メルカリの年収を一番詳しく解説!役職・年代別に徹底調査

「メルカリってフリマアプリのイメージがあるけど、実際に働いたらどれくらい年収がもらえるの?」と気になっている方も多いのではないでしょうか。

2019年の有価証券報告書によると、メルカリ従業員の平均年収は712万円と発表されています。

大手企業にも引けをとらない水準に見えますが、気になるのは職種や役職による個人差です。

そこで、この記事ではメルカリの年収を役職・年代別に分かりやすく解説していきます。記事を読み終えると、メルカリの年収についての疑問を解決していただけるでしょう。

  1. パソナキャリア ロゴ
  2. リクルートエージェント ロゴ
  3. ランスタッド ロゴ
転職の成功確率を劇的に上げる3つのSTEP
STEP1
ランキングの上位3社に登録する

転職エージェントランキングの上位3社に無料登録する

STEP2
転職意欲をアピールする

各エージェントに「良い転職先があれば、すぐに転職したい」と伝え、優先的にサポートしてもらう。

STEP3
最も相性の良かった1社に絞る
担当者との相性を確認しながら本命のエージェントを1社に絞り、本格的な転職活動を開始する
転職エージェントのおすすめはどれ?年代・業界別に徹底比較

メルカリの平均年収・レンジを徹底調査!役職・職種・年代別も

さっそく、メルカリの年収について解説していきましょう。ここでは、メルカリの従業員全体の平均年収と年収レンジについて詳しくご紹介します。

メルカリの平均年収だけではなく、年代・役職・職種・学歴別の年収を知りたい方もぜひご覧ください。

メルカリの平均年収データ

平均年収712万円
平均年齢31.9歳
月収30~80万円
ボーナス(年間)80~500万円
平均手取り年収534万円

この表は、メルカリの有価証券報告書と口コミ(33人分)を参考に作成したものです。手取り年収は総年収の75%前後と言われますので、それをもとに計算しました。

メルカリの平均年収は712万円と一般的な企業に比べて高水準です。口コミを見ても、給与や待遇面に満足している人が多く見受けられました。

ただし、メルカリは年俸制を採用しているため、個人の実力や成果が給与にダイレクトに影響する仕組みです。

半年ごとに給与の見直しがあり、上司に評価されないと昇給は見込めません。職種や役職によっても年収に大きな差が出るとの声も多く、月収やボーナスに幅があることは表からも一目瞭然です。

ちなみに、ボーナスは「現金と株式が半分ずつ」支給されるようで、株式はRSU株式(譲渡制限付き株式)で付与されます。

RSU株式は、一定期間以上会社に在籍することで運用権利が獲得できる株式です。

メルカリの年収レンジは?役職・職種・年代別に調査

メルカリの平均年収を確認したところで、次は年代・役職・職種・学歴別にメルカリの年収について見ていきましょう。

この調査結果を見れば、メルカリがどれだけ「個人の能力」を重視しているか理解できます。

メルカリの年収レンジ【年代別】

メルカリの年収を巡る口コミによると、「メルカリの従業員の給与は勤務年数や年代によって決定されていない」ことが分かります。

一般的な企業であれば、ある程度は年代別に給与が決められていますが、メルカリでは年功序列の傾向は見られません。

口コミでもメルカリが実力主義であるとの意見は多く、新卒や中途採用などの入社方法に関係なく同じように評価してもらえる環境のようです。

このため、新卒でも成果を出せば700万円以上の高額年収が期待できます。

年代が年収に影響しない分、積極的に仕事に取り組む姿勢や提示された目標を確実に達成していく能力が必要です。

自分の実力を存分に発揮し、給与をアップさせたい人にはやりがいを感じられる職場と言えるでしょう。

メルカリの年収レンジ【役職別】

役職年収
一般社員400~800万円
役職あり(マネージャー等)600~1400万円
役員クラス(社外取締役)675万円
役員クラス(社外監査役)833万円
役員クラス(取締役)5000万円

メルカリの一般社員・役職ありの社員の年収は口コミ、役員クラスの年収は2019年の有価証券報告書を参考にして表を作成しています。

一般社員でも年収800万円ある人がいることからも、メルカリが個人の能力を重視していることが分かります。

メルカリは「無制限昇給制」を採用し、年俸が個人の能力や業績に合わせて無制限に上がる仕組みです。このため、役職に就いた上で能力を発揮するほど年収も高くなっていきます。

役員クラスでは取締役の年収が最も高く、有価証券報告書によると5人の取締役に対して総額2億5000万円の報酬が報告されていました。

メルカリの年収レンジ【職種別】

職種年収
営業500~750万円
企画・プロジェクトマネージャー700~800万円
事務・カスタマーサポート400万円前後
デザイナー550~700万円
エンジニア600~900万円

