ブラックカード持ってる人の年収・年齢は?入手条件の目安を徹底調査!

ブラックカードは最高ランクのステータスを持つクレジットカードであり、「いつかブラックカードを持ちたい」と憧れている人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、ブラックカードを持ちたいと思っても、ブラックカードを入手できる年収などの条件は、ほとんどのカード会社が公表していないのが現状です。

この記事では、口コミを参考に、年収の目安や所有者の年齢層など、非公開のブラックカードの入手条件を探ります。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

ブラックカードの年収基準は?各カードの特徴を解説

ブラックカードを持ちたい人にとって、最も気になるのは「ブラックカードを持つための年収の基準」ではないでしょうか。

一口にブラックカードと言っても、発行会社によって申し込み基準は異なります。まずは、各カードの年収基準や特徴を紹介します。

ブラックカードとは

ブラックカードは、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードなどのクレジットカードの中で最上級のカードです。

発行会社によって詳細は異なりますが、ほとんど全てのカードに共通するのは「年会費が高額で、特典や優待サービスが充実している」点です。

他のクレジットカードに比べて年会費が高く、サービスが充実していることから、ブラックカードを所持することはステータスの高さを表していると言えます。

カードランク別の年収条件・利用限度額の比較

クレジットカードはランクによって年収の条件や利用限度額が異なります。

以下の表からも分かるとおり、ブラックカードの一番の特徴は、一律の利用限度額を定めていないことがほとんどです。

カードのランク年収の目安利用限度額
一般(スタンダード)100万円~300万円10万円~50万円
ゴールド300万円〜500万円100万円~500万円
プラチナ500万円~1,000万円300万円~1,000万円
ブラック1,000万円以上一律の限度額なし

(会社によって限度額設定がある場合もあり)

クレジットカードの限度額は、年収や雇用形態などの情報をもとに、無理なく返済できる額をカード会社が審査して決定します。

限度額に一律の設定がないブラックカードは、「高額の買い物をしても返済能力がある」と判断された人にのみ与えられるカードなのです。

ブラックカードの取得条件・年会費の比較表

一口にブラックカードと言っても、その取得条件や年会費、国際ブランドなどはカード会社によって異なります。

ほとんどのブラックカードに共通しているのは、カード会社からインビテーションを受けないとカードが持てない点です。

インビテーションはカード会社から送られてくる入会案内です。入会案内がないまま、自分で申し込んでブラックカードを作ることはできません。

このほか、年会費や国際ブランド、取得の年収目安はカードによって異なります。以下の表に、日本で取得できる代表的なブラックカードをまとめました。

取得の年収目安年会費国際ブランドインビテーション
アメックスセンチュリオンカード2,000万円35万円アメリカン・エキスプレス必須
ダイナースクラブプレミアムカード1,000万円以上13万円Diners Club必須
JCB THE CLASS1,500万円以上5万円JCB必須
SURUGA VISA Infiniteカード1,000万円以上12万円Visa必須
LUXURY CARD

(ラグジュアリーカード)

1,000万円10万円Mastercard不要
楽天ブラックカード1,000万円3万円VISA、Mastercard、JCB、AMEX必須
ANAブラックカード800万円以上8万円~17万円Visa、JCB、Diners Club、

American Express

不要

同じブラックカードでも特徴が異なることが分かったところで、次は各カードの特徴や取得条件などを詳しく解説します。

アメックスセンチュリオンカードの取得条件・年収目安

アメックスセンチュリオンカードは、アメリカンエクスプレスの最上位カードで、数あるブラックカードの中でも最上位に君臨しています

多くのブラックカードの特典にコンシェルジュサービスがありますが、アメックスでは専属コンシェルジュが2人つくなど、ブラックカードの中でもサービスが突出しています。

年会費は35万円と高額で、取得条件も厳しく、取得目安の年収は他のブラックカードと比較して頭一つ抜けているのが特徴です。

ダイナースクラブプレミアムカードの取得条件・年収目安

ダイナースクラブプレミアムカードは、付帯保険が充実しているほか、ポイント還元率も高く、優待が特に充実しているブラックカードです。

限度額の設定がなく無制限で使えるのがポリシーで、カード会社に事前に連絡を入れておけば、どんな高額なものでも買えると言われています。

年会費は13万円と比較的高額です。年収条件は、ダイナースクラブ一般カードでも年収600万円が条件のため、プレミアムカードはさらに高い年収が求められると推測されます。

