40歳年収600万は勝ち組?年齢・業種・企業別平均を徹底調査!

40歳代は住宅ローン、子どもの教育費や生活費、親の介護費など、お金が必要なライフイベントが増えていく年齢層です。

自分の年収は平均に達しているのか、ほかの業種や企業の年収はいくらくらいなのか、気になっている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、40歳代の平均年収を年齢・業種・企業別に詳しく解説していきます。年収を上げたい人におすすめの転職エージェントもご紹介します。

40歳代の平均年収を把握して、より納得のいく年収を獲得できるようにライフプランを見直すきっかけにしていきましょう。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

40歳~49歳の平均年収は?男性/女性・業種・企業別に解説

国税庁「平成30年度民間給与実態統計調査結果」によると、40歳代全体の平均年収は490万円で、手取りだと378万円程度です。

ここではさらに詳しく、民間が2018年~2019年に調査した年収のまとめを元に、40歳代の年齢・性別ごとに平均年収を一覧にしました。

ご自身の年齢と照らし合わせて確認してみてください。

40~49歳の平均年収一覧【男性・女性別】

まず、男性・女性別の平均年収を紹介します。

年齢男性女性
40歳547万円393万円
41歳549万円398万円
42歳553万円399万円
43歳558万円399万円
44歳559万円397万円
45歳572万円394万円
46歳578万円401万円
47歳580万円409万円
48歳579万円417万円
49歳635万円418万円

この調査によると、40歳代の平均年収は男性567万円、女性401万円でした。女性の年収は男性と比べると、雇用形態の違いや時短勤務などの影響で166万円下回っています。

自分の年収が平均よりも低い場合、今後の転職活動で大幅に上がる可能性もあります。平均以上の年収を獲得できる企業の情報を調べるには、転職エージェントを活用すれば効率的です。

40歳代の年収の中央値は?手取りはいくら?

厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」を元に40歳代年収の中央値を算出すると、463万円でした。手取りだと358万円程度です。

40歳代全体の年収分布は、300万円以上~500万円未満(手取り235万円~387万円程度)の割合が最も多く、全体の約4割を占めています。

手取り金額が意外にも少なく、管理職など責任のある立場にいることが多い40歳代にとって、年収が割に合わないと感じる方が多いのも納得できます。

40歳代の平均年収【業種別】

続いて、業種別に40歳代の平均年収を集計しました。

業種平均年収
サービス業(美容・警備・清掃業)380万円
飲食業・小売業450万円
その他サービス業460万円
建設業・設備・エネルギー関連・不動産業500万円
メディア関連509万円
専門商社515万円
医療関連526万円
総合商社529万円
メーカー547万円
金融・保険関連556万円
IT関連594万円

40歳代の業種別年収は、IT関連が最も年収が高く594万円(手取り450万円程度)でした。IT関連のなかでも、コンサルティング業務やシステム構築などのスキルや知識が必要なものが特に年収が高くなっています。

年収が最も低かったサービス業(美容・警備・清掃業)は、平均年収が400万円を下回り、手取り298万円程度でした。

40歳代の平均年収【職種別】

職種別に40歳代の平均年収を集計した結果は以下の通りです。

平均年収が高い職業といえば、医師・弁護士・航空機のパイロットなどが有名ですが、この表は一般的な企業に勤める人を対象にした集計です。

職種平均年収
事務職367万円
接客・サービススタッフ405万円
デザイナー職468万円
技術職(医療・食品製造関連)510万円
技術職(土木工事・建築関連)512万円
投資銀行・金融事務職520万円
営業職572万円
技術職(機械関連)573万円
技術職(IT関連)605万円
内部監査・財務系618万円
専門職(コンサルティング系)635万円

最も平均年収が高かったのはコンサルティング系専門職で、635万円(手取り478万円程度)でした。

高度な知識や専門性を武器にして経営戦略などを提案するコンサルタントは、多くの分野で必要とされている需要の高い職種です。

他にも内部監査や財務など経営に近い職種や、技術職など経験がものを言う職種に年収が高い傾向がみられます。

一方、事務職など裾野の広い職種は、業種に関わらず平均年収が低い傾向があります。

40歳代の平均年収【企業規模別】

企業規模別に40歳代の平均年収を集計した結果は以下の通りです。

企業規模(従業員数)平均年収
1000人以上667万円
100~999人532万円
10~99人451万円

従業員1000人以上の大企業は、40歳代の平均年収が667万円(手取り500万円程度)で、小規模企業よりも200万円近く高額でした。

従業員99人以下の小規模企業の40歳代平均年収は451万円(手取り350万円程度)で、企業規模が大きい方が同じ年齢層でも年収が高いことが分かります。

40歳代の平均年収【地域別】東京と地方はいくら違う?

