関西電力の年収が意外と低い?年代・学歴・役職別に徹底調査!ボーナスカットの噂は?

関西電力

関西電力株式会社は大阪市北区に本店を置く電力会社です。年間売上高約3兆円に上り、電力業界では東京電力に次いで2位の企業です。

週刊ダイヤモンドの「2021年卒京大生が選ぶ、就職注目企業ランキング」では1位を獲得するなど、学生の就職先として人気も高いです。

ところが、最近では原発利権に絡む利益供与問題など不正問題に揺れ、経営の透明化が急務の課題と指摘されています。

この記事では、そんな注目度の高い関西電力の年収を、年代・学歴・役職別で徹底的に調査しました。類似企業の年収とも比較します。関西電力を転職先に検討している人はぜひ参考にしてください。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

関西電力の年収は?年代・学歴・役職・職種別まとめ

関西電力株式会社は1951年の設立以来、今日まで電気の安定供給を通じて関西地域住民の生活を支えてきました。

社会の重要なインフラである電力網を維持している企業の年収は、一体いくらなのか気になるでしょう。

ここでは関西電力の社員の年収を、年代・学歴・役職・職種別に紹介します。

関西電力の平均年収推移・平均年齢

以下の表は、過去5年の関西電力の平均年収・平均年齢の推移です。(各年度の有価証券報告書を参考)

関西電力は直近5年間で平均年収が200万近く伸びているようです。

年度平均年収平均年齢
2019年度799万円43.3歳
2018年度791万円43.2歳
2017年度757万円43.0歳
2016年度681万円42.7歳
2015年度604万円42.3歳

平均年収の大幅増加の要因には、4年連続で赤字決算だった業績が2015年以降徐々に改善したことが挙げられます。

東京電力福島第一原発事故による原発再稼働の規制強化により、関西電力では原発再稼働が送れ、業績が大きく悪化しました。

関西電力は原発比率が55%と他の電力会社に比べて高く、原発停止は業績悪化に直結します。2013年~2016年はボーナスカットを余儀なくされ、年収が落ち込んでいたのです。

原発再稼働により、夏の賞与は2017年に支給を再開し、平均年収が大きくアップしました。

関西電力の年収・年代別

関西電力の年代別平均年収は以下の通りです(推計値)。

関西電力では20代で日本の平均年収441万円を大きく超え、その後も順調に昇給する年功序列型賃金のようです。

年代平均年収
20代570万円
30代692万円
40代808万円
50代863万円
60代593万円

関西電力では50代で年収のピークを迎え、それ以降は下降していきます。これは、関西電力では50代後半に役職から退く制度があるためだとみられます。

全体的には各年代とも年収は高水準です。例えば40代では、日本の全業種平均の年収は670万円なのに対し、関西電力では808万円と約140万円の開きがあります。

2020年度以降は、電力会社では初となる業績連動型の賞与を導入しており、今後は業績次第で年収の増減幅が広がっていくとみられます。

関西電力の年収・学歴別

関西電力の平均年収を学歴別にまとめました。

最終学歴平均年収
高卒576万円
高専・短大卒612万円
大学卒799万円

高卒と高専・短大卒の平均年収が600万円前後なのに対し、大学卒では約800万と、200万もの差があります。

関西電力の新卒社員の初任給は高専卒190,000円、大学卒216,000円、修士了243,000円です。(2019年4月実績)

年収の違いから、関西電力は大卒、大学院卒の社員を優遇していることが見て取れます。

なお、関西電力は通勤手当や住居手当などの諸手当のほか、カフェテリアポイント制など福利厚生が充実していることも有名です。

「提携住宅融資制度」や「住宅相談」など、マイホーム取得をバックアップする制度などもあり、口コミでは「福利厚生は国内トップクラス」との声も見られます。

関西電力の年収・役職(ステージ)別

関西電力は「ステージ」呼ばれるランクごとに役職を当てる制度を取っており、S1〜S7のステージがあり、各ステージの中でさらに1〜15に細分化されています。

S4は係長に相当し、役職への登用には上司の評価と試験(筆記/面接/論文)をクリアしなければなりません。

以下の表はステージ別の想定年収です。なお、S4までは残業代が支給されるので、残業時間により年収は変わります。S4の想定年収の幅が広いのはこのためです。

係長(S4クラス相当)700万〜1000万円
課長(S5クラス相当)900万〜1100万円
部長(S6クラス相当)1100万円以上

S5以降は管理職で、残業代の支給対象外です。係長の方が年収が高いケースがあるのはこのためです。

ちなみに、幹部による金銭授受問題を受けて開示された2019年度実績の役員報酬によると、常務4600万円、副社長4900万円~5800万円、社長5900万円でした。

関西電力は平均年収が高いものの、年収1億円を超える幹部はいないようです。

関西電力の出世コースは?高卒でも出世できる?

