富士ソフトの年収は低い?最悪・激務の評判も徹底検証!

富士ソフト

富士ソフトは1970年設立の東証一部上場の大手独立系ITソリューションベンダーです。

富士ソフトでは主に銀行・証券・生損保などの金融系や製造、医療、文教などの業務系システムの開発と構築以外に、年賀状ソフト「筆ぐるめ」なども展開しています。

この記事では、富士ソフトの年収や評判を徹底検証した上で、富士ソフトやIT系企業に転職して高年収を目指す人に転職の秘訣を紹介します。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

富士ソフトの年収は?年齢・職種・役職別まとめ

富士ソフトは社員の平均年齢が35.6歳と、比較的若い技術系社員が中心の企業です。

年齢構成が同業他社と異なるため、単純比較が難しい面もありますが、富士ソフトの年収は低いのか、年齢、職種、役職ごとに検証してみます。

富士ソフトの平均年収・平均年齢推移

富士ソフトの有価証券報告書から、年度ごとの平均年収、平均年齢、平均勤続年数、従業員数を一覧表にしました

年度平均年収平均年齢平均勤続年数従業員数
2019年度594万円35.0歳9.0年7,840人
2018年度586万円36.8歳10.4年6,401人
2018年度594.9万円36.0歳9.0年7,134人
2017年度609.7万円37.0歳10.7年5,919人
2016年度598.4万円37.1歳10.9年5,547人

富士ソフトの従業員平均年齢は年々低下し、それに比例して平均勤続年数も減少しています。

富士ソフト自体は増収増益傾向を維持し、業績好調です。ただ、勤続年数の低下は離職率の高さの裏返しである可能性を否定できません。後ほどその点について検証します。

富士ソフトの生涯年収

富士ソフトの生涯年収は、新卒22歳で入社、62歳退職の41年間勤務と仮定して算出しました。算出に使用したのは厚生労働省「賃金構造基本統計調査2019」掲載の賃金カーブです。

富士ソフトの新卒初任給、平均年収と上記賃金カーブから算出した生涯年収は2億4,077万円です(男性)。全国平均の生涯年収2億2,738万円と比較して、やや高めです

東洋経済新報社の上場企業3241社を対象にした「生涯給料!『全国トップ500社』最新ランキング」(2019年10月)では、全調査対象社の平均生涯年収は2億2304万円でした。

全国平均、東洋経済新報社のいずれのデータと比較しても、富士ソフトの生涯年収は比較的上位にあると判断できます。

富士ソフトの新卒年収

富士ソフトの採用サイトによると、2021年度新卒初任給は以下の通りです。

区分初任給
大学院(博士了)26万円
大学院(修士了)24.4万円
大学・高専専攻科・高度専門士・専修4年卒22.6万円
専修3年卒22.3万円
高専本科・短大・職短・専修2年卒22万円

ボーナスについて、在職者の口コミ情報によると新卒の賞与は約3.6ヶ月程度です。

賞与を加味して大卒の新卒初任給226,000円をベースに年収を試算すると、単純計算で226.000円×(12ヶ月+3.6ヶ月) = 352.6万円です。

ここに残業代3万円/月と諸手当を含めて、新卒年収は約390万円前後とみられます。

富士ソフトの年収・年齢別

富士ソフトの初任給データと、労働政策研究所・研修機構が厚生労働省「賃金構造基本統計調査」(2019)を元に作成したの賃金カーブを基に年齢別年収をシミュレーションしました。

年齢推定年収(月収×17ヶ月分※)
20~24歳384万円
25~29歳453万円
30~34歳524万円
35~39歳591万円
40~44歳648万円
45~49歳703万円
50~54歳763万円