40歳代の平均年収を地域別で比較した結果です。

地域平均年収
九州443万円
東北469万円
北信越489万円
中国・四国490万円
北関東542万円
関西549万円
東京都704万円

最も平均年収の低かった九州地方は、東京都よりも261万円も平均年収が低いことが分かります。

東京都には大企業の本社が多いことや、家賃や物価などの相場が高いことが年収差の要因と考えられます。

地方は家賃なども低い代わりに、移動手段として自家用車がないと非常に不便です。ガソリン代・保険料・自動車税・駐車場代・車のローン返済などの維持費は、1台分だけでも年間で数十万円かかってしまいます。

東京都心であれば、電車やバスで移動が十分に可能です。車の支出を削減できると考えれば、年収アップのために思い切って東京都に転職する選択肢もあります。

40歳の年収が高い企業は?300万・500万・700万・1000万クラスをまとめ!

次は40歳の年収別に、企業の傾向を具体的に解説します。

各企業の40歳平均年収は、「Yahoo!ファイナンス」に掲載されている各企業の平均年収をもとに、上記40~49歳の平均年収一覧を加味して算出しています。

40歳平均年収が300万程度の企業

企業名40歳平均年収業種
株式会社ながの東急百貨店332万円小売業
株式会社ピーエイ336万円サービス業
株式会社ナガホリ339万円卸売・小売業
株式会社さいか屋343万円小売業
株式会社セイヒョー346万円製造業
株式会社フジタコーポレーション346万円飲食業
株式会社アウトソーシング347万円サービス業
ワイエスフード株式会社351万円小売業
カーディナル株式会社352万円製造業
オーケー食品工業株式会社355万円製造業

平均年収300万円台の企業は、上記40歳代の平均年収【業種別】でご紹介した、比較的年収が低い傾向にある業種が多く並んでいます。

ただ、同業種でも平均年収に大きな差がある場合もあります。例えば、有名百貨店の高島屋(平均年収678万円)や三越伊勢丹(平均年収830万円)は平均年収が高額です。

同業界で転職する場合も、事前の企業リサーチは欠かせません。

40歳平均年収が500万程度の企業

企業名40歳平均年収業種
三協フロンテア株式会社500万円建設業
アヲハタ株式会社504万円製造業
クリナップ株式会社512万円製造業
株式会社壱番屋524万円飲食業
株式会社シーティーエス533万円建設業
APAMAN株式会社556万円不動産業
株式会社ジャステック584万円IT関連
株式会社サンドラッグ587万円小売業
株式会社ヤオコー596万円小売業
株式会社しまむら596万円小売業

500万円台の年収では、全国展開の大手企業が目立ちました。年収が低い傾向にある飲食業でも、規模が大きい株式会社壱番屋などは40歳代の平均より年収が高くなることが分かります。

全国展開の企業は転勤も全国規模で、都心に赴任する可能性もある点が年収が上がる要因のひとつと考えられます。

40歳平均年収が700万程度の企業

企業名40歳平均年収業種
株式会社富士通ゼネラル692万円電気機器メーカー
キャノン株式会社746万円電気機器メーカー
パナソニック株式会社751万円電気機器メーカー
日立キャピタル株式会社756万円金融関連
株式会社サイバーエージェント762万円メディア関連
小田急電鉄株式会社764万円サービス業
日本郵政株式会社765万円サービス業
カゴメ株式会社765万円製造業
森永製菓775万円製造業
関西電力775万円エネルギー関連

電気機器メーカーは年収が高い傾向にある業種です。ほかにも、運輸、メディア関係が名を連ねています。

年収700万円は、40歳代平均より200万円以上も上回っています。全国的に知名度の高い企業が、高額な年収をもらえる傾向にあることが分かります

40歳平均年収が1000万以上もらえる企業

企業名40歳平均年収業種
株式会社WOWOW1043万円メディア関連
株式会社大和証券グループ会社1045万円金融関連
日本テレビホールディングス株式会社1207万円メディア関連
株式会社ドリームインキュベータ1230万円サービス業
東京エレクトロン株式会社1247万円製造業
株式会社テレビ東京ホールディングス1341万円メディア関連
住友商事株式会社1361万円総合商社
株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス1358万円IT関連
日本商業開発株式会社1470万円不動産業
三菱商事株式会社1591万円総合商社

国税庁「平成30年度民間給与実態統計調査結果」によると、年収1000万円超の人は全体の4.5%程度しかいません。

高額年収の企業には、メディアや金融、不動産、総合商社などが並んでいます。どれも豊富な経験と知識を必要とする業務が多く、平均年収が非常に高額になる傾向があります。

40歳の平均年収が高い企業ランキング

40歳の平均年収が高い企業トップ5をランキングにしてまとめました。

ランキング企業名40歳平均年収業種
第1位M&Aキャピタルパートナーズ

株式会社

2920万円サービス業

(コンサルタント系)

第2位株式会社キーエンス2299万円電気機器メーカー
第3位GCA株式会社2129万円サービス業

(コンサルタント系)

