ヒカキンは年収10億円超!推定総資産やYouTube収益を公開

ヒカキンは、日本を代表するYouTuberとして名高く、年収は10億円超と言われています。

「YouTuberって何故そんなに稼ぐことができるの?」「YouTuberの中でもヒカキンだけが特別?」と思った人も多いのではないでしょうか。

この記事では、ヒカキンの推定総資産やYouTuberの収入源について解説しながら、ヒカキンがYouTuberとして億万長者にまで上り詰めた成功の秘訣を明らかにしていきます。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

ヒカキンの年収はいくら?推定額と収入源を解説

YouTuberが高年収を実現できる職業だと知っていても、収益を得る仕組みを詳しく理解している人は少ないのではないでしょうか。

ここでは、ヒカキンのYouTuberとしての収入源を徹底検証し、高年収の秘訣を説明します。

ダウンタウンも驚くヒカキンの年収!2019年は推定10億円強

ヒカキンは2006年からYouTuberの活動をはじめ、ヒューマンビートボックス(人間の発話器官を使って音楽を創り出す音楽表現)で一躍有名となりました。

現在は、商品紹介やゲーム実況など、幅広いジャンルの動画を投稿しています。ヒカキンが運営する4つのチャンネル合計の再生回数は、2020年3月時点で120億回以上を誇ります。

ヒカキンの年収について正確なデータは公表されていませんが、主な収入源は以下の5つです。

  • YouTube広告料:推定5億8000万円
  • 企業案件:推定3億4100万円~7億9500万円
  • 芸能活動(テレビ・CM):推定4,400~5,600万円
  • 役員報酬(UUUM):推定1,000万円

上記4つの収入源のほかに、本の執筆料やイベント出演料など全てを合計すると、2019年の年収は10億円超となるでしょう。

2018年2月にフジテレビ系列「ダウンタウンなう」に出演した際、ヒカキンは共演者に年収額を暴露しています。

実際の金額は視聴者に伏されたものの、ダウンタウンをはじめとする共演者がその金額に絶句する様子が放送されました。ヒカキンの年収が予想を遥かに超える額だったのでしょう。

ヒカキンが払う税金はどのくらい?

税金(所得税・住民税)は、収入から経費を差し引いた「所得」に対してかかるため、年収が高くなれば支払う税金も高くなります。

国税庁HPによると、4,000万円超の所得には45%の所得税が課せられます。億以上の高年収になると、半分近くは税金で支払わなければなりません。

ヒカキンは推定年収10億でも、動画撮影などに多額の経費がかかっているため、納める税金は数億円とみられます

ヒカキンの収入源は?高年収な理由を解説

ヒカキンが高年収の理由は、YouTubeの広告料収入に加え、芸能活動や役員報酬など、複数の収入源があるためです。

ここでは、それぞれの収入源について詳しく紹介します。

ヒカキンの収入源①YouTubeの広告料収入

収益化しているYouTuberの動画では、冒頭や途中に企業などの広告が流れます。企業がYouTubeに広告を出稿し、TVCMのようにYouTubeで商品やサービスを宣伝しているのです。

YouTuberが得る広告料収入は、企業がYouTubeに支払う広告出稿料のうち、YouTubeの取り分を差し引いた額です。

広告料収入は「1再生あたりの単価×動画再生回数」で決まり、動画本数や再生回数が多いほど広告料収入は跳ね上がります。

1再生あたりの単価は0.1円から始まり、チャンネル登録者数が多く、ブランド力のあるヒカキンは0.3円以上と言われています。

1再生あたり0.3円とすると、ヒカキンの2019年の広告料収入は推定5億8000万円です。

チャンネル別広告料収入

チャンネル年間動画再生回数(2019年)広告料収入(単価0.3円)
HIKAKIN1938万回581万円
Hikakin TV11億5077万回3億4523万円
Hikakin Games7億5884万回2億2765万円
Hikakin Blog418万回125万円
合計19億3317万回5億7994万円

ヒカキンの収入源②企業案件

企業案件とは、企業からの依頼に基づき、YouTuberがその企業の商品紹介や宣伝の動画をYouTubeに投稿することです。案件を請け負ったYouTuberに企業側から支払われる報酬が、企業案件収入です。

企業案件の相場は、YouTuberのブランド力、動画の評価、チャンネル登録者数などによって決まります。一般的には平均動画再生回数で決定されると言われています。

  • 企業案件の相場= 直近30日間の平均動画再生回数 × 3~20円

1件あたりの企業案件収入を公表している人気YouTuberの例を表にまとめました。

YouTuberの企業案件相場(2018年4月時点:PROWRESTRING SHIBATAR ZZチャンネルより)