※月収(12カ月)に加え、賞与4ヶ月分、その他手当(残業手当、役職手当など)を年間で月収の1ヶ月分と想定して試算。

富士ソフトは20代で日本の平均年収441万円を上回り、その後も年齢に応じて安定した収入を得られるようです。

口コミによると富士ソフトは残業が多い会社でしたが、現在は部所単位で、月間平均残業時間30時間以内を目標に削減に取り組んでいます。

仮に月間残業時間の平均を20時間と仮定すると、非管理職(主任以下)の推定年収はもう少し上がるでしょう。

富士ソフトの年収・役職別

以下、富士ソフトの役職別年収を一覧にしました

富士ソフトには係長の職位がありませんので、主任を係長の代わりとしました。

役職平均年収(推定)
主任600万円~750万円
課長800万円~950万円
部長1,000万円~

富士ソフトには職位制度があり、職位は担当→専門→リーダー→主任→課長→次長→部長と上がっていきます。

基本給は職位が一つ上がると1万円前後ずつ増えていきます。残業代は主任までは支給されます。他に定期昇給があり、役職によって異なりますが、概ね数千円程度です。

役職別平均年収はopenworksの口コミ211名分の年収回答から割り出しました。富士ソフトは部長以上になると年収1000万円を超えるようです。

富士ソフトの年収・職種別

富士ソフトの職種別年収は以下の通りです。

富士ソフトは採用時に一般職、総合職の区分がありません。年収に関する口コミ情報211件のうち、職種を回答した56人のデータから職種別年収を集計しました。

  • 技術職 :年収350万円〜年収800万円前後
  • 営業職 :年収400万円〜年収750万円前後
  • 事務職 :年収400万円〜年収700万円前後

富士ソフトは技術系社員が7割を超えるITベンダー企業です。賃金は資格と職位に応じて決まり、職種別賃金制度ではありません

口コミから判断する限り、職種による賃金差はなく、残業手当や人事考課点による昇給額、賞与額によって年収に個人差が生じることが確認できました

富士ソフトの福利厚生は?

富士ソフトのWEBサイトと口コミから、福利厚生について探りました。ユニークな手当にも触れておきます。

  • 有給休暇取得促進 : 社員や家族の誕生日、子供の学校行事などを「マイホリデー休暇」として設定し、計画的な有給休暇の取得を促進しています。
  • 在宅ワーク促進 : 会社支給のスマホ、自社ソフトの「moreNOTE」活用した在宅ワーク制度を導入しています。
  • 長期休業制度 : 自己啓発、ポランティア活動、海外留学などを目的として最大1年間の連続休暇を取得できる制度です。
  • 独身寮・社宅 : 冷暖房・キッチン・バス・トイレを備えつけた寮や社宅が用意されています。

ユニークな手当制度として、禁煙手当月1,000円、半年に一度の文具手当1,000円、公的資格手当月1~2万円 などがあります。

富士ソフトの年収ランキング・年収偏差値は?

各企業の有価証券報告書から算出した従業員平均年収ランキングで、富士ソフトは1,916位でした。国内全約3,800社の上場企業のうち、富士ソフトの平均年収はほぼ中位にあります。

年収偏差値とは性別、年齢、学歴、職種などの条件が同じ集団の中で、年収が平均や他社と比べて低いのか、高いのかを数字で示したものです。

富士ソフトの年収偏差値は「情報・通信業界」では47.3と平均より低く、「全国・全産業」の中では年収偏差値は54.6と平均より上位です。

富士ソフトの評判が最悪?実際に働く人の声を調査!

富士ソフトは1996年から約10年間、富士ソフトABCの社名を冠していました。

当時は、「IT暗黒四天王」と揶揄されるなど、ブラック企業の代表のように言われていましたが、全社あげて改善に努めた結果、最近は「最悪」との評判はあまり聞かれなくなりました。

では富士ソフトは働きやすい会社となったのか、口コミから実態に迫ります。

富士ソフトは激務?働く人の口コミまとめ

一時期、富士ソフトは「激務」「残業が非常に多い」との噂が絶えませんでした。

電通で過労死問題が噴出した頃からIT企業はこぞって残業削減に取り組み、富士ソフトも例外ではありませんでした。

口コミによると、富士ソフトは月間残業時間30時間以内を目標として、全社あげて取り組んでいるのがうかがえます。

Twitterで「富士ソフト 残業」や「富士ソフト 激務」で検索しても、ネガティブなツイートはさほど見当たりません。ヒットしても、2015年以前のツイートがほとんどです。

以下は、富士ソフトの勤務環境を巡る比較的ネガティブなツイートで、「残業が多い」との不満が共通しています。一方、「激務でつらい」などのコメントは見当たりませんでした。

むしろ、openworkでは残業について好意的な口コミもありました。残業申請を却下されることはなく、むしろ当人の意思を尊重する姿勢が強いとのことです。

一部客先常駐や、カットオーバーを迎えたプロジェクトで一時的に激務となるケースはあるようです。

ただし、月60時間以上の残業は本部長決裁、40時間以上は部長決裁でハードルが高く、かなり残業は抑制されています。

富士ソフトの離職率は?

東洋経済新報社が毎年発刊している「就職四季報総合版2021年版」によると、富士ソフトの離職率は以下の通りです。

  • 離職率:5.2%
  • 3年後離職率15.5%

厚生労働省「新規学卒就職者の離職状況」(2019年10月)によると、新卒者の3年以内離職率は大卒32%で、 富士ソフトの3年後離職率は15.5%はかなり低いことが分かります。

ちなみに就職四季報2018年版では、富士ソフトの3年後離職率は約35%でした。この3年間で大きく改善していることが分かります。

一時期、「ブラック企業」「最悪」の噂も立ち、離職者が相次いだ富士ソフトですが、労働環境の改善に注力した結果か、新卒の3年離職率は半減しました。

富士ソフトの転職難易度は?