JCB THE CLASSカードの取得条件・年収目安

JCB THE CLASSカードはJCBカードの最上位カードで、年会費が5万円とリーズナブルながら特典が充実しています

JCBカードは東京ディズニーリゾートのオフィシャルカードで、パーク内のラウンジが使用できるなど、ディズニー好きにはうれしい特典が充実しています。

2017年にJCBプラチナという新たなカードが誕生したため、このカードの利用実績を積んでインビテーションを待つのがJCB THE CLASSカードへの近道と言えそうです。

SURUGA VISA Infiniteカードの取得条件・年収目安

SURUGA VISA Infiniteカードは、スルガ銀行経由でのみ申し込めるブラックカードで、入手のためにはスルガ銀行の上客になる必要があると言われています。

コンシェルジュなどのサービスに加え、預金口座の金利優遇や、住宅ローンの支払いサポートなど、金融関係の特典が充実しています。

年会費は12万円と比較的高額です。スルガ銀行の口座を持ち、サービスを利用することが前提条件と言われ、スルガ銀行で住宅ローンを組むのが近道とも噂されています。

LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)の取得条件・年収目安

LUXURY CARDは2016年に誕生したブラックカードで、インビテーションなしで申し込めるのが大きな特徴です。

インビテーションが不要なので、ブラックカード入手のためにカードの利用実績を作る必要もありません。

実は、LUXURY CARDの最上位はブラックカードではなく、ゴールドカードです。還元率などの特典もゴールドカードの方が充実しています。

とはいえ、24時間365日対応のコンシェルジュサービスや高級ホテルのアップグレードなど、特典は他のブラックカードに引けを取りません。

年会費は10万円で、取得できる年収の目安も他のブラックカードと遜色なく、ランクが高いことに変わりはありません。

楽天ブラックカードの取得条件・年収目安

楽天ブラックカードは楽天カードの中で最上位のカードで、3つの国際ブランドから好きなものを選んでそのブランドの特典を受けられるのが特徴です。

付帯保険や楽天市場でのポイント還元などの特典は充実しているものの、年会費は3万円と破格の安さで、コストパフォーマンスの良さも魅力の1つです。

楽天カードの利用実績に加え、楽天の他サービスの利用状況も判断基準になるようです。楽天のサービスを積極的に利用するのが入手への近道と言えそうです。

ANAブラックカードの取得条件・年収目安

ANAブラックカードとは、ANA VISAプラチナ プレミアムカードなど、ANAが発行する4種類のプラチナカードの総称です。

国際ブランドによってサービスや特典内容が異なり、年会費も8万円から17万円と差があります。

カードの色からブラックカードと呼ばれているものの、上位のスーパーフライヤーズカードが存在することから、実態はプラチナカードと同じ位置づけです。

しかしながら、旅行の傷害保険が手厚く、マイルのプレゼントがあるなど、旅行関連の特典が特に充実しています。

4種類のうち、ANAダイナースプレミアムカードのみインビテーションが必須で、残りの3種類はインビテーション不要です。

プラチナカードと同じ位置づけのため、年収の目安は他のブラックカードよりも少し低いようです。

ブラックカードを持てる基準は?口コミから非公開の審査基準に迫る!