YouTuberチャンネル登録数平均動画再生回数企業案件相場単価
アディ男14万人7万回150万円21円
ラファエル170万人25万回320万円13円
レペゼン地球65万人55万回430万円7.8円

他のYouTuberの例を参考にしつつ、ここでは単価3円~7円と仮定してヒカキンの企業案件の相場を検証します。

ヒカキンの企業案件相場(2020年4月時点)

チャンネルチャンネル登録数平均動画再生回数3円7円
Hikakin TV832万人488万回1464万円3416万円
Hikakin Games464万人348万回1044万円2436万円

ヒカキンが2019年に投稿した企業案件数(「提供」「タイアップ」と動画説明欄に記載された動画本数)を独自に集計した結果は以下の通りです。

  • Hikakin TV:14件(提供企業:バンダイ、おやつカンパニー、ローソンなど)
  • Hikakin Games:13件(提供企業:セガゲームズ、Nintendoなど)

このことから、ヒカキンの企業案件収入は推定3億4100万円~7億9500万円です。

ヒカキンの収入源③芸能活動

ヒカキンのCM出演料は1本当たり1,000万円と言われ、2019年にヒカキンが出演したCMは以下の2本です。

  • メルカリ(2019年8月 メルペイ)ー人気YouTubeのはじめしゃちょーと共演
  • メルカリ(2019年12月 メルペイスマート払い)

ヒカキンは最低でも1ヶ月に1回はTV出演をしています。実際に、2019年に出演した主なバラエティ番組は以下の通りです。

  • TBS系列「ニンゲン観察バラエティモニタリング」
  • 日本テレビ系列「踊るさんま御殿」
  • 日本テレビ系列「ぐるぐるナインティナイン」

ヒカキンは「Hikakin&Seikin」のユニットで歌手としても活躍しています。2019年に4枚目のシングル「夢」をリリースし、ミュージックステーションに出演しました。

特に2019年は、映画「トイ・ストーリー4」やアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の声優、テレビ朝日系列ドラマ「ドクターX」で俳優もこなし、YouTuberの枠を超えて活躍しています。

ヒカキンのような大物YouTuberともなると、数時間のTV出演で200万円~300万円の出演料と言われています。

1ヵ月に1本のTV出演をしていると仮定すると、出演料だけで年収2,400万円~3,600万円と推定できます

ヒカキンの収入源④UUUMの役員報酬

ヒカキンはUUUM株式会社に所属するYouTuberで、UUUMの最高顧問でもあります。このため、会社の役員報酬が発生します。

2019年の有価証券報告書によると、社外取締役(監査等委員)の役員報酬は4人に対し計3,929万円、取締役報酬は4人に対し計1億4,950万円です。

ヒカキンの役員報酬は公表されていませんが、1,000万円以上の役員報酬を受け取っている可能性が高いです。

ヒカキンの総資産はどのくらい?成功した経緯や年収推移も紹介

ヒカキンは、YouTubeの広告料収入に加えて複数の収入源を持つことで、年収10億円を超える億万長者に上り詰めました。

「貯金額はいくら?」「昔は何をしていたの?」など、ヒカキンについて詳しく知りたい人は多いのではないでしょうか。

ここでは、ヒカキンが億を稼ぐ人気YouTuberとなった経緯や、総資産について説明します。

ヒカキンの経歴と年収推移

ヒカキンは1989年4月21日生まれの31歳で(2020年5月時点)、高校生だった2006年12月に自身の公式チャンネルをYouTubeで開始しました。

ここでは、ヒカキンの生い立ちやYouTubeを始めてからの経歴も詳しくみていきます。

ヒカキンの経歴①子供時代

ヒカキンは1989年4月21日に新潟県妙高市で、次男として生まれました。2つ上の兄・セイキンは、ヒカキン同様にYouTuberとして活躍しています。

ヒカキンの小学生時代の夢は「スキージャンプでオリンピックに出場すること」で、高校生までスキージャンプの選手として活躍しています。

ヒカキンがヒューマンビードボックスに興味を持ち始めたのは、小学生の頃に見たフジテレビ系列「ハモネプリーグ」がきっかけと言われています。

ヒカキンの経歴②スーパーの店員をしつつ活動継続

高校卒業までは、生まれ故郷の新潟県でヒューマンビートボックスの路上ライブ活動を行い、高校3年の2006年にYouTubeに公式チャンネル「HIKAKIN」を開設しました。