富士ソフトの求人を見ると、経験者採用は全国的に幅広く行っているようです。

富士ソフトは中途採用者数が3桁あり、全体的には就職難易度はさほど高くないと見られがちですが、年齢や経験、職種によって難易度にバラツキがあります。

募集条件として、即戦力を重視した実務経験者の求人が多く見られます。富士ソフトが求める業務スキルは比較的高く、経験者採用の転職難易度は必然的にやや高めになります

IT系はスキル重視で、営業系の募集も3年以上の法人営業経験が目安です。

一方、未経験者採用であれば、逆に入社難易度は低くなるでしょう。

富士ソフトは20代の若年層で、転職歴が少なく、IT業界への転職を希望する方であれば比較的入社しやすい企業と考えて良いでしょう。

富士ソフトやその他優良企業へ高年収で転職成功させる方法

富士ソフトは中途採用で年間100人を超える大量採用を行っている企業であり、日立や富士通と比較すると転職しやすい会社と考えられます。

社員の平均年齢が36歳前後と比較的低いため、年齢的には20代~30代が有利と思われ、ステップアップの企業としておすすめです。

IT企業である富士ソフトに転職しやすい人材は、システム開発実務経験が豊富な人、IT製品の法人営業経験がある人、IT関連の事業戦略経験を有する人があげられます。

富士ソフトは、転職エージェントを介した中途採用が中心です。富士ソフトへの転職には、転職エージェントの活用が必要です。

以下で紹介する3社の転職エージェントをご検討ください。

パソナキャリア

パソナキャリア

株式会社パソナが運営する人材紹介サービスの「パソナキャリア」は常時5万件以上の求人を保有し、25万人もの転職支援実績を誇る総合型転職エージェントです。

パソナキャリアでは各業界に明るい専任アドバイザーによる、親身なキャリアカウンセリングが行われ、豊富な求人や転職情報を無料で提供しています。

転職希望者のキャリアアップや自己実現をサポートするプログラムも多数用意している点も特徴です。

2020年には、オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」ランキングにて、総合第1位を2年連続で獲得しており、利用者の満足度が高い特徴もあります。

面接指導、職務経歴書の添削、業界・市場動向に関するアドバイスなど、サポートの幅が広く、初めての転職者も安心して任せられます。

同社のサイトには富士ソフトの年収400万円~800万円の求人が多数掲載されており、富士ソフトへの転職希望者は登録しておきたい転職エージェントです。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は業界最多の30万件を超える求人数を誇り、求人数、ノウハウ面ともに信頼できる転職エージェントです。

転職ルートは人事部以外に、クライアントの各セクションから直接非公開求人の依頼を受けているケースもあり、クライアントとさまざまなパイプを持つことを強みにしています。

面接ノウハウを伝授する面接力向上セミナーや、各企業の詳細情報を掲載したエージェントレポート、履歴書・職務経歴書の添削など、利用者を丁寧にサポートする体制が揃っています。

非公開求人数は20万件を超え、高年収案件も多くあります。20歳〜30歳の転職決定者も多く、ITエンジニアや営業職を広く求める富士ソフトにはマッチした転職エージェントです。

同社の求人サイトには富士ソフト関連の求人が1,000件近く掲載され、エンジニア系から営業、事務職まで職種は幅広く、勤務地も全国津々浦々にまたがっています。

同業の日立や富士通の求人情報も豊富にあります。よい多い年収を目指して、富士ソフト以外の複数社を同時並行で進めたい方に特におすすめします。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは世界39カ国・地域で人材ビジネスを展開し、60年間の支援実績を誇る世界最大級の外資系転職エージェントです

外資系企業やグローバルな日系企業を中心に、メーカーや金融、ITなど幅広い業種の高年収案件を多く扱っています。

ランスタッドの利用者の多くが30歳代までを占め、20歳代〜30歳代の転職に強いエージェントです。

各業界とコネクションを持つ優秀なキャリアアドバイザーが、丁寧にサポートを行います。「多くの求人を紹介してくれた」「アドバイスが分かりやすかった」などの良い評判も多くあります。

外資系企業やグローバル日系企業を得意としているので、富士ソフトに加え、外資系や富士通、日立、NECなどの人気企業を同時に狙いたい方にエントリーをおすすめします。

登録する(無料)

富士ソフトの年収まとめ

ここでは、富士ソフトの年収や転職に役立つ情報などを紹介してきました。最後にポイントをまとめておきます。

  • 富士ソフトは、社員の平均年齢が35.6歳と若い
  • 平均年齢が低いこともあり、平均年収は上場企業のうち中ほど
  • 平均年齢が低いことから、逆に生涯年収は上場企業の平均より高い
  • 一時期ブラック企業の噂があったものの、今は安心して働ける環境が整っている
  • 中途採用数は多いものの、スキル・経験重視で転職難易度は低くない

転職エージェントはあなたのスキル、希望職種、希望年収などを確認したうえで、あなたに最適の転職先を紹介してくれるでしょう。

うまく転職エージェントを活用し、悔いが残らないよう、ベストな転職を目指してください。