違います。

20代後半の平均収入上位も、20代前半と変わりません。

  • 1位 東京都(408万円)
  • 2位 神奈川県(391万円)
  • 3位 大阪府(379万円)

20代後半では、東京は400万円を超えます。最下位の青森(288万円)、46位の沖縄(291万円)と東京では約120万円も違い、年齢とともに年収の地域差は大きくなります。

ただし東京と地方では、家賃や食費など、かかる生活費も異なります。東京は年収高い分、生活費も高く、田舎に比べて都会のほうが生活が豊かとは一概には言えません。

20代の平均手取り月収・男女別

20代の平均手取り月収について、「令和元年賃金構造基本統計調査」掲載の6月の平均賃金額から検証します。

性別平均手取り月収
20歳~24歳25歳~29歳
男性17.1万円20.1万円
女性16.6万円18.6万円

手取り月収とは、給与明細の総支給額から社会保険・税金などを引いた残りの額(差し引き支給額)を言います。総支給額のおよそ8割が目安です。

20代前半で男性のほうが5,000円多かった手取り月収は、20代後半になると15,000円まで男女の差が広がります。

女性は男性に比べ非正規雇用の割合が高く、正社員の多い男性との賃金差が生じるためと考えられます。

正社員の場合、20代後半で昇格し収入が増えるケースが増えます。おのずと正社員が多い男性のほうが手取り月収が上がります。

20代の年収が高い業種ランキング

「令和元年賃金構造基本統計調査」をもとにした、20代の業種別平均年収のランキングです。

順位業種平均年収(万円)
1電気、ガス、熱供給、水道業366
2鉱業、採石業、砂利採取業364
3学術研究、専門・技術サービス業356
情報通信業
5不動産業、物品賃貸業346
6建設業342
7金融業、保険業341.5
8医療、福祉340.5
9教育、学習支援業334
10運輸業、郵便業328
11卸売業、小売業327
12サービス業(他に分類されないもの)317.5
13生活関連サービス業、娯楽業312.5
14製造業309
複合サービス事業
16宿泊業、飲食サービス業297

1位は「電気、ガス、熱供給、水道業」の366万円です。2位は「鉱業、採石業、砂利採取業」の364万円、3位は「学術研究、専門・技術サービス業」「情報通信業」の356万円です。

ランキング最下位(16位)は「宿泊業、飲食サービス業」の297万円で、1位との差は69万円です。

ランキングの傾向から、インフラや技術関連の業種は年収が高く、サービス業の年収が低いと分かります。

20代の年収が高い職種ランキング

20代の年収が高い職種について、doda調査のランキング(年代別・年齢別 平均年収情報【最新版(2019年)】)を紹介します。

順位職種平均年収(万円)
1専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)475
2企画/管理系391
3技術系(電気/電子/機械)383
4営業系375
5技術系(IT/通信)373
6技術系(建築/土木)367
7技術系(メディカル/化学/食品)347
8金融系専門職335
9クリエイティブ系318
10事務/アシスタント系300
11販売/サービス系296

近年、収入の高さで注目を浴びるコンサルティング職が、475万円と頭一つ抜けています。以下、企画・管理系(391万円)と続き、ランキング上位は技術職が目立ちます。

一方、下位(11位)は販売・サービス系の296万円で、1位との差は179万円です。業種ランキングでのサービス業の順位と連動し、職種ランキングにおけるサービス系の順位も低いです。

20代の年収が高い企業ランキング

20代の年収が高い企業について、「キャリコネ」を運営するグローバルウェイが調査したランキングは次の通りです。

順位企業名平均年収(万円)
1アクセンチュア610
2日立製作所562
3トヨタ自動車548
4三菱UFJ銀行546
5三菱電機528
6デンソー527
7ソフトバンク526
8大和証券513
9三井住友銀行498
10東芝496

第1位のアクセンチュアは、アイルランドのダブリンを本拠とする外資系の総合コンサルティング会社です。以下、大手上場企業が名を連ねています。

コンサルティング会社・技術系メーカー・IT通信業・金融系の順位は、上記で紹介した20代で年収の高い業種・職種とほぼ一致しています。

ただし、高年収の業種で第1位だったインフラ関連は企業別ではランク外です。インフラ関連は平均年収が高いものの、抜きん出た高年収の20代が少ないためと考えられます。

20代で年収を上げたい人がすべきこと

20代前半にくらべ、20代後半になるとスキルや実績によって収入の差が広がり、30代以降はその傾向がさらに強くなります。

将来の収入を上げるためには、気力・体力の充実した20代で何をすべきか見定め、行動する必要があります。

ここでは20代のうちに収入を上げるポイントを探ります。

そもそも現在の年収は適正?