動画投稿の当初の目的は、自分のパフォーマンスを見てもらうための趣味の一環で、軽い気持ちでYouTubeを始めたとヒカキンは語っています。

高校卒業後は活動拠点を東京に移し、スーパーの店員をしながらYouTubeの動画投稿を続けています。当時の投稿件数は月1~2本で、スーパーの給与で生計を立てていたとみられます。

2019年4月に放送された日本テレビ系列「幸せ!ボンビーガール」に出演した際、当時は家賃2万円の社員寮に住み、手取りは15万円だったとヒカキンは語っています。

このため、ヒカキンのスーパー店員時代の年収は240万円程度だったと予想できます。

ヒカキンの経歴③収入増でYouTubeに専念

ヒカキンを一躍有名にしたのは、「スーパーマリオブラザーズ」シリーズのBGMをビートボックスでメドレーにした動画「Super Mario BeatBox」です。

この動画がきっかけとなり、ヒカキンはYouTubeパートナー(広告収入を得るシステム)のオファーを受けます。その後、ヒカキンは以下の実績をあげています。

  • YouTubeベストパートナー500人選出(2010年)
  • 「WOWスタープロジェクト」優勝(2010年)

2011年には、商品紹介などの動画投稿を始めました。翌年2012年にスーパーの仕事を退職してYouTube活動のみに専念しています。

ヒカキンは、インタビュー記事で「気が付いたらYouTubeからの収入が会社員の給料を超えていた」と話しています。

2012年当時のサラリーマンの平均年収は408万円(国税庁「民間給与実態統計調査」)のため、YouTubeの活動に専念し始めた頃の年収は、400万円万円以上だったと推定できます。

ヒカキンの経歴④100億再生突破の人気YouTuberに

2012年以降は、エアロスミスやアリアナ・グランデなど、トップアーティストとの共演を実現し、YouTuberとしてだけではなく一流パフォーマーとして知名度をあげていきます。

2015年には、運営チャンネル「Hikakin TV」の登録者数が257万人を突破し、国内1位に輝きました。この時点で、Youtubeの広告料収入だけでも年収1億円程度とあると予想できます。

2019年3月には累計動画再生回数100億回(4チャンネル合計)突破の偉業を達成し、名実ともに日本を代表する人気YouTuberとなりました。

ヒカキンの総資産はどのくらい?

ヒカキンは2020年3月に動画再生回数累計120億回を突破しましたが、単純計算で推計36億円(120億回×0.3)の広告料収入を貰っています。

約半分の税金を支払ったとしても、18億円がヒカキンの資産となっていると考えられ、2019年4月に投稿された動画(Hikakin TV)で驚きの貯金額が公表されました。

動画内でヒカキンは自身の通帳残高を映し出しており、なんと貯蓄額は100億円でした。

ほかにも、ヒカキンは所属するUUUM株式会社の株式を60,000株保有しています。2019年3月末時点のUUUM株式会社の株価は「1株=2,056円」のため、保有株だけで推定1億2336万の資産があります。

ヒカキンの住む高級マンションは家賃が300万円であったり、動画で高額な品をたびたび購入していたりしますが、これらの出費は経費として計上しているはずです。

結果として納税額が抑えられ、総資産は100億円近くにいっているのでしょう。

ヒカキン以外の人気YouTuberと年収を徹底比較!高年収の秘訣は?

「YouTuberになれば誰でも高収入を目指せる?」と思った人も多いのではないでしょうか。

ヒカキンはYouTubeの広告料収入のほかに、芸能活動収入や所属会社の役員報酬など、複数の収入源で高収入を得ています。

では、ヒカキン以外の人気YouTuberはどのような収入源を持っているのでしょうか。

人気YouTuber4人の推定年収を紹介

「YouTuber=ヒカキン」のイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。ヒカキン以外にも多方面で活躍する人気YouTuberは数多くいます。

ここでは、ヒカキン以外の人気YouTuber4人の推定年収と収入源を紹介いたします。

セイキンの推定年収

セイキンはヒカキンの実の兄で、2012年からYouTubeでチャンネルを開設しました。歌や面白商品の紹介、ゲームの実況など、ジャンルに捉われず幅広い内容の動画で人気があります。

セイキンのYouTubeチャンネル情報(2020年4月時点)

チャンネル登録者数平均動画再生回数
Seikin TV382万人132万回
Seikin Games133万人26万回

セイキンの主な収入源は以下の5つです。

  • YouTube広告料:推定1億1500万円~1億7300万円
  • 企業案件
  • 音楽活動
  • 芸能活動(CM出演・声優)
  • その他、イベント出演