ブラックカードを持つためには、カード会社からインビテーションを受ける必要があります。ただ、インビテーションの条件は各社非公開で、詳細は明かされていません。

ここでは、そんな非公開の審査基準を、インターネット上の口コミや知恵袋の書き込みをもとに分析します。

インビテーションに必要な条件とは

インビテーションに必要な条件を一言で表すと、「カードをよく使い、確実に返済できる人であると証明する」ことです。

カード会社がインビテーションを送る判断基準の1つは、自社のプラチナカードの使用実績です。

年収がそこまで高くなくても、年間利用額が多ければインビテーションが送られてくる可能性があります。支払いを1つのカードに集約するなど、実績を示すことが重要です。

返済能力があるかどうかは最も重要な判断基準で、過去の返済の延滞歴は審査で重要視されます。

以上から、

  • カードの使用実績がある
  • クレジットカードの返済が遅れたことがない

の2点が、インビテーションを受ける最低条件です。

ブラックカードのサービス内容・特典

選ばれた人しか持つことができず、高額な年会費がかかるブラックカードは、そのサービスや特典も充実しています。

サービスの詳細はカードによって異なりますが、ここでは一般的なブラックカードのサービス内容や特典を紹介します。

旅行・食事をアップグレード

ブラックカードを所持していると、旅行の際に宿泊する部屋やレストランの食事をアップグレードしてもらうことが可能です。

ホテルやレストランでのアップグレードだけでなく、花火大会の特別席を確保してもらえたり、高級レストランに招待してもらえたりと、通常では考えられないサービスが受けられます。

カードによっては「満室になったホテルを予約してほしい」などの無茶な要求にも応えてくれるなど、サービスの質は他のクレジットカードの比ではありません。

充実の付帯保険

ブラックカードには、旅行損害保険などさまざまな保険が付帯しています。保障額は高く、旅行損害保険では最大1億円まで保障されるカードも少なくありません。

通常、海外旅行の際には任意保険に加入しますが、ブラックカードを持っていれば任意保険に加入する必要はないほど保障が充実しています。

カードによっては、死亡保障がついていたり、ゴルフラウンド中のトラブルを保障してくれる「ゴルファー保険」がついていたりと、さまざまな付帯保険が用意されています。

コンシェルジュサービス

ブラックカードの特典で最も代表的なのが、コンシェルジュが24時間365日対応してくれるコンシェルジュサービスで、ほとんどのブラックカードに付帯しています。

コンシェルジュに電話すれば、ホテルなどの予約代行をはじめ、旅行プランの作成やトラブルの対応まで、さまざまなサポートをしてもらえます。

ブラックカードの場合は、専属のコンシェルジュがつくことも多く、コンシェルジュデスクのサービスよりもより質の高いサービスが期待できます。

そのほかのサービス

そのほかのサービスはカードによって異なりますが、多くの会社で提供されているサービスの1つに「会員限定の特別イベントへの招待」があります

人気の展覧会に会期前に入れたり、混雑する観光スポットを貸しきりでゆったり巡れたりと、会員限定ならではのイベントはどれも特別感が漂うものばかりです。

これ以外にも、空港などで限定のラウンジを使用できたり、飲食店で割引が受けられたりと、さまざまなサービスが受けられます。

ブラックカード審査で年収以外の条件は?

ブラックカードの審査基準は各社非公開ですが、インターネットの口コミには「職業によって審査の通りやすさが異なる」などの意見が見られます。

一般のクレジットカードでも自営業者や勤務年数の短い人は審査が厳しくなる傾向があり、同様のことがブラックカードの審査にも当てはまるようです。

「医者や弁護士、社長にブラックカード保有者が多い」との口コミもあり、ブラックカードの審査では「安定収入が得られる職業」が条件になっているようです。

このほか、楽天ブラックカードのように「楽天グループの利用状況」が審査に関わるなど、独自の審査基準や条件を設けているカードもあります。

ブラックカードの利用限度額は?

ブラックカードは「1枚で何でも買える夢のカード」と言われることがありますが、全てのブラックカードが無制限に利用できるわけではありません。

ブラックカードの多くは、一般のクレジットカードのような一律の利用限度額を設けず、利用者の返済能力に応じて個別に利用限度額を設定しているとされます。

ただし、ダイナースクラブプレミアムカードのように、事前に連絡したりデポジット入金をしておくことで無制限に使用できるブラックカードも存在します。

ブラックカードを持ちたい…転職で年収アップを!