年収を上げるために、まず今の年収に向き合いましょう。自分の市場価値に対して、年収が適正かどうか知ることが大切です。

その手助けとなるのが、転職アプリのMIIDAS(ミイダス)です。MIIDASに無料ユーザー登録し、スキルや経歴を入力すれば、自分の市場価値を判断できます。

類似したユーザーがどのような企業からオファーを受けたのか、7万人の転職データから参照し、「ミイダス市場価値診断」が市場価値を算出します。

そのほかにも「コンピテンシー診断」「パーソナリティ診断」を通じ、自分の市場価値だけでなく個性にも合うオファーを、企業から直接受け取れます。

MIIDASを活用し、自分の市場価値に対して適正な年収を獲得しましょう。

会社で昇進を目指す?

20代で年収を上げるために、今の会社で昇進を目指す選択肢があります。

生活・就業環境を変えずに、落ち着いてスキルを取得し年収アップを目指せます。短期的な年収の変動は少なく、規模の大きな会社であれば安定した暮らしができます。

じっくり腰を据えてスキルを上げ、長期的に収入を上げたい人に向いた方法です。

ただし年功序列の会社では、役職の席が空かないと昇進できず、時間がかかるケースが考えられます。

予想外の部署異動があれば、自分の思い描くキャリアプランを練り直す必要が生じます。会社の方針や人材配置が、思わぬ障壁になるケースも念頭に置きましょう。

フリーランスに転身する?

フリーランスへの転身は、年収を上げる方法として近年注目されています。

自由に仕事ができ、実力次第では収入アップに限りがありません。自分の市場価値に見合う収入を得るだけでなく、自分の裁量で労働時間と収入をコントロールできるメリットがあります。

実力を試す毎日はやりがいに溢れ、刺激的です。実際にフリーランスで年収1,000万円を超える人もいます。

スキルが即、収入に反映される一方、スキル不足・営業不足で収入が減る点は注意が必要です。フリーランスに転身するなら、現在のスキルでどのくらい稼げるのか見極めましょう。

経済情勢の影響を受けやすく不安定なため、フリーランスで生き残り、収入を上げるには多様なスキルが必要です。熟練した多くのスキルを持つ人向けと言えます。

転職する?

今の会社で昇進する方法、フリーランスに転身する方法のメリットを併せ持つのが転職です。転職ならば、安定した収入を確保しつつ、自分のペースでスキル取得が可能です。

自分自身でキャリアプランを立て、計画的にスキルアップできる転職先を選びましょう。今持つスキルを活かし転職でキャリアアップすれば、自分の市場価値に合った収入も狙えます。

希望の企業に上手く転職できるかが肝心ですが、転職エージェントを活用すれば不安は払拭できます。転職エージェントへの登録には、以下の利点があります。

  • 優良な公開・非公開求人への応募
  • 自分に合った企業を、キャリアカウンセラーとの面談で発見できる
  • 職務経歴書や履歴書作成時のフォロー、実践に役立つ面接対策
  • 企業との交渉における、専門家のアドバイス

30代以降の暮らしを見据え、20代のうちに転職で年収をアップさせましょう。

年収を上げたい20代(前半)におすすめの転職エージェント

年収アップのため転職するなら、複数の転職エージェントに登録しましょう。多くの転職エージェントに登録するほど、優良な求人に出会える可能性が増えます。

転職エージェントにはそれぞれ特徴があり、力を入れている分野も異なります。ここでは20代前半の人におすすめの転職エージェントを紹介します。

DYM就職

DYM就職

新卒で就職したものの、適正な収入やスキルを得られないなど、企業とのミスマッチで転職を考える人におすすめなのがDYM就職です。

第二新卒の転職を得意とし、早期に退職した人をより条件の合う企業へ転職させた実績が豊富です。第二新卒や既卒・フリーターの就職成功例は5,000人を超えます。

東証一部上場企業をはじめ、厳選された優良求人は2,000件以上あり、転職エージェントが最適のマッチングを選択します。書類選考なしで企業と面接できるのも強みです。

書類作成や面接時の受け答え、服装までしっかりアドバイスしてくれるので、不安なく就職活動が可能です。

DYM就職を利用すれば、第二のキャリアでスキル獲得や収入アップを実現させてくれるでしょう。

登録する(無料)

ハタラクティブ

ハタラクティブ

現在、正社員以外の雇用形態のため収入に不安を抱えているなら、ハタラクティブへの登録をぜひ検討してください。3人に2人が正社員未経験ながら、正社員での内定を果たしています。

スキルがない場合も、人柄重視で採用する求人が豊富です。紹介する求人は、勢いのある業界大手から安定した業績を誇る中小企業までバラエティーに富んでいます。

60,000人のカウンセリング実績、内定率80.4%が裏付けるノウハウをもとに、アドバイザーが個人に合う企業を紹介します。面接から入社後のフォローまでしっかりと支えます。

