ホテルで働く人の年収ってどれくらい?職種別・ホテル別に年収を調査

転職でホテル業界を考えている人は、年収がいくらなのか気になるのではないでしょうか。

働く環境や福利厚生も大事ですが、年収は転職先を決める上での大きな要素です。

そこでこの記事を読めば、大まかな年収の目安がつかめるでしょう。

ホテルの年収は、働くホテルと職種によって変わります。

ここでは主な大手ホテルと、細かい職種別の年収をまとめました。

ホテル業界への転職を考えている人は、参考にしてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェント・サイトランキング【全33職種/328社】

ホテルで働く人の給料・年収はいくら?職種別に紹介!

ホテル業界の年収は平均320万円、高くても400万円台です。

単純にホテルと言っても、フロント業務などをするホテルマン・ホテリエやドアマン、コンシェルジュなど、さまざまな職種によって年収にも若干の違いがあります。

職種ごとの仕事内容と、年収を見ていきましょう。

ホテルマン・ホテリエ

ホテルマンとは、ホテル内でお客様の接客や受付をしたり、外で広報やマーケティングをしたりする人のことです。

ホテルにとっての営業職と考えるのが良いでしょう。

ホテルマンの平均年収は、300万円前後とされています。

競争が激しく不安定な業界のため、長く勤続しても収入アップは難しいでしょう。

外資系のホテルでは、もう少し給料の高いホテルが多いようです。

最近はグローバル化の影響で、英語など外国語を話せるホテルマンが重宝されています。

ホテルのドアマン

ドアマンとはお客様のお出迎えとお見送り、車の手配や施設の案内をする職種です。

一見シンプルな仕事ですが、お客様の顔を覚える記憶力や、マナーや語学力など、様々なスキルが要求されます。

ドアマンの年収は300万円~700万円と、大きなばらつきがあります。ドアマンの給料は、働くホテルのグレードでかなり変動するようです。

またドアマンは勤続年数やスタッフとしてのランク、保有する資格で給料が上がりやすくなります。

ベルパーソン(ベルボーイ、ベルガール)

ベルパーソンとは、チェックインしたお客様を客室まで案内する職種です。

地味な仕事に感じるかもしれませんが、おもてなし役としてホテルの印象を左右する大事なポジションと言えます。

そんなベルパーソンの平均年収は、300万円未満というケースがほとんどです。

給料が低い反面、立ち仕事が多いハードな職種なので、離職率も高い傾向にあります。

とはいえ、接客の基本を学べる最前線でもあるため、多くのホテルでは採用したばかりの新人にベルパーソンの経験をさせることが一般的です。

コンシェルジュ

ホテルのコンシェルジュは、お客様の旅行ルートなどの相談やトラブルに対応する職種で、花形職種として知られています。

外国のお客様に対応する機会も多く、語学が堪能でなければ務まりません。

年収は300万円~400万円ほどで、他の職種と比べるとやや高い傾向にあります。

ホテルの中でも重要なポジションであり、期待以上の仕事を果たせば昇給や優遇のチャンスも多いです。

業務外の時間も自己研鑽が必要ですが、その分高給に繋がっていると言えるでしょう。

客室係(ハウスキーピング)

ハウスキーピングとは、簡単に言うと清掃員のことです。

ハウスキーパーとも呼ばれ、主に客室の掃除や備品の補充をします。

部屋のセッティングをするルームメイクも担うので、作業は単調でもスピーディさが求められる仕事です。

年収は200万円代で他の職種よりもやや低い場合が多く、アルバイトなどの非正規職員にハウスキーピングを任せていることが多いです。

ただし、賞与を与えるホテルもあります。

給料はやや低いですが、基本的に日勤なので残業や夜勤がほぼありません。

ホテルで働く人の給料・年収は他の職業と比べて高い?低い?

ホテル業界の年収は、他の職業と比べると低いと言われています。

これは、競争が激しい上に景気にも左右される業界で、経営が不安定になりやすいためです。人材の入れ替わりが激しいことも要因の一つに挙げられます。

コンシェルジュなら全業界平均程度の年収が得られることがありますが、他の職種では難しいでしょう。

日本の平均年収

国税庁の民間給与実態調査によると、2018年の日本人の平均年収は約441万円です。

これは源泉徴収前の金額ですので、実際の手取りは約345万円ほどです。

ちなみに、男女別の平均年収は、男性が545万円、女性が約293万円です。

ホテル業界の年収は平均300万円ほどなので、日本人の平均年収と比べると低めであることが分かります。

ホテルは年収ランキングで何位?