この表は口コミを参考に作成しましたが、職種によって年収に差があることが分かります。

口コミによると、メルカリの職種の中では、技術職であるエンジニアが最も年収の水準が高く、事務・カスタマーサポートは水準が低いという結果です。

能力が試される職種のエンジニアは、実力主義であるメルカリでは評価が高くなりやすいと考えられます。

カスタマーサポートは技術職よりも特別なスキルが必要なく、挑戦しやすい職種です。このため、メルカリの中で最も従業員数が多く、他の職種よりも高い評価を得にくくなっています。

メルカリの年収レンジ【学歴別】

最後に、学歴別にメルカリの年収について調査した結果をお伝えします。ここでも、メルカリが「実力主義」であることが垣間見えます。

口コミを見ると、一般的な企業とは異なり、メルカリでは学歴で年収が変わる傾向は見られません。

公式サイトにも個人の経験やスキルに応じて年俸が決定されると記載され、学歴によって年収に差が出ることはなさそうです。

ちなみに、メルカリの新卒採用・採用ページによると、メルカリでは新卒の「通年採用」を実施しています。学歴や国籍に関する条件はなく、誰でも応募のチャンスがあるのです。

メルカリ子会社・メルペイの年収は?

スマホ決済サービスである「メルペイ」を知っている方も多いのではないでしょうか。メルペイを運営するのが、メルカリの子会社であるメルペイです。

メルペイは設立からまだ日が浅く、年収に関する口コミ情報がほとんど出回っていません。

転職エージェントの公式サイトに掲載されている求人情報によると、想定年収は500万円~1000万円と幅があります。

口コミによると、未経験者に対する研修制度がまだ十分でないと感じる社員も多く、ある程度の経験とスキルを持った優秀な人材の採用が多いようです。

今後のメルペイの成長を担っていくためにも、新しいことに果敢に挑戦していく姿勢と高い能力が求められているのでしょう。

メルカリの年収は高い?低い?年収1000万いく可能性は?

ここまでメルカリの年収を役職や職業別に解説してきましたが、同業他社と比べて平均年収が高いのか低いのかも気になります。

ここからは、以下の点に注目してメルカリの年収について解説します。

  • 同業他社との年収比較
  • メルカリで年収1000万円は目指せるのか

メルカリの年収は同業他社と比較して高い?低い?

メルカリの平均年収について、同じくフリマアプリを運営する「楽天」と「ヤフー」と比較します。楽天とヤフーの平均年収は2019年の有価証券報告書を参考にしています。

メルカリ楽天ヤフー
平均年収712万円755万円765万円
平均年齢31.9歳34.4歳35.6歳

表の通り、メルカリの平均年収は同業他社と比べて決して低くはありません。

3社の中ではヤフーの平均年収が最も高く、メルカリの年収との差は約50万円です。楽天とメルカリの年収の差は、楽天が約40万円上回る結果となりました。

メルカリがヤフーと楽天の15年以上後に創業されたことを考えると、3社の平均年収の差が数十万円ほどなのは、メルカリが急成長してきた証と言えるでしょう。

メルカリで年収1000万円いく可能性はある?

口コミによると、メルカリで年収1000万円を超える可能性は十分にあります。ただし、誰でも年収1000万円台を目指せるわけではなく、職種や役職が大きく関係するようです。

口コミで年収1000万円以上を超えている方の職種に注目すると、

  • エンジニア
  • コーポレート

この2種の職種のみ年収1000万円以上の口コミを見つけることができました。中でも、年収1000万円を超えている方の数はエンジニアが圧倒的に多いです。

エンジニア以外で年収が1000万円を超えている方は、マネージャーのような役職に就いており、エンジニアに比べると少数でした。

これらの結果から、メルカリで年収1000万円を超える可能性が1番高いのはエンジニア職であると言えます。

メルカリの中途採用・新卒採用難易度は?

この記事をご覧の方の中には、メルカリへの転職を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

メルカリの年収や働く環境に興味を持っている方のために、ここからはメルカリの中途採用・新卒採用の難易度について解説します。

メルカリの中途採用難易度は?

メルカリは急成長している注目度の高い企業のため、「自分に転職のチャンスなんてないだろう」と考えてしまう方も多いかもしれません。

実は、2019年の有価証券報告書によるとメルカリの平均勤続年数は1.5年と短く、人気の企業ではありますが、入れ替わりが激しい会社でもあります。

その点を考えると、きちんと自分の良さをアピールできれば、転職の機会を得ることは決して難しくはありません。

ただし、チャンスを掴むには、メルカリの中途採用に関する情報をいち早く集め、自分の経験や実力を効果的に伝えられるかが鍵になります。

自分の力だけで乗り切ろうとせず、転職のプロである転職エージェントのサポートを得ることが必要不可欠です。

後ほどおすすめの転職エージェントをご紹介します。ぜひ参考にしてください。

メルカリの新卒採用難易度は?インターンの有無は?

