マツダの年収は低い?役職別・年代別の給料を徹底検証!

マツダ

自動車業界への転職に興味がある方は、マツダの年収について気になりませんか?「マツダの給料は同業他社よりも低いの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

今回はマツダの年収を役職別や年代別で解説します。同業他社との年収比較も紹介するので参考にしてください。

記事の最後にはマツダの中途採用の選考フローとおすすめの転職エージェントを紹介します。

マツダの中途採用は選考の回数が少なく、応募書類の作成や面接対策は転職エージェントのサポートを受けて入念な準備をするのがおすすめです。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

マツダの平均年収は?役職別・年代別で比較

「マツダに転職したら給与は上がるだろうか」「マツダの社員の平均年収はどれくらいだろう」などの疑問を抱いている方も多いでしょう。

マツダの平均年収を年代別、役職別、職種別に紹介します。ご自身の年齢や希望職種と照らし合わせてみてください。

マツダの会社概要

マツダ株式会社は1920年設立の自動車メーカーで、本社は広島県にあります。約2万3,000人の従業員がおり、社員の約9割が男性です。

人気の車種にはデミオやCX-5、ロードスターなどがあります。かっこいいスポーティーなデザインと「走りの楽しさ」を感じさせる車が特徴です。

同じ車でも国内外で名前が異なる例はよくありますが、マツダは車名やデザインテイストを統一するグローバル戦略展開し、海外自動車販売台数を伸ばしています。

2019年の世界自動車販売台数150万台超のうち、約85%が海外販売です。CX-30などSUVの人気の高く、2019年はアメリカ、欧州、中国の各国・地域で販売台数が増加しています。

国内の研究開発拠点は広島本社と横浜で、アメリカ、ドイツ、中国にも研究開発拠点があります。生産拠点は本社工場の他に、中国、タイ、ベトナム、マレーシアなどアジア圏を中心に海外にも多数あります。

設立年1920年
本社所在地広島県安芸郡府中町新地3番1号
社員数23,087 名
販売台数1,561,509 台
売上高約3.5兆円
主要製品四輪自動車、ガソリンレシプロエンジン、ディーゼルエンジン、自動車用手動/自動変速機

マツダの平均年収は?ボーナスの推移も

マツダ社員の年収について、有価証券報告書を参考に2015年~2019年の平均年収と賞与額をまとめました。

過去5年間の平均年収は680万円、平均賞与額は177万円です。マツダ社員の年収は日本人の平均年収441万円と比べ200万円以上多いことが分かります。

ただ、平均年収はここ5年間少しずつ下がっており、新型コロナウイルスの影響が出る2020年はさらに下がるとみられます。

ご自身の現在の年収や賞与額と比べて、マツダの方が高かった方は転職すれば年収アップが望めます。

平均年収賞与(ボーナス)額
2015年681万円177万円
2016年685万円178万円
2017年680万円177万円
2018年677万円177万円
2019年677万円176万円

マツダの年代別平均年収

次にマツダの年代別平均年収を紹介します。

マツダは24歳までの若手社員は、平均年収296万円で他の企業とあまり変わりません。25歳以上になると年収が470万円以上と大幅に上がり、その後順調に増えていきます。

これは中堅世代を重視するマツダの姿勢の現れとみられ、実際に年収は50代前半で頭打ちになります。

24歳まで296万円
25~29歳477万円
30~34歳504万円
35~39歳521万円
40~44歳581万円
45~49歳665万円
50~54歳733万円
55~59歳726万円

マツダの役職別年収

マツダの役職別年収を紹介します。マツダでは部長、マネージャークラス(課長級)になると年収1,000万円を超えます。

アシスタントマネージャーからマネージャーに上がると年収が一気に増えるのが特徴です。管理職とその他社員で年収に明確な差をつけているようです。

取締役について、有価証券報告書によると2019年の取締役9人の報酬総額は6億7,300万円でした。

このうち、丸山明社長の報酬額は1億1,160万円で、その他の取締役は報酬が1億円未満のため具体的な金額は非公開です。

単純計算すると、丸山社長を除く取締役は1人あたり7,017万円の報酬を受け取っています。

同業他社の部長級を比較すると、トヨタは年収2,000万円以上、ホンダは年収1,300万円以上、スズキは年収900万円以上です。

マツダの部長の年収は1,129万円なので、売上上位の同業他社よりも年収は少し低いことが分かります。

社長1億 1,160万円
その他取締役7,017万円
部長1,129万円
マネージャー(課長)1,021万円
アシスタントマネージャー(係長)773万円
主幹685万円
社員680万円

職種別のモデル年収(総合職・技術職)