ブラックカードを持ちたい人の中には「今の年収ではとてもインビテーションなんてもらえない」と諦めている人もいるのではないでしょうか。

年収がネックでブラックカードの保有を諦める前に、転職エージェントを利用して転職し、年収アップを目指すことをおすすめします。

転職エージェントとは、転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる転職支援サービスです。求人の紹介から面接の設定、給与などの交渉まで、幅広くサポートしてくれます。

ブラックカードを持ちたい人は、転職エージェントの中でも、ハイキャリアに特化したエージェントを利用するのが効率的です。

ここでは、年収アップとブラックカードの所持を目指す人におすすめのハイキャリア向けの転職エージェントを紹介します。

ハイキャリア向け転職エージェント①キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーは、業界最大手のリクルートグループが運営するハイキャリア限定のヘッドハンティング型転職サービスです。

登録すると、経歴を見たヘッドハンターから直接スカウトが届くほか、優秀なヘッドハンターを自分で選んで相談したり、非公開の求人に応募したりできるようになります。

キャリアカーバーの長所は、ヘッドハンターを選んで相談するなどの全てのサービスが、無料で利用できる点です。

無料で利用できるため、「良い案件があれば転職したい」「自分のスキルでどれくらいのスカウトが来るのか知りたい」などの考えの人におすすめです。

2020年6月現在、求人数は56,629件です。年収1,000万円以上の求人も18,000件以上あるなど、ハイキャリアにふさわしい求人を豊富に保有しています。

ハイキャリア向け転職エージェント②クライスアンドカンパニー

クライスアンドカンパニーは、1993年の創立時からハイキャリア向けの転職支援サービスを手掛ける株式会社クライス&カンパニーが運営しています。

クライスアンドカンパニーの特徴は、キャリアカウンセラーの国家資格者がフォローしてくれるため、コンサルティングの質が高いことです。

転職エージェントを利用した転職は、担当者のコンサルティング力が転職の成否を大きく左右するため、担当者の質が高いことは大きなメリットです。

一般的な転職エージェントのサポート期間が3カ月ほどであるのに対し、中長期にわたるサポートをしてもらえるので、今すぐに転職したいわけではない人にもおすすめです。

2020年6月現在、公開求人は2,975件、非公開求人は6,652件です。扱っている求人の多くは東京近郊のため、都内や近隣地域に済んでいる人におすすめの転職エージェントです。

ハイキャリア向け転職エージェント③ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、株式会社ビズリーチが運営する業界大手のハイキャリア向けヘッドハンティング型転職サービスです。

キャリアカーバーと同様、登録するとヘッドハンターからスカウトが届くほか、高収入の非公開求人への応募が可能です。

ビズリーチを利用するメリットは、国内最大級のハイキャリア向け求人の中から、自分の希望に合う求人を見つけられることです。

2020年6月現在の公開求人数は111,000件で、このうち3分の1以上は年収1,000万円以上の求人です。

非公開求人への応募など、一部の機能は有料プランに加入しないと利用できませんが、無料でも一部のスカウトへの返信や求人への応募が可能です。

登録する(無料)

「まずはプラチナカードから」の人におすすめのエージェント

ブラックカードが欲しい人の中には、カードの利用実績を積むために「まずはプラチナカードを持ちたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめの、現在の年収からステップアップできる転職エージェントを紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣事業大手のパソナが運営する転職エージェントで、転職後に年収アップした利用者の割合は67.1%と高いのが特徴です。

利用者に寄り添った親切なサポートにも定評があり、2020年オリコン顧客満足度調査の転職エージェントで1位になるなど、利用者からの評判も良いエージェントです。

2020年現在、公開求人数は27,224件で、全国の求人を扱っています。

転職して年収を上げたくても、転職が初めてで不安な人や、今後のキャリアプランをじっくりと考えた上で決断したい人に特におすすめです。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大手のリクルートグループが運営する転職エージェントで、最大手ならではの豊富な求人数と充実のサポートが魅力です。

2020年6月現在、公開求人数は101,272件、非公開求人は107,230件と、業界トップクラスの求人数を保有しています。

担当者の交渉能力が高く、利用者の転職後年収アップ率は62.7%と、6割以上の人が転職による年収アップを実現しています。

転職して年収を上げたい人の中でも、さまざまな求人から自分に合ったものを厳選したい人におすすめです。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、世界各国で人材紹介業を展開するランスタッド株式会社が運営する転職エージェントで、外資系の求人に強いのが特徴です。

20代・30代向けの「キャリアアップ転職」に加え、ハイキャリア向けの「プロフェッショナル転職」のサービスを提供しています。

2020年6月現在、キャリアアップ転職の公開求人数は6,966件、プロフェッショナル転職の公開求人数は2,120件です。

転職して年収を上げたい人の中でも、外資系企業や外国語を使った仕事に転職したい人におすすめです。

登録する(無料)

ブラックカードに関するよくある疑問

ブラックカードの入手条件などを説明してきましたが、「ブラックカードを持っている人の平均年齢が知りたい」など、疑問が残っている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、ブラックカードに関するよくある疑問と、その答えを紹介します。

ブラックカードの保有率は?