関西電力の出世コースについて、基本的に学歴と年功序列で決まるとの口コミでも数多く見られました。

「高卒・高専卒はステージ1~3だいたい止まりで、ステージ4以上行く人はまれ」「ステージ4以上は大卒以上が優先される」などの口コミがありました。

ステージ4より上の管理職になるには、上記の通り、上司の評価と筆記・面接試験で総合評価されます。表向きは「実力主義」です。

ただし、関西電力で出世するためには高学歴が条件です。現在の各部署のトップはいずれも有名大学出身者で、特に京都大学出身者が出世コースに乗る傾向にあるようです。

関西電力で1000万円近い高年収を得るにはS4以上に出世しなければなりませんが、高卒では狭き門なので、高卒から年収1000万円を実現するのは困難でしょう。

関西電力の年収・職種別

関西電力の職種別年収は以下の通りです。(口コミサイトopenworkを基に独自に試算)

職種平均年収
事務系500万円~700万円
技術コンサルティング700万円~1000万円
技術系500万円~1200万円

関西電力の総合職は「事務系」「技術コンサルティング」「技術系」の3つに大別されます。

事務系の年収は同規模の他社と比較すると低めで、技術コンサルティング・技術系は昇給額の伸びが良く、1000万円に届く可能性もあります。

役職に応じた全7段階のステージごとに昇給するほか、各ステージ内で1~15の号級が定められています。各号級は毎年上がっていき、1号上がるごとに5000円~8000円給与が増えます。

口コミサイトによると、1度ステージが上がるとよほどのことがない限り人事査定が下がることはなく、30代頃から同期社員間で年収に明確な差が出始めます

関西電力の年収・転勤あり/なしで差は?

関西電力は転勤の有無で年収に差がつきます。

関西電力には転勤はありの「総合職」と関西一円で転勤なしの「エリア総合職」があり、いずれも初任給は同じです。

ただし、エリア総合職よりも総合職の方が出世しやすく、役職への就きやすさを考えると総合職の方が年収が高くなります。

ちなみに、エリア総合職は2020年8月時点で事務職しか募集していません。

総合職の転勤先は関西電力供給エリアが中心で、東京や愛知などの関西以外の事業所、海外拠点にも配属される場合があります。海外転勤は自ら希望しない限りほとんどありません。

転勤の可能性やその頻度も配属部署によって大きく変わります。現場に出向く必要がある技術コンサルティングや技術系は比較的多く、反対に事務系は少ないです。

なお、入社後の配属部門によっては、電気事業法の改正によって分社化された「関西電力送配電株式会社」への転籍の可能性もあります

関西電力の年収は低い?ランキングは何位?類似企業の年収とも比較!

関西電力は、2020年「電気・ガス企業」での平均年収ランキングは5位(772万円)です。

同じ電気事業では、東京電力が3位(806万円)、九州電力が6位(777万円)、中国電力が8位(773万円)、9位四国電力(772万円)、10位中部電力(770万円)でした。

電気業界は電気小売り自由化に伴い、今後ますます再編されると見込まれます。電力事業に進出している大阪ガスはランキング15位(672万円)でした。

企業名平均年収順位
東京電力ホールディングス806万円3位
関西電力792万円5位
九州電力777万円6位
中国電力773万円8位
四国電力772万円9位
中部電力770万円10位
大阪ガス667万円15位

なお、東洋経済新報社が上場3242社を対象に集計した年収ランキングでは、関西電力は291位でした。象印マホービンや旭化成などと肩を並べる年収です。

関西電力の2019年~2020年ボーナス額・支給日は?ボーナスカットされた?

関西電力では2013~2016年にボーナスカットをしていましたが、現在は復活しています。

関西電力の2019年度のボーナスは6月と12月に支給されました。プレスリリースによると、ボーナス額は夏季84.3万円、冬季84.9万円の年間総額169.2万円でした。

前年と比較すると夏季3万円、冬季3.4万円それぞれ増額しています。

関西電力は業績向上に伴いボーナスを増額してきましたが、今後は業績連動型賞与にすることが決まっており、電力需要が低下すればボーナス減額の可能性もあります。

以下は、直近3年のボーナス額の一覧表です。

年度夏季冬季総額
2019年84.3万円84.9万円169.2万円
2018年81.3万円81.5万円162.8万円
2017年70.7万円71.1万円141.8万円

関西電力で年収1000万円超えるケースって?