マイナビ転職が発表した2019年の業種別年収ランキングでは、ホテル業界は95位にランクインしました。

95位は全108の業界で比較した順位なので、他業種と比べてもホテルの年収は低いと言わざるをえないでしょう。

そのためホテル業界は、ハードな仕事の割には給料が低い、というイメージが定着しているのが実情です。

とはいえグローバル化の影響で外資系ホテルも次々に進出してきているため、今後ホテル業界の年収が増える可能性は大いにあります。

どこのホテルが年収高い?ホテルの年収ランキング!

平均年収が低いホテル業界ですが、中には高給のホテルも存在します。

中でも年収の高さで有名なのは、西武ホールディングスが運営するプリンスホテルやホテルオークラといった、業界大手です。

今後給与が上がる見込みのある会社も含め、年収の高いホテルを紹介します。

西武ホールディングス株式会社

「ザ・プリンス」や旅館を運営する西武ホールディングス株式会社は、ここで紹介するホテルの中で最も高収入です。

平均年収は790万円で、ホテル業界の平均年収の約2倍もあります。

勤続年数が長ければボーナスの増額や昇給もあるため、さらなる年収アップが見込めます。

西武ホールディングスは日本のホテルの中でも売り上げ1位であり、経営も安定しています。

経営が安定しているからこその高い給与と言えますので、就職・転職の際には魅力的な企業として選択肢に入れやすいでしょう。

ただし、ホールディングスとしてホテル以外にも、鉄道や小売りなど多くの分野を抱えていますので、入社して必ずホテルに配属されるわけではありません。

東京急行電鉄株式会社

次に年収が高いのが、「東急ホテルズ」ブランドを展開する東京急行電鉄株式会社です。

東急は電車で有名なですが、近年はホテル運営にも力を入れています。

平均年収は750万円くらいで、徐々にですが、毎年給与は上昇しているようです。

鉄道という固定需要を抱えた企業が運営するホテルなだけあって、経営は安定しており、かなり人気が高い会社です。

昇進とともに年収は上がり、役職に就くと年収1000万円を超えるため、努力した分給料に反映されます。

上昇志向のある人に向いていますが、こちらも鉄道屋百貨店など別分野の業務が多くありますので注意してください。

京王電鉄株式会社

続いてランクインしたのは京王プラザホテルを展開する京王電鉄株式会社で、平均年収は約730万円です。

最近は若干給与が下がってきているようですが、4カ月ごとにボーナスが支給されます。

また、2018年からは外国人向けのホテルを展開し始め、新たな客層を呼び込む期待が高まっています。今後売り上げや年収がアップする可能性は高い方だと言えます。

ただし、繰り返しになりますが、こちらも本業は鉄道会社なので、不動産や百貨店など他の事業を展開をしている点に注意が必要です。

株式会社ホテルオークラ

日本の老舗高級ホテルを運営する株式会社ホテルオークラも、平均年収が高く、約630万円です。ホテル専業ではかなり高いと言えます。

これは、ホテルオークラが外国の要人を受け入れたり、著名人御用達だったりと、高級というブランドを確立しているため、客単価の値崩れが少ないためと思われます。

「日本に来たら一度は泊まってみたい」という訪日外国人も多いです。

インバウンド客の増加により、予約は取りづらくなっています。このため、単価もどんどん上がっていて、その分、給与も上昇しているようです。

今後、インバウンドはさらに活発化するので、年収上昇の期待が高まります。

ホテル専業で海外展開も積極的になっているので、確実にホテルに勤めたい希望があり、高収入を得ながらグローバルに活躍したいと考える人には、最初の選択肢になるでしょう。

リゾートトラスト株式会社

リゾートホテルの中では、「エクシブ」などの会員制リゾートホテルを手掛けるリゾートトラスト株式会社も比較的年収が高めです。

平均年収は約550万円で、先ほど挙げた上位には及びませんが、平均よりかなり高く、年々給与は上がっています。

リゾートトラストは会員制リゾートホテルのパイオニアで、豪華なホテルを多数運営している会社です。ホテル以外にも、スポーツ施設や医療機関など多様な事業展開をしています。