ヒカキンと比較するとチャンネル登録数、平均動画再生回数ともに少ないですが、YouTubeの広告料収入だけでも、年収1億円以上あると予想できます。

セイキンは音楽活動に力を入れ、ヒカキンとユニットを組んだ楽曲も含めると6曲のシングルをリリースしています。そのほか企業案件などの収入も含めると、推定年収は2億円程度です。

はじめしゃちょーの推定年収

はじめしゃちょーは、ヒカキンと同じUUUMに所属する人気YouTuberです。2016年にはチャンネル登録者400万人を突破し、単体のチャンネル登録者数ではヒカキンを抜いて国内1位に輝いています。

はじめしゃちょーは、2012年に静岡大の同級生と一緒に動画投稿チームを結成し、YouTuberとして活動を始めました。2020年4月現在も、チャンネル単体登録者数は国内1位をキープしています。

商品紹介をはじめ、ドッキリ企画や奇想天外な実験など、時には危険なことにも笑いを交えながらチャレンジをする動画が、若者層からの人気を集めています。

はじめしゃちょーのYouTubeチャンネル情報(2020年4月時点)

チャンネル登録者数平均動画再生回数
はじめしゃちょー853万人347万回
はじめしゃちょー2251万人49万回
はじめしゃちょーの畑201万人196万回

主な収入源は以下の5つです。

  • YouTube広告料:推定4億3200万円~6億4800万円
  • 企業案件
  • 芸能活動(テレビ・映画・声優・CM)
  • 写真集
  • そのほかイベント出演

YouTube広告料収入だけで推定4億円以上あります。ヒカキンと同様に高いブランド力を持つはじめしゃちょーは、企業案件、テレビ・CMや映画出演、写真集発売など多彩な活動をしています。

全ての収入をあわせると、はじめしゃちょーの年収は7億~8億程度となるでしょう。

ラファエルの推定年収

ラファエルは、元陸上自衛官という異色の経歴をもつYouTuberです。退官後、民間企業の営業職に転身し、副業としてYouTubeを始めています。

トレンドマークの白の仮面は、当時勤務していた会社への顔バレを防ぐ目的があったと言われています。

過激な発言や行動により、炎上やアカウント停止処分を受けた過去がありますが、活動再開後は徐々に登録者数を伸ばしています。

ラファエルのYouTubeチャンネル情報(2020年4月時点)

チャンネル登録者数平均動画再生回数
ラファエル156万人103万回
ラファエルサブチャンネル24万人10万回

複数の会社経営者の一面もあるラファエルの主な収入源は以下の通りです。

  • YouTube広告料:推定8200万~1億2400万円
  • 企業案件
  • 会社経営(アプリ作成会社、コンサルタント会社、IT系アプリ会社)
  • 役員報酬
  • 書籍出版

事務所に所属せずに個人でマネジメントを行っているラファエルは、自身の事務所も含めて4つの会社を経営しています。会社からの役員報酬は、200万円程度と公表しています。

4つの会社の収益と企業案件の収入も含めると、ラファエルの推定年収は4億円~5億円程度です。2020年に投稿された対談動画の中でも、ラファエルは年収5億円以上はあると語っています。

ヒカルの推定年収

ヒカルは、工場の作業員や情報商材の営業など、いくつもの職を転々としながら人気YouTuberになった経歴を持ちます。営業職時代の成績は、常にトップだったと言われています。

2013年にYouTubeの活動を開始し、お祭りくじを買い占めて当たりの有無を検証したり、高級車や高級ブランドを大量に購入したりと、たくさんのお金を使う動画で人気になりました。

最近では芸能人の宮迫博之氏(雨上がり決死隊)とのコラボ動画や、靴と衣料品の通販会社「ロコンド」とのタイアップ動画で世間を賑わせています。

ヒカルのYouTube情報(2020年4月時点)

チャンネル登録者数平均動画再生回数
ヒカル(Hikaru)387万人274万回
Hikaru Games55万人3万回
ヒカルのドーナツ屋さん27万人1万9000回
ヒカルさんの小遣い稼ぎ14万人9600回

主な収入源は以下の5つです。

  • YouTube広告料:推定2億400万円~3億600万円
  • 企業案件
  • 会社経営
  • 音楽活動
  • 不動産投資

広告料収入だけでも推定2億円以上の収入があります。全てを合わせた年収について、2020年4月の動画内で10億円前後あるとヒカル本人が語っています

ヒカルは、2019年に自身のアパレルブランド「ReZARD」を立ち上げるなど、幅広いビジネスを展開しています。現在は、YouTube広告料収入よりも他の収入源がメインとなっている可能性が高いです。

高年収な人気YouTuberになる秘訣は?