関西電力では役職別にステージ(S1~S7)が導入され、ステージが上がると大きく昇給してます。ステージ4(係長)以上の役職に就けば年収1000万円超は難しくありません。

ただし、係長で年収1000万円を目指すには相当な残業をしなければならず、現実的にはステージ5の課長以上です。

ステージ4までの道のりは年功序列で、目安として入社3年目でS1からS2への昇格試験、7年目でS3への昇格試験を受けられます。

S3以上は査定が非常にシビアになり、S4に昇格できるのは5~10%程度と言われています。このため、関西電力で年収が1000万円に届く社員はそう多くはありません。

関西電力など優良企業に高年収で転職する方法

関西電力を含めた優良企業に高年収で転職するためには、採用試験で好印象を残し内定と有利な雇用条件へと繋げないといけません。

しかし、関西電力のような人気企業への転職は容易ではありません。ここからは、優良企業へ高年収で転職を成功させるためのコツや方法を紹介します。

関西電力の採用情報

関西電力は随時キャリア採用を募集中です。募集要項の概要は以下の通りです。

雇用形態正社員(総合職)
応募資格・20~30代の4年制大学卒業者

・実務経験を有りで4年制大学卒業者

給与実務経験に応じて、社内規定に基づき決定
勤務時間フレックスタイム勤務制
各種保険など各種社会保険、福利厚生完備
その他配属部門によっては、関西電力送配電株式会社へ転籍の可能性あり

採用試験は書類選考後、面接が複数回あります。

採用面接では「関西電力の在り方」「利益を上げる具体策」など、社風への理解や中期経営計画に基づいた質問をされるので事前に研究が必要です。

関西電力への転職成功確率を高める方法

関西電力は上場企業の中でも平均年収が高く、社員の口コミでも働きやすさに言及したものが目立ちます。それゆえ、転職難易度は非常に高いです。

圧倒的な実績や経験がある人でない限り、自分一人の力で転職から採用を勝ち取ることは困難です。

そこで、関西電力への転職を成功させるには転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントでは、求人情報の閲覧の他に高品質な面接対策を受けられ、内定獲得率が各段にアップします。通常では聞けない企業の裏事情や内情を事前に知ることも可能です。

ここからは関西電力への転職を考えている方に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、大手人材サービス会社パソナが運営する転職エージェントです。

パソナキャリアは顧客満足度が非常に高く、オリコンの2020年転職エージェント顧客満足度ランキングで総合1位を獲得しています。

採用先に求職者の要望や意見を的確に伝えてくれたり、面接対策や履歴書の添削などサポート品質の高さが利用者に高く評価されています。

キャリアコンサルタントは企業の人事担当と頻繁に面会しており、求職者に採用企業のリアルな内実を伝えてくれます。このため、転職者と企業のミスマッチが起こる心配はありません。

転職成功者の年収UP率76.1%の実績も高い満足度の理由です。関西電力のような高年収の企業への転職の際には、とても心強い転職エージェントです。

登録する(無料)

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、株式会社リクルートキャリアが運営する転職エージェントです。

転職支援実績は約37万名と国内最多で、求人数も業界最大級の15万件に及び、その多くが非公開求人です。

非公開求人は、広く多く人材を集めることよりも専門的なスキルに特化した人など、ピンポイントで募集しているケースが多くあります。

間口を狭めているため求人倍率も少なく、自力で転職活動をするよりも優遇された条件で転職活動に臨めます。

求人のチェックや選考の進捗管理ができる「Personal Desktop」という独自サービスがあり、アプリを利用すれば外出先でもスマートフォンから随時チェック可能です。

リクルートエージェントを活用することで、特に専門的な知識やスキルを問われる関西電力への採用活動を優位に進められます。

登録する(無料)

ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドはオランダに本社を置く、世界の人材派遣会社では2位の規模を誇る転職エージェントです。特徴は世界規模の会社であるため外資系企業への転職に強い点です。

なお、ランスタッドの日本法人はかつて日本に存在した派遣会社「フジスタッフ」がベースとなっているため、国内の求人も数多くあります。

外資系、国内グローバル企業のハイクラス求人を数多く保有し、高年収求人の割合が高いのも魅力です。

若年層の利用者が多いため、20~30代で高年収企業への転職を希望している方にはランスタッドは最適な転職エージェントです。

登録する(無料)

関西電力の年収まとめ

この記事では、関西電力の年収を年代・学歴・役職・職種別に調査しました。現社員の声なども考慮して、関西電力は国内でも有数の高年収が期待できる企業と言えます。

大手電力会社の中でも東京電力に次ぐ2位の年収の高さを誇り、福利厚生の水準も国内トップクラスです。

関西電力で年収1000万円のボーダーラインを超えるには、着実に昇格試験に合格していけば30代半ば(係長クラス)で達成可能です。

かつては東日本大震災などの影響で業績が下がり、ボーナスカットや減給もありましたが、今は業績も上向いており、今後さらに発展していくことが期待できることでしょう。

高年収で働きやすい関西電力への転職を成功させるには、転職エージェントの利用が不可欠です。

人気企業への転職では、数多くのライバルの中から自分を選んでもらわないといけません。自力で効果的なアピール方法を考えるには限界があります。

その点、転職エージェントを利用すれば、関西電力への転職のコツを教えてもらえるだけでなく、関西電力の内情も知ることができ、応募前に求人を詳しく吟味できます

この記事を参考にして、関西電力の内定を勝ち取りましょう。