マツダの年収を職種別に見ていきます。公式サイトの「中途採用情報」に、職種別に想定年収が記載されており、ここではその一部を紹介します。

下記以外にも募集職種はたくさんあるので、公式サイトで自身の気になる職種を調べるのもよいでしょう。

希望職種が見つからない場合は、転職エージェントに探してもらうのもおすすめです。転職エージェントなら、公式サイトで公開していない求人も保有しています。

法務(課長クラス)830万円以上
データサイエンティスト400万円~800万円
研究開発担当400万円~800万円
財務・経理400万円~800万円
カスタマーサービス400万円~800万円

管理職の年収は高いものの、他は職種別に年収の違いはなく、想定年収は400~800万円と2倍の幅があるのが特徴的です。

職種による年収の格差はあまりない

マツダの場合、管理職の年収が一般社員と明確に差が付けられているのが特徴です。職種が違っても、同じ役職なら年収にそこまで大きな差はないようです。

マツダの年収は、職種よりも「スキルや経験」「年齢」に左右されます。

マツダへの転職で高い年収を得るには、経験やスキルを効果的にアピールすることが肝心です。職務経歴書や面接で自分の能力をアピールできるよう準備をしておきましょう。

高卒・大卒・院卒で違いは?

マツダは新卒入社の場合、最終学歴によって給与額が変わります。

  • 短大・専修卒(2年課程):179,000円
  • 高専卒:185,000円
  • 大学卒:210,000円
  • 大学院卒(修士):232,000円
  • 大学院卒(博士):264,500円

高卒の初任給は公式サイトに記載がありませんが、短大・専修卒の初任給を参考にすると17万円程度とみられます。

中途採用でも、口コミを見ると学歴が高い方が年収も高くなる傾向にあるようです。ただし、マツダ独自の人事制度「とびうお」では、社員を年齢や性別、勤続年数に関係なく実力で評価しています。

働く中で実績を積んで評価されれば、学歴による年収の差を埋めることは可能でしょう。

退職金はどれくらい?

マツダには退職金制度があります。マツダの退職金制度は「マツダ企業年金基金」のサイトである程度公開されており、退職時に一括で受け取るか終身年金として受け取るか選べるようです。

詳細な計算方法は不明なものの、中国新聞の記事にマツダが経営改革時、早期退職者に1人当たり平均1,650万円の退職金を支払ったことが記載されています。

早期退職募集のため、退職金に割り増しがあったことを考慮し、退職者の平均年齢を40歳半ばと仮定するとかなり高額な退職金を得ていると推察されます。

ちなみに、大手企業の定年退職金は平均2,500万円です。マツダ社員も同額以上の退職金がもらえることが期待できます。

マツダディーラーの給料は?主要会社を比較

次に、マツダディーラーの給料を紹介します。求人情報に記載されていた各社の月収を比較してみましょう。

多くのディーラーは月収25万円前後で、東北マツダだけ他のディーラーに比べると給料が低いです。給与額に幅を持たせているところが多く、給料は経験やスキルで変わるようです。

選考を受ける際は、自分が持っているスキルや経験を積極的にアピールし、採用時の給与交渉を有利に進められるようにしましょう。

東北マツダ大卒:178,190円+賞与年2回

短大・専門卒 :166,750円+賞与年2回

※自動車整備士は別途資格手当あり

関東マツダ224,300円+賞与年2回
※法人営業・本社勤務
東海マツダ販売25万円+賞与年2回
※営業職
広島マツダ17万8,500~29万6,100円+年2回賞与
※総合職 営業コース
関西マツダ17万5,500円〜23万6,800円
※自動車整備職
九州マツダ大学・大学院了:196,060円+賞与年2回

短大・専門卒:188,010円+年賞与年2回

※営業職

マツダディーラーの職種別年収【総合職(営業職)・整備士】

公式サイトに記載されているマツダディーラーの年収について、総合職(営業)と整備士を比較すると、職種による違いはあまりないようです

中には、営業職の基本給を高く設定するディーラーがありますが、整備士には別途資格手当が加算される仕組みで、手取りは変わらないようです。

昇給額も職種による違いはなく、かなり職種間の平等を意識した給与体系のようです。

ただ、管理職になるのは営業職の場合が多いです。管理職にならなくても、営業職には販売実績に応じたインセンティブがあるので、整備士より営業職の方が年収は高くなるでしょう。

マツダの年収は低い?同業他社と徹底比較!