ホテル業界の中では知名度も成長期待も高く、ホテル業界を目指す人にとって、あこがれの就職先の一つです。

ホテルの年収についてよくある質問

先に紹介した年収の高いホテルは、ビジネスホテルやリゾートホテルが多数でした。

しかし日本のホテルは他にも様々な種類があり、そこで働きたいと考えている人もいるでしょう。

それらのホテルの年収や学歴による待遇差について、よく出る疑問点についてお答えします。

プリンスホテルの年収ってどれくらい?

西武グループ傘下の株式会社プリンスホテルの年収は、平均300万円台とされています。

給与は決して高いとは言えませんが、努力次第では毎年の昇給も可能です。また、昇進すれば責任も重くなりますが、それだけ給料に反映されます。

高収入のホテルで働きたいなら選択肢に入りづらいですが、大企業傘下のため福利厚生や研修制度は充実しています。

スキルアップを考えるなら、就職先として検討しても良いでしょう。

アパホテルの年収ってどれくらい?

アパホテルの年収は正社員の場合、360万円前後が多いようです。

給与制度に年齢給を設けているため、勤続年数が長くなると昇給する機会があります。

積極的に業容を拡大しているためボーナスも年々増えており、今後給与がもっと増える可能性もあります。

また、アパホテルには多様な雇用形態があり、準社員やアルバイトの人もいます。この場合、年収は300万円や200万円代です。

全体的に残業が多いですが、成果を出せれば年齢や性別を問わずしっかりと昇進・昇給できる環境が整っています。

ディズニーホテルの給料は?

ディズニーホテルの給料は公開されていないため、詳細な金額は不明です。

ただし、正社員で16万円から17万円ほどのケースが多いと言われています。

手取りは14万円台になるので、残業代を入れても年収は200万円台になるでしょう。

アルバイトも多く、その場合は時給1100円から1500円です。

ディズニーリゾートのホテルは色々なコンセプトのホテルがあるため、ホテルごとに給料も若干変わってくる可能性が高いでしょう。

日本ホテルの年収は?

株式会社日本ホテルの年収は、平均で400万円くらいです。

正社員と契約社員を合わせた数字なので、正社員だけならもう少し高くなるでしょう。

あくまで正社員に限った話ですが、ホテル業界の中では少し高めの給与と言えます。

正社員で400万円を超す程度なので、契約社員は300万円台の可能性が高いでしょう。

福利厚生も正社員なら他のホテルよりも充実しているため、ある程度の給料と福利厚生を重視する人にはおすすめのホテルです。

ホテルは高卒でもしっかり給料もらえる?