第4位ヒューリック株式会社1641万円不動産業
第5位株式会社ストライク1636万円サービス業

(コンサルタント系)

ランキング上位5社のうち、1位・3位・5位の3社はM&Aのアドバイザリーや仲介を手掛ける会社です。

今の日本は、ITの発達で環境変化のスピードが加速している一方、深刻な人材不足に悩まされてます。

そこでM&A(企業合併・事業買収)を経営戦略の一つに採り入れる企業が年々増加しており、非常に需要が高まっている業界です。

社会に求められている業種は収益が上がり、その分社員の年収も高額になります。

40歳で年収を上げたい人がやるべきこと

40歳で年収を上げたい人がまず考えるのは、以下の3点ではないでしょうか。

  • 転職する
  • 昇進を目指す
  • 副業する

3つのうち昇進は、状況次第では今以上の昇進が見込めない場合があり、副業は就業規則で認められていなかったり、多忙で俯仰できないなどの問題があります。

つまり、「転職する」の選択肢が最も確実に年収アップに繋がります。理想の年収を獲得するために、ひとつずつ問題点を解決していきましょう。

年収アップ率の高い転職エージェントに登録する

世の中には数多くの転職エージェントが存在しています。年収アップ率が高い転職エージェントを選べば、満足のいく年収を手にすることができるでしょう。

転職エージェントに登録しておけば、現職が忙しくて自分で求人を探す時間ない人も、求める条件に合った求人をキャリアアドバイザーがピックアップしてくれるので非常に便利です。

転職で年収アップを成功させるには、より多くの求人に触れて比較検討することが大切です。

どの転職エージェントも無料で利用できます。複数エージェントに登録して有意義に転職活動を進めていきましょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの最大の魅力は、2020年オリコン顧客満足度調査転職エージェント第1位を獲得している点です。

求人掲載数は業界トップクラスの40,000件以上で、パソナキャリアで転職した人の67.1%の人が年収アップにも成功している実績もあります。

&Careerが独自に調査した、パソナキャリアを利用して年収アップに成功した例は以下の通りです。

  • 転職前:500万→転職後:850万(45歳男性・製造業)
  • 転職前:350万→転職後:450万(37歳男性・人事・総務)

仕事後の遅い時間帯でも電話対応してくれる、職務経歴書をまとめてくれるといった、アドバイザーの真摯な対応も特に高い評価を得ています。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

大手の有名転職エージェントのひとつがリクルートエージェントです。大手ならではの情報網で入手した、求人の量と質が最大の魅力です。

数多くの求人の中から幅広い年齢層や希望職種に対応した求人を探せます。40歳代で年収アップを目指して転職したいという要望もかなえられます。

どの転職エージェントに登録するか悩んでいる人は、まずはリクルートエージェントに登録することをおすすめします。

&Careerが独自に調査した、リクルートエージェントを利用して年収アップに成功した例は以下の通りです。

  • 転職前:350万→転職後:400万(45歳男性・営業)
  • 転職前:600万→転職後:800万(42歳女性・SE)
登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは平均的な年収の求人に加え、年収1000万超の求人も多く揃えるハイクラス転職にも対応した転職エージェントです。

特に外資系企業の転職に強く、世界39の国と地域に拠点があります。転職して海外移住を検討している人などは、求める条件に合った求人が見つかる可能性が高いです。

日本企業の海外駐在員となれば、年収は日本にいる場合の約1.5倍になるとも言われています。語学力を活かして年収アップを目指すのも選択肢のひとつです。

&Careerが独自に調査した、ランスタッドを利用して年収アップに成功した例は以下の通りです。

  • 転職前:300万→転職後:400万(29歳女性・出版業界)

他の転職口コミサイトにも、年収アップに成功した例がありました。

  • 転職前:不明→転職後:130万円アップ(年齢非公開・男性・営業)
登録する(無料)

40歳の年収まとめ

  • 40歳代の平均年収:490万円(手取り378万円程度)
  • 40歳代平均年収トップの業種:IT関連・平均年収594万円
  • 40歳代平均年収トップの職種:専門職(コンサルティング系)・平均年収635万円
  • 40歳代の平均年収が高い企業の特徴:M&A事業を手掛ける企業

40歳代の転職はなかなか決まらないのではないか、という不安の声は非常によく耳にします。

しかし人手不足が深刻な現状を忘れてはいけません。社会経験も業務知識も豊富な40歳代は即戦力になり、十分に需要があります。

ご紹介した複数の転職エージェントに登録することで、ひとりで転職活動するよりも理想の企業に出会える確率が格段に上がります。

各転職エージェントは非公開求人も豊富に保有しています。求人を比較し、気になる企業や挑戦してみたい事業を見つけていきましょう。

ぜひ転職エージェントをフル活用して、年収アップを実現させてください。