自動車会社はマツダ以外にもたくさんあります。マツダの年収は同業他社と比べて低いと言われますが、本当でしょうか。

調査すると、大手自動車メーカーはどこも平均年収が高いですが、トヨタ自動車や日産自動車と比べるとマツダの年収は低いことが分かりました。

トヨタ自動車などどの比較表

マツダ以外の自動車メーカー7社の平均年収を紹介します。マツダの平均年収680万円はスズキの681万円とほぼ同じです。

トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業の売上上位3社の年収は、800万円を超えています。マツダの平均年収約680万円と比較すると100万円以上の差があり、平均年収の最も高いトヨタ自動車の差は170万円もあります。

マツダの年収が低い原因は、「売上高が上位社に比べて少ない」「高級車や利幅の大きい車種が少ない」「本拠地が広島のため物価水準が低い」などが挙げられます。

トヨタ自動車851万円
日産自動車815万円
本田技研工業819万円
三菱自動車742万円
スバル652万円
スズキ681万円
ダイハツ651万円

マツダは広島の優良企業!マツダの魅力を知ろう

マツダは広島県が誇りに思う超優良企業です。

会社名は知っているけれど「他の自動車会社との違いは?」「どんな人材が評価されるの?」などの疑問を抱いている人は多いのではないでしょうか。

ここでは、マツダの福利厚生や人事評価制度から、企業としての魅力に迫ります。

福利厚生が充実

マツダは社員のワークライフバランス促進に積極的で、福利厚生が充実しています。

有給休暇の計画的取得を推奨し、社員の有給取得率は85%を超えています。有給休暇は半日単位で取得が可能です。

マツダ独自の「ハートフル休暇制度」では、親族の看護や介護・ボランティア・子供の学校行事・不妊治療などを理由に休暇を取得できます。

社員の育児支援も充実しており、妊娠中の体調不良時に休みが取れる母性保護休暇や看護師が常駐する社内保育施設も利用できます。

仕事と育児・介護を両立できる様々な制度が評価され、マツダは2003年度に「ファミリー・フレンドリー企業」として厚生労働省に表彰されています。

独自の人事評価制度「とびうお」とは?

マツダは2003年から独自の人事制度「とびうお」を導入しています。

「選択と自己実現」「ワークライフバランスの促進」「人・仕事・処遇の最適なマッチング」の3本柱からなり、社員が力を最大限発揮する結果、企業も成長するとの価値観に立っています。

「選択と自己実現」では、スキルアップ研修・教育、上司と部下から評価を聞けるキャリアミーティングなどを行い、「ワークライフバランスの促進」では休暇が取りやすい環境作りをしています。

「人・仕事・処遇の最適なマッチング」ではマツダは総合職と一般職の区分をなくし、年齢、性別、勤続年数に関係なく、社員の仕事の成果で評価しています。

実力で評価が決まるためモチベーションが上がり、一人一人の能力や希望にあった働き方ができるようです。

期間工から正社員になれる!

マツダでは、期間工から正社員になる道があります。過去3年間で811人が期間工から正社員になっています。

正社員登用試験に合格すれば正社員になれる制度で、試験は最大4回受験できます。

登用試験を受ける条件は「マツダの期間工として1年以上働く」「上司からの推薦をもらうこと」の2つです。

正社員登用試験は、基本的な学力と適性を測る筆記試験と、面接があります。

マツダで期間工として働く中で「この会社でずっと働きたい」と思ったら、正社員登用制度を活用するのも一つの手ですが、難易度は高いです。

マツダに転職するおすすめの方法は?

マツダに転職するおすすめの方法を紹介します。

マツダの中途採用試験は書類選考に合格すると面接に進めますが、面接は「一発勝負」です。

良くある採用選考は面接が複数回あり、応募者は少しずつ受け答えを改善し、最終面接で全てを出し切ろうとします。

マツダの面接は原則1回のため、緊張してうまく答えられなかったらそこでアウトです。

面接が1回しかないことを考えると、書類選考のハードルもかなり高いことが予想されます。

マツダの中途採用に応募するなら、直接応募ではなく、転職エージェントのサポートを受けながら選考に臨むことをおすすめします。

マツダへの転職におすすめ①パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアはキャリアコンサルタントの丁寧な対応が評判で、2019年、2020年の2年連続で「オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門」で1位を獲得しています。

書類選考と面接のハードルが高いマツダの選考を受けるには、パソナキャリアのようなサポートが手厚い転職エージェントのサポートが不可欠です。

特に面接対策を入念に行い、自信を持って一発勝負の面接に臨めるように準備しましょう。

マツダの求人も多数扱い、データ分析、経営企画、ソフトウェア・ハードウェア開発など様々な職種の求人が掲載されています。

公開求人の例を以下に紹介します。

職種CX系アプリケーション企画・開発(デジタル技術を活用したカスタマー・エクスペリアンス向上施策推進)
応募資格・4年生大学卒もしくは情報システム系高専卒

・CRMやマーケティング関係のシステム開発経験

予定年収400万円~800万円
勤務地広島県府中町新地
勤務時間9:00~17:45(休憩時間45分)
※フレックスタイム制(コアタイムなし)
登録する(無料)