ホテル業界は、高卒でもきちんと給料をもらえます。

採用も高卒を対象とするホテルが多く、大卒の人とあまり変わりなく働けて、給料をもらえるところが多いです。

ただしホテルによっては、大卒の人と比べると給料が低く抑えられている場合もあります。

他のホテルで経験を得た中途採用なら、学歴はそれほど響かないでしょう。

外資系のホテルの方が年収は高めですが、外資系は高卒を採用していない会社が多いようです。大手でない限り、高卒の人がホテル業界で高年収を得るのは大変かもしれません。

ホテルで働いて年収1000万超えることはできる?ホテルで働く人の年収を上げる方法

ホテル業界で、年収1000万円を超えることは可能です。

そのためにはもともと高収入が得られるホテルに入り、そこで昇進しなければなりません。

他の方法だと、ホテル業界で1000万を超えるのは難しいでしょう。

ホテル業界で年収を上げるためには、どうしたら良いのでしょうか。

外資系のホテルで働く

外資系のホテルは給料が高いところが多く、業界平均を超える年収600万を超えるホテルも少なくありません。

外資系ホテルはグローバルの最前線に立つ仕事であり、世界で需要が高まっています。ブランド力も高く、高水準の語学やマナー要求されるため、給料もその分、上がるのです。

ヒルトンやザ・リッツカールトンなどが代表的な外資系ホテルです。

実力主義の世界なので仕事はかなり厳しいですが、それに見合った給料をもらえるでしょう。

また、外資系ホテルで働いた経験は自己PRに使えるため、仮に勤務先の外資系ホテルから別の国内のホテルに転職したい場合、有利に働きます。

転職する

単純に年収を上げたいのであれば、今の職場より高い給料のホテルに転職する方法もあります。

ホテル業界の経験者なら、給与面で優遇されることも多いでしょう。

日系のホテルの場合は1000万円を超えるのは難しいかもしれませんが、先ほど述べたように比較的給与の高いホテルもあるので、年収を上げる目的は十分果たせるでしょう。

ホテル業界は仕事のハードさに比べて給与が低いので、年収だけでなく勤務条件や福利厚生、休日数などを重視し、自分に合った報酬を得られる転職先を探すのも一つの選択肢です。

ホテル業界にいる転職希望者は、転職のプロに相談しよう

転職を考えているのであれば、その分野のプロに相談するのが一番の近道です。

特に働きながらの転職となれば、エージェントに相談した方が転職先を誤るリスクが少なく、時間も節約できます。

エージェントごとに特徴が異なるため、以下の紹介を読んで自分に合ったエージェントを見つけましょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

パナソキャリアは、転職サポートが充実しているエージェントです。

その人の個性や志向に合った求人を紹介してくれ、アドバイザーや求人の質も安定しています。公開求人のみですが、求人数が多いので、選択肢の幅を広げることができるでしょう。

アドバイザーの質が高いので、転職活動で何となく不安を抱えている人や、しっかりキャリアカウンセリングを受けたい人に向いています。

パナソキャリアは女性管理職にも強いのが特徴で、管理職経験のあるアドバイザーチームも存在します。キャリアアップしたい女性にもおすすめです。

また、今いる職場で退職を引き留められた際の相談も気軽にできます。

「退職したいのに慰留され、辞めさせてくれない」という不安がある場合、そのことも相談してみると良いでしょう。

リクルートエージェント

求人数が最も多いと言われているのが、大手のリクルートエージェントです。

非公開求人もあり、想定以上に良い条件の企業に出会うこともよくあります。

非公開求人は、有名企業でなくとも福利厚生が良かったり、高給であったり、好条件の求人が多く含まれています。

アドバイザーも各業界に詳しい人が在籍しているので、相談しやすいのも魅力です。

転職の際、入社日程や業務内容、給与などに条件を提示したい場合も、代行で交渉してくれます。

履歴書や面接の対策もやってくれるので、1人で自PRを考えたり、面接対策をするのが不安な人にも向いています。

転職活動に不安がある人や、自分に適した転職先をたくさんの選択肢の中から選びたいという人におすすめです。

求人の情報を得るために、とりあえず登録しておくのも良いでしょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

20代から30代前半の比較的若い人の転職なら、マイナビエージェントがおすすめです。

マイナビも有名な就職サイトなので、就活の際に名前を聞いたことがある人も多いでしょう。

本来マイナビは新卒向けの就職情報を中心に扱っているため、掲載されている求人も若い人向けが多い特徴があります。

第二新卒でも応募できる求人を多く扱っていて、未経験でホテル業界に入りたい人に向いています。

パナソキャリアやリクルートエージェントほど大量の求人は抱えていませんが、非公開求人もあります。

転職で未経験歓迎の求人は限られてくるため、そういった求人を中心に扱っているエージェントは強い味方です。

別の業界からホテル業界に入りたいと考えている人は、マイナビエージェントも登録してみると良いでしょう。

まとめ

ホテル業界の年収についてまとめました。

華やかな業界というイメージもあるホテル業界ですが、年収は300万円から400万円です。

経営が不安定なホテルだと年収を上げることは難しく、好待遇を目指すなら転職が選択肢に入ってきます。

中でも、高い給料を希望するなら、大手ホテルや外資系のホテルがおすすめです。

職種ならコンシェルジュが最も平均年収が高いです。

年収が高くなればそれだけ、責任が重くなり仕事も厳しくなりがちですが、給料だけでなく、キャリアやスキルもアップすることができます。

ホテル業界への転職を考えている人は、先ほど紹介した転職サイトに登録し、キャリアアップを目指してください。