ハタラクティブならば、正社員経験が無くても、キャリアプランの土台となるスキルの取得と年収アップが可能です。

登録する(無料)

リクらく

今の業界より、もっと年収の高い業界へ転職したいと考えるなら、リクらくを利用しましょう。未経験でも内定率90%を誇り、異業種への転職に成功した登録者は多数です。

資格取得補助に熱心な企業の求人も多く、人気のIT業界にも未経験で転職可能です。希望職種のスキルが取得できるチャンスを、働きながら手にできます。

カウンセラーが将来設計を見据えたキャリアプランを踏まえ、非公開求人を含む求人の中から最適な企業を選択し、20代の早期ステップアップを応援します。

面接時のサポートも充実しています。リクらく利用者の95%が、「友達にオススメしたい就活サービス」と回答した評価の高さです。

未経験業界でのキャリア形成、転職による収入アップを、リクらくが強力に後押しするでしょう。

年収を上げたい20代(後半)におすすめの転職エージェント

社会人経験を積み、すでにスキルを得た人なら、キャリアアップできる求人に応募し年収増を狙うのが効果的です。

ここでは20代後半に合った転職エージェントを紹介します。どこも良質な求人を豊富に扱っているので、できるだけ多くのエージェントへの登録を推奨します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは「2020年オリコン顧客満足度調査 転職エージェント総合第1位」に選ばれた、実績ある転職エージェントです。

16,000社と取引があり、常時50,000件以上の求人を有します。このうちの80%が優良な非公開求人です。パソナキャリアを利用し、転職後に年収アップした登録者は67.1%に上ります。

2020年11月現在、年収500万円以上の求人は21,850件以上存在します。そのうち、より高年収の役職へキャリアアップ可能な求人は793件あります。

業界・地域別に特化したキャリアアドバイザーが、マッチングから応募書類の作成、面接までしっかりフォローするので、安心して人気求人に挑戦できます。

パソナキャリアを活用すれば、今よりも好待遇の企業へ、転職の道が開かれるでしょう。

パソナキャリアの公式サイト パソナキャリアの評判と口コミについて知りたい方は、次の記事をご覧ください。 パソナキャリアの評判は?500人の口コミ調査の結果

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最多の求人数を誇るのがリクルートエージェントです。公開求人約102,000件だけでなく、優良な非公開求人も約114,000件と豊富です。

2020年11月現在、年収500万円以上の公開求人は74,495件、非公開求人は87,473件存在します。

リクルートエージェントでは、ハイクラス・高年収領域専門の転職支援サービス「ハイキャリア・グローバル・コンサルティングサービス」を展開しています。

47,000件を超えるハイクラスの非公開求人に応募できるうえ、専門のキャリアアドバイザーが、企業と登録者の橋渡しを行い、書類から面接・交渉まで柔軟に転職活動を支援します。

転職実績No.1のリクルートエージェントなら、転職を通じたキャリアアップと収入アップを実現できるでしょう。

リクルートエージェントの公式サイト

ランスタッド

ランスタッド

高年収で人気の外資系転職を目指すなら、ランスタッドです。外資系・グローバル企業をはじめとした幅広い求人と、きめ細かなサポートが特徴の転職エージェントです。

求人の80%は優良な非公開求人です。年収1,000万円以上の求人も含まれる、ランスタッドだけの独占求人に応募できます。

2020年11月現在、年収500万円以上の求人は7,027件です。

「プロフェッショナル転職サービス」に登録すれば、プロのコンサルタントによる客観的な分析をまじえたキャリアプランを構築できます。

業界に精通したコンサルタントの支援を受け、転職でキャリアアップと収入増を図れます。新たなスキル取得や書類作成・面接時の支援も万全です。

ランスタッドのサポートを活用すれば、ステップアップを叶える優良企業への転職が実現に近づくでしょう。

ランスタッドの公式サイト

20代の年収まとめ

本記事では、20代の年収を前半と後半のステージに分け、多角的に調査しました。

社会人のスタートを切ったばかりの20代前半の平均年収は264万円、キャリアを積んだ20代後半の平均年収は369万円です。

20代前半は年収の個人差が小さく横並びなのに対し、20代後半になるとスキルや実績によって個人差が大きくなります。

学歴や性別、地域別の平均年収を踏まえ、自分の年収が適正でないと考えるなら、転職で年収アップをはかりましょう。

年収の高い業種や職種への転職はライバルも多く、簡単ではありません。難易度の高い転職を実現するには、転職エージェントへの登録は欠かせません。

20代前半なら「DYM就職」「ハタラクティブ」「リクらく」、20代後半なら「パソナキャリア」「リクルートエージェント」「ランスタッド」が特におすすめです。

優良な求人を有し、多くの実績を持つ転職エージェントは力強い味方です。積極的に利用し、キャリアアップと収入アップを手にしましょう。