マツダへの転職におすすめ②リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントもマツダの求人が多数保有し、「コネクテッドカー」の技術者など開発系の求人などが掲載されています。マツダ本体だけでなく、関連会社の求人も多く保有しています。

広島県以外の勤務地のマツダ求人もあるので、「マツダに転職したいけれど、広島勤務はあまり気が進まない方」もリクルートエージェントに相談してみましょう。

リクルートエージェントの転職サポートは、書類選考の通過率の高さに定評があります。豊富な転職支援実績から「企業が好む履歴書の内容」をよく知っているためです。

マツダの転職活動では、書類選考の難易度が高いと予想されます。自分だけで履歴書や職務経歴書を書くよりも、リクルートエージェントのサポートを受けて通過率の高い書類を作成しましょう。

登録する(無料)

ITエンジニアもマツダで活躍できる!

マツダをはじめ自動車各社は近年「つながる車(コナクテッドカー)」の開発にしのぎを削っています。

コネクテッドカーとはICT技術を車に搭載した車のことで、自動運転車が有名です。ICTシステムの開発には専門人材が必要でマツダもITエンジニアを積極的に採用しています。

以下、IT系エンジニア向けの転職エージェントを紹介します。

ITエンジニアなら①マイナビエージェント×エンジニア

マイナビエージェント × IT

マイナビエージェント×エンジニアには、マツダのWEBサイトの運用、ネットワークの構築、ID管理・認証基盤の整備など様々な求人が掲載されています。

IT職種の求人が多数掲載されているので、マツダに限らず好条件の求人やコネクテッドカー関係の求人を探している人は、登録しておくと良いでしょう。

マイナビエージェントでは求人の閲覧・応募だけでなく、無料の転職サポートも受けられます。マツダの転職難易度が高いのはエンジニアも変わらないので、サポートを受けるのがおすすめです。

登録する(無料)

ITエンジニアなら②メイテックネクスト

メイテックネクストはエンジニアに特化した転職支援サービスを展開しています。

エンジニア専門で業界NO.1の求人数を誇り、豊富な求人の中から自分の希望に合ったものを選べます。

自動車関連の求人も多く保有し、トヨタ自動車のシステム開発職などの求人が掲載されています。

非公開求人が多いので、登録後に相談するとさらに多くの自動車関連の求人を紹介してもらえるでしょう。

転職支援コンサルタントの半分以上はメーカーの技術系分野出身で、エンジニアの気持ちを理解した上で転職の助言・サポートをしてくれます。

マツダに関するよくある質問

ここでは、マツダへの転職を希望する人がよく抱く疑問をとめました。

求人情報を見ただけでは分からないことや面接で聞きづらいことがあるでしょう。

ここでは、「ボーナス」と「社員はモテるのか」について回答します。

マツダのボーナス支給日は?

マツダでは7月と12月の年2回ボーナスが支給されます。ボーナス支給日は夏が7月上旬、冬が12月上旬です。

マツダのボーナスは2019年は5.2ヶ月(満額回答)、2020年は4.8ヶ月分です。少し下がっていますが、安定してボーナスがもらえるようです。

マツダ社員はモテる?

ネットには「マツダ社員はモテる」との情報があり、「マツダの社員は不倫する人が多い」や「女性の期間工はモテる」などの情報が出ています。

マツダの社員が本当にモテるのかは定かではありませんが、社内では男性社員が9割と圧倒的に男性が多いので、女性社員は社内でモテる可能性は高いでしょう。

また、マツダは広島では多くの人が憧れる優良企業なので、広島にいるとマツダ社員はモテるという側面もあるでしょう。

マツダに転職するなら転職エージェントを利用しよう!

ここでは、マツダの年収を詳しく解説し、福利厚生や人事制度なども紹介してきました。マツダは大企業のため年収は高く、年2回のボーナスも充実しています。

近年はIT分野にも力を入れているので、製造分野のエンジニアだけでなく、IT分野のエンジニアにも転職できる可能性は大いにあります。

ただし、マツダの中途採用は書類選考と面接がそれぞれ一発勝負なので、転職難易度は高いです。自力で転職活動するより、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

1つの転職エージェントだけではなく、複数のエージェントに登録して紹介してもらえる求人を比較すれば、より自分に合った求人に出会えます。

転職エージェントの利用は無料です。書類の書き方、面接対策などのサポートを十分に受けて、万全の態勢で転職活動に臨んでください。