メルカリはもともと新卒採用の枠が少なく、社員の8~9割が中途採用です。このため、人気の企業にも関わらず、新卒採用は毎年6名程度でした。

しかし、2018年から新卒採用を大幅に増やし、2018年4月にはこれまでの4倍以上である26名が新卒として入社しています。

2019年には50人を目標に新卒採用を行っていたことからも、以前よりもメルカリで新卒採用されるチャンスは増えるでしょう。

とは言っても、知名度も注目度も高く、新卒でも年収700万円以上を目指せる魅力的な企業であるため、応募者数は採用枠の増加に合わせて増えていきます。

実力主義であるメルカリで自分の良さを分かってもらうためにも、メルカリの環境や文化を体感できるインターン制度への応募がおすすめです。メルカリ側もこれを推奨しています。

公式サイトによると、技術課題・書類選考・面接(2回)を経て、正式にインターンとして採用され、住宅の提供や海外在住者はビザ・航空券のサポートも受けられるようです。

興味のある方はぜひメルカリの公式サイトから応募してみてください。

メルカリで年収アップを狙うなら

メルカリに転職を考えている方の中には、年収をアップさせたいと思っている方も多いでしょう。そんな方は複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職の鍵になる情報を自分1人で集めるのは限界があります。その上、自分の力だけでメルカリの求める人材を見極め、効果的な書類・面接対策と年収アップの交渉をするのにも無理があります。

メルカリへの転職を成功させるには、メルカリの求人情報を持っている転職エージェントのサポートが必要不可欠です。

転職エージェントによって得意分野も異なるので、最適な転職先を見つけられるように複数の転職エージェントに登録しましょう。

これからおすすめの転職エージェントを3つ紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめ転職エージェント①パソナキャリア

パソナキャリア

まず最初に紹介するのが、はじめての転職で利用する方も多いパソナキャリアです。パソナキャリアは年収アップのサポートに強く、利用者の67.1%が年収アップを実現しています。

パソナキャリアの強みの1つは、アドバイザーがそれぞれの得意分野を活かして行うサポートです。メルカリのようなIT・通信業界に強いアドバイザーのサポートも受けられます。

さらに、パソナキャリアは独占求人が多く、取引実績企業はメルカリを含め16,000社以上です。これまで25万人以上の転職支援実績があり、転職者に寄り添ったサポートが評価されています。

メルカリが求める人物像に合わせて、履歴書や面接でアピールできるポイントを一緒に考えてくれます。職務経歴書の添削にも熱心です。

しっかり丁寧にサポートしてほしい方は登録しておいて損はないでしょう。

登録する(無料)

おすすめ転職エージェント②リクルートエージェント

リクルートエージェント

圧倒的な求人数を誇るリクルートエージェントは、リクルートキャリアが運営しています。メルカリのような有名企業への転職を目指して利用する方も多い転職エージェントです。

メルカリに限らず、年収アップを目指して様々な業界の求人を探したい方は、リクルートエージェントが保有する24万件以上の求人(公開+非公開)から最適な転職先を見つけられます。

豊富な求人の中から自分の希望年収に合う企業を提案してもらえるので、年収アップが叶いやすいのです。

応募書類の添削や面接対策に加えて、年収交渉や内定後の入社日の調整、円満退社のための手続きやサポートを受けられるのも魅力の1つです。

リクルートエージェントの年収交渉力は高水準であると評判で、利用者の6割以上が年収アップを達成しています。

メルカリと合わせて豊富な求人を検討したい方はぜひ登録してみてください。

登録する(無料)

おすすめ転職エージェント③ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドは世界39の国と地域に4,600以上の拠点を持つ、世界最大級の総合人材サービス会社です。

国内の転職エージェントに比べて外資系の求人が多く、語学力を活かしたり、年収800万円以上のハイクラスの求人をお探しの方から一定の評価を得ています。

実は、ランスタッドが主催する「employer brand research 2019 エンプロイヤーブランド・リサーチ ~いま最も働きたい企業 2019~」の第3位にメルカリは選ばれています。

ランスタッドも注目している企業なので、メルカリへの転職をしっかりサポートしてくれることでしょう。

英文レジュメの添削を得意する転職エージェントです。メルカリのようなグローバル企業に転職して年収アップを考えている方は他の転職エージェントと併せて利用してみてください。

登録する(無料)

メルカリの年収まとめ

今回はメルカリの年収について詳しく解説してきました。最後に、こちらの記事で解説したメルカリの年収についておさらいしておきましょう。

  • メルカリの平均年収は712万円(2019年発表の有価証券報告書参照)
  • メルカリの年収は年俸制で、学歴や年齢よりも個人の実力や役職によって決まる
  • メルカリで年収1000万円を超えられる可能性が高いのはエンジニア
  • メルカリの新卒・中途採用難易度は年々上昇すると予想される
  • メルカリに転職して年収アップを目指すなら複数の転職エージェントへの登録が必須

メルカリはこれからも成長を続ける注目企業の1つです。実力主義のため、職種にもよりますが年収アップのチャンスがあると言えるでしょう。

注目されている分、転職の際には自分の経験や実力を効果的にアピールする必要があります。転職エージェントを上手に活用し、転職を成功させていきましょう。