ヒカキンは高校生の頃にYouTubeの活動を開始していますが、YouTubeの収入だけで生計を立てるまで6年間かかっています。

推定年収10億円にもなるヒカキンが、ほんの数年前まではスーパーの店員をして生活を支えていたことに驚いた人も多いのではないでしょうか。

高年収の人気YouTuberになるには、複数の収入源を持ちながら活動を続けることが大切です。「継続は力なり」という言葉の通りです。

「YouTuberになればすぐにお金が稼げる」と安易に考えてはいけません。高年収の人気YouTuberになるまでには、時間がかかることを想定しておく必要があります。

そのため、まずは副業としてYouTubeの活動を始めることをおすすめします。

人気YouTuberになるには副業OKな職場に転職しよう!おすすめサービスを紹介

「今の会社って副業しても大丈夫?」と心配になった人も多いのではないでしょうか。いざYouTubeを始めようと思っても、職場の就業規定で副業ができない可能性があります。

働き方改革が進む中、副業を許可する企業は年々増えています。この機会に、副業OKの職場に転職して人気YouTuberを目指してみませんか。

ここでは、転職に使えるおすすめのサービスを紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、大手人材派遣会社のパソナが運営する転職エージェントです。2019年・2020年にはオリコン顧客満足度調査1位を獲得しています。

公式サイトで副業可能な求人を絞り込んで検索できるため、希望の求人を見つけやすいメリットがあります。2020年4月時点で、副業可とする求人は197件です(公開求人のみ)。

パソナキャリアには、副業・フレックス・リモートワークを希望する転職者向けの求人特集もあります。実際に、以下の求人があります。

  • Webディレクター募集(リクルートグループ100%出資会社)
  • 企画提案営業職(メディア・広告出版・印刷会社)

パソナキャリアはキャリアアドバイザーによるサポート力の高さにも定評があります。1対1の丁寧なサポートがあるため、気軽に質問や相談をしながら転職活動できます。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、リクルートグループが運営する転職エージェントです。

リクルートエージェントの強みは、豊富な求人を保有している点です。2020年4月時点で、公開求人106,023件、非公開求人118,589件と、圧倒的な求人数を誇ります。

副業の転職・求人情報も充実し、公開求人だけで220件を保有しています(2020年4月時点)。実際に以下の求人情報があります。

  • 成長率No.1ファームのマネジャー候補募集(ITコンサルタント)
  • Webエンジニア・SE募集(Webコンサルタント)

国内最大規模の求人数を誇るリクルートエージェントなら、業界・職種などの条件を妥協することなく、副業可能な求人に出会える可能性が高いです。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは、世界38カ国に4800以上の拠点をもち、売上世界第2位を誇るオランダの人材サービス会社です。

ランスタッドが保有するのは外資系企業の求人が約半数で、約80%が非公開求人です。独自の求人情報を多く抱え、他の転職エージェントでは見つからない求人に出会える可能性があります。

ランスタッドの強みは、希望条件にあった求人を厳選して紹介してくれることです。実際に利用した人の口コミには、「希望に合わない求人は進めてこない雰囲気があり安心した」との内容が見られました。

副業可能な外資系企業を希望している人や、希望の求人がなかなか見つからない人にとって、ランスタッドはおすすめの転職エージェントです。

登録する(無料)

昔は一般人だったヒカキン!収入アップには仕事選びが重要

ヒカキンは日本を代表するYouTuberとして圧倒的な知名度があり、推定年収は10億円を超えると言われています。

YouTuberになればたくさんお金が稼げると思う人は多いです。しかし、高年収の人気YouTuberになるのは難しく、地道に活動を続けていく必要があります。

ヒカキンも昔はただの一般人で、スーパーの店員をしながらコツコツとYouTubeの活動を続けて成功を収めました。

ヒカキン以外の人気YouTuberも、一般企業の営業職などの傍ら、副業としてYouTubeを始めています。

YouTubeで成功する秘訣は、複数の収入源を持ちながら収入アップを目指すことです。そのためにも、副業可能な仕事選びが重要です。

パソナキャリアやリクルートエージェントなど、この記事で紹介した転職エージェントに登録して、副業としてYouTubeの活動を始められる転職先を見つけましょう。