2011年に楽天リサーチが行った「クレジットカードに関する調査」によると、最上位カードを保有している人は全体の1.4%でした。

ここでの最上位カードとは、ブラックカードとプラチナカードを指すため、調査時のブラックカードの保有率は1.4%よりさらに低いと推測されます。

ただし、近年はブラックカードの審査基準が緩和傾向にあるとの口コミもあり、2011年時点と比較してブラックカードの保有者は増えている可能性もあります。

ブラックカードとプラチナカードの違いは?

ブラックカードはプラチナカードの上位ランクとして誕生した経緯があり、ブラックカードはプラチナカードよりランクが高いとの考えが一般的です。

年会費を比較しても、プラチナカードよりもブラックカードの方が年会費が高いケースが多く、ブラックカードの方がランクが高いことが伺えます。

カードの入手方法も、プラチナカードの多くは自分で申し込めるのに対し、ブラックカードはほとんどがインビテーションが必須という違いがあります。

ブラックカードの上のランクはある?

ブラックカードはクレジットカードの中で最もランクが高いカードの総称で、ブラックカードより上のランクは存在しません。

インターネット上の口コミでは「JPモルガンのパラジウムカードはブラックカードより格上」などと言われていますが、実際にはパラジウムカードもブラックカードの一種です。

ブラックカードの年会費が高い理由は?

ブラックカードの年会費が高額なのは、コンシェルジュサービスや付帯保険などの特典が充実しているからです。

年会費が高額な分、他のランクのクレジットカードでは提供されない質の高いサービスが受けられます。

ブラックカードを持ってる人の平均年齢は?

ブラックカードの所持者の年齢は非公開のため、ブラックカードを持っている人の正確な平均年齢は分かりません。

ただし、クレジットカード審査の結果をまとめた「クレファン」というサイトでは、ブラックカードの審査に合格した人の情報をもとに、所持者の平均年齢が提示されています。

クレファンによると、アメックスセンチュリオンカード所持者の平均年齢は40.1歳、ダイナースクラブプレミアムカードは40.6歳、JCB THE CLASSカードは40.5歳だそうです。

他のカードも、楽天ブラックカードが43.7歳、ANAダイナースプレミアムカードが40.9歳、LUXURY CARDが41.4歳、SURUGA VISA Infiniteカードが37.6歳と、40歳付近に集中しています。

以上のデータから、ブラックカード所持者の平均年齢は40歳前後と推測されます。

ブラックカードを持ってる主な芸能人は?

芸能人の中には、ブラックカードを持っていることを公言している人や、番組内でカードの所持を明かした人が多くいます。

たとえば、音楽プロデューサーのつんくさんは、テレビ番組の「財布の中身を公開する」という企画で、アメックスセンチュリオンカードを持っていることが明らかになりました。

名司会者のタモリさんも、番組内の企画で支払いにブラックカードを使用したことで、ブラックカードを持っていることが分かりました。

ブラックカードは高ステータスの極み!転職・年収アップして招待を待とう!

ブラックカードは他のクレジットカードと異なり、自分で申し込みができません。まさに「選ばれた人だけが持てるカード」です。

招待を受けるにはカードの利用実績が必要なものの、ブラックカード欲しさに自分の返済能力を上回る買い物をしては本末転倒です。

ブラックカードの招待を受けるには、何よりもクレジットヒストリー(信用履歴)が重要です。利用金額を支払うだけの年収がなければ、インビテーションは受けられません。

ブラックカードを持ちたいと思ったら、まずは転職などで年収を上げて十分な返済能力を確保する必要があります。インビテーションを受けるための利用実績はその後に検討すべきです。

転職エージェントを有効活用して年収を上げ、ブラックカードのインビテーションを